アマゾンコロナ。 グーグル、アマゾンなどのデータセンター投資、新型コロナ契機に温度差 広告収益急減で一部投資先送り

アマゾンは新型コロナウイルスの“特需”に「必需品」優先で対応するが、販売業者への影響は避けられない

アマゾンコロナ

新型コロナウイルス感染防止のためのロックダウン(都市封鎖)などの影響をもろに受ける米小売業界。 増加する需要を取り込んで業績を大きく伸ばす企業もあれば、思うような成長を果たせていない企業もあるなど、明暗が分かれてきた。 コロナショックというこれまでに誰もが経験したことのないような緊急事態下で、各社はどのような動きを見せているのか。 現地からレポートする。 食品の売上構成比が明暗を分ける? 新型コロナウイルスの感染拡大は米国の小売市場にも大きな影響を及ぼしている 米国の一部地域で新型コロナウイルスの感染爆発が起こり、ロックダウンやソーシャルディスタンシング(社会的距離)などの政策が各地で適用され始めた今年3月、米小売販売額は史上最悪となる対前年同月比8. 店舗運営面でも消費者が食料品や生活必需品の買いだめに走ったことから、小売各社は商品確保や配送体制の急な見直しを迫られている。 こうしたなか、大手小売企業では株価や業績面で明暗が分かれ始めている。 一部の州では感染防止をねらって食品など生活必需品以外の商品販売を制限する動きがあることもターゲットには不利に働いているようだ。 しかし、より需要の高い生鮮の強化が遅れていることが懸念材料であるとアナリストたちは指摘している。

次の

エクアドルのアマゾン先住民、新型コロナで緊急事態宣言を発令

アマゾンコロナ

ウォルマートは1日に何千人もの従業員を新たに雇用している。 ウォルマートは、新型コロナウイルスのパンデミックで急増する需要に応じるために雇用を増やすと発表した3月19日以来、5万人の従業員を雇用している。 ウォルマートは当初、5月末までに15万人の従業員を採用する計画と述べていた。 だが同社は3月31日、この数字は軽く超える見込みだと発表した。 アマゾンも雇用を増やしており、採用計画を発表した後の24時間で5万人の応募を受けたと述べた。 ウォルマート(Walmart)は3月31日、新型コロナウイルスのパンデミックで急増する需要に対応するため、1日におよそ5000人を雇用していると述べた。 同社のダン・バートレット(Dan Bartlett)副社長によると、5月末までに15万人の従業員を増加する計画について発表した3月19日以来、およそ5万人の新しい従業員が雇用されている。 「我々は15万人という数字を出した」とバートレット副社長は3月31日、記者団との電話会見で雇用目標数について言及した。 「この数字を軽く超えるかもしれない。 現在とても速いペースで採用を行っている」 同社が採用している従業員の役割は短期的なものだが、その多くが時間とともに長期雇用に変わるだろう。 従業員の増加とともに、平均2週間かかっていた採用プロセスを24時間に短縮し、レジや在庫担当などの必要なポジションの採用のピッチを上げている。 ウォルマートではスピードアップのために、対面での面接から電話面接に切り替えた。 「応募書類を受け付けると、店舗は事前審査のために候補者に電話をかけ、採用基準を満たせば、事前審査の段階で口頭で採用が告げられる」と、同社広報は語った。 その後、候補者には身元確認などの採用手続きの詳細がEメールで案内される。 ウォルマートではに、募集中の職種一覧とオンライン応募について掲載している。 アマゾンに、わずか1日で5万人の応募者が殺到 アマゾンも雇用を促進しており、10万人の従業員を新規にと発表している。 同社広報のジェイ・カーニー(Jay Carney)は3月28日、CNNに対して、雇用を増やすと発表した後の24時間で、5万人から応募があったと述べた。 同社では、その後、何名の従業員を雇用したかを明らかにしていない。 アマゾンにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

次の

アマゾン先住民の「大量虐殺」の声も、ブラジルのコロナ政策

アマゾンコロナ

同社は米CNET宛ての電子メールによる声明で、2人の解雇を認めた。 「雇用主の労働条件を批判するすべての従業員の権利を支持するが、今回のケースは、いずれの社内ポリシーに照らし合わせても全面的な免責を与えることはできない」「社内ポリシーに繰り返し違反したため、これらの従業員を解雇した」と、Amazonの広報担当者は述べた。 同社は米国時間4月14日、ミネソタ州の倉庫に勤務し、従業員デモの組織に関与したBashir Mohamedさんも解雇したことを認めた。 Mohamedさんの解雇については、が先に報じていた。 Amazonの広報を担当するKristen Kish氏は声明で、同社は従業員の抗議する権利を尊重し、認めるが、健康と安全性の問題を考慮する必要があると述べた。 「この個人は、不適切な言動と、ソーシャルディスタンシングのガイドラインに対する違反があり、度重なる懲戒処分を受けた結果として解雇された」と述べた。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の