レカロ スポーツ スター。 レカロ専門店 RECARO Special Shop FREESTYLE フリースタイル ―シート 部分張替―

レカロ専門店 RECARO Special Shop FREESTYLE フリースタイル ―シート 部分張替―

レカロ スポーツ スター

performance-platform. recaro-automotive. まるで代名詞のように車好きの間には浸透しているのではないでしょうか。 多くの高級車に装備され、ロータスやメルセデスベンツ、フォードやフォルクスワーゲン、日産などのスポーツグレードなどに装備されています。 日産のワークスであるNISMOが手掛ける GT-R NISMOや、メルセデスベンツがとことんまでその走りを突き詰めるAMGシリーズのA45 AMG 4MATICなどに採用されていることからもその実力が窺えるのではないでしょうか。 レカロ(RECARO)社の歴史 そんなレカロ(RECARO)が誕生したのは1906年、20世紀に入って間もない頃でした。 当時32歳の馬車製造職人であったヴィルヘルム・ロイターがレカロ(RECARO)の前身となる「ロイター馬車製造社」を設立します。 今では車や航空機のシートのイメージが強いレカロ(RECARO)の前身が馬車製造会社だったとはちょっと意外ですね。 その後弟も参加、社名も「ロイター・シュトゥットガルト車体製造会社」に変更され自動車業界に参入。 時代を読む力にも長けていたのですね。 1909年には早くもロイター改良ボディ、コンパーチブルの原型が特許を取得します。 ロイターが大きな成功を収めるきっかけとなったのは ポルシェから受注のあったフォルクスワーゲン・ビートルの試作品。 これをきっかけに1950年にはポルシェ・356の開発を担当、1号車を出荷するに至ります。 その後も ポルシェ・911を手掛けるなど様々な名車を世の中に送り出したロイターですが、1963年には車体生産部門、内装部門をポルシェに売却してしまいます。 同年、レカロ(Recaro )と社名を改め、ここで私たちの知っているシートに特化したメーカーが新たに誕生した形となりました。 1965年にはレカロ(RECARO)の製作したサイドガイド付きの世界初スポーツシートがフランクフルトの国際モーターショーに展示され、ぞの後も次々と画期的なシートを開発し続け現在に至ります。 代名詞ともいえるSRシリーズの登場(1989年) 現在のレカロ(RECARO)の代名詞ともいえるのかSRシリーズ。 レカロ(RECARO)を広く一般にも知らしめた名作のシートです。 高額なものが多いレカロ(RECARO)製品の中では比較的価格は抑えられ、その機能性の高さ、快適な座り心地が多くの人に支持されました。 現在もラインナップされる長寿シリーズとなっています。 これは時代の流れによって生じた需要を満たす為に始めた新たな試みといえるでしょう。 ところが、チャイルドシートやベビーシートを手掛けているレカロ(RECARO)グループであるレカロチャイルドセーフティがグローバル事業を停止することが決定されました。 2018年内いっぱいでチャイルドシートやベビーシート関連の商品の販売は終了してしまうとのことです。 将来子供ができたらレカロ(RECARO)のチャイルドシート、と考えていた方もいたかもしれませんが、非常に残念ですね。 club. recaro-automotive. 2018年に1月に開催された東京オートサロンで初公開され話題となりました。 欧米人よりも小柄な日本人の体格、そして日本車に適するように開発されたこのシートは開発段階から日本人プロドライバーの脇阪寿一や田中哲也も参加したということ。 ストリート最強を目指したというこのシートはシェルで体を支え、余分なものは省き空気を流せる構造になっているので通気性は抜群。 レカロ(RECARO)ならではの高いホールド性、快適な乗り心地を実現しています。 club. recaro-automotive. pdf SP-Xシリーズ プレミアム・スポーツシートのSP-Xシリーズ。 現在ラインナップされているのは 日本国内オリジナルモデルのSP-X Avantです。 開発には約2年、ドライカーボンをバックレストに使用した最高峰モデルは機能面はもちろん、ルックスのラグジュアリーさも魅力。 オールレザーのモデルと、アルカンターラをレザーと組み合わせたモデルを揃えているので、どちらにすべきか悩む方が続出しそうですね。 799,200円~864,000円と、かなり高額にはなりますがそれだけの価値はありそうです。 レカロ(RECARO)のスタンダードといえる存在です。 スポーツスターのサイドサポートを低くし、シートクッションもよりフラットにして車の乗り降りのしやすさを実現したのがクロススポーツスターです。 小柄な方にはクロススポーツスターの使用がおすすめとのこと。 205,200円~311,040円の価格帯となっています。 SR-6シリーズ 数あるセミバケットシートの中でも スポーティさを重視したシートがSR-6シリーズ。 ショルダーサポートが大きく張り出し ノンスリップ・ショルダーサポート)、サイドサポートも比較的硬めの設定となっています。 起毛素材のカムイとグラスメッシュを組み合わせたものとカムイのみのタイプがあります。 価格は93,960円~114,480円。 SR-7シリーズ かなり多くのラインナップを揃えているSR-7シリーズですが、現在は6種類をそろえます。 スポーツシートのスタンダードとして親しまれているのがこのSR-7シリーズといえるでしょう。 無段階リクライナーを装備、モデルによってはノンスリップ・ショルダーサポートを装備しているものもあります。 価格は84,240円~146,880円。 スポーツJC(SP-JC) ヒート・シーターやベンチレーションなどのコンフォート機能を備えたこのモデルは、ブラックが基調になりがちなスポーツシートらしからぬ深みのあるレッドなどのカラーを揃え、 インテリアのアクセントとしてもおすすめ。 価格は297,000円です。 スタイルJC(ST-JC) 定番人気モデル。 パワーリクライナー、バックレスト・サイドサポート・アジャスターやベンチレーション、ヒート・シーターにワイヤレスリモコンもついた豪華な仕様となっています。 せっかくレカロ(RECARO)を所要するなら、と選ぶ方が多いのでしょう。 長時間の運転でも疲れを感じさせない快適なドライブを約束します。 価格は270,000円です。 LX-Fシリーズ あまりスポーツ感を前面に出していないエレガントなスタイルが特徴のこのモデルはオリジナルの 3Dメッシュ素材を使用して洗練された雰囲気に。 快適さを追求するコンフォートシリーズの定番モデルです。 99,900円~159,840円となっています。 ORTHOPAD(オルソペド)シリーズ 腰痛予防に特化したのがこのORTHOPAD(オルソペド)シリーズ。 長年の研究で培ってきた人間工学と整形医学に基づく設計で運転時の腰痛が気になる方、日常的に長時間の運転を行う方におすすめです。 ヒート・シーターにベンチレーションなどコンフォートパッケージも付属します。 286,000円~340,200円といった価格帯。 シート素材によって価格が変わります。 club. recaro-automotive. pdf SP-Gシリーズ グラスファイバー製、競技用としても通用する高いホールド性が持ち味です。 保安基準に適合、公道も走ることが可能です。 価格は170,640円です。 SP-GTシリーズ フルバケットの定番として親しまれてきたSP-GTシリーズ。 SP-Gよりもサイドサポートやシートクッションを低めにして日常でも使用しやすいように仕上げました。 こちらも保安基準に適合しているモデルです。 113,400円となっています。 乗り降りしやすいサイドサポートや装着する車種を選ばないことが人気の秘密でしょう。 RS-Gは日本国内向けに開発。 RS-GとTS-Gの違いはTS-Gのほうがヒップポイント、アイポイントともに低くなっています。 好みにもよりますがサーキットを走ることが多い方にはTS-Gをおすすめします。 価格は91,800円~232,200円。 競技用のSP-Aシリーズ 日本国内の市販モデル最高峰となるのがSP-Aシリーズ。 レカロ(RECARO)の技術の粋を集めたHANS対応のオートクレーブ・カーボンファイバー製の競技専用のシートです。 価格はオープン。 世界中のトッププロに信頼される最高のシートといえるでしょう。 edition2018. recaro-automotive. かなり スポーティなものから腰痛予防に特化したものまで、幅広いラインナップとなっているようです。 車のインテリアのカスタマイズを考えるならば、レカロ(RECARO)シートも候補に入れてみてはいかがでしょうか。 いつものドライブが全く違ったものに変わるかもしれません! Advertisement 関連する記事• 2019. 19 アメ車と聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか?おそらくデカくてとにかく派手といったイメージをお持ちだと思います。 しかしアメ車にも様々な車種やカスタム[…]• 2019. 22 軽自動車では8割・普通車でも7割を超えるといわれるほど高い普及率を達成しているCVT(無段階変速機)の搭載率を誇る日本。 世界ではクラッチペダルのない[…]• 2015. 24 秋の行楽シーズン。 ドライブに行く方も多いのではないでしょうか。 ドライブの際に、おそらく一度は見かけるのが、エアロパーツ。 部分的にカスタマイズしてい[…]• 2017. 31 これからの季節は、路面の凍結や雪によって滑りやすくなります。 冬用タイヤを装着することは、私たちドライバーの義務でもありますから、早めの準備をして冬に[…]• 2019. ホンダ・S2000の歴史を振[…].

次の

レカロ専門店 RECARO Special Shop FREESTYLE フリースタイル ―シートパーツ販売― A8・SP

レカロ スポーツ スター

店長の宮本です。 実は新しいもの好きのワタクシです。 そしてレカロシート好きでもあるワタクシです。 昨年新発売で人気沸騰中のプロレーサーRMSは、現状納期が1年半となっています(汗) 先日当店にも2脚入荷しましたが、1年も待つのはなかなかつらいものですね。 そんなことを考慮して、今回新発売の新型スポーツスターは発売前に発注をかけましたので割と早めの入荷となりました。 そんなわけで、紹介しきれていない作業が山ほどある中、新商品の取付紹介を順番ぬかしでご紹介しますよ!! それでは本日の作業紹介です。 先日大量入荷したレカロシートのうち、新商品のの装着です。 先日もチラ見せしましたが、早速開封です。 オシャレ系スポーツシートのリニューアルは、非常に興味深いものです。 シートの取付作業は、純正シートの取り外しからスタートです。 運転席を交換するのですが、なぜかグローブボックスも取り外しました。 その理由は後ほど。 運転席を取り外しましたら、普段できないイス下をきれいに掃除します。 グローブボックスまでばらしていたのは、そのためですよ。 B直線はリレーを利用して、ACC連動にしました。 同時進行で進める電気仕事は、エアバックのキャンセラー装着です。 商品の付属品にはエレクトロタップが入っていますが、ここはもちろん信頼性重視の作業が大切です。 スプライスを使用してしっかりかしめて装着を行いました。 案外時間がかかるのは、このような電気作業。 純正シートからはシートベルトバックルを取り外しベースフレームへ移植します。 最近の車両は、エアバックやシートベルト・さらには着座センサーやシートヒーターなど様々な配線がありますのでしっかり確認しながらの作業が大切です。 必要な配線をすっきり束ねたら、いよいよ作業のゴールは目前です。 あとは外したのと逆の手順でシートを取り付けると完了です。 レカロシートをきちんと使用するためには、シートポジションがとても大切です。 試しすわりだけではわからない運転してみての違和感がある場合もあります。 可能なことと不可能なこともありますが、出来る限り理想的なポジションの為協力は惜しみませんので、また何なりとご相談ください。 ちなみに肝心の乗り味についてですが、日本人向けに新開発されたシートということで少しタイト目なサイズを想像していましたが案外と余裕のあるサイズ感だそうです。 それでいてサイドサポートの高さはそこそこありますので、スポーティに使いたい人にも、快適に使いたい人にもスタイリッシュに使いたい人にも相性はよさそうですよ。 詳しくは当店スタッフまでご確認ください 今回もタイヤ館加古川中央店をご利用いただきましてありがとうございました。 カテゴリ: 担当者:宮本.

次の

JETSETのRECAROシート スポーツスター シリーズのページ。

レカロ スポーツ スター

レカロシートの最高峰と言えば、スポーツスターとクロス・スポーツスターな訳ですが、2脚セットで購入すれば軽自動車の中古車が購入できるぐらいの金額になります。 私も過去にを取り付けましたが、その時は1脚でしたし一番安いシートだったのでシートレール込で10万円程度だったと記憶しています。 なので、レカロシートの2脚セット購入はかなり勇気のいる行動であり、恐らく一生そんなことはないと思っていました。 そんな時にアウディTTロードスター 8S のボディコーティング諸々をお願いしているショップの店長から悪魔のささやきを聞いてしまいました。 「レカロ・クロススポーツスターの限定版の中古が2脚ありますよ」 私のベガスイエローのアウディTTロードスターを見て店長が囁いた理由が分かりました。 2016年版の限定カラーであるイエローのストライプが入ったクロススポーツスターがそこに展示してあったのです。 レカロ・クロススポーツスターの中古が2脚で・・・ 店長から教えられたレカロ・クロススポーツスターの中古の価格は確かに魅力的な価格でした。 新品だと2脚で60万円オーバーだと思いますので、それよりは十分に安い。 それもそのレカロ・クロススポーツスターはデモカーに取り付けらていたものなので新品と言われても分からないぐらいの美品です。 さらに、最近流行りの本皮シートコーティングもされているとのことで、多少の汚れは問題なくきれいに落ちるし、本皮自体のダメージも防いでくれるとか。 ベガスイエローのオープンカーに黄色いストライプが入ったレカロ・クロススポーツスターはバッチリハマってしまうのは私が考えても分かります。 だから、店長は私に囁いてきたんです。 完全に確信犯です。 さて、どうしたものか。。。 アウディTTロードスター 8S にはシートヒーターがありません アウディTTロードスター 8S には標準ではシートヒーターが装備されていません。 オプションのレザーパッケージを選ばないとシートヒーターは付かない。 当然レカロ・レカロ・クロススポーツスターにはシートヒーターが装着されています。 を知った人ならお分かりですが、冬はシートヒーターが無いと我慢ができません。 しかし、中古で安くなっているとは言え、レカロ・クロススポーツスターが2脚ですから、ホイール、タイヤ、車高調のセットが購入出来そうなぐらいの価格です。 簡単に衝動買いできる金額ではありません。 そもそもレカロシートよりもとの方が優先順位が高かった訳ですから。 これにレカロ・クロススポーツスターの中古を2脚も購入すれば金額は一気に倍、2倍です。 さてはてどうしたものか? しかし、シートヒーターは魅力だし、黄色いレカロシートも魅力です。 本当に悪魔の囁きには困ったものです。

次の