あいこ カブトムシ。 カブトムシ

キングヌー井口理とaikoのカブトムシが神回!aiko愛シュークリームで涙が可愛い!

あいこ カブトムシ

ラジオでは時々、奇跡が起きる。 それは深夜。 井口理さんとaikoさんで歌う「カブトムシ」が、それはもう、もう、素晴らしかった。 2月20日に放送された「King Gnu 井口理のオールナイトニッポン0」に、aikoさんがゲスト出演した。 その放送がどうやらすごかったらしいと放送後に知った私は、タイムフリーで再生した。 井口理さんのaiko愛がこれほどのものだとは。 アブナさのギリギリ、むしろ向こう側に到達している井口さんの挙動が凄い。 愛とは人を狂わせる、をこんなに体現する人がいるとは。 aikoさんが大きくそれを受け止めるから、カラッとキュートに仕上がる素晴らしいバランス。 aikoさんとラジオの相性は語るのも野暮なほどで、私は山里亮太さんのオールナイトニッポンに来た回を聴いて以来、またaikoさんの声をラジオから聴ける日を待ち望んでいた。 それなら聴かない手はないと、井口理さんのオールナイトニッポン0を再生した自分を褒めたい。 King Gnuの井口理さんのラジオが面白いということも何となく知っていたけれど、なんだか今ではない気がする…未知の沼が広がっている予感がしてこわいぞ…とタイミングを探っていた。 今だった。 タイミングはまさに今。 番組内で突如「さてここで一曲なんですけど…」と歌の時間が始まり、ハンドマイクを持った井口理さん。 aikoさんの歌声入りの音源に合わせて歌い始めたところに、aikoさんがすっとハンドマイクを手に取り、一緒に歌い始める。 aikoさんにユニゾンするaikoさんという贅沢さに、さらに声を重ねる井口理さん。 当然というように、2番も歌う流れに胸の高鳴りが止まらない。 2番になってからのサビ、ハモりの本気スイッチが凄くて、aikoさんにメロメロな井口さんの夢が叶っている瞬間ではあるものの、aikoさんと井口さん、それぞれに歌手としてのエネルギーが炸裂した瞬間を目の当たりにしていることに鳥肌が立った。 なんでこんなに泣けてくるのかと戸惑う。 ふいに告げられた想いのような輝きがあるからだろうか。 「カブトムシ」を聴くたびに私はずっと、女心!という感じの曲だと思ってきた。 それが変わり始めたのは数年前で、今回、さらに完全に覆された。 井口さんの声に、「カブトムシ」の中で描かれる切実な女心が、切ない男心と合わさる瞬間を見た。 ラジオ内で歌うまでの二人の会話を含めて「カブトムシ」だった。 「この日のためにめちゃめちゃ考えた」と言う、ハモりラインのアレンジが本当に素敵で、お願いだからリリースしてくださいと思うほどに、唯一無二のセッション。 毛布のように優しいハモり。 繊細さとはまさにこのこと。 もうこれ以上どう言葉にしてこの感動を伝えていいかわからない。 井口さんの歌声という末恐ろしい魅力を知った。 「カブトムシ」を歌う井口さんの声、なんという彼氏感。 なんという温もり。 どえらいものを耳にしてしまった。 聴かなかったことに、できないだろうか。 投稿いただいたコメントはロッキング・オンが公開可否審査を行った上で掲載します。 コメントの前に、かならずを読んでください。 音楽文事務局が不適当と判断したコメントについては掲載しない場合がございます。 また、一度掲載されたコメントも、音楽文事務局の判断で削除させていただく場合がございます。 ご了承の上ご利用ください。 コメントの掲載基準や掲載可否についてのお問い合わせにはご対応いたしかねます。 ご了承ください。 利用規約に違反している可能性があるコメントを見つけた際は、当該コメントの「…」ボタンより「報告する」を押してお知らせください。 お知らせいただいたコメントは1件ずつ確認し、対処いたします。 犯罪予告や名誉棄損、侮辱、信用棄損、業務妨害罪などに該当する場合など、コメントの内容によっては警察に通報する場合があります。 本コメント機能はベータ版となります。 予告なく終了する場合がございます。 ご了承ください。

次の

カブトムシ (aikoの曲)

あいこ カブトムシ

Contents• カブトムシの歌詞は片思いの歌? (画像引用元:) aikoの歌詞。 その 最大の特徴は、彼女が自らを 「恋愛ジャンキー」と語ることが象徴するように 色とりどりに様々なシチュエーションから綴られる 恋愛観でしょう。 男女間のラブソングというジャンルを一貫して歌い続け、 しかも 同じような内容の歌詞が1つもないというところが、 aikoの最大の強みであり、特徴なのだと思います。 恋の真っ最中な曲もあれば、 片思いの曲もありますし、 失恋の曲もあります。 多種多様です。 それでは、真珠のバラードである 「カブトムシ」は、 どういうシチュエーションを意味する曲なのでしょうか? カブトムシの歌詞の解釈は 「片思い説」と 「恋人同士説」の2つがあるようですが、 私は、 恋人同士というシチュエーションで解釈しています。 何かの事情で主人公は恋人に別れを切りださなければならない。 でも 勇気が足りなくてなかなか切り出せない。 カブトムシは失恋の歌であって、もっと言うと 主人公の女の子側から相手に別れを告げた歌詞なんじゃないか?と。 そう考える方が、後に続く 「あなたが死んでしまって〜」、 「生涯忘れることはないでしょう」、 「あなたの耳に寄せたおでこ」 ・・・などの 歌詞やフレーズも、辻褄が合ってくるんですね。 片思いの人に対して 「2人が年老いてこの世を去るまでの長い年月を、この先はお互いの知らない場所で過ごすことになる」と憂うでしょうか? ってか、 「早く告りたいけど、あたしは弱い」なんて悩んでる女の子が、意中の相手のおでこに耳を寄せる、、 めっちゃ度胸あるやん!笑 「スピード落としたメリーゴーランド」という歌詞も、 「夢のような恋人同士の甘い時間が終わろうとしている」と解釈した方が自然です。 ということで、私はカブトムシは 「失恋の歌」と思っています。 「あなたが死んでしまって」の意味とは? また、 「あなたが死んでしまって」という一節が、ミスリードを起こすことが多いみたいですが、 「あなた」は死んでいないと思います。 「今は亡きあなたを生涯忘れる事はないでしょう」という歌ではないです。 きっと。 このフレーズについては前述しましたが、 これから離ればなれになって、長い残りの人生を別々に過ごしていくこと。 その人生がお互いの干渉し得ない所で進んでいくこと。 そんな現実を受け入れたくない主人公の苦悩が、そういう言葉を選ばさせているのではないか?と。 そうすれば後に続く 「生涯忘れることはないでしょう」という一節も 深みが増しますね。 カブトムシの歌詞から垣間見えるaikoの天才性 「悩んでる体が熱くて 指先は凍えるほど冷たい」ということは、 カブトムシで歌われる 物語中の季節は冬だと解釈するのが妥当でしょう。 鼻先をくすぐる春から始まり、 気がつけば真横を通る冬(=今)までの一年間、2人はずっと仲睦まじく過ごして来たのでしょう。 春から冬までの一年間を、今まで夢中になって2人で過ごして来た。 沢山の思い出を作って来た。 けれども、そんな2人にも、 離ればなれにならなければいけない時がきた。 別れの言葉を切り出そうとするにも、 「今が何よりも大切」なせいで、 その後の2人の人生を想うと 居たたまれない気持ちに締め付けられてしまう。 だけど最後には、主人公は別れを告げてー スピードを落としたメリーゴーランドのように、甘く幸せと思えていた、 夢みたいな時間は終わりを迎えます。 aikoはその 独特なコード進行や 弾き語りでも充分に聴かせるメロディラインなどから、 音楽家として天才なのは承知してましたが、 作詞家としても、圧倒的に天才ですね。 「文字を使って絵を描く天才」なんだと思いました。 なぜ「カブトムシ」なの?タイトルの理由は? aikoいわく、この名バラードを 「カブトムシ」という題名にしたきっかけは、 「人間以外の生き物を想像したらたまたまカブトムシが浮かんだ」とのことです。 ぶっちゃけ そこまで深い意味はなかったらしい・・・笑 ・・・けれども、この曲名、 言い得て妙です。 「カブトムシのように、固い殻に覆われていて頑丈に見せていても、その中身は柔らかく、もろく、弱い」 「恋」という 甘い匂いに誘われた、どうしようもなく弱い私ー そんな女性の儚げな気持ちがさりげなく表現されて、、、いるような気がします。。 いや、本当に 「人間以外の生き物を想像したらたまたまカブトムシが浮かんだ」だけだったら、 それはそれですごいですけど。 笑 まとめ いかがだったでしょうか? 歌詞ひとつ切り抜いて考えてみるだけで、 aikoが何故いつまでも 「恋愛ジャンキー」として たくさんのリスナーから支持され続けることができるのか?がよく分かりますね。 1つ難点を上げるなら、 「カラオケでカブトムシを歌うのマジ難しい問題」です。 笑 これを、カバーとかでしっかりと歌い上げる人を見ると、 「プロの歌手ってすごいなー!」と思います。

次の

カブトムシ

あいこ カブトムシ

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の