福井 新聞。 福井

福井新聞

福井 新聞

九頭竜川の九頭竜川中部漁業協同組合(永平寺町)管轄区域(福井市、永平寺町、勝山市の一部)で13日、アユの友釣りが解禁された。 同日は朝から昼過ぎにかけて強い雨風… (2020年6月14日 15:51)• SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)利用が原因となる子どもの性被害を防ごうと、県警少年女性安全課がツイッターの公式アカウント(@fukui_syo… (2020年6月14日 15:51)• 北陸財務局が11日発表した北陸3県(富山、石川、福井)の4~6月期の法人企業景気予測調査によると、全産業の景況判断指数(BSI)は前回(1~3月期)から40・… (2020年6月14日 15:51)• 梅雨入… (2020年06月13日 12:39)• 新型コロナウイルス感染拡大で休館中の県立恐竜博物館(勝山市)は12日、県内在住者を対象にした15日の再開へ向け、感染予防策を施した館内を報道陣に公開した。 同館… (2020年6月13日 12:39)• 日銀金沢支店が発表した6月の金融経済月報は、北陸3県(富山、石川、福井)の景気判断を、新型コロナウイルス感染症の影響などで「一段と悪化している」と引き下げた。 … (2020年6月13日 12:39)• 県高校野球連盟は12日、中止となった全国高校野球選手権大会福井大会の代替大会「県高等学校野球大会」を開催すると発表した。 30チームが参加。 7月18日に開幕し、… (2020年06月13日 12:39)• 日本原子力研究開発機構は12日、廃炉作業中の新型転換炉ふげん(敦賀市明神町)で、屋外にあった工業用水用の配管が破損し、原子炉補助建屋(放射線管理区域)の中に水… (2020年6月13日 12:39)• 新型コロナウイルス拡大への経済対策として飲食店が持ち帰り用の酒類を販売できる免許の交付手続きが簡略化され、県内の酒蔵では、新たに飲食店販売限定の「家飲み用」の… (2020年06月12日 12:14).

次の

福井

福井 新聞

福井新聞社本社 種類 日刊紙 サイズ ブランケット版 事業者 福井新聞社 本社 二丁目801番地 代表者 代表取締役社長 吉田真士 創刊 (32年) 言語 価格 1部 110円 月極 2,725円 発行数 188,582部(2019年4月、調べ ) ウェブサイト 株式会社 福井新聞社 本社所在地 〒910-8552 二丁目801番地 事業内容 日刊新聞・書籍の発行 設立 業種 資本金 3億円(3月31日時点) 売上高 79億2060万円(2018年3月期) 総資産 168億2055万円(2011年3月期) 従業員数 210人(2019年3月31日時点) 決算期 3月 主要子会社 福井新聞PRセンター 福井新聞販売センター 外部リンク 福井新聞(ふくいしんぶん)は、で発行している。 株式会社福井新聞社が発行する専売紙である。 沿革 [ ]• - により創刊。 からにかけて - 戦時報道統制により、県下すべての新聞が統廃合され「福井新聞」一紙体制となる。 - により被災。 が印刷を代行し、敗戦後も北国新聞からマリノニー輪転機や活字などの支援を受けて再建。 - 大和田町(の斜向かい)に新社屋を完成させた。 - 福井市春山の旧社屋を「福井新聞 さくら通りビル」としてリニューアルオープン。 などが入居。 - 12月、当時社長であった吉田耿介が急逝。 後任に実弟の吉田哲也が社長就任(2011年現在は吉田真士が社長を務める)。 - ・向けの「福井新聞 電子版」の運用を開始。 2011年12月 と緊急時の新聞発行援助の協定を締結。 - 北陸地方の地方紙としては初めての「」への配信を開始。 - 「福井新聞 電子版」を刷新し、有料サービス「福井新聞D刊」のサービスを開始。 - 北陸地方の新聞としては初めてに 、に へのニュース配信をそれぞれ開始。 2016年 - と共同運営するカード「JURACA」(ジュラカ)の取り扱いを開始。 支社・支局 [ ] 現在の支社・支局 [ ]• 本社 - 福井市大和田二丁目801番地• 坂井支社 - 下新庄第1号13番地• 大野支社 - 明倫町5番17号• 勝山支局 - 旭町二丁目669番地• 鯖江支社 - 東鯖江二丁目4番6号• 武生支社 - 蓬莱町3番7号• 敦賀支社 - 中央町一丁目15番25号• 小浜支社 - 後瀬町7番7号• 東京支社 - 二丁目19番4号• 大阪支社 - 二丁目3番1号600• 名古屋支社 - 1番12号• 北陸支社 - 二丁目3番25号 金沢青葉ビル 過去の支社・支局 [ ]• 福井中央支局(福井新聞まんなかプラザ) - 福井市中央一丁目9番23号• 三国支社 - 覚善8字60番地1• 丸岡支局 - 坂井市西瓜屋第15号12番地 関連企業 [ ]• 福井新聞折りこみセンター• 福井新聞PRセンター• 福井新聞販売センター• 福井新聞印刷センター• fuプロダクション - 『月刊fu』の発行、(JR西日本)福井支店が発行する『福井旅の体験手帖 ふくのね』 の編集業務 紙面割 [ ] 題字の「新」の文字は、「木」の部分に横棒が一本多く「未」のようになった字体を使用している(参照)。 地域面 [ ]• 福井市内• 坂井・奥越(坂井市・・大野市・勝山市)• 南越(鯖江市・越前市・・・)• (敦賀市・・・小浜市・・)• 日曜・月曜は面・嶺南面に統合される。 コラム・社説 [ ] 1面コラムは「越山若水」、は「論説」となっている。 番組表 [ ] 始めに嶺南版を印刷し、嶺北版に差し替えた後に再び印刷を行う。 ちなみに、その際にほかの紙面についても事件事故の発生や進展で差し替えられることがある。 の地上波テレビ、ラジオはの番組編成。 に「」(閉局)の開局に伴い、掲載チャンネルの移動・変更が行われた。 これまで別刷りの「第2テレビ・ラジオ面」で掲載していたの、系列のBSチャンネルとの3チャンネルが最終面に移動した。 また、4月1日には「第2テレビ・ラジオ面」を廃止、本紙中面への掲載に移行した。 最終面 [ ] 嶺北• フルサイズ - 、、、、、• 3分の1サイズ - 、• 4分の1サイズ - 、、、、、、、、、(プライム・ライブ・シネマ) 嶺南• フルサイズ - NHK Eテレ、NHK総合、FBCテレビ、福井テレビ、MBSテレビ、ABCテレビ• 3分の1サイズ - NHK BS1、NHK BSプレミアム• 4分の1サイズ - カンテレ、読売テレビ、、、BS日テレ、BS朝日、BS-TBS、BSテレ東、BSフジ、WOWOW(プライム・ライブ・シネマ) 以前は福井県の放送局に限り、解説欄の所に電話番号を一括で載せていたが、現在は各放送局ごとのカット下部に掲載している。 中面 [ ] 掲載局は嶺北・嶺南共通。 日曜日には地上波とBSの週間テレビガイドと・の週間番組表も掲載されている(FMの週間番組表が掲載されているのは北陸地方では当紙とのみ)。 かつて発行していた第2テレビ面は、芸能記事と一緒にで掲載されており、その最終面(休刊日を除く)に収録されていた。 テレビ(地上波・BS)• 4分の1サイズ - 、、びわ湖放送、KBS京都、、、、、 ラジオ• 3分の1サイズ - 、、、、、深夜放送(・・・・・)• 4分の1サイズ - 、、、、 その他(・)• 4分の1サイズ - 、、、、、、、1、• 極小サイズ - ・ケーブル、、、 定期刊行物など [ ] 現在• 月刊fu - 毎月第4火曜日に発行のタブロイド紙で新聞購読者に折込で配布される。 また、県内主要書店でも発売している。 おとな日 - 毎月第2・第4土曜日に発行。 福悠人 - 奇数月の第3火曜日に福井県すこやか長寿財団の機関紙として発行。 週刊も・ぎ・た・てBanana - 毎週木曜日に発行(フルカラー8ページ)。 ・・・・・の本紙に折り込まれたほか、福井市中心部では未購読世帯にもされた。 電子版 [ ] に、有料サービス「福井新聞電子版」の運用を開始し、2013年に「 福井新聞D刊」(ふくいしんぶんディーかん)としてリニューアル。 開始当初は4つのサービスだったが、2018年6月になどで紙面閲覧ができる「福井新聞D刊」と、速報記事などが閲覧できる「 福井新聞fast」(ふくいしんぶんファスト)にサービスを再編した(後者は紙面閲覧ができない)。 「福井新聞D刊」では、、スマートフォン(・、専用もあり)、などので福井新聞の紙面閲覧が可能。 「D刊」向けのオリジナル記事や写真も配信される。 詳細はを参照。 北陸地方の地方紙においては、のでは「webun」(ウェブン)という電子版の運用を行っているが、当初はスマートフォンなどへの紙面配信は行っていなかった(現在は閲覧が可能)。 一方、・は有料配信のサービス「北國新聞スマート」を展開しているが、スマートフォンなどへの紙面配信は行っていない。 JURACA [ ] JURACA(ジュラカ)は、福井新聞社と福井銀行が共同運営する電子マネーカード。 2016年4月1日にサービスを開始した。 福井銀行が発行する「iicaカード」に紐付けするサービスで、前払い式のと後払い式のの2種類の電子マネーが搭載される。 なお、JURACA単体で持つことはできずクレジットカードの申し込みが条件となっている。 カードやサービスなどの詳細はを参照。 また、には・と共同でにおいて、JURACAを利用した決済の実証実験を行った。 関連放送事業者 [ ]• - 「 家の森」(福井市成願寺町)を共同運営。 また、前2社ほど濃密ではないが、とも一般財団法人福井カルチャーセンターを共同運営するなど協力関係がある。 関連番組・コーナー [ ] 福井新聞ニュース この記事にがあります。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2018年10月)• 本社にを持っており、深夜に印刷している様子を見学する企画がある。 社屋内にとの福井支局がある。 1973年12月、に伴う用紙不足を理由に夕刊の発行を休止。 これ以降、朝刊専売となる。 1979年、「ふるさと福井80選」主催(福井新聞社創刊80周年記念事業)。 1984年、「ふるさと福井85選」主催(福井新聞社創刊85周年記念事業)。 2007年3月26日に、新しいウェブサイト「チョキッ」をオープン。 2007年11月中旬に、無料の携帯サイト「福井新聞ニュース」を有料化。 「福井新聞mobile」としてリニューアル。 2010年10月1日、日本初のFAXを使った格安のWEB弔電サービス「わたっくす」を開始。 作の『 激動篇』(第二部)及び『親鸞 完結篇』(第三部)を連載。 ただし『親鸞』(第一部)は掲載されなかった。 なお同作は、競合紙のでは三部ともに連載。 シンボルマークは、のデザインである。 と共同で、とのニュースを発信する「 フクナワ」を運用している。 脚注 [ ]• 新聞情報. 2019年5月18日• 読売新聞広告局. 2020年5月3日閲覧。 『八十年を歩む -創刊から現代まで-』(1973年8月5日、北國新聞創刊80周年記念編集委員会発行)内『戦災の福井新聞を救援』より。 協定を初めて運用したのはので、嶺南の各地域が対象となった。 日本新聞協会 2018年2月6日. 2018年10月7日閲覧。 日本新聞協会 2013年10月1日. 2018年10月7日閲覧。 日本新聞協会 2016年2月15日. 2018年10月7日閲覧。 日本新聞協会 2016年2月15日. 2018年10月7日閲覧。 2016年4月1日. 2020年5月3日閲覧。 プレスリリース , 東芝インフラシステムズ, 2019年11月5日 , 2020年5月3日閲覧。 2019年11月6日. 2020年5月3日閲覧。 2019年11月9日. 2020年5月3日閲覧。 関連項目 [ ]• - の企画。 福井新聞では2020年に北陸地方(北陸3県)の地方紙としては初めてパートナー参加している。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 fukuinpmedia -• - 1加盟局が運営・出資する(CSチャンネル) 2旧TBSは2009年に現TBSに放送免許を譲渡。 3旧CBCは2014年に現CBCに放送免許を譲渡。 4OTV大阪テレビ放送は後にABCに吸収。 OTV閉局当時はJNNが未発足であったが便宜的に記述。 5旧RKBは2016年に現RKBに放送免許を譲渡。 6旧MBSは2017年に現MBSに放送免許を譲渡。 7旧RSKは2019年に現RSKに放送免許を譲渡。 8母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。 9JNN系列局はないが、友好関係がある新聞社(過去に系列局を置く計画があったが、断念した)。 10などが加盟するラジオネットワーク。 11旧称・TBSカンガルー災害募金。

次の

地域

福井 新聞

新型コロナウイルス感染拡大の中、物流を支える長距離トラックの運転手。 県境をまたいで移動することから、いわれなき差別を受けるケースも福井県外ではみられる。 県内ドライバーも差別や中傷を恐れながらも業務に当たり、業界団体では「物流が止まれば経済が止まる。 荷物が届かないと困るのは誰か、考えてほしい」と訴えている。 「トラック運転手がコロナウイルスを運んでいるのではないか、などと言われる。 みんな気を付けているし、感染なんかしたくない」。 福井市の長距離運転手の男性(38)は、語気を強める。 県外では4月、トラックドライバーの家族が、学校から子どもの自宅待機を求められるなど深刻な差別を受けるケースもある。 男性運転手は、北は青森、南は鹿児島と全国を走ってきた。 「常に手袋とマスクを着けているが(感染者が多い)東京など関東方面に行くのは怖い」と話す。 いつも食事に立ち寄る高速道のパーキングエリアは、トイレを使うだけにした。 乗車前にコンビニ弁当などを買い込み車内で食べる。 「帰宅したら玄関で裸になって、全身アルコール消毒してから風呂に入る。 洗濯物も家族とは別」。 それでも、幼い娘が風邪をひいた時は「自分がコロナに感染し、うつしたのではないかと怖かった」と振り返る。 県トラック協会は「緊急事態宣言下においても物流・輸送サービスは事業の継続を要請されている」とし、感染防止マニュアルを加盟企業に示し、対策の徹底を呼び掛けている。 一方、県外で発生した差別事例にも神経をとがらせる。 担当者は「物流が止まればガソリンも食品も手に入らなくなる。 医療関係者同様に、トラック運転手も頑張っていることを知ってほしい」と訴える。

次の