この アプリ は 保護 の ため に ブロック され まし た。 「WindowsによってPCが保護されました」を解除する方法

管理者権限を持つアカウントがsva.wistron.comを実行出来ない

この アプリ は 保護 の ため に ブロック され まし た

この記事の目次• プログラム実行時に発生するエラーメッセージ PCをリカバリしてプリインストールアプリを再インストールするのにインストールプログラムを実行したら以下のようなメッセージが表示されて実行できませんでした。 このアプリは保護のためにブロックされました。 このアプリの実行は管理者によってブロックされています。 詳細については、管理者に問い合わせてください。 管理者…私なんですけど。 ちなみに実行したいプログラムを右クリックして[管理者として実行]をクリックしても同様にメッセージが表示されて実行できません。 実行できないアプリを実行する方法 実行できないプログラムを実行す方法はいたって簡単です。 コマンドプロンプトを管理者として実行で起動して実行したいプログラムをフルパスで指定するだけです。 以下その手順を記載します。 [スタート]メニューから[Windows システムツール]をクリックします。 コマンドプロンプトが起動するので実行したプログラムのファイルをフルパスで指定して[Enter]キーを押す。 なぜか管理者として実行したコマンドプロンプトからだと実行できる。 原因は不明です。 ブログ内検索 カテゴリー• 1 タグクラウド.

次の

Windows Windows 10の「このアプリは保護のためにブロックされています」

この アプリ は 保護 の ため に ブロック され まし た

このアプリは保護のためにブロックされました 原因 Windows 10には「UAC、User Access Control、システム保護」という機能があり、例えadministrators でも操作が禁止される場合がある。 対処 対処は色々ある。 一番簡単な対処はコマンドプロンプトを管理者権限で開き、コマンドプロンプトからツールを実行する。 この管理者権限で開いたコマンドプロンプトから実行するプログラムは同じく管理者権限で実行される。 例えばデバイスマネージャなら、lこのコマンドプロンプトより以下のコマンドを実行します。 devmgmt. msc 参考:その他コマンドプロンプトより実行可能な管理ツール アクションセンター wscui. cpl イベントビューア eventvwr 印刷の管理 printmanagement. msc インターネットエクスプローラ iexplore インターネットオプション inetcpl. cpl Windows トラブルシューティング control. Troubleshooting Windows Update wuapp エクスプローラ explorer 共有フォルダ fsmgmt. msc グループポリシエディタ gpedit. msc コントロールパネル control コンピュータの管理 compmgmt. msc サービスの管理 services. msc システム コントロールパネル内 control. exe system システム情報 msinfo32 システムの復元 rstrui 証明書の管理 certmgr. msc タスクスケジューラ taskschd. msc タスクマネージャ taskmgr. exe ディスクデフラグ dfrgui ディスクの管理 diskmgmt. msc ディスクのクリーンアップ cleanmgr デバイスマネージャ devmgmt. msc TPMの管理 tpm. msc ファイアウォール WF. msc パフォーマンス モニタ perfmon プログラム appwiz. cpl ペイントブラシ mspaint ポリシーの結果セット rsop. msc UAC User Access Control の設定 UserAccountControlSettings. exe リソースモニタ resmon. exe リモートアシスタント msra. exe リモートデスクトップクライアント mstsc レジストリエディタ regedt32 ローカルセキュリティポリシ secpol. msc ローカルユーザとグループ lusrmgr. msc キーワード:UAC (ご注意事項 本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。 本ページには誤りがある可能性はあります。 また今後仕様が変更となる可能性があります。 本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。 あくまでも自己責任で参考にしてください。

次の

【Windows10】『WindowsによってPCが保護されました』と表示された時の対処方法

この アプリ は 保護 の ため に ブロック され まし た

久しぶりの更新です。 Windows10でPowerDVDインストール時に、ユーザーアカウント制御、このアプリは保護のためにブ ロックされました。 とでました。 ユーザーアカウント制御とでましたので、コントロールパネルからユーザーアカウントを選択し、 ユーザーアカウント制御を無しにしまして、再起動後インストールを試みましたが駄目。 ちなみに、もう一つのWindows10は普通にPowerDVDをインストールすることが可能でした。 じゃ何故? 久しぶりの更新です。 Windows10でPowerDVDインストール時に、ユーザーアカウント制御、このアプリは保護のためにブ ロックされました。 とでました。 ユーザーアカウント制御とでましたので、コントロールパネルからユーザーアカウントを選択し、 ユーザーアカウント制御を無しにしまして、再起動後インストールを試みましたが駄目。 ちなみに、もう一つのWindows10は普通にPowerDVDをインストールすることが可能でした。 じゃ何故? ちょっと整理 ・PowerDVDインストール不可のOS Windows10Enterprise (Windows7Enterpriseからのアップグレード) ・PowerDVDインストール可能のOS Windows10Pro (クリーンインストールつまり 新規インストール) アップグレードというのは個人的には、好きではありません。 とういうもの不具合が出やすい からです。 私がOSをインストールするときは、ほぼクリーンインストールにしてます。 クリーンインストールとアップグレードのメリットとデメリットを軽く列挙。 アップグレード メリット ・デスクトップ上からOSをインストールすることができる。 ・以前の設定やアプリ、ファイルは消えない。 (絶対ではないので予めバックアップを取るのが基本) ・また一から、ドライバのインストールや設定を施す必要がない。 デメリット ・クリーンインストール(新規インストール)以上に時間がかかる(PCの性能による) ・以前のOSで使えていたアプリが使えない可能性がある。 ・元々Windowsに標準であるソフトがアップグレードすることによってなくなる可能性がある。 (代替ソフト探す必要がある。 ) 2. クリーンインストール メリット ・アップグレードにありがちなWindowsの不具合がでない。 ・PCのレスポンスが非常に良くなる。 (使っていくうちに重くはなってくるが。。。 ) ・アップグレードに比べOSのインストールは早く終る。 (PCの性能による) ・今まで原因不明の不具合が解決する。 デメリット ・OSのインストール時に一旦起動順序をBIOSもしくはUEFIから変更する必要がある。 ・OSのインストール時に若干の知識が必要。 ・以前の設定やアプリ、ファイルは消える。 (厳密にいうと、Cドライブ直下に Windows. oldというフォルダの中に以前のOSのファイルが入っている。 但しこれを当てにしては いけないので予めファイルのバックアップは必要。 ) ・また一から、ドライバのインストールや設定を施す必要あり。 では、肝心のPowerDVDはどうやってインストールするべきか。 ちょっと今までの経験を駆使して 頑張ってみました。 まず、既存のユーザーアカウントではインストールできない。 (ちなみに管理者アカウント) ユーザーアカウント制御をなしにしても駄目ということは、残るはそうあのアカウント。 Administratorしかありません。 ただこのアカウント通常無効になってます。 (Windows Vista以降) じゃどうすれば? 有効にすればよいわけですよ。 ここから若干エディションによってやり方が違いますが、簡単に説明。 ・Windows10Pro以上の場合 ローカルセキュリティー・ポリシーというのがあります。 (このコマンドはWindows10Pro以上でも可能。 ) あとは、administratorでWindowsに入れなおせばOK。 PowerDVDを普通にインストールすることができました。 やはりアップグレードすると、何かと不具合がでるので個人的に好きではありませんね。 近々Windows10をクリーンインストールし直そうか考え中。

次の