屋根 葺き替え 工事。 屋根葺き替え、屋根カバー工法 違いとメリット・デメリットについて

屋根や瓦の葺き替え工事のリフォーム費用・価格の相場は?

屋根 葺き替え 工事

岡崎市のお客様よりご紹介を受け近隣の方の屋根、外壁診断に伺ったところ、屋根に雨漏れがあったため、葺き替え工事のご提案をさせていただきました。 セメント瓦、カラーベスト、瓦でもそうですが下葺き材(ルーフィング・防水紙)の寿命=屋根の寿命と言っても過言ではありません。 下葺き材の寿命は25年~30年を目安にすると良いでしょう。 今回は築20年でもそういった雨漏れがありましたが、雨漏れ原因はやはり下葺き材に起因する雨漏れでした。 施工前の全景写真です。 セメント瓦と呼ばれる屋根材です。 カビ苔は生えていて美観性は良くありませんが、これは雨漏れ原因には直接関係ありません。 施工前全景の別角度写真です。 早速屋根を解体していきます。 やはり下葺き材の破れが発生していました。 屋根解体中の写真です。 下葺き材破れ箇所の写真です。 上記の写真のように、やはり下葺き材の破れが発生していました。 基本的な仕様として屋根材は釘で木の合板や野地板に接合されております。 木である野地板や合板の温度変化が発生させる伸縮により釘穴が広がり、このように下葺き材にも破れを発生させてしまうのです。 この現象は前述の通り25年~30年で発生することがほとんどです。 横桟木も解体し綺麗に清掃後、12mmの構造用合板を張ってルーフィングを施工していきます。 解体完了です。 構造用合板張り工事です。 ルーフィング張り状況 ルーフィング張り完了です。 ここまで工程が進めば次は屋根材を葺くための桟木を組んでいきます。 今回は屋根環境を良好に保つために「ウォータープルーフ付き桟木」を使用します。 通称、穴あき桟木ともいいます。 ウォータープルーフ付桟木です。 桟木に欠き込みが施されており通気が取れるように加工してある木材料です。 桟木施工状況です。 桟木組み付けが完了したら屋根材を葺いていきます。 今回はイーグルロックという一般的な平瓦を葺きます。 屋根材本体葺き作業です。 通気が取れるように大棟部に通気加工を施していきます。 通気板をおさめ、エアブチルを張って屋根材を張り上げます。 ここまできたら本体葺き工事完了です。 本体平瓦部分完了。 役物瓦を取付けて工事完了。 屋根の下葺き材のことが少しお分かりいただけましたでしょうか。 劣化の早いお宅では20年でも下葺き材である防水紙が破れることがあるのです。 雨を防いでくれているのは屋根材ではなく、あくまで下葺き材である防水紙です。 屋根瓦にどれだけ塗装などの工事を行っても下葺き材の寿命がきてしまえば屋根は終わりです。 築20年程度で屋根に塗装工事を検討されている方は、一度正しい診断をうけ葺き替えまで検討することを推奨いたします。

次の

屋根の葺き替え工事の費用相場と適正価格を実現する優良業者の選び方

屋根 葺き替え 工事

葺き替えで知って 欲しい事柄 屋根材について ガルバリウム鋼板 シングルについて 石粒付鋼板等 重要な材料他 私が、Nobilis代表の 小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします ガルバリウムによる 坪別 、屋根葺き替え相場 ガルバリウム鋼板の屋根葺き替え価格 下地がきちんと出来た状態での、ガルバリウム鋼板で屋根葺き替えをする場合の屋根の大きさ別、費用の概算です。 ガルバリウム鋼板の種類に多少の価格差がありますが、標準的な材料を想定し、ガルバリウム鋼板の種類による価格差についても記載しました。 3㎡、切妻型; ルーフィング&ガルバリウム鋼板施工価格 ・ガルバリウム鋼板本体(横暖ルーフS)施工費用、材料費込 ¥6,000/㎡ X 65. 3㎡ = ¥ 391,000 - ・ルーフィング(改質ゴムアスファルトルーフィング・ゴムアス)施工費、材料込 ¥700/㎡ X 65. 3㎡ = ¥45,000- ・棟部部品(棟板金)施工費、材料込 ¥3,000/m X 8. 3㎡ = ¥ 424,000 - ・ルーフィング(NEWライナールーフィング仕様)施工費、材料込 ¥900/㎡ X 65. 3㎡ = ¥58,000- ・棟部部品(棟板金)施工費、材料込 ¥4,000/m X 8. 7m = ¥35,000 ・けらば部分部品施工費用材料込 ¥3,000/m X 13m = ¥39,000 ・1階壁の取り合い部分の雨抑え部品材料込 ¥4,000/m X 5. 7m = ¥47,000 ・けらば部分部品施工費用 ¥4,000/m X 13m = ¥52,000 ・1階壁の取り合い部分の雨抑え部品材料込 ¥4,500/m X 5. 6㎡、切妻型; ルーフィング&ガルバリウム鋼板施工価格 ・ガルバリウム鋼板本体(横暖ルーフS)施工費用、材料費込 ¥6,000/㎡ X 121. 6㎡ = ¥ 730,000 - ・ルーフィング(改質ゴムアスファルトルーフィング・ゴムアス)施工費、材料込 ¥700/㎡ X 121. 6㎡ = ¥85,000- ・棟部部品(棟板金)施工費、材料込 ¥3,000/m X 15m = ¥45,000 ・けらば部分部品施工費用、材料込 ¥3,000/m X 19. 4m = ¥58,000 ・1階壁の取り合い部分の雨抑え部品、材料込 ¥4,000/m X 6. 6㎡ = ¥ 790,000 - ・ルーフィング(NEWライナールーフィング仕様)施工費、材料込 ¥900/㎡ X 121. 6㎡ = ¥109,000- ・棟部部品(棟板金)施工費、材料込 ¥4,000/m X 15m = ¥60,000 ・けらば部分部品施工費用、材料込 ¥4,000/m X 19. 4m = ¥78,000 ・1階壁の取り合い部分の雨抑え部品、材料込 ¥4,500/m X 6. 6㎡、切妻型; ルーフィング&ガルバリウム鋼板施工価格 ・ガルバリウム鋼板本体(横暖ルーフS)施工費用、材料費込 ¥6,000/㎡ X 157. 6㎡ = ¥ 946,000 - ・ルーフィング(改質ゴムアスファルトルーフィング・ゴムアス)施工費、材料込 ¥700/㎡ X 157. 6㎡ = ¥110,000- ・棟部部品(棟板金)施工費、材料込 ¥3,000/m X 15. 8m = ¥48,000 ・けらば部分部品施工費用、材料込 ¥3,000/m X 28. 7m = ¥86,000 ・1階と2階の壁の取り合い部分、雨抑え部品施工、材料込 ¥4,000/m X 17. 6㎡ = ¥ 1,240,000 - ・ルーフィング(NEWライナールーフィング仕様)施工費、材料込 ¥900/㎡ X 157. 6㎡ = ¥142,000- ・棟部部品(棟板金)施工費、材料込 ¥4,000/m X 15. 8m = ¥63,000 ・けらば部分部品施工費用 ¥4,000/m X 28. 7m = ¥115,000 ・1階と2階の壁の取り合い部分、雨抑え部品施工、材料込 ¥4,500/m X 17. 正確な金額は、提携屋根屋の現地調査の後になります。 つまりトタンは屋根材・仕上材のことで、屋根形式を言う言葉ではありません。 屋根の形式の名前は瓦棒と言います。 縦葺の一種で施工が簡単、コストも安い瓦棒・トタン屋根はかつては盛んに施工されました。 最近では、安っぽい、雨音がする、夏暑いなど敬遠され新しい金属屋根材の要求が増えていきました。 1970年の昔、米国の鉄鋼大手ベツレヘムスチール社は、このトタンより3倍も長持ちしかつコストもトタンと同じ優れた金属材料の開発に製鋼しました。 日本名ガルバリウム鋼板です。 鋼板に亜鉛、アルミニウム、シリコンの合金メッキを施し、亜鉛が自身が酸化亜鉛になることによって、基板である鉄が腐食するのを長年抑え、アルミニウムの耐腐食性の両方の機能により耐用年数のさらなる長期化を実現しました。 開発元のベツレヘムスチール社他数社は、この材料の耐用年数の研究にも熱心で、1974年から1999年の25年間、全米33箇所、様々な気候条件の都市での耐環境性のテストを実施し、殆どメンテなしで一箇所の雨漏り、ひどい劣化もないことを証明しました。 ですから。 ベツレヘムスチール社は、ガルバリウム鋼板(Galvalume)の耐用年数を25年とアナウンスしています。 屋根工事お助け隊もガルバリウム鋼板の耐用年数を聞かれたら、25年以上と回答しています。 屋根材には様々な材料があります。 瓦、スレート、セメント瓦、ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板、アスファルトシングル、銅板、ステンレス鋼板、FRPなどです。 でも数十年のスパンで材料の耐久性を実際の屋根に施工し、様々な環境で試験した例を私はしりません。 大変力の入った屋根材と思っています このガルバリウム鋼板の耐用年数を超える新しい金属材料を、実は日本の大手鉄鋼メーカーである 新日鐵住金株式会社が、2016年に開発しました。 正確な定義としては、ガルバリウム鋼板ではありません。 ガルバリウム鋼板の組成である、亜鉛、アルミニウム、シリコンではなく、これに2%のマグネシウムを入れたところがみそです。 マグネシウムがメッキを強くしてくれることは以前から知られていましたが、その混合比、何を混ぜるのか?など長年に渡って試験、研究を繰り返し、やっと製品までこぎつけました その鋼板は、「SGL」、GL:はガルバリウム鋼板の意味ですが、「S」は、Super等大変優れたとい言う意味のようです。 お助け隊では、「スーパーガルバリウム鋼板」、メーカーは「次世代のガルバリウム鋼板」と言っています。 穴空きの保証は、25年、それまでのガルバリウム鋼板での保証は、10年程度だったことを思うと格段の進歩です。 もちろん今までのガルバリウム鋼板でも塗装や保護材料の工夫で、高級な製品では20年の保証という製品もありましたが、価格対効果の面で不利でした。 スーパーガルバリウム鋼板では製品の全シリーズで最低25年の穴あき保証が付いています。 耐用年数は明らかにされていませんが、常識では、耐用年数は保証の年数より長いと考えられていますので、30年、35年の耐用年数と思われます。 これはメーカーのアナウンスではないので、あくまでも個人的な思惑です。 でも25年はすごいと思います。 是非、耐用年数についても何かしら、試験結果や数字とその根拠を示して欲しいと願っています。 このスーパーガルバリウム鋼板を使って屋根材の生産をしているのが、ニチハ、アイジー工業、日鉄住金鋼板の関連会社である、メタル建材、スレート屋根大手のKMEWです。 一番はやく屋根材を発売したのは、アイジー工業でした。 スーパーガルテクトです。 価格もあるでしょうが、その製品の性能、耐用年数、断熱性、雨音の問題、傷の付きやすさ、堅牢性などいろいろな性能の項目があります。 この中で耐用年数と断熱性、傷の付きやすさ・堅牢性について、考察しましたので、お知らせいたします。 耐久性は、耐用年数です。 試験、テストをするのは、長い年月がかかりますので、カタログや新日鉄住金のサイトを参照しながら考えてみます。 アイジー工業のスーパーガルテクトとニチハの横暖ルーフS ニチハの横暖ルーフSの製品は4種、アイジー工業のスーパーガルテクトは3種出ています。 フッ素塗装のものは塗膜、褐色保証が、20年保証です。 ・スーパーガルテクトは、スーパーガルテクトフッ素、スーパーガルテクト、材料の長さを短くしたスーパーガルテクトCの3種、正確には2種、塗装の違いです。 スーパーガルテクトは、ポリエステル塗装。 しかし、メタル建材のSGL製品は、まだ出て間もないことから、役物などの部品の準備が完全ではなく、屋根屋が嫌がるかもしれません。 サポート体制もこれからです。 KMEWのスマートメタルは、カタログには紹介が出ていますが、きちんとした製品の仕様、型番、色のバリエーションが完全ではなく、販売体制の不備が見られます。 ですから、今スーパーガルバリウム鋼板の材料を選ばれるのでしたら、スーパーガルテクトか横暖ルーフSのどちからになると思います。 部品の供給体制が不十分とか、サポートがまだの製品は、工期がずれたり、屋根屋の不都合があったりと、本体の性能の問題意外の理由で、あまりお薦めできません。 もう少し待たれた方が良いと思います。 で、横暖ルーフSとスーパーガルテクトが手に入りましたので、2つの性能、特に断熱性能と、堅牢性を考察しました。 まずガルバリウム鋼板で良く問題になる、断熱性能は、下のグラフから、ほぼ同じと言えます。 あるテストBOXを2つ同じものをつくり、屋根材だけ替えてテストしました。 横暖ルーフSと、スーパーガルテクトの断熱性能を比較したグラフです。 同じ断熱をした2つのBOXで横暖ルーフSを施工したBOXと、スーパーガルテクトを施工したBOXでその中の温度変化を測ったものです。 何故断熱かというと、横暖ルーフSとスーパーガルテクトには、10mmほどの断熱材が入っていて、両者とも断熱性能を宣伝していたからです。 10mm程度の断熱材では、充分な断熱性能は得られませんが、断熱性能が同じなのか?確認したかったのです。 同じでした。 次にこのガルバリウム鋼板材料は、横葺きですので、軒先から施工して、横方向に長い材料ですので、合せ目は、当然横方向にあります。 その合せ目、嵌合部分といいますが、その嵌合部分の作りが気になったので、比較してみました。 下の写真です。 スーパーガルテクトの嵌合部 横暖ルーフSの嵌合部 スーパーガルテクトと横暖ルーフSの嵌合では、ガルテクトの方は嵌合部分、断熱材の作りは丁寧のような気がしますが、雨の侵入(矢印方向からの強風による侵入方向)を見た限りでは、横暖ルーフSの嵌合の方が雨の侵入に対しては効果的ではないかと思ってしまいます。 でもどちらも通常の雨では雨水が嵌合部分から入るとは思われません。 横殴りの激しい、強風を伴った雨に対してのはなしです。 これに対しては横暖ルーフSの方が優れていると私は、考えます。 安心の為に言うと、たとえここから雨が侵入しても、屋根裏まで水が回りません。 その下にルーフィング、防水材があるからです。 水は下に流れて排出されます。 でも雨水を屋根材の下に侵入させないということは重要です。 次にみるのは、材料表面に傷が付きやすいか?つきにくいか?です。 材料の表面に引っかき傷を付けると、塗装層を超えて傷を付けると、鉄部が出たところから錆びていきます。 ガルテクトの表面は固く、細かい筋、チヂミ加工のような凸凹があります。 キリで引っ掻いてもすぐには傷になりません。 かなり堅牢な表面処理をしています。 横暖ルーフSは、綺麗な凸凹が全くなく、平な面です。 しかし、簡単に引っかき傷ができ、弱い印象です。 表面の処理は屋根屋さんにとっては重要で、ガルバリウム鋼板を施工したあとに、工事の為にのります。 もちろんガルバリウム鋼板の特性を知り尽くした職人さんですから、傷をつけないように作業をしますが、ガルテクトは、その気遣いがあまり必要ではないくらいです。 これは屋根屋さんのとってもお客様にとっても利点の一つです。 ガルテクトの表面の欠点は、少し凸凹していますが、勾配のぎりぎり、2. 5寸勾配など緩い屋根に施工すると、空気中の塵、埃を残しやすいので、それがカビ、苔の繁殖の原因になります。 急勾配であるならさほど問題になりませんが、これはマイナス点です。 実際に施工する屋根屋は、ガルテクトを勧めてくるかもしれません。 価格的な要素を除けば、ガルテクトの方を私は、薦めると思います。 まだ発売されて1年あまりですので、今後評判があればまた書きたいと思います。 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。 詳しい利用方法は、下記までご連絡ください 屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。 また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開! 屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。

次の

屋根葺き替え工事とは?|雨漏り・屋根リフォームの情熱リノベーション

屋根 葺き替え 工事

「屋根の葺き替え工事の費用はいくらが相場なの」「屋根の葺き替え工事の見積もり価格が適正かどうか分からない」そう不安に感じて屋根の葺かえ工事の費用相場について調べていませんか? 屋根の葺き替え工事は住宅のリフォームの中でも100万円を超える高額なリフォーム工事ですが、一般的に相場価格が浸透しておらず、「適正価格が分からない」と不安を感じながら葺き替え工事に臨む方も多いです。 屋根の葺き替え工事が終わった後に「相場よりも高額だった」「もっと安い業者があった」と後悔しても後戻りはできません。 屋根の葺き替え工事は実際に業者を選ぶ前に、自宅の葺き替え工事の費用相場を理解して適正価格を実現できる優良業者に工事を依頼することが重要です。 この記事では屋根の葺き替え工事を適正価格で行うために事前に知っておくべき、屋根の葺き替え工事の費用相場について解説します。 屋根の葺き替え工事の費用相場を建物の大きさ(屋根面積)と葺き替える屋根材別にお伝えします。 見積もり価格の妥当性を確認できる「施工工程」と「屋根材」単価相場もお伝えしています。 この記事を読むだけであなたの自宅の適正価格が分かるので、最後までお読み頂き参考にしてもらえればと思います。 屋根の葺き替え工事の費用相場 屋根の葺き替え工事の費用は日本の住宅に多い30坪〜40坪の住宅の場合、100万円〜140万円ほどが中心価格帯になります。 屋根の葺き替え工事の費用は建物大きさ(屋根面積)や葺き替える屋根材の修理によって変わりますが、屋根の葺き替え工事だけで見積もり価格が200万円を超えることは基本的ありません。 屋根の葺き替え工事は日本瓦やセメント瓦などの瓦屋根の住宅で施工されることが多く、金属屋根のガルバリウム鋼板が使用されるのが一般的です。 スレート瓦やトタン屋根は既存の屋根材を撤去して新しい屋根材に葺き替える従来の葺き替え工法ではなく、既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ね葺くカバー工法と呼ばれる葺き替え工法が主流です。 カバー工法による屋根の葺き替え工事の際もガルバリウム鋼板が使用されるので、屋根の葺き替え工事を検討する際は、自宅の屋根の種類に応じた「葺き替え工法」と「屋根材の種類」について理解を深めておくことが重要です。 それでは、具体的に既存の屋根材の種類別に屋根の葺き替え工事の費用相場について見て行きましょう。 1-1. 瓦屋根の葺き替え工事の費用相場は金属のガルバリウム鋼板に葺き替える場合、30坪〜40坪の住宅で80万円〜140万円が中心価格帯です。 一方で、日本瓦に葺き替える場合は、100万円〜180万円が相場価格でありガルバリウム鋼板よりも高額になります。 瓦屋根の葺き替え工事では屋根の軽量化を図り耐震性能を向上させるため、ガルバリウム鋼板に葺き替えられるのが一般的ですが、和風住宅で建物の美観性を維持する場合は屋根材を変更せずに日本瓦(陶器瓦)を使用する施主様も多いです。 また、日本瓦は耐用年数(耐久性)が80年〜100年と非常に高耐久なため40年程度で日本瓦を他の屋根材に葺き替えてしまうのは非常にもったいないです。 そこで、日本瓦の屋根では「葺き直し」と呼ばれる、既存の瓦を再利用する葺き替え工法も選択できます。 雨漏り修理などで建物の耐震性能の向上など屋根リフォームに付加価値を求めずに単純に修理がしたい場合は、葺き直し工法で修理を行うのが一般的です。 葺き直し工法は既存の屋根材を廃棄しないために、瓦を新しく葺き替えるよりも安く屋根修理を実現できるので、屋根を葺き替える際は屋根の葺き替え工法と屋根材の種類を理解しておくようにしましょう。 1-2. スレート屋根はカバー工法による葺き替えが主流で、70万円〜100万円が主流です。 カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる、スレート屋根に特化したリフォーム工法ですが既存のスレート瓦が腐食してしまいカバー工法が施工できない場合、既存の屋根材を撤去する葺き替え工法が必要になります。 その際の、費用相場は90万円〜150万円とカバー工法よりも若干高額になります。 1-3. トタン屋根の葺き替え工事は、スレート瓦と同様にカバー工法による屋根リフォームが一般的です。 その際の費用相場は、70万円〜100万円が中心価格帯になります。 トタン屋根もスレート屋根と同様に、既存屋根の材の腐食が激しい場合、カバー工法による施工ができないために屋根の葺き替え工事が必要になります。 屋根の葺き替え工事の単価相場 屋根の葺き替え工事は建物の大きさ(施工面積)や屋根材の種類に応じて中心価格帯がありますが、相場価格よりも高額な見積もり価格になることも少なくはありません。 そのため、見積もり価格の妥当性を判断するために、屋根葺き替え工事の工程や屋根材の単価相場について理解を深めておくことが重要です。 ここからは具体的に屋根の葺き替え工事の単価相場について見て行きましょう。 2-1. 見積書に内訳を記載してもらう 屋根の葺き替え工事の見積書をもらった際は、工事全体の価格が相場価格であると同時に、工事の内訳がしっかりと記載されていることを確認しましょう。 見積もり価格の内訳を確認することで、見積もり価格の妥当性が分かり優良業者を判断できるようになります。 参考までに屋根の葺き替え工事の見積書のサンプルを公開するので、実際の見積書と比較をしながら確認してみてください。 この工程によって単価相場があり、見積もりの内訳になります。 屋根の葺き替え工事の見積書を確認する際は、単価相場も合わせて確認するようにしましょう。 2-3. 見積書の妥当性を確認する際は、必ず屋根材の種類を確認するようにしましょう。 屋根の葺き替えの見積もりの注意点 屋根の葺き替え工事の費用は業者によって変わります。 そのため、ここからは屋根の葺き替え工事の見積もり時の注意点について解説します。 3-1. 相場価格よりも高額な場合は相見積もりをする 見積もりが相場価格よりも高額だった場合、他の業者に再度見積もりを依頼する方が安全です。 営業の人件費や、下請け会社への中間マージンなど工事の品質とは関係のない費用が見積もられている可能性が高いからです。 そのため、相場価格よりも高額な見積もり金額だった場合、理由を聞いて納得ができなかった場合、他の業者に修理を依頼することが重要です。 3-2. 即決を促されても契約はしない 「雨漏りの危険があるのでスグに修理が必要です」「今、契約して頂ければ100万円値引きします」と即決を促された場合、他の業者に再度見積もりを依頼するようにしましょう。 強引に契約を結ぼうとする意図があり、適切な提案や見積もりがされていないケースがあるからです。 このように強引に即決を促された場合は、絶対に契約はせずに他の業者に再度見積もりを依頼した方が無難です。 3-3. 訪問営業会社の点検内容を鵜呑みにしない 突然訪問してきたリフォーム会社の営業に「瓦がズレていますよ」「無料で点検しましょうか?」と屋根の不具合や劣化を指摘されることがありますが、絶対に屋根に上らせないようにしましょう。 点検の結果、屋根の葺き替え工事を提案されても鵜呑みにせずに、他の業者に再度、現地調査を依頼して正しい現状を確認する方が安全です。 まとめ いかがでしたか?屋根の葺き替え工事の費用相場についてご理解いただけたかと思います。 屋根の葺き替え工事は相場が一般的に浸透しておらず、ぼったくり被害が多い、リフォームジャンルですが、建物の大きさや屋根材によって相場がある程度きまっているので、事前に確認して工事に臨むことが重要です。

次の