お通夜 御霊前 御香典 どっち。 御霊前》御香典/書き方/ご仏前/ご霊前/御佛前/お札の向き入れ方/金額相場

香典を事前に渡すのはNG!葬儀の香典マナー集 [通夜・葬式の弔問マナー] All About

お通夜 御霊前 御香典 どっち

不祝儀袋とは? 読み方は 「ぶしゅうぎぶくろ」です。 お通夜や葬儀、法事などの際、現金を包む水引のついた袋です。 「香典袋(こうでんぶくろ)」「お悔み用ののし袋」などとも呼ばれています。 不祝儀袋にはさまざまな表書きがあり、今回は「御香典」「御霊前」「御仏前」について説明します。 お通夜や葬儀、告別式のいずれかに持参するもので、故人にお花や線香のかわりに金銭をお供えします。 「御香典」とは、御霊前や御仏前を含むお供え全般のことをいいます。 葬儀という突然の出費に対して、お互いに助け合うという意味もあり、ご遺族に「葬儀費用の一部にあててください」という気持ちが含まれています。 御霊前と御仏前の違いとは?お通夜、四十九日はどれ? 仏教の場合、 一般的にはお通夜や葬儀では「御霊前」、四十九日を過ぎたら「御仏前」と書きます。 これは、「人は亡くなると霊になり、四十九日法要を終えると成仏し極楽浄土へ向かう」と考えられているからです。 四十九日法要の御香典には「御霊前」と書き、それ以降の法要では「御仏前」と書きます。 仏教の中でも、 真宗(浄土真宗や真宗大谷派など)は、四十九日の前でも「御仏前」と書きます。 これは、真宗では「人は亡くなったらすぐに成仏し浄土へ向かう」と考えられているからです。 ですので、 お通夜や葬儀の時にも「御仏前」と書いた御香典を準備しましょう。 仏教ではあるけれど、 宗派が分からない場合は「御香典」と書くと無難でしょう。 それぞれの違いがわかりましたか? ほとんどの仏教では四十九日が過ぎるまでは「御霊前」、過ぎたら「御仏前」、真宗など一部の仏教では通夜から「御仏前」、宗派が分からない場合は「御香典」と覚えておきましょう。 ここで説明したものは一般的なものです。 宗派や地域によっては細かいしきたりやマナーもあるようですので、もしも確認できるような間柄であるのなら、ご遺族に失礼のないよう尋ねるのもいいかもしれません。

次の

御香典と御霊前と御仏前の違いは?四十九日法要は何を使う?

お通夜 御霊前 御香典 どっち

49日は御霊前(ご霊前)、御仏前(ご仏前)? 御仏前が多いです。 香典袋(不祝儀袋)の表書きは、御仏前か御佛前です。 御仏前と御佛前は同じですのでどちらでも構いません。 (仏は佛の略字) 地域やしきたり、ならわしで違う場合もありますので、事前に確認できるなら確かめたほうがより良いです。 どうしても迷うのなら、 「御香典」を使います。 同じ仏教でも宗派によって成仏(じょうぶつ)の考え方が違います。 宗教は人間の考え(妄想)で出来ているので、これが唯一無二という正解はありません。 一般の仏教では、亡くなった人は四十九日まで霊の状態で、「四十九日に来世の行き先が決まる」とされています。 家族や親族は、故人が極楽浄土に行けるよう願うため、四十九日に法要を営みます。 ですので、四十九日の時点では故人は霊なので本来のお香典の表書きは「御霊前」なのです。 ですが、四十九日に行く先が決まり 極楽浄土に行き仏になる前提で「御仏前(御佛前)」を持参します。 実際の四十九日は、僧侶の都合や土日に合わせるため、本来の四十九日ビッタリの日よりも前に行われることがありますが、その場合でも同じです。 スポンサーリンク 気になる四十九日の香典相場 法要のみに参加する場合と、会食のも参加する場合で違ってきます。 金額に幅があるのは、年代によって変化するからで20代でしたら下限、40代以上であれば、中間から上の金額を包むとよいでしょう。 四十九日法要の流れ 流れの順番は、前後ありますが内容はこのようになります。 喪主あいさつ• 僧侶の読経• 白木の位牌から本位牌に魂を移す儀式• 僧侶法話• 僧侶とお墓に行き読経後に納骨• 会食 四十九日法要のマナーについて 四十九日の香典は、お通夜・お葬式ほど細かいマナーはありません。 香典に包むお札 お通夜・お葬式では避けなければいけなかった新札ですが、四十九日では新札でも構いません。 なぜなら、不幸を予想していたかのようなイメージになるお通夜・お葬式とは違い、四十九日は予定されているからです。 薄墨は必要なし お通夜・お葬式のときのように薄墨は使いません。 「悲し涙で墨が薄くなった」や「墨をする余裕がなかった」というような意味を表していましたが、四十九日は予定されているものですので普通の墨の濃さで書きます。 香典袋に書く金額 漢数字の旧字体(大字)を使います。 これは、お通夜・お葬式のときと同じです。 よく読まれている記事• この記事は、御霊前(ごれいぜん)の書き方についてまとめています。 お葬式やお通夜の御香典には、知っておき... 534件のビュー• 御霊前(ごれいぜん)の中袋の書き方についてまとめています。 お葬式やお通夜は急な場合が多く、時間がありま... 407件のビュー• 葬儀に持っていく「ご霊前」は、急に準備することになるので慌てます。 予め準備しておくわけにもいきません。... 141件のビュー• この記事は、御霊前(ごれいぜん)の表と裏面の書き方についてまとめています。 特に、中袋(内袋)なしの場合... 86件のビュー• 亡くなってから49日に営まれる法要にも香典を持参します。 香典袋(不祝儀袋)をお店に買いに行って悩むのが... 60件のビュー.

次の

お通夜の不祝儀袋は「御香典」で良いでしょうか。それとも「御霊前」です...

お通夜 御霊前 御香典 どっち

香典を事前に渡すのはNG Q: 知人の訃報を聞きましたが、お通夜、葬儀には参列できないので、香典を持参して自宅に駆けつけました。 A: 避けたほうがいいでしょう。 お通夜の前に香典を渡すのは、事前に用意していたと思われます。 お通夜、告別式とも参列できない場合は、香典を知人に託したり、また告別式後に改めて香典を持参して自宅へ弔問するとよいでしょう。 お通夜の前に自宅を弔問する場合は、お悔やみの気持ちを伝えるだけでじゅうぶんです。 ・香典をお渡しする時期にもマナーがあります。 「供花・供物はご辞退させていただきます」と聞き、手ぶらで葬儀の場所へ出かけたら……。 A: 「供物・供花ご辞退」は香典をお渡しするもの。 手ぶらはNGです! 「供物・供花ご辞退」は「供物・供花は受け取りません」と言うことですので供物・供花は贈りませんが、香典を持参します。 ちなみに「ご厚志ご辞退」は「香典も供物・供花も受け取りません」と言うことなので、この違いをよく理解しておくこと。 一番よいのは、お香典だけは用意して、会場の受付の様子を見て決めることです。 通夜と告別式、両方に出席する場合のお香典 Q: 通夜と告別式両方に参列する場合、どちらにお香典を持参すればいいのか迷ってしまいます。 A: どちらとも決まっていません。 一般的には通夜、葬儀両方に参列する場合は、通夜に持参する場合が多いです。 しかし、地域により習慣が違う事もありますので、地域のしきたりに詳しい方に聞いておきましょう。 香典で失敗!? 表書き、包む額の目安、再確認しましょう Q: 典袋にお金を入れ忘れたのを後で気づきました。 A: 恥ずかしくても出来るだけ早く申し出ること! お通夜から帰宅して気がついたら告別式に、また後日改めて挨拶に伺い渡すようにします。 案外よくあるお金の入れ忘れです。 気がつく人、まったく気がつかない人。 また気がついてもそのままにしておく人。 一番大事なのは、香典袋にお金を入れたかどうかしっかりと確認することです。 お悔やみは悲しみを表現する席。 香典に間違いや失礼があってはたいへんです。 突然の不幸な知らせでも、あわてずに落ち着いて対応できるように普段から心がけておきましょう。 香典は郵送してもいい? Q: 香典を郵送するのは失礼だと友人に言われました。 A: 現金書留で送れば大丈夫! 遠方での不幸の場合は持参した時と同じように不祝儀袋に入れ、郵便局の現金書留用の封筒に入れて送ります。 その時に伺えなかったことへのお詫びを書いた手紙を同封すればよいでしょう。 ただし、お悔やみ状として送る手紙は、封筒も便箋も模様や色のついていない白一色のものを選ぶこと。 封筒は内側に別の紙がついている二重封筒は使用しません。 なぜなら「不幸が重なる」と言い嫌います。 また黒のペンで縦書きで書きます。 会社でまとめてお渡しする場合など Q: 同僚5人で一つの香典袋を持参し、葬儀には私が代表して参列。 会葬礼状は、自分の分だけ持って帰ったけど……。 A: 5人分もらって帰りましょう。 あとでひとりひとりに渡してあげればいいのです。 会葬礼状は香典をいただいた方へのお礼状。 参列しなくても受け取っていいのです。 礼状には、清めの塩や会葬御礼品(ハンカチなど)が入っています。 (宗派によって、清めの塩はない場合も) 【関連記事】•

次の