ニッカ ホーム 外壁 塗装。 失敗しない!品質の高い塗装業者の選び方|ニッカホーム津

外装・外壁塗装のポイント カルセラ|ニッカホーム岡崎

ニッカ ホーム 外壁 塗装

サイディングとは外壁に貼る板状の仕上げ材の事で、工場で大量生産されるため品質が均一で安価なものが多く、外壁材の主流になっています。 材質によって、窯業系と金属系の2種類に分類されます。 数年でシミやヒビ割れが出やすい塗り壁と違い、サイディングは耐久性も高く、メンテナンスも楽で見た目も古くなりにくいのが魅力です。 また、重量も軽いので地震などの災害にも強く、崩壊による怪我の危険性も少ないです。 窯業系(ようぎょうけい)サイディング 窯業系サイディングは、主原料のセメントに木片などの繊維質原料を混ぜて板状にし、窯で硬化させた外壁材です。 新築住宅で使用される外壁材の70%以上は窯業系サイディングだと言われ、住宅以外にも商業施設など様々な場所で利用されています。 耐火性能にも優れ、すべての製品が防火構造認定(国土交通大臣認定)を取得しています。 重量も、金属系サイディングには劣るものの軽量で、阪神淡路大震災や新潟中越地震の被害調査で窯業系サイディングのはく離・脱落は見られず、地震に強いことが確認されています。 窯業系サイディング:メンテナンスについて 厚みなどによりますが、一般的に窯業系サイディングは5~7年でシーリングの打ち替え(サイディングの隙間を埋めている樹脂の補修)、7~8年で再塗装が必要と言われています。 金属系サイディング 金属系サイディングは、アルミやスチール、ガルバニウムなどを表面材に用いた外壁材です。 断熱材が裏打ちしてあるものが数多く見られ、外壁材の中でも断熱性能が高いです。 その差はモルタルと比べると約50倍、窯業系サイディングと比べても約5倍あり、冷暖房費の節約が期待できるでしょう。 重量も窯業系サイディングと比べて約3分の1と非常に軽量で、建物への負担が少ないのも魅力です。 外壁の汚れにも強く、多少の汚れであれば雨で流れてしまうので、ほぼメンテナンスが不要です。

次の

塗料の種類|外装リフォームのポイント|名古屋のリフォームはニッカホーム

ニッカ ホーム 外壁 塗装

CMなども行っており、知っている人も多いのではないでしょうか。 外壁塗装はもちろん、室内リフォームも取り扱っています。 実績も豊富で、様々な賞も受賞しています。 完全自社施行なので余分な経費がかからず、安く施行を行う事ができると共に、しっかりと研修をしているので高品質なサービスを提供する事ができます。 担当スタッフに関しては、営業・調査・見積り・施行完了まで全て一貫して担当してくれるので、情報の伝達ミスのトラブルもありません。 価格に関しては、安めに設定してあるようです。 国内で数十店舗を運営していることもあって、商品を大量に一括して仕入れることができます。 そのため、単価あたりの価格を下げることができ、価格に反映できるようです。 また、ニッカホーム自体も3社以上の相見積りを推奨しています。 他の業者と一緒に見積りをして良いと宣伝している所は少なく、サービスに相当な自信があるのだと思います。 施工に入る前の打ち合わせもしっかりとしているため、仕上がりによるトラブルの防止にも繋がります。 現地調査を細かく行い、見積り・プラン作成をしっかりと考えて行きます。 予算や商品など、プランのデータを基に打ち合わせをしていくのですが、ここまで無料で行うことができますので、一度リフォームの相談をしてみると良いでしょう。 延長保証制度もあります。 有料ですが、メーカー保証が終了した後の一定期間、保証を延長するというものです。 修理回数無制限、無償、365日24時間対応。 詳細な保証内容などについてはホームページなどでは記載してなかったので、必ず確認するようにしましょう。 アフターフォローのトラブルのひとつとしては、「それは保証対象外だから修理できない」といったものがあります。 十分に気をつけてください。 リフォームローンなどの取り扱いもあります。 支払いに関して、ローンの検討をしている方は、担当者の方に金利などの詳細を聞いておくと良いと思います。 ニッカホームは、環境への取り組みもしっかりと行っているようです。 リフォームでは、どうしても大量のゴミが出てきます。 その大量のゴミをリサイクルすることで、エコにリフォームを行うことを心がけています。 ニッカホームにて検討している方は、幅広いエリアにてショールームもありますので、そちらに足を運んでみるのも参考になると思います。 【ニッカホームのCM】 私は、平成10年4月30日に岐阜県住宅供給公社が売り出した分譲住宅を購入しました。 公社住宅だから欠陥(瑕疵)などないと信用・信頼・安心して分譲住宅譲渡契約を締結しました。 ところが、取得した入居当初から1階扉及び引戸の開閉が円滑に行かず、2階にあっては扉が勝手に開くなどの建具の建て付け不良。 また扉側面と柱との間に隙間が生じていたので、再三、県公社や施工業者である「厚見建設工業㈱の住宅事業部」に改善を申し入れていたのですが、答はいつも「木造家屋は四季を通じ呼吸(収縮)を繰り返しているのだから、その影響で多少の不具合は仕方ない。 」と言い放ち、建具自体をカンナで削り誤魔化す始末。 しかしながら、経年で壁のクロスのあちこちに亀裂が入り、また不陸(低下)している床面を水平器で測定すると、明らかに一方向に5㎜~8㎜の不同沈下(地盤沈下)を生じていたのを発見しました。 これは人体に及ぼす影響としては強い牽引感、それに伴う強い疲労感、及び物が傾いて見える目眩や吐き気並びに頭痛などの症状が顕著に現れ、これらストレスによる健康障害など体の不調(違和感)を感じ、バランス感覚が悪化(鈍化)する自律神経失調症を発症してしまい、施工業者である厚見建設工業㈱は宅地造成した業者の瑕疵だと言い放ち、しかも、住宅取得から年月を経ており、有償であれば直してやらない訳でもないと言う結論でした。 ところで最近、屋根や外壁等をリフォームしたのですが、足場を組まれて屋根まで上がって見ると出るは出るは手抜きの実態。 屋根には欠けたカラーベスト(スレート瓦)を何ヵ所も差し込み、2階トイレ換気扇丸形フードは本来、幕板に遮られて壁に密着できないのであれば、幕板をフードの形にくり貫き外壁に固着させなければならないのに、その作業もせずに木ネジ1本で申し訳ない程度に幕板の真上から浮かせて付けられている始末。 また、ベランダ笠木直下の内壁及び外壁上部はシーリング防水並びに笠木直下にもトップコート防水やウレタン防水もされておらず、またまたベランダ外壁を外すと、ベランダ躯体内、特に胴差し(横胴縁)の梁も固定されておらず、ブラブラ状態、そもそもベランダ自体の傾斜角度が真下に10度程傾いており、これらについて施工主である厚見建設工業㈱に訪ねると、これぐらいのことは建築基準法に抵触することではないので、許容範囲だといわれました。 紛れもない事実・実態があるにも拘わらず、私のような被害を出さないためにもユーザーの皆さん参考にしてください。 何故、当たり前の仕事が正直に出来ないのでしようか! ?不思議でなりません。 厚見建設工業㈱は、人として!!自分がそんな目に遭わされたことを思えば答は解っている筈なのに、リフォームの時期が到来すれば瑕疵は、どうせ、いずれ顕在化するのにですよ!!。 顧客が視る事の出来ない所を平気で手抜きをする様な建築会社(工務店)ですから気を付けないと!

次の

ニッカホームの口コミと評判、体験談

ニッカ ホーム 外壁 塗装

CMなども行っており、知っている人も多いのではないでしょうか。 外壁塗装はもちろん、室内リフォームも取り扱っています。 実績も豊富で、様々な賞も受賞しています。 完全自社施行なので余分な経費がかからず、安く施行を行う事ができると共に、しっかりと研修をしているので高品質なサービスを提供する事ができます。 担当スタッフに関しては、営業・調査・見積り・施行完了まで全て一貫して担当してくれるので、情報の伝達ミスのトラブルもありません。 価格に関しては、安めに設定してあるようです。 国内で数十店舗を運営していることもあって、商品を大量に一括して仕入れることができます。 そのため、単価あたりの価格を下げることができ、価格に反映できるようです。 また、ニッカホーム自体も3社以上の相見積りを推奨しています。 他の業者と一緒に見積りをして良いと宣伝している所は少なく、サービスに相当な自信があるのだと思います。 施工に入る前の打ち合わせもしっかりとしているため、仕上がりによるトラブルの防止にも繋がります。 現地調査を細かく行い、見積り・プラン作成をしっかりと考えて行きます。 予算や商品など、プランのデータを基に打ち合わせをしていくのですが、ここまで無料で行うことができますので、一度リフォームの相談をしてみると良いでしょう。 延長保証制度もあります。 有料ですが、メーカー保証が終了した後の一定期間、保証を延長するというものです。 修理回数無制限、無償、365日24時間対応。 詳細な保証内容などについてはホームページなどでは記載してなかったので、必ず確認するようにしましょう。 アフターフォローのトラブルのひとつとしては、「それは保証対象外だから修理できない」といったものがあります。 十分に気をつけてください。 リフォームローンなどの取り扱いもあります。 支払いに関して、ローンの検討をしている方は、担当者の方に金利などの詳細を聞いておくと良いと思います。 ニッカホームは、環境への取り組みもしっかりと行っているようです。 リフォームでは、どうしても大量のゴミが出てきます。 その大量のゴミをリサイクルすることで、エコにリフォームを行うことを心がけています。 ニッカホームにて検討している方は、幅広いエリアにてショールームもありますので、そちらに足を運んでみるのも参考になると思います。 【ニッカホームのCM】 私は、平成10年4月30日に岐阜県住宅供給公社が売り出した分譲住宅を購入しました。 公社住宅だから欠陥(瑕疵)などないと信用・信頼・安心して分譲住宅譲渡契約を締結しました。 ところが、取得した入居当初から1階扉及び引戸の開閉が円滑に行かず、2階にあっては扉が勝手に開くなどの建具の建て付け不良。 また扉側面と柱との間に隙間が生じていたので、再三、県公社や施工業者である「厚見建設工業㈱の住宅事業部」に改善を申し入れていたのですが、答はいつも「木造家屋は四季を通じ呼吸(収縮)を繰り返しているのだから、その影響で多少の不具合は仕方ない。 」と言い放ち、建具自体をカンナで削り誤魔化す始末。 しかしながら、経年で壁のクロスのあちこちに亀裂が入り、また不陸(低下)している床面を水平器で測定すると、明らかに一方向に5㎜~8㎜の不同沈下(地盤沈下)を生じていたのを発見しました。 これは人体に及ぼす影響としては強い牽引感、それに伴う強い疲労感、及び物が傾いて見える目眩や吐き気並びに頭痛などの症状が顕著に現れ、これらストレスによる健康障害など体の不調(違和感)を感じ、バランス感覚が悪化(鈍化)する自律神経失調症を発症してしまい、施工業者である厚見建設工業㈱は宅地造成した業者の瑕疵だと言い放ち、しかも、住宅取得から年月を経ており、有償であれば直してやらない訳でもないと言う結論でした。 ところで最近、屋根や外壁等をリフォームしたのですが、足場を組まれて屋根まで上がって見ると出るは出るは手抜きの実態。 屋根には欠けたカラーベスト(スレート瓦)を何ヵ所も差し込み、2階トイレ換気扇丸形フードは本来、幕板に遮られて壁に密着できないのであれば、幕板をフードの形にくり貫き外壁に固着させなければならないのに、その作業もせずに木ネジ1本で申し訳ない程度に幕板の真上から浮かせて付けられている始末。 また、ベランダ笠木直下の内壁及び外壁上部はシーリング防水並びに笠木直下にもトップコート防水やウレタン防水もされておらず、またまたベランダ外壁を外すと、ベランダ躯体内、特に胴差し(横胴縁)の梁も固定されておらず、ブラブラ状態、そもそもベランダ自体の傾斜角度が真下に10度程傾いており、これらについて施工主である厚見建設工業㈱に訪ねると、これぐらいのことは建築基準法に抵触することではないので、許容範囲だといわれました。 紛れもない事実・実態があるにも拘わらず、私のような被害を出さないためにもユーザーの皆さん参考にしてください。 何故、当たり前の仕事が正直に出来ないのでしようか! ?不思議でなりません。 厚見建設工業㈱は、人として!!自分がそんな目に遭わされたことを思えば答は解っている筈なのに、リフォームの時期が到来すれば瑕疵は、どうせ、いずれ顕在化するのにですよ!!。 顧客が視る事の出来ない所を平気で手抜きをする様な建築会社(工務店)ですから気を付けないと!

次の