大仙市経営維持臨時給付金。 内職向けコロナでもらえる現金給付金はこれ!事業主・個人事業主・労働者別に分かりやすい給付金の申請方法まとめ

交通事業者に対する自治体からの支援例

大仙市経営維持臨時給付金

秋田県(補助金・助成金・融資情報) 新型コロナウィルス関連情報 秋田県(補助金・助成金・融資情報)• 秋田県の補助金・助成金・融資の情報をまとめています。 秋田県• 秋田市• 能代市• 大館市• 男鹿市• 湯沢市• 鹿角市• 由利本荘市• 潟上市• 大仙市• 仙北市• 三種町• 八峰町•

次の

内職向けコロナでもらえる現金給付金はこれ!事業主・個人事業主・労働者別に分かりやすい給付金の申請方法まとめ

大仙市経営維持臨時給付金

2020年7月9日号 緊急経済対策費盛り込む 大仙市臨時市議会 大仙市の臨時市議会が7日開会し、財産の無償貸与案と新型コロナウイルス対策の関連事業費を盛り込んだ2020年度一般会計補正予算案の2件を原案通り可決して閉会した。 招集あいさつで老松博行市長は国の特別定額給付金事業について、「特別定額給付金の申請を行う前に亡くなった単身世帯の人は制度上、受給権、相続権が発生しないことから、特別定額給付金を受給することが出来ないとされている。 市としては、こうした申請を行う前に亡くなった市民に対して、市独自の給付金として特別定額給付金と同額の10万円を支給したいと考えており、準備が整い次第、受付を開始する」と述べた。 財産の無償貸与は、仙北市のわらび座から奥羽山荘建物の譲与を受ける佐々木興業(大仙市刈和野)に敷地などを無償貸与するもの。 貸与期間は7日から令和12年7月6日まで。 奥羽山荘は1981年に県が建設し、旧太田町が受託営業。 その後所有権が移り、第三セクターが経営していたが、赤字が続き2008年に施設のみをわらび座に無償譲渡された。 新型コロナの影響などにより経営が困難となり5月末に営業を停止していた。 20年度一般会計補正予算は6億9195万円。 補正後の累計額は529億3666万円。 重度障がい者(児)を在宅介護する世帯に対する市独自の特別給付金の補正2668万円、高齢者等を在宅介護世帯に対する市独自の特別給付金の補正4000万円、経営再興を目的としたテナント事業者の家賃、運転代行業者の車両維持経費、宿泊業や大規模ホール・宴会設備を有する事業者の設備維持経費に対する補助金の補正2億2101万円、地域経済の再活性化や地域消費の喚起策としてのプレミアム商品券発行にかかる経費の補正3億3925万円、臨時休校や部活動、スポ少活動の自粛などの制限を受けた小中学生を元気付けるためのエール花火を打ち上げる経費の補正6500万円。

次の

7/14(火)新規公示案件情報

大仙市経営維持臨時給付金

新型コロナウイルス感染症発生の影響を受けられている飲食店のみなさま、心よりお見舞い申し上げます。 補助金や助成金、融資のご相談ができる情報をまとめましたので、ご活用くださいませ。 予算額に達した場合、途中で終了します。 詳細の制度発表は議会での可決後、6月中旬~下旬以降の見通し。 新たにデリバリー・テイクアウト・移動販売を始める方向けの助成金。 岐阜県:かかる経費の3分の2(最大150万円) 高山市:小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金・岐阜県小規模事業者持続化補助金の事業主負担分を全額補助。 フードコネクションでは、飲食店の皆さまにとってこのような役にたつ情報をメールでお届けします。 下記より登録をお願い致します。 > また、フードコネクションにて、全国のテイクアウトマップを作りました。 登録は無料です。 1分で登録できますので、すぐにご登録ください。 資金繰りに関する融資経路 現在、多くの融資制度の紹介がなされております。 主な融資経路は下記の4つが挙げられます。 ・詳細: 雇用維持・従業員保護(厚生労働省) 厚生労働省が実施している助成金を紹介いたします。 雇用調整助成金 従業員を休ませて休業手当を支払った場合に、一定額を国が助成する制度。 主な内容は下記の通りです。 支給単価の計算方法が雇用調整助成金と一部異なりますが、その他の点は大きな違いはありません。 現在は、特に、「新しく」「非対面型(非接触型):デリバリー・通販など」に対応する企業に対しては、助成金の 限度額の引き上げや過去分も申請できるなどの優遇がなされております。 小規模事業者持続化補助金(弊社にて販促及び申請サポートが可能) 幅広い販促物について、かかる経費の3分の2(最大50万円:特別枠100万円)が補助される制度。 5月22日にコロナ特別枠の制度拡充がなされました。 特定条件の申請は、かかる経費の4分の3(最大100万円)と補助率が変更。 その他にも、「事業再開枠」として、別枠で最大50万円(補助率100%)の枠が創設。 自粛期間明けの 営業に向けて、マスク・除菌・間仕切り等の業態別ガイドラインに沿った感染拡大防止策に対しての経費を補助するもの。 5月22日にコロナ特別枠の制度拡充がなされました。 特定条件の申請は、かかる経費の4分の3(最大300万円)と補助率が変更。。 東京都に本社があり、都内で飲食事業を営んでいる企業が対象。 詳しくは各自治体にお問い合わせください。 予算額に達した場合、途中で終了します。 最大200万円が上限。 単独又は複数の飲食店等で共同して県内でデリバリー事業を展開しようとする飲食店等に対しての助成。 特別休暇として、会社は賃金の全額補償をすること。 その他、詳しくは別の記事にて紹介をしております。 Withコロナ・Afterコロナにおける飲食店と今後の戦略 自粛期間明けの消費動向等から見る今後に向けた対策 緊急事態宣言も明け、営業の再開。 段階的な営業時間の延長と徐々にではありますが、活動を再開した飲食店も多いかと思います。 その一方で、来店売上が中々安定しない・売上が戻るまでには至らないというお話もよく伺います。 そういったご相談をいただく事も多くなっておりますので、僭越ながらブログにて記事を書かせていただきました。 少しでもお役立ていただける情報となっておりましたら幸いです。 フードコネクションでは、飲食店の皆さまにとってこのような役にたつ情報をメールでお届けします。 下記より登録をお願い致します。 > コロナ対策記事 >第二弾「 」へ >第三弾「 」へ >第四弾「」 >第五弾「」はこちら•

次の