ドンフライ ヴォルク ハン。 土曜プレミアム・爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル: つぶやきだもの(テレビっ子(テレビっこ、TVっ子).)

くっきー! 激似すぎる“ドン・フライ”ものまね再び 「爆笑した」の声(クランクイン!) お笑いコンビ・野性爆弾のくっきー!が3日…|dメニューニュース(NTTドコモ)

ドンフライ ヴォルク ハン

昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。 昨日観た番組: 『爆笑ものまね紅白』『バリバラ』など YouTube配信 『みんなのかが屋 コントクイズ王決定戦』。 難易度高くて僕はわからない問題も多かったけど、とても楽しかった。 アンジャッシュのコントに出てくる女性の名前は毎回決まってる、という問題に「へぇ~」って思った。 「スネークマンショー」を答えられない出場者が多いのを見て「世代!」って思った。 『爆笑ものまね紅白』、友近とRGは桂銀淑&堀内孝雄で「都会の天使たち」。 くっきーとなだぎ武は、ドン・フライvsシャムロックに続き、今回はドン・フライvsヴォルク・ハン。 まさかこんなところで夢の対決が実現するとは。 なだぎのハンが激似。 「春よ、来い」の替え歌を照れ笑いを浮かべながら歌うくっきーが可笑しい。 フライをハンが絞め落としながら10カウントゴングが鳴る「クレイジー」としか形容しようがないシュールな空間に爆笑した。 審査員の鶴太郎は「おもしろいけど、テレビでやることではない」と苦笑い。 無観客収録のためスタッフしかいない客席にくっきー「ガチの客よりホンマにやりやすい」。 『さんまのお笑い向上委員会』「自分で言ったものの後悔してます」と言うさんまが「たったひとり」で収録。 「モニター横という席ができたのはジョニ男のおかげ」と番組誕生のエピソードを語ったり、モニター横で番組に2回しか登場していない「パンツ食い込む芸人」けんじるに対し、「すごいなあ、お笑いの人間。 あそこ(食い込んでるか、食い込んでないか)にこだわるのは。 感心する」と称賛したり。 そしてずん飯尾を「スベった芸人に対する飯尾のフォローで『生きてる証』ってフレーズがある。 あれは芸人サイドにとってはすごい優しい言葉。 俺はすごい好き」と絶賛するさんま。 「もっと拾えてないんです。 あいつのオフのおもしろさを。 小さく、小さく(言うから)。 本人は『いや、あれ張るとね、おもしろくないんです』っていうこだわりがあるみたいで。 そのとおりなんですけど」。 『いいね!光源氏くん』中将殿がホストに。 源氏名が「麿呂」だったり、着信音が鈴虫だったり。 客からのメールで鈴虫鳴りっぱなし。 いちいち小ネタがツボに入る。 『バリバラ』「桜を見る会」第2部。 第1部は正直、高く上がった期待を超えるものではなかったけど、第2部はとてもよかった。 障害のある夫婦が妊娠した際、親から「赤ちゃんが腐っているから捨てよう」と言われ無理やり堕胎させられてしまったという話は衝撃だった。 その際、知らぬ間に不妊手術を受けさせられていたことを知ったのはほんの数年前だと。 「募ったけど募集はしていない番組企画」をやったり皮肉も効いていた。 3月31日に死刑が確定した。 今日観たい番組:カレースペシャルの 『有吉ぃぃeeeee!』など 『関ジャム』(テレ朝)は、リモート収録で「シングルのA面じゃない隠れた名曲特集」と「プロが選ぶジャニーズの名曲特集」。 『有吉ぃぃeeeee!』(テレ東)は「カレーぇぇeeeee!スペシャル!」第3弾。 今だからこそ「家カレーぇぇeeeee!」。 『おかべろ』(フジ)は今田耕司後編。

次の

ヴォルク・ハン

ドンフライ ヴォルク ハン

ヴォルク・ハンはリングネームで、ヴォルクはでの意。 「ロシアの狼」「千のサブミッションを持つ男」「魔術師」などの異名で呼ばれた。 生まれ故郷アンチク (現:)山岳部の村・アンチク生まれ。 学生時代は、の選手として活躍。 連邦陸軍に入隊後、同軍の(現)に2年間所属。 その頃からの選手に転向し、全ソ連サンボ・チャンピオンとなり国内通算5回の優勝、サンボ世界選手権でも2回の優勝という実績を残した。 その後はで、の教官を務めている。 、日本の格闘技団体「」旗揚げから間もなく主宰者のにスカウトされ、同年12月7日に行われたリングス第4回大会の前田戦で日本デビュー。 自身のバックボーンであるコマンドサンボの流れを汲む卓越した技術で、一躍人気選手となる。 特に全盛期の独特の間合いから一瞬で技に引き込むスピード、技の精度の高さは稀代のテクニシャンとしての名を不動のものにした。 ハンのファイトスタイルと洗練された技術は、現在の格闘技界でも度々比較対象に挙がるなど、後発のに与えた影響は少なくない。 また、から連想された「 ロシアの狼」の他、独特の容貌と「まるで手品の様」と評されたサブミッションから「 魔術師」の異名をとった。 しかし手品そのものも得意であり、「」にプロモーションで出演した際には自ら手品を披露している。 その他リング外では記者にジョークを言い笑いを誘うなど、試合中の冷徹にも見えるイメージとは異なる一面を見せている。 リングスにおける戦績として代表的なものは、に決勝で前田日明を下したメガバトルトーナメント優勝がある。 その後にも決勝でと対戦、勝利し優勝を果たした。 なお、に行われた第2回KOKトーナメントにおいて、同大会で優勝したが判定にもつれ込んだ対戦者はハンのみである。 ロシアで開催されたリングスの大会の打ち上げで、前田に多大なる感謝の念を示したとされ、「私は前田の兵隊だ、彼から行けといわれたら私はどこへでも行く」という言葉を残している。 このことから、前田日明がのスーパーバイザーに就任した際、などのロシアン・トップチーム勢がのリングを去りHERO'Sに移籍するのではないかと噂されたこともある。 事実、9月17日に行われたHERO'Sのミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦のスーパーファイトにハリトーノフが参戦した際には、ハンのチーム(CLUB VOLK HAN)からの出場となっており、ハン自身も来日した。 格闘技以外では、母国での国会議員選挙に立候補するも落選。 その後ビジネスにかかわる醜聞等でロシアのマスコミをにぎわせた。 また、リングスのファイトマネーで祖国にを建設している。 2月以降競技から離れていたが、11月20日の(リングス・リトアニア)の大会にて復帰を果たす。 現在は在住の地であるロシアの都市、で格闘技道場を設立し後進の指導にあたっている。 息子のジャマル・ガムザトハノフは柔道家で、2018年の100㎏超級で3位になった。 ヴォルク・ハン格闘術 [ ] ヴォルク・ハン格闘術とは、自らが培った技術・経験から考案されたハンオリジナルの格闘術。 コマンドサンボをベースに、、、、などの技術を取り入れ、よりの攻防に特化したスタイルとされる。 一般的にや、かつての弟子であったは、コマンドサンボをそのままに転用していると思われがちだが、実際にはヴォルク・ハン格闘術から学んだノウハウに基づきコマンドサンボの技術を応用している。 また、ヴォルク・ハン格闘術はサンボ着を脱いだ状態、裸体での徒手格闘を想定して構成されている点も特徴である。 同様に多彩なを組み込んだファイトスタイルには、をはじめとするがある。 しかし、ハンはそれら一派の技術を「私自身が学び、知っている柔道と大きく違うものではない」と評した。 得意技 [ ] 「千のサブミッションを持つ男」の異名通り、ハンの繰り出す技は非常に複雑なものが多く、その種類も多いためとてもここで全て列挙することはできない。 よってここでは比較的有名な技に絞って紹介する。 クロス・ヒールホールド の体勢から相手の両脚を交差するように固め、肘で絞り上げることによって両脚の関節(具体的には交差させる際に上になる脚は、下になる脚は)を極める。 技に入るプロセスは仰向け寝の相手に仕掛ける他、飛び付き式やビクトル投げからのスイッチなど多岐多様に存在する。 ヴォルク・ハンの代名詞ともいえる複合関節技。 来日初戦で前田日明をこの技でギブアップ寸前まで追い込んだシーンは、コマンドサンボの奥深さを知らしめた。 首極め腕卍 相手の両腕をロックした状態で首を締め上げる変形の。 ビクトル式膝十字固め に似た体勢から相手の首・肩などを巻き込みつつ前転し、に捕らえる。 現在はでも使用する選手が増えているが、元々はサンボを源流とする技である。 飛び付き式腕ひしぎ十字固め 相手の腕と首に手をかけた状態から、巻き付くように飛び付きを極める。 さらにハンの場合、から移行するなど様々なバリエーションを持つ。 スタンディング・アームロック 立った状態で極める。 ハンはこの技を極めるスピードが非常に速く、「どの体勢からでも(関節技を)極める」といわれた由縁でもある。 さらにハンはこの体勢から腕を極めつつ後方にで反り投げるという、非常に危険な隠し技を持っていた。 足取り腕ひしぎ十字固め 足を同時に挟み込んでの腕ひしぎ十字固め。 首極め膝十字固め 相手の頭を股に挟み込み、そのまま相手を前屈で折りたたむように膝十字固めを極める。 フィッシュ・ストレッチ・スリーパー(足絡み裸絞め) うつ伏せになっている相手の膝を自らの両脚でロックし、同時に相手の首をで絞め上げつつ反転する。 見た目はプロレス技として有名なの派生技FTSに似ている。 しかし相手の左足にかける場合、STF系の技は相手の左足の外側に自分の右足、内側に自分の左足が来るが、フィッシュ・ストレッチ・スリーパーは相手の左足の外側に自分の左足、内側に右足が来る為全く違う技である。 自らもハンと対戦した経験を持つ前田日明は「局部的に極める技ではなく、相手の体の自由(スタミナ)を奪う技」と解説している。 なおこの技の初公開時は「足絡みフェイスロック」という名でコールされた。 裏拳(バックハンド・ブロー) 自ら回転しつつ、手の甲の部分を相手の顔面や胸板に打ち付ける打撃技。 ハンといえば関節技というイメージが強いが、時折隠し技として使用していた。 ちなみにハンの使用する裏拳はステップインしながら放つ独特のモーションが特徴である。 エピソード [ ]• ハンは来日当初から特別筋肉質の体つきではなく、格闘家として体格が良いタイプではないとされることが多い。 しかし、自らスカウトし来日初戦の相手も務めた前田日明は「実際に近くで見るとデカいですよ。 特に手が大きくて驚いた」とインタビューの一節で語っている。 前田が旧ソ連で行われたサンボの大会を視察に出向いた際、見たことも無い関節技を次々と決める選手がいた。 それが後のヴォルク・ハン本人である。 しかし実際は事前に前田が会場に来ることを耳にしていたハンが、とにかく目立って声をかけてもらおうと普段は使わない大技を見せてのアピールだった。 風貌やリング上での振る舞いから冷徹なイメージがあるが、ファンに対しては非常に優しく丁寧に接することで有名。 2001年のKOKトーナメントでと対戦した際、ハンは完全に極まったかのようにも見えたから脱出し喝采を浴びた。 これについてノゲイラは試合後「完璧に極まっていた。 あの状態でギブアップしないなんて考えられない」とコメント。 一方ハンは「全然効いていなかった。 彼は気付いていなかったようだけど、私はちゃんと防御していたからね」と語っており、後のインタビューにおいて記者に実際に膝十字固めの防御法を説明した。 なお、上記のトーナメントの後日催されたパーティーで、ノゲイラは色紙を持参しハンからサインを貰っている。 上記の対戦に於いて判定負けを喫したハンは、当時25歳だったノゲイラの実力を絶賛した。 その際、「ブラジルの若き虎よ。 近い将来、君の時代が必ず来るだろう」との言葉を残したが、「しかし覚えておけ。 いつか狼の末裔が君を必ず倒す」とも付け加えている。 ハンの予言通りノゲイラはトップ選手として大活躍し、PRIDEヘビー級王者の座へと上り詰めた。 しかしその後ノゲイラは、ハンの弟子であるに敗北し王座から転落。 ハンの予言は見事現実のものとなった。 格闘技番組『』で「リングスのイメージガールを決めよう」という企画が行われた。 その際、司会者のが練習後と思われるハンと接触。 イメージガール候補の女性たちに挨拶させ「どうでしょうか?」と尋ねたところ、普段のハンからは想像もつかない満面の笑みで「オーチン・ハラショー(とても素晴らしいね)」と答えた。 寡黙なイメージを売りにしているハンとしては、非常に貴重な映像である。 コマンドサンボを世に広く知らしめた実績と、独特の風貌から多くの架空のサンビストのモデルになっている。 代表例としては漫画『』の鬼川平蔵、ゲーム『』のウルフ教官など。 ソビエト陸軍に在籍していた頃ににソビエトが介入、彼自身も派兵されていた経歴がある。 「あの頃はあの戦争を正義のための戦争だと思っていたが、今ではあの戦争は過ちだったと思っている」由の発言を残している。

次の

くっきー! 激似すぎる“ドン・フライ”ものまね再び 「爆笑した」の声(クランクイン!) お笑いコンビ・野性爆弾のくっきー!が3日…|dメニューニュース(NTTドコモ)

ドンフライ ヴォルク ハン

昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。 昨日観た番組: 『爆笑ものまね紅白』『バリバラ』など YouTube配信 『みんなのかが屋 コントクイズ王決定戦』。 難易度高くて僕はわからない問題も多かったけど、とても楽しかった。 アンジャッシュのコントに出てくる女性の名前は毎回決まってる、という問題に「へぇ~」って思った。 「スネークマンショー」を答えられない出場者が多いのを見て「世代!」って思った。 『爆笑ものまね紅白』、友近とRGは桂銀淑&堀内孝雄で「都会の天使たち」。 くっきーとなだぎ武は、ドン・フライvsシャムロックに続き、今回はドン・フライvsヴォルク・ハン。 まさかこんなところで夢の対決が実現するとは。 なだぎのハンが激似。 「春よ、来い」の替え歌を照れ笑いを浮かべながら歌うくっきーが可笑しい。 フライをハンが絞め落としながら10カウントゴングが鳴る「クレイジー」としか形容しようがないシュールな空間に爆笑した。 審査員の鶴太郎は「おもしろいけど、テレビでやることではない」と苦笑い。 無観客収録のためスタッフしかいない客席にくっきー「ガチの客よりホンマにやりやすい」。 『さんまのお笑い向上委員会』「自分で言ったものの後悔してます」と言うさんまが「たったひとり」で収録。 「モニター横という席ができたのはジョニ男のおかげ」と番組誕生のエピソードを語ったり、モニター横で番組に2回しか登場していない「パンツ食い込む芸人」けんじるに対し、「すごいなあ、お笑いの人間。 あそこ(食い込んでるか、食い込んでないか)にこだわるのは。 感心する」と称賛したり。 そしてずん飯尾を「スベった芸人に対する飯尾のフォローで『生きてる証』ってフレーズがある。 あれは芸人サイドにとってはすごい優しい言葉。 俺はすごい好き」と絶賛するさんま。 「もっと拾えてないんです。 あいつのオフのおもしろさを。 小さく、小さく(言うから)。 本人は『いや、あれ張るとね、おもしろくないんです』っていうこだわりがあるみたいで。 そのとおりなんですけど」。 『いいね!光源氏くん』中将殿がホストに。 源氏名が「麿呂」だったり、着信音が鈴虫だったり。 客からのメールで鈴虫鳴りっぱなし。 いちいち小ネタがツボに入る。 『バリバラ』「桜を見る会」第2部。 第1部は正直、高く上がった期待を超えるものではなかったけど、第2部はとてもよかった。 障害のある夫婦が妊娠した際、親から「赤ちゃんが腐っているから捨てよう」と言われ無理やり堕胎させられてしまったという話は衝撃だった。 その際、知らぬ間に不妊手術を受けさせられていたことを知ったのはほんの数年前だと。 「募ったけど募集はしていない番組企画」をやったり皮肉も効いていた。 3月31日に死刑が確定した。 今日観たい番組:カレースペシャルの 『有吉ぃぃeeeee!』など 『関ジャム』(テレ朝)は、リモート収録で「シングルのA面じゃない隠れた名曲特集」と「プロが選ぶジャニーズの名曲特集」。 『有吉ぃぃeeeee!』(テレ東)は「カレーぇぇeeeee!スペシャル!」第3弾。 今だからこそ「家カレーぇぇeeeee!」。 『おかべろ』(フジ)は今田耕司後編。

次の