褒め そ やす。 一日三回人をほめると人生が好転する!

部下の成長を加速させる6つの褒め方|マネジメント層必見!

褒め そ やす

日本人の「謙遜的な姿勢を重んじてきた」という性質上、褒められても「そんなことないですよ」「自分なんてまだまだ未熟です」というように、謙遜してしまいがちになってしまうという人も多いかと思います。 ある程度の謙遜は確かに好印象ではありますが、過剰すぎる謙遜姿勢は、お褒めの言葉を言った相手からすると、自分の言葉を軽んじられたように聞こえてしまい「せっかく褒めたのに嬉しくないのか?」と思われてしまうため、かえってマイナスな印象になる場合も多いのです。 褒めてもらった時は誰だって嬉しいはずですので、上司やお客様などに褒められた時には、過剰に謙遜せず、素直に「ありがとうございます」などといった感謝の言葉を伝えましょう! 「褒めてもらって」は謙譲語・尊敬語ではないためお褒めの言葉にはNG! ビジネスシーンなどの会話において、よくありがちなミスとして「尊敬語・謙譲語が混同する」「本来敬語ではない言葉を敬語と思い込んで使っている」などがあります。 そんなミスの代表例として、上司からのお褒めの言葉に対して「褒めてもらってありがとうございます」と返事をしてしまうケースが挙げられます。 「褒めてもらって」という言葉自体は、確かに他者からの褒め言葉に対する返事・返信の1つであり「褒める」という言葉に「もらう」が付いているため、一見謙譲語のように見えるかもしれません。 しかし、これは敬語ではなく、人間関係が重要視されるビジネスシーンにおいては、あまりふさわしいものではありません。 「褒めてもらって」という言葉をビジネスシーン等で用いる場合は「お褒め頂き」などを用いるようにし、感謝の言葉を添えるようにしましょう。 お褒めの言葉への正しい返事の仕方は? お褒めの言葉には「ありがとうございます」などの感謝の言葉で返事しよう! 褒められ慣れていないため、いざ上司などからお褒めの言葉を頂いても「そんなことありませんよ」と謙遜してしまうという人は「恐縮です」という言葉を用いることをおすすめします。 ビジネスシーンなどにおける会話・メールなどでも度々見かける「恐縮です」という言葉は、お褒めの言葉に対する返事・返信にも使えるのです。 「恐縮です」の「恐縮」という言葉には、相手から受けた厚意などに対して感謝する気持ちだけでなく、自分自身が相手にかけてしまった迷惑に対する謝罪・すまないという気持ちを表現する言葉でもあります。 また、人によっては相手への厚意に対して照れくさい気持ちや気恥ずかしさを表す場合もあり、様々な表現に使えますよ! 素直に感謝の気持ちを表現しにくいという時だけでなく「恐縮」という言葉は、突然のメールをする時や相手への頼みごとをする時などにも「お忙しいところ大変恐縮ですが」などというようなビジネスメールに最適な言葉に言い換える時にも便利な言葉でもありますので、ビジネスメールが苦手という方は是非覚えておきましょう。 感謝の言葉にさらにプラスアルファ!相手を立てる言葉で好感度アップ! お褒めの言葉に対する返事・返信のテクニックの1つとして「ありがとうございます」や「お褒めいただき光栄です」などの感謝の言葉に加えて「褒めて頂いた相手の立場を立てる言葉」を付け加えると、さらに相手の印象に残りやすく、褒められ上手になります。 多くの人は自分の言動に対して喜んでくれたりことは嬉しいことです。 気持ちの良い返事・返信で、互いに褒め合ったり、認め合ったりすることで、より信頼できる仕事相手・取引相手になれることでしょう。 NGなお褒めの言葉へのメールの返信とは? 返事・返信にお褒めの言葉に対する感謝の言葉を書かない ビジネスシーンなどにおいては、対面だけでなくメールでの取引・コミュニケーションも多くなります。 そのため、メール上でのトラブル等を防ぐためにも、ビジネスメールにおけるお褒めの言葉に対する返事・返信方法も理解しておく必要があります。 プライベートでは、SNSをはじめ、ショートメールでのやり取りがほとんどという人も多く、なかにはビジネスメールなどの、比較的長文で敬語などを多用するメールに対しては苦手意識を持っているという人も多いことでしょう。 基本的な言葉の使い方や相手に合わせた使い方を理解すれば、簡単に好印象なメールを送れますよ。 お褒めの言葉に対するメールでの返事・返信においても、対面の時と同様に褒めて頂いた相手へ感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。 対面とは違い、メールの送り主の顔・表情を読み取ることができないメールでは、書いている文章でしか相手の気持ちを読み取れません。 そのため、感謝の一文があるだけで雰囲気が変わります。 お褒めの言葉に対して「ありがとうございます」とだけ書く また、メールでお褒めの言葉を頂いた時にやってしまいがちなミスの1つとして「ありがとうございます」のひとことで終わってしまっているというケースです。 よく知った相手で、なおかつ対面の場合であれば「ありがとうございます」のひとことでも問題はありません。 メールを送ってきた相手の顔や表情がわからないビジネスメールにおいて好印象の返事・返信をするためには、自分が送る文章から感謝の気持ちが相手に伝わるようにすることを心がける必要があります。 「ありがとうございます」という言葉だけでは、相手によっては傲慢なイメージや冷たい印象を感じてしまう場合もあるのです。 お褒めの言葉への正しいメールの返信の仕方は? お褒めの言葉に対する感謝の一文を入れる 敬語やマナーが学べる本の2つ目は『私の敬語正しいと思っていたけれど。 』です。 可愛い絵柄が印象的なこちらのコミックエッセイは、著者であり会社員歴15年の森下えみこさんが同僚や上司とのコミュニケーションのなかで、正しい敬語や話し方を学び直すという内容になっています。 取り扱っている内容も様々であり、電話・メール・対面コミュニケーションなどから、尊敬語・謙譲語・丁寧語の基本など社会人なら今更聞けない内容も多く、敬語に自信がないという人の学び直しにもぴったりです。 『私の敬語正しいと思っていたけれど。 一見難しく見えるかもしれませんが、何度もやり取りしていくなかで、相手に合わせたコツが掴めてくるのです。 今回ご紹介したポイントも参考にしながら、憧れの「褒められ上手」になりましょう! また、個人が持つビジネスマナーの知識・技量を表す資格の1つに「ビジネスマナー検定」があります。 この検定では今回取り上げた敬語・言い換えをはじめ、様々な観点から受験者のマナーが試されます。 関連記事ではビジネスマナー検定の内容についてまとめています。 挑戦してみたいという方は要チェックですよ!.

次の

お褒めの言葉の返信方法・お礼の方法・言い換え方法・類語

褒め そ やす

「子どもが上手な絵を描いて見せてきた!」 「子どもが新しいことをできるようになった!」 このような場面や状況に遭遇すると、子どもをいっぱい褒めてあげたくなりますよね! 大事な大事な子どもを見守る親御さんにとって、 このような成長を間近で見られると、心底うれしいと思います。 また、親御さんによっては子どもに ついついお菓子やおもちゃなどをプレゼントしたりすることもあると思います。 ですが、 このようなときにむやみにほめたり、ごほうびをあげたりすると、今後子どもは新しいことに挑戦しなくなったり、ほめられるために特定の行動をするようになる危険があります…。 つまり、 子どもの「ほめ方」は、今後のお子さんの行動や挑戦に大きな影響を与えるのです。 そこで、今回は、 お子さんにプラスの効果をもたらす「上手なほめ方」のポイントと具体的な方法についてわかりやすく解説していきます。 そこで、それぞれのポイントについて、もう少し詳しく見ていきましょう。 このようなお子さんの行動や成果を見ると、ついついいっぱいほめてあげたくなりますよね。 ご自分のお子さんががんばったとき、それを 褒めてあげることはとても大切です。 ですが、先程のケースでは、 ひとつだけ改善すべきポイントがあります。 それは 「子どもの能力・才能」を褒めている点です。 子どもの褒め方についての研究はさまざまなものがあります。 この研究を通して、 「子どもの才能・能力」にフォーカスして褒めると、その子どもは新しいことや難しいことにチャレンジしなくなるという衝撃的な結果が報告されています。 というのは、子どもは「頭がいい!」「絵の才能がある!」など能力・才能を褒められると、 「頭がいい=問題が解ける」 「絵がうまい!=自分が描き慣れているものを描く」 といった状態をキープし、 失敗を避けようとします。 そうすると、 自然と自分が今までやったことのないものや難しそうなことにチャレンジしなくなりやすいのです。 (ちなみに、先程の研究では、「能力・才能」をほめるグループより、 ほめないグループのほうがより難しい問題にチャレンジすることもわかっています。 つまり、 その子どもの能力をほめるなら、まだほめないほうがいいとも言えますね…。 ) そのため、なにか子どもが成し遂げたときに、 その才能や能力に重点をおいて褒めるのはやめましょう。 プロセスとは具体的、 子どもの「努力」や「やり方」「集中力」「忍耐力」「進歩 成長 」です。 そのため、子どもがなにか新しいことをできるようになったときは、 そこに至るまでの努力や戦略、集中力などについて言葉にして褒めてあげることが大切になります。 また、子どもがたとえば何かに挑戦して失敗したとしても、その結果を責めるのではなく、できるかわからないことに挑戦したその 「チャレンジ精神」であったり、 成功させるためにおこなった「努力」をしっかりとほめてあげることが大事です。 さらに、努力をできるようになるので、自分のできなかったことをどんどん達成すると同時に 自信を高め、自己肯定感などにもつながることも期待できます。 また、失敗をしたときに、その結果に対して厳しく責められるとチャレンジ精神はもちろん、自信をなくすことにもつながり、 自己肯定感にも悪影響を与える危険があります。 ちなみに、キャロル氏はワシントン大学のゲーム・サイエンティストと組んで、 「結果・成果」を褒めることによる影響を調査する実験もおこないました。 これは、オンライン数学ゲームを生徒にやらせ、 「プロセス」に対して報酬を与えることで、どのような影響・効果がもたらされるかを調べた実験です。 通常の数学ゲームであれば、 「答えが合っているかどうか」 に対して、点数やポイントなどの報酬が与えられますよね。 ですが、この数学ゲームでは、 生徒が問題を解くために用いた「努力」「解き方」「進歩」に対して点数を与えて、スコアを算出しました。 その結果、とても難しい問題にぶつかったときほど 「解き方」「取り組み時間」、「忍耐力」が増加するという結果が得られました。 つまり、「結果や成果」ではなく、「プロセス」を評価することで、 より努力ができ、熱心に取り組めるようになるといえます。 もちろん、 ときに「結果」は大切です。 ですが、 小さい頃から結果を重視しすぎて、お子さんの自信やチャレンジ精神を削いでしまうと、将来に悪い影響をもたらす危険もあります。 そのため、お子さんをほめるときは、 その結果・成果にフォーカスしすぎないように注意しましょう。 また、失敗したときやうまくいかなかったときは、 結果・成果を責めるのではなく、次にどうすればいいか一緒に考えてあげることが大切になります。 もちろん、スポーツの個人戦などでは、 そのような褒め方を時にしてしまうと思います。 ですが、 絵の上手さや テストの点数の高さなで、親御さんがそのような褒め方をすると、その お子さんは常に 「他の子ども」と比較するようになります。 もちろん、 切磋琢磨できるライバルがいることで、刺激を受けてより努力するケースもありますし、そのような環境も大切です。 そのため、比較するときには 「過去の自分と比較」するようにしましょう。 このような責め方や叱り方をすると、 お子さんの自信をなくし、自己肯定感を下げるとともに、 自尊心を傷つけてしまうことも…。 そのため、 褒めるとき・叱るときに関係なく、他の子どもと比較するのは避けるようにしましょう。 (これは経験論ですが、こちらが言わなくても、 本人が心のなかで対抗心を燃やしているケースも多々あるので…、特に男の子は…。 プレゼントをあげてはいけないということではなく、 「~ができたから報酬を与える」 というような インセンティブ形式がオススメできないということです。 このようなインセンティブに関する実験はさまざまなものがあります。 (ちなみに、このような 内側からのやる気やモチベーションを「内発的動機づけ」と言いいます。 ) ですので、物質的な報酬、つまりプレゼントなどを与えるときは、 子どもの努力や成果とは関係なく、「サプライズ」としてあげるようにしましょう。 (0~3歳は、愛情表現のひとつとして、たくさん褒めてあげましょう。 また、小学生以上になると、子どもも賢くなってくることもあり、 いつもほめられる環境にいると、脳がそれを当たり前に感じてしまい、行動が強化しづらくなる傾向があります。 ですので、小学校に進学したら、 子どもが充実したプロセスを踏んだ「ここぞ!」というときに褒めてあげるようにしましょう。 【そもそも褒める目的って?】 褒めるときに常に念頭においてほしいこと ここまで褒め方のポイントについて解説してきました。 そして、ここでは、今更ですが 褒める意味にについて考えてみてましょう。 子どもを褒めることで、 子どもの自信を付けたり、 自己肯定感を高めたり、 モチベーションをアップさせたり などの効果を期待できます。 ですが、個人的な意見としては、褒める目的は、 「 しなやかな心」 を育てることだと考えています。 「しなやかな心」のことをキャロル氏は 「成長型マインドセット」と読んいます。 「成長型マインドセット」とは、わかりやすくまとめると、 「自分の能力・スキル自体は、自分の努力次第で向上する」 という考え方です。 この「成長型マインドセット」を持っている人は、 自分ができないことや難しいことに直面したときにも、それに挑戦し、乗り越えようとする姿勢を示します。 一方で、 「自分の能力は生まれつき固定されたもので、努力しても変わらない」というような 「固定 硬直 型マインドセット」を持っている人は、 難しい課題にぶつかったときに、挑戦せずにあきらめてしまいます。 それだけでなく、 失敗に対して惨めに感じたり、自分よりできが悪い人を探すことで安心を求めたりすることも…。 私たちのように子どもと関わる大人は指導者であれ、親であれ、 子どもにこの「しなやかな心」つまり、 「成長型マインドセット」をもってもらえるように「褒める」ことが大切だと考えています。 そのため、褒めるときには常にこのことを念頭においていただけると嬉しい限りです。 【さいごに】 プラスのもたらす褒め方が大事! ここまで、 ほめるときのポイントやその意味などについて解説してきました。 「褒める」という行為は、 あなたのお子さんの成長には欠かせません。 ですが、 むやみに褒めたり、ご褒美をあげると、お子さんの能力やチャレンジ精神に悪い影響を与えてしまうことも…。 そのため、次からお子さんを褒めるときには今回解説したポイントを踏まえて、実践してみてくださいね!.

次の

「褒める」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

褒め そ やす

めったに褒められないので、褒められると戸惑ってしまったり、裏があるのではないかと思ったりします。 人をほめたいと思っても、どう褒めたらいいのかわかんな~い。 だから褒めなくなる。 それで自信もついて、ますます自分に磨きをかけようと、前向きになれます。 誰かの簡単な褒め言葉一つが、時には、その人に「一生の幸せ」をもたらすことだってありうるのです。 褒めることは人生好転のカギなのです。 褒めた相手がハッピーになれば褒めた人もうれしくなります。 だから、褒められた人も変に謙遜して「そんなことはありませんよ」などというのはよしましょう。 せっかくの「幸せ」逃げてしまいます。 そんな時には相手がこちらを喜ばせたいという気持ちに寄り添いましょう。 素直に「褒めてくれてうれしい、ありがとう」と伝えましょう。 褒めたり、褒められたりすれば皆が嬉しくなって、「幸せの輪」が広がります。 ゆえに、人をほめるチャンスは逃さないこと、逃すどころか常に、積極的にチャンスを作りましょう。 意識して、家族や周りの人たちのいいところを探し出し、見つけたらすぐに、それを口に出して言うのです。 かっこいい言葉はいりません。 「ネクタイがすごくお似合いですね」「歌がうまいですね」と良いところを具体的に示すだけでいいのです。 私 越山雅代 は「一日3回褒めよう運動」というのをにしています。 周りの誰かをほめる、自分をほめる、これをやると人生がすごい勢いで好転し始めます。 誰かを一度褒めると、面白いようにその人の欠点はどうでもよくなって、「まっ、いいか」の気持ちになってしまうから摩訶不思議です。 おきばりやす。 (USA)CEO 一般社団法人 ヘルス・パ・アカデミー 株式会社 エゴスキュー・ジャパン オーナー ホリスティック雅代メソッド 札幌出身。 カ・シカゴ在住約40年。 ニックネーム・マシンガン雅代(凄い早口なので)。 の革命家。 スーツケース1個とで病の弟とカに渡り、 女手一つで弟をの大学院まで卒業させる。 木材輸出業、不動産業、出版業、その他を手がけるかたわら、 栄養食品の販売で全米10万人の中で5年間トップ。 カ最大の銀行から、「最優秀輸出業社」としても選ばれる。 ビジネスで成功し、傲慢になり、人生の「艱難大学」を高い授業料を払って卒業し、価値観などが大変化。 子どもの頃から様々な健康問題を抱えていたが、 全てをホリスティック(心、体、スピリット)のアプローチで改善し、非常に健康でパワフル。 その経験を元に、人々が自分で自分の健康を作る事を学び、 最高の自分を生き、周りを元気にして欲しいと、 精力的に日本全国で啓蒙・教育活動を行い、多くの人たちの人生が好転中。 彼女の講演は最新の情報が一杯で為になり、 とにかく分かりやすく楽しくエネルギー一杯で、 「目からうろこ」「エネルギーが湧く」「元気になれる」と大好評。 著書 ・NEW HEALING WAVE 日本人を元気・健康に蘇らせるための『神様からの贈り物コレクション』 ・痛み解消メソッド驚異のエゴスキュー ピート・エゴスキュー , 越山雅代他 ・絶対治るよ、大丈夫!健康・元気大革命 ・幸運へのダイナマイト ・まわりの目なんかへのかっぱ 人生手創り などなど…etc. 他多数あり スポンサーリンク kihappy1.

次の