ニューヨーク先物。 SQの日程(米国・アメリカのNYダウ先物やS&P500オプションなどの解説含む)|株式マーケットデータ

株価指数先物

ニューヨーク先物

9時間 夏時は10 を引くと日本時間になります。 一時間足すと日本時間になります。 「ミニ」の1枚当たりの証拠金は10分の1です。 CMEとはChicago Mercantile Exchangeの略称で、シカゴ商業 マーカンタイル 取引所のことです。 世界最大の先物取引所で、金利、株価指数、外国為替、農業品の先物と先物オプションの取引を扱っています。 SGXとはSingapore Exchangeの略で、シンガポール取引所のことです。 アジア各国の金融先物およびオプションも多数上場されいます。 その中でも特にCME日経先物価格は翌日の日経平均に大きな影響を及ぼします。 日経平均の寄り付きは、大抵がCMEの終値に近い金額で取引が開始されます。 様々な経済的要素を考慮した日経平均の予想がCMEの終値ということですから、当然といえば当然かもしれません。 CMEの価格は日本市場全体に影響することも多いので、日経平均銘柄の売買を行う方だけではなく株式売買を行う方は注意深くCMEの動向はチェックをする必要があります。 リンクフリーです。 他サイトへのリンクは全て新しいウィンドウで開きます。

次の

ニューヨークと東京の金価格:リアルタイムデータをチェック

ニューヨーク先物

「 ニューヨークシティ」はこの項目へされています。 のについては「」をご覧ください。 ニューヨーク市 City of New York 上から時計回りに: 、、、、、、 市旗 市章 : 「」、「」、眠らない町、世界の首都、エンパイア・シティ 位置 ニューヨーク市の位置(ニューヨーク州) : 歴史 定住開始 行政 () ブロンクス郡() ニューヨーク郡() キングス郡() クイーンズ郡() リッチモンド郡() 市 ニューヨーク市 (民主党) 地理 市域 1,214. 4 陸上 789. 4 km 2 水面 428. 8 km 2 水面面積比率 35. 以来、同国最大の都市であり 、市域人口は800万人を超え、都市圏人口では定義にもよるが2,000万人以上である。 の市内総生産は6,625億ドルであり、全米最大。 とともに最高水準の 、であり 、の本部所在地でもあり、世界の政治、経済、文化、ファッション、エンターテインメントなどに多大な影響を及ぼしている。 漢字のは「紐育市」「紐約市」など。 ニューヨーク中心部 ニューヨーク市はアメリカ合衆国北東部の大西洋に面し、巨大なを持つ。 市は、、、、という5つの(バロウ、ボロウ)に分けられる。 2010年の国勢調査における市域人口は817万5,133人を数え 、陸地面積は790km 2 、人口密度はアメリカ国内の主要都市の中で2位である。 ニューヨーク都市圏の人口もまた国内最大であり、対岸のや、本土側のや、およびなどを含む都市圏は1,889万7,109人、の、、やニュージャージー州の州都、内陸のポキプシーなどを含む広域都市圏は2,208万5,649人(いずれも2010年国勢調査)の人口を抱えている。 アメリカ合衆国の都市の中ではが際立って多く利用されており、多くの交通機関が24時間運行している。 また人口密度の高さと、その多様性も著しい。 ニューヨークは「眠らない街」とも呼ばれ 、そのほかにも「」 「」 といったニックネームがある。 ニューヨークは1624年にの手によって交易場として築かれた町である。 この入植地は1664年までと呼ばれていたが、同年イギリス人の支配が始まって現在の名称になった。 1785年から1790年まではアメリカ合衆国の首都としての役割を担った。 市内には世界的に知られた地区やランドマークが数多くある。 は、19世紀末から20世紀初めにかけて、アメリカへ渡ってきた何百万人ものを出迎えていた。 のは以来金融の国際的中心地であり、が置かれている。 やなども多く建ち並び、もそのひとつであった。 もあり、国際政治の中心でもある。 またニューヨークでは、絵画の、や、 、 、、、、などの音楽ジャンルが生まれた。 も有名である。 アメリカのがに発表した総合的なランキングにおいて、に次ぐ世界2位の都市と評価された。 また、にの民間が発表した「世界の都市総合力ランキング」においても、ロンドンに次ぐ世界2位の都市と評価された。 一方、とのデータを使って、とのが調査をしたところ、ニューヨークは全米でもっとも不幸だと感じる都市とする結果となった。 の兄弟会社で調査業務を行っているによれば、2016年9月時点で生活費の世界ランキングで第9位と報じられ、ニューヨークの生活費が世界的に見て高いことが報じられている。 さらに、ニューヨークは世界でもっともビリオネア(資産が10億ドル以上)が多い街であり 、彼らが行う投資活動が世界経済に絶大な影響力を及ぼしている。 歴史 [ ] 1660年のロウアー・マンハッタン(右が北)。 当時、ニュー・アムステルダムの一部であった。 その当時、ここには約5,000人の族が住んでいた。 ヨーロッパ人の入植は、がにマンハッタンの南端にのために建てた植民地が始まりであり、これがのちに「」と呼ばれるようになった。 植民地の総裁が、、(デラウェア族)からマンハッタン島を60(現在の換算で1,000程度)分の物品と交換した。 現在では否定されているが、マンハッタンの代価は24ドル相当のガラスのビーズであったという伝説もある。 インディアンには「土地を売る」という文化がそもそもなかったため、この取引を彼らが理解していたかどうかは疑わしい。 以後、ボタンをかけ違えたまま、レナペ族や周辺部族と入植者は何度も領土をめぐって戦いが繰り返されているのである。 、人が町を征服し、王(ヨーク・アルバニー公)の名を取って「ニューヨーク」と名付けた。 の末、オランダは、北アメリカでイギリスによるニューアムステルダム(ニューヨーク)の支配を認める代わりに、南米のとインドネシア・の(当時はの中心地で、のニューヨークより価値のある土地であった)の支配を得た。 までに、レナペ族の人口は200人まで減少していた。 ニューヨークは、の支配の下、貿易港としての重要性を増していった。 には事件の裁判が行われ、北アメリカにおけるの確立へとつながっていった。 、国王の勅許によって、ロウアー・マンハッタンに王立大学としてが設立された。 1765年10月にはがニューヨークで開かれた。 ニューヨークでは、の間、大きな戦闘が繰り返し行われた。 にで行われたでアメリカ軍が大敗したあと、街はイギリス軍のにおける軍事的・政治的拠点となり、戦争が終わるまでイギリス軍の占領は続いた。 終戦後まもなくの会期がここで行われ、ニューヨーク市はアメリカ合衆国のとなった。 ここでが批准され、初代が就任式を迎えた。 第1回の初めての会期が開かれ、が起草された。 これらの舞台となったのは、ウォール街のであった。 には、ニューヨークはを抜いてアメリカ合衆国最大の都市へと成長していた。 、ニューヨークは移民と開発によって大きく変貌した。 によって、マンハッタン全域が格子状の通りで覆われた。 にが開通し、の港と北アメリカ内陸部の広大な農業市場とを結んだ。 この地域の政治を牛耳ったのは、アイルランド系移民に支えられた政治的であるであった。 公共精神あふれる商人階級の陳情によって、の建設が始まり、にアメリカの都市の中で最初の景観設計された公園となった。 マンハッタンやブルックリンには、大勢の自由黒人もいた。 ニューヨークではまで奴隷制が維持されていたが、、ニューヨークは北部における奴隷制廃止運動の中心地となった。 の時点で、ニューヨークの黒人人口は1万6,000人を超えていた。 1860年までにアイルランド系の人口は20万人を超え、市の人口の4分の1を占めていた。 マンハッタンのロウアー・イースト・サイド、マルベリー・ストリート(1900年ごろ) (1861年 - 1865年)の時の徴兵制に対する不満から、にが発生した。 これはアメリカ史の中で最悪の暴動のひとつとなった。 、ブルックリン(当時であった)と、ニューヨーク郡(ブロンクスの一部を含んでいた)、リッチモンド郡、そしてクイーンズ郡西部が合併して、現在のニューヨーク市が形成された。 にはが開通し、新しい市の統合に役立った。 後半、ニューヨーク市は世界の産業、商業、情報の中心地となった。 しかし、その陰では犠牲もあった。 1904年、蒸気船号がで火災に遭い、乗っていた1,021人が死亡した。 に起きたの火事は、ニューヨーク市で最悪の産業災害で、146人の衣類製造工場労働者が死亡し、国際女性衣類労働組合の成長を促すとともに、工場の安全基準の大幅な改善につながった。 から見た(1932年) 、ニューヨーク市はでから来たにとっての主要な行き先となった。 1916年までに、ニューヨーク市に住むアフリカ系都市移住者は北アメリカで最多となった。 時代にはが栄え、それと同じころ急激な経済成長にともないが競うように建てられ、街の風景は大きく変わった。 1920年代初頭、ニューヨーク市はを抜いて、世界で最大の人口を擁する都市となった。 またニューヨーク都市圏の人口は、初頭に1,000万人を超え、人類史上最初のとなった。 の時代には、改革派の(Fiorello LaGuardia)が市長に選出され、市政を牛耳ってきた利権団体は80年に及ぶ政治的支配を失った。 からの兵士の復員によって、戦後経済の勃興が始まり、クイーンズ東部で広大な住宅地域の開発が進んだ。 ニューヨークは戦争の傷跡を見せずに、世界の一流都市へと成長した。 は、アメリカを世界経済の覇者へと押し上げ、(完成)の設置はニューヨークの政治的影響力を知らしめた。 ニューヨークで生まれたは、この街をに代わる世界のの中心地へと変えた。 11テロの前のロウアー・マンハッタン(2001年8月) 、ニューヨークは経済的停滞、犯罪率の上昇、人種間対立の高まりに苦しみ、にピークを迎えた。 は、の盛り返しによって市の財政は改善を見せた。 までに人種間対立も緩和し、犯罪率は劇的に下落した。 そしてとからの新しい移民の波が訪れた。 のような新しい産業部門も興り、ニューヨークの人口はので史上最高に達した。 ニューヨークは、のの現場となった。 の倒壊で、3,000人近くの人が命を落とした。 新しい(旧称フリーダム・タワー)、記念館、その他3つのオフィスタワーが跡地に建設されることになっている。 もっとも高層の1 ワールドトレードセンターは2014年に開業した。 12月19日、建物の基礎に最初の鉄骨が据えつけられた。 その他3つのオフィスタワーは、沿いに建設が予定されており、現在建設中のワールドトレードセンター記念館を取り囲むことになる。 この地区には、記念博物館も建てられる予定である。 自然 [ ] 地勢 [ ] ニューヨーク都市圏の中心部を写した衛星写真。 ここに写った地域に1,000万人以上が暮らす。 ニューヨーク市は、、の南東部に位置し、とのおよそ中間にある。 の河口に当たる。 ハドソン川は、天然の港に流れ込み、さらにへつながっており、街のとしての発展に貢献してきた。 ニューヨークの大部分は、、、という3つの島の上にあるため、陸地面積が狭く、人口密度が高い原因となっている。 ハドソン川は、ハドソン渓谷 を通ってに流れ込み、河口はニューヨーク市との間のとなっている。 またハドソン川によってとニューヨーク市が隔てられている。 (実際には海峡)はから流れ、ブロンクスおよびマンハッタンと、ロングアイランドとを隔てている。 (実際にはイースト川とハドソン川をつなぐ海峡)は本土の一部であるブロンクスと、マンハッタンとを隔てている。 市の地形にはかなり人の手が加わっている。 オランダ植民地時代から、川岸に沿って大規模なが進められたためである。 埋め立てがもっとも進んだのはであり、1970年代から1980年代にかけての開発が行われた。 自然の地勢は、特にマンハッタンにおいては平坦にならされた。 マンハッタンはもとは丘の多い地形で、非常にしっかりとした岩盤()が地下にあるため、超高層ビルの建設に適した地形である。 市の総面積は1,214km 2、うち水面面積は425km 2、陸地面積は789km 2である。 標高がもっとも高いのはスタテンアイランドのTodt Hillの124. 9メートルであり、これは以南のの中で最高地点である。 その頂上付近は、 (: )の一部をなし、ほとんど森林に覆われている。 気候 [ ] によれば、ニューヨーク市の気候は(Cfa)である。 日照のある日(晴れまたは一時曇り)は年平均234日ある。 冬は寒く、陸から海へ吹くにより、大西洋の影響は限定されているが、それでも大西洋の存在により内陸北アメリカの同緯度の都市(、、など)に比べれば温暖になっている。 春と秋の気候は変わりやすく、肌寒い日から暑い日まであるが、おおむね湿度は低く、快適である。 年平均降水量は1,180ミリで、季節による降水量のばらつきは少ない。 年平均積雪量(積雪の深さ累計)は71センチであり 、それほど多くはないが、年によってはと呼ばれる爆弾低気圧により積雪50センチを超えるような大雪となることもある。 ハリケーンや熱帯低気圧は少ないが、まったくないわけではない。 ニューヨークの気象観測露場は緑豊かな内の付近に置かれており、の影響は比較的少ない。 9 39 5. 8 42. 4 10. 3 50. 5 16. 7 62. 1 22. 0 71. 6 26. 7 80. 1 29. 4 84. 9 28. 6 83. 5 24. 4 75. 9 18. 1 64. 6 12. 6 54. 7 6. 6 43. 9 17. 09 62. 8 26. 7 28. 9 1. 8 35. 2 7. 1 44. 8 12. 2 54. 0 17. 6 63. 6 20. 5 68. 9 19. 9 67. 9 16 60. 8 10 50. 0 5. 3 41. 6 0 32. 0 8. 82 47. 7 3. 65 78. 5 3. 09 110. 7 4. 36 114 4. 49 106. 4 4. 19 112 4. 41 116. 8 4. 60 112. 8 4. 44 108. 7 4. 28 111. 8 4. 40 102. 1 4. 02 101. 6 4. 00 1,268. 1 49. 93 cm inch 20. 3 8. 0 23. 9 9. 4 9. 4 3. 7 1. 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 8 0. 3 12. 2 4. 8 68. 1 26. 01 in 10. 4 9. 2 10. 9 11. 5 11. 1 11. 2 10. 4 9. 5 8. 7 8. 9 9. 6 10. 1 in 4. 1 2. 9 1. 3 0 0 0 0 0 0 0. 2 2. 3 11. 6 平均月間 162. 7 163. 1 212. 5 225. 6 256. 6 257. 3 268. 2 268. 2 219. 3 211. 2 151. 0 139. 0 2,534. 7 出典: NOAA 環境 [ ] ニューヨーク市でのの利用率はアメリカ合衆国国内で最高であり、消費は、1920年代の全国平均と同じレベルである。 公共交通機関の利用によって、2006年において66億リットルの石油が節約されており、ニューヨークの節約量は全国の公共交通機関による節約量の半分を占める。 人口密度の高さ、自動車利用率の低さ、公共交通機関の利用率の高さにより、ニューヨークはアメリカの中でもっともエネルギー効率の高い都市のひとつとなっている。 の排出量は、全国平均が1人当たり24. 5であるのに対し、ニューヨーク市は1人当たり7. 1トンである。 ニューヨーク市民全体では、国の人口の2. ニューヨーク市民の平均電気消費量は、市民の半分以下、市民の4分の1近くである。 近年、ニューヨーク市は環境への負荷を減らすことに重点を置いている。 環境汚染のため、市民の間ではその他の呼吸器系の疾患の発生率が高くなっている。 は、市の事務所および公共施設においてもっともエネルギー効率の高い設備を購入することが義務づけられている。 また、クリーンなやの数は国内で最大であり、国内初のハイブリッドのも走っている。 ニューヨーク市は、に対して温室効果ガスを汚染物質として規制するよう命じたのマサチューセッツ州対合衆国環境保護庁事件において、申立人の一員となっていた。 また、ニューヨーク市は、エネルギー効率の高いの分野でも、の建築に見られるように、先進的な立場に立っている。 ニューヨーク市の飲料水は、の集水域からなどのトンネルを経て供給されている。 集水域の清浄さと、天然の水濾過により、プラントによる飲み水の浄化を必要とせず、そのような都市はニューヨーク市を含めアメリカ国内に4つしかない。 街並み [ ] ブルックリン、のロウハウス(長屋建住宅) ニューヨークには、さまざまな様式の、建築的に優れた建物が数々ある。 1913年に建てられたは、初期のによる高層ビルであり、大ぶりに設計されたゴシック様式の装飾は、200メートル近く下の路上からも読み取ることができる。 1916年のゾーニング条例により、街路に日光が届くよう、新しく建てられる建物にはが必要とされ、敷地面積に対する高さの比率が制限された。 1930年のは、調のデザインで、上部が上に向かって細くなっており、スチール製の尖塔が立っているが、ゾーニング条例の要件を反映したものである。 61階目の角にある鷲の頭のレプリカや、尖塔の下にあるV字型の照明など見事な装飾から、多くの歴史家や建築家から、ニューヨークのもっとも優れた建築であると評価されている。 アメリカにおける建築の例として、大きな影響を与えたのが、1957年のであり、前面には、建物の構造を表すブロンズ材のIビーム(I字梁)が外部から見えるようになっている。 2000年のは、アメリカの超高層ビルの中ではの重要な一例である。 都心の建物が高層化するにつれ、水圧を確保するために屋上に(高置水槽)を設置するようになった。 現代でも耐久性、難腐敗性に優れたで作られた伝統的な高置水槽を載せたが1万基以上設置されている。 ニューヨークの大規模住宅地は、エレガントな褐色砂岩の、、そして1870年から1930年にかけての急開発期に建てられた粗末なと境界が分けられることが多い。 1835年のニューヨーク大火後、木造建築の建設が制限されるようになってからは、おもに石とレンガが建築材として選ばれるようになった。 何世紀にもわたって町自身の石灰岩の地盤から建築材を得ていたパリとは異なり、ニューヨークはいつも広範囲の採石場から建築材を運び入れており、その石造建造物は多様な石理や色相を示している。 市の建造物の多くに見られる特徴は、屋根の上に木造のがあることである。 1800年代のニューヨークでは、6階より高い建物には給水塔を設置しないと、低い階で過度に高い水圧をかけなければならず、そうなると市の水道管に破裂の危険性があったのである。 1920年代には、中心部から離れた地域で、が盛んになった。 地下鉄の伸張でアクセスしやすくなった、クイーンズ区のジャクソン・ハイツもそのひとつである。 公園 [ ] は、アメリカ合衆国の中でもっとも来訪者の多い都市公園である ニューヨーク市には、110km 2以上の市営の公園と、23キロの公共の砂浜がある。 これに加えて、の一部で市域内に入っている、何km 2にも及ぶがある。 ジャマイカ湾野生生物保護区は、国立公園の中で唯一の野生生物保護区であるが、36km 2以上の湿地島と水域からなり、のほとんどを占めている。 マンハッタンのは、とによって設計され、毎年3,000万人が訪れ、アメリカでもっとも来訪者の多い都市公園である。 セントラル・パークの大部分は天然のものに見えるが、実は、ほとんどすべて造園されたものである。 天然に見えるいくつかの・、長大なウォーキング・コース、乗馬道、2つの・リンク(うちひとつは7月、8月はスイミング・プールとなる)、セントラル・パーク温室園、野生生物保護区、広大な自然林、43ヘクタールに及び37億リットルの水を貯めている貯水池とそれを取り囲むランニング・トラック、デラコート・シアターと呼ばれ「シェークスピア・イン・ザ・パーク」夏の祭典が行われる野外劇場がある。 屋内施設には、ベルベディア・キャッスルと自然センター、スエディッシュ・コテージ・マリオネット・シアター、歴史のあるメリーゴーラウンドがある。 そのほか、大小多数の草地があり、その一部はスポーツで使われたり、静穏区域として区画されたりしており、囲いつきの子どもの遊び場もいくつもある。 セントラル・パークには固有の野生生物がおり、特に春・秋にはのオアシスとなっている。 バード・ウォッチャーたちも多く集まっており、常時200種の鳥が見られる。 公園内の10キロにわたる道路は、特に自動車の通行が禁止される週末と午後7時以降、、、インライン・スケートなどに使われている。 ブルックリンのも、オルムステッドとヴォークスによって設計されたものである。 36万m 2の草地が広がる。 クイーンズ区のは市で3番目に大きい公園で、およびの会場となった。 ブロンクスの5分の1以上、28km 2は公共スペースと公園に当てられており、ヴァン・コートランド・パーク、ペルハム・ベイ・パーク、、がある。 マンハッタンにはセントラル・パークおよび複数の小規模の緑化地区・公園があるが、商業エリアの再開発などで公共用途の土地確保が困難な地区である。 最近の例では、かつての高架鉄道(すなわち、空中にある構築物)の跡地を緑化し公園として整備した など、地表面の土地を利用しない公園整備の事例がある。 行政区 [ ] ニューヨーク市は、5つの(borough)からなるが、アメリカでは珍しい政治形態である。 各行政区は、の各(カウンティ)の領域と一致する。 そして、各行政区には、何百もの地区(ネイバーフッド)があり、それぞれ独自の歴史や地域色を持つ。 もし各行政区が独立都市であったとすれば、うち4つ(ブルックリン、クイーンズ、マンハッタン、ブロンクス)はアメリカ国内でもっとも人口の多い都市10位以内に入ることになる。 (ニューヨーク郡、人口1,585,873人) マンハッタンはもっとも人口密度の高い行政区であり、市の多くの超高層ビルが建ち並ぶとともに、もここにある。 市の経済の中心地であり、多くの大企業、、多くの高名な大学、また多数の博物館、劇場街、、など数々の文化施設がある。 マンハッタンは、大まかに、、に分かれる。 そのうちアッパー・マンハッタンは、セントラル・パークを境にとに分かれ、セントラル・パークの北はである。 マンハッタンへの主要空路のひとつであるのからは、鉄道・バス・タクシーなどでアクセス可能であり、特に鉄道によるアクセスは、が7番街にありマンハッタン側の始終点である。 (キングス郡、人口2,504,700人) ブルックリンは、もっとも人口の多い区である。 までは独立した市だった。 文化的、社会的、民族的な多様性、独自の芸術活動、個性ある町々(ネイバーフッド)、ユニークな建築の伝統などで知られる。 またマンハッタン以外では、はっきりしたダウンタウン地区を持つ唯一の行政区である。 長い海岸線と、を有し、ここでは1870年代にアメリカ国内でも先駆けて遊園地として造成された。 (クイーンズ郡、人口2,230,722人) クイーンズは、最大の面積を持つ区であり、アメリカでもっとも多様な民族が住む地域である。 近年の成長により、人口がブルックリンを追い越す可能性もある。 古くは、オランダ人によって建設された小さな町や村の集まりであったが、今日では大部分に住宅が広がる中産階級の地域となっている。 の年収の(メディアン)は約5万2,000ドルであり、白人よりも高いが、そのような地域はアメリカ国内の大きな郡としてはここだけである。 の本拠地であるがあるほか、毎年、テニスのが行われる。 また、ニューヨーク都市圏の3大空港のうち2つ、とがある。 北西部の、ロングアイランドシティは近年マンハッタンからの移住者が多い。 アーティスト、ミュージシャンも多数。 PS1, Isamu Noguchi Museum, Kafman Studioなど芸術の色が強い。 (ブロンクス郡、人口1,385,108人) ブロンクスは、ニューヨーク市最北部の行政区であり、の本拠地があり、アメリカ最大のであるがある。 マンハッタンのマーブルヒルと呼ばれるごく一部の地域を除けば、ブロンクスは、ニューヨーク市の中でアメリカ本土とつながっている唯一の地域である。 は、都市圏の動物園としてはアメリカ国内最大であり、広さは1. 07km 2に及び、6,000頭以上の動物がいる。 や文化誕生の地でもある。 (リッチモンド郡、人口468,730人) 日本語では「スタテン島」と表記されることもある。 5つの行政区の中でもっとも郊外に位置する。 ブルックリンとはでつながっており、マンハッタンとは無料のスタテンアイランド・フェリーで結ばれている。 スタテンアイランド・フェリーは、、、そしてロウアー・マンハッタンの最高の眺めを楽しむことができるため、観光客には非常に人気がある。 スタテンアイランドの中央部には25km 2のグリーンベルトがあり、約56kmのウォーキング・トレイルが設けられており、市内最後の天然林の一つがここにある。 グリーンベルトは、1984年、島の自然を保護するために指定され、7つの公園からなる。 サウス・ビーチ沿いのFDR遊歩道は長さが4キロあり、世界で第4位である。 文化 [ ]。 12の著名な芸術団体の本拠地となっており、アメリカ国内最大の舞台芸術複合施設である。 アメリカ映画産業の中でも、ニューヨークは重要な役割を果たしている。 初期の映画である「マンハッタ」(1920年)は、ニューヨークで撮影された。 任天堂のマリオはこの街に住んでいた人物がモデルである。 今日、ニューヨークはアメリカ合衆国の映画産業にとって規模第2の中心地である。 2,000を超える芸術・文化団体や、500を超える大小のアート・ギャラリーがある。 の芸術に対する支出は、アメリカ政府の国家芸術基金の予算よりも多い。 19世紀の富裕な実業家によって、やといった重要な文化施設のネットワークが築かれた。 電灯の出現により、手の込んだ劇場作品が生まれ、1880年代にはや42番ストリート沿いの劇場で「ブロードウェイ・」として知られることになる新しいステージが上演されるようになった。 近年は、従来のミュージカルの範疇を超えたパフォーマンスアート、無言劇など、より実験的な舞台を小規模な劇場で公演するが出現している。 移民の影響を強く受け、ハリガン・アンド・ハート、ジョージ・M・コーハンらの作品は、希望や野心といったテーマを多く取り入れた物語の歌を用いた。 これらの作品は、現在、ニューヨークの演劇界の主力となっている。 ニューヨークの39の大劇場(座席数が500超)を、劇場地区を通る大通りであるブロードウェイから取って、併せて「ブロードウェイ」と呼ぶ。 また、「メイン・ステム」「グレート・ホワイト・ウェイ」「リアルト」と呼ばれることもある。 は、アメリカ合衆国で最大の舞台芸術センターであり、、、ニューヨーク・シティ・オペラ(10月1日、適用申請発表) 、、、ビビアン・ボーモント劇場、、アリス・タリー・ホールなどがその中に置かれている。 「セントラル・パーク・サマーステージ」では、で舞台や音楽の上演が無料で行われるほか、夏の間、5つの行政区すべてで、1,200ものコンサート、ダンス、劇場イベントが無料で行われる。 観光 [ ] は、「世界の十字路」との異名をとる ニューヨークには、毎年4,700万人の外国人・アメリカ人が訪れ、観光の重要性は高い。 有名な観光名所としては、、、、、を始めとする博物館・美術館などがあり、そのほかにも、、、、、、、、、、、のでマンハッタン島一周、またやでのリッチな買い物、さらにでのハロウィーン・パレード、、・パレード、冬季のセントラル・パークでのアイス・などの季節のイベント、、セントラル・パーク・サマーステージでの無料公演といったイベントなど、観光客を引きつけるものは数多い。 は、有名な観光スポットであると同時に、アメリカ合衆国でもっとも知られた像の一つである。 ジャクソン・ハイツ(クイーンズ区)、フラッシング(クイーンズ区)、ブライトン・ビーチなど、民族の集住地区には、東海岸の広い範囲から1世・2世の移民が買い物に訪れる。 2012年9月27日、市長によりスタテン・アイランド北岸に、自由の女神像、ニューヨーク港、ロウアー・マンハッタンの地平線を一望できる世界一高いニューヨーク・ホイールの建設が発表された。 2010年、ニューヨーク市には4,900万人の観光客が訪れ 、2011年には5,000万人を記録した。 食文化 [ ] ニューヨークの食文化は、移民の影響を受けていることと、人の数もきわめて多いことから、非常に多様である。 東欧とイタリアの移民の手によって有名になったのが、、、ニューヨーク風ピザである。 市によって許可を受けた移動式食料品売りが約4,000店あり、その多くが移民の経営である。 その中から現代ニューヨークにおけるストリート・フードの名脇役へとのし上がったのが中東料理である(主役は今でもやである)。 また、市内にはアメリカ国内でも屈指の高級料理店が並ぶ。 世界の国々の料理も充実しており、、、、、、、、、、、、、そしてとさまざまである。 メディア [ ] (MTA)の発達した交通網は、新聞の読者数を押し上げている ニューヨークは、世界のテレビ、広告、音楽、新聞、書籍産業にとっての中心地であるとともに、北アメリカの中で最大のメディア市場でもある(、、がそれに続く)。 ニューヨークの複合メディア企業として、、、、などがある。 世界の10大ネットワークのうち7つがニューヨークに本社を置いている。 また、音楽業界で「ビッグ・フォー」とされる4レコード・レーベルのうち3つはロサンゼルスとともにニューヨークに本拠を置いている。 アメリカのの3分の1がニューヨークで制作されている。 200を超える新聞と、350を超える消費者雑誌(業界誌以外の雑誌)が市内にオフィスを持っている。 市の出版業界は約2万,5000人を雇用している。 のある テレビ産業はニューヨークで発展を遂げ、今や市経済の中で大きな雇用の担い手となっている。 4大アメリカ放送ネットワークである、、、は、いずれもニューヨークに本部を置いている。 地域テレビ局としてがあり、地域密着型の番組・報道を特徴としている。 、、、など、多数のケーブルテレビチャンネルも市に拠点を置いている。 2005年、ニューヨーク市で収録されたテレビ・ショーは100を超えた。 また、ニューヨークは非商業メディアにとっても一大中心地である。 アメリカ合衆国でもっとも歴史あるのチャンネルは、1971年設立のである。 は市の主要な公共放送局であり、全国の(PBS)番組を供給する最大手局である。 ニューヨーク市は、公共放送サービスであるを運営しており、市内の音楽や文化を取り上げたいくつかのショーがを受章している。 訛り [ ] ニューヨーク地域には、「ニューヨーク・ダイアレクト」、あるいは「ブルックリニーズ」、「ニューヨーキーズ」と呼ばれる話し方の特徴がある。 の中でももっともはっきりした特徴がある訛りであると考えられている。 この訛りの原型は、中産階級から労働者階級のヨーロッパ系アメリカ人の発音がもとになっており、ここ数十年の非ヨーロッパ系移民の流入によって変化がもたらされた。 その結果、"New York" は "New Yawk" のように発音する。 このため、ほかの話し手からは、"girl" が "goil"と、逆に "oil" が "erl" と発音されているように聞こえやすい。 これがもとで、ニューヨーカーは "Jersey" を "Joizey" と、"33rd St. " を "Toidy-Toid Street" と、"toilet" を "terlet" と発音しているように戯画化して描かれることが多い。 1970年代の「オール・イン・ザ・ファミリー」のキャラクター、アーチー・バンカーはそのようなしゃべり方をする典型的な人物である。 もっとも、そうした話し方は現在ではあまり一般的とはいえない。 スポーツ [ ] ニューヨークは、にそれぞれチームがある。 栄光の歴史を彩ってきたの前本拠地、 ベースボール ニューヨークのチーム同士でチャンピオンが争われたシリーズが14回あり、と呼ばれている。 に現在加わっているその2チームは、とであり、両チームは毎レギュラー・シーズンに6回対戦する。 ヤンキースは27回優勝しており、メッツは2回である。 また、ニューヨーク・ジャイアンツ(現在の)とブルックリン・ドジャース(現在の)もニューヨークにあったが、両チームとも1958年にカリフォルニアへ移転した。 のチームとしては、とがある。 旧ヤンキー・スタジアム内のプレート 一方で、ヤンキースを応援しない野球ファンは(創設、)を応援する。 一般にヤンキースよりも庶民派のファンが多いとされるメッツであるが 、伝統・人気・成績は名門球団ヤンキースに比べると見劣りし、地元メディアでの扱いも常にヤンキースの影に隠れた形である。 本拠地の平均入場料金はヤンキース()がMLBで断トツの73ドルなのに対し、メッツ()は37ドル(全体4位)である。 ヤンキースには及ばないものの、MLB全体ではメッツの人気も平均以上であり、の調査によれば、MLB30球団の人気ランキングではヤンキースが1位、メッツが11位となっている。 (交流戦)でのヤンキースとメッツの対決は「サブウェイ・シリーズ」の名で呼ばれ、名物化している。 NFLニューヨーク・ジャイアンツ、ニューヨーク・ジェッツとMLSレッドブル・ニューヨークの3チームが本拠地とする アメリカンフットボール と(正式にはニューヨーク・フットボール・ジャイアンツ)がに加わっている。 ただし、両チームとも、のを本拠としている。 2つ存在するチームでは、ヤンキースファンはを、メッツファンはを応援する傾向にある。 これは人気で遅れをとる、メッツ、ジェッツ、またかつてニューヨークを本拠地としたNBAのネッツが、意図して韻を踏んだことに始まるものである。 球団間での提携も進んでおり、ジェッツの1位指名選手がデビュー前にメッツ戦で始球式を行うことが恒例化している。 アイスホッケー に所属するニューヨーク市のチームとしては、がある。 ニューヨーク都市圏内には、と、のという2つのNHLチームもある。 北アメリカで、四大メジャープロスポーツリーグのうちひとつに3チームを擁する都市圏はほかにない。 サッカー にはとが所属している。 レッドブルズは、ニュージャージー州のも本拠としている。 またにはが所属している。 バスケットボール にはが、にはが所属している。 ニューヨーク都市圏でいえば、に本拠地を置くNBAのもある。 アメリカ国内初の大学レベルのバスケットボール選手権大会であるナショナル・インビテーション・トーナメントは、1938年にニューヨークで開かれ、現在も市で行われている。 のは、夏季リーグで多くのプロアスリートたちがプレーするバスケットコートである。 名門チームであるニックスの長期低迷もあってMLBやNFLと比べるとNBAの人気は高くないのが現状である。 クイーンズ区で行われるテニスは、の4番目にして最後のイベントである プロレスリング より、MSG()を中心に、がの興行を開催している。 その他 これらのスポーツ以外にも、ニューヨークではさまざまな大会が行われている。 クイーンズではのひとつ、が行われる。 は世界最大のマラソン大会であり、2007年には完走者3万8,557人を数えたのを始めとして、2004年から2008年までのレースの完走者数は世界の史上記録1位から5位までを占めている。 を構成するはニューヨークで行われる。 ミルローズ・ゲームズは、毎年行われるトラックとフィールド競技の大会で、その有名なイベントはワナメーカー・マイルである。 ボクシングもさかんで、毎年、マディソン・スクエア・ガーデンでアマチュア・ボクシング・ゴールデン・グラブズが開かれる。 は、世界最大のマラソン大会である ニューヨークの移民コミュニティと結びついたスポーツも多い。 は、野球のストリート版であるが、1930年代にイタリア系、ドイツ系、アイルランド系の労働者階級の若者の間で流行した。 スティックボールは今でもよく遊ばれており、ブロンクスのひとつの通りはスティックボール通りと改名された。 最近では、南アジアやカリブ海域諸島からの移民の流入にともない、いくつかのアマチュアリーグもできている。 ストリート・ホッケー、フットボール、野球もニューヨークの街中で遊ばれているのをよく見かけることができる。 ニューヨークは、老若男女、多くの人がストリートスポーツを楽しんでいることから、「世界最大の都会の遊び場」とも呼ばれている。 経済 [ ] にある。 世界最大のである。 のニューヨーク都市圏の総生産は1兆3,342億ドルであり、世界ではの1兆5,369億ドルに次ぐ第2位の巨大都市圏である。 世界の商業・ビジネスの一大中心地であり、の本社数や資本市場の規模などビジネス分野の総合ランキングでは、世界一の都市と評価された。 の調査では、ロンドンに次ぐ世界2位のである。 アメリカの不動産、メディア、芸術などの中心地でもある。 ニューヨーク都市圏の2005年におけるのGMP(都市圏総生産)は、およそ1兆1,300億ドルであり 、アメリカ最大の地域経済であるとともに、誌によれば、世界第2位の都市経済である。 によると、グローバル大企業の本社数が世界で、、に次ぐ4番目に多い都市である。 ニューヨークは、外国企業の多さでもアメリカの都市の中で群を抜いている。 民間部門の仕事のうち約1割が、外国企業のものである。 アメリカ国内はもとより世界的にも最高級の地価を記録している。 450番地は、2007年7月2日に5億1,000ドル(1m 2あたり約1万7,104ドル)で取引され、前月に660番地が1m 2あたり約1万5,887ドルで取引された記録を塗り替えた。 日本で1980年末に起きたにより、が1989年にを融資による巨額資金で買収したことがセンセーショナルに報じられ、がを買収、が54階建ての超高層ホテルを開業させる(現在のThe London NYC)など、不動産分野でジャパン・マネーが大量に流入し、高級志向の日系ホテルが相次いで開業することになった。 しかし、の煽りを受けてこれらは売却されている。 マンハッタンには、2001年の時点で約3,286万m 2のオフィス・スペースがある。 その中でもはアメリカ最大のビジネス地区であり、高層ビルが集中している。 は国内3位のビジネス地区であり、のと、がある。 両取引所は、1日の取引量と市場全体の資本から見てそれぞれ世界1位・2位の証券取引所である。 不動産業も市の中心産業のひとつであり、2006年現在、ニューヨーク市内の不動産全体の時価総額は8,024億ドルに上った。 は、2006年現在で11億ドルという市内最高の時価である。 ニューヨークのテレビ・映画産業は、に次いで国内第2の規模である。 、広告、ファッション、デザイン、建築といったクリエイティブな産業が市の雇用の上で占める割合は増加しつつあり、ニューヨークはこうした産業の中で強い競争力を発揮している。 いくつもの通信用のターミナルとしての地位を生かして、、、、インターネット・サービスといったハイテク産業もまた成長しつつある。 そのほか、医薬研究・技術、非営利団体、大学も雇用を擁する重要な部門である。 製造業の雇用シェアも大きいが、減少傾向にある。 被服、科学、金属製品、加工食品、家具などが主要産品である。 製造業の中では加工食品がもっとも安定した主要業種である。 食品産業の規模は50億ドルで、1万9,000人以上の市民が雇用されている。 中でもチョコレートの輸出額は毎年2億3,400万ドルに達している。 政府機関 [ ]。 1898年のニューヨーク市合併以降、市庁舎スペースの需要をまかなうために建てられた40階建ての庁舎である。 1898年に合併して以来、ニューヨークは「強い」市長・議会制をとっている。 の権限は、ほかの多くのアメリカの都市よりも集中している。 中央政府は、公教育、矯正施設、図書館、治安、厚生施設、公衆衛生、水道、福祉サービスなどについての権限を有する。 と議員は、4年の任期で選挙される。 市議会は一院制で、各選挙区から選ばれる51人の議員からなる。 市長および市議会議員の任期は連続3期までに制限されているが、4年空ければ再選が可能となる。 現在の市長は、のである。 2002 - 2013年の任期は元民主党、その後(2001年 - 2008年)、そして在職時はのが務めた。 彼は、およびニューヨーク独立党の支持を受けて、およびワーキング・ファミリー党に推された対抗馬と争い、2001年(得票率50. 同市長は、市の教育システムの権限を州から移管させたことや、都市計画と経済振興、財政の健全化、強力な公衆衛生政策などで有名である。 2期目には、学校改革、貧困の削減、厳しい銃規制などを行政の中心課題に置いた。 市長のとともに、2006年、違法な銃器を街から一掃することにより公共の安全を図るという目標を掲げて、「違法な銃器と戦う市長連合」という組織を結成した。 1924年以来、州レベルの選挙や大統領選挙では共和党は勝っていない。 選挙公約の中心的な論点は、住宅価格の引下げ、教育、経済振興などであり、労働政策が重要性を持っている。 は、現役の市庁舎としてはアメリカ最古である ニューヨークは、政治資金集めにとってアメリカ国内で最も重要な場所である。 別に見た場合、政治献金額トップ5のうち4地区がマンハッタンにある。 第1位の「10021」はにあり、2004年の大統領選ではとの両候補にとって最大の資金源であった。 市と連邦政府・州政府との間の資金関係には大きな不均衡がある。 市が連邦政府に支払う税1ドルに対し、市が連邦政府から受け取るサービスは83セントにすぎない(年間の市の支払超過額は114億ドルである)。 また、州政府に対する支払超過額は110億ドルである。 各行政区は、ニューヨーク州高位裁判所の置かれる司法区と一致する。 そのほかのや市裁判所も置かれている。 マンハッタンには、ニューヨーク州高位裁判所控訴部第1部が置かれ、ブルックリンには同第2部が置かれている。 市庁舎近くには、合衆国ニューヨーク南地区地方裁判所、合衆国第2巡回区控訴裁判所、国際通商裁判所といったも置かれている。 ブルックリンには合衆国ニューヨーク東地区地方裁判所が置かれている。 治安 [ ] 1928年から2017年までのニューヨーク市の殺人既遂認知件数の推移 1820年代の「40人の盗賊」や「ローチ・ガーズ」といったの跋扈以来、ニューヨークはの舞台として見られてきた。 20世紀には、の牛耳るが台頭した。 ブラック・スペーズなどのストリートギャングも20世紀後半に伸張した。 また、警察も十分に機能を果たしていなかったため、1969年から1995の間は殺人事件が1,000件から2,000件も発生するようになっていた。 現在でもストリートギャングの抗争は続いているが、2005年以来、ニューヨークの犯罪発生率はアメリカの25大都市の中で最低を守っている。 1980年代から1990年代初頭にかけての犯罪抑止政策により、多くの地域を吹き荒れたの時代と比べ安全になった。 2002年までに、ニューヨーク市は人口10万人超のアメリカ216都市の中で、全犯罪の発生率が197位となっている。 殺人既遂事件の認知件数は、犯罪統計が取られ始めた半ばに比べて、に史上最低となり 、には500件を切り 、には335件となり、400件未満となった。 そして、2017年は292件と72年ぶりに300件未満となり、には290件とさらに減少し、が終結した以降、史上最低の認知件数を記録する。 しかし、2019年は、前年より増加して318件であった。 警察官が被疑者に対して発砲する件数も減っており、2010年は1971年の統計開始以来最低となる93件で、初めての2桁台となった。 過去最高が1972年の994件で、2010年はそれのおよそ10分の1である。 さらに、それ以降は2012年の105件の増加を除き減少しており、2015年は2010年より25件低い67件となり、1971年以後最低件数であった。 また警察官に撃たれて死亡また負傷する者の数も2010年時点では過去最低となり、警察官に銃撃で制圧された者の数は33人であった。 そして、それ以降は2012年までは45件と増加したが2013年以降は減少し、2015年は2010年と同じ33人となった。 警察官1000人あたりの致死性射撃(Fatal Shooting。 被疑者に対する執行実包の危害射撃)の割合も2002年が0. 34だったのに対し、2010年は0. 24となっている。 これは警察官が射撃を必要とする状況自体が減ったと考えられ、ケリー・ニューヨーク市警察委員長(Police Commissioner、日本の公安委員長に相当)は「警察官の増員と装填弾数の増加にもかかわらず致死性執行件数が減ったのは、警察官の訓練と抑止力が治安向上に貢献したからだ」と述べている。 社会学者や犯罪学者の間では、なぜニューヨークの犯罪発生率がこれほど劇的に減少したのかについて、意見の一致は見られていない。 やといったのとった新しい戦術の功績であるとする者もいる一方、クラックブームの終焉や人口の変動によるものだとする者もいる。 教育 [ ] ブロンクスにあるのキーティング・ホール ニューヨーク市の公立学校システムは、によって運営されており、アメリカ最大である。 約110万人の生徒が、1,200超の小学校・中学校で教育を受けている。 そのほか、宗教系・非宗教系あわせておよそ900の私立学校がある。 ニューヨークが大学都市だというイメージはあまりないが、実は約59万4,000人の大学生がおり、これはアメリカで最大である。 2005年現在、マンハッタンの住民の5人に3人はカレッジの卒業生であり、4人に1人はより高い学位を持っており、アメリカの都市の中でも高学歴の人が集まった都市のひとつである。 、、、、(New School For Social Research)、、、、、など、宗教系や専門系など含め多くの名門私立大学がある。 また、公的な中等後教育の機関としては、アメリカ国内第3位の規模を持つ公立大学である、がある。 ファッションの中心に相応しく、ファッション・アートの専門教育機関である(FIT:Fashion Institute of Technology)がある。 図書館 医学・生命科学の分野での研究も盛んである。 ニューヨーク市内で年間に授与される学士より上の生命科学の学位はアメリカ国内最大であり、医師免許を有するのは4万人、この地の医療機関から生まれたノーベル賞受賞者は127人いる。 から受ける研究資金額では、アメリカの都市中第2位である。 おもな生物医学研究機関としては、、、、、、などがある。 は、アメリカ国内で最大の蔵書数の公共図書館であり、マンハッタン、ブロンクス、スタテンアイランドにサービスを提供している。 クイーンズには、があり、これは国内第2の公共図書館である。 ブルックリンには がある。 ニューヨーク公共図書館の組織内には、黒人文化研究アーサー・ションバーグ・センターなど、いくつかの研究図書館がある。 交通 [ ]。 同じくニューヨークのとともに、全米でもっとも繁忙な駅である。 ニューヨークではがきわめて発達しており、それがアメリカのほかの大都市と異なる点である。 2005年の数字では、市民の54. アメリカ国内全体の公共交通機関利用者の約3分の1、そして鉄道利用者の約3分の2が、ニューヨークおよびその近郊に住むとされる。 アメリカ合衆国国勢調査局によれば、ニューヨーク市民が通勤にかけている時間は日平均38. 4分であり、大都市の中では最長である。 鉄道 [ ] ニューヨークにはが通っており、を発着する。 アムトラックのを介して、、、などと結ばれているほか、、、、、などとも長距離鉄道でつながっている。 は、駅の数および営業距離で世界最大の地下鉄網である は、営業駅数468であり、その数からすると世界最大の網である。 年間乗客数(2006年で延べ15億人)でいえば世界3位である。 、、、、、など、ほとんどの都市で夜間閉鎖されるのに対し、ほぼ全線で1日24時間営業していることも大きな特徴である。 市とそれを取り巻くトリステート・リージョン(、、の都市域)は鉄道によって結ばれており、、、が走っている。 これらの鉄道網は、とに集中しており、250以上の駅と20以上の路線がある。 そのほか,スタテンアイランドを走る、ニューヨーク市地下鉄とニュージャージー州北西部とを結ぶがある。 バス [ ] (MTA)のバスは、5つの行政区すべてを走っている。 バス停の数は1万2,507か所である。 2008年の1年間で延べ7億4,700万人が利用しており、利用者数ではロサンゼルス、シカゴなど2位以下を大きく超えている。 には、1日に7,000本のバスが発着し、1日に20万人の通勤客が利用している。 世界でもっとも繁忙なバス・ステーションである。 空路 [ ] のホテル ニューヨークは、国際旅客にとってアメリカへの最大の玄関口である。 ニューヨークへのアクセスには、(クイーンズ区)、(ニュージャージー州)、(クイーンズ区)の3つの大空港がある。 特にジョン・F・ケネディ空港は、全世界の空の便の拠点となっている。 また、4つ目の空港として、ニューヨーク州近郊のが、上記3空港を管理するに吸収され、増大する旅客に対応するための緩和空港として拡張整備される計画がある。 2005年、約1億人の旅客が3空港を利用しており、ニューヨーク市の上空はアメリカ国内でもっとも混み合った空路となっている。 2004年において、ジョン・F・ケネディとニューアークから国外に出発する旅客は、アメリカを発つ旅客のうち約4分の1を占める。 その他 [ ] ニューヨークでは、公共交通機関の利用者が多いこと、自転車利用者が多いこと(1日12万人 )、徒歩通勤者も多いことから、アメリカ国内の主要都市中でもっともエネルギー効率の高い都市となっている。 公共交通機関網を補完するように、ニューヨークには、(パークウェイ)が広がっており、北部、ニューヨーク州、、南西部と市内を結んでいる。 これらの道路は郊外からの通勤道路として何百万人にも利用されており、特にには毎日のようにが起こり、何時間も立ち往生することもまれではない。 は、世界でも自動車の通行でもっとも混雑する橋のひとつだとされている。 による街路のグリッド化が、市の町並みとその発展に大きな影響を与えた。 多数のストリートとアヴェニューの中でも、、、などは、アメリカにおいて、それぞれ自国の劇場、金融、広告産業を指す言葉としても使われている。 そのほか、ニューヨークの交通網を支える足には次のようなものがある。 北アメリカ最長の吊り橋、• 世界初の機械換気による輸送トンネルである• とマンハッタンを結ぶロープウェー、• 1万2,000台を超えると呼ばれるタクシー• マンハッタンと市の内外各所とを結ぶフェリー アメリカでもっとも繁忙なフェリーが、スタテンアイランドとロウアー・マンハッタンとの間8. 4キロを結ぶであり、年間1,900万人超の乗客を運ぶ。 人口動態 [ ] ウィキソースに のカテゴリがあります。 ニューヨーク市の人口はアメリカ最大であり、2010年の国勢調査では8,175,133人(1980年国勢調査時から約110万人増)となっている。 これはニューヨーク州の人口の約42. ここ30年、市の人口は増加傾向にあり、人口学者は市の人口は2030年までに920から950万人に達するであろうと推計している。 ニューヨークの人口で特徴的なのが、の高さと、文化的な多様性である。 市の人口密度は1km 2あたり1万194人であり、人口10万人以上の自治体の中ではもっとも高い。 マンハッタンの人口密度は1km 2あたり2万5,846人であり、アメリカの郡の中で1位である。 人口の多様性も著しい。 歴史を通じて、ニューヨークはが流入してくる玄関口であった。 「 (melting pot)」という言葉は、最初、の人口密度の高い移民地区を指す新語として作られた。 現在、市人口の36. これより外国人人口の比率が高いのは、とだけである。 両都市の場合は、いくつかの国籍によってほとんどが占められているが、ニューヨークの場合は、支配的な国籍や出身地は特にない。 現代の移民の出身地で多いのは、、、、、、、、、、である。 市内ではおよそ170の言語が話されている。 21世紀の現代においてもなお、に寛容的な施策をとるの代表例であり、統計に反映されない住民も多数存在する。 ニューヨーク都市圏は、外における最大のコミュニティをなしている。 市域(都市圏ではなく、自治体の境界内)の人口も、ニューヨーク市域のユダヤ人口に及ばないため、ニューヨークは世界最大のユダヤ人コミュニティであるといえる。 また、インド系アメリカ人の人口も大きく、アメリカ国内の約4分の1が集まっている。 のコミュニティもアメリカの都市の中で最大である。 そのほか、ニューヨーク都市圏の中国系人口は、アジア外の都市圏で最大であり、2007年コミュニティ調査の時点で61万9,427人で、も少なくとも6つを数える。 2005年推計で、五大民族集団は、、、、系、である。 ニューヨークのプエルトリコ系人口は、プエルトリコ外で最大である。 イタリア系は、20世紀初頭に大量に流入した。 は、第6位の民族集団であり、同じく重要な地位を占めている。 のニューヨーク市民50人に1人には、Y染色体に、アイルランドの5世紀の王、にまでさかのぼる遺伝学的特徴を有している。 が実施した2005年から2007年のアメリカコミュニティ調査の時点で、市人口の44. 黒人ないしアフリカ系アメリカ人は市人口の25. その他の人種は16. ヒスパニック、ラテン系は市人口の27. 所得格差は大きい。 2005年現在、もっとも富裕な地域における世帯所得の中央値(メディアン)は18万8,697ドルであるのに対し、もっとも貧困な地域では9,320ドルである。 高所得者層における給与の上昇と、中・低所得者層における給与の停滞によって、格差は広がりを見せている。 2006年、マンハッタンの週平均賃金は1,453ドルで、アメリカ国内の郡としては最高で、成長率も高い。 また、マンハッタンではアメリカ内で珍しいベビーブームを迎えている。 ニューヨークで住居を探すのは、特に手頃な値段で求めようとすると、かなり難しいことである。 都市圏人口 [ ] ニューヨークの都市圏、および広域都市圏を形成する各郡の人口は以下の通りである(2010年国勢調査)。 なお、1790年以降は10年ごとの国勢調査による数値であり、また、1900年以降は5つの行政区の合算である。 Dictionary. com, LLC. 2011年2月4日閲覧。 Census Bureau. 2011年2月4日. Census Bureau. 6 2011年3月. 2011年4月12日閲覧。 Census Bureau 1998年6月15日. 2009年2月8日閲覧。 The City of New York 2017年8月14日閲覧。 明治期には「新ヨーク」との記載例もある。 New York City Department of City Planning. 2008年5月22日閲覧。 The New York Times. 2008年5月22日閲覧。 Demographia. 2008年9月1日閲覧。 New York State Office of the State Comptroller 2006年6月. 2008年9月1日閲覧。 New York City Department of City Planning 2005年. 2008年9月1日閲覧。 City nicknames• Irving's mocking Salmagundi Papers, 1807, noted by Edwin G. Burrows and Mike Wallace, Gotham: A History of New York to 1898 Oxford 1999:xii. Shorto, Russell 2005. The Island at the Center of The World, 1st Edition. New York: Vintage Books. 2008年9月7日閲覧。 Rap Attack 2: African Rap to Global Hip Hop. Serpents Tail. Scaruffi, Piero. 2008年9月1日閲覧。 JLL 2017年10月26日閲覧。 森記念財団都市戦略研究所 2017年10月26日閲覧。 Quentin Fottrell 2014年8月22日. 2014年8月23日閲覧。 The Economist 2017年3月21日• Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) 2019年5月4日. 2020年2月13日閲覧。 Rankin, Rebecca B. , Cleveland Rodgers 1948. New York: the World's Capital City, Its Development and Contributions to Progress. Harper• Timeline 1500 - 1700• International Institute of Social History. 2008年8月19日閲覧。 Miller, Christopher L. , George R. Hamell September 1986. The Journal of American History 73 2 : 311. 2007年3月21日閲覧。. Homberger, Eric 2005. The Historical Atlas of New York City: A Visual Celebration of 400 Years of New York City's History. Owl Books. Timeline 1700-1800• Moore, Nathaniel Fish 1876. An Historical Sketch of Columbia College, in the City of New York, 1754-1876. Columbia College. News and World Report. 2008年9月1日閲覧。 Bridges, William 1811. Map Of The City Of New York And Island Of Manhattan With Explanatory Remarks And References ; Lankevich 1998 , pp. 67—68. Mushkat, Jerome Mushkat 1990. Fernando Wood: A Political Biography. Kent State University Press. Department of History at Emory University 2001年. 2009年6月26日閲覧。 VNY, City University of New York. 2009年6月26日閲覧。 Cook, Adrian 1974. The Armies of the Streets: The New York City Draft Riots of 1863. 193—195• New York City. 2007年6月29日閲覧。 Cornell University. 2008年9月1日閲覧。 www. demographia. com. 2009年6月26日閲覧。 Allen, Oliver E. 1993. The Tiger — The Rise and Fall of Tammany Hall. Addison-Wesley Publishing Company• Burns, Ric 2003年8月22日. PBS. 2008年9月1日閲覧。 Associated Press. 2008年7月. 2006年9月11日閲覧。 Associated Press via New York Post New York. 2008年6月30日. の2008年9月24日時点におけるアーカイブ。 2008年7月5日閲覧。 ワシントンD. からの運転距離は367km、ボストンからの運転距離は349kmである。 Brand USA. 2009年9月3日閲覧。 2009年6月30日閲覧。 Gillespie, Angus K. 1999. Twin Towers: The Life of New York City's World Trade Center. Rutgers University Press. Lopate , Phillip 2004. Waterfront: A Walk Around Manhattan. Anchor Press. Lundrigan, Margaret 2004. Staten Island: Isle of the Bay, NY. Arcadia Publishing. Howard, David 2002. Outside Magazine's Urban Adventure New York City. weatherbase. com. 2009年6月28日閲覧。 National Oceanic and Atmospheric Administration. 2011年12月14日閲覧。 The Big Green Apple: Your Guide to Eco-Friendly Living in New York City. Globe Pequot Press. Public Interest Research Group 2008年3月. 2008年4月23日閲覧。 Owen, David 2004年10月18日. The New Yorker• New York City Office of Long-term Planning and Sustainability 2007年4月. 2008年9月1日閲覧。 2008年9月1日閲覧。 Coburn, Jason, Jeffrey Osleeb, Michael Porter June 2006. 167—179. DePalma, Anthony 2005年12月11日. The New York Times. 2008年9月1日閲覧。 Metropolitan Transportation Authority. 2006年5月25日時点のよりアーカイブ。 2008年9月1日閲覧。 See also プレスリリース , Sierra Club, 2005年7月1日 , 2008年9月1日閲覧。 The New York Times. 2008年9月1日閲覧。 New York City Department of Environmental Protection. 2007年6月4日閲覧。 Lustgarten, Abrahm 2008年8月6日. The New York Sun. 2008年8月9日閲覧。 Emporis. com. 2008年8月22日閲覧。 Emporis. com. 2008年6月16日閲覧。 Fischler, Raphael 1998. Journal of the American Planning Association 64 2. The Skyscraper Museum 2006年1月22日. 2008年9月1日閲覧。 日本木槽木管株式会社. 2020年4月28日閲覧。 Plunz, Richar A. 1990. History of Housing in New York City: Dwelling Type and Change in the American Metropolis. Columbia University Press. Lankevich 1998 , pp. 82—83; Wilson, Rufus Rockwell 1902. Lippincott. 354• Diamonstein—Spielvoegel, Barbaralee 2005. The Landmarks of New York. Monacelli Press. なお、 Whyte, William H. 1939. The WPA Guide to New York City. New Press. Elliot, Debbie 2006年12月2日. National Public Radio. 2008年9月1日閲覧。 Hood, Clifton 2004. 722 Miles: The Building of the Subways and how They Transformed New York. Johns Hopkins University Press. 175—177• The Trust for Public Land, Center for City Park Excellence. 2008年9月1日閲覧。 New York City Mayor's Office 1999年2月3日. 2008年9月1日閲覧。 2008年9月1日閲覧。 Prospect Park Alliance. 2008年9月1日閲覧。 Beth J. Harpaz, Travel Editor of The Associated Press AP 2008年6月30日. 2011年5月1日時点のよりアーカイブ。 2008年7月11日閲覧。 New York Times 2014年9月19日• Per the , retrieved on July 12, 2008, New York County Manhattan was the nation's densest-populated county, followed by Kings County Brooklyn , Bronx County, Queens County and. , retrieved on February 6, 2009• Immerso, Michael 2002. Coney Island: The People's Playground. Rutgers University Press. O'Donnell, Michelle 2006年7月4日. New York Times. 2008年9月1日閲覧。 Roberts, Sam 2006年1月10日. The New York Times. 2008年9月1日閲覧。 Frazier, Ian 2006年6月26日. The New Yorker. 2008年9月1日閲覧。 Ward, Candace 2000. New York City Museum Guide. Dover Publications. プレスリリース , Consulate General of the United States: Frankfurt, Germany, 2007年5月9日 , の2007年7月23日時点におけるアーカイブ。 , 2008年9月1日閲覧。 Bruce Posner 2005年. Picturing a Metropolis: New York City Unveiled DVD. Unseen Cinema. Center for an Urban Future 2005年12月. 2008年9月1日閲覧。 Welsh, Anne Marie 2004年6月6日. San Diego Union-Tribune. の2008年10月5日時点におけるアーカイブ。 2008年9月1日閲覧。 2013年10月4日の中日新聞朝刊6面• Summerstage. org. 2008年9月1日閲覧。 PBS. 2008年1月30日閲覧。 2008年9月1日閲覧。 New York Magazine. 2008年9月1日閲覧。 Jennifer Peltz; 2012年9月28日. 2013年1月4日時点のよりアーカイブ。 2012年9月28日閲覧。 James Barron 2012年9月27日. The New York Times. 2012年9月28日閲覧。 Turner Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved. 2011年1月4日. 2012年1月22日閲覧。 All rights reserved. 2012年1月22日閲覧。 Patrick McGeehan 2011年12月20日. 2012年1月22日閲覧。 2012年1月22日閲覧。 Bleyer, Jennifer 2006年5月14日. The New York Times. 2008年9月1日閲覧。 Collins, Glenn 2005年11月3日. The New York Times. 2006年7月19日閲覧。 Ivry, Sara 2005年12月26日. The New York Times. 2008年9月1日閲覧。 プレスリリース , Tampa Bay Partnership, 2006年8月26日 , の2008年9月28日時点におけるアーカイブ。 , 2008年9月1日閲覧。 Advertising Age 2007年4月25日. 2007年6月8日閲覧。 2008年8月2日時点のよりアーカイブ。 2008年9月1日閲覧。 New York City Economic Development Corporation. 2008年1月28日時点のよりアーカイブ。 2008年9月1日閲覧。 2002年7月10日. 2008年9月1日閲覧。 New America Media 2005年7月27日. 2008年5月22日時点のよりアーカイブ。 2008年9月1日閲覧。 プレスリリース , The City of New York Mayor's Office of Film, Theater and Broadcasting, 2005年12月28日 , 2008年9月1日閲覧。 Manhattan Neighborhood Network 2006年8月6日. 2010年8月25日時点のよりアーカイブ。 2007年4月28日閲覧。 Radio Research Consortium 2006年8月28日. 2008年9月1日閲覧。 Newman, Michael 2005 "New York Talk" in American Voices Walt Wolfram and Ben Ward eds. 82—87 Blackwell• The New York Times. 2007年7月8日閲覧。 宇佐見 陽「野球 ベースボール の街ニューヨーク」 平凡社新書• The Harris Poll 英語 , 2009年8月19日閲覧• National Invitation Tournament. 2008年9月1日閲覧。 Association of International Marathons and Road Races AIMS. 2009年11月8日閲覧。 Sas, Adrian Producer 2006年. TV-Series. の2009年9月27日時点におけるアーカイブ。 Chicago Council on Global Affairs 2016年10月28日閲覧。 Forbes. 2008年9月12日閲覧。 2007年7月3日閲覧。 ただし台北が含まれていない。 ITWeek. 2008年8月4日閲覧。 Cinco Dias. 2008年3月11日閲覧。 Marketwatch. 2009年8月30日閲覧。 New York Times. 2009年8月30日閲覧。 Wylde, Kathryn 2006年1月23日. Gotham Gazette. 2008年9月1日閲覧。 Quirk, James 2007年6月5日. 2007年12月22日時点のよりアーカイブ。 2007年7月5日閲覧。 Allbusiness 2001年9月25日. 2008年8月5日閲覧。 The World Bank 2000年9月. 2008年9月1日閲覧。 Orr, James and Giorgio Topa Volume 12, Number 1, January 2006. Current Issues in Economics and Finance - Second District Highlights. New York Federal Reserve. 2008年9月1日閲覧。 New York City Department of Finance 2007年1月15日. 2008年9月1日閲覧。 Mayor's Office of Film, Theatre, and Broadcasting. 2008年2月14日時点のよりアーカイブ。 2008年9月1日閲覧。 Currid, Elizabeth 2006. Economic Development Quarterly 20 4 : 330—350. New York City Economic Development Corporation 2005年3月. 2008年3月7日時点のよりアーカイブ。 2006年7月19日閲覧。 The Mayor's Office for Industrial and Manufacturing Business 2005年1月. 2008年9月1日閲覧。 The Mayor's Office for Industrial and Manufacturing Business 2007年2月. 2008年9月1日閲覧。 New York City Council. 2007年6月6日閲覧。 New York City Board of Elections 2005年11月8日. 2008年9月1日閲覧。 The Official Site of Mike Bloomberg. 2007年9月28日時点のよりアーカイブ。 2008年9月1日閲覧。 Mayor Against Illegal Guns. 2009年11月9日閲覧。 New York State Board of Elections 2008年11月. 2009年2月8日閲覧。 Opensecrets. org. 2008年9月1日閲覧。 New York City Finance Division 2005年3月11日. 2008年9月1日閲覧。 Lardner, James, and Thomas Reppetto 2000. NYPD: A City and Its Police. Owl Books. 18—21• 2002年12月15日. 2009年12月27日閲覧。 Langan, Patrick A. ; Matthew R. Durose 2004年10月21日. Istituto Nazionale di Statistica. 2009年2月8日閲覧。 The New York Times 2008年1月1日. 2009年6月21日閲覧。 NYPD. 2017年4月30日閲覧。 在ニューヨーク日本国. 2020年5月14日閲覧。 日本語. mashup NY 編集部. 2020年1月7日. 2020年5月14日閲覧。 NYPD. 2017年4月30日閲覧。 NYPD. 2017年4月30日閲覧。 Johnson, Bruce D. , Andrew Golub, Eloise Dunlap 2006. In Blumstein, Alfred, Joel Wallman. The Crime Drop in America. Cambridge University Press. ; Karmen, Andrew 2000. New York Murder Mystery: The True Story Behind the Crime Crash of the 1990s. NYU Press. New York City Department of City Planning 2000年. 2008年9月1日閲覧。 National Center for Education Statistics. 2008年9月1日閲覧。 PDF. Brookings Institution. November 2003. の2006年11月21日時点におけるアーカイブ。 2008年9月1日閲覧。. McGeehan, Patrick 2006年8月16日. The New York Times. 2007年3月27日閲覧。 プレスリリース , New York City Economic Development Corporation, 2004年11月18日 , 2008年9月1日閲覧。 National Institutes of Health 2003年. 2009年6月26日時点のよりアーカイブ。 2007年3月26日閲覧。 LibrarySpot. 2008年9月1日閲覧。 Les Christie 2007年6月29日. CNNMoney. com. Cable News Network. 2008年1月2日閲覧。 Metropolitan Transportation Authority. 2008年9月1日閲覧。 Pisarski, Alan 2006年10月16日. Transportation Research Board. 2008年9月1日閲覧。 Department of Transportation, Bureau of Transportation Statistics 2001年. 2008年9月1日閲覧。 2008年3月13日時点のよりアーカイブ。 2008年3月15日閲覧。 Metropolitan Transportation Authority. 2008年9月13日時点のよりアーカイブ。 2008年9月1日閲覧。 Metropolitan Transportation Authority. 2010年2月3日閲覧。 プレスリリース , Port Authority of New York and New Jersey, 2008年11月17日 , 2009年5月17日閲覧。 Department of Transportation, Bureau of Transportation Statistics 2002年. 2008年9月1日閲覧。 The Port Authority of New York and New Jersey 2006年11月2日. 2007年2月18日閲覧。 プレスリリース , The Port Authority of New York and New Jersey, 2005年8月29日 , 2007年2月18日閲覧。 Schaller, Bruce 2006年6月. Gotham Gazette.

次の

NYダウ(ダウ工業株30種平均):ダウ先物 | 投資の森

ニューヨーク先物

200722 200723 OPEN INT PRE. 3 949. 6 964. 0 939. 5 943. 1 955. 1 53087 2008 951. 0 UNQ. --- --- UNQ. 956. 0 27999 16201 2009 954. 9 960. 0 968. 5 956. 0 968. 3 960. 7 2010 957. 4 962. 4 974. 9 944. 4 956. 1 963. 8 2101 961. 1 971. 0 977. 7 952. 1 955. 0 969. 9 2104 964. 6 962. 2 962. 2 961. 2 961. 6 974. 0 2107 973. 9 UNQ. --- --- UNQ. 981. 6 [時事通信社]• また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の