マカロニ レシピ。 マカロニ・ペンネのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

マカロニチーズレシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

マカロニ レシピ

マカロニはいろいろなレシピに使える グラタンやサラダに使われることが多いマカロニ。 それ以外の使い道が分からず余らせてしまっている人も多いのではないでしょうか。 もちもち食感で食べごたえのあるマカロニは、 実は色々なレシピに使える万能食材です。 マカロニグラタンやマカロニサラダだけでなく、おかずやスープ、おやつなど幅広い使い方が出来ます。 グラタンやサラダなどの定番レシピはもちろん、人気のおかずレシピやおやつレシピもご紹介しますので、マカロニを使ったレシピのレパートリーを増やしたいという人はぜひチェックしてみて下さいね。 子供から大人まで大人気なマカロニを使ったおかずは、あと一品欲しい時にとても便利ですよ。 マカロニをおいしく茹でるポイント マカロニをおいしく茹でるには 4つのポイントがあります。 どれも基本的な事ばかりですが、このポイントを大切にすることでよりおいしいマカロニになるので実践してみて下さいね。 適当に茹でているとマカロニの食感が損なわれてしまったりして勿体ないですよ。 パッケージの茹で時間を参考にする• たっぷりのお湯で茹でる• 水にさらす• しかし一口にマカロニと言っても様々なサイズや形があり、茹で時間も1分~9分と商品によって大きく違います。 そのため、 茹でる時は必ずパッケージに表記してある茹で時間を確認しましょう。 表記してある時間通りに茹でるのが基本ですが、お弁当用や作り置き用にマカロニを使いたい場合は表記されている時間よりも少し長く茹でるのがおすすめです。 少し長めに茹でることで、時間が経っても固くならずにプリプリ食感がキープ出来ますよ。 少ないお湯で茹でていると、茹でている途中でマカロニ同士がくっついてしまいます。 また、沸騰する前のお湯にマカロニを入れて茹でてしまうとパッケージの表記時間の通りに茹でても固くなったり芯が残ってしまったりしがちですので、 必ず沸騰したお湯を使いましょう。 水にさらして冷やすことで、 余分な熱が入ってボソボソとした食感になるのを防いでくれます。 また、この時にマカロニがたっぷり水分を吸うのでよりプリプリとした食感が楽しめますよ。 水気をしっかり切ることで 水分でマカロニがべチャッとなるのを防いでくれ、ソースや野菜といった他のものと混ぜ合わせた時に水っぽくなりません。 マカロニサラダなどの和え物を作る時には特に気をつけたいポイントですね。 濃厚な味わいが人気のミートソースを使ったマカロニグラタンです。 市販のデミグラスソースを使って作るミートソースは、 赤ワインを入れることで簡単なのに本格的な味わいが楽しめます。 デミグラスソースの代わりにトマト缶を使って作ればよりお手軽ですね。 半熟卵を乗せて食べるのがおすすめですよ。 <材料(2人分)>• マカロニ 120g• 塩 大さじ1• 牛ひき肉 100g• 塩・胡椒 少々• ケチャップ 大さじ1. 赤ワイン 大さじ2• デミグラスソース(市販品) 150g• サラダ油 大さじ1• ピザ用チーズ 60~70g• バター 10g• サーモンのピンクとほうれん草の緑で彩もきれいですね。 オーブンでしっかり加熱されるので、サーモンはホワイトソースに絡めてさっと煮込むだけにしておくと身がふっくらと仕上がります。 ほっこりとした優しい味わいで栄養も満点ですよ。 <材料(3人分)>• サーモン 200g• 塩・胡椒 少々• マカロニ 50g• オリーブオイル(バター・サラダ油) 大さじ2杯• 小麦粉 大さじ3• 牛乳 400ml -コンソメ顆粒 小さじ1• パン粉 大さじ2• 粉チーズ 大さじ2• 長いもを使ってホワイトソースを作るので、 ボリューム満点なのにカロリー控えめでとてもヘルシー。 ダイエット中でもお腹いっぱい食べられると人気です。 しょうゆを少し足して刻み海苔やネギを散らせば、和風のおかずとも良く合いますよ。 <材料(2人分)>• 長いも 15cm位• 玉ねぎ 1個• ベーコン 2枚• 牛乳 1カップ半• コンソメ 1個半• 塩胡椒 適量• 小麦粉 大さじ1位• バター 大さじ1• マカロニ 1カップ半• チーズ 適量 詳しいレシピはこちら: ゆで卵やプロセスチーズを入れてデリ風に仕上げるマカロニサラダです。 プロセスチーズと粉チーズのダブル使いで、リッチで濃厚な味わいが楽しめます。 こちらのレシピでは冷めてもマカロニ同士がくっつかないように、茹で時間やオリーブオイル、牛乳で工夫がされています。 具だくさんで彩も鮮やかなのでお弁当のおかずはもちろん、おもてなしにも使える人気のレシピですよ。 <材料(4人分)>• マカロニ 100g• きゅうり 1本• ゆで卵 2個• ロースハム 4枚• プロセスチーズ 4個• マヨネーズ 大さじ3• 牛乳 大さじ2• 粉チーズ 大さじ1• 和風だしの素 大さじ1• このように マカロニの定義が広い日本では一口にマカロニと言っても実に様々な種類があるのです。 マカロニの種類によってその特徴も異なるので、レシピに合わせたマカロニを選ぶと良いでしょう。 例えば、最もポピュラーな円筒状のマカロニはグラタンやサラダはもちろん、トマトソースなどとの相性も非常に良いマカロニです。 その他には、サラダには螺旋状のフジッリ、スープの具にするならリボン型のファルファッレ、煮込み料理には貝殻型のコンキリエをおすすめします。 また、溝があるタイプのものを選ぶとソースと良く絡みますよ。

次の

マカロニ・ペンネのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

マカロニ レシピ

マカロニはいろいろなレシピに使える グラタンやサラダに使われることが多いマカロニ。 それ以外の使い道が分からず余らせてしまっている人も多いのではないでしょうか。 もちもち食感で食べごたえのあるマカロニは、 実は色々なレシピに使える万能食材です。 マカロニグラタンやマカロニサラダだけでなく、おかずやスープ、おやつなど幅広い使い方が出来ます。 グラタンやサラダなどの定番レシピはもちろん、人気のおかずレシピやおやつレシピもご紹介しますので、マカロニを使ったレシピのレパートリーを増やしたいという人はぜひチェックしてみて下さいね。 子供から大人まで大人気なマカロニを使ったおかずは、あと一品欲しい時にとても便利ですよ。 マカロニをおいしく茹でるポイント マカロニをおいしく茹でるには 4つのポイントがあります。 どれも基本的な事ばかりですが、このポイントを大切にすることでよりおいしいマカロニになるので実践してみて下さいね。 適当に茹でているとマカロニの食感が損なわれてしまったりして勿体ないですよ。 パッケージの茹で時間を参考にする• たっぷりのお湯で茹でる• 水にさらす• しかし一口にマカロニと言っても様々なサイズや形があり、茹で時間も1分~9分と商品によって大きく違います。 そのため、 茹でる時は必ずパッケージに表記してある茹で時間を確認しましょう。 表記してある時間通りに茹でるのが基本ですが、お弁当用や作り置き用にマカロニを使いたい場合は表記されている時間よりも少し長く茹でるのがおすすめです。 少し長めに茹でることで、時間が経っても固くならずにプリプリ食感がキープ出来ますよ。 少ないお湯で茹でていると、茹でている途中でマカロニ同士がくっついてしまいます。 また、沸騰する前のお湯にマカロニを入れて茹でてしまうとパッケージの表記時間の通りに茹でても固くなったり芯が残ってしまったりしがちですので、 必ず沸騰したお湯を使いましょう。 水にさらして冷やすことで、 余分な熱が入ってボソボソとした食感になるのを防いでくれます。 また、この時にマカロニがたっぷり水分を吸うのでよりプリプリとした食感が楽しめますよ。 水気をしっかり切ることで 水分でマカロニがべチャッとなるのを防いでくれ、ソースや野菜といった他のものと混ぜ合わせた時に水っぽくなりません。 マカロニサラダなどの和え物を作る時には特に気をつけたいポイントですね。 濃厚な味わいが人気のミートソースを使ったマカロニグラタンです。 市販のデミグラスソースを使って作るミートソースは、 赤ワインを入れることで簡単なのに本格的な味わいが楽しめます。 デミグラスソースの代わりにトマト缶を使って作ればよりお手軽ですね。 半熟卵を乗せて食べるのがおすすめですよ。 <材料(2人分)>• マカロニ 120g• 塩 大さじ1• 牛ひき肉 100g• 塩・胡椒 少々• ケチャップ 大さじ1. 赤ワイン 大さじ2• デミグラスソース(市販品) 150g• サラダ油 大さじ1• ピザ用チーズ 60~70g• バター 10g• サーモンのピンクとほうれん草の緑で彩もきれいですね。 オーブンでしっかり加熱されるので、サーモンはホワイトソースに絡めてさっと煮込むだけにしておくと身がふっくらと仕上がります。 ほっこりとした優しい味わいで栄養も満点ですよ。 <材料(3人分)>• サーモン 200g• 塩・胡椒 少々• マカロニ 50g• オリーブオイル(バター・サラダ油) 大さじ2杯• 小麦粉 大さじ3• 牛乳 400ml -コンソメ顆粒 小さじ1• パン粉 大さじ2• 粉チーズ 大さじ2• 長いもを使ってホワイトソースを作るので、 ボリューム満点なのにカロリー控えめでとてもヘルシー。 ダイエット中でもお腹いっぱい食べられると人気です。 しょうゆを少し足して刻み海苔やネギを散らせば、和風のおかずとも良く合いますよ。 <材料(2人分)>• 長いも 15cm位• 玉ねぎ 1個• ベーコン 2枚• 牛乳 1カップ半• コンソメ 1個半• 塩胡椒 適量• 小麦粉 大さじ1位• バター 大さじ1• マカロニ 1カップ半• チーズ 適量 詳しいレシピはこちら: ゆで卵やプロセスチーズを入れてデリ風に仕上げるマカロニサラダです。 プロセスチーズと粉チーズのダブル使いで、リッチで濃厚な味わいが楽しめます。 こちらのレシピでは冷めてもマカロニ同士がくっつかないように、茹で時間やオリーブオイル、牛乳で工夫がされています。 具だくさんで彩も鮮やかなのでお弁当のおかずはもちろん、おもてなしにも使える人気のレシピですよ。 <材料(4人分)>• マカロニ 100g• きゅうり 1本• ゆで卵 2個• ロースハム 4枚• プロセスチーズ 4個• マヨネーズ 大さじ3• 牛乳 大さじ2• 粉チーズ 大さじ1• 和風だしの素 大さじ1• このように マカロニの定義が広い日本では一口にマカロニと言っても実に様々な種類があるのです。 マカロニの種類によってその特徴も異なるので、レシピに合わせたマカロニを選ぶと良いでしょう。 例えば、最もポピュラーな円筒状のマカロニはグラタンやサラダはもちろん、トマトソースなどとの相性も非常に良いマカロニです。 その他には、サラダには螺旋状のフジッリ、スープの具にするならリボン型のファルファッレ、煮込み料理には貝殻型のコンキリエをおすすめします。 また、溝があるタイプのものを選ぶとソースと良く絡みますよ。

次の

基本のマカロニグラタンのレシピ/作り方:白ごはん.com

マカロニ レシピ

マカロニグラタンの下ごしらえ 用意するメインの材料は、 マカロニ、牛乳、鶏もも肉、玉ねぎ、椎茸で、バター、小麦粉、塩、こしょうも使用します。 鶏肉等の代用については下記補足に。 椎茸は軸を切り落として2~3㎜幅に、玉ねぎも同じく2~3㎜幅に切ります。 マカロニは鍋にお湯を沸かしてティースプーン1杯ほどの塩(分量外)を加え、袋の表示時間通りにゆでてざる上げしておきます。 自分で切る場合も1㎝角を目安にしてください。 玉ねぎを入れる前に塩ひとつまみ、こしょう少々(各分量外)で下味をつけます。 鶏肉だけで1分ほど炒め、続けて玉ねぎを加え、さらに1分半ほど炒めます。 玉ねぎにも透明感が出てくるまで炒めましょう。 椎茸を加えて、さらに1分ほど、椎茸がくたっとするまで炒めたら火を止めます。 小麦粉大さじ2をフライパン全体にふりかけるように入れ、バター5gほども加え、炒めた具材とともに、フライパンの中でそのままホワイトソースを作っていきます。 小麦粉とバターを加えたら弱火にかけ、 箸で混ぜながら、具材に小麦粉をなじませます。 30~45秒ほど弱火にかけるのですが、フライパンについた粉も具材にからませつつ、白っぽい色合いがなくなるまで火にかけます。 そうすることで、ダマになりにくく、きれいなホワイトソースに仕上がると思います。 火を少し強め、箸で全体を常にやさしく混ぜながら、具材と牛乳をなじませます。 具材に絡んでいた小麦粉と牛乳が次第に混ざりあって、全体的にとろみがついてきます。 湯気が立って沸く直前くらいまで火にかけてOKです。 同じように混ぜながら火にかけ、湯気が立って沸く直前くらいになれば、残りの牛乳を加え、同じことを繰り返します。 最後の牛乳を加えて混ぜながら火にかけ、とろみも出て、ホワイトソースが沸いてくれば 弱火にして7~8分ほど火にかけます。 弱火で煮る間はゴムヘラやスプーンなどを使い、 フライパンの底や淵を混ぜながら、7~8分後に下の写真のように"フライパンにさっと線を引いたときに、底面が一瞬きれいに見えるタイミング"までとろみを強くします。 ゆでておいたマカロニを入れ、ほぐし混ぜればグラタンのホワイトソースの出来上がりです。

次の