茨城一家殺傷事件 長女。 茨城の夫婦殺害事件で長女が怪しいと言われる理由は?犯人の逃走ルートは?|SollaStudio

茨城県鏡町の夫婦殺人事件の夫婦は再婚だった?犯人との関係はある?|SollaStudio

茨城一家殺傷事件 長女

茨城県境町の住宅で会社員の小林光則さん(48)とパート従業員の妻美和さん(50)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件は、30日で発生から1週間が経つ。 しかし、多くの謎が残っている。 最も不可解なのは、犯人はなぜ一家を狙ったのかという点だ。 捜査関係者によると、室内に物色された形跡はなく、2階に寝ていた夫婦の上半身には深い傷が複数あった。 犯人は侵入後、2階に直行したともみられている。 このため県警は、犯人が強い殺意で夫婦を狙ったとの見方を強めている。 だがこれまで、夫婦が恨まれるようなトラブルは確認されていない。 就寝中に重傷を負った長男(13)は「襲ってきたのは知らない男のようだった」とも話しており、家の間取りを知っていたかのような犯人の行動とは食い違う。 一家は十数年前、美和さんの実家である事件現場の住宅に越してきた。 家族仲も良かった。 捜査幹部は「事件の解明には子どもたちの証言が鍵」と話すが、精神的なショックが大きく、慎重に事情を聞きとる方針という。 侵入ルートや逃走手段もわかっていない。 雑木林に囲まれた小林さん宅へ….

次の

しみ付きのスリッパに家族以外のものと見られる足跡…茨城一家殺傷事件で浮かび上がってくる犯行の計画性

茨城一家殺傷事件 長女

9月23日午前0時40分頃、茨城県境町の民家で、この家に住む会社員の小林光則さん 48 と妻でパート従業員の美和さん 50 が、2階の寝室で殺害された。 2階の子供部屋で寝ていた長男 13 と次女 11 も重軽傷を負っている。 小林さん宅はレタス畑とヘラブナの釣り堀に囲まれた鬱蒼 うっそう とした林の中にあり、外から見ると、家があるかどうかもわからない。 さらに一番近くの民家まで約300mも離れており、周囲に街灯もなく、まさに「ポツンと一軒家」だった。 「事件当時の深夜は月明かりもなく、真っ暗な中で、犯人は鍵のかかっていない1階の窓から侵入し、2階へ直行して犯行に及びました。 室内に土足の跡はありませんでしたが、家屋の外には小林さん一家のものではないと思われる足跡や血痕のついたスリッパが発見されました。 犯人は土地勘があるか、下見に訪れたことのある人物であることは明らかです。 しかも長男がマスクと帽子姿の犯人を目撃しています。 小林さん夫婦は上半身をメッタ刺しにされて失血死しており、家の中が物色された跡もなかったため、動機は怨恨の可能性が高い。 発生当初はすぐに容疑者が確保されるだろうとみられていました」(全国紙担当記者) 農家が多い、のどかなエリアで起きた凶行。 夫妻の交友関係は限られており、怨恨が動機なら容疑者が絞られる。 だが、捜査は極めて難航している。 被害者夫婦を知る近所の住民が語る。 「あの家は美和さんの実家で、一家は10年ほど前に埼玉県から引っ越してきました。 私は小林さんが息子さんと仲良くキャッチボールをする姿を何度も見ています。 小林さんはこの地区の区長も一生懸命やっていました。 小林さん夫婦が誰かに恨まれているなんてことはこの地域で聞いたことがありません」 発生から1週間、のべ500人以上の捜査員が投入され、聞き込みなどが行われたが、小林さん夫婦が恨みを買うようなトラブルは判明していない。 元警視庁刑事で、現在は防犯コンサルタントの吉川祐二氏はこう指摘する。 「今後は現場の鑑識活動と町内やその近辺に設置された防犯カメラの解析が捜査のカギを握ると思います。 あと、次女に対して使用された催涙スプレーの入手ルートがわかれば、犯人の情報につながるかもしれない。 これからはそんな地道な捜査の積み重ねになるでしょうね。 ふとしたはずみで犯人が割れるということもありえますが、現時点では長期化するという見立てのほうが強いと思います」 有力情報がない中で、現地を取材する報道陣が、あの「迷宮入り事件」を連想しているという。 「小林さんは胸を刺され、奥さんは首を刺されたことによる失血死で、長男は両足と腕を切られ、次女は催涙スプレーをかけられています。 この未解決事件も発生当初、動機は怨恨だと考えられており、マフラーやトレーナーなど、犯人が現場に残した遺留品が数多くあった。 また被害者宅は公園用地の中にあったため、近隣の民家はほとんど転居しており、目撃者は皆無に等しかった。 立正大学文学部社会学科教授(犯罪学)の小宮信夫氏が語る。 「確かに今回の事件と世田谷の事件は、どちらも被害者宅が1軒だけ周囲の民家からポツンと離れていることが共通点です。 ただし、世田谷の場合は家族全員が殺害されました。 残虐性という点では違っている。 犯人にとって子どもたちはターゲットではなく、夫婦のどちらかに強い殺意を持っていた。 特に奥さんが警察に通報していることから、夫の小林さんの殺害に過度に意識を集中させていたと考えられます。 これが今後の捜査のポイントになると思います」 凶悪事件の迷宮入りを二度と許してはならない。 就寝中に襲われ殺害された小林美和さん。 主婦として家事をこなすかたわら、郵便局でパートの仕事もしていた 小林さん夫婦の遺体は2階寝室の布団の上で発見された。 1階で寝ていた長女 21 は犯人に遭遇せず、無事だった 『FRIDAY』2019年10月18日号より• 撮影:桐島 瞬.

次の

茨城一家殺傷事件 現地で飛び交う犯人像と犯行動機

茨城一家殺傷事件 長女

3連休最終日の9月23日未明に雨天の茨城県境町で起きた一家4人殺傷事件は、発生から間もなく3カ月を迎えるが解決の糸口が見いだせていない。 周辺を木々で囲まれ目撃証言がほとんど得られない上、一家に関するトラブルが全く浮かんでこないからだ。 茨城県警幹部は「犯人逮捕には、まだまだ時間がかかりそうだ」と苦渋の表情を浮かべており、解決への道のりは遠そうだ。 小林光則さん(48)方で起きた事件は妻、美和さん(50)の緊迫した110番通報で発覚した。 9月23日午前0時40分ごろ「助けて」という美和さんの通報から約15分後、県警境署員が現場に駆けつけると犯人の姿はなく、小林さんと美和さんが2階寝室で亡くなっているのが発見された。 長男(13)は腕などを切られ重傷、次女(11)も手に痛みを訴える軽傷を負った。 県警は同日午後、境署に捜査本部を設置し、100人態勢での捜査を開始した。 就寝中に襲われたとみられる夫婦は顔や首などをそれぞれ約10カ所刺されており、小林さんには肺に達するほど深い傷もあった。 また、金品を物色した形跡は確認できなかった。 また、周囲を木々に囲まれ、一見住宅があるようには見えない小林さん方の立地から、捜査本部では当初、犯行が金銭目的というよりは、夫婦に強い恨みを持つ犯人像を有力視。 現場周辺に土地勘があり、夫婦を知る人物の可能性が高いとみて人間関係を調べていた。

次の