年の瀬 の 挨拶 文。 年の瀬とは?意味と語源。挨拶の例文と使い方。あいさつはいつから?

年の瀬の意味や使い方!いつからいつまでを言うの?

年の瀬 の 挨拶 文

「取引先」への年末の挨拶のポイントと文例 メールで送る時のタイミング 取引先の担当者へメールで年末の挨拶を送る時は、相手先の最終営業日よりも数日前にメールを送ります。 ぎりぎりにならないよう多少余裕をもって送るように心掛けます。 メールの挨拶文の書き方のポイント 挨拶文には1年の感謝の言葉と来年の抱負などを簡潔に記し、健康や繁栄を祈る言葉を結びの言葉とします。 あわせて年末年始の営業日を知らせます。 相手先より自分の方がお休みが長い場合などは、その間の連絡手段などを記します。 メールの挨拶文例(例文) 取引先の担当者へメールで送る年末の挨拶の文例です。 いよいよ年の瀬も迫り、お忙しい日々をお過ごしのことと存じます。 お陰様で… 来る年も変わらぬご厚誼を賜りますよう、よろしくお願いいたします。 向寒の折から、お体を大切に、よいお年を迎えられますようお祈りいたしております。 (メール署名) 手紙の挨拶文例(例文) 取引先にカレンダーや粗品とともに挨拶状(手紙)を送る場合の文例です。 お歳暮を贈るときにも使えます。 拝啓 歳末の候、ますますご清栄とお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。 お陰様で弊社も無事に年の瀬を迎えることができました。 これもひとえに〇〇様のお力添えによるものと感謝しております。 つきましては、年末のご挨拶までに〇〇をお送りしましたのでご笑納くださいませ。 来年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。 つきましては、ささやかでございますが謝意を表したく、粗品をお送りいたしました。 「お客様」への年末の挨拶のポイントと文例 メールで送る時のタイミング サービスをご利用いただいているお客様には、年末の挨拶とともに、年末年始の営業日を連絡します。 お客様サポートセンターの年末年始の営業時間などを連絡する場合は、最終営業日からさかのぼって、ある程度余裕を持って送るようにします。 メールの挨拶文の書き方のポイント 挨拶文には1年の感謝の言葉と来年の抱負などを簡潔に記します。 お問い合わせが多いサービスなどの場合は、年末年始の営業日の記載は最後にわかりやすく箇条書き形式で記載した方がわかりやすいでしょう。 メールの挨拶文例(例文) 件名:年末のご挨拶と営業時間のお知らせ お客様 各位 いつもお世話になっております。 今年も一年、格別のご愛顧を賜りまして、厚くお礼申し上げます。 おかげ様をもちまして、本年は… 来年も、皆様により一層のご満足をいただけるよう、スタッフ一同サービスを向上させる所存ですので、変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 来る年も皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 尚、年末年始のお客様サービスセンター営業時間は下記の通りでございます。 お休み期間中は何かとご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただけますようお願い申し上げます。 その場合は、メールでご挨拶したことを詫びる一文を添えるようにします。 メールの文例(例文) 上司へのメール 件名:年末のご挨拶 〇〇部長 今年もあとわずかとなりましたが、本年も大変お世話になりました。 心よりお礼申し上げます。 特に~では、~を教えて頂き、たいへん勉強になりました。 ~の成果を上げることができましたのも部長のご指導のお蔭です。 来年は一層業務に精励し、目標を達成いたす所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 寒さの厳しい折からご自愛のうえ、良いお年をお迎えください。 直接ご挨拶ができなかったため、メールにて失礼いたします。 (メール署名) 同僚へのメール 件名:年末のご挨拶 〇〇チームの皆様 いよいよ年の瀬も迫ってまいりました。 今年一年ご指導、ご協力をいただきましたことをお礼申し上げます。 誠にありがとうございました。 おかげさまで、〇〇のプロジェクトは無事に… 感謝してやみません。 来る年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 それでは皆様、よいお年をお過ごしください。 皆様ご多忙の折、メールにて失礼いたします。 (メール署名) 年末の挨拶「返信メールの文例」(例文) 取引先から年末の挨拶メールを頂いた時のメール返信の文例を紹介します。 この度はご丁寧な年末のご挨拶を頂き、ありがとうございました。 本年も一年、格別のご愛顧を賜り、心よりお礼申し上げます。 来年も更なる〇〇の向上を目指して、弊社社員一同業務に精励してまいりますので、変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。 時節柄ご自愛のうえ、どうぞ良いお年をお迎えください。 追記: 弊社の年末年始の営業予定は下記の通りでございます。 ・年内営業:12月〇〇日(〇)〇時まで ・年始営業:1月〇日(〇)〇時より (メール署名) 「年末の挨拶」によく使うビジネスフレーズ集 年末の挨拶でよく使うフレーズを紹介します。 文例にアレンジして使ってみてください。 時候の挨拶・季節の挨拶の言葉 歳末の候、今年も〇〇日を残すのみとなりましたが、ご清栄のことと存じます。 師走の慌ただしい季節となりましたが いよいよ年の瀬も押し詰まり、お忙しいことと存じます。 年の瀬を迎えご多忙の日々をお過ごしのことと存じます。 いよいよ今年も年の瀬を迎え、気ぜわしい毎日をお過ごしのことと存じます。 感謝の気持ちを表す言葉 本年一年間お力添えを賜り、心から感謝申し上げます。 本年も格別のご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。 今年一年、多大なご協力をいただき、心より感謝申し上げます。 いつも一方ならぬお心づかいをいただき、深謝申し上げます。 日ごろはお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 健康・繁栄を気遣う言葉/結びの言葉 来る年の貴社の繁栄と皆様のご多幸を心よりお祈りいたします。 貴社のご繁栄と皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 お元気でよい年をお迎えください。 来年も変わらぬご指導(ご愛顧)を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 来年も何かとお世話になることと存じますが、よろしくお願い申し上げます。 引き続きご厚誼を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 メールの文面にもアレンジして取り入れてみてください。 まとめ 年末の挨拶は、一年の感謝の気持ちと来年の抱負を述べ、結びの言葉として繁栄を祈る言葉や来年のおつきあいのお願いを記します。 取引先やお客様に向けて出す場合には、年末年始の営業予定をわかりやすく記入します。 長く書く必要はなく、簡潔に記すのがポイントです。 社内への挨拶は基本的に直接行うのが望ましいですが、予定が合わなかったり、相手への負担を配慮したりする場合はメールで送ることもあります。 その場合は、メールで失礼しますと一言添えるようにしましょう。

次の

12月の季語と時候の挨拶文<手紙の書き出しと結びの言葉>

年の瀬 の 挨拶 文

ハガキと封筒の使い分け ちょっとした挨拶文を書く時にハガキにするか封書にするか迷ったことがあると思います。 ハガキの長所は… ・手軽に書くことができる。 ・開封の手間がない。 ・すぐに内容を知ることができる。 ハガキの短所は… ・略式の礼儀であること。 ・内容を第三者に読まれてしまう。 ・書ける文章量に限りがある。 封書の長所は… ・礼儀正しい。 ・文章量に制限がない。 ・第三者に読まれない。 封書の短所は… ・仰々しい印象がある。 ・開封が面倒。 ハガキと封筒には上記のような特徴がありますので、相手に合わせて使い分ければいいんですね。 忙しいビジネスマンにはハガキの方が喜ばれるでしょうし、内容を知られたくないことであれば封書がいいでしょう。

次の

年の瀬の意味や語源とは?使い方や挨拶の例文。ビジネスは?

年の瀬 の 挨拶 文

年の瀬の意味は? 年の瀬の意味は、年末、暮れ、年の暮れ、歳末と同じです。 ですから、「年の瀬」と他の言葉を入れ替えても問題がないはずです。 違和感があるとすれば、語感・語呂がなじまないと感じるためで、意味自体は変わりません。 そもそも「瀬」とは、川の中で水深が浅く 流れが早い場所のことをいいます。 これを「年」で考えると、流れているのは時間ですから、一年のうちで最も忙しくて時がすぐに経ってしまう時期、すなわち年末ということになります。 この時期には、年賀状の作成、クリスマス、大掃除、お正月の飾りつけ、大みそかといったように、イベントもたくさんあるので、あっという間に日にちが過ぎてしまう実感があります。 年の瀬は いつからなのかについては、きっちりと決まっていませんが、 12月後半というのが一般的な認識です。 しかし私は、12月に入れば「年の瀬」といってもよいと考えています。 毎年11月に入ると、東京の酉の市 とりのいち のニュースなどで、「年の瀬の訪れを告げる酉の市が…」といった表現をよく聞きます。 この場合、「年の瀬」から思い浮かぶのが 12月のイメージではないでしょうか。 スポンサーリンク 年の瀬の挨拶の例文 今はメールがありますから、あまり手紙を書く機会はないかもしれません。 しかし、礼状などを出す場合には挨拶が必要となりますので考えてみることにしましょう。 この時期に使う「時候の挨拶 手紙の書き始め 」と「結びの挨拶」に分けて挙げてみます。 時候の挨拶• 年の瀬も押しせまってまいりましたが、皆様おかわりございませんでしょうか。 年の瀬も間近になってまいりましたが、日頃はご無沙汰のみいたしております。 年の瀬を迎えて寒くなりましたが、お元気でしょうか。 心もせわしい年の瀬ですが、いかがお過ごしでしょうか。 年の瀬もいよいよ押しつまり、今年もまさに暮れようとしております。 結びの挨拶• 心せわしい年の暮れですが、お体にお気をつけてお過ごしください。 あわただしい年の暮れ、どうぞお健やかにお過ごしください。 何かと気忙しい年の暮れですが、健康には十分にご留意ください。 年の暮れのご多忙の折ではございますが、ご返事賜りたくお待ちいたしております。 あわただしく感じる年の暮れですが、お身体をおいとい下さい。 スポンサーリンク 時候の挨拶は 年の瀬に、結びは 年の暮れに統一してみましたが、両者を入れ替えても意味は全く同じことがわかります。 そして、この2つの語句は、年末と歳末よりも手紙で使うと生きてくるのが感じられるのではないでしょうか。 あとは、自分がしっくりくるものを選べばよいでしょう。 各例文の前半・後半の組み合わせを変えれば、バリエーションも増えていきます。 年の瀬や… 「年の瀬」で思い浮かぶのが、時期的にも赤穂浪士 あこうろうし の両国橋の場です。 討ち入りの前日に、俳諧師の宝井其角 たからいきかく と赤穂浪士の大高源吾が両国橋で偶然出会い、そのときに詠んだのが 年の瀬や 水の流れと 人の身は 明日待たるる その宝船 という句です。 浪士の心情をよく表している句といわれており、詠まれたのが12月13日 旧暦 です。 年の瀬の俳句 「年の瀬」が詠まれた俳句をいくつか選びました。 いずれもが年の瀬の雰囲気に満ちていますので、じっくりと鑑賞してみて下さい。 年の瀬の うららかなれば 何もせず 細見綾子 年の瀬や 続く天気に はげまされ 星野立子 年の瀬や もの買ふ人に 夜の雨 高橋淡路女 年の瀬を 忙しといひつ 遊ぶなり 星野立子 人も樹も 枯れ年の瀬と なりにけり 阿部みどり女 まとめ• 年の瀬は、年末、暮れ、年の暮れ、歳末と同じ意味です。 年の瀬は、時の流れを川の水の流れに見立てることにから生まれた言葉です。 年の瀬の一般的な認識は「12月の後半」です。 年の瀬は、文語表現に適した語句といえるでしょう。

次の