プリ画像 著作権フリー。 果物・フルーツのフリー写真素材|食材・料理の無料画像 フード・フォト

著作権フリー、商用可、登録不要、日本語の無料写真素材サイト23選

プリ画像 著作権フリー

著作権とは? 写真を撮影してSNSなどに投稿したいとき、注意しておきたいのが著作権に関する問題です。 自分で撮った写真を販売したり、どこかに出展するときは、なおさら意識しておきたいのがこの問題でしょう。 写真と著作権には、一体どのような関係があるのでしょうか? 著作権について触れていきます。 著作権は撮影者の権利 写真の著作権とは、簡単に言うと『撮影者が有している写真の権利』のことを言います。 撮影者が創作意図を持って撮影した写真には、基本的に著作権が与えられます。 この著作権は、知的財産権の一部でもあり、他人への譲渡や相続も可能です。 誰かが創作物として撮影した写真には、基本的に著作権が与えられているということを知っておきましょう。 著作権の保護期間 2018年12月30日から著作権法が改正され、著作権保護期間が50年から70年に延長されました。 しかし、この保護期間は、国や著作物によって変わります。 例えば日本では、写真の場合、撮影者が明確に分かっている状態(プロのカメラマンが撮ったものなど)の著作権は、撮影者の『死後』50年と設定されています。 その反面、撮影者が分からない場合や、団体名義で撮影されたものなどは『作品が公表されてから』50年が著作権の保護期間になっています。 保護期間にもいろいろなパターンがあるので覚えておくといいでしょう。 建物を撮るのは大丈夫?著作権のNG例 建物の場合も、著作権が関係していて販売してはいけないケースがあります。 その見分け方は、建物自体に著作権があるかないかで見分けます。 建物も写真と同様、創作意図があって作られたもの(芸術作品と呼ばれるもの)には著作権があります。 そのため、撮影して個人で楽しむぶんには問題ないですが、写真集にして販売するなどの行為は認められていないケースが多いです。 公共施設の建物やオブジェに関しては、それ自体に著作権がかけられていないことがほとんどのため、自由に撮影しても問題ありません。 個人で楽しむことも許されていない建物の場合は、基本的に撮影NGと分かるように告知されているため、微妙な場合は事前に撮影許可が下りているかどうかを確認しておくと安心です。 肖像権とは? 著作権に関する基本的なことを紹介してきましたが、次に気になるのが肖像権です。 肖像権は、人物にかけられる権利のことを言います。 風景の撮影をするときなど、人物が入り込んでしまうことも多いです。 そのような場合でも安心して撮影できるよう、肖像権と写真の関係について知っておきましょう。 肖像権は無断で利用されない権利 肖像権とは、プライバシー権の一つで『自分の姿を勝手に他人に使用されないようにする権利』です。 人には、プライバシーを守る権利があります。 そのため肖像権が存在していて、他人に自分の姿を勝手に使われないようにする権利があるのです。 悪用する意図はなくとも、知らないところで自分の姿が流用されているといい気持ちはしません。 肖像権を守りながら撮影することがマナーと言えるでしょう。 人が写った写真は許可がいる場合も 自分の撮影した写真に人物が写ってしまったときには注意が必要です。 例えば、夜景などの写真を撮影した時に、人がシルエットとして写ってしまっている場合は、人物を特定できないので肖像権の侵害で訴えられることはないでしょう。 しかし問題は、特定できる状態で人物が写ってしまった場合です。 例えばその写真を公表することになったときは、相手から許可を得る必要があります。 SNSに投稿する際も、誰か分からないようにするのがマナーです。 特定できるレベルで人物が写ってしまった場合は、十分注意してその写真を扱いましょう。 無断利用の抑止力、著作権の表記方法 自分で撮影した写真を目に見えるようにして保護する方法があります。 芸術作品の著作物保護に関する条約、ベルヌ条約に日本は加入しています。 そのため、誰が撮影した写真にも撮影した瞬間から著作権がかけられます。 著作権を表記しておけば、誰が見ても権利があることが分かるため、ネットなどで無断に利用されることを避けることができます。 次に、著作権の表記方法について紹介していきます。 これは『コピーライト』を表していて、写真に著作権がかけられていることを表しています。 このコピーライトを表記することで、自分の撮影した写真に著作権があることを表すことができるのです。 それでは実際にコピーライトの表記方法について見ていきましょう。 コピーライトの表記の仕方 ネット上にある無料ツールを使用することで、自分の写真にコピーライト表記を付け加えることができます。 表記する場所にも配慮が必要で、例えば自分の写真に目立つように表記してしまうと、せっかくの作品が見えづらくなってしまいます。 コピーライトを表記するときは、四隅のどこかに小さく付け加えるのが一般的です。 カメラマンが気をつけたい著作権のポイント ここからは、カメラマンとして気をつけておきたい著作権のポイントについて紹介していきます。 さまざまな被写体を撮影するカメラマンだからこそ、著作権のポイントについてしっかりと把握しておきましょう。 他人の写真の加工も著作権ではNG 他人の写真を加工する行為は、著作権に引っかかってしまうので注意が必要です。 オリジナルと印象が変わっていても、加工を行い、それを自分の作品として公表してしまったら著作権を侵害することになるので、十分注意しましょう。 著作権の譲渡の確認 著作権は、他人に権利を譲る『譲渡』を行うことができます。 例えば、自分のお店を持ったとします。 そのお店の公式HPを作るときに、カメラマンにサイトで使う写真を撮ってもらいます。 その写真の権利を譲ってもらうことで、自分で他人に撮ってもらった写真を自由に使えるようになるのです。 権利の譲渡に関しては、撮影者の承諾を得ていることが重要です。 口約束でも成立している場合が多いですが、公式にしたい場合は契約書などを作成しておくと安心でしょう。 SNSの投稿は慎重に行おう このような著作権の問題を考慮すると、SNSの投稿には十分な注意が必要です。 ネット上に掲載されている写真であっても、それぞれに著作権がかけられていることがほとんどです。 自分で撮った写真を投稿する分には問題ありませんが、それ以外の写真を投稿するときには十分注意を払うようにしましょう。 著作権を調べるのに便利な参考サイト ここまで著作権についていろいろと説明してきましたが、コピーライトも表記されていない写真に著作権がかけられているのかは、一見判断しづらいです。 そのような写真に著作権があるのかどうかを判断するには、著作権に関する深い知識が必要です。 著作権について詳しく情報を入手できるサイトを紹介していきます。 公益社団法人著作権情報センター CRIC 著作権についての知識を学ぶことができるサイトが『公益社団法人著作権情報センター CRIC』です。 CRICでは、著作権に関するあらゆる情報を入手することができます。 国内の基本的な法令を見ることができる他にも、著作権に関する文献や資料を検索して調べることもできます。 『月刊コピライト』という月刊誌も出版されているため、著作権に興味がある人は調べてみるといろいろな知識を得ることができます。 公益社団法人日本写真家協会 『公益社団法人日本写真家協会』は、カメラマンの地位確立のために設立されている団体です。 ここでは、著作権や肖像権に関するセミナーも行われています。 著作権に関するトラブルを事前に回避する方法を学ぶことができるので、サイトでチェックしておくといいでしょう。 著作権フリーの写真を探すなら 著作権がかけられておらず、自由に扱うことができる写真や画像を集めているサイトがあります。 どうしても使いたい画像があったり、特定の被写体が写った写真を使いたいときなどは、このようなフリーの素材を使っておくと安心です。 フリー素材を扱っている代表的なサイトについて紹介するので、使いたい写真がある人はチェックしてみましょう。 多くのジャンルで使用可能 photoAC 豊富なジャンルの中からフリー素材を探すことができるのが『photoAC』です。 photoACでは、あらゆるジャンルから高品質な写真を無料でダウンロードすることができます。 サイトでは、人気カテゴリーやおすすめの写真素材などを紹介してくれるため、非常に見やすく自分の欲しい写真を見つけやすいのも魅力の一つです。 自分で撮影した写真をフリー素材として投稿することもできるため、多くの人に自分の写真を使ってもらうこともできます。 人気のフリー素材多数 PAKUTASO 高品質・高解像度の写真を無料でダウンロードできるサイトが『PAKUTASO』です。 PAKUTASOでは、高画質な画像をダウンロードできる他、新着のフリー素材をピックアップして選ぶこともできます。 特定の地域で撮影した写真をフリー素材として配布することで、地域活性化につなげようとする活動『地方創生コラボレーション』という企画も実施されており、地域特有の趣ある写真を使用することもできます。 面白い企画が目白押しなので、写真を見ているだけでも楽しくなるサイトです。

次の

写真と著作権の関係は?カメラマンが知っておきたい著作権のポイント

プリ画像 著作権フリー

そこで今回は、以下の条件に当てはまる無料の写真素材サイトを集めてみました。 著作権フリー、商用可、会員登録不要、日本語表記 著作権フリー 何に利用してもよい、改変してもよい。 商用可能 個人的な利用だけではなく、商用に利用してもよい。 クレジット表記必要なし コピーライトやリンクなどの著作者表記の必要がない。 会員登録不要 会員登録やメールアドレス登録の必要がない。 日本語表記 英語アレルギーの方も多いので、日本語表記のサイトのみ。 仮に、フリー写真素材50サイト!などとピックアップされていても、40サイトが英語表記だとちょっと抵抗があります……。 また、素材を利用するために会員登録するなどが煩わしい人も多いはずです。 というわけで、今回のピックアップで特に注目して欲しいのが、 会員登録不要で、日本語表記のものだけという点です。 1)PAKUTASO ぱくたそ 面白い画像、ちょっとコミカルなフリーの人物写真素材を探したいのであれば、「ぱくたそ」がおすすめです。 もちろん、シンプルで真面目な写真素材もあります。 2)ソザイング 「ソザイング」は、季節ごとの自然やきれいな風景写真が多く揃った、使い勝手の高い写真が揃った無料の素材サイトです。 ただし、サイト自体の使い勝手は、それほど良いとは言えません。 3)2000ピクセル以上のフリー写真素材集 「2000ピクセル以上のフリー写真素材集」は、2004年から続く写真素材サイトです。 個人の管理人が趣味で撮影した写真をフリー素材として提供しています。 主に風景写真が多く、のんびりとした雰囲気の写真を探すにはうってつけです。 4)フリー写真素材 Futta. NET 「フリー写真素材 Futta. NET」は、1999年から続く写真素材サイトです。 管理人の藤田紘久氏は、他にもしています。 写真素材を独占利用をするために、お金を払って写真を買い取ることもできます。 6)無料素材写真アルバム|風のおひるね 「無料素材写真アルバム|風のおひるね」は、さまざまな旅先で撮影されたフリーの写真素材が中心です。 非常にきれいな風景写真が印象的ですね。 7)無料DTP素材 【素材ページ 】食材・料理の著作権フリー写真 「無料DTP素材 【素材ページ 】食材・料理の著作権フリー写真」は、フリーの食材写真が欲しいときに便利です。 トマトや牛肉でこんなにたくさんの種類の写真があるなんて……。 8)無料写真素材 東京デート 「無料写真素材 東京デート」は東京のさまざまな地域、観光地、イベントをフリーの写真素材として提供しています。 東京の1ポイントに絞った写真が欲しければ使い所は多いですね。 9)Free. Stocker【無料・商用可・著作権表示不要】 「Free. Stocker」は、観光地、イタリアの風景、建物が非常に多いフリーの写真素材サイトです。 Flickrにアップされていますが、すべて運営者自身が撮影したものだそうです。 10)ラブフリーフォト 「ラブフリーフォト」は、写真素材自体にコンセプトがあるわけではないのですが、カテゴリが多いため、ここで探せばなにか見つかるかもしれません。 残念ながら更新は2015年で止まっていますが、もちろん写真素材としては使うことができます。 11)4200pxの無料・フリー写真素材 イメージスタイル 「4200pxの無料・フリー写真素材 イメージスタイル」は、主に花や植物をメインとした4200px以上の高解像度写真を揃えています。 こちらも2015年から更新が止まっていますが、写真素材は使えます。 12)フォトスク 「フリー写真素材 フォトスク」も、4000px以上の高解像度フリー写真素材を揃えています。 写真(イラスト)は7000点以上あるので、好みのものを探してみましょう。 13)フリー写真素材 somephoto 「フリー写真素材 somephoto」は、レンガ、和紙、木などのテクスチャに使えそうなフリーの写真素材がメインで配布されています。 15)foto project 「foto project」は、かなり有名なフリーの写真素材サイトです。 以下のサイトがまとめられているため、好きなジャンルをブックマークして、使い倒しましょう。 16)フリー写真素材「フォトマテリアル」 「フォトマテリアル」は、写真の撮り方が非常に可愛く、わたしも好きなフリーの写真素材サイトです。 17)写真素材 足成 「足成」は、老舗の有名フリー写真素材サイトです。 人物ショットなども含めて、かなり使い勝手が良い写真が揃っています。 19)ゆんフリー写真素材集 「ゆんフリー写真素材集」は、1994年から行っている老舗のフリー写真素材サイトです。 世界遺産の写真もあって、面白いです。 せっかくなのでこのまま残しておきますが、利用の際は以下を読んでから使用してください。 20)魅力的なフリー画像 — Pixabay 「Pixabay」の運営元は海外の企業ですが、日本語化されています。 写真素材だけでなく、イラスト、ベクター画像、動画素材もあって、非常に使えるフリー素材が多いサイトです。 21)フリー素材屋Hoshino 「フリー素材屋Hoshino」は、フリーの写真素材の他に、HTMLテンプレート、イラストなど多数のフリー素材が提供されています。 22)東京・日本の街のフリー無料写真素材集 街画ガイド 「街画ガイド」は、東京・首都圏など11都府県の街のフリー写真を提供しています。 好きなサイトだけに、2010年から更新が止まっているのは残念。 著作権フリー、商用可、登録不要、日本語の無料写真素材サイトまとめ かなり多くの著作権フリー、商用可、登録不要、日本語の無料写真素材サイトを紹介しましたが、それぞれ特徴があるため、使う人によって好みはわかれると思います。 まずは自分が欲しい写真素材を複数のサイトで検索するなり、実際にダウンロードするなりして使い勝手を確認すれば、きっと今後も使える1サイトが見つかるはずです。 なお、著作権フリー、商用可能であったとしても、画像の再配布、また公序良俗に反する利用はほとんどのサイトでNGなので、そこを求める人は別に探してください。 写真ではなく、イラストやサイトパーツ素材、シルエットデザイン、ピクトグラムなどは以下のサイトがとってもセンスが良いのでご参考に。

次の

商用も可能な無料画像/フリー素材 Sothei

プリ画像 著作権フリー

競馬の画像がタダでダウンロードできるサイトがあるなら今すぐ知りたい。 著作権なしのフリー画像はないかな?• ホームページの画像で利用したい• 携帯の壁紙にしたい• 印刷して部屋に飾りたい• ポスター作成に使いたい etc.. 競馬の画像が欲しいけど、有料なら・・・買うまでもないな!と諦めていませんか? 実は、競馬の画像をフリーで利用できるサイトは30サイト以上存在します。 フリーで使える競馬の画像ってクオリティが低いんじゃないの??と不安になりますよね! そこで今回は、ウマダネが競馬の画像をフリーで利用できる優良サイトを徹底調査しました。 30以上もある競馬の画像サイトより、厳選した優良10サイトをランキング形式でご紹介します。 ぜひ、参考にしてください。 Contents• 1:全ての写真素材が商用OK「フリー写真素材 Photock」 Photockは、「 すべての写真素材が商用で使える」で有名なサイトです。 個人・法人を問わずに利用出来るため、ホームページ制作用や携帯の壁紙に利用できます。 フリー(0円)• 会員登録不要• クレジットカード表記不要• 最高で8,000px超えの解像度• 選べる4サイズ• 写真加工自由• 写真トーレスOK 競馬の画像も抱負にあり「中山競馬場」や「競馬」「最終直線」「JRA」など、細かくカテゴリー分けされて検索しやすいです。 どこのサイトで競馬のフリー画像を利用しよう?と悩んだら、一番に利用すべきサイトになります。 公式サイト: 2:総会員数400万人突破!写真AC(photo AC) 写真ACは、「高品質な写真が毎日更新されている」量がけた外れに多い写真素材のサイトです。 会員登録も、SNSのアカウントさえあれば新しく新規登録する必要はありません。 競馬に関連するフリー画像も540件以上あり、豊富に選ぶことができます。 競馬関連の画像が540件以上• SNSアカウントでログイン可能• JPEG形式でダウンロードOK• イラスト画像多め• すべて無料でダウンロードできる 優しい感じの競馬画像をフリー素材で探している人にはおすすめできるサイトになります。 公式サイト: 3:プロカメラマンが撮影!pro foto pro fotoは、素人の投稿が一切なく「 プロカメラマンが全て撮影した画像」になります。 競馬の画像も、神秘的な描写の写真が多いです。 プロカメラマンがすべて撮影• 9000万点の素材がある• 会員登録不要 キレイな競馬サイトを制作したり、競馬画像のイラストが苦手な人におすすめのサイトになります。 公式サイト: 4:スマホ専用の競馬画像!競馬VISTA 競馬VISTAは、「 スマホ向け競馬専門のフリー画像サイト」になります。 パソコンでフリー素材をお探しの人は、読み飛ばしてください。 スマートフォン画像が高画質• 競馬のマニアックな画像有り• 会員登録不要 スマートフォンの壁紙などで競馬フリー画像を使いたい人におすすめのサイトになります。 公式サイト: 5:フリー画像界の超有名サイト!PIXTA PIXTAは、「 競馬の躍動感あるフリー画像」が沢山揃っています。 主なプランは定額制ですが、フリー画像の競馬画像でも十分に躍動感ある写真ばかりです。 競馬場にいるような雰囲気の画像が豊富• 競馬関連フリー画像が6,375件有り• 定額制でも1点39円しかかからない• 競馬に関する音楽画像も有り 競馬関連のホームページ制作やアイキャッチ画像などのフリー素材をお探しの人におすすめのサイトです。 公式サイト: 6:走る馬の姿がかっこいい!Pixabay Pixabayは、「 走っている馬の姿が神秘的な写真」が多いサイトです。 イラスト調の競馬画像はほとんどありませんが、写真素材に関してはクオリティが高いフリー素材があります。 レースシーンの写真が豊富• 写真のサイズ感を指定可能• 騎手の画像が豊富 ものすごく早い競馬の画像をフリーで探している人におすすめのサイトになります。 公式サイト: 7:競馬画像のシルエットが豊富!写真素材 フォトライブラリー フォトライブラリーは、「 競馬のシルエット画像が多い」サイトです。 白黒調や夕日をバックに撮影されたフリー画像がたくさんあります。 競馬のシルエット画像が豊富• 小さいサイズの馬画像有り• イラスト調の競馬フリー画像も有り 全体的に競馬に関連するフリー画像が豊富にあるため、万能な素材サイトになります。 公式サイト: 8:かわいいアイコン画像が豊富!競馬フリー素材のうまぽっと 競馬フリー素材のうまぽっとは、「 可愛い馬のアイコン画像」が豊富にあるサイトです。 イラスト調の競馬画像や競馬場のコース画像もある、競馬に関するフリー画像の専門サイトになります。 競馬のアイコン画像が豊富• 競馬場のコース別で画像有り• イラスト調の競馬画像がフリー• 競馬の画像を専門に扱っている 優しい感じの競馬画像をフリーで探している人におすすめのサイトです。 公式サイト: 9:中山競馬場専門のフリー写真!無料写真素材東京デート 無料写真素材東京デートは、「 中山競馬場に特化した写真」が豊富にあります。 元々、東京でデートする場所の画像がメインのため馬の画像は少ないです。 中山競馬場の写真はNO. 馬だけの画像も多少有り 中山競馬場マニアな人におすすめのサイトになります。 公式サイト: 10:競馬に関連する芸能人画像なら!プリ画像 byGMO プリ画像は、「 競馬に関わる芸能人の画像」が豊富にあるサイトです。 その他にも競馬の普通の画像もありますが、他のサイトと比べると量が劣ります。 競馬に関わる芸能人画像が豊富• 競馬CMの画像も有り• 騎手だけの画像も有り• 少しだけエロティックな画像有り こちらのサイトも競馬に関するマニアックな人向けにオススメのサイトとなります。 公式サイト: まとめ 競馬画像のフリー素材を扱っているサイトを10サイトご紹介してきました。 あなたに合った素材がありそうなサイトを見つけることができましたか? もう一度、おすすめする順番におさらいしましょう。 あなたの好きな画像が確実に見つかるはずです。 競馬のフリー画像に困ったら、今回の記事を参考にしてください。

次の