絆2朧示唆。 【絆2】テーブル一覧&モードC以上示唆演出まとめ

6号機【絆2】の設定判別要素まとめ|設定示唆演出も一部判明!

絆2朧示唆

BT終了画面のボイス BT終了画面でサブ液晶にタッチすると次回のテーブル示唆のボイスが発生• 弦之介「出立の刻じゃ」… デフォルト• 朧「参りましょうぞ」… デフォルト• 朧「旅の支度が整っております」… テーブル15or16 通常時のモードは、• A〜Dが存在• 状態移行率に影響• 高状態・高モードほどBC当選時にBTに突入しやすい といった役割があります。 モードはスルー回数に応じて決定し、そのパターン テーブル は 全部で16種類存在。 また、BCに当選するまではチャンス目を引くごとにモードの昇格抽選も行われています。 このモードはA<B< C< D 確定 の順番でバジリスクタイムの突入に期待でき、 高モードだけを打つことが必然と勝ちやすくなります。 前作同様にモードC以上であれば期待値が見込めると予想し、モードCの判別方法や狙い方について解説します。 終了画面振り分け 終了画面 モードA モードB モードC モードD 星空 50. 弦之介 チャンス告知• 朧 後告知• 天膳 完全告知 これら3つの告知を任意で選択することができます。 中でも モード判別に一番向いているのが「朧BC」。 BT非当選時は 月や星でモードを示唆します。 5つの示唆の内、モード狙いで使えるのは 「月」と「赤満月」のみです。 流星群もモードB以上確定と一見強そうに見えますし、打てそうに思えるのですが… 絆2においてモードBを打たされるのは結構なマイナスポイントです。 基本的に「月」と「赤満月」のみ狙うようにしましょう。 まとめ モード判別記事いかがでしたでしょうか。 前作のバジリスク絆は状態移行率から高モードを察知することがメインでした。 バジリスク絆2はどちらかと言うと演出での判別がメインとなりそうです。 打感としてはモード示唆演出が案外出やすいのでそちらをメインに見ておくと良いかなと思います。 状態移行率に関しては前作同様に 「ハズレからの超高確5G」に注目。 モードBでも出てしまうのが厄介なのですが… モードAかどうかを判別するのには役立つかと思います。 あとはチャンス目でのモード昇格率も気になる所ですね! 解析が出ればその辺りも解説しようと思います。 最後までお読みいただきありがとうございます! 以上、 「バジリスク絆2 モード判別記事」でした! 導入日未定• 2020年8月17日• 2020年8月3日• 2020年7月20日• 2020年7月6日• 2020年6月15日• 2020年5月18日• 2020年5月11日• 2020年4月20日• 2020年4月6日• 2020年3月23日• 2020年3月16日• 2020年3月2日• 2020年2月25日• 2020年2月17日• 2020年2月3日• 2020年1月20日• 2020年1月6日• 2019年12月09日• 2019年12月02日•

次の

超重要『バジリスク絆2』朧BC終了画面詳細とモード示唆・確定演出&高確示唆・濃厚演出まとめ。

絆2朧示唆

3つのポイント 絆2の通常時は内部モード、内部状態、テーブルの3つのポイントが存在。 良いテーブルが選ばれれば、モードも優遇され、高確や超高確に移行しやすい。 結果として、BC・BTに当選しやすくなる。 テーブル• 内部モードを管理する16種類のテーブル。 このテーブルよってBCスルー後の内部モードを決定。 テーブルは有利区間移行のタイミングで抽選。 基本的に6スルー後にモードDに移行しBC当選でBT確定。 テーブル5のみ7スルーまで存在。 内部モード• 通常時はモードA〜モードDの4種類。 モードが高いほどBC当選時のBT期待度UP。 BC当選でモード移行抽選。 内部状態• 内部状態は低確・高確・超高確の3種類。 高確、超高確時はレア小役成立でBC・BT当選率UP。 超高確中はハズれなどレア小役以外からの当選率もUP。 」が表示された時に、リール左横のサブ液晶画面をタッチするとボイスが発生。 セリフ テーブル期待度 弦ノ介「出立の刻じゃ」 全テーブル示唆? 朧「では参りましょう」 弦ノ介「怪しき気配じゃ」 8・9・13・14・15・16 朧「何かが起こる予感がします」 8・9・11・12・13・14・15・16 絆ランプ点灯 15・16 モード詳細 朧終了画面 終了画面 次回モード期待度 通常パターン 通常パターン 星空よりもモードBorCに期待 モードB以上確定 モードC以上確定 モードD確定 演出 モードA モードB モードC モードD 星空 50. 【陽炎】 後ろを向く < ため息 < 左肩を出す < 両肩を出す < 妖艶なポーズ モードDの可能性大• 【天膳】 去る < 不機嫌 < 微笑 < 笑う < 大笑い モードDの可能性大 ステージ移行矛盾• 【弦之介】 後ろを向く < 書を出す < 刀を抜く < 刀を構える < 刀を構える+オーラ大 超高確濃厚• 【朧】 転ぶ < 扇子を出す < 舞の構え < 舞う < 舞う+回転 超高確濃厚 状態移行抽選 高確以上当選率 モード 共通ベル 弱チェ 強チェ その他 モードA 10. 共通ベル・弱チェリー時の高確以上移行率 モード 共通ベル 弱チェ モードA 10. モード 共通ベル 弱チェ 強チェ その他 モードA — — — — モードB — — — — モードC 0.

次の

バジリスク絆2 「怪しき気配じゃ」「何かが起こる予感がします」の期待値は?

絆2朧示唆

そうだ、絆2を平打ちしよう。 という事でこの台を打ちました。 バジリスク絆2 201G 0スルー 他の台はほぼ即やめだったのでこの台に着席しました。 しかし200ゲームもBCを引けていないこの台。 モードAでしょう。 1回のBCに200Gも使っていたらスルー天井の7スルーなんて夢のまた夢ですね。 とりあえず ゲーム数天井の800Gを目指します。 打ち出してみると・・・ やはり前作をかなり彷彿したつくりになっていますね。 これが吉と出るのか凶とでるのか・・・。 とボチボチ打っていると295Gで 勝利しました! 一発目の巻物で普通にスルーしたので焦りましたが2回目の巻物が刺さりました! やはり今回も巻物が一番大事なんですかね。 という事で初の バジリスクチャンスです! 前作同様弦之介、朧、天膳から選べます。 今回は 朧で行きましょう! 絆でBCといえば 朧の月判別ですよね! いつもの癖で気付いたら朧を選択していました。 しかしよく考えたらどうせ天井まで打ち切る気でいたので次回モードが何であれ 結局打つのだから朧でなくても良かったかなと思いました。 そしてこのBCではふつうにスルー。 うーむ、レア小役が何も引けなかった。 そして終了後の画面では まさかの 赤満月! 前作同様赤満月出現時は次回モードD確定です!! こいつは幸先いいや。 2回目のBCでモードDという事は テーブル15ですね。 結構なお宝台を拾った臭いです。 そして次に当たったのが95GでBC。 すでにBTが確定しているので次回モードはどうでもいいので今回は 弦之介でやってみます! 弦之介BCは設定示唆が出るので設定狙いの時は一番使われるでしょう。 今回は 222人撃破!! これ絶対なんかの示唆だ!と思い調べてみると 「設定2以上確定」 なんと設定1を否定しただけでした。 設定1を否定した台っていうとどうしても設定2なんだろうなと思います。 一応333人なら設定3以上、444人なら設定4以上というような感じになっています。 他にも246人で偶数示唆、456人で4以上確定もあります。 絆2では弦之介BCしか使わなそうですね。 という事で 我が歩み、止めることは叶わぬ! わかっちゃいたけど無事1000人撃破できました! 早速楽しんでいきましょうかね。 バジリスクタイムは懐かしい感じ? では バジリスクタイム突入です! 弦之介背景なので継続率は期待できませんが なんとかなるでしょう! というか中身が本当に前作に似ていますね。 まずは 6対4 うーむ、この対戦人数も前作と同じ期待度って事でいいんですかね? ひとまず甲賀の方が多いからチャンスなのでは?くらいのイメージで打っていくと 無事勝利しました! ちなみに、さりげなく 想高確に入っていましたが チェリーのチェの字も感じることなく終わってしまいました。 しかし継続率で勝利できたという事は高継続率もワンチャンあるのでは・・・ そう思っていると 4対6です。 やばい人数が逆転している・・・。 これはピンチかもしれません。 しかしここでやっと念願の巻物を引きました! ・・・がダメ。 ならば 継続率でがんばっちゃうの術で・・・ 2連終了です。 ぐぬぬ・・・。 この悔しさ、むなしさも前作から引き継いでいますね・・・。 しかし 絆2ではBT終了後にサブ液晶にタッチすると次回テーブル示唆セリフがでます! という事で早速押してみると 「旅立ちの刻じゃ」 これちょっといいやつなんじゃね? と思い調べてみると デフォルトのセリフでした・・・。 なんのテーブル示唆も出なかったので即やめしました。 もう少し打ってみたかったけどこれにて稼働終了です。 まとめ トータル収支+1K 負けなかったから良しとしましょう。 設定入っていないとよっぽどバジリスクタイムには入らないんですかね? 今回はたまたま良テーブルが拾えたのでよかったですが 非常にハイエナ向きではない機種な気がしました。 それでもまた打ってみたいとは思いましたけどね! それでは次の更新まで アリーヴェデルチ!!.

次の