いかがいたしましょう メール。 催促メールで「どうなってますか」はNG。相手を怒らせない言い回しは

目上の人に「どうしますか?」は失礼?

いかがいたしましょう メール

なにをどうするのかを聞く時に使用される「いかがいたしましょうか」ですが、「いかが」と「いたしましょうか」に分けられ、それぞれで意味を持っています。 二つの意味が繋がった言葉がどうしましょうか?という意味で使われる「いかがいたしましょうか」になります。 「いかが」の意味は? 「いかが」は動詞の一種で、意見・様子・態度などを尋ねる時に用います。 「いかがいたしましょうか」が「どうしましょうか」という意味であるように、「いかが」は「どう」の言葉と同義ですが、「どう」よりも畏まった印象が強い言葉になるため、畏まって言う必要がある場面や相手には「いかが」を用いて尋ねるとよいでしょう。 「いたしましょうか」の意味は? 「いかが」が「どう」であったことから予想されるように、「いたしましょうか」は「どうしますか」という意味があります。 「いたしましょうか」を漢字にすると「致しましょうか」となり、「致す」は「する」の謙譲語になるため、目上の人や謙遜した態度で接するべき相手に「どうしますか?」と聞く時は「いかがいたしましょうか」と尋ねることになります。 「いかがなさいますか」とは違うの? 「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」は、敬語表現においてよく間違われる部分です。 「いかが」は、同じですが「いたしましょうか」と「なさいますか」という違いがあり、言い方として違うことは分かると思いますが、具体的にどのように違うのかについてはイマイチ分からない方もいることでしょう。 「いかがいたしましょうか」の「いたしましょう」は「致しましょう」であり、謙譲語であると言いましたが、「いかがなさいますか」の「なさいます」は「なさる」のことであり「なさる」は尊敬語になるため「いかがいたしましょう」と「いかがなさいますか」は使用する場面が異なります。 謙譲語は、目上の人に対して自分側のことを示す時に用いる敬語表現で、「いかがいたしましょうか」を使用する時は「自分側が何をしたら良いのかを尋ねる時」です。 一方の尊敬語は目上の人のことを示す時に用いる敬語表現なので、「いかがなさいますか」の言葉を使用する時は「相手が何をしたのかを尋ねる時」です。 上司に使うのはOK? 「いかがいたしましょうか」は謙譲語になるため、上司に使う敬語表現としては適切です。 しかし、これまでにも触れましたように「目上の人に対して自分が何をすれば良いのかを尋ねる時」に用います。 間違っても、目上の人側がすることに対して何をしたいのかを尋ねる時に使用してはいけません。 「致す」は「する」と言いましたが、謙譲語なので「する」のは自分側です。 「私は何をしたら良いのでしょうか」と目上の人に尋ねる言葉が「いかがいたしましょうか」です。 「なさる」も「致す」同様に「する」のことですが、尊敬語であり、自分ではなく相手のことを表す言葉になるため「いかがなさいますか」は「あなたは何をするのですか」ということになります。 敬語として使いたい場面 「いかがいたしましょうか」は謙譲語なので、自分側が何かする必要があることに対して相手にどうしたら良いのかを尋ねる時に使用します。 そのため、使用する相手は目上の人・上司・お客様・お世話になっている取引先の方などです。 上司との間では「どうしますか」といった言葉もごく一般的に使用されています。 しかし、「いかがいたしましょうか」と言うことでビジネス感が増すでしょう。 また、会社によって堅い口調の方が良いのか親しみある口調の方が良いのかが異なるため、シーンに応じて使い分けることが適切です。 ただ、ビジネスに於いては上司には「どうしますか」でも問題ないとしても、お客様やお世話になっている取引先など会社以外の人には「いかがいたしましょうか」のように謙譲語で丁寧に接する方が好ましいとされています。 「いかがいたしましょうか」の使用場面例 ・上司の指示で自分側が何かする必要がある時。 ・サービスを提供する側で相手に求めるサービス内容を尋ねる時。 ・ 相手がすることだが出来ないため、引き受けることを伝えたうえで何をするのか尋ねる時。 など、こちらが何かをするうえで、目上の人や顧客側の意見が必要になる時です。 目上の人や顧客自身が何かをするのではなく、目上の人や顧客側の意見をもとにこちら側が何かする前提で尋ねる場面で「いかがいたしましょうか」を使用します。 「いかがなさいますか」の使用場面例 ・上司がすることに対してどうするのかを尋ねる時。 ・お客様が購入を検討している際に結果的に購入するのかしないのかを尋ねる時。 今回は「いかがいたしましょうか」をメインに説明していますが、間違われやすい「いかがなさいますか」と比較した方が「いかがいたしましょうか」の使い方は分かりやすいので「いかがなさいますか」の使用場面例も記載しました。 参考にしてみてください。 ビジネスで使うシーン ビジネスシーンでも「いかがいたしましょうか」は用いられることが多く、上司と部下との間でも使用されますが、会社側と顧客側の間でもよく登場します。 「いかがなさいますか」と使い方を間違えないように注意したいところですが、「どうしますか?」や「どうしましょうか?」のように尋ねるよりは「いかがいたしましょうか」や「どうなさいますか」と訪ねた方が適切なのでビジネスシーンでの用いられ方を知っておきましょう。 ビジネスシーンでの使用例:上司と部下の場面 敬語としては使いたい場面でもお伝えしましたが、上司と部下の間では「上司の意見をもとに部下側が何かをする時」に使用されます。 上司ではなく部下側のことを示す時に用いる、というポイントを忘れないようにしましょう。 【会話の例】 部下「今回の件ですが、先方の事情で内容が変更になりました。 装飾のカラーを赤ではなく朱色にしたいとのご要望でして、此方側としても朱色の準備が必要になりますので少々お待ち下さいと先方にお伝えしておりますが、いかがいたしましょうか。 」 上司「在庫にオレンジがあるから、赤にオレンジを混ぜて朱色を作ることにしよう。 明日から取りかかると先方に伝えてほしい。 」 部下「承知しました。 」 ビジネスシーンでの使用例:会社側と顧客の場面 ショッピングを楽しむ方は「いかがいたしましょうか」とお店の方に言われたことがある方も少なくないと思いますが、サービスを提供する会社およびショップにて「いかがいたしましょうか」が使用される時、一体どのように用いられているのか、例を紹介します。 【会話の例】 顧客側「これにしようかと思ったけど、これにしようかな。 ・・・うーん、迷うな。 」 会社側「実物をご覧になりますか?ただ、保管庫にあるものですから、探す時間を要する可能性があります。 お時間がおありでしたらお持ちいたしますが、いかがいたしましょうか。 」 顧客側「あ、実物あるんですね、ぜひ見たいです。 」 会社側「かしこまりました。 」 「いかがいたしましょうか」は尋ねる際の謙譲語! 「いかが」と付いている時点で何かを尋ねる言葉になりますが、「なさる」が変化した言葉が付いている「いかがなさいますか」が尊敬語であるのに対し、「致す」が変化した言葉が付いている「いかがいたしましょうか」は謙譲語であることが分かりました。 尊敬語は相手のことを、謙譲語は自身のことを示すに用いる敬語表現です。 尊敬語は目上の人や顧客のことを示す時に、謙譲語は自身のことを目上の人や顧客に示す時に伝えることが適切で、謙譲語を目上の人に使用するという悪気のないミスをしないように気をつけましょう。 敬語表現はさまざまですが、「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」は間違われやすいため、使用する際は「どちらのことを表すのか」を一旦考えたうえで使い分けるとよいでしょう。

次の

間違いも多い「ご相談」のビジネスメールとしての正しい意味・使い方

いかがいたしましょう メール

が、 ご連絡よろしくお願いいたします。 、弊社事業に関するお問い合わせをいただいておりましたが、その後はいかがでしょうか?〇〇様からの ご連絡。 お問い合わせの件に、後日改めて ご連絡差し上げます。 どうぞよろしく。 お忙しい中弊社〇〇までに ご連絡を下さり、ありがとうございました。 「ご連絡」で返信する場合は上記のような感じで書くといいでしょう。 「連絡ありがとうございます」や「こちらから連絡します」だと、相手方も不快に思ってしまうので注意してください。 さて、メールや文書を打つ時に「連絡」と「ご連絡」どちらを使えばいいか分からなくなったこと、ありますよね。 「連絡」と「ご連絡」一体何が違うのでしょうか。 2-2.「連絡」と「ご連絡」の違い 「連絡」と「ご連絡」の違いは、「相手に敬意を現しているかどうか」です。 ですので上司や取引先、お客様から問い合わせをされた場合は、「ご連絡」を使うようにしましょう。 「連絡ありがとうございます」は文章的には間違っていませんが、上司やお客様に使ってしまうと不快に思われてしまう場合もありますので、なるべく使用は避けましょう。• では順に解説していきます。 3-1.ご連絡ください 「ご連絡ください」は、「ください」と断定しているため、相手に対してやや強引な印象を与えてしまう可能性があります。 上司や取引先など目上の人に使う場合は「ご連絡お待ちしております」というのが正しいです。 上司や取引先、お客様とやり取りをしているとき、ついつい「では、何かありましたらご連絡ください」と言ってしまったことはありませんか? 一見敬語のように聞こえますが、実は間違いです。 メールや電話などで言う場合は間違えないようにしましょうね。 3-2.ご連絡させていただきます 「ご連絡」も間違った使い方として有名です。 「ご連絡」と「いただきます」、 どちらも謙譲語のためこの場合だと二重敬語になってしまいます。 二重敬語は相手によって不快に感じてしまう場合もあるので、間違って使わないようにしましょう。 4.ビジネスメールでの「ご連絡」の使い方 ここでは、ビジネスメールでの「ご連絡」の使い方をご紹介します。 例文で確認してみましょう。 ご連絡が遅くなりまして申し訳ありません。 メールで詳細を ご連絡させていただいても?• (相手から連絡が欲しい場合)が、 ご連絡をいただいてもよろしいでしょうか?• ご連絡いただければ。 メールは電話や対面と違い、 言葉のニュアンスの違いで相手方への印象が変わってきます。 正しい使い方をすれば、相手も「きちんとした人なんだな」と誠意に対応してくれますので、しっかり覚えておきましょう。 5.「ご連絡」の英語表現 海外の企業と取引をする際、「ご連絡」を英語で表現するには一体どうすればいいのでしょうか? 「ご連絡」は直訳にすると 「 contacting」という英語になります。 これは「~と連絡を取る」という意味なので、「ご連絡ありがとうございます」なの英語表記として使えます。 似たようなもので「Get in touch with~」という英語もありますが、こちらはどちらかというとカジュアルな表現になってしまうので、ビジネスシーンで使う際は「contacting」を使用するといいでしょう。 で「ご連絡」を英語表記にしましたので、参考にしてみてください。 5-1.ご連絡ありがとうございます• ご照会…照らし合わせて確認すること• ご質問…疑わしい点について問いただすこと• お問合せ…尋ねて確かめること 主に 顧客とのやり取りで使われるときでの類語です。 どれも「ご連絡」とほぼ似た意味として使うことができます。 まとめ 「ご連絡」は 相手に対し、連絡を確認した旨を丁寧に伝える言葉です。 謙譲語なので、他の言葉と組み合わせて使う際は二重敬語にならないよう注意してください。 また、「ご連絡ください」などは場合によって無礼な人だと思われてしまうので、「ご連絡お待ちしております」などやんわりとした表現を使っていくといいでしょう。 ついつい間違えてしまいがちですが、意味を理解していれば大丈夫です。 言葉を正しく使えば上司や取引先からも信頼される可能性が高くなりますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

次の

「どうしますか」をビジネスで使用する時の適切な敬語表現

いかがいたしましょう メール

催促のフレーズ 催促のお決まりフレーズ・常套句・言い回し フレーズ 使用例 その後いかがでしょうか。 仕様の変更は、その後いかがでしょうか。 ~いただいておりませんが、 どのようになっているのでしょうか。 お見積もりのお返事をいただいておりませんが、どのようになっているのでしょうか。 ~いただいておりませんが、 いかがなりましたでしょうか。 ご連絡いただいておりませんが、いかがなりましたでしょうか。 ~いただいておりませんが、 いかがされたものかと案じております。 ご連絡いただいておりませんが、いかがされたものかと案じております。 ~についてご確認いただけますえしょうか。 なにかの手違いかとも存じますが、一度ご確認いただけましたら幸いです。 本日現在まだ 本日現在まだご入金いただいておりません。 期日を過ぎた現在、いまだに 期日を過ぎた現在、いまだにご回答がありません。 すでに大幅に日時を経過しております。 お約束の日から、すでに大幅に日時を経過しております。 すでにお約束の期限はもう5日も過ぎております。 当初の締切を5日も過ぎております。 すぐにご連絡ください。 はなはだ困っております。 すぐに連絡ください。 至急ご連絡をお願いいたします。 すでに大幅に日時を経過しております。 至急ご連絡をお願いいたします。 なんらご連絡がありません。 本日5月1日になっても、なんらご連絡がありません。 いまだにご連絡に接しません。 期日は過ぎておりますが、いまだにご連絡に接しません。 ご多忙のためご失念かと存じますが ご多忙のためご失念かと存じますが、8月分のご入金が確認できておりません。 ご多忙のため~もれになっているのではないかと存じますが ご多忙のためご送付もれになっているのではないかと存じ ますが、請求書を至急お送りいただけますよう、お願いいたします。 何らかの手違いかとも存じますが 何らかの手違いかとも存じますが、先日注文した商品が本日現在、まだ到着しておりません。 当方~の都合もございますので 当方資金繰りの都合もございますので、早急にご入金頂けますよう、お願いいたします。 弊社といたしましては~などに困りますので 弊社といたしましては資金繰りなどに困りますので、早急にご入金頂けますよう、お願いいたします。 当方でも今後の見通しがたたず困っておりますので 当方でも今後の見通しがたたず困っておりますので、早急にご入金頂けますよう、お願いいたします。 お電話で再三にわたりお願いしておりますが お電話で再三にわたりお願いしておりますが、請求書を至急お送りいただけますよう、お願いいたします。 直接お伺いしてお願いしたにもかかわらず 直接お伺いしてお願いしたにもかかわらず、お約束を守っていただけないのは非常に心外です。 何度か催促申しあげたにもかかわらず 何度か催促申しあげたにもかかわらず、ご返済いただけておりません。 とても困っています。 弊社といたしましても、関係各社とのスケジュール調整もできず、とても困っています。 大変困惑いたしております。 本日11月10日になってもいまだに到着せず、大変困惑いたしております。 どうしたものかと苦慮している次第です。 ご多忙のためご失念かと存じますが、当方でも今後の見通しがたたず、どうしたものかと苦慮している次第です。 どうしたものかと苦慮しております。 今後の見通しが立たず、どうしたものかと苦慮しております。 途方に暮れております。 たび重なる催促にも応じていただけず、途方に暮れております。 迅速に~くださるよう、お願い申しあげます。 すでにお約束の期限を大幅に経過しておりますので、迅速にお手配くださるようお願い申しあげます。 本メール着信後、即刻 本メール着信後、即刻ご連絡ください。 至急の連絡を、メールにて願います。 確実な納期を改めて設定したいので、至急の連絡を、メールにて願います。 誠意ある処置をしていただきますよう、お願い申しあげます。 なにとぞ、誠意ある処置をしていただきますよう、お願い申しあげます。 誠意ある対応をしていただきますよう、お願い申しあげます。 ご多忙のためと拝察いたしますが、誠意ある対応をしていただきますよう、お願い申しあげます。 繰り返しなにぶんのご回答を承りたく 繰り返しなにぶんのご回答を承りたく、ご連絡のほどお願い申しあげます。 ご事情についてご回答いただけますよう ご事情についてご回答いただけますよう、お願い申しあげます。 何日ごろご回答いただけますか、ご連絡のほど 何日ごろご回答いただけますか、ご連絡のほどお願い申しあげます。 ~のない場合は、最後の手段を取ることにいたしますので ご返済のない場合は、最後の手段を取ることにいたしますので、ご承知おきください。 しかるべき方法に訴えるほかございませんので このまま、ご連絡もなくお支払いいただけない場合には、しかるべき方法 に訴えるほかございませんので、ご承知おきください。 なんらかの処置を取らざるをえませんので なんらかの処置を取らざるをえませんので、ご承知おきください。 ご承知おきください。 ご返済のない場合は、最後の手段を取ることにいたしますので、ご承知おきください。 お含みおきください。 しかるべき法的手段に訴える所存ですので、お含み置きください。 念のため申し添えておきます。 ご回答のない場合には、不本意ながら、法律上の手続きをとる所存でございますので、念のため申し添えておきます。 催促の言い換えフレーズ フレーズ 使用例 いま、どんな状況ですか• どのようになっているでしょうか• いかがなりましたでしょうか• ~についてお確認いただけますでしょうか 困っています• とても困っています• 大変困惑しております• どうしたものかと苦慮しております 対応してください• すぐにご連絡をください• 至急ご連絡をお願いいたします• 誠意ある対応をしていただけますよう、お願い申し上げます.

次の