でき た シミ に 効く。 シミに効く!化粧水|おすすめからプチプラのシミに効く化粧水・スキンケアアイテム・インナーケアアイテムまで

本気のシミ対策は体質から。シミができやすい体質とその改善方法とは?

でき た シミ に 効く

適当なシミ対策をしていた以前の私は、ずっとこんな事を気にしていました。 私のように、「シミに効きそうな化粧品やサプリを買ってみたけど、いまいちシミへの効果を実感できずにもやもやしている」っていう女性は多いです。 それもそのはず。 シミケアサプリは配合されている有効成分がバラバラなので、どの有効成分が配合されているかで、効果に大きな違いが出てくるからです。 正しい選び方で商品を選ばないと、実際に使ってみてもなかなか効果を実感できません。 これは経験者の私が断言します! そのため、化粧品やサプリを選ぶ際は、シミやニキビなどの肌悩みに効く成分が入った化粧品やサプリを選びましょう! ではどうやって「シミに効く有効成分」が配合された商品を選ぶのでしょうか。 その答えをこの記事で解説します。 シミケア商品選びでたくさん失敗してきた私が、• シミを薄くしたりシミの予防に有効な美白成分• シミケアのための化粧品やサプリの選び方 などについて詳しく解説します。 「シミを一刻も早く薄くしたい」 「どんな化粧品を選んだらいいのか分からないで迷走してる」 という方は、是非参考にしてください。 私が実践しているシミ対策はこちら 厚生労働省が認可した「美白有効成分」とは 厚生労働省が、化粧品に配合される成分のなかでも「メラニンの生成を抑えシミ・そばかすに効く」とか、これと類似する効果・効能があると承認したものを「美白有効成分」といいます。 美白成分自体はさまざまな化粧品メーカーが研究・開発を進めたものが数百ほどあります。 しかし、厚生労働省の認可が下りるまでに時間がかかることもあり、現在「美白有効成分」に承認されているのは たった20種類ほど。 この20種類の有効成分が配合されていないと、シミ消し効果はありません。 また、厚生労働省に認可された有効成分を規定量配合した化粧品を 「医薬部外品」や 「薬用化粧品」と呼びます。 メラニンを生成させるチロシナーゼ酵素の活性化を抑制し、 メラニンをできにくくするもの• ターンオーバーを促進させて、 メラニンの排出を促すもの があり、メラニンをできにくくしたり沈着しにくくしてくれます。 こういった働きでシミを予防してくれる美白有効成分には以下のようなものがあげられます。 ビタミンC誘導体 シミの原因であるメラニンの生成を抑制する効果のあるビタミンCを、肌に浸透しやすい形に変えたのがビタミンC誘導体。 シミに効くだけでなく、シワやたるみ、毛穴の開きや黒ずみなど肌の老化全般を改善する効果があります。 さらに、 APPS 別名:アプレシエ と呼ばれる新型のビタミンC誘導体は、ビタミンC誘導体の約100倍の高い浸透力を持っていて、真皮層までビタミンCを届け、コラーゲン生成を助け肌にハリや弾力をもたらします。 APPAはビタミンC誘導体と比較して高い効果があるにも関わらず低刺激で、敏感肌の人でも使いやすいのが特徴。 ただ、空気・水・直射日光などの影響で変質しやすく、効果の高い状態のまま保管するのが難しいのが難点です。 そのため、APPS配合の化粧品は冷蔵庫での保管を推奨してるものが多いです。 パッケージなどを見て化粧品ごとの保管方法に注意しましょう。 参考文献 アルブチン アルブチンは、「シミの漂白剤」ともいわれるくらい美白効果が高い美白有効成分、ハイドロキノンを安定化させた成分。 メラニンを生む酵素、チロシナーゼの活性化を阻害する働きがあります。 安全性が高く、刺激が少ないので敏感肌の方でも使いやすい一方、 即効性はないので継続して使い続ける必要があります。 m-トラネキサム酸 トラネキサム酸 もともとは抗炎症剤として使われていたトラネキサム酸の、メラノサイトの活性化を抑制する働きに重点を置いたものが「m-トラネキサム酸」。 メラニンを生む細胞のメラノサイトを活性化させない、「抗プラスミン」作用でメラニンの生成を防ぎます。 化粧品だけでなく内服薬に配合されることもあり、 妊娠・産後に女性ホルモンの乱れが原因でできる肝斑を改善するのに使われることが多いです。 ただし、であるメラニンの発生を抑制する効果があるだけで、女性ホルモンに直接的に働きかけるわけではありません。 肌に潤いを与える• メラニンの生成を抑制• ターンオーバーを促進 といった働きでシミの予防に効き、コラーゲンを生成して肌にハリを与えてくれる効果もあります。 コウジ酸 味噌やしょうゆなど、こうじ菌由来の成分。 メラニンを発生させる酵素、チロシナーゼ抑制作用があり、シミのもとであるメラニンの生成を防ぎます。 エラグ酸 イチゴから抽出された成分。 メラニンを発生させるチロシナーゼ酵素の抑制作用や、健康な細胞がさびついて老化を促進させるのを防ぐ抗酸化作用があります。 リノール酸 サフラワー 紅花 油などの植物油から抽出される美白有効成分。 チロシナーゼを抑制してメラニンの生成を抑え、シミを防ぎます。 4MSK ターンオーバーの不調に着目して開発されたサリチル酸誘導体。 シミの部分の角化異常に働きかけ、ターンオーバーを促しメラニンを排出する作用があります。 サリチル酸自体はアクネ菌を防ぎ殺菌作用のある成分のため、4MSKはシミのケアに重点を置いているもののニキビケアにも若干の効果があるのが特徴。 資生堂が研究・開発し、特許を持っているため、現在は資生堂の化粧品にしか配合されていない美白有効成分です。 カモミラET ハーブのカモミールに含まれる、植物由来の美白有効成分。 メラニンを生成する細胞、メラノサイトの働きを抑える効果があります。 油溶性甘草エキス 甘草という漢方薬から抽出した成分。 美白成分としてつかわれるほか、消炎作用があるため、ニキビの予防にも使われます。 消炎作用のおかげでかぶれにくいため、敏感肌の方でも使いやすい美白有効成分です。 できたシミを薄くするもの シミを予防する成分以外に、 できてしまったメラニンを還元 無色化、淡色化 してシミを薄くする効果が期待できる成分もあります。 ここでは厚生労働省が認可した、 すでにできたシミに効く美白有効成分を紹介します。 ハイドロキノン 欧米では「シミにはハイドロキノン」と呼ばれるほどポピュラーな美白有効成分。 ハイドロキノンは、メラニンの生成を抑制してシミを予防する働きだけでなく、メラニンを淡色化する働きもあるため、できてしまったシミを薄くする効果が期待できます。 効果が高い一方で刺激も強く、もともと医師の管理下でないと使用できないものでしたが、薬事法の改正により2001年から一般的な化粧品にも配合されるようになりました。 ハイドロキノン配合の化粧品を使用中に無防備に紫外線を浴びるとかえって色素沈着するおそれがあるため、UVケアを徹底しましょう。 また、刺激が出る場合があるため、はじめて使う場合はパッチテストをしましょう。 敏感肌の方や妊娠中・授乳中の方の使用には特に注意が必要です。 参考文献 ビタミンC誘導体 ビタミンCを肌に浸透しやすい形に変えたビタミンC誘導体は、黒褐色のメラニンを無色化する働きがあるため、シミの予防だけでなくできてしまったシミにも効きます。 ビタミンC誘導体は低刺激のため安心して使える反面、ハイドロキノンに比べて美白効果は劣ります。 期待する効果があり自分に合う美白有効成分を選ぶ できたシミを消すのか、これからシミをつくらないために使うのかによって選ぶ成分は異なります。 そのため、 シミの予防ならシミ予防効果のある美白有効成分が配合された化粧品を、できたシミを薄くするにはシミを薄くするために働く美白有効成分が配合された化粧品を選びましょう。 また、 美白成分は人によって相性があり、どの成分が効いてその成分だと刺激を感じるのかということは実際に使ってみないと分かりません。 効果と刺激を考慮しながら美白有効成分が配合された化粧品をいろいろと試してみて、自分に合うものを探す必要があります。 化粧品だけではNG!サプリで体の中からシミをできにくくする 「シミを消す」というと多くの女性が思い浮かべるのが、美白化粧品を使って薄くする方法。 しかし、 化粧品だけでシミを薄くするという考えでは甘すぎです。 なぜならば、紫外線だけではなく、 偏った食生活や、仕事、育児、長時間の通勤など日常生活で感じるストレスなど体の内側からの悪い影響もシミをつくるから。 そのため、 美白化粧品や日焼け止めなど体の外側からだけでなく、体の内側からシミのケアをすることも必須。 体に必要な栄養を補ったりストレスのない生活を送ることが、一時的でなく長期的にシミのできにくい肌にしたり、シミを薄くすることにつながります。 そこでここでは体の内側からシミを薄くするために積極的に摂りたい栄養素を紹介します。 Lシステイン Lシステインは、私たちの皮膚や髪の毛にあるアミノ酸で、 シミの原因であるメラニンの生成を抑制する効果があり、美白サプリの定番の栄養素。 さらに、• 新陳代謝を高めターンオーバーを促進。 メラニンの排出を促してシミを防ぐ• 老化の原因となる活性酸素を除去してシワやたるみをできづらくする といったエイジングケアに嬉しい効果がたくさんあります。 Lシステインは食べ物には含まれておらず、「メチオニン」というアミノ酸が含まれる食べ物を食べると体内で生成されます。 しかし、加齢に伴って減っていく体内のLシステインを、食べ物だけでは十分に補うことができません。 そのため Lシステインはサプリから摂取するのが一般的です。 こちらの記事も読まれています。 ビタミンC ビタミンCは、シミのもとのメラニンの生成を抑制、さらにメラニンを無色化しシミを薄くする働きがあるため、Lシステイン同様シミケアには必須の栄養です。 そのうえ、• 老化を早める原因の活性酸素を除去• 肌にハリをもたらすコラーゲンの生成を促進• ストレスを感じづらくする といった体に嬉しい様々な働きがあり、エイジングケアにも必須なのがビタミンC。 ビタミンCは以下の野菜や果物に豊富に含まれています。 野菜 (個数) ビタミンC含有量 キャベツ (M1個) 418. 2mg ゴーヤ (1個) 190mg ブロッコリー (M1個) 150mg レンコン (1節) 115. 2mg じゃがいも (M1個) 47. 25mg 赤ピーマン (M1個) 44. 2mg ピーマン (M1個) 19. 76mg 果物 (個数) ビタミンC含有量 アセロラ (10個) 901mg グァバ (1個) 462mg パパイヤ (1個) 114mg ネーブル (1個) 78mg キウイ (1個) 60mg いちご (M5個) 37. 82mg みかん (M1個) 24. 75mg レモン (1個) 22. 5mg こうやって見てみると、スーパーで比較的安く手に入る野菜や果物にも多く含まれていることが分かります。 ただ、 シミのケアに必要なビタミンCを食事だけで摂るのはかなり困難。 例えば、シミケアには1日1,000mgのビタミンCが必要と言われていますが、1,000mgのビタミンCを野菜・果物から摂ろうとするとこのくらいの量の野菜や果物を食べる必要があります。 ブロッコリー…約6. レンコン…約8. じゃがいも…約21個• キウイ…約16. いちご…約27個• みかん…約40個 実際これだけの量を1日で食べるのはかなり難しいですし、野菜や果物を買い出しに行ったり調理する手間や時間もかかります。 さらにはビタミンCは摂れたとしてもカロリー超過になりかねません。 そのため、 シミのケアなど美容のためにビタミンCを摂る場合、Lシステイン同様、多くの女性がサプリを活用して効率的かつ簡単に摂取しています。 LシステインとビタミンCは相性抜群 シミの改善に必須の2つの成分、 LシステインとビタミンCは相性抜群。 Lシステインの酸化しやすいという弱点を抗酸化力のあるビタミンCが助けるため、2つを一緒に摂るとお互いの相乗効果でより高いシミ改善の効果が期待できます。 そのため、 シミケアのために美白サプリを選ぶときは、どちらか一方が配合されたサプリではなく、LシステインとビタミンCの両方が配合されたサプリを選ぶのがポイントです。 「サプリメント」より「第3類医薬品」の方がシミ改善の期待が大きいのは事実 さらに、 シミケアのためのサプリは、「医薬品」を選ぶとより確実な美白効果が期待できます。 「栄養補助食品」という位置づけのサプリメントとは違い、 「医薬品」は、配合されている有効成分の効果が厚生労働省によって認められている、病気の治療や予防を目的とした薬。 医薬品の中でも 「第3類医薬品」は副作用などのリスクが比較的に低い医薬品です。 シミに効く「美白サプリ」と呼ばれるものでも、その効果が認められた第3類医薬品はたくさんあります。 シミに効く「Lシステイン」とビタミンCの両方を配合し、さらに厚生労働省からそのシミへの効果が認められた「第3類医薬品」に該当するサプリはこちらの記事で紹介しています。 実際に飲んだ経験を踏まえ、私のオススメサプリを紹介しています! まとめ もしこれまで「なんとなくシミに効きそう」「芸能人が使っているから」といったイメージで化粧品を選んでいたのなら、 「シミのケアのための効果・効能が認められた成分が配合されているか」というポイントで選ぶように改めましょう。

次の

シミ用飲み薬のおすすめ人気ランキング5選【キレイなお肌へ!】

でき た シミ に 効く

気づいたら増えている シミ・そばかすは、効果的な美白化粧品で早めに対策することが大切。 とくにおすすめなのは、 美白有効成分がしっかり配合された「美白美容液」での集中ケアです。 ここでは、カスタムライフ編集部が• 愛用者の口コミ人気が高い• しっかりシミをケアできる といった基準で厳選した、 おすすめ美白美容液ランキングTOP5をご紹介。 あわせて、知っておきたい 正しいシミ対策&美白ケアのコツも解説します。 本当に良い美白化粧品を選んで、 透明感あふれる理想のお肌を手に入れてくださいね! なおこの記事では、医学的知識に関して専門家に監修をしていただいています。 カスタムライフにおけるランキングの付け方に関してはをご覧ください。 では、1位から順番にご紹介していきます。 1位:メラノフォーカスV(HAKU) 総合評価 : 5. 0 口コミ評価: 5. 0 成分評価 : 5. 美白有効成分として、• m-トラネキサム酸... シミの元であるメラニンの生成を抑える• 4MSK... 肌内部に溜まったメラニンを排出する の2種類が贅沢に配合されています。 ヒアルロン酸配合で保湿力も高く、シミ・そばかすの目立たない明るいお肌を目指すことができますよ。 次からは美容液に限らず、 さまざまなおすすめ美白化粧品をご紹介していきます。 2.特徴別でシミに効くおすすめ美白化粧品6選 ここからは 美白美容液以外にも色々な美白アイテムを知りたい方のために、• といった、 シミに効くおすすめの美白化粧品をご紹介します。 ぴったりのアイテムがきっと見つかりますよ! 2-1.本格的なシミ美白におすすめのデパコス化粧品 本気のシミ・そばかす対策をするなら、ワンランク上の美白を叶える デパコスの化粧品も気になりますよね。 そこでここでは、 口コミ人気も高い実力派の美白化粧品を2つご紹介します。 ・ホワイトショット QXS(ポーラ)• まずは、 以下のような美白有効成分が配合されているかをチェックしましょう! 成分名 期待できる効果 ・アルブチン ・トラネキサム酸 日焼けによるシミを予防... メラニンの生成を防ぐ ・4MSK 日焼けによるシミを予防&薄くする... メラニンの排出をサポート ・ビタミンC誘導体 できてしまったシミを薄くする... メラニンを還元する これらの美白有効成分は 国からシミへの効果が認められている成分です。 また上記以外にも、 メーカーが開発した独自の成分を「美白成分」として配合していることも。 購入前に公式サイトなどをチェックして、納得できるアイテムを選んでくださいね。 2~3ヶ月 続けられるものがおすすめ 美白化粧品の効果は、一度使うだけではなかなか実感しにくいもの。 価格や使用感をチェックして、最低でも2~3ヶ月 間無理なく使えるものを選びましょう。 次に、 シミ・そばかすに効く正しい美白ケアをご紹介していきます。 4.シミ・そばかすを対策する正しい美白ケア ここからは、• など、日常生活でできる 効果的なシミ・そばかす対策をご紹介していきます。 化粧品とあわせて取り入れて、より効果的にシミ・そばかすを改善していきましょう。 4-1.シミ・そばかすに効くスキンケア方法• A.レーザーや塗り薬などを使った治療が主流です。 皮膚科などの医療機関では、 レーザーや塗り薬などさまざまな方法でシミ治療をしてもらえます。 治療内容は病院によって異なるため、事前に確認しておきましょう。 シミの種類によって適切な治療方法が異なるため、まずはカウンセリングで相談してみるのがおすすめです。 正しい知識を身につけて、効果的なシミ・美白ケアを行ってくださいね。 6.まとめ シミ対策におすすめの美白化粧品や正しい美白ケアについて解説しましたが、いかがでしたか? 最後に、今回ご紹介したおすすめアイテムをもう一度以下にまとめます。

次の

できてしまったシミにも効く!体の内側からケアする【ホワイピュア】が話題

でき た シミ に 効く

「あれ、いつのまに?こんなところにもシミができてる!」シミが増えるとそれに比例するように精神的ダメージも増えていきます。 シミができても決してあせらないように!今回は、気持ちをユウウツにさせるにっくきシミの対策法についてお伝えしていきます。 夏の紫外線と乾燥でシミが増える!夏のあいだにたっぷりと蓄積された紫外線と初秋の急激な空気の乾燥が、お肌に大ダメージを与えている今日このごろ。 皆さまはいかがお過ごしでしょうか?夏の終わりから秋のはじめにかけての時期は、とーってもシミができやすいんです。 なぜならシミは肌が受けたダメージによって、でてくるものだから(ひぇ~!)。 できてしまったシミを完璧に消すというの… 白くて美しい肌を目指す女性達にとって、シミはとても嫌なものです。 でも大丈夫。 シミは種類を特定して、それに合った対策を取れば、目に見えて改善します。 シミの種類と、それを緩和する方法についてご紹介します。 シミができてしまう4つの原因1位:紫外線やその他の刺激2位:肌のターンオーバーの乱れ3位:老化による活性酸素によるダメージ4位:遺伝によるシミ今回は、20~30代の方が特にお悩みになる、上位2つのシミの原因と対策についてお伝えします。 紫外線やその他の刺激によるシミ紫外線や間違ったスキンケアや、その他のムダな刺激によって、肌へのダメージが加わると、老化はどんどん進みます。 特に紫外線は強力で、メラノサ… 30代以降に気になりだす人が多い「シミは」。 特に産後は、ホルモンバランスの乱れによって、シミができやすくなるそう。 エステに行ってシミを消す場合や、お金をかけずに自宅でできる美白法、化粧品を使って上手に隠す方法など、シミ対策についてご紹介します。 エステの費用と効果エステティシャンとして働いていた経験がある私。 未婚の頃は、友達と一緒に月に一度、フェイシャルエステに通っていました。 そのときの体験談を交え、エステの費用と効果をお伝えします。 まず、当たり前ですが、エステの費用はサロンによって違います。 立地やサロンのシステムによっても異なります。 私が行っていた都内近郊エリアのサロンは、自分用の化粧品を購入… 今年の夏も紫外線は、とても過酷でしたね。 しっかりと紫外線対策していたのに、「シミが増えてしまった」「シミが濃くなってしまった」という方も多いのでは?できてしまった「シミ」は、スキンケアや美容医療などで、目立ちにくくすることはできますが、今すぐどうにかしたいのが女心です。 そこで、今回はそんな「シミ」をメイクでキレイに隠す「3つのポイント」をご紹介します。 コンシーラーで隠すコンシーラーには、固形タイプ、クリームタイプ、リキッドタイプなど様々な種類があります。 それぞれのタイプには、お肌悩みに合った特徴があります。 「シミ」を隠すに1番おすすめなのは、「固形タイプ」のコンシーラーです。 固形タイプのコ… 子どもと一緒に外遊びをしていると、どうしても紫外線を浴びてしまいますよね。 少しだけだからと思って油断していると、いつのまにかシミやくすみに悩まされてしまう…ということも。 一度できてしまったシミは「もう戻らない」と諦めていませんか? 実はできてしまったシミでも、少しずつ薄くできるものもあるんです。 今回は、シミやくすみが気になっている人のために、シミ対策のポイントを紹介していきましょう。 まずは皮膚科または美容皮膚科を受診し、医師に肌の状態を診てもらうことから始めましょう。 美容皮膚科と聞くと、高額な… 夏に「あれ?濃くなった?」と思っていたシミも、秋になり紫外線量が減りだすと自然に薄くなりはじめます。 また、刺すような日差しも陰り始めて、そろそろ紫外線対策もいらないと思いがち。 しかし、ここで油断していると将来悩む原因に!!今こそ油断せず美白ケアを行いましょう。 すると、5年後10年後に差がでます。 ゆえに、今表に出ている肌は、夏に紫外線ダメージを受けた状態で作られたもの・・・。 また、肌の奥はまだまだダメージ状態のため、日焼け後最低2か月は美白ケアが必要です。 今すぐシミができるわけじゃないけど、浴びた紫外線や間違ったシミ対策によって、肌の深部には「潜在ジミ」が蓄積されていきます。 今から正しいシミの知識を知っておけば、数年後に慌てなくて済むかもしれません。 そこで今回は、基本のシミ対策の4つをご紹介したいと思います。 強さは弱いけれど、紫外線対策で重要なのは、実は「浴びた時間」。 ぽかぽか陽気の冬の日に、1時間外で紫外線を浴びれば、夏に15分浴びた… 毎年、日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりとUV対策をしているのにもかかわらず、いつのまにかできてしまうシミ。 ひとつあるだけで一気に老け顔に見えるので、これ以上シミを増やしたくないものですよね。 紫外線対策をしているのに、なぜシミが?もしかすると、シミが増えやすい生活習慣を続けているせいかも!今回は意外なシミの原因をチェック。 増やさないための対策法もあわせてご紹介します。 しかし、それに伴ってファンデを厚く塗るのはNG!肌の透明感を欠いたり、シワにファンデが溜まるなどして余計に老けて見えてしまうことに。 年齢を重ねた肌をナチュラルに美しく見せるには、コンシーラーで気になる部分をカバーしてファンデは薄く塗るのが正解です。 とはいえ、コンシーラーの中には白っぽい仕上がりになるなど不自然な仕上がりになるものもあります。 そこで、今回は肌にスッとなじんで自然な仕上がりになるコンシーラーをご紹介したいと思います。 NARSソフトマット コンプリートコンシーラー(税抜価格3,400円) コン… 1. 人気のコンシーラー!おすすめ5選・mfcリクイドコンシーラー化粧品クチコミサイト cosmeで人気No. 1になっているのがmfcのリクイドコンシーラー。 クマやシミ、ニキビあとなどの気になる肌トラブルを自然にカバーする力があります。 コンシーラー効果だけでなく、コラーゲンやローヤルゼリーも配合されていますので、気になる部分をカバーしながら、保湿効果も発揮するスグレモノです。 ・ジバンシィタン・クチュール・コンシーラーコンシーラー人気ランキング2位のジバンシィのアイテム。 全3色が取り揃えられているので、自分の肌に合うカラーを選ぶことができ… 秋になったからといって紫外線対策は怠れません。 肌の奥に入り込むことでシミの元になり、いずれそれが表に出てくることになります。 しっかりと対策をとる必要がありますが、シミと言えばビタミン摂取です。 今回は、シミを予防&薄くするビタミンのとり方をご紹介します。 夏のダメージ肌で秋に突入すると悲惨なことに夏の紫外線は肌の表面の部分にダメージを与えていきます。 UV-Aと言われる紫外線で、しっかりと予防しておかないと、皮膚がボロボロになりやすくシミやシワの原因になります。 そのUV-Aは秋になるとだんだんと減少していくので安心……なはずですが、じつは秋になっても減らない紫外線のUV-Bが、直接シミの原因になって… 日差しがますます厳しくなり、紫外線もガンガン降りそそぐこの季節。 しっかり対策しているつもりでもやっぱりお肌に元気がなくなったり、シミやシワなどのダメージが気になりますよね。 日焼け止めや美白スキンケアといった外側からのケアも大切ですが、心がけたいのは内側のケア。 体内でビタミンAに変換されるベータカロチンは日焼けによるダメージをおさえる効果が認められていま… 紫外線がますます強くなるこの季節、シミやそばかすが心配。 いろいろな対処方法はあるけれど、じつは夏バテ対策でご紹介したはちみつにも効果がありそうです。 シミやそばかすを防ぐ山田養蜂場のみつばち健康科学研究所のサイトにはこう書かれています。 はちみつに、シミやそばかすの原因であるメラニンの産生抑制作用や、メラニンの産生に関与しているチロシナーゼという酵素の活性阻害作用を調べたところ、(中略)アカシアはちみつは、メラニン産生抑制作用およびチロシナーゼ活性阻害作用に対して、濃度依存的に効果を示しました。 (山田養蜂場のみつばち健康科学研究所公式サイトより引用)つまり、アカシアはちみつはメラニン生成を抑制する… こんにちは、ライターのyossyです。 みなさん、シミ対策はどれくらい行っていますか?紫外線をカットするために、日傘や日焼け止めを使ったり、食品に気を使ったりしている人もいるのではないでしょうか。 しかし、実はよかれと思って食べたものが、かえってシミを増やす原因になるケースもあるのです。 特に柑橘類には注意が必要です。 ソラレンには、光に当たると紫外線に過敏に反応してしまい、それによって肌がダメージを受ける『光毒性 』という性質があ… 「あっ、こんなところに…」。 日頃から気にかけているはずなのに、気付くとちょこちょこシミができている、なんてことありませんか?どうにかしたい、シミについてアヴェニュー六本木クリニック副院長の澤田彰史先生に伺いました。 シミについて聞いたのは、頑固なシミに泣くシミ子、もやっとしたシミに悩むシミ絵、目まわりのシミが気になるシミ代、将来のシミにおびえるシミ美の4人。 夏、シミ撲滅を目指すシミ部です!Q:そもそもシミはなぜできるんでしょう?A:メラノサイトの暴走が原因です。 シミ子:数年前にポッとできたシミが濃くなってきた気が…。 なんでシミってできるんですか?(涙)澤田先生(以下、澤):皮膚にはメラノサイトと… 紫外線がお肌に悪影響を及ぼすことは分かっていても、夏は屋外で過ごす時間が増えてしまうものですよね。 そんなときには紫外線対策が必須。 日焼け止め、日傘、サングラス。 「紫外線対策はバッチリ!」と自信がある方も、実は、思い込みで間違ったUVケアをしていることがよくあるそうです。 あとになって「UV対策したはずなのに~なんでシミが増えちゃうの?!」と後悔しないように、正しいケアの基本をチェックしておきましょう!紫外線対策の見直し!意外と知らないUVケアの誤解誤解その1:ちょっと買い物だけなら大丈夫?洗濯物を干すだけ、近所に買い物に行くだけ。 これくらいなら紫外線ケアしなくても大丈夫だよね……。 いいえ、そんな… キーワードからまとめを探す.

次の