ブラック クローバー アスタ 悪魔。 ブラッククローバー:アスタの正体に期待が高まる件(ネタバレ注意)

最新ネタバレ『ブラッククローバー』253

ブラック クローバー アスタ 悪魔

スポンサーリンク 前回242話は、アスタとゴーシュがミラーズ・メテオライトを放つが、ダンテが悪魔の力を解放し、空間を歪ませて攻撃を躱す。 困惑しているアスタに追撃をして地面に叩きつけます。 ダンテは同じ悪魔の力を持つ者同士気が合うと思っているが、アスタとダンテは全く違う思想の持ち主です。 アスタはお前なんかと一緒にするなと言いますが、それは褒め言葉だと話します。 ダンテは悪意とは動物にはない人間だけが持つ者だと言います。 アスタはもう一度彼の言葉を否定します。 悪い気持ちを制御して正しく使えるのが人間だと言い、ダンテは変わったやつだと言います。 ダンテがさらにアスタを叩きつけようとしますが、ルージュの能力で何とか免れます。 ダンテは怒った素振りを見せて、次の瞬間悪魔の力を60パーセント解放するとバネッサの全魔力を消耗させます。 ルージュの姿が消えてしまいます。 次にヘンリーが魔力を保てなくなり、暴牛号の左腕が崩れます。 ダンテはゴーシュ、バネッサ、グレイを魔法で動けなくします。 そしてゴーシュに魔法で作った剣を体に突き刺します。 それを見て怒りが頂点に達したアスタは、ダンテを剣で吹き飛ばします。 今回で言霊魔法を使う悪魔の名前が判明します。 スポンサーリンク 悪魔ルチフェロ 田畠裕基「ブラクロ」243話より引用 アスタがダンテに放った一撃でバネッサ達を捕らえていた魔力が消えます。 アスタのアンチ魔法の剣の効果が広範囲に及んだようです。 もしかしたらもうちょっと強くなったらアンチ魔法の剣の効果が持続するなんてこともありえますね。 そうなったら魔法封じが完全にできますね。 余裕のダンテにアスタは攻撃を仕掛けます。 アンチ魔法の剣から黒いもやもやが現れてダンテに向かっていきます。 アスタはうなっていて我を失っていると感じます。 黒いもやもやはダンテを追跡しますが、躱されます。 次々と攻撃を繰り出しますが、ダンテは余裕で躱します。 田畠裕基「ブラクロ」243話より引用 ダンテはあの悪魔は何者かと、自分に憑いている悪魔ルチフェロに尋ねます。 アスタは悪魔と話しませんが、ルチフェロはダンテと普通に対等に話しているようです。 悪魔の力を扱えるようになるほど、話せるようになるのかもしれませんね。 スポンサーリンク 『ブラッククローバー』ネタバレ 243-244 話のまとめ 今回は、言霊魔法を使う悪魔とダンテに憑いている悪魔の名前が判明する、グレイが何もできなくて涙を流す、アスタがついに一撃をダンテに食らわせる、などが描かれました。 田畠裕基「ブラクロ」243話より引用 アスタがダンテに一撃を入れたことがいいことかというと違うと感じます。 ダンテが悪魔の力を最大に解放したらどうやっても今は勝てません。 そして逃げる事もできません。 グレイが今回涙を流していましたが、もしかしたら覚醒する可能性があるかもしれませんね。 田畠裕基「ブラクロ」243話より引用 あと、最上位の悪魔と言う言葉が気になりますね。 最上位の悪魔の中にも序列があるのかもしれません。 もしアスタに憑いている悪魔が最上位ではない場合、最上位の悪魔に勝つ方法を何か企んでいるかもしれません。 そのためにアスタに憑いている可能性があると感じます。 次回は、ダンテが悪魔の力を80パーセントくらいまで解放すると予想されます。 自分よりも弱いやつに傷つけられるのがよっぽど嫌いなようです。 バネッサがダンテに連れて行かれる可能性が今回で高まったように感じます。 ヤミがもうちょっとで出てくる可能性がありますね。 もし、ヤミが来ても勝てないならバネッサは連れていかれるでしょう。 重力魔法の弱点の魔法というものがないと厳しい状況です。 しかし、今のところ重力魔法の弱点の魔法を使える魔法騎士がいないです。 次回もお楽しみに!.

次の

ブラッククローバー:アスタの正体に期待が高まる件(ネタバレ注意)

ブラック クローバー アスタ 悪魔

前話までのおさらい ・ダンテ、連携プレイをあっさり回避! ・ダンテ、再び「俺の女」発言! ・ゴーーーーーーシュ!!! ブラッククローバー243話ネタバレ「暴走したアスタの斬撃が当たらない!」 前回、ダンテはアスタを圧倒し、さらにゴーシュを大剣で刺しました。 そこでアスタの感情が爆発し、悪魔憑きの力が覚醒(暴走?)してダンテに斬撃を放ちました。 面白い展開になってきたが🤔 相手も最初から全力の力を引きださいなのは何かしらリスキーな点があるからか。 まだ生き残れる希望はありそう。 — ユウ1108 面倒事は早めに処理 Yuzu110846 そして今回! そのアスタの斬撃の余波で、重力魔法で身動きできない状態だったバネッサ、ゴーシュ、グレイたちの魔法が解けました。 バネッサたちはアスタの背中側にいて、斬撃は直接当たってはいないけど、ここら一帯の魔法が無効化されたようです。 ここからはアスタの攻撃が無双します。 なんか斬撃がダンテを追いかけるようになってます。 ダンテは相変わらずヒラリとかわすのですが、交わした先からUターンして戻ってきてまた斬撃を加えます。 しかしそれもかわすダンテ。 余裕のダンテは 「そんな攻撃が私に当たるわけないだろう」 とまるで意に介しません。 ブラッククローバー243話ネタバレ「アスタの悪魔は何者なのか?」 ここでダンテは自分に憑いている悪魔に 「やつの悪魔は何者だ!?」 と尋ねます。 その際にダンテの悪魔の名前が判明。 「ルチフェロ」 今まで決して明かされることのないアスタの悪魔。 分かっているのはエルフ編で出てきた悪魔ザグレドのことを「先輩」と呼んでいたことだけ。 🇧🇷 TonatiuSaraiva ルチフェロはダンテに聞かれても、一瞬考えたものの、 「…知らないな…」 と答えます。 ルチフェロ曰く、 ・上位の悪魔でこの世界に来ているのは冥府を出たザグレドだけ ・魔法を消すという力は悪魔からすると「姑息」 ・そんな悪魔は魔力の足りない下位の低俗なものだろう という決めつけたような結論でした。 さらにダンテは言います。 「我々には最上位の悪魔がついている」 つまり、ルチフェロは最上位の悪魔であると。 ヴァニカの悪魔メギキュラも最上位。 【ブラッククローバー】240話 まさか悪魔メギキュラを有しているのがヴァニカだったんだね! — ケロスケ CmYBIQbbCVEw3Oa ゼノンの悪魔は名前は不明だが最上位。 そのルチフェロは知らないということは、少なくとも上位の悪魔ではない。 だから下位であると。 まあ実際、暴走したアスタの攻撃がダンテにはまるで届いてないですからね。 やはり格が違うのか?下位は上位に敵わないのか? それとも単にアスタが未熟なだけで悪魔の力を使いこなしてないだけか? というか、 ジャンプの王道の流れだと、主人公のアスタについている悪魔は実は特別な悪魔だった、というのが定番ですが。 ブラッククローバー243話ネタバレ「トドメを刺すダンテに対しアスタは…」 アスタの悪魔が下位だと確信し、これ以上時間をかけることもないから、そろそろトドメでもさして帰ろうかモードのダンテ。 もの凄い重量の岩石を次々と浮かしてアスタにぶつけるダンテ。 それを交わしつつ斬撃を飛ばすアスタ。 それをひょいと余裕でかわすダンテ。 バネッサはダンテとアスタが繰り広げる戦闘の凄さに驚きつつも、今のアスタは暴走状態であると見ています。 そしてゴーシュはどうなった!? 出典: あれだけ刺されたらさすがに今週は持たないだろう、とうとう死んでしまうのか?と思いきや、 まだ生きてる。 しかし虫の息でもうヤバいという状況です。 ネロがいればダメージごと封緘できるようですが、ネロもいない。 グレイは結局何もできずに泣いてばかり。 うーんグレイ使えないな。 ダンテはトドメをさすために、岩石を圧縮して大剣をたくさん作り、アスタに放ちます。 うーん、重力魔法って便利ですね。 というか、重力魔法でアスタの動きを止めればいいのでは?と思いますが。 しかしアスタもすぐにはやられません。 自ら回転して大剣を弾き飛ばしてます。 そこから斬撃を飛ばすアスタ。 一方、ダンテは 「ふん、無駄無駄・・・」 とかわそうとすると、重力魔法で瞬間移動するダンテの現れ先を予測して攻撃を放ち、とうとう頬をかすめることができました。 うーん、戦闘が始まってようやく当たったというかかすりましたね。 ダンテは虫程度に思っていたアスタに攻撃されて血を流してちょっと表情がイッちゃってます。 次週はダンテの本気の攻撃がみられるかもしれませんね。 ブラッククローバー243話の感想と考察 アスタの攻撃はようやく当たったものの、実力差は明白。 おまけにダンテの能力も60%を解放した程度。 これを80%とかしたら、もうとんでもない攻撃になりそう。 そうなるとアスタには全然勝ち目はなさそう。 なにしろ攻撃が当たらないからなぁ。 当たればダメージ与えられるのに。 そして今回、興味深かったのはダンテの悪魔が判明したこと。 翼が4枚、角も4本と今までとは違う異形な感じでしたね。 そして相変わらずアスタの悪魔は不明なこと。 一体何者なんでしょうね、アスタの悪魔は。 アスタの悪魔はアスタが100%悪魔の力に飲まれる状態を待っているんでしょうかね。 ダンテは自分の悪魔と会話していました。 アスタも一度会話してるはずですが、アスタの体を借りて現世に実体化しようと利用してる悪魔に反発してまともに会話できていません。 自分の内面と向き合い、悪魔に自分を認めさせることがより力を引き出すためのカギなのかもしれないですね。 つまりNARUTOでいうナルトと九尾のような関係が理想でしょうが。 スペード王国にはそうやって悪魔の力を引き出す訓練方法が確立していそうですが。 来週も楽しみです。 そしてヤミ団長はいつ来るのか!? ブラッククローバーをzipで無料ダウンロードするのはヤバい!? 今って漫画とかネットで無料でダウンロードしたり閲覧できるサイトがありますよね。 かつての漫画村のような海賊版サイトが。 「タダで読めるなんてええなぁ!」 そう思って、以前試してみたことがあったのですが、結論を言うと出来ませんでした…。 海賊版サイトは調べるといくつかあるのですが、いずれも海外のダウンロードサイトを利用しています。 ダウンロード画面では 無料プランと有料プランがあります。 30日プランとか90日プランとか複数用意されています。 私は課金するつもりは一切ないので、「Free」で試してみました。 しかし無料プランだと数字を入力するときに突然、別の怪しいページが開いてしまい、 パソコンのセキュリティソフトが激しく反応してしまいました。 もちろん、慌てててページを消しましたけど、怖くてダウンロードできませんでした。 でも、ここで諦めるのはもったいない! そう思って再度、ダウンロードしようとしたら、 「次のダウンロードまでは11時間21分待ってください」 と表示されて、膝から崩れ落ちました(笑) おそらくプレミアム会員とかになれば、この待ち時間はなくなるのでしょうね。 いずれにしろ、 ブラッククローバーのzipファイルを無料ダウンロードしようとすると、怪しいウイルスに感染するリスクがかなり高いことが分かりました。 安全に無料でブラッククローバー最新刊を読める方法がある!? ブラッククローバー最新刊を海賊版サイトで無料ダウンロードしようとすると、怪しいウイルスに感染する確率がかなり高いと説明しました。 実は、ウイルス感染の危険を冒さなくても、 無料でブラッククローバーを読む方法はあるんです。 それはズバリ、 U-NEXT ユーネクスト です。 U-NEXTは漫画が26万作品、洋画・邦画の映画が8100作品も見放題の日本でも有数のエンタメが楽しめるサイトです! もちろん、ジャンプ系の「ワンピース」や「ヒロアカ」「鬼滅の刃」「ブラッククローバー」などの単行本最新刊もしっかり押さえてます! 見放題の作品を見るには月額会員になる必要がありますが、大丈夫です! U-NEXTは31日間の無料トライアル期間があるので、継続して利用しない、という方でも安心して解約できます。 ちなみにブラッククローバーのアニメも見放題です! 私はつい夜更かしして「鬼滅の刃」のアニメ全話を一気にみてしまいました笑 31日間の無料トライアル期間が終わる直前に解約してしまえば全く料金は発生しません。

次の

ブラッククローバー

ブラック クローバー アスタ 悪魔

ブラッククローバーのアスタの正体を徹底考察! まずはアスタの正体に迫るため、アスタの基本情報からおさえておきましょう。 shonenjump. html• 出身地 ハージ村• 年齢 15歳• 身長 155㎝• グリモワール 5つ葉(黒) アスタの能力• 魔法 アンチ魔法• 武器 退魔の剣 宿魔の剣 滅魔の剣• 所属 黒の暴牛団 グリモワールと武器について まず、グリモワールと武器については、本作でも登場したリヒトが所持していましたが、長い年月を経てアスタに継承されたものですが、リヒトが所持していたグリモワールは4つ葉、それに対してアスタのグリモワールは5つ葉になっています。 『 クローバーの葉にはそれぞれ、誠実、希望、愛が秘められている。 4枚目の葉には幸運が宿る。 5枚目には悪魔が棲む 』第一話 参照 上記の通り、 リヒトが生前、悪魔との戦闘でグリモワールを奪われそうになり、5つ葉になり、後にアスタのものとなった。 といったニュアンスで作中で説明されています。 武器についても、リヒトの武器は光り輝いているのでアスタの武器は黒く錆び付いているのも上記のことで説明がつくのですが、本来であれば作中でアスタたちが戦闘していた悪魔がアスタの体やグリモワールや武器に影響!といったようなストーリー展開が大筋です。 この悪魔が出てくる前にアスタの中にすでに別の悪魔が巣食っていて、アスタがブラックモード(悪魔化)を習得するという展開が繰り広げられて、実際に作中でも、 アスタたちと対峙した悪魔が奪い取るつもりだったグリモワールは、既に同胞(別の悪魔)のものになったから必要ないと述べています。 アンチ魔法とブラックモード アンチ魔法もブラックモードも作中ではアスタの中に巣食う悪魔の力という前提で話が展開されていて 、 特にブラックモードについては魔女王によって施された回復魔法の影響で発動可能になりました。 その際、アスタと悪魔との対話の描写があり、その対話の中で、『ずっと近くにいた』と悪魔は話しています。 このことから、アスタのアンチ魔法はこの悪魔によって発動しているという仮説が立てられるのですが、ではなぜ、このアスタの中に巣食う悪魔はなぜアスタの中に存在するのでしょうか? 結局アスタの正体って? 長々と前置きをしましたが、ここから本題。 アスタの中に既に悪魔が居たとなると、3つのことを考える必要があります。 アスタの生い立ち• アスタの魔力が無いのはなぜか• アスタの中になぜ悪魔が巣食うようになったのか まず、アスタの生い立ちについてですが、公式によると、作中の10月4日に親友でライバルのユノと共にハージ村の神父に引き取られました。 作中でクローバー王国内で苗字のようなものが無いキャラクターはアスタ、ユノ、グレイの3名のみとなっていますが、グレイは性格上、苗字を公開するのも恥ずかしがっているだけだと思うので、 実質アスタとユノのみとなります。 ユノも素性はわかりませんが、ストーリー内でリヒトの子供の転生者であることがわかっていて、魔石を所持していたことから、貴族ではないかとの推測が立て易くなっているのですが、 アスタに関してはグリモワールを手にする前から魔力が全く無いということだけが分かっている以外、全く素性の予想を立てる為のヒントが一つもありません。 shonenjump. html では、どうして魔力が全く無いのかについて考えてみましょう。 アスタは同じジャンプの人気作『僕のヒーローアカデミア』の主人公の緑谷出久のように生まれ持って能力がないといった決定的な証拠がありません。 「なんかわからないけど、魔力ないんだよね」的ニュアンスで表現されているので、 恐らくここにアスタの中に巣食う悪魔が大きく影響しているのでしょう。 上記でもアスタと悪魔との対話について触れましたが、 生まれた頃からいたとなれば悪魔の影響で魔力が無いことにも説明がつきます。 ですが、なぜ悪魔はアスタを選んだ、または、選んだのではなく、呪いのような形でアスタに憑いてしまったのではないのでしょうか。 コミック22巻で魔法帝ユリウスは、 アスタのブラックモード時に出現する角は禁術を犯した者にのみ出る呪いと明言しています。 現にネロも500年前に禁術を発動したことにより、呪いを受け角が生えています。 このことからアスタが悪魔の世界に通じる禁術を使ったことになりますが、忘れていけなことがあります。 そう、 アスタに禁術どころか、簡単な魔法を使う為の魔力が無いということです。 となると、考えられることは、『誰か第三者の手でアスタは禁呪状態にされた』ということ。 アスタの親が禁術を発動したもしくはアスタ、または親がかけられたことによりアスタがその代償となることで悪魔がアスタの中に入ることに繋がります。 ヴァンジャンスやシャーロットのような一族に対して恨みがあった者が放った呪いは、代々引き継いでいるものなので、アスタのものとは違うでしょう。 アスタのは個人に向けられたまたは、親が受けてしまったことで反動でアスタに呪いがかかったのだと考えた方が妥当ですね。 まとめ 魔女王からアスタは『生まれついての出来損ない、故に贄となることができている』的表現で評価されていて、このことから、本当にアスタは生まれもって魔力が無く、グリモワールに憑いていた悪魔がアスタに力を与えているという推測も立てられます。 グリモワールに憑いていた悪魔と共に共存することになったことで、自動的に禁呪状態になったとも考えられますし、まだ、コミック22巻、ジャンプでもこれから悪魔について深く触れようとしている展開が掲載中です。 ブラッククローバーはまだまだ始まったばかり、皆さんもアスタの正体について、考察し、応援していきましょう! ブラッククローバーのアニメはもちろん、漫画もポイントを使えば見れてしまうU-NEXTの31日間の無料体験をしてみましょう。

次の