小山市長選挙。 【市長選挙】栃木・小山市は大久保氏5選

小山市長選挙2020の立候補者の情勢予想と公約・経歴|日程、投開票7月5日|選挙ネット

小山市長選挙

72% 小山市長選は、新人の浅野正富氏が現職の大久保寿夫氏の6選を阻み、初当選を果たした。 5 =合計8. 5 =合計9. 6月27日現在の選挙人名簿登録者 有権者)数は13万5781人。 日本国籍を有している人• 2002年7月6日までに生まれた人• 小山市役所別館1階会議室1• 小山東出張所• 間々田市民交流センター(しらさぎ館)=8~17時• 桑市民交流センター(マルベリー館)=同• 小山城南市民交流センター(ゆめまち)=30日~7月4日、同• 大谷公民館=29日~7月3日、同• 生井公民館=同• 寒川公民館=同• 豊田公民館=同• 中公民館=同• 穂積公民館=同• 97年本省室長、99年関東農政局建設部次長などを歴任した。 2000年の小山市長選に出馬して初当選し、連続5選を果たしている。 88年に弁護士登録をし、92年に小山市内に弁護士事務所を開設した。 2009年にNPO法人ラムサール・ネットワーク日本事務局長(現理事)として活動、環境問題に精通する弁護士として定評がある。 選ばれるまちづくりをして、多くの人や企業を呼び込んで活性化させたい。 市民の応援がある限り、今後も続けたい」 【 政策・公約】• 人と企業を呼び込み、50万都市の実現• 増収、減借金で財政の健全化を図る• SDGs、スマート自治体、多文化共生などの社会を目指す• 小山駅東口にコンベンション併設ホテルの誘致• 企業誘致に向けた新規工業団地の造成• 若者の定住に向けたUJIターンの促進• 18歳までの医療費無料化や待機児童ゼロの実現• 豊田中学区に小中一貫校の開設を目指す• 児童生徒1人1台の学習用コンピューターを配備• 市民や議会の声を聞かない市政を変えなければならない。 トップダウンによる市政から、話すことができる市長になる」 【 政策・公約】• 徹底した市民との対話で協働する市政を実現• 情報公開の徹底や「市民フォーラム」を開催し、議論の場を設ける• 田園環境都市の素晴らしい環境を守り、持続可能なまちづくりを促進• 県内14市で最下位の財政調整基金(残金)の見直しで不要不急の支出を削減• 若年層を含む定住人口を増やすための子育て支援策の拡充• 地元優先の経済や就業環境の整備を進める• 医療、介護、福祉、自然環境保全のさらなる充実を図る• 公共交通機関などの移動手段の確保• 新型コロナウイルス感染症拡大の防止、経済回復の早急の実現• 長期にわたる現市政を刷新し、新たな市政の転換でまちを活性化させる 小山市長選2020の争点や情勢、予想を解説 小山市長選の争点は、6選を目指している現職の大久保寿夫氏の多選を有権者がどのように判断を下すのか。 さらに、世界中でまん延する新型コロナウイルス感染症の防止策や経済回復策など、難局が予想される市政運営の適任者を選ぶ。 大久保氏は農水官僚から地元の小山の活性化のため、市長として5期20年にわたって市政のかじ取り役を担ってきた。 行政手腕に一定の評価はあるものの、多選について多くの市民が関心を持ち始めているのも事実だ。 現市政を刷新するために出馬したのが、弁護士の浅野正富氏。 政党支援を受けず、草の根運動的な活動で政策や主張を訴えている。 環境問題に詳しい弁護士として定評があり、新たな小山市のリーダーとして、まちの抱える問題や打開策を訴えている。 情勢を予想すると、大久保、浅野両氏の戦いは接戦になっている。 中盤まで先行していた大久保氏に対し、終盤で浅野氏が猛追していると地元紙では報じている。 組織票を固めている大久保氏だが、多選による硬直した市政に反対する浅野氏に共感する市民も数多い。 小山市長選以外の2020年7月5日執行の注目選挙 当サイトでは小山市長選以外にも、7月5日執行のその他の注目選挙も掲載している。 注目記事• 185. 6k件のビュー 2020年6月6日 に投稿された カテゴリ:• 107. 6k件のビュー 2020年5月11日 に投稿された カテゴリ:• 104. 2k件のビュー 2020年4月1日 に投稿された カテゴリ:• 101. 8k件のビュー 2020年7月6日 に投稿された カテゴリ:• 1k件のビュー 2020年7月5日 に投稿された カテゴリ:• 7k件のビュー 2020年3月24日 に投稿された カテゴリ:• 2k件のビュー 2020年4月28日 に投稿された カテゴリ:• 70k件のビュー 2020年7月12日 に投稿された カテゴリ:• 4k件のビュー 2020年7月10日 に投稿された カテゴリ:• 7k件のビュー 2020年6月20日 に投稿された カテゴリ:.

次の

【小山店】市長選挙

小山市長選挙

【小山】任期満了に伴う市長選は5日の投票に向け終盤戦に入った。 6選を目指す無所属現職の大久保寿夫(おおくぼとしお)氏(71)=自民、公明推薦=が知名度を生かして先行し、弁護士で無所属新人の浅野正富(あさのまさとみ)氏(63)が多選批判を追い風に猛追している。 新型コロナウイルス感染防止のため両陣営とも大規模な集会を控える一方、無党派層を意識したポスティングや会員制交流サイト(SNS)での舌戦が活発化している。 「小山を変える」と訴え農水官僚から故郷の市長に転身して5期20年。 大久保氏は数々の実績が周囲に評価される一方で、その在任期間の長さがクローズアップされている。 陣営幹部は「多選批判がボディーブローのように効いている」と、守勢に立たされているとの認識だ。 だが「先行資産は守り切れる」ともいう。 地元選出の佐藤勉(さとうつとむ)衆院議員を頂点に自公の県議4人、定数30の市議会から22人が選対入りしており、各種団体からの推薦状は1日現在で442通。 圧倒的に有利な組織力を生かし、企業訪問などで基礎票を固めている。 政党に推薦や支持を求めない浅野氏の陣営は、現職政治家が無所属の中屋大(なかやだい)県議と市議3人のみ。 浅野氏と市民活動でつながりのある個人や、立憲民主党の一部が陣営を支えている。 選挙戦に入ってからは、若手企業経営者の姿も目立つようになった。 本人は街頭演説を積極的にこなす一方、陣営では多選の弊害を訴えるチラシをポスティングし始めた。 陣営幹部は「人口が多い市街地で特に反応がいい。 感覚としては接戦だ」との認識を示していた。 投票率について両陣営は、過去最低だった前回の34. 89%は上回るが、コロナの影響で40%前後との見方で一致している。 しかし、5月の鹿沼市長選では事前の予想を大きく上回ったばかりか、前回をも上回る55. 59%だった。 前回投票しなかった無党派層の動向が勝敗の鍵を握りそうだ。

次の

小山市長選挙2020開票結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

小山市長選挙

2020年7月5日更新• 2020年6月2日更新• 2020年3月2日更新• 2020年3月2日更新• 2020年2月18日更新• 2019年11月1日更新• 2019年9月4日更新• 2019年7月21日更新• 2019年7月21日更新• 2019年4月26日更新• 2019年4月26日更新• 2019年4月21日更新• 2019年3月1日更新• 2019年3月1日更新• 2017年10月17日更新• 2017年10月17日更新• 2017年10月17日更新• 2017年10月17日更新• 2017年10月17日更新• 2017年10月17日更新• 2017年10月17日更新• 2017年10月17日更新• 2017年10月17日更新.

次の