日 高屋 paypay。 「出前館」で「PayPay」が5月19日から利用可能に!

5のつく日、ゾロ目の日!ワイモバイルでPayPayもらえる!|コテツくんのわかる解説 Y!mobile

日 高屋 paypay

話題のPayPay(ペイペイ)とは? PayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンクとヤフーが設立した「PayPay株式会社」が運営する、スマホを使って支払うサービスです。 PayPayに対応しているお店で、現金ではなくスマホのPayPayアプリで支払いができます。 PayPayはモバイルSuicaなどのように、スマホ端末がおサイフケータイの機能に対応している必要はなく、スマホにインストールしたアプリに表示されるQRコードやバーコードを使って決済をするため、だれでも手軽に利用することができるのが特徴です。 昨年からキャッシュバックキャンペーンを実施していることもあり、PayPayに興味がある方も多いのでは? でも「ダウンロードしてみたものの使用方法がよくわからないので使っていない」、「使ってみたいけどどこのお店で使えるのかわからない」といった方もいらっしゃると思います。 アプリのバージョンによって、記事内の画面と異なる場合があります。 PayPayのアカウント登録方法 まず、以下からアプリをダウンロードします。 ダウンロード後、アプリを開くとアカウント登録画面が表示されます。 ここで電話番号と任意のパスワードを入力し、「新規登録」をタップします。 Yahoo! JAPAN IDで登録する場合は画面下にある「Yahoo! JAPAN IDで新規登録」をタップして、Yahoo! JAPAN IDの入力画面へ進みます。 電話番号で登録した場合は、SMS認証画面が表示されます。 登録した電話番号にSMSで4桁の入力コードが送信されますので、その4桁の認証コードを入力すれば登録完了です。 Yahoo! JAPAN IDで登録する場合もYahoo! にログイン後、電話番号の入力を求められますので、電話番号を入力します。 その後は電話番号で登録した際と同じ手順でSMS認証を行えば登録完了です。 お金のチャージ方法は? PayPayではアカウント登録をすることで最初から500円がチャージされています。 そのため少額の買い物であればすぐに使うことができますが、足りなくなった場合は「PayPay残高」にチャージします。 PayPay残高へのチャージは、以下のどちらかから行います。 Yahoo! ウォレットの預金払い用口座に登録されている金融機関口座• 本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みのYahoo! JAPANカード• セブン銀行ATMで現金をチャージ PayPayから直接、銀行口座を登録することはできませんので、事前にYahoo! アカウントを取得し、「Yahoo! ウォレット」で銀行口座の登録をしておいてください。 Yahoo! JAPANカードを利用する方法 トップ画面の左上にある「三」をタップし、画面右上の「詳細を見る」を選択します。 プロフィール画面の一番下にある「Yahoo! JAPAN IDと連携する」をタップすると、Yahoo! のログイン画面に遷移しますので、そこで設定を行えば連携完了です。 銀行口座からのチャージ方法 Yahoo! ウォレットに登録した銀行口座からPayPay残高にチャージする方法は、以下の通りです。 するとチャージ金額入金画面に遷移しますので、ここでチャージしたい金額を入力し、「チャージする」を選択すればチャージ完了です。 尚、クレジットカードからのチャージは先述した本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みの「Yahoo! JAPANカード」からのみ可能となっています。 セブン銀行ATMから現金をチャージする方法 セブン銀行ATMから現金をチャージする方法は、以下のとおりです。 まず、セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」をタップし、開始用のQRコードを表示します。 近くのセブン銀行はアプリ内「近くのお店」から検索できます。 次に、PayPayホーム画面にある「チャージ」をタップし、「セブン銀行ATM」を選択します。 QRコード読み取り画面になるので、ATMに表示されたQRコードを読み取りましょう。 PayPayアプリに表示される4桁の番号をATM画面に入力し、チャージしたい金額をATMに入金したらチャージ完了です。 セブン銀行ATMでのチャージでは、おつりが出ません。 また、アプリに4桁の番号が表示されて10分以内に手続きを完了させる必要があるので、注意してください。 決済方法と支払い方法 PayPayの決済方法は2種類あります。 スキャン払い…レジにあるQRコードを読み込み、支払い金額を入力し、店員さんに確認してもらう方法• コード支払い…バーコードを表示させ、店員さんに読み込んでもらう方法 どちらの決済になるかはお店によって変わりますので、支払いの際に確認をし、ホーム画面右下にある支払い方法のどちらかをタップして行います。 支払い方法は次の3種類から選択できます。 PayPay残高• Yahoo! マネー• クレジットカード PayPay残高は前述したようにYahoo! ウォレットに登録した銀行口座、もしくはYahoo! JAPANカードからチャージしておくことで支払います。 Yahoo! マネーはPayPayと連携したYahoo! ウォレットに登録した銀行口座、もしくはコンビニで、現金でチャージしておくことで支払います。 クレジットカードはPayPayに直接、登録をしたクレジットカードからの支払いです。 これはチャージではなく、通常のクレジットカードでの支払いと同じように後からの請求になります。 支払い方法の選択(コード支払いの場合)は、ホーム画面でコード支払いをタップし、お支払い方法から、お支払い方法の選択画面で選択をします。 PayPayが使える店舗を探す方法 いざ使おうと思っても使える店舗がわからなければ使うことはできません。 使える店舗を探すには、ホーム画面にある「全国のお店一覧」をタップします。 すると今いる場所の周辺地図にPayPayが使える店舗がアイコンで表示されます。 PayPayが使えるお店はどんどん拡大しており、「PayPay」マークがあるお店ならば支払いに利用できます。 コンビニ• スーパーマーケット• ドラッグストア• 飲食店• 出前・宅配・デリバリーサービス• 居酒屋• 家電量販店• アパレル• 百貨店• 雑貨店• レジャー施設• ホテル、旅行サイト このようにさまざまなお店で利用可能。 ここで書いた以外でも使えるお店が街中にたくさんあります。 PayPay残高の有効期限や利用明細確認方法 PayPay残高の有効期限は2年間 残高にまったく増減がないまま2年が過ぎてしまうとどんなに残高があってもすべてなくなってしまう上、戻すこともできませんので注意が必要です。 最終利用日はホーム画面下にある残高をタップすれば、残高画面の中央付近に表示されます。 また同じ画面で下にスクロールしていけば、これまで使った利用明細も確認できます。 PayPayならではの特徴、メリットは? PayPayには3つの大きなメリットがあります。 定期的にキャンペーンを開催 サービス開始当初は「20%還元キャンペーン」で注目を浴びるなど、定期的にお得なキャンペーンを積極的に行っています。 加盟店が多い 便利なキャッシュレス決済ですが、加盟店が少ないと使いどころがありません。 PayPayは使えるお店が多く、日常的に利用するにはおすすめの決済サービスといえます。 家族や友人間で送金ができる PayPayは、決済だけではなくPayPayユーザー同士でお金を送金し合うことができます。 たとえば、飲食店やカラオケなどを複数人で楽しんだあとのお会計で割り勘する際にも、金額を入力して相手のバーコードを読み取るだけで完了。 一円単位で送金できるので、不要なトラブルも避けられます。 銀行振込と同じ感覚で使える機能なので、仕送りなどに利用することもできます。 銀行やコンビニを利用して振り込むのに比べ、手数料がかからないため節約にもなるのが魅力的なポイント。 送金額には上限がありますが、回数制限はないため使い勝手の良い機能といえるでしょう。 普通に現金で支払うよりもおトクなキャッシュレス決済。 キャンペーンを実施しているタイミングで、ちょっと使ってみたいなと思われる方は、ダウンロードされてみてはいかがでしょう。

次の

PayPay加盟店の売上は翌日入金・振込手数料は無料

日 高屋 paypay

新築住宅の販売• キャンセルにより存在しなくなった原因取引に対する支払い• お一人様につき「1回の支払いにおける還元上限」と、「月間還元合計上限」があります。 詳しくは「景品詳細」をご確認下さい。 「消費者還元補助による還元」におけるPayPayボーナスの還元上限には、お一人様につき「1回の支払いにおける還元上限」と、「月間還元合計上限」があります。 1回の支払いにおける還元上限:25,000円相当• 月間還元合計上限:25,000円相当• PayPay決済でお支払いいただいた際に、仮に「消費者還元補助による還元」を適用すると、「消費者還元補助による還元」による1カ月あたりのPayPayボーナスの還元額が25,000円相当を超えるときには、当該還元合計額が25,000円相当となるよう付与いたします(還元合計額が25,000円を超えることはございません)。 PayPayボーナス付与の際に、小数点以下は切り捨てとなります。 「消費者還元補助による還元」の対象のお支払い方法は、「PayPay残高」、「PayPayあと払い(一括のみ)」または「クレジットカード」です。 適用について• 「概要」欄記載の対象取引以外の取引には適用されません。 キャッシュレス・消費者還元事業登録済加盟店にて、「概要」欄記載の対象取引についてPayPay決済をご利用いただいた方に対しては、「消費者還元補助による還元」に加え、当社の他の特典やキャンペーンが適用されます。 なお、「消費者還元補助による還元」によるPayPayボーナスの還元が他のキャンペーン等により制限されることはありません。 キャッシュレス・消費者還元事業登録済加盟店のみに起因する還元取消や剥奪に関してPayPayボーナスの還元取消や剥奪を行う場合がありますが、その場合は別途当社よりPayPayボーナスの再付与を行います。 「消費者還元補助による還元」の内容および適用条件を予告なく変更する場合や、中止する場合があります。 Alipay(支付宝)アプリを利用してPayPayのQRコードを読み込み決済した場合は、本企画は適用されません(PayPay利用特典の適用もありません)。 禁止事項等について• 以下の場合は「消費者還元補助による還元」の適用対象外とします。 景品の取得に関し、一定期間の取引・キャンセル等の状況により不正行為が行われたと当社が判断した場合。 景品が付与される前に景品対象のPayPayアカウントを停止または解除した場合。 PayPay残高利用規約その他当社の利用規約に違反する行為があった場合、またはそのおそれがあると同社が判断した場合。 お一人様が複数のPayPayアカウントを利用した場合。 通常1回の決済にて支払うべき商品等代金を、複数回に分割して決済することにより景品付与を受けた場合。 一定期間の取引・キャンセル等の状況により当社が不正のおそれがあると判断した場合、PayPayのご利用を停止させて頂く場合があります。 PayPay決済の対象となった加盟店との契約について取消し、無効主張または解除(合意解除を含みます。 以下全体を通じて同じです。 )した場合、理由の如何に関わらず、また返金の如何に関わらず、「月間還元合計」は、当該取消し等をした時点から将来に向かってのみ減額されます。 そのため、「月間還元合計」が25,000円相当に到達して以降に取消し等を行った方が、当該取消し等の前に、PayPay決済をしていた場合であっても、当該取消し等によって取消し等の前に行った決済が「消費者還元補助による還元」の対象となることはありません。 加盟店による自己取引の可能性があると弊社が判断した場合、PayPayボーナスの付与に際し対象のレシートまたは領収書を確認させていただくことがあります。 加盟店自身がPayPay決済を利用される時には、必ず、PayPayボーナスの付与がなされるまで、レシートまたは領収書を保管してください。 また、当社が「不当な取引」またはその疑いがある取引を発見した際は、キャッシュレス・消費者還元事業の定めに従い、当該取引に関するお客様の情報を上記事務局に連絡することがあります。 他人のキャッシュレス決済手段を用いて決済した結果として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 架空の売買や、直接又は間接を問わず、自らが販売した商品を同額で再度購入する取引等、客観的事情に照らして取引の実態がないにも関わらず、当該取引を根拠として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 商品若しくは権利の売買又は役務の授受を目的とせず、本事業による消費者還元を受けることのみを目的として、キャッシュレス決済を行い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象でない取引を対象であるかのように取り扱い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象取引が取消、解除その他の事由により存在しなくなった、又は現金若しくは本事業の対象外取引である金券等による反対給付が行われたにも関わらず、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象でない加盟店が対象であると申告することで、他者に本事業における消費者還元に基づく利益を得させること• ・Apple、Appleのロゴ、App Storeは、米国および他国のApple Inc. の登録商標です。 ・Google Play、および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。 ・QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

次の

ヤフー、ソフトバンク、PayPayが11月1日から「いい買物の日」キャンペーン 商品購入でPayPayボーナスなどを付与

日 高屋 paypay

新築住宅の販売• キャンセルにより存在しなくなった原因取引に対する支払い• お一人様につき「1回の支払いにおける還元上限」と、「月間還元合計上限」があります。 詳しくは「景品詳細」をご確認下さい。 「消費者還元補助による還元」におけるPayPayボーナスの還元上限には、お一人様につき「1回の支払いにおける還元上限」と、「月間還元合計上限」があります。 1回の支払いにおける還元上限:25,000円相当• 月間還元合計上限:25,000円相当• PayPay決済でお支払いいただいた際に、仮に「消費者還元補助による還元」を適用すると、「消費者還元補助による還元」による1カ月あたりのPayPayボーナスの還元額が25,000円相当を超えるときには、当該還元合計額が25,000円相当となるよう付与いたします(還元合計額が25,000円を超えることはございません)。 PayPayボーナス付与の際に、小数点以下は切り捨てとなります。 「消費者還元補助による還元」の対象のお支払い方法は、「PayPay残高」、「PayPayあと払い(一括のみ)」または「クレジットカード」です。 適用について• 「概要」欄記載の対象取引以外の取引には適用されません。 キャッシュレス・消費者還元事業登録済加盟店にて、「概要」欄記載の対象取引についてPayPay決済をご利用いただいた方に対しては、「消費者還元補助による還元」に加え、当社の他の特典やキャンペーンが適用されます。 なお、「消費者還元補助による還元」によるPayPayボーナスの還元が他のキャンペーン等により制限されることはありません。 キャッシュレス・消費者還元事業登録済加盟店のみに起因する還元取消や剥奪に関してPayPayボーナスの還元取消や剥奪を行う場合がありますが、その場合は別途当社よりPayPayボーナスの再付与を行います。 「消費者還元補助による還元」の内容および適用条件を予告なく変更する場合や、中止する場合があります。 Alipay(支付宝)アプリを利用してPayPayのQRコードを読み込み決済した場合は、本企画は適用されません(PayPay利用特典の適用もありません)。 禁止事項等について• 以下の場合は「消費者還元補助による還元」の適用対象外とします。 景品の取得に関し、一定期間の取引・キャンセル等の状況により不正行為が行われたと当社が判断した場合。 景品が付与される前に景品対象のPayPayアカウントを停止または解除した場合。 PayPay残高利用規約その他当社の利用規約に違反する行為があった場合、またはそのおそれがあると同社が判断した場合。 お一人様が複数のPayPayアカウントを利用した場合。 通常1回の決済にて支払うべき商品等代金を、複数回に分割して決済することにより景品付与を受けた場合。 一定期間の取引・キャンセル等の状況により当社が不正のおそれがあると判断した場合、PayPayのご利用を停止させて頂く場合があります。 PayPay決済の対象となった加盟店との契約について取消し、無効主張または解除(合意解除を含みます。 以下全体を通じて同じです。 )した場合、理由の如何に関わらず、また返金の如何に関わらず、「月間還元合計」は、当該取消し等をした時点から将来に向かってのみ減額されます。 そのため、「月間還元合計」が25,000円相当に到達して以降に取消し等を行った方が、当該取消し等の前に、PayPay決済をしていた場合であっても、当該取消し等によって取消し等の前に行った決済が「消費者還元補助による還元」の対象となることはありません。 加盟店による自己取引の可能性があると弊社が判断した場合、PayPayボーナスの付与に際し対象のレシートまたは領収書を確認させていただくことがあります。 加盟店自身がPayPay決済を利用される時には、必ず、PayPayボーナスの付与がなされるまで、レシートまたは領収書を保管してください。 また、当社が「不当な取引」またはその疑いがある取引を発見した際は、キャッシュレス・消費者還元事業の定めに従い、当該取引に関するお客様の情報を上記事務局に連絡することがあります。 他人のキャッシュレス決済手段を用いて決済した結果として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 架空の売買や、直接又は間接を問わず、自らが販売した商品を同額で再度購入する取引等、客観的事情に照らして取引の実態がないにも関わらず、当該取引を根拠として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 商品若しくは権利の売買又は役務の授受を目的とせず、本事業による消費者還元を受けることのみを目的として、キャッシュレス決済を行い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象でない取引を対象であるかのように取り扱い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象取引が取消、解除その他の事由により存在しなくなった、又は現金若しくは本事業の対象外取引である金券等による反対給付が行われたにも関わらず、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象でない加盟店が対象であると申告することで、他者に本事業における消費者還元に基づく利益を得させること• ・Apple、Appleのロゴ、App Storeは、米国および他国のApple Inc. の登録商標です。 ・Google Play、および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。 ・QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

次の