仏壇 鳴らす。 仏壇の鐘の鳴らし方!いつ何回鳴らす?作法や手入れまで解説!!

仏壇の鐘はいつ鳴らせばいいの?

仏壇 鳴らす

お仏壇にあげるお線香の本数は何本? お仏壇にお線香をあげる時、毎回「何本?」と気になる人は案外多いんですよね。 一般的な決まりがあるものなのか、どうなのか・・・ そんなお線香本数についてお伝えします。 四十九日まで 四十九日までは、お線香をあげる本数は 1本です。 お線香が2本では道が二筋に分かれてしまい、亡くなった方がどちらに行ったら良いのか道に迷うとされているからです。 お線香が亡くなった人を天国に導く道しるべとしの役目をしているんですね。 四十九日を過ぎると 四十九日を過ぎると、亡くなった方は最後の修行を終え天国へ旅立たれるのでもう道しるべの必要はありません。 なのでお線香も本数に制限はなくなります。 一般的にお参りの際のお線香の本数は 1本~3本です。 制限はなくなると言っても、実際のところ、お線香の本数は正式には各宗派で異なり地域によっても違いがあるようです。 天台宗・真言宗 お線香の本数は、 3本とされています。 これは 「三宝」という、仏様、法の教え、僧、のすべてを大切にご供養するという考えによるものです。 「仏法僧の三宝」とは 仏 = 仏様 法 = その宗派 僧 = 仏様をあの世へと導いてくれたお寺の住職様 3本のお線香は 自分から見て逆三角形になるようあげます。 香炉の手前に1本、奥に2本です。 浄土宗・曹洞宗・臨済宗・日蓮宗 お線香の本数は 1本とされています。 お線香を立てるのは、むかし僧侶が修行する際にお線香を立て、1本が燃え尽きる間を目安として時間を計ったことに由来するともいわれています。 香炉の中央に1本立ててお供えします。 浄土真宗 お線香の本数は 1本ですが香炉の立てません。 1本のお線香を 香炉の幅に合わせて折り、煙の出ている側を 自分から見て左になるように寝かせてお供えします。 作法について心配なとき 私は以前テレビで 「仏法僧の三宝」というのを聞き妙に納得しました。 それからは、お線香をあげるときには迷うことなく常に3本立てていたのですが、実家で父の法事があった時にお線香を3本立てていたらお寺のご住職から、「線香は1本でいい。 」と言われました。 その時、詳しい説明はしていただけませんでしたが、 宗派によって違うという事だったのです。 ちなみに宗派は「臨済宗」確かに1本ですね。 しかし、私の嫁ぎ先のお世話になっているお寺のご住職からは、「 お線香は好きな本数を上げていいですよ。 肝心なのは供養するという気持ちです。 」とお聞きしました。 その時、「本来お線香は煙ではなく良い香りを供えるものだから、 本数を気にするより良い香のお線香を供えてあげるのがいいですね。 」と教えていただきました。 このように、お線香の本数やあげ方は、 「これが絶対に正しい」と言い切れるお作法は「ない」というのが実際のところかもしれません。 お線香の作法について心配なときは、お世話になっている 菩提寺のご住職にお聞きしてみるのが一番よいでしょう。 ただ、他の家に訪問しお線香をあげる時などは、そこの家の宗派はわかりませんよね。 分からない場合には、 いつも自分がしている方法でお線香をあげても失礼にはならないとのことです。 「合成香料」のお線香は喉を傷める可能性があるので、室内で使用するのは控えた方がいいですね。 主人はこの「合成香料」のお線香で実際に喉を傷め咳が止まらなくなった経験があります。 お仏壇にお線香をあげる時に鐘(リン)をならす回数は? 合掌のみでOKです。 「えっ?」と驚かれる方が多いかもしれませんが、 鐘(リン)は鳴らさなくていいそうです。 私は、神社の鈴のように「自分が来たことを知らせるために鳴らす。 」という風に勘違いしていました。 仏様はこちらを見ているので、仏様に対して合図のために鐘を鳴らす必要ないそうです。 鐘は読経をする時に使う道具なので、お勤めをしない時はあえて鳴らす必要のないもだったのですね。 鐘は、自分以外の人に読経の始まりの合図として鳴らし、また読経のスピードを知らせるために鳴らすのです。 1人の時でも、読経の時には作法として鐘は鳴らすそうですよ。 鐘のことも私の嫁ぎ先のお世話になっているご住職に聞いてみました。 「1回でも2回でも 心を込めて鳴らすのであれば今まで通りで大丈夫です。 」 「 大事なのは、ご先祖様や故人のことを思うことですから。 」と教えていただきました。 鐘はあえてならすことはないけれど、 心を込めて鳴らすのならば、1回でも2回でも3回でもいいようです。 お墓参りの際のお線香は何本あげる? お墓参りには、墓前用として1束ごとになって販売されているお線香を使用する方が多いのではないでしょうか。 1人何本という決まりはありません。 1束そのまま火をつけてお墓参りでお線香をあげる時は、1束供えれば良いのです。 家族や複数人で行った場合などは1人1人供えなくても 代表者が供えれば良いとのことです。 また、 1人や少人数でお墓にお参りの行く場合、お線香は 適当な本数を家から持参してお墓にあげるのでもまったく問題ありませんよ。 まとめ お線香の本数はあげる方法は各宗派でそれぞれ異なっています。 しかし共通する点は、先祖様、仏様、故人を供養する気持ちです。 その気持ちがあれば、お線香の本数が何本でもをならす回数が何回でも、それは問題にはならないのです。 仏様はいつもこちらを見ていてくれているようですよ。

次の

仏壇にあげるお線香の本数と鐘を鳴らす回数 お墓参りには何本? | 知恵の焦点

仏壇 鳴らす

仏壇の線香の作法 お線香は、 「自分の身とその場を清める」意味と 「仏様に良い香りを供養する」意味があります。 お線香は自分の身とその場を清める 元来、インドでは 高貴な人と接する際は、「お香」を焚くという礼儀がありました。 そのため、高貴な方「仏様」を前にした際にお線香を焚くことは当たり前のこととされていたのです。 お線香は仏様に良い香りを供養する 昔から仏様は 「香り」を召し上がると言われています。 そのため、 「どうぞ良い香りを召し上がってください。 」という気持ちを込めてお線香をお供えします。 また、浄土真宗は線香を立てずに、適当な長さに折って火をつけ、香炉に寝かせます。 浄土宗 ・線香の本数:1~3本 ・線香の立て方:香炉の真ん中に立てる。 複数の場合もまとめて真ん中に立てる。• 浄土真宗 ・線香の本数:1本 ・線香の立て方:1本を2~3本に折り横に寝かせておく• 禅宗(曹洞宗) ・線香の本数:1~3本 ・線香の立て方:香炉の真ん中に立てる。 複数の場合もまとめて真ん中に立てる。• 日蓮宗 ・線香の本数:1本 ・線香の立て方:香炉の真ん中に立てる• 臨済宗 ・線香の本数:1本 ・線香の立て方:香炉の真ん中に立てる 仏壇の線香のあげ方!線香を折るのは正解? 「お線香」は、1本立てればよいのですが、上記のように宗派によって本数が異なります。 ですので、 線香を折る場合もあるのです。

次の

仏壇でお参りする時「おりん」は鳴らさなくていい!!(浄土真宗編)

仏壇 鳴らす

木魚は楠材などを原料に作られた梵音具です。 直径5センチほどの小さなものから、1メートル以上の大きなものまであり、大きさ・色などに決まりはありません。 使用目的は、読経の際に打ち鳴らしてリズムを取り、複数人で意識を集中させてお経を唱えるために用いられます。 内部が空洞に彫られ、閉口部が狭くなっている形状からは、木魚独特の「ポクポク」という軽い音が聞こえます。 あの音には精神を落ち着かせ、集中させる効果もあるようです。 仏壇店では大抵木魚の下に敷く台と、「バイ」と呼ばれるバチがセットになって販売されています。 木魚の歴史 木魚の歴史はその名前にあるように、もともとは黄檗宗の本山である「黄檗山萬福寺」で今も見られるような「魚板」が原型といわれています。 魚を象った理由は、「眠っていても目がとじない魚のように、寝る間を惜しんで修行に励みなさい」という教えに基づいて生まれた説が最も有力です。 室町時代より木魚ほか梵音具の存在は明らかにされていますが、本格的に木魚を使用したのは黄檗宗の開祖である隠元隆琦とされており、その後各宗派で取り入れられ、現在の形として確立したのは明治時代になってからといわれています。 木魚職人 木魚の国内生産地は愛知県が日本一を誇りますが、現在、日本国内で木魚を手作りしているのは一宮市とその周辺のみで、安価な中国産や機械化生産に押され、高齢と後継者不足も相まって、国内の手作り製造元は数軒のみ、と年々職人が減少しています。 木魚の製造工程は「木取り」からはじまり、「整形」、内部を特殊なノミでくり抜く「中彫り」、「乾燥」、「彫刻」、「研磨」、最終的に音を微調整する「音付け」の8つに大きく分かれており、自然乾燥の工程だけでも1~3年の歳月が必要とされています。 長くは15年間の時間をかけて完成する木魚もあるそうです。 手造りの木魚は音の美しさはもちろん、龍や魚、鯱、ヘビなどをモチーフにしたさまざまな彫刻も素晴らしい職人技の一つです。 宗派による梵音具 木鉦 日蓮宗で使用する梵音具です。 木魚よりも高い音が鳴り、形状も異なります。 日蓮宗では元来木魚を使用していましたが、日蓮宗独自の早いリズムの読経を唱える際に、相性がよい木鉦をよく用いるようになったようです。 日蓮宗ではすべて木鉦を使うのではなく、一般的にはご祈祷などの早いリズムの読経時には木鉦を、通常の読経は木魚をそれぞれ使い分けています。 バイとふとん 木魚は単体で販売されているのではなく、木魚をたたくバチ「バイ」と木魚を置く台である「ふとん」と合わせて3点セットで売られていることがほとんどです。 木魚の購入を検討されている際は、なるべく大きめのふとんを選び、たたく際にふとんから木魚がずれ落ちないかどうか確認しておくとよいでしょう。 木魚に用いられる木材 ほかの仏具同様に、中国から伝来した木魚は唐木素材のものが多いのですが、国産木材で製造された木魚も見ることができます。 仏壇・仏具・仏壇店を日本全国5,000店舗以上から掲載している「いい仏壇」です。 お仏壇は、亡くなられたご家族やご先祖様を供養したり、ご本尊様に手を合わせたりといった、心の拠り所となる大切なものです。 一生に何度も買うものではありません。 そのため、「どのようにして選んだら良いかわからない」という声をよく聞きます。 そのような皆様の不安を払拭するべく、鎌倉新書では、専門書籍の発行で培ってきた知識と経験、皆様の口コミにより、お仏壇・仏壇店の良い選び方、信頼できる仏壇店のご紹介、仏壇や仏具の情報をご提供をさせていただいております。 より多くの方に納得のいくお仏壇選びをしていただくこと、それが私どもの望みです。 また、各仏壇店のクーポンも発行しています。

次の