葉酸 おすすめ サプリ。 【2020年最新版】おすすめの葉酸サプリを徹底比較!口コミで人気の理由を解説

葉酸サプリはドラッグストアで!高品質なおすすめ11選【妊活中~授乳期】|Milly ミリー

葉酸 おすすめ サプリ

葉酸サプリの選び方• モノグルタミン酸型葉酸• 妊婦が不足しがちな栄養素の配合• 添加物の量• 原材料の透明性• 製造品質・安全性 まず、葉酸サプリを選ぶ際にチェックしておきたい項目について、お話ししておきます。 基本的に当記事では 妊活期〜産後の女性に向けた内容でご紹介していきます。 これは胎児のDNA合成を助け、 神経管閉鎖障害を予防するためです。 対して、16wを越えると必要量はぐっと減ります。 葉酸には 過剰に摂るリスクと 不足するリスクの両方が伴います。 推奨量を守った摂取を意識することが大切です。 葉酸の種類はモノグルタミン酸型葉酸 モノグルタミン酸型葉酸がおすすめ 葉酸には天然葉酸と合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)が存在します。 天然葉酸は食物から抽出したそのままの葉酸です。 合成葉酸は人工的に天然葉酸を体が吸収しやすい形に作り変えたものを指します。 葉酸はもともと 体に吸収されにくい栄養素のため、しっかりと必要量を摂るためには 吸収率 をUPさせることも大切と言われています。 これらの理由から、 厚生労働省でも妊活中〜妊娠初期の妊婦にはモノグルタミン酸型葉酸の摂取を推奨しています。 他栄養素の含有種類・量 妊活期〜産後までは通常よりも多くの栄養素を必要とします。 それは葉酸だけではありません。 毎日摂取するものですから、 少ない錠剤で多くの種類、量を補うことができるのが理想です。 妊娠中の不足栄養素 栄養素 厚生労働省推奨摂取量 一般的な不足量 鉄 21. 25mg 14. 7mg ビタミンC 110mg 41mg これらの栄養素が配合されているかも同時にチェックしておきましょう。 市販サプリメントが 安価な理由は 配合成分が少ないから。 が理由のひとつです。 配合成分が少ない分、錠剤を凝固、形成するための添加物がたくさん盛り込まれることになります。 成分表の一番頭から配合量の多い順となっておりますので必ずチェックするようにしましょう。 『ショ糖脂肪酸エステル』という添加物が妊娠中に摂取するにはあまり良くない添加物のようです。 市販サプリメントでも配合されているものがありましたのでご注意ください。 胎児の手指の数に異常が出たり、染色体異常が出る可能性が指摘されています。 配合量から考えて、影響があるかどうかは検証がされていません。 が、避けられるなら摂取しない方が良いでしょう。 原材料の透明性 サプリメントの原材料、気にしたことありますか? 市販のサプリメントは大手サプリメント企業が販売しているので安心。 という認識を持たれる方も多いかもしれませんが、実は通販サプリの方が こだわりを持って原料の調達から情報開示までを行なっている部分もあります。 ママだけでなく、赤ちゃんの健康のためのサプリメント。 より原材料には気をつけたいですよね。 製造工場の品質・安全性• GMP認定工場であるか?• 放射能検査を実施しているか?• 残留農薬検査を実施しているか?• アレルギー検査、アレルギー物質の公表はされているか? 安全性へのこだわりについてもチェックしたいです。 葉酸サプリは副作用がない。 という誤解を持つ方も多いようですが、 アレルギーはどの食品でも起こり得る副作用であり、サプリメントでも起こり得ます。 アレルギー体質の女性は特に注意して服用するようにしましょう。 ですが、安価で購入できるのには理由がありました。 比較表を確認してみましょう。 3mg ビタミンB6 1. 4mg 3. 0mg ビタミンB12 2. 5mg マグネシウム 100mg 亜鉛 3mg• 市販品は大衆に向けた商品である• 市販品は配合成分が少ない為安価にできる• 妊活〜産後の女性には通販サプリがおすすめ• サービスが充実、お試しするなら通販サプリがおすすめ 妊活女性には通販サプリがおすすめです 安く手軽に手に入れたい!そのお気持ちはとてもよくわかりますが、 せっかく購入しても目的にあっていない製品だったら意味がないですよね? 妊活中の女性以外でも、葉酸を摂取したいと考える人はたくさんいらっしゃいます。 市販品はそのような方にも飲んでもらえるよう、配合量を少なくしたり、余計な栄養素を配合しないなどしています。 そもそも妊活女性へ向けた商品とはコンセプトが違うのです。 通販商品は妊活〜産後の女性へターゲットを絞った商品です。 体の変化の激しいこの時期に不足しがちな栄養素を補えるよう工夫されています。

次の

薬局の市販葉酸サプリはおすすめ?選び方や注意点・コツなどご紹介

葉酸 おすすめ サプリ

新しい細胞を作るのに必要な栄養素 葉酸は胎児 赤ちゃん の成長に欠かすことができない「DNAを作る役割」を担っています。 DNAとは細胞分裂をするときに遺伝子情報を伝える物質のことです。 私たち人間は日々、細胞分裂を繰り返しながら新しい肌や髪の毛が作られています 切り傷などが数日経てば塞がるのは細胞分裂のおかげです。 そして受精卵も細胞分裂を繰り返しながら、少しずつ胎児の形となり、赤ちゃんとして成長していきます。 葉酸が不足することで、 正常な細胞分裂が行われなくなり、胎児や赤ちゃんの成長を滞らせる可能性があります。 また、過度な葉酸不足で最も恐ろしいのは 胎児の先天性障害「神経管閉鎖障害」です。 葉酸不足による神経管閉鎖障害の発症リスクに関しては、厚生労働省のサイトでも確認することができます。 【参考サイト】 厚生労働省「」 この細胞分裂やDNAの合成、先天性障害が起きるのは 妊娠初期のときです。 妊娠初期は女性も妊娠の自覚症状がありません。 つまり 妊娠がわかってから葉酸サプリを飲み始めても遅いということになります。 このような理由から妊娠を希望する女性は、妊活中のときから葉酸サプリを摂取することが推奨されています。 葉酸に関する疑問を解消できたら、あとは自身の好みなどに合わせて実際に使用する葉酸サプリを選んでいきましょう。 ここでは妊活中や妊娠中の女性におすすめできる葉酸サプリ5選をご紹介します。 makana(マカナ) makana マカナ を特におすすめしたい人は妊娠中ではなく、妊活中の人です。 高品質の日本産マカ100%使用のmakanaは女性のホルモンバランスを整えるなど、妊娠に必要な体作りを徹底サポートします。 またタンパク質、脂質、炭水化物 糖質 、ビタミン、ミネラルの5大栄養素が含まれたスピルリナや妊娠力低下の原因にもなる冷えを解消する金時しょうが、その他国産野菜やフルーツ30種類を配合しています。 makannaに直接妊娠させる効果はありませんが、 makanaを飲むことによって高い確率で妊娠しやすい体質を作ってくれます。 もちろん妊活中や妊娠中に必要な葉酸 400ug もしっかり配合されていますので、妊活中から産後まで使用することができます。 厚生労働省が推奨する葉酸400ug、貧血を予防する鉄15mg、代謝や体温を高める効果があるマグネシウム136mg、骨を強くしたり、細胞分裂を促す効果があるカルシウム241mgなどが配合されています。 またビタミンB群やビタミンC、D、Eなどのビタミン類もしっかり配合されているため、 妊娠中から産後まで長期に渡って使用できる葉酸サプリといえるでしょう。 「配合量は多すぎても少なすぎてもダメ」という管理栄養士が監修しているため、過剰摂取や不足の心配もありません。 美的ヌーボープレミアムに含まれているDHAやEPAはオメガ3脂肪酸と呼ばれる不飽和脂肪酸の一種で卵子の質を向上させる効果があるといわれています。 またDHAには神経細胞の働きをサポートする力があるなど、産後うつのリスクを下げることも期待されています。 ビタミン類も豊富に配合されていますので、 妊娠力アップだけではなく、美容や健康にも良い影響を与えてくれるでしょう。 コース 価格 単品購入 9,396円 税込 定期便コース 6. AFCは配合成分だけではなく、ニオイや粒の大きさなど飲みやすさにも考慮しているため、利用しやすいという声もよく聞かれます。 1個あたりの価格が安価なのも魅力的であり、継続しやすい葉酸サプリといえます。 AFCは女性100人以上の声を参考にして開発されたサプリメントなので、ユーザー目線の立場で開発されている葉酸サプリを求めている方にはおすすめです。 コース 価格 単品購入 1,944円 税込 3個セット 5,184円 税込 6個セット 9,072円 税込 ベルタ葉酸サプリ 葉酸サプリメント市場でトップクラスの売上を誇るのがベルタ葉酸サプリです。 葉酸400ug、27種類のビタミンやミネラル、20種類のアミノ酸、鉄分、カルシウム、21種類の野菜を配合しています。 またベルタ葉酸サプリにはプラセンタエキスやコラーゲンといった厳選美容成分が6種類配合されているため、 ホルモンバランスの乱れによる肌の不調などにも大きな効果を見込むことができます。 酵母葉酸100%ですので、通常の合成葉酸と比較すると吸収率が良く、効率的に葉酸を摂取したい女性にはおすすめです。 この疑問に対する回答ですが「産後にも葉酸サプリは推奨されている」です。 ではなぜ出産後にも葉酸サプリが必要になるのか?ここでは産後の葉酸サプリの必要性を2つご紹介します。 産後の葉酸サプリは質の良い母乳を作る 葉酸サプリは質の 良い母乳を作る上でも役に立ちます。 母乳の原料はママの血液です。 前述のように葉酸は造血の働きがあるため、必要分をしっかり摂取することで血液の量や質がアップする可能性が高まります。 「質の良い血液=質の良い母乳」と考えられていますので、授乳中に葉酸をしっかり摂取することで赤ちゃんのすこやかな成長を促すことができます。 産後の葉酸サプリはママの体力回復につながる 産後の葉酸サプリは赤ちゃんだけではなく、 ママ自身の体力回復のお手伝いもしてくれます。 よく「出産のダメージは交通事故並み」といわれますが、子宮が妊娠前の状態に戻るまでは通常約6週間〜8週間かかります。 また産後はホルモンバランスが乱れがちになるため、産後うつや抜け毛に悩まされるママも少なくありません。 葉酸サプリは正常な細胞分裂をサポートしたり、ホルモンバランスを整える働きがあるため、産後の傷ついた体を回復させるには適しています。 葉酸サプリの選び方を徹底解説! 添加物の有無 葉酸サプリは葉酸を中心に、妊活中や妊娠中に役立つ栄養素が豊富に含まれています。 一方で注意しておきたいのは「添加物」です。 葉酸サプリで使われることが多い主な添加物には以下のようなものがあります。 ショ糖脂肪酸エステル• 結晶セルロース• 香料 これらが含まれた製品は当然、政府が定めた品質基準をクリアしているため、口にしてもすぐに体に異常をきたすものではありません。 ただし、乳糖は日本人の約85%が分解しにくいといわれており、ショ糖脂肪酸エステルは毒性はないものの、大量摂取になると下痢の症状を引き起こす可能性もあるとされています。 また一部専門家の間では添加物はお腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことが指摘されています。 このような理由から添加物による影響をゼロにしたい方は、無添加の葉酸サプリを選ぶとよいでしょう。 葉酸の種類 葉酸サプリによる効果をより高めたい場合は葉酸の種類にも注目することを推奨します。 葉酸の種類には「ポリグルタミン酸型」と「モノグルタミン酸型」があります。 ポリグルタミン酸型は天然由来の原料から作られており、モノグルタミン酸型は人工的に作られた合成葉酸です。 そしてこの2つの中で厚生労働省が推奨しているのはモノグルタミン酸型の葉酸です。 理由としては体内においての吸収率が関係しています。 ポリグルタミン酸型の葉酸は体への吸収が約50%ですが、モノグルタミン酸型の葉酸の吸収率は約85%ということがわかっています。 つまり 葉酸の効果、効能をしっかり得たい場合は吸収率が高いモノグルタミン酸型の葉酸を摂取するのがおすすめということになります。 ただし、モノグルタミン酸型の葉酸サプリを使用するときは一度原料をチェックしましょう。 合成されている葉酸の原料がもともと食品などであれば問題はありません。 一方、原料に石油や化学薬品などが使われている場合は人体に悪影響を及ぼす可能性もあります。 葉酸以外に配合されている栄養素 妊活中、妊娠中は葉酸以外にもさまざまな栄養素を摂取する必要があります。 具体的には先ほども取り上げた貧血を予防する成分でもある鉄分、赤血球や新しい細胞作りをサポートするビタミンB群、子宮内膜を厚くする効果があるビタミンEなどがあります。 この他にも赤ちゃんが成長するために欠かすことができないミネラルやカルシウムなどの栄養素も大切です。 評価の高い葉酸サプリには葉酸以外の栄養素も含まれていることが多いです。 前述のように妊娠中はつわりなどの影響で食欲が低下する時期もあります。 このようなときに葉酸サプリにさまざまな栄養素が含まれていれば、効率的に栄養補給をすることができます もちろん通常の食事から必要な栄養素を摂取することも大切。 また葉酸サプリに必要な栄養素がしっかり含まれていれば、毎日の食事メニューも細かな栄養管理は不要となります。 「妊活中、妊娠中は葉酸サプリから必要な栄養素を摂取したい」という方は、葉酸以外に配合されている栄養素にも注目してみましょう。 葉酸サプリを摂取するときの 注意点は「過剰摂取」です。 妊活中、妊娠中の女性は一般の人よりも葉酸摂取量を増やすことを推奨されています。 しかし、ときどき誤った使い方をして推奨量よりも多く葉酸を摂取してしまう方がいます。 葉酸の過剰摂取は発熱、蕁麻疹、かゆみ、呼吸障害などの症状をもたらす葉酸過敏症を引き起こす可能性があります。 またビタミンB12欠乏症の発見が困難になるというデメリットも忘れてはいけません。 ビタミンB12欠乏症は巨赤芽球性貧血 悪性貧血 などを引き起こします。 葉酸を摂取していると貧血は改善傾向に向かうため、陰に隠れているビタミンB12欠乏症の発見が遅れがちになります。 貧血でもないのに手足のしびれや神経症状が現れた場合は、ビタミンB12欠乏症の可能性がありますので、このようなときは速やかに病院で診察を受けるようにしましょう。 その他、葉酸の過剰摂取が長期に渡って続くと子どもの喘息リスクが高まるという専門家もいます。 葉酸の1日推奨摂取量は以下のとおりです。 時期 1日推奨量 妊活中 640ug 妊娠中 480ug 授乳中 340ug 【参考サイト】 厚生労働省「」 ご覧のように妊活中、妊娠中、産後の葉酸推奨摂取量は政府が公開する資料にも記載されています。 ちなみに過剰摂取の目安となる耐容上限量は18歳〜29歳の女性で900ug、30歳以降の女性は1,000ugとされています。 葉酸サプリにも1日摂取量などが記載されていますので、用法容量を守って飲むようにしましょう。 まとめ.

次の

葉酸サプリおすすめ10選!妊活・妊娠中に必須な理由

葉酸 おすすめ サプリ

緊急事態宣言が解除されたものの第二波の心配が続く状況のなか、葉酸サプリの情報を知りたい人が全国から集まる場所「葉酸サプリクラブ」へようこそいらっしゃいました。 今ここにアクセスしたということは、「妊活」あるいは「妊娠」をきっかけに葉酸(「はさん」ではありません。 「ようさん」です)の重要性を知ったのだと思います。 ですが、世の中には葉酸を摂取できるサプリがたくさんありすぎて、 「どれを買えばいいのかわからない!」と迷っているのではないでしょうか? 安心してください。 その悩みは「葉酸サプリクラブ」で解決できます。 当サイトは、世界各国で妊活中・妊娠中の摂取が推奨されている葉酸を安心安全に摂取できるよう、サプリメントの専門家である私が人気の葉酸サプリを「辛口で」ひたすらレビュー、比較、ランキング化しているサイトです。 資格としては、日本ニュートリション協会公認「サプリメントアドバイザー」、厚生労働省認可団体・財団法人職業技能振興会認定「サプリメントマイスター」というサプリの専門資格を持っています。 もし、「サプリメントアドバイザー?マイスターって何?信用できるの?」「なぜ辛口なの?」「企業から依頼されて書いているんじゃないの?ステマじゃないの?」と気になる人は、下記のページにて信頼性と関係性について解説していますので、お読みください。 なぜ、葉酸サプリクラブを立ち上げたのか? まずは私がこのサイトを作った理由からお話しします。 昨今は、日本でもようやく葉酸摂取の重要性が認知されてきたこともあり、葉酸サプリを販売するメーカーや葉酸サプリを紹介するサイトが増えてきています。 メーカーはどこも自社商品が最強だと思って販売していますので、それはそれで良いと思います。 しかし、私が問題だと感じるのは、葉酸サプリを紹介しているサイトです。 どこの誰が書いているのかわからないサイトが多々見受けられますが、嘘情報を掲載しているサイトが山のようにあることに驚きました。 例えば、「」とか「」とか、 厚生労働省が呼びかけていることと全く逆の内容が真実かのように出回っていました。 このままでは、葉酸摂取の本来の目的が達成できなかったり、大切なお金を無駄にする人も出てきてしまいます。 この間違いだらけのネット情報が氾濫している状況を正すには、サプリの正しい知識を持つプロが正しい情報を発信するしかありません。 私は2013年8月に日本ニュートリション協会の「サプリメントアドバイザー」の資格を取っています。 このサプリメントアドバイザーの知識を活かして正しい情報を発信するべく、2013年10月に当サイト「葉酸サプリクラブ」を立ち上げました。 私が調べた限りでは、サプリの専門資格を持った人が、葉酸サプリをレビューする専門サイトは存在していませんでした。 個人のブログで書いている人はいたのですが、専門サイトがありませんでした。 だから、このサイトを作ったのです。 葉酸サプリクラブは、サプリメントの専門家による原材料・成分・添加物・販売会社の信頼性チェックなどを元に、妊活中・妊娠中におすすめの葉酸を効率的かつ安全安心に摂取できるように、「どのメーカーの葉酸サプリを買うのがベストなのか?」をわかりやすく、プロ目線の厳しい目で解説しています。 なお、勘違いしている人が多いのですが、医師、薬剤師、管理栄養士はサプリの専門家ではありません。 専門分野が違います。 間違った持論を平然と主張している人もいますので気をつけてください。 これが多くの人が葉酸サプリ選びを間違ってしまう原因なのです。 サプリのことはサプリの専門家に聞いてください。 他のどんなサイトよりも葉酸サプリの真実を語る辛口のレビューサイトを目指していますので、面白い内容になっていると思います。 他には真似できない本音の口コミを魂こめてお届けしますので、最後までじっくりとご覧ください。 もし、「そもそも葉酸が何なのかよくわかっていない」「なぜ摂取する必要があるのか知らない」という場合は、葉酸知っトク講座「 Check」を読んでおいてください。 注意!天然葉酸は現時点では証拠が得られていません。 葉酸の必要性がわかったところで、葉酸サプリ選びで「失敗しないポイント」をお伝えしますので、注意深く読んでください。 葉酸には、2つの種類の葉酸が存在します。 まずひとつ目が、食事から摂れる「プテロイル ポリグルタミン酸型の葉酸=Folate」です。 もうひとつが、工業的に製造された「プテロイル モノグルタミン酸型の葉酸=Folic Acid」です。 厚生労働省は、少なくとも妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までに、1日0. 4mgの「 モノグルタミン酸型葉酸」を栄養補助食品で摂取することを推奨しています。 ポリグルタミン酸葉酸(食事で摂れる天然葉酸)は、「現時点では証拠が得られていない」のが現状だからです。 サプリメントのパッケージの裏面に「葉酸」の文字が書かれていれば、合成葉酸が摂取できるしるしです。 この場合は「天然葉酸」が理想です。 ですが、妊娠4ヶ月目以降も、食事で不足している場合はサプリメントで補っていきます。 さて、次に進む前にひとつ言いたいことがあります。 先ほどの事実を公的機関のサイト以外で明文化したのは、当サイトが国内初だと自負しています。 なぜなら、ネット上に事実と異なる情報であふれていた憤りが、当サイト立ち上げのきっかけになっているからです。 さらに、 厚生労働省は、「合成葉酸を摂取しましょう」という表現は使っていません。 厚生労働省は、「folic acid」や「プテロイルモノグルタミン酸」葉酸を摂るようにと表現しています。 一般の人に「folic acid」や「モノグルタミン酸型」と言っても何のことか伝わりにくいだろうと思ったので、わかりやすく「folic acid=モノグルタミン酸型葉酸=合成葉酸」に置き換えて表現したのです。 私がこの表現で伝えようと思った当時、あらゆるサイトを確認しました。 先ほども書きましたが、当時は「合成素材は危険!天然素材のサプリを選びましょう!」みたいなサイトしかありませんでしたので、先陣を切って真逆の事実を伝えることにドキドキしたことをよく覚えています。 繰り返しますが、「厚生労働省は合成葉酸を推奨」これは当サイトを作るまではネット上に存在していなかった表現です。 それなのに、いつのまにかあちこちのサイトで使われているので、モノ申しておきます。 時系列的に言うと、私が明文化したあとに「mitete 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」(当サイトでA-評価)の販売サイトで、合成葉酸(モノグルタミン酸)を強調する表現が使われるようになりました。 葉酸サプリの販売メーカーとしては一番乗りです。 そこから、他社が真似して一般化していったという背景があります。 なお、前述のように「食事性葉酸に加えて」「妊娠1ヶ月以上前~妊娠3ヶ月目まで」という大前提があっての表現です。 この大前提を抜かした間違った情報がひとり歩きしていますので、気をつけてください。 一体どの葉酸サプリを買えばいいの?【前提の話】 それでは、話を戻しまして、妊活中や妊娠中の女性はどのメーカーの葉酸サプリを買えば良いのか?自信を持っておすすめできるのはどの商品になるのか?口コミで人気の葉酸サプリを独自基準を元にして、サプリのプロ目線で辛口でレビューした結果を公開します。 葉酸サプリクラブでは、 妊活中、妊娠初期、中期、後期のどの時期でも共通となる「独自評価基準10項目」を策定しました。 なぜ「独自」と強調しているのかと言うと、私が制定した基準をパクる悪質なサイトが増えたからです。 葉酸サプリクラブ「独自」評価基準• 天然か合成か。 摂取時期にふさわしい葉酸を摂取できるか• 「天然・自然素材は安全」などという幻想で消費者をカモにしていないか• 危険性の疑いがある原材料や添加物が使われていないか• ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCが配合されているか• 各種栄養素は過不足なくバランスのよい配合量になっているか• 賦形剤(=粒の容積を増やしたり、形をつくるための栄養とは関係のない添加物)の量を減らせるカルシウムが210mg以上配合されているか• 不調の原因になる非ヘム鉄が15mg以下に抑えられているか• 品質が一定に保たれるGMP準拠工場で製造されているか• 安すぎず、高すぎない妥当な価格設定になっているか• 企業理念が明確で販売実績もあり、信頼できる会社であるか これがサプリのプロが制定したすべての葉酸サプリ選びの前提となります。 各項目のもっと詳しい解説は別記事にて解説していますので、併せてお読みください。 ( 詳細 ) サプリの専門家が採点!葉酸サプリ格付けランキング(2020年最新版) 以上の独自評価10項目を元に、そのような結論に至った理由を客観的なデータや指標を根拠にして、主観的にABC評価で比較・ランキング化しました。 玉石混交の葉酸サプリをプロの視点で厳しく採点しましたので、ぜひ参考にしてください。 嘘をつきたくはありませんので、すべての葉酸サプリについて、良い面も悪い面も事実として包み隠さず正直に書いています。 私はサラリーマン時代に住宅メーカーの営業職をやっていましたが、初めて契約したお客さまに「真面目で嘘をつくような人じゃないから」と言われたことがあります。 その姿勢やポリシーは今も変わりません。 ただし、誤解のないようお伝えしておきますが、当サイトで評価の低い葉酸サプリを飲んだからと言って、赤ちゃんに悪影響が出る可能性は極めて低いです。 もし、そんなヤバイものを販売していたらとっくに大問題になっています。 当・葉酸サプリクラブが辛口評価している内容を 各メーカーに問い合わせても「安心してお飲みいただけます」と言われるのがオチです。 各メーカー魅力的な葉酸サプリを販売していますので、「口コミの評判が良くて、人気の葉酸サプリの中でもどれが一番いいのか?」を選定するために、私の主観と価値観を織り交ぜながら、かなり辛口で評価して比較分類した結果であることを初めにお伝えしておきます。 人気のない粗悪な葉酸サプリはレビュー対象にすらなりません。 詳細な解説を読みたい場合は、各商品の「詳しい解説をもっと読む」リンクをタップしてください。 さらに詳しく辛口で批評したページに移動します。 ビタミン・ミネラルは微々たる量しか摂れない「見せかけ」の野菜や果物、美容成分など余計なものを数多く配合するのではなくて、妊活開始から授乳期までに本当に「必要な栄養素」を「高品質な原材料」で無駄なく「時期別」に配合したこだわりの葉酸サプリ3部作。 消費者が知りたい情報を隠すことなく「すべて開示」している透明性と、圧倒的な検査体制による安全性も含めて、総合力でプレミンシリーズを上回る葉酸サプリはこの世に存在していない。 採点結果を「妊娠時期別」に分類してみました そして、上記の前提10項目のチェックに加えて、3つの「時期別に」独自のチェック項目をさらに追加して検証してみました。 なぜなら、妊娠時期によって摂取すべき栄養成分の量も変化するからです。 それを一括りにして、「鉄が15mgに満たないサプリはイマイチ・・・」みたいな評価はフェアじゃないと判断しました。 あとは、 当サイトの独自基準やレビュー内容・表現があちこちでパクられまくって頭に来たので、独自の「時期別」での評価軸をさらに追加しました。 なお、時期別に分けたのは、プレミン3部作よりも当サイトのほうがだいぶ先です。 下記より各期間の画像をタップすると、独自チェック項目に時期別チェック項目をプラスした辛口レビューの一覧ページに移動します。 以上を参考に、納得いくまで辛口レビューを読んでみてください。 もし、「まだどれを選べばいいのか迷っている」「どれが自分に一番合っている葉酸サプリなのかわからない」場合は、「」ページにて、自分に合った商品を選ぶ方法を解説しましたので、読んでみてください。 それでも「まだ不安な部分がある」「どちらにすべきか迷っている」「レビューになかった商品が気になっている」ようでしたら、遠慮なく私にメールをください。 24時間以内にお返事を差し上げます。

次の