動画 広告 迷惑。 デスクトップ画面右下に表示される迷惑広告を消す方法

「迷惑ユーチューバー」逮捕!スーパーでレジ支払い前に刺身食う動画投稿: J

動画 広告 迷惑

テポドンの脅威を歌った「核攻撃サバイバー」などで知られるシンガー・ソングライターのあべりょうさんの広告がまた物議を醸している。 小学生のイジメ問題をポップな曲調で歌ったもので、歌詞中にいきなり学校名やイジメの加害者、被害者の名前が出てくることから「悪趣味」といった批判が相次いでいる。 動画のタイトルは「正義のYouTube広告」。 12月20日に投稿され、24日正午現在で900万回以上再生されている。 「同姓同名からしたら、いい迷惑」という指摘も 動画広告は、任意の動画を再生する前にランダムで再生される。 有料会員に登録しない限り、最低でも数秒は視聴しなければ次の動画を再生できない仕組みになっている。 曲は小学校と小学生の名前を出し告発する歌詞から始まる。 コメント欄でも 「個人情報をネットに晒して大人数で叩く事を正義とは言えない」 「同姓同名からしたら、いい迷惑」 と問題視する人が多い。 前奏がなく、いきなり歌が始まるため、半強制的に聞かされることにいら立つ声もあった。 ただ、ここで名前を挙げられた小学生は実在していなさそうだ。 校名の挙がった小学校2校は2019年現在、存在していない。 「日立市立上諏訪小学校」はかつて茨城県にあったが、1962年に別の小学校と統合。 「豊田市立羽布小学校」についても、現在の愛知県豊田市にあった旧下山村立羽布小学校が2003年に別の小学校と統合し、閉校となっていた。 いじめ加害者を東京五輪に合わせて「YouTube広告でぶっ飛ばす」と予告 「正義のYouTube広告」は、イジメ加害者、被害者とされる実名を公表した後にこう続く。 「だからボクは東京オリンピックの開会式の朝に 正義のYouTube広告をぶっ放すぜ」 「205カ国の参加国の数だけイジメている奴を 正義のYouTube広告でぶっ飛ばすぜ」 東京五輪の開会式は2020年7月24日に新国立競技場で開かれる予定。 字面通りに理解するならば、この日に合わせて、205人のイジメ加害者をYouTube広告によって"ぶっ飛ばす"と予告している。 今現在、誰かをいじめている子どもを牽制しているのだろうか。 さらに 「イジメられている奴らはあともう少しだけ 耐えておくれ」 「正義のYouTube広告でオマエを必ず 解放してやるぜ」 と力強く宣言して1番が終わった。 真偽不明なのに個人情報を拡散する"正義マン"を皮肉っている? 曲の2番は、イジメ被害者の周りに向けた歌詞から始まる。 スウェーデンの教科書の「イジメを見たら、すぐに匿名で公にして助けを求めろ」という文句を紹介するほか 「彼の命を助けられるのは 目撃した君だけだぜ」 と呼び掛ける。 ラストの大サビでは転調し、曲を盛り上げながら「文科省初等中等教育局が対応するまで 正義のYouTube広告をぶっ放すぜ」などと歌い上げ、ようやく2分50秒ほどの曲が終わった。 無音になった後には約10秒にわたり、文科省が設置している「24時間子供SOSダイヤル」の電話番号が画面に表示される。 ちなみに、この番号は同省のページで確認したところ、実在する番号と同じだった。 動画広告を見た人からは 「偽善者ですか (中略)やり方間違ってるかと……」 「マジで人権無視した晒しだよね」 と不快に感じた人からの声が多かった。 一方で「真偽がわからないのにネットで個人情報を拡散する正義マンを皮肉る歌なのだが」とあえて実在しない校名、児童名を使うことで、ネット民を騙した皮肉と受け取った人も一定数いたようだ。 あべさんの動画広告をめぐっては、2018年にも子どもの性的虐待を歌った歌詞に「直接的すぎる」などと批判が殺到し、物議を醸していた。

次の

ユーザーが迷惑、うざいと思うネット広告は?ランキングで紹介

動画 広告 迷惑

Chromeで使える広告ブロック拡張機能まとめ 1. AdBlock AdBlockは 広告ブロック拡張機能の中でも知名度が高く、4,000万人以上の ユーザーを持つ(2017年7月14日確認時)人気ツールです。 導入すると大半の 広告はダウンロードもすることがなく、ブロックすることができます。 YouTubeのビデオ 広告がデフォルトでオフに設定してあり、自分で設定しなくてもいいのが便利です。 目立たない 広告で例外化したい場合は、2回クリックするだけでホワイトリストに登録ができます。 まずは有名なツールを試してみたい、という方はAdBlockを追加してみてはいかがでしょうか。 Adblock Plus Adblock Plusは、1億以上の端末が使用している(2017年7月14日確認時)定番 広告ブロック拡張機能です。 バナー、 ポップアップ、ポップアンダーはもちろん、マルウェア、Facebook 広告、YouTubeビデオ 広告と幅広い 広告ブロックに対応しており、デフォルトで迷惑な 広告全てをブロックします。 これがあれば、Youtubeで動画を見ている際に流れてくる目障りな 広告も非表示にすることが可能です。 ソーシャルメディアのボタンを無効にすることもできます。 デフォルトでは、「Acceptable Ads」イニシアチブというガイドラインの基準を満たす、控えめで受け入れ可能な 広告を許可するように設定してあり、目障りにならないような方法を選んだホーム ページを支援しています。 ただし、目立たない 広告も非表示にしたい方は設定で表示を無効にすることも可能です。 Google Chromeはもちろん、Firefox、Opera、IEと対応ブラウザが豊富なのも特徴です。 Simply Block Ads! 広告ブロック拡張機能を導入したけれど、いまいち設定がわからなくて使いこなせていない……という方に、ぜひオススメしたいのが "Simply Block Ads! " です。 Simply Block Ads! は、様々な拡張機能やアドオンを開発するチーム「Wips. com」が作った、とにかくシンプルさにこだわった 広告ブロック拡張機能です。 誰にでも使いやすく、管理がしやすいのが魅力的です。 YouTube動画 広告、ホーム ページ内の 広告、 ポップアップ 広告、 テキスト 広告、バックグラウンド 広告を取り除いてくれ、スムーズな インターネット閲覧をサポートします。 2017年7月14日時点での ユーザー数は130,703人、 ユーザーレビューでは星4つの評価を受けています。 最終更新は2015年8月25日です。 「機能が動作しない」といった内容のレビューがありますが、導入を検討したい 広告ブロック拡張機能の1つです。 AdRemover AdRemoverは、大半の不要な 広告やマルウェアを削除してくれます。 ブロックした 広告の数を赤字で表示してくれる、わかりやすいデザインです。 ブロックの一時停止や「この ページでは実行しない」を選択することができますので、「今は 広告を表示したい」と思ったらすぐに設定できます。 具体的にオプションを設定するカスタムフィルターリストやWeb ページの一部を隠す、手動でフィルターを編集、といった機能もあります。 Adblock Pro Adblock Proは、CPUとメモリーの負担を抑える高効率ブロッカーです。 メイン画面のアイコンをクリックするだけの簡単操作で、フィルタの有効・無効が設定できます。 ダッシュボードにアクセスすると、Myルールやホワイトリストなどの各種設定も可能です。 フィルタの設定がやや上級者向けで難しい印象がありますが、カスタマイズして使いたい方にはぴったりです。 SuperBlock Adblocker SuperBlock Adblockerは、シンプルな設計ながらも強力に 広告をブロックしてくれる拡張機能です。 ブロックの有効・無効を切り替えるボタンがわかりやすく大きいこと、メインの画面がシンプルで使いやすいのがポイントです。 アイコンを中心としたデザインで「すべての ポップアップのブロックを切り替える」「このサイトの大部分のメディア要素のブロックを切り替える」といった項目があります。 初めのうちはアイコンにマウスポインタを乗せるなどして何のアイコンか把握する必要があるでしょうが、慣れてくると使いやすいデザインなのではないでしょうか。 シンプルな見た目のものがお好きという方にはぴったりの拡張機能です。 Adguard AdBlocker Adguard AdBlockerは、FacebookやYouTubeを含む幅広いWeb ページを対象とした 広告ブロック拡張機能です。 広告をブロックする以外に、 ページの読み込み速度アップ、プライバシー保護、マルウェアや フィッシングからの保護を行ってくれます。 フィルタリングオプションは用途に応じてカスタマイズが可能です。 uBlock Origin uBlock Originは、メモリとCPUに対して効率的な 広告ブロック拡張機能です。 ダッシュボードから様々な設定ができ、ボタン1クリックで初期設定にリセットすることができます。 サイズを指定してメディア要素をブロックしたり、ツールの表示設定も細かく決めることが可能です。 例えば、デフォルトでは「ブロックされたリクエスト数をアイコンに表示する」にチェックが入っていますが、非表示にすることもできます。 Myフィルター、Myルール、ホワイトリストの利用も可能です。 初心者にもわかりやすく、高度な設定もできるのが魅力的です。 ContentBlockHelper ContentBlockHelperは、不要な 広告・スクリプトをブロックする様々な手段を提供する拡張機能です。 購読フィルタ、簡易フィルタ、詳細フィルタの3パターンがあり、細かくフィルタの設定が可能です。 複雑な設定をせずとも、スライダーを左右に動かしたり、チェックボックスをクリックしたり、 コンテンツのリストのボタンをクリックするだけでフィルタ設定できるのも嬉しいポイントです。 説明が日本語ですので、英語が苦手な方にも使いやすい 広告ブロック拡張機能なのではないでしょうか。 フィルタの設定が簡単なもの、説明がわかりやすいものをお探しの方は、ぜひContentBlockHelperを試してみてください。 Ad Remover 550,000人以上の ユーザーがいる「Ad Remover」。 ポップアップ 広告や バナー 広告、動画 広告などの 広告をブロックしてくれます。 まとめ 今回は、Chromeで使える 広告ブロック拡張機能を紹介しました。 せっかくホーム ページを見ていても、いたるところに 広告が現れては、肝心の コンテンツをじっくり見ることができません。 広告の中には ユーザーにとって有用なものもありますが、どうしても鬱陶しく感じてしまう時には「 広告ブロック拡張機能」を活用しましょう。 Chromeにインストールするだけで、簡単に 広告の表示をブロックしてくれます。 中には 広告全てをシャットアウトだけでなく、目立ちにくい 広告は表示してくれるものもあります。 そのほか、様々な特徴を持った 広告ブロック拡張機能がありますので、気になるものから実際に試してみてください。 この記事を読んだ方にオススメ ページ 印刷物のカタログやパンフレットは、通常複数のページから成り立っています。 インターネットのホームページもまったく同じで、テーマや内容ごとにそれぞれの画面が作られています。 この画面のことを、インターネットでも「ページ」と呼んでいます。 ホームページは、多くの場合、複数ページから成り立っています。

次の

面白い広告10選│ついつい目が行く広告に隠されたロジック

動画 広告 迷惑

その迷惑な通知はどこに表示されますか? ぼくの症状はパソコンを起動すると「 デスクトップ画面右下に何度も迷惑通知が表示される」といったものでした。 セキュリティソフトでフルスキャンをかけても「異常なし」です。 パソコンを何度も再起動しても、症状は改善しません。 コントロールパネル > プログラムのアンインストール にも身に覚えのないソフトウェアはありません。 これ、理由はなにかわかりますか? ぼく、普段使っています。 それは 「 Chrome の通知機能」です。 設定をするとカレンダーとか Slack とか通知を飛ばしてくれます。 きっかけは後ほど紹介しますが、うっかり Web 上の通知を許可してしまっていたようです。 自分で通知許可したので、ウイルスとして検知されないのでしょうね。 さて、ウザい通知を削除しましょう(非表示にしましょう)!!!! シンプルに行きますので、着いてきてくださいね! Chrome の設定を開きましょう! 設定画面を開くと中段に「 詳細設定」があります。 「プライバシーとセキュリティ」の中にある「サイトの設定」を開きます。 その中に「 通知」があるので開きましょう。 糞通知をうっかり許可したのが原因なのです! きっかけは無料動画でした・・・ まぁ、観る方もダメなんですけどね。 ネットで何でも観れる時代だから探しちゃうんですよね・・・。 ふと、ぼくは「 闇金ウシジマくん part3」を無性に観たくなったんです。 サクッと動画を探し、リンクを見つけだしました。 大体、この手の無料動画には大量の 広告が貼り付けられています(動画アップ主が稼ぐため)。 何に気をつけたら良いかの経験値は、それなりに積んでいます。 しかし、今回は油断しました・・・。 たまに、操作している人がロボットでないことを証明するための通知が出ることってありますよね? 基本的にこういった通知は、一度クリックすると次の画面に進んで操作完了になります。 今回は(正確な文言は忘れてしまったのですが)「 Chrome の通知許可」を無理やりクリックさせるポップアップが画面中央に表示され、うっかり「許可」を押してしまいました。

次の