マイル 貯め方 タイミング。 ワイモバイルのパケットマイレージの貯め方・使い方|データ容量の追加方法

今さら聞けないマイル・マイレージとは?はじめての貯め方・使い方!マイルを貯めてタダで旅行へ

マイル 貯め方 タイミング

当記事では、 陸マイラーがどのようにすれば年18万マイルを超えるような大量のANAマイルを貯めることができるのかを、基礎から実践、応用まで詳しくご紹介していきます。 「基礎編」では陸マイラーとしての基礎知識として、飛行機に乗らずに大量マイルを貯める方法の解説を、「実践編」ではポイントサイトを利用した効率的なポイント獲得事例を紹介しています。 加えて「応用編」では、クレジットカードを利用してANAマイルを効率的に貯めるために、陸マイラーにオススメのクレジットカードをご紹介しています。 こちらの記事を読んでいただき、それを実践いただければ、誰でも年18万マイルを超えるような大量のANAマイルを獲得できるようになります。 ぜひ一緒に陸マイラー生活をスタートさせましょう。 そして、飛行機を使って世界中好きなところへ旅行できる自由を手に入れましょう! 更新履歴(2020年7 月1 日):2020年7月の最新情報に更新しました! 目次• 陸マイラーとは 陸マイラーは飛行機に乗らずに爆発的にマイルを貯めている 陸マイラーとは、飛行機に乗らずに、陸上での活動だけでマイルを貯めている人たちです。 陸(おか)マイラーと読む場合もあれば、陸(りく)マイラーと読む場合もあります。 私の場合は、陸(おか)サーファーとの対比にちなんで、 陸(おか)マイラーと読んでいます。 Wikipediaには「マイレージサービス」の中の一節で以下のように説明されています。 航空会社がクレジットカード、ホテル、レンタカー、通信販売など他業種と提携し、提携している店舗等を利用するとマイルが加算されるサービスをしている。 これらのサービスを利用し、飛行機には搭乗せずにマイルを貯める人たちは、陸マイラー(りくマイラー、もしくは、おかマイラー)と呼ばれている。 私自身もブログのタイトル通りに「」を自認しており、2016年に3月から陸マイラー活動をスタートしました。 その後、着々と陸マイラー活動を継続し、2017年の1年間では以下のマイルを獲得することができました。 <私が2017年に獲得したマイル数>• ANAマイル:22万マイル( 夫婦で合計43万マイル!)• JALマイル:31万マイル• デルタマイル:20万マイル• BAマイル:10万マイル• 合計:104万マイル なんと、 1年間で獲得できたマイルは100万マイルを超えています。 驚くようなマイル数です。 私自身も驚いていますが、これが事実です。 陸マイラー活動をすることで、飛行機に乗らずに爆発的にマイルを貯めることができます。 そして、2018年、2019年はさらにハイペースで 年100万マイル上を貯めることができています。 陸マイラーであれば飛行機代とホテル代をほぼ無料にすることも可能 私は、この豊富なマイルとSPGアメックスというクレジットカードを利用して、 海外旅行に必要な飛行機代とホテル代を、ほぼ無料にすることに成功しています。 それも、 飛行機はビジネスクラスやファーストクラスを、ホテルはロイヤルハワイアンやモアナサーフライダー、JWマリオット、ザ・リッツカールトンなどの高級ホテルを利用した、豪華で贅沢な海外旅行です。 夫婦2人で100万円を超えるような海外旅行を、税金やサーチャージなど、諸費用のみ出費で実現できてしまっています。 こちらは、2017年の夏休み、ハワイでの実績です。 そして、 2018年の年始には香港・シンガポール、ゴールデンウィークには台湾、夏休みにはニューヨーク、2019年の年始には再びハワイ、という形で、続々とほぼ無料で豪華な海外旅行を実現できています。 <ほぼ無料で豪華な海外旅行を実現した事例>• 当記事では、 陸マイラーのマイルの貯め方の中でも基本と言われるANAマイルの貯め方に絞ってご紹介していきます。 ちなみに、この記事でご紹介しているANAマイルの貯め方は、 JALマイルなど他社のマイルの貯め方にも応用することが可能です。 ちょっと長い記事ですが、とても重要なことばかり解説していますので、ぜひ最後までお読みいただければと思います。 陸マイラーである私がANAマイルを貯める目標と実績 夫婦でハワイにビジネスクラスで旅行するのが当初の目標 私は、当ブログ開設当初に 「 飛行機に乗らずに貯めたANAマイルだけで、夫婦でハワイにビジネスクラスで旅行する」という目標を立てていました。 当時はビジネスクラスに乗ったこともなく、「ビジネスクラスに乗れるなんて夢のまた夢」だったので、この目標に設定しました。 この目標の達成に必要なANAマイル数はひとりあたり68,000ANAマイルです(ハイシーズンの場合)。 夫婦2人揃って行くことが目標ですので、 夫婦で合計136,000 ANAマイル貯める必要があるということになります。 この目標、実は 陸マイラー を初めて3ヶ月で達成してしまいました。 ですので、現在の目標はちょっとよくばって、 年18万マイルを 目標にしています。 我が家の場合は夫婦で陸マイラーをしていますので、 夫婦合計では年36万マイルという計算になります。 びっくりするような数字ですが、これからご紹介する方法を実践すれば、誰でも十分実現可能な数字となっています。 陸マイラーであれば年数回ビジネスクラスで海外旅行が現実になる ここでは私が目標としている、 年18万のANAマイル で何ができるのか?をもうすこし見ていきたいと思います。 以下は、 ANA国内線特典航空券の発券に必要なマイル数です。 レギュラーシーズン(R )の「片道」となっています。 出発地 目的地 必要マイル数(R) 東京 大阪、名古屋 6,000 札幌、福岡 7,500 沖縄 9,000 宮古、石垣 10,000 18万マイルあれば、東京から大阪・名古屋であれば30回、沖縄でも20回のフライトに利用することができることができます。 国内であればどこでも自由に旅行できるようになることがわかります。 続いて以下は、 ANA国内線特典航空券の発券に必要なマイル数です。 レギュラーシーズン(R)の「往復」で、搭乗クラスごとに分けています。 出発地 目的地 エコノミー ビジネス ファースト 東京 ソウル 15,000 30,000 — 台北・香港 20,000 40,000 — シンガポール 35,000 60,000 105,000 ホノルル 40,000 65,000 12,000 シドニー 45,000 75,000 — ニューヨーク 50,000 85,000 150,000 パリ・ロンドン 55,000 90,000 165,000 18万マイルあれば、以下のような旅行プランを実現することが可能となることがわかります。 夫婦2人でビジネスクラスを含めて年数回、海外旅行することが夢ではなく現実となるのです。 夫婦2人ビジネスクラスでハワイ旅行: 130,000マイル• 夫婦2人エコノミークラスで香港旅行:40,000マイル• 夫婦2人エコノミークラスでハワイ旅行:80,000マイル• 夫婦2人エコノミークラスでシンガポール旅行:70,000マイル• 夫婦2人エコノミークラスで韓国旅行:30,000マイル• 家族4人エコノミークラスでハワイ旅行:120,000マイル• 家族4人で沖縄旅行:54,000マイル• 合計: 176,000マイル 上記は、 1人あたりが獲得できるANAマイルの目標である「18万マイル」をベースにしています。 夫婦2人で陸マイラー活動を実施すれば、倍の「36万マイル」を獲得することも難しくありません。 その場合は、上記旅行プランから、旅行の回数を増やしたり、ファーストクラスにアップグレードしたり、といったアレンジも可能となります。 夢は膨らむばかりです。 でもこれを読んでくださっている皆さんは、私と同じできっとそういう機会に恵まれていないから陸マイラーになろうとしているんですよね・・。 陸マイラーが大量ANAマイルを稼ぐ秘密はどこにあるのか? 当記事では、その秘密を余すことなく解説していきます。 ANAマイルを貯めるのにクレジットカード決済は効率が悪い 陸マイラーとしてANAマイルを稼ごうといった場合、一番最初に思い浮かぶのは、クレジットカードの決済ポイントだと思います。 しかし、 クレジットカード決済のポイント還元率は、通常0. 5%程度です。 仮に、獲得したクレジットカードのポイントが交換レート100%でANAマイルに交換できるとします(実際は、交換レートがもっと悪かったり、交換手数料が必要等で、もっと目減りします)。 その場合、年18万ANAマイルを獲得するためには、どれくらいのクレジットカード決済額が必要になるでしょう。 それはなんと3,600万円です!プロ野球選手の年俸クラスとなっていまいます。 一般人には数年かけても無理な数字ですね。 ちょっと気の利いたクレジットカードで1. 0%の還元率の場合でも1,800万円が必要となります。 この場合でも普通のサラリーマンの平均年収の約4倍です。 このように、 クレジットカードでマイルを貯めるの行為は非常に効率が悪いのです。 陸マイラーとポイントサイトとの関係 ANAマイルの大量獲得にはポイントサイトの利用が必須 では、一般庶民には年18万ANAマイルを獲得することは無理なのでしょうか? そんなことはありません。 不可能を可能にするのが「ポイントサイト」の利用です。 ポイントサイトでポイントを貯めて、マイルに交換する、この簡単な仕組みを利用するだけで、大量のマイルを獲得することができるのです。 詳しくは後でご説明しますが、 ポイントサイトを利用してひと月あたり20,000円相当のポイントさえ稼ぐことができれば、月15,000ANAマイル、年間で180,000 ANAマイルもの大量ANAマイルを獲得できます。 つまり、 年18万マイルという大量ANAマイルを獲得することができるというわけです。 ポイントサイトというと、ちょっと怪しいな、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、 ポイントサイトのビジネスモデルを理解してしまえば、ポイントサイトはぜんぜん怪しいものではないことが理解できます。 ポイントサイトは危険?怪しい?ビジネスモデル の理解が重要 ポイントサイトは、企業(もしくは広告代理店)から広告宣伝費を受け取り、企業の提供するサービスもしくは商品の広告を代行することで手数料を得る形のビジネスモデルを実践しているものです。 こうやって書くと広告代理店のようですが、広告代理店とポイントサイトの一番の違いは、 ユーザーに対して広告宣伝費の還元を行なっていることです。 広告代理店の場合、たとえばTVのCMを思い浮かべてもらうとわかりやすいですが、ユーザーに対して広告宣伝費の還元など行いませんよね。 ある意味一方的です。 一方、ポイントサイトの場合、 ユーザーの方からポイントサイトに足を運び、積極的に企業のサービスもしくは商品を利用してくれたお礼として、広告宣伝費の一部をユーザー還元してくれています。 以下のポイントサイトの仕組みを図であわらしたものです。 ユーザーが広告利用したことにより、ポイントが付与(=還元)されているのがわかりますね。 こういう意味では、ポイントサイトは広告代理店に比べて、 ユーザーに対して良心的なビジネスモデルを実践しているといえます。 ただ、ネット上には、あまり質のよくないポイントサイトも紛れ込んでいるのも事実です。 その点、 当ブログでおすすめしているポイントサイトはどれも安心して利用できるものばかりです。 実際、私自身が長年利用して検証してからご紹介しています。 おすすめのポイントサイトは後でご紹介しますが、これらの中から自分にあったポイントサイトを選択いただければと思います。 ポイントサイトでひと月あたり20,000円相当のポイントを稼ぐことは簡単 さきほど、 ポイントサイトを利用してひと月あたり20,000円相当のポイントさえ稼ぐことができれば、月15,000ANAマイル、年間で180,000 ANAマイルもの大量ANAマイルを獲得できる、とご説明しました。 こうやって聞くと、ひつ月あたり20,000円相当のポイントなんて稼ぐことができるのか?と思わる方も多いと思います。 しなしながら、 ひと月あたり20,000円相当のポイントを稼ぐことはとても簡単です。 多くの方が実践してそれを証明しています。 もちろん、私もその一人です。 多くの人が実現しているということは、再現性がとても高く、難しい方法ではないということを意味しています。 ポイントサイトにおけるポイント獲得実績 こちらの記事は、陸マイラーを初めて間もない、私の2016年4月におけるポイント獲得実績をまとめたものです。 ひと月あたりの目標額(20,000円相当のポイント獲得)の約2倍のポイントである約40,000円相当のポイントを獲得 できています。 この月だけ特別なことを実施したわけではありません。 後述する、 外食モニター案件とクレジットカード案件、FX案件をバランスよく組み合わせることで達成しています。 大きな元手も必要なく、楽しく簡単に実現できています。 繰り返しますが、 特別なことは何もしていません。 誰でも達成可能な数字です。 こちらの画像は、ANAマイレージクラブのマイル獲得数のページのキャプチャーです。 毎月、継続して18,000マイルが加算されているのがわかりますね。 上記画像では、ちょうど12ヶ月分を抜粋しており、 1年間で合計216,000マイル、つまり年20万マイル以上を獲得できているということがご確認いただけると思います。 私は、実際には陸マイラーを初めて3ヶ月後の2016年5月からこれを継続できています。 長い期間に渡って継続できているというのは、これが難しいことではない、特別なことではない、という証明でもあります。 それでは、前振りが長くなりましたが、ここから本題に入ります。 ANAマイルの貯め方(2020年最新):基礎編 ANAマイルの貯め方は簡単3ステップ ANAマイルの貯め方、まずは基礎編です。 ANAマイルの貯め方はとてもシンプルです。 極論すれば、以下の3ステップを実施するのみです。 <ANAマイルの貯め方>• ポイントサイトに登録する• ポイントサイトでポイントを貯める• TOKYUルートを使ってポイントを交換する 「」という知らない言葉が出てきましたね。 実は、この「TOKYUルート」が大量ANAマイルを貯めるための核になる重要な要素です。 以下では、「TOKYUルート」を含めたANA陸マイラーとして必須となる基礎知識と、ANA陸マイラー必須のツールでありエンジンでもある「ポイントサイト」の効率的な使い方を紹介します。 ANAマイルを大量に貯めるための基本であるTOKYUルート こちらの記事では、 ANA陸マイラーとしての基本の「き」となる「TOKUルート」の説明をしています。 「TOKYUルート」とは何なのか、そしてなぜ、ポイントサイトでひと月20,000円相当のポイントを稼ぐことで、年180,000 ANAマイルを稼ぐことができるのか、その核になる部分の説明になります。 詳細は上記の記事で解説していますが、「 TOKYUルート」を利用することで、ポイントサイトで獲得したポイントを交換レート 75% という高効率 でANAマイルに交換することができます。 具体的には、以下のようなルートになります。 各ポイントサイトで貯めたポイントを、ポイント交換サイトである「ドットマネー(. money)」に一度交換し、そこから「TOKYUポイント」に交換します。 その後、「TOKYUポイント」をANAマイルに交換するというステップになります。 <TOKYUルートの全体像> 各ポイントサイトからドットマネー(. money)、ドットマネー(. money)からTOKYUポイントへは「等価交換」が可能です。 また、 TOKYUポイントからANAマイルへの交換レートは、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を保有することで「75%」となります。 そのため、 ルート全体の交換レートとしては「75%」を実現できるという計算になります。 陸マイラーは、各ポイントサイトでポイントを貯め、これをTOKYUルートに載せるという作業を、継続的に実施しています。 これにより、 月15,000 ANAマイル、年180,000 ANAマイルという大量ANAマイルを稼ぎ出しています。 TOKYUルートは75%の交換レートを実現する唯一無二の黄金ルート マイルは貨幣価値に直すと、1マイル=2円程度と言われています。 従って、クレジットカード等のポイントからマイルに直接移行する場合は、多くの場合1円の価値のポイントが0. 5マイルに交換されます。 ある意味、等価交換ですね。 しかし、 TOKYUルートの場合は、交換レート75%でしたので、1円の価値のポイント=0. 75マイルに交換可能という計算になります。 これは貨幣価値に直すと、 1円の価値のポイントが約1. 5円の価値のマイルにジャンプアップすることを示しています。 つまり、倍近くの価値にアップするのです! つまりは、TOKYUルートで実現している交換レートは常識外れなもので、陸マイラーの裏技と言えるものです。 そして、ここが重要ですが、 交換レート75%という高効率で交換するルートは、2020年時点で「TOKYUルート」以外には存在していないのです。 大量ANAマイルを獲得するための唯一無二の黄金ルートが「TOKYUルート」ということになります。 ANAマイルの価値は最低で2円から3円、使い方によっては最大15円にも 先ほど、マイルの価値は一般的には2円程度とご説明しました。 ですが、これは「最低でも」という意味合いになります。 マイルの価値はその使い方によって変動します。 以下のように、 ANA国内線特典航空券に交換した場合は2円から3円程度になりますが、ANA国際線特典航空券に交換した場合は、5円から15円程度にまでその価値は跳ね上がります。 ファーストクラスで利用できれば、最大の価値を発揮することができるようになっています。 <1マイルの価値一覧>• ANA国内線特典航空券:2円から3円程度• ANA国際線特典航空券(エコノミークラス):5円程度• ANA国際線特典航空券(ビジネスクラス):10円程度• ANA国際線特典航空券(ファーストクラス):15円程度 ですので、 ポイントサイトで獲得したポイントは、現金化するよりも、マイルに交換した方が圧倒的にお得であることがわかりますね。 については、こちらに記事で詳しくご紹介しております。 合わせてご参照ください。 「TOKYUルート」を利用するためには、 原資とも言えるポイントサイトのポイントを月20,000円相当、継続的に稼いでいく必要があります。 各ポイントサイトには、それぞれ特徴や、強い分野、弱い分野などがあります。 ですので、 ポイントサイトで効率よくポイントを稼ぐには、複数のポイントサイトに登録・比較して、使い分けること重要です。 詳細は上記の記事でも解説していますが、当ブログでは、以下のポイントサイトの利用をオススメしています。 上から順番にオススメの順です。 これらの中でも、 ハピタスとモッピー moppy 、ポイントタウンは特に重要で、登録必須と位置付けています。 <当ブログおすすめのポイントサイト>• ハピタス <=登録必須• モッピー (moppy) <=登録必須• ポイントタウン <=登録必須• ECナビ• ポイントインカム• ライフメディア• ゲットマネー• ちょびリッチ ですので、 どれに登録しようかと迷う方は、まずはこの3つだけでもご登録ください。 どれか1つしか登録したくない、という方にはハピタスがオススメです。 その他のポイントサイトについては、ポイントサイトの使い方に慣れてから、状況に応じて登録しながら使い分けていきましょう。 当ブログでもお得案件は随時ご紹介していきますので、そのタイミングで登録するでも大丈夫です。 以下では、 各ポイントサイトの入会方法をご紹介していきます。 当ブログは、複数のポイントサイトから認定もしくは協業関係にあり、Googleなどで検索して、 公式HPから入会するよりも、1,000円以上特になるものがたくさんあります。 ぜひ、見逃さないようにしてください。 ハピタス <登録必須> ハピタスでは現在 、最大600円分ポイントを獲得できる、とってもお得な入会キャンペーンを実施中です。 ハピタスへのご入会はぜひこのお得なタイミングで実施することをオススメします。 詳細はこちらの記事をご参照ください。 今のところ 終了時期は未定になります。 モッピー moppy <登録必須> 当ブログは「 モッピーと協業関係 」となっています。 これを記念して、 当ブログ経由でモッピーにご入会いただくと、特別に500円分のポイントを獲得できます。 さらに、 2020年7月31日までの期間限定で、この特典が 1,000 円分に大幅ポイントアップ中です。 モッピー のご入会がまだの方は、お得なこのタイミングでのご入会をご検討ください。 詳細はこちらの記事をご参照ください。 ポイントタウン <登録必須> 当ブログは「 ポイントタウン と協業関係 」となっています。 これを記念して、 当ブログ経由でポイントタウンにご入会いただくと、特別に400円分のポイントを獲得できます。 こちらのポイントは「もれなく」ということで、登録いただくだけで獲得できますので、とってもお得です。 詳細はこちらの記事をご参照ください。 こちらは今のところ期限の設定はありません。 ECナビ 当ブログは「 ECナビと協業関係」となっています。 これを記念して、 当ブログ経由でECナビにご入会いただくと、特別に350円分のポイントを獲得できます。 さらに、ECナビでは 2020年7月31日までの期間限定で、最大1,350円相当の特典を獲得できる入会キャンペーンを実施しています。 詳細は以下の記事をご参照ください。 ポイントインカム 当ブログは 「ポイントインカムと協業関係」となっています。 これを記念して、 当ブログ経由でポイントインカムにご入会いただくと、特別に300円分のポイントを獲得できます。 詳細はこちらの記事をご参照ください。 こちらは今のところ期限の設定はありません。 ライフメディア ライフメディアでは友達紹介特典が大幅にUPしており、 当ブログ経由でお申し込みいただくと500円分のポイントを獲得できます。 詳細はこちらの記事をご参照ください。 こちらは今のところ期限の設定はありません。 ゲットマネー 当ブログは 「ゲットマネーと協業関係」となっています。 これを記念して、 当ブログ経由でゲットマネーにご入会いただくと、特別に200円分のポイントを獲得できます。 詳細はこちらの記事をご参照ください。 こちらは 2020年12月10日までの期間限定になっています。 ちょびリッチ ちょびリッチでは友達紹介特典が大幅にUPしており、 当ブログ経由でお申し込みいただくと250円分のポイントを獲得できます。 詳細はこちらの記事をご参照ください。 こちらは今のところ期限の設定はありません。 以上、基礎編でした。 ANAマイルの貯め方(2020年最新):実践編 ANAマイルの貯め方、ここからは実践編になります。 私がポイントサイトを使って実際に行った案件の詳細をご紹介しています。 各カテゴリーごと整理してご紹介していきます。 クレジットカード案件 まずはクレジットカード案件です。 クレジットカード案件は、 1件あたりの獲得ポイント数が高額なのが特徴です。 時期にもよりますが、 1件あたりの獲得ポイントが10,000円相当以上であることがが案件着手の目安になります。 過去にはダイナースの案件で50,000円相当のポイントが獲得できるものもありました。 クレジットカード案件の場合、審査落ちのリスクもあるので、ひと月あたり1件を目安にしてペースを守って実施していくことが重要です。 クレジットカード案件の実例は以下になります。 (金額は時期により変動します)• FX案件 続いては、FX案件です。 FX案件も、 1件あたりの獲得ポイント数が高額なのが特徴です。 1件あたりの獲得ポイントが10,000円から20,000円相当までが案件着手の目安になります。 FX案件の場合は、取引条件が設定されている場合が多いので、損失を被るリスクがあります。 なので、取引条件が低いものから順番に実施していくことが重要です。 FX案件の実例は以下になります。 (金額は時期により変動します)• 外食モニター案件 当ブログ一番のおすすめ、覆面モニター案件です。 レストラン等、外食のサービスを評価することでポイントが獲得できる案件です。 1件あたりの獲得ポイント数は、決して高額ではありません(平均3,000円から4,000円相当)が、 何度も繰り返し実施できるお店があること、お店の入れ替わりが頻繁にあることから半永久的に実施できるところが特徴です。 クレジットカード案件やFX案件は、ひととおり実施してしまうと駒がなくなる可能性がありますが、覆面モニターの場合は、その心配がありません。 長く続けることで、安定的で長期的な収益源として期待できるが最大の特徴です。 また、これは人にもよりますが、いろいろなものが食べたり飲んだりできるので、楽しみながら続けることがでいます。 私は外食モニターで食べ歩くのが趣味になりつつあります。 (還元率は時期により変動します)• 店頭購入モニター案件 覆面モニターという点では外食モニターと同じですが、こちらは 商品を買ってきて、その商品の評価をする案件です。 1 件あたりの獲得ポイント数は、案件により大きな幅があります。 数百ポイントから数千ポイント相当まで、案件次第です。 興味が持てる商品のモニターを自分で選択して、楽しく実施できるのが特徴です。 私は自宅飲みのビールの多くを、店頭購入モニターで獲得しています。 (還元率は時期により変動します)• Webショッピング購入案件 こちらは、 Webショッピングサイトで商品を買って、ポイントの還元を受けるものです。 1件あたりの獲得ポイント数は、案件により大きな幅があります。 数百ポイントから数千ポイント相当まで、案件次第です。 100%還元の案件が結構あるので、そこを狙って実施することが重要です。 100%還元の場合、実質無料ですから損はありません。 100%還元の案件をまずは積極的に狙っていきましょう。 ただし、青汁などの健康食品系が多いので、家の中が健康食品だらけになる傾向があります。 Webサービス利用案件 最後に、Webサービス利用案件です。 インターネットを使ってサービスを提供している企業のサービスを利用することでポイントを獲得できる案件です。 私がよく利用するのはブランディアです。 1件あたりの獲得ポイント数は1,000円相当前後が多いです。 1件があたりの獲得ポイント数は多くはないですが、陸マイラーを始める前から、普通にブランディアを利用していたので、 プラスアルファでポイントサイトのポイントが加算されているイメージです。 また、楽天やロハコ、ヤフオク、ゾゾタウンなどの超有名サイトも、ポイントサイト経由で利用できます。 これら 普段使っているWebサービスもポイントサイトを経由することで、数%のポイント還元を受けられるので、普段の生活の中から、こつこつとポイントを貯められるところが特徴です。 チリも積もればなんとやらです。 Webサービス利用案件の実例は以下になります。 以上、実践編でした。 ANAマイルの貯め方(2020年最新):クレジットカード編 クレジットカードでマイルを貯めるのは補助的な位置づけ ここでまでご説明してきたとおり、 大量ANAマイルを貯めるには、ポイントサイトの利用が一番効率的です。 このポリシーは絶対に揺らぎません。 しかし、陸マイラー生活を始めて、ANAマイルが貯まってくると、ポイントサイト以外の方法でもANAマイルを貯めたくなってくるのが陸マイラーの悲しい性です。 そこで登場してくるのが、クレジットカードの決済でANAマイルを貯める方法です。 日々の消費をANAマイルに変えてしまおうという試みです。 しかし、クレジットカードの決済でのANAマイルの獲得は、決して効率の良いものではありません。 最強と言われる「ANA VISAワイドゴールドカード」を最大限利用しても、得られるANAマイル還元率は、 約1. ポイントサイトの利用に比べて圧倒的に効率が悪いでので、 クレジットカードの決済でANAマイルを貯めるのは、あくまで補助的な方法であると割り切ってください。 以上、応用編でした。 まとめ:陸マイラーになってどこにでも飛行機で行ける自由を手に入れましょう! 当記事でのご説明により、 年18万を超えるようた大量なANAマイルを貯めるということが、それほど難しいことでないということが、ご理解いただけたのではないかと思います。 これだけのマイルを稼ぐことができれば、どこにでも飛行機で自由に行けるようになりますので、旅の選択肢がぐっと広がります。 ビジネスクラスやファーストクラスを利用した豪華な海外旅行も夢ではなくなります。 せっかくこの記事を読んでいただいたのですから、 一緒に陸マイラー活動をぜひ開始しましょう! 陸マイラーとしての必要な情報、最新情報、良質なポイントサイトの案件情報などを、当ブログでは随時ご紹介しています。 また、記事の更新情報からブログでは書けないようなお得な情報まで、 最新情報はTwitterで発信しております。 ぜひTwitterのフォローもお願いできればと思います。 Twitterのリンクは以下になります。 陸マイラー注目記事 各ポイントサイトではお得な入会キャンペーンを実施中です。 当ブログでは、複数のポイントサイトと協業させていただいており、特別な入会特典を多数ご提供しております。 陸マイラーとは?という基本はこちらにまとめております。 これから陸マイラーを始めるという方はぜひここからスタートしてください。 ANAマイルの貯め方はこちらの記事でまとめております。 誰でもコツさえ掴めば、 年20万マイルを超えるような大量ANAマイルを獲得できるようになります。 JALマイルの貯め方はこちらの記事でまとめております。 基本は前述のANAマイルの貯め方と同じになりますが、JALマイル独自のルートが存在します。 長らく JALマイルは貯めづらいと言われてきましたが、近年はぐっと貯め易い状況となっています。 アメックスでは現在、紹介プログラムによって獲得できる特典が高騰中です。 利用金額に応じて大量ポイントを獲得することができます。

次の

【あつ森】マイルの効率的な稼ぎ方と一覧【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

マイル 貯め方 タイミング

その広告料の一部が、利用した我々にポイントとして還元されます。 ねずみ講でもありませんし、法にも触れません。 インターネットによって生まれた新しい広告の形に過ぎません。 ハピタスの基本スペック ポイント価値(交換レート) 1P=1円(現金に交換した場合) ポイント交換単位 300P~(交換先により変動) ポイント交換上限(月) 30,000ポイント(ポレットは別枠で30万ポイント) ポイント交換に要する時間 リアルタイム~3営業日程度(交換先により変動) ポイントの有効期限 なし(但し、最終ログインから12ヶ月間ログインしないとハピタスのアカウント 会員登録 自体が失効し、ポイントも消滅するので注意! 主なポイント交換先 .money(ドットマネー) PeX Gポイント Pollet(ポレット) Amazonギフト券 nanacoギフト 楽天Edy ビットコイン 現金 など多数 ハピタスの特徴• 大手ポイントサイトで安心• 広告案件多数• みんなdeポイント• モニター案件(外食モニターなど)• ハピタスアウトレット• 通帳記載制度• お買い物あんしん保証制度 「ハピタス」は、私にとっての 「キングオブポイントサイト」。 私が今まで貯めたマイルの多く(70%くらいかな?)は、このハピタスが起源となっています。 2019年12月頃~、特に「ゴールド会員」を優遇する傾向が出てきました。 また同時に、以前に比べて高還元の広告も増えてきてます。 「安心」+「高還元」で益々使い易いポイントサイトになってきています! ハピタスは、 利用者も多く広告案件も多数(3000件以上)ある・・・ということはもちろんですが、 「広告を利用したのにマイページの通帳にポイントが反映されない」 「広告を利用したのに無効判定になった」 といった場合でも窓口が本当にレスポンス良く対応してくれますし、 「通帳記載制度」 「お買い物あんしん保証制度」といったハピタスならではの保証制度もあって、 特にポイントサイト初心者にとって安心できる材料が豊富なのが一番です! これって 見せかけではなく本当に保証してくれるんですよ!私も過去何度も助けてもらっています。 しかも全て1万ポイントを超えるような大型案件で! ちゃんと条件を満たしているにも関わらず無効となったので、問い合わせ窓口からその旨問い合わせると、その日~翌日くらいには以下のようなメールが届きます。 対応のレスポンスも早くて不安な立場としてはとっても有り難かったです。 ・・・で、最終的にはこの件、 メールに書かれている3ヵ月を経過しても広告主から誠意ある回答がなかったのです(ハピタスではなくて広告主の不備、この時はムカついた!)。 そうしたところ、 ハピタス側から「広告主からの正式な回答はありませんが、ポイント全額を付与します」といった神対応! ハピタス大好き! 旅ガエル こちらがその証拠のメールです。 とっても誠意があるし、真面目な対応ですよハピタスは!使用者としては本当に安心して利用できますよね。 でもハピタスだけは経験上それが一切無いのです! だから初心者の方にもオススメしやすい。 また、私がよく利用するのは、 「みんなdeポイント」という短期間だけ募集する広告案件。 期間または人数を限って、その間だけ付与されるポイントがアップするというもの! みんなdeポイントは、ネット上の人気サービスや人気商品を期間・参加人数限定で大幅ポイント還元される新しいお得なサービスです。 とハピタスHPに記載されている通り、2日~4日といった短期間だけ、且つ、人数限定! 例えば、普段「2,000ポイント」しか付与されない広告案件が、この間だけ「8,000ポイント」付与されるなど、 お宝案件を掘り出すことができます。 以下同じ ちょうどこの記事を書いているタイミングではこんなのが出てましたよ!かなりポイントがアップしてますね。 できれば週2~3回はチェックしたいところ。 そうすれば必ずおいしい案件を見つけることができますから! また、最近(2020年6月くらい~)は「還元率No. 1」広告シリーズも始まってます。 ゴールドランク会員には必ずなろう! 2019年12月頃から、 ゴールドランク会員への優遇がかなり強まってきています。 例えば、• 獲得ポイント数の優遇• ANAマイルへの交換レート90%を実現(今のところ期間限定) などなど、今後この傾向は更に強まることを予想しています。 ゴールド:広告利用での有効が20回以上、または獲得ポイント10000ポイント以上• シルバー:広告利用での有効が5回以上、または獲得ポイント2500ポイント以上• ブロンズ:広告利用での有効が1回以上、または獲得ポイント1ポイント以上 マイルを貯めるまでの流れ 登録方法 続いてハピタスの登録方法について。 簡単なので説明するまでもないのですが、 こちらのサイトから簡単に登録できます()。 ポイントの貯め方(広告を利用するコツ) ハピタスには多くの広告案件があるので、 色々なパターンでポイントを貯めることができます。 「お買い物で貯める」「提携先のサービス利用で貯める」「アンケートで貯める」「旅行で貯める」「口コミで貯める」「クレジットカード発行で貯める」・・・などなど 自分の好みで色々とトライしてみるのも面白いです。 ただ、 陸マイラーという観点からいうと、ある程度ガッツリポイントを貯めたい という方が多いと思うので、それを考慮すると• クレジットカード案件• FX口座開設案件• 不動産・保険の面談案件 この3つが大量のポイントを稼ぐには極めてインパクトが大きい案件となります。 私はFXに関する知識がなく、かえって損をしそうなのでやったことはありません(口座開設のみでポイントが付与されるものもありますが、開設後一定量の取引が条件となっているケースが最近は多いように思います。 大量のポイント欲しさに手を出して「ハピタスポイントは貰えたけどかえってFXで損をした」・・・なんてことにならないように注意して下さいね)。 また、「無料で面談するだけで高額ポイント」が売りの不動産や保険の面談案件も確かにあります。 しかも2万~3万ポイントがもらえるような 一撃必殺の超ビックリ案件も多数。 しかし色々と条件が厳しくて(やれ収入証明書を提出しろとか、健康保険証を提示しろなど)、嫌な思いもしたことがあるので、これも正直強くお勧めしません(上で紹介した「利用したのに無効にされた」というのはこの不動産案件です T-T )。 これらを総合的に考えると、 やっぱり一番はクレジットカード案件。 私は、 基本的に毎月1~2枚のクレジットカード案件と、ネットショッピングをする際にハピタス経由で購入するのを、コツコツやっています。 旅ガエルはクレカ大好きです 旅ガエル 陸マイラーをやるには「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」といったクレジットカードは必ず必要になるので、クレジットカード自体の知識も増えますし、自分にピッタリのクレカを見つけることができる可能性もあります。 陸マイラーとクレジットカードはとても相性がよく、相乗効果もあってメリット大! 定期的にハピタスのサイトを見ていると、毎月必ず 「おいしいクレジットカード案件」が出てきますから、マメな案件チェックが一番のポイントです。 なんと言ってもクレジットカード発行案件は、 「ポイントの付与条件がシンプルで明確」なので、個人的にはクレジットカード案件が最もオススメです! 最近は政府をあげて 「キャッシュレス決済」への移行を推進していますよね。 クレジットカードで決済するとそのクレジットカードの「ポイント」が貯まるのはご存じだと思いますが、結局はこのポイントって商品を販売する者がクレジットカード会社に支払う手数料の一部をカード利用者に還元されているだけの話です。 「キャッシュレス決済」の割合が増えてくると、キャッシュカード等で決済されることを前提にして、その手数料が最初から組み込まれた商品の価格設定に変わっていくはずです。 そういった時代にポイント還元がない現金決済を頑なに貫いていると、それだけで「損」をすることになってしまいます。 これからの時代、クレジットカードでの決済は益々不可欠な時代になっていきますから、クレジットカードに関する知識(どのカードがポイント還元率が高い・・・といった知識)は持っていてぜったいに損はありません。 そうした知識の勉強にもなりますから、クレカ発行によるポイ活は一石二鳥にも三鳥にもなるというわけなのです! 下の記事の中にも、実際に私がどのようにポイントサイトの案件を利用したのか詳しく書いています。 よければ参考にして下さい。 継続しやすいモニター案件も登場! 「ハピタス」ではモニター案件でポイントを稼ぐ事ができるようになりました! 大きく分けて2つあって、 「店舗モニター」と 「通販モニター」の2種類。 「店舗モニター」は指定の店舗(殆どが居酒屋などの飲食店です。 エステや整体などもあり)に行ってサービスを受け、その内容をアンケートに記入して提出します。 「通販モニター」は、通販で商品(化粧品や健康食品、日用品が多い感じ)を購入し、それを使った感想をアンケートに書いて提出します。 たったこれだけ! ただし、どの案件も抽選となっていて枠が設定されているので、早めに申し込まないとモニターの枠がいっぱいになってしまいますから注意! 獲得できるポイントは、飲食代や商品代金の 30~60%程度に設定されているケースが多いです。 中には100%還元というビックリ案件もありますね! 仮に50%還元だとしたら、1万円の飲食代に対して5,000ポイントもバックされるわけです。 古いパッケージの商品や、賞味期限切れが近い商品をアウトレット価格(80%~30%OFFくらい)で購入でき、更に購入金額の「5%」分がハピタスポイントとしてもらえるという仕組です。 ハピタスポイントを購入に充てることもできます。 上手に使うと継続的にポイントを貯めることが可能ですね。 「ハピタスアウトレット」に関しては別記事として纏めてます。 ハピタスで貯まるポイントは、あくまで「ハピタスポイント」なので、そのままANAマイルとして使うことはできません。 そこで、ポイント交換を繰り返しながら、目的のANAマイルへと移行させて行く必要があります。 下の図は、ハピタスからANAマイルへとポイントを移行する際の交換ルートを1枚のシートに纏めてみました。 2020年1月の時点で有効な最新の交換ルートマップです! 黄色い数字はその部分の交換レートを意味していています。 これが王道の 「TOKYUポイントルート」。 全体の交換率で「75%」。 ハピタスで貯めた10,000ポイントを「7,500ANAマイル」に交換することが可能です。 money」への交換20%増量キャンペーンをやってます(今のところ期間限定)。 これを利用すると、ANAマイルへの交換レートは驚愕の実質 「90%」となり、業界最高の還元率となります。 今のところ期間限定となっていますが、恐らく定常的なキャンペーンとして定着するだろうと予想しています。 そうなって欲しいよ! 旅ガエル 下段は「Tポイントルート」。 ハピタス以外のポイントサイト(例えば)からも「.money」にポイントを移行する事ができるため、ハピタスとモッピーの合せ技を使えば更に多くのANAマイルを獲得する事も可能になってきます。 上の図のように、 「.money」から「JALマイル」に交換できます。 ただしこの部分の交換レートが「50%」となってしまうので、全体の交換レートとしてもこの部分がボトルネックとなり「50%」となります。 ・・・が、JALマイルは(ANAマイルに比べて)特典航空券の交換に必要なマイル数が少なく、且つ、特典航空券を確保し易い傾向があるので、レートは50%となりますが実際に使う場面まで考えると悪くないですよ! いま許されているポイント交換環境を考えると、 JALマイルを貯めたい人は 現時点では「ハピタス」よりも「」の方が利用しやすいです。 JALマイル中心の方は、「」をメインにして、サブ的にハピタスを利用するのが効率的ですね。 「」の使い方はこちらに纏めているので参考にして下さい! 各ポイントサイトに登録される方はまとめてリンクを置いておきます。 ポイント交換に必要となるクレジットカード 最後に、「TOKYUポイントルート」を使うには「」が、 必要になります。 ANAが発行するクレジットカード(ANAカード)。 年会費2,000円(税別)が必要になりますが、これは陸マイラーになるための「投資」だと思っていただくしかありません(年会費の割引制度あり)。 しかし、「入会時」及び「更新時」にそれぞれ1,000マイルがプレゼントされるので(要するにカードを所有しているだけで毎年1,000マイルずつもらえるので)、全く損にはなりません。 入会キャンペーンなどやってることも多いので、 早めに発行しておいて損はないと思います。 このカードについてはメリットデメリット含め下の記事で詳細に検討してるので参考にして下さい。 マイルに交換する以外でもハピタスはかなり使えますから、マイルに飽きても無駄になりません! おまけ2(ハピタスの将来性) ハピタスの将来性について個人的な意見を少しだけ・・・ ハピタスは、 今後恐らく各広告案件の還元ポイント数を大きく上げてくると予想しています。 友達紹介制度を大幅に改正したことが理由。 いままで「紹介者」に対して還元していた分を減らしその分広告案件のポイント数を増やす戦略に切り替えるようですね。 確かに同じ広告案件でも、他のポイントサイトより還元率が劣っていたケースも多いので、これによって更に使い易くなることが予想されます。 「あんしん保証」+「高還元」となれば、ポイ活初心者のみならず、ポイ活上級者にとっても最高のポイントサイトになるはず。 そのおかげで世界も変わったし人生のランクが少しアップしたように感じています。 そういった感覚をこのサイトに来て頂いた皆さんにもぜひ体験してもらいたいと思っています。 by旅ガエル.

次の

ANAアップグレードポイントの獲得方法と使い方まとめ

マイル 貯め方 タイミング

スポンサーリンク アップグレードポイントとは? では以下のように説明されています。 1月~12月のANAグループ運航便のご利用で獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーにプレゼントする特別なポイントです。 お客様の空の旅がさらに満ち足りたものになるよう、座席クラスのアップグレードやラウンジのご利用などに、お使いいただけます。 SFC修行をされている方はわかると思いますが、プレミアムポイント(PP)とは「1年間(1〜12月)にANAグループ運航便やスター アライアンス加盟航空会社への搭乗分について、マイルとは別に積算されるポイント」のこと。 このPPを獲得していき、ある一定数以上獲得するとプレミアムメンバー(ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンド)となります。 PPは特典航空券では付与されませんので、お金を出して購入した 有償航空券で搭乗すると付与されます。 つまり、1年間に有償航空券でどれだけフライトしたかに応じて、獲得できるアップグレードポイント数も変わってくることになります。 アップグレードポイントの獲得方法 獲得できる対象者 アップグレードポイントを獲得できるのは プレミアムメンバー(ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンド)。 ブロンズメンバーになるには30,000PP(うちANAグループ運航便で15,000PP以上)が必要ですので、少なくともそのポイント数は獲得する必要があります。 獲得できるアップグレードポイント数 アップグレードポイントの付与数は獲得したPPで決まります。 PPは• ANAグループ運航便• スターアライアンス加盟航空会社運航便 のどちらでも獲得できますが、以下のように ANAグループ運航便での利用で獲得されたポイントのみで決まります。 例えば、SFC獲得を目指してプラチナメンバーになりますが、プラチナメンバーになるには50,000PP以上の獲得が必要であり、そのすべてをANAグループ運航便で獲得した場合には「 20ポイント」もらえることになります。 一方で、すべてをANAグループ運航便ではなく一部をスターアライアンス加盟航空会社運航便で獲得した場合、例えば20,000PPをスターアライアンス加盟航空会社運航便、残り30,000PPをANAグループ運航便で獲得した場合には、「 10ポイント」もらえることになります。 スーパーフライヤーズ会員であれば追加で4ポイント SFCを保有するスーパーフライヤーズ会員は、ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズいずれかに該当する場合に 追加で 4ポイントもらえます。 「ダイヤモンドサービス」メンバー、「プラチナサービス」メンバー、「ブロンズサービス」メンバーかつスーパーフライヤーズ会員のお客様には、ANAグループ運航便のご利用に応じて獲得されたポイントに加え、さらに一律4ポイントをプレゼントいたします。 SFC修行を解脱した翌年に関しては最低でもプラチナメンバーになりますので、この4ポイントは確実に追加でもらえますね。 この特典はSFC会員限定のものであり、プレミアムメンバー(ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ)であったとしても、SFCを保有していなければ対象者にはなりません。 「毎年飛行機乗ってプラチナを維持できているからSFCは不要」という方でも、カード保有で獲得できるアップグレードポイントを増やすことができるので、年会費はかかりますがこういう選択肢もあるでしょうね。 ダイヤモンドメンバーは特典選択で12ポイント獲得 ANAプレミアムメンバーの最上位ダイヤモンドメンバーになると、その特典として7つの中から選択できるもの()があるのですが、その中に• 60,000SKYコイン• アップグレードポイント12ポイント の選択肢があります。 60,000SKYコインは60,000円相当として利用できますので、12ポイントを60,000円以上のものとして使うことができない場合には、60,000SKYコインを選ぶべきということになります。 1ポイントあたり5,000円以上で使えるかどうかが分岐点ですので、それを基準に判断することになりますね。 付与タイミング アップグレードポイントの付与タイミングは、以下のようになっています。 付与日 ポイント種別 2月1日 プレミアムポイント連動アップグレードポイント 3月1日 SFC会員向けアップグレードポイント(4ポイント) スポンサーリンク アップグレードポイントの使い方 アップグレードポイントの使い方は、以下の3つがあります。 座席クラスのアップグレード• ラウンジ利用• SKYコインへの交換 それぞれ詳しくみていきます。 座席クラスのアップグレード 座席クラスのアップグレードについてはこちらのに説明があります。 国内線の場合 国内線の座席クラスをアップグレードする場合には、普通席をプレミアムクラスにアップグレードするのみで、必要アップグレードポイント数は「 4ポイント」です。 利用できるかどうかは、 出発当日に空港手続き時(カウンター or 自動チェックイン機)にプレミアムクラスに空きがある場合に可能です。 ですので人気路線や繁忙期では、なかなかハードルが高いのではないかと思いますね。 有償で当日アップグレードする場合には9,000円必要ですので、それを考えると1アップグレードポイントの価値としては「 2,250円」相当と言えますね。 ちなみに、 国内線の特典航空券の場合でもアップグレード可能です。 国際線の場合 ANA国際線でアップグレードポイントを利用するパターンとして、• アップグレードに必要なポイント数は、以下のように対象クラスとエリアごとに定められています。 国際線の場合は当日でなく、 355日前〜搭乗の24時間前までアップグレード予約可能となっています。 注意点としては、 ツアーや特典航空券ではアップグレード対象外ですし、それに加えて以下のように アップグレード可能な対象予約クラスが予め設定されています。 一例として、東京発バンコク往復のエコノミークラスの料金をみてみます。 最安で販売されていたのは予約クラス「S」のチケットでした。 往復で59,410円。 続いて、アップグレード可能な予約クラス「U」だと以下のような金額になっています。 その差、108,000円… アップグレードのために、同じエコノミーの席に対してこの追加料金は果たして払う意味があるのかどうか・・?という感じがしますね。 また、ビジネスクラスからファーストクラスへのアップグレードを目指しても、割引ビジネスクラスチケットでの予約クラス「P」は対象外なので、ビジネスクラスのアップグレードもエコノミー以上に負担額は大きくなりますね。 ちなみに、ダイヤモンドメンバー本人であれば、 通常のアップグレードポイントの2倍を利用することで、予約クラスに関わらずアップグレードすることが可能な制度があります。 ただし、 当日空席があって食事が用意できる場合に限っての話ではあるので、事前に確約できないのがちょっと残念なところ。 まぁダメ元で申し込んでおいて、当日アップグレードされたらラッキーくらいに思っておくくらいが良いのでしょうね。 上のバンコクの例で言えば、アップグレードに必要なポイントは片道8ポイント、往復で16ポイント必要ですが、このダイヤモンドメンバーのサービスを利用するには2倍必要になりますので、片道だと16ポイント、往復だと32ポイントが必要になります。 なお国際線では、 ユナイテッド航空(UA)運航便でもアップグレードポイントを使えます。 UA以外のスターアライアンス運航便では使用不可です。 ユナイテッド航空運航便に必要なアップグレードポイント数と、対象となる予約クラスは以下のとおりです(アップグレード対象予約クラスと運賃で予約が取れていること、また決済(=発券)済みであることが必要)。 プラチナ以上のプレミアムメンバーとSFC会員は、本人とその同行者1名まではステータス特典でラウンジ利用できるので、アップグレードポイントは不要です。 ですので主に使用する場面としては、ブロンズを除く会員本人が2人目以上の同行者を連れて行く場面と、ブロンズ会員自身が利用する場面になるかなと思います。 また本人不在でも、事前に特典利用者登録した2親等以内の家族なら使える仕組みもあります(特典利用者登録ページは)。 プレミアムメンバーとSFC会員別に、ラウンジ利用できる条件を一覧にまとめてみました。 SKYコインへの交換 アップグレードポイントは、SKYコインに交換できます。 交換自体は「ANAアップグレードポイントANA SKY コイン交換キャンペーン」というキャンペーン扱いで可能になっていますが、毎年更新されているようです。 交換比率は、 1アップグレードポイントを1,000SKYコイン 1,000円分 に交換 可能です。 例えば、SFC修行なんかで20アップグレードポイント獲得したら、20,000SKYコインで2万円相当になります。 このSKYコインは、ANAの航空券やツアー代金の支払いに利用できますが、有効期限は「 交換日から12カ月後の末日まで」ですので期限には注意しておきましょう。 SKYコインへの交換は1アップグレードポイントあたり1,000円の価値ですので、これまで見てきたような座席アップグレードやラウンジ入室よりも利用価値は低く、最終手段といったところ。 しかしながら、座席アップグレードにも国際線では対象予約クラスの制限があったり、ANAラウンジの利用もブロンズ以外は本人と同行者1人目までは利用可能だし、そもそも使える場面があるのか?と思わなくもないですよね… その場合はもったいない使い方ではありますが、失効させるほうがさらにもったいないですので、キャンペーン期限である3月31日23:59までにSKYコインへ交換しておくことをオススメします。 アップグレードポイントの使用期限 アップグレードポイントの有効期限は、毎年3月31日までとなっています。 座席アップグレードやANAラウンジへの入室などで3月31日まで使い切れずに余ってたら、キャンペーンも同期間で開催されていますので、SKYコインに交換しましょう。 SKYコインに交換すれば、交換日から12ヶ月後の月末まで利用可能ですので、SKYコインという使い方に限定されますが、利用期限を伸ばすことができます。 まとめ ANAのアップグレードポイントの獲得方法と利用方法についてまとめました。 アップグレードポイントを獲得するにはプレミアムメンバーである必要があり、獲得したPP数に応じてアップグレードポイントが付与されます。 アップグレードポイントの使い道としては、• 座席クラスのアップグレード• ラウンジ利用• SKYコインへの交換 がありますが、SKYコインへの交換は1ポイント1,000円相当で交換されるのでもったいない使い方ですので、座席クラスのアップグレードやラウンジ入室で利用したほうがその利用価値は高くなります。 ただアップグレードポイントを失効させるのはもったいないですので、使い切れなかった場合にはSKYコインへ交換しておきましょう。 関連記事.

次の