絶対零度シーズン3動画1話。 絶対零度シーズン3ネタバレあらすじ1話~最後まで!犯人は田村薫?

絶対零度1話視聴率と感想!2話あらすじも紹介!

絶対零度シーズン3動画1話

ドラマ「絶対零度 〜未解決事件特命捜査〜」の動画が配信している動画配信サービス まずドラマ「絶対零度 〜未解決事件特命捜査〜」の動画が1話から配信している、または見放題で配信している動画配信サービスを調査したのでまとめます。 2019年時点で FODプレミアム独占配信作品になります。 そして、FODプレミアムは2週間の無料お試し期間があります。 そのため ドラマ「絶対零度 〜未解決事件特命捜査〜」の動画は無料お試し期間中であれば無料視聴することが可能です。 今すぐ動画を無料視聴したい場合はFODプレミアム公式サイトをチェックしてみてください。 違法サイトで「絶対零度 〜未解決事件特命捜査〜」の動画はアップされているか調査 動画配信サービス以外に現在は違法でドラマ動画がアップされているサイトもあります。 そこで、いくつか違法サイトでドラマ「絶対零度 〜未解決事件特命捜査〜」の動画がアップされているか調査してみましたが、 1話からすべてアップされている違法サイトはありませんでした。 そして、違法サイトによっては警告画面が表示されるサイトもありました。 フィッシング行為があり、警告ページが表示されているようです。 違法サイトはこのようなリスクもあり、さらに1話1話探す手間もかかります。 動画配信サービスを利用すれば探す手間もリスクもなく、無料お試し期間もありますので安全に動画を視聴したほうがいいでしょう。 ドラマ「絶対零度 〜未解決事件特命捜査〜」であればFODプレミアムで独占見放題配信しているので、今すぐ動画を無料視聴できますよ。 第11話 悲しみを打砕く日 凶器の拳銃が発見され、12年前に起こった巡査部長射殺事件の再捜査が決定した。 桜木(上戸彩)らは、現場の状況から、逃走中の容疑者・橋本幸生(青木伸輔)に共犯者がいた可能性を割り出す。 また、係長・倉田(杉本哲太)は怨恨による計画的犯行を視野に入れ、被害者の妻・百瀬静香(紺野まひる)に話を聞くことに。 警視庁に新設されたばかりの、未解決事件を専門に扱う「特命捜査対策室」。 新米刑事である主人公が、持ち前の明るさと頑張りで事件のヒントをつかんでいく姿に元気をもらえる作品です。 ドラマ「絶対零度 〜未解決事件特命捜査〜」はFODプレミアムで見放題ですし、2週間以内に解約すればお金は一切かかりません。 これを機にぜひチェックしてみてくださいね!.

次の

絶対零度3の3話あらすじ,ネタバレ,感想!湯川がクズすぎてムカつく!

絶対零度シーズン3動画1話

3話公式あらすじ 井沢範人(沢村一樹)らは、「ミハン」システムが割り出した新たな危険人物・若槻真帆(柴田杏花)の捜査を始める。 真帆は、エリート大学として知られる私立栄明大学の学生だったが、1年前、大学近くの雑居ビルから飛び降り自殺を図り、現在も意識不明のまま入院中だった。 その間、真帆の通信記録や銀行口座の出入金記録など個人データに動きはなかった。 だが、先週になって真帆のスマートフォンから彼女が所属していたテニスサークルのSNSグループに「復讐してやる」というメッセージが送られたという。 しかも、同じスマートフォンから大量の医療用ニトログリセリンが購入されていた。 井沢は、昏睡状態の真帆にはメッセージを送ることもニトロを買うこともできないことから、真犯人は真帆に成りすまして自殺の復讐をしようとしている可能性に言及し、 小田切唯(本田翼)と 田村薫(平田満)を入院先の病院へ潜入させる。 そこで小田切は、真帆の父親で、プラスチック製品専門の町工場を経営する周作(遠山俊也)に接触する。 一方、 山内徹(横山裕)は、大手企業の御曹司で、テニスサークルの代表を務める湯川司(佐野岳)が学生起業したカフェバーを訪れる。 その店は、サークルメンバーのたまり場で、自殺未遂騒動の後、周作も訪れていた。 真帆がなぜ1年前に自殺未遂したのか。 fujitv. html スポンサーリンク 回想シーン 井沢範人(沢村一樹)が急いで自宅へ帰ると、荒らされた室内に「パパへ」と描かれたバースデーケーキとともに、井沢の妻と娘の死体が横たわっていた。 その場で泣き崩れる井沢・・・。 山内徹(横山裕)は 桜木泉(上戸彩)の手帳に書かれた「イザワノリト」の文字の真相を井沢に聞くがはぐらかされてしまう。 今回「ミハン」が危険人物と判断した人物は女子大生の 若槻真帆(柴田杏花)だった。 栄明大学の学生である彼女の携帯から、所属するテニスサークルの仲間あてに「復讐してやる」という脅迫メッセージの送信と、爆弾の材料に使われるニトログリセリンの購入が確認された。 しかし、彼女は1年前に雑居ビルから飛び降り自殺を図り、今も意識不明のまま病院に入院していた。 資料課は、若槻真帆に成りすました別の人物の犯行ではないかと判断し捜査を始める。 プラスティック工場に勤める父親。 山内はテニスサークルを主宰し、薬学部4年で学生企業家の 湯川司(佐野岳)が経営している飲食店を訪れる。 湯川は誰にでも優しく女性にも人気があるという。 小田切唯(本田翼)は湯川の店にアルバイトとして潜入し、自殺未遂があった後、 阿部広樹(落合モトキ)という学生がサークルに来なくなったという情報を入手。 そんな中、湯川はアルバイト後の小田切に新作だと言って薬入りの料理を食べさせる。 そして駅まで送るといい、帰り道に小田切を襲おうとする。 山内により助けられたが、小田切は過去のトラウマによる恐怖から震える。 湯川は強姦の過去が数件あったが、どれも大手企業に勤める父親の力で全て示談になっていた。 一方病院に仕掛けた監視カメラの映像で、深夜に真帆の病室を訪れていた阿部が、「湯川を許せないと」真帆の手を握りながらつぶやいていた。 真帆は阿部の目の前で湯川に襲われたのだった。 事件後、阿部は警察に報告しようと説得するも誰にも知られたくないという真帆。 阿部は自分が真帆を守れなかったために自殺しようしてしまったと自分を責めていた。 そして湯川を説得し自首させようとしていた。 ミハンメンバーは犯行の対象となるのは湯川だと断定し、湯川の警護をしようとする。 その任務を自ら買って出た小田切は山内の反対を押し切り湯川の店へと向かい、そこで犯人に襲われる。 真犯人は阿部でも真帆の父親でもなく、真帆のリハビリを担当している大谷だった。 初対面だった、大谷はリハビリを担当し、眠り続ける真帆のマッサージをする中で一方的でねじれた恋心を抱くようになる。 真帆の容態が悪化していくのをそばで見るのを絶えれなくなった大谷は、自殺へ追い込んだ湯川へと復讐し、真帆とともに自らも命を絶つ計画だった。 爆弾の部屋に閉じ込められた小田切と湯川。 駆けつけた、山内と元爆発物処理班にいた 田村薫(平田満)に救出された。 小田切は強姦犯の湯川を憎みながらも、任務遂行のために救出。 過去の強姦事件も真帆の件も全く反省すらしてない湯川。 証拠もなく、被害届も出ていないので警察もどうすることもできない。 そんな湯川にお天道様の天罰が下る。 親の金で事件をもみ消しては繰り返す犯罪。 ドラマではよくある設定ですが、あのクズっぷり。 本当に腹が立ちました。 湯川役の佐野岳さんの演技がはまっていたという事なんでしょうかね!? そして、私だけではないでしょう、「お天道様きたー!」と思ったのは! 今回もお天道様の天罰が下りました。 そして今回は天罰の直前にばっちり井沢の姿が映ってました。 やはり井沢なのでしょうか? そして井沢の過去も明らかになりました! これは正直つらい・・・自分の誕生日に妻と娘が殺されるなんて。 そしてその犯人を井沢は殺してしまったという事でしょうか? しかし桜木泉との接点はまだまだ見つからないのでこちらは謎が深まるばかりです。 クズだから死んでいいとは言わないが、なんの罪もない女の子と家族の事を思うと、あまりに辛い。 それを沢村さんは調べてるのね。 未犯捜査課は己が手を汚さないという精神力を試すために己が手を汚しそうな経歴のある者がわざと選抜されている。 井沢ではないという意見の方が多いようです! 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

絶対零度シーズン3ネタバレあらすじ1話~最後まで!犯人は田村薫?

絶対零度シーズン3動画1話

『絶対零度』を見終わったら無料期間内に解約することで、かかる料金は ¥0円。 『』 (出演:小栗旬・水嶋ヒロ・吉高由里子)• 『アンフェア』 (出演:篠原涼子・瑛太)• 『BOSS』シリーズ (出演:天海祐希・竹野内豊)• 『』 (出演:佐藤健・渡部篤郎)• 『教場』 (出演:木村拓哉)• 『ミラーツインズ』 (出演:藤ヶ谷太輔・倉科カナ)• 『ストロベリーナイト』 (出演:竹内結子・西島秀俊) などが配信されています。 2週間ですべて見られるかというと、ちょっと時間が足りないような感じがしますね…。 もしも、すべての作品を無料期間内に見ることができなかった場合は月額¥888円(税抜)で約40,000作品を見放題で楽しむことができます! FODプレミアムのサービスについてちょこっとご紹介したいと思います。 「FODプレミアム」サービスの特徴 FODプレミアムでは初回登録時に「2週間の無料トライアル」を利用することができるということをご紹介しました。 実は、FODプレミアムでは動画以外にも嬉しい特典がたっぷりついてきます。 それがどういうものかというと、 FODプレミアム会員特典• 見放題40,000本のうち約5,000作品を独占配信!• 約120冊の人気雑誌が読み放題!• 毎月変わる読み放題マンガが充実!• 会員特典として、最大1300ポイントがもらえる!• ポイントを利用してマンガなどを購入すると20%のポイント還元! これらは月額会員が利用できる特典ですが、2週間の無料トライアル期間中にも利用することができます! 月額会員と違う点は、もらえるポイントです。 ポイントは、まず会員特典として自動的に100ポイント。 つまり、2週間の無料トライアル期間中に8の付く日は2回しかまわってこないので、もらえるポイントは最大で 900ポイントということになります。 900ポイントあれば、人気マンガ1冊か新作映画を一本楽しむことが可能です。 月額会員と違う点はこの程度です! ほとんど差はありません。 というか、無料だけにお得感しか感じないと思います。 そして、そのFODプレミアムへの登録方法と解約方法がこちら。 ある事件を起こしたことをきっかけに公安から、総務部・資料課に室長として転属しています。 その資料課には、警察内で厄介払いされたトラブルメーカーたちが集められていました。 データが示すのは危険人物の名前だけで、何が起こるかは分からず、いつ、どこで、誰が、なぜ、殺されようとしているのか?それらのことを潜入捜査しながら突き止めていきます。 しかし、現時点でこのような捜査は違法捜査。 表向きは総務部・資料課として活動しており、警察内でも彼らの存在は秘密にされています。 資料課分室のメンバーは、痴漢容疑者への必要以上の暴行で異動させられた小田切唯(本田翼)、入庁以来ずっと資料課にいる人づき合いが苦手な南彦太郎(柄本時生)、さまざまな部署をたらい回しにされてきた田村薫(平田満)という、警察内のトラブルメーカーばかり。 だが、実はこの資料課分室には、刑事企画課特別捜査官・東堂定春(伊藤淳史)を中心に秘密裏に進められてきた重要プロジェクトが託されていた。 それは、日本国民のあらゆる個人情報を解析し、過去の犯罪記録と照らし合わせることによって、AIがこれから起こる重大犯罪、主に殺人を犯す可能性が高い危険人物を割り出す未然犯罪捜査システム、通称『ミハン』システムの実用化プロジェクトだった。 一方、特殊捜査班のメンバーだった山内徹(横山裕)は、バディを組んでいた桜木泉(上戸彩)の失踪事件を独自に追っていた。 だが、やがて捜査は行き詰まり、その無力感と警察組織への不信感から上司を殴ってしまい、資料課分室への異動を命じられる。 ミハンシステムが割り出すのは殺人を犯す危険性のある人物。 しかし、いつ、どこで、誰を、なぜ殺すのかはわからない。 山内は、冤罪(えんざい)を生み出す可能性もあるミハンシステムに対して疑念を抱く。 そんな中、テストケースNo. 5の危険人物が割り出され・・・。 【第2話】 『悲しき復讐 殺人を阻め』 ミハンチームの井沢範人(沢村一樹)と山内徹(横山裕)は、失踪していた特殊班捜査員・桜木泉(上戸彩)がベトナムで殺害され、遺体となって発見されたことを知る。 ミハン責任者の東堂定春(伊藤淳史)は、元バディの死に山内が受けたであろうショックを憂慮して捜査から外そうとする。 だが山内は、捜査を続けるという。 ミハンが割り出した新たな危険人物は、料理人の藤井早紀(黒谷友香)だった。 早紀は、有名創作料理店の総料理長であると同時に、13年前から子どもたちに食事を提供する「こども食堂」の運営にも取り組んでいた。 ミハンが早紀を危険人物だと判断したのは、植物から抽出した毒物を海外から仕入れていたからだ。 しかも彼女は、すでに遺言状を作成しており、死を覚悟している可能性も考えられた。 小田切唯(本田翼)は、料理人志望者として早紀に接近。 井沢も、早紀が運営するこども食堂のスタッフとして潜入する。 【第3話】 『昏睡状態の危険人物』 井沢範人(沢村一樹)らは「ミハン」システムが割り出した新たな危険人物・若槻真帆(柴田杏花)の捜査を始める。 真帆は、名門私立栄明大学の学生だったが、1年前、ビルから飛び降り自殺を図り、現在も意識不明のまま入院中だった。 しかし、先週になって真帆のスマートフォンから彼女が所属していたテニスサークルのSNSグループに「復しゅうしてやる」というメッセージが送られたという。 しかも、同じスマートフォンから大量の医療用ニトログリセリンが購入されていた。 井沢は、こん睡状態の真帆にはメッセージを送ることもニトロを買うこともできないことから、真犯人は真帆に成りすまして、自殺の復しゅうをしようとしている可能性を言及し、小田切唯(本田翼)と田村薫(平田満)を入院先の病院へ潜入させる。 そこで小田切は、真帆の父親で、プラスチック製品専門の町工場を経営する周作(遠山俊也)に接触する。 一方、山内徹(横山裕)は、大手企業の御曹司で、テニスサークルの代表を務める湯川司(佐野岳)が学生起業したカフェバーを訪れる。 その店は、サークルメンバーのたまり場で、自殺未遂騒動の後、周作も訪れていた。 真帆がなぜ1年前に自殺未遂したのか。 【第4話】 『殺人は銀行強盗と共に』 井沢(沢村一樹)たちは「ミハン」がリストアップした危険人物・佐伯卓郎(小野了)の捜査を始める。 佐伯は、わかば銀行勤続36年。 妻に先立たれてからはアパートでひとり暮らしをしており、毎朝決まった電車で出勤し、定時に真っ直ぐ家に帰る、殺人とは無縁そうな真面目な男だ。 だがこの1年の間に多額の出金記録があり、預金残高はわずか。 また前夜は、仕事終わりに西麻布の会員制バーに立ち寄っていた。 小田切(本田翼)は、行員としてわかば銀行に潜入。 そこに、客を装って田村(平田満)もやってくる。 その際、意外な事実が判明した。 なんと佐伯は、田村の小学校時代の同級生だった。 そのとき、行内に銃声が鳴り響き、2人組の強盗が現れる。 防犯カメラや通報ボタンの位置を熟知し、テキパキと金を詰め込んでいく強盗たち。 しかし、ほどなく警察が駆けつける。 外の車で待機していた共犯者が逃走。 強盗犯は、小田切らを人質に行内に立てこもる。 山内(横山裕)や南(柄本時生)が予期せぬ事態に緊迫する中、監視カメラで佐伯の動きを注視していた井沢は、佐伯が強盗犯とアイコンタクトをとっていたことに気づく。 しかし東堂(伊藤淳史)はそれを拒否し・・・・・・。 【第5話】 『美しき少年殺人者』 井沢(沢村一樹)たちの前にやってきた東堂(伊藤淳史)は、ミハンシステムがリストアップした新たな危険人物が17歳の高校生であることを告げる。 私立青葉中央高校2年の岡崎直樹(道枝駿佑)だ。 直樹は、成績はトップクラス、バスケットボール部のエースで、父親は文科省の次期事務次官候補というエリートだ。 しかし、世田谷区で動物殺傷事件が相次ぎ、防犯カメラの映像から直樹に疑いがかかっていた。 東堂は、動物への虐待や殺傷は殺人事件を起こす予兆であるとして、過去の犯罪事例を提示する。 そこには、25年前に起きた練馬台無差別殺傷事件も挙がっていた。 山内(横山裕)は、バスケ部の外部指導員として青葉中央高校に潜入する。 一方、小田切(本田翼)と田村(平田満)は、制服警官になりすまし、岡崎家周辺の住人から情報を集めようとする。 そこに現れたのが、大手新聞社の元記者で、凶悪犯罪のルポを何冊も出版しているジャーナリストの川上邦明(近藤公園)だった。 直樹に接触したという川上は、動物殺傷をしている少年少女に会い、殺人衝動をくい止めるために話を聞いているのだという。 果たして直樹は、川上との出会いにより、殺人を踏みとどまるのか。 猟銃の誤射で少女を殺し、その罪を別の事件の犯人になすりつけた元最高裁判所長官の小松原(中丸新将)は、点検中のエレベーターに転落して死亡(第2話)。 女性暴行を重ねていたエリート大学生の湯川(佐野岳)は、行方不明になり、失踪届が・・・(第3話)。 そして、法の目をかいくぐって何人も殺害した上、未成年者の犯罪を後押ししていたジャーナリストの川上(近藤公園)は、射殺体で見つかったのだ(第5話)。 犯人がミハンから得た情報をもとに犯行に及んでいると考えた東堂(伊藤淳史)は「ミハンの情報が外部に漏れている」「内通者がいる」「チーム内に犯人がいる」という3つの可能性に言及する。 井沢たちは、防犯カメラの映像などから不審な車両にたどり着くが、所有者の個人情報は改ざんされているようだった。 一方、川上の事件を追う捜査一課の早川(マギー)たちは、殺害現場付近で不審な男を見たという目撃者を見つけ、犯人の似顔絵を作成することに。 そこには、あるミハンメンバーの顔が。 ミハンは一連の犯行を予測していない。 法で裁けない犯罪者たちに制裁を加えていた田村が残した最後の言葉は「ミハンを必ず実現させてください」。 その遺志を受け、東堂(伊藤淳史)は、報告書から田村の名前を削除しミハンとの関わりを消すと、捜査の再開を指示する。 山内(横山裕)と小田切(本田翼)は同意したが、南(柄本時生)だけは簡単に田村の死を割り切ることが出来ない。 井沢は、そんな南を捜査に連れ出すが、南は拒否して資料課に帰ってしまう・・・。 ミハンが選び出した新たな危険人物は、実体のつかめない麻薬密売組織との関わりの疑いがある新谷啓一(小柳友)という男。 組織のボスは「喜多野」という名前だが、その正体は謎に包まれていた。 新谷は、取り調べを受けた後、涼子(青野楓)という女性と結婚し、とある団地に引っ越していた。 小田切たちは、向かいの棟に張り込み部屋を用意し、監視を始める。 「喜多野」の正体をつかむ手がかりは新谷しかいない。 「喜多野」とはいったい誰なのか!?危険が迫る中、新谷たちの上階に住む7歳の少年・ユキオ(山城琉飛)が母親から虐待されているらしいことを発見する。 その頃、井沢は自らの妻子を殺しながらも立証されず、別件逮捕されていた宇佐美(奥野瑛太)が、まもなく出所することを知る。 そして、桜木泉(上戸彩)の事件にも新たな真実が発見されて・・・。 【第8話】 『殺人は花嫁のために』 東堂(伊藤淳史)は、新たな危険人物・砂田繭美(白石麻衣)の捜査を指示する。 繭美は、市役所の戸籍住民課で働く25歳の女性で、1週間後には結婚式を控えていた。 実は繭美は、過去に整形手術を受け、美しい顔を手に入れていた。 ミハンが彼女をリストアップしたのは、違法に拳銃を入手していたからだった。 幸せの絶頂であるはずの花嫁がなぜ殺人を?ミハンチームは捜査を開始する。 井沢(沢村一樹)と小田切(本田翼)は、婚姻届を出しにきた年の差カップルを装って繭美に接触。 目の前で痴話げんかを演じてみせ、繭美と親しくなるきっかけを得る。 繭美が整形手術を受けたのは2年前。 それ以前の彼女の行動を探れば、繭美が誰を殺そうとしているのかわかるかもしれない。 井沢は、山内(横山裕)と南(柄本時生)に繭美の過去を探るよう指示する。 ある日、井沢と小田切は、繭美からの招待で、彼女の婚約者・神谷統一郎(入江甚儀)の実家を訪れる。 統一郎の父・竜太郎(羽場裕一)は慶徳大学の理事長で、統一郎も同大の教務課に勤務していた。 息子を溺愛する竜太郎は、統一郎と繭美の結婚を大変喜んでいて、それは絵に描いたような幸せな家族だった。 そんな中、山内の前に、桜木泉(上戸彩)の元上司でもある長嶋秀夫(北大路欣也)が現れて・・・・・・。 【第9話】 『最強SPの悲しき殺人』 井沢(沢村一樹)たち「ミハン」チームは着々と成果を上げ、警視庁上層部は、次のステージとなる法制化に向けて政界に働きかけると東堂(伊藤淳史)に伝える。 そんな中「ミハン」が驚くべき危険人物をリストアップした。 警護課の捜査員・石塚辰也(高橋努)だ。 石塚は要人警護のスペシャリストで、逮捕術、格闘術など、すべての面で突出した能力を持つ男で、井沢自身も面識があった。 また、プライベートでは、地域住民に武術を教える活動もしていた。 人を守るはずのSPが、人を殺す!? 東堂は、モニターに直近1週間の石塚の監視記録を映し出した。 そこで山内(横山裕)は、2つの監視映像に映り込んでいる桜木泉(上戸彩)らしき女性の姿に気づく。 ベトナムで死んだはずの桜木は生きているのではないか・・・。 だとしたら、彼女はなぜ石塚を追っているのか!?井沢は、今回の危険人物を止めることが、桜木やその先の真実にも繋がっていると考えた。 石塚をマークしていた小田切(本田翼)は、早々に尾行を見破られる。 小田切は、資料課分室に所属する警察官であることを打ち明け、格闘技を教えてもらおうと思ったとうそをつく。 小田切が井沢の部下であることを知った石塚は、彼女の申し出を受け入れる。 一方、山内とともに石塚のマンションに潜入した井沢は、石塚が国家公安委員長・滝本健三(山田明郷)の情報を集めていることを知るが・・・。 【第10話(最終回)】 『復讐者に憐れみを』 井沢(沢村一樹)は、誘拐ビジネスを手がける犯行グループに拉致された山内(横山裕)の救出に向かう。 するとそこに、ベトナムで死んだはずの桜木泉(上戸彩)の姿があった。 桜木はすでに犯人たちを倒して拘束していたが、なぜか井沢に銃を向ける。 「あなたは、ミハンに組み込まれた人間?」。 桜木は憎しみのまなざしで井沢にそう告げると、現場から立ち去る。 井沢は、桜木がミハンを知っていたこと、彼女の上司だった長嶋(北大路欣也)が資料課を探っていたことに触れ、何か知っているのか、と東堂(伊藤淳史)に尋ねる。 すると東堂は、新たな危険人物を表示する・・・。 それは「桜木泉」。 死んだと偽装し、日本に潜伏する彼女は、一体誰を殺そうとしているのか!? 桜木を捜査することになったミハンチーム。 すべての発端はベトナムにある。 現地へ向かった井沢と山内は、桜木の事件を担当した元刑事のグエン(フォンチー)に接触。 捜査していく中で、桜木は、証券会社社員の谷口正博(斉藤佑介)を追っていたことが分かる。 谷口は、日本からベトナムに赴任した同社の支店長と、その娘・由紀子(桜井ユキ)を殺そうとしていた。 谷口を射殺してそれを食い止めたのが、井沢の妻の元同僚だった刑事・赤川武志(須田邦裕)だった。 だが事件後、赤川はホテルの屋上から転落死し、その翌日、桜木も失踪していた。 謎が深まる中、ミハンと桜木の意外な繋がりが浮かび上がってきて・・・。

次の