ひらがな 入力 固定。 パソコンのひらがな入力を固定したい。

Windows10で言語バー(Microsoft IME)のひらがなへの入力変更が出来ない時の対応方法

ひらがな 入力 固定

日本語版ウインドウズには「IME(Input Method Editor)」と呼ばれる日本語変換ソフトが組み込まれており、その設定を変更するときに便利なツールが「言語バー(IMEバー)」と呼ばれる小さな「バー」です。 この「IME」では初期設定で「初期入力モード」は「ひらがな」となっており、通常、日本語が使えるソフトウエアで文字入力をしようとすると、「言語バー」には「あ般」と表示され、「ひらがな入力」となります。 ところが、何かのはずみで「IME」の設定が変わってしまうこともあり、「初期入力モード」が「半角英数」などになっている場合があります。 以下の手順で「初期入力モード」を「ひらがな」に変更してみましょう。 1.「言語バー」に「ツール」ボタンがあればクリックして、表示 されたメニューから「プロパティ」を選択します。 2.「IME のプロパティ」画面が開いたら、画面上の「全般」タブを 選びます。 通常は、最初に「全般」タブの画面になっています。 3.「全般」タブ画面の「入力設定」項目より、「初期入力モード」 の設定をプルダウンメニューで「ひらがな」に切り替えます。 4.「プロパティ」画面を「OK」ボタンで閉じたら、このあと使う ソフトウエアから「初期入力モード」は「ひらがな」になります。 この「IME のプロパティ」の「全般」タブ画面には「入力設定」の項目として「初期入力モード」のほかにも ・ ローマ字入力/かな入力 ・ 句読点 ・ 記号 ・ スペース入力 ・ テンキーからの入力 などを設定することができるので、たとえばいつも「ローマ字入力」の設定のはずが、いつのまにか「かな入力」に切り替わってしまい困っている場合なども、この「IME のプロパティ」で直すことができます。 もちろん、それでも「正解」ですし、確実な操作ではありますが、文字入力中には「キーボードで切り替え」できると、文字入力の効率が格段によくなりますので、ぜひ覚えてみてください。 キーボードのタイプ練習も効果がありますが、入力モードの切り替えをキーボードでできるようになるのも大きな前進になることでしょう。

次の

Windows10でGoogle日本語入力を固定する方法

ひらがな 入力 固定

獲得しているカテゴリマスター• その他(パソコン)カテゴリマスター• Windows 10カテゴリマスター• その他 Windows カテゴリマスター• パソコン・スマートフォンカテゴリマスター• ノートPCカテゴリマスター• その他(インターネット・Webサービス)カテゴリマスター• Androidカテゴリマスター• Windows 8カテゴリマスター• その他 ソフトウェア カテゴリマスター• プリンター・スキャナーカテゴリマスター• その他 PCパーツ・周辺機器 カテゴリマスター• Windows 7カテゴリマスター• CPU・メモリ・マザーボードカテゴリマスター• マウス・キーボードカテゴリマスター.

次の

文字入力で「イラっ」とする6つの問題とその解消法(1/2)

ひらがな 入力 固定

固定入力 固定入力された文字は確定状態で入力されるため、変換操作を行なっても別の文字に変換されません。 この機能を利用して、ひらがな・カタカナ・アルファベット・半角文字を確定状態で入力することができ、自動かな漢字変換モードの場合に特に便利です。 入力中にキーを押して固定入力へ簡単に切り替えることもできます。 表 6-2 固定入力できる文字の種類 入力文字種 状態表示 固定入力される文字の種類 表示例 あ あ固 全角ひらがな さくら ア ア固 全角カタカナ サクラ ア ア固 半角カタカナ サクラ A ア A固 キーボード入力文字 全角無変換 sakura A ア A 固 キーボード入力文字 半角無変換 sakura 「私は、JOHNと友達です」と固定入力してみましょう。 A ア 」 を選択して「JOHN」と入力します。 解除」を選択して「とともだちです。 」と入力します。 【スペース】キーを押します。 固定入力した部分以外が変換されます。 【Return】キーを押します。 変換結果が確定されます。 キーによる切り替え 入力中に固定入力へ簡単に切り替えることができます。 注意 - キーボード上に【無変換】キーが存在しない場合に、その機能を利用するには、 【無変換】キーに割り当てられている機能をキーボード上に存在するキーに割り当ててください。 割り当てる方法については、を参照してください。 図 6-2 キーによる切り替え.

次の