南野 拓実 ウイイレ 2020。 【ウイイレアプリ2020】南野拓実 レベマ能力!「リヴァプール」初の日本人選手!

【ウイイレ2020】データパック4.0の主な変更点とは

南野 拓実 ウイイレ 2020

ボディコントロールを、「CMF」又は「グランダーパス」に変えても確定できます。 山口蛍 神戸• 原口元気 ハノーファー• 遠藤航 シュツットガルト• 橋本拳人 FC東京• 浅野拓磨 パルチザン• 古橋亨梧 神戸• 南野拓実 ザルツブルク• 鎌田大地 フランクフルト• 井手口陽介 G大阪 は収録されていません。 日本代表選手の獲得方法:FW編 残念ながら• 永井謙佑 FC東京• 鈴木武蔵 札幌• オナイウ阿道 大分 は収録されていません。

次の

【ウイイレアプリ2020】南野拓実(ミナミーノ)の能力と使い方【確定スカウト】|ゲームエイト

南野 拓実 ウイイレ 2020

去年12月に移籍したボルシアドルトムントでは、デビュー試合でハットトリックを達成する活躍ぶり。 体格でも、得点能力でもトッププレイヤーに引けを取らない、ザルツブルグ出身の逸材です。 ザルツブルグには2012年から2年間所属し、リーグでは 63試合31得点という結果でした。 年々得点能力にも磨きがかかっており、昨シーズンはプレミアリーグで得点王の活躍。 ザルツブルグ出身の選手では最も有名な選手といえます。 豊富な運動量が魅力のセントラルMFです。 ザルツブルグには2014年から2年間所属し、リーグでは 59試合17得点という結果でした。 攻撃面での貢献も大きく、細かいタッチのドリブルや味方とのコンビネーションでゴールを陥れます。 同じく、ザルツブルグを経由してリバプールに所属するサディオマネとは仲が良いそう。 ボールコントロールに優れるアタッカーです。 ザルツブルグには2014年に所属し、リーグでは 33試合19得点という結果でした。 ドリブルでの持ち運びからチャンスメイクまで多彩で、オーストリア代表でも攻撃の中心を担います。 1対1での突破を得意とするサイドアタッカーで、右サイドを中心にプレーしています。 ザルツブルグには2012年から6年間所属し、リーグでは 85試合10得点という結果でした。 オーストリアで生まれ育ち、デビューもオーストリアの若手選手です。 その他ザルツブルグ出身有名選手 ウイイレ搭載 ・シュテファン・ライナー(ボルシアMG所属、RSB) ・ペーテル ・グラーチ(RBライプツィヒ所属、GK) ・ベリシャ(ラツィオ所属、LMF) ・南野拓実(リバプール所属、ST) ウイイレ非搭載 ・ダヨ ウパメカノ(RBライプツィヒ所属、CB) 最後に いかがだったでしょうか。 今回はレッドブル・ザルツブルグ出身の有名選手を紹介しました。 ザルツブルグ出身の選手は活躍している選手が多い印象があります。 とくに1番最初に紹介したホーランドは、マネをも超す大物になる可能性があるので要注目です。 今後も ザルツブルグの若手選手に注目しながらサッカーをみていきたいですね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

【ウイイレアプリ2020】FP南野拓実(2/17)の能力と使い方|ゲームエイト

南野 拓実 ウイイレ 2020

での南野拓実(2018年) 名前 愛称 タキ カタカナ ミナミノ タクミ ラテン文字 MINAMINO Takumi 基本情報 国籍 生年月日 1995-01-16 (25歳) 出身地 身長 174cm 体重 67kg 選手情報 在籍チーム ポジション 背番号 18 利き足 右足 ユース 2004-2007 ゼッセル熊取FC 2007-2009 セレッソ大阪U-15 () 2010-2012 セレッソ大阪U-18 () クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 2012-2014 62 7 2015-2019 136 42 2020- 3 0 代表歴 2 2009-2012 2011-2014 2015-2016 14 4 2015- 22 11 1. 国内リーグ戦に限る。 2020年1月24日現在。 2019年11月14日現在。 ( ) 南野 拓実(みなみの たくみ、 - )は、出身の。 ・所属。。 ポジションは。 来歴 [ ] プロ入り前 [ ] 小学生時代はゼッセル熊取FCに所属。 当時のチームメイトにがいた。 2007年、複数のJアカデミーからのオファーの末、中学入学と同時にへ入団。 2009年、でベスト8まで勝ち進み、得点王を獲得。 2010年、へ昇格。 第1節戦でいきなりハットトリックを達成し勝利に貢献すると 、その後も負けなしで優勝を飾った。 2011年、で得点ランキング4位の9得点を記録したほか 、では、8試合で13得点を挙げて得点王を獲得した。 2012年8月、とともにトップチームのとなり 、第32節戦で公式戦初出場。 チームのJ1残留がかかった最終節戦で公式戦初先発・フル出場を果たし、4回戦戦で公式戦初得点を記録した。 同年、プレミアリーグウエストで16得点をあげ、得点ランキング2位の成績を残した。 セレッソ大阪 [ ] 2013年、、、とともにトップチームへ昇格。 から背番号13番を引き継いだ。 第1節戦からスターティングメンバーに抜擢され、高卒ルーキーとしてはクラブ史上初の開幕スタメン入りを果たすと 、第14節戦でリーグ戦初得点を記録し、が保持していたクラブのJ1最年少得点記録(18歳10ヶ月5日)を更新した(18歳5ヶ月20日)。 同年7月26日、戦でチーム全得点に絡む活躍を見せ 、ユナイテッドの選手や監督から高い評価を得た。 ルーキーイヤーながらチームの主力としてリーグ戦出場29試合5得点(カップ戦を含め38試合8得点)という結果を残し、を受賞した。 2014年、前年の躍進から自身、クラブ共に大きな期待を受けて迎えたシーズンだったが 、チームは開幕から勝ち点を伸ばせず、度重なる監督交代を経て17位に沈み、へ降格。 自身もリーグ戦2得点に留まり、シーズン中に2度のを受けるなど 、不本意な成績に終わった。 ザルツブルク [ ] 戦でプレイする南野(2017年3月) 2015年1月6日、のに完全移籍することが発表された。 背番号は18番。 2月14日、リーグ戦第20節の戦で右MFとして先発デビュー。 3月4日、リーグ第23節戦で2ゴールを決め、移籍後リーグ初ゴールを記録した。 5月24日、リーグ第33節戦に先発出場し、アシストを記録してチームのリーグ優勝を飾った。 2015-16シーズン、初戦となった7月18日の1回戦でシーズン初得点。 8月11日、リーグ戦第4節の戦で初先発し、2得点をあげる活躍で勝利に貢献。 8月27日、の戦に出場し、1得点をあげたがチームはプレーオフで敗退した。 リーグ戦では主力としてシーズン10得点をあげる活躍を見せ、チームの優勝に貢献した。 2016-17シーズン、2017年2月19日に行われた第22節の戦でプロ入り初のハットトリックを含む、3得点1アシストの活躍をみせた。 4月2日、第27節の戦では2得点1アシストをマークして2年連続2桁得点をあげた。 2017-18シーズン、2回戦の戦で今季初得点を決めた。 7月22日、リーグ戦開幕戦の戦で得点を決めた。 11月5日、負傷で離脱をしていたが第14節の戦で先発すると2得点をあげた。 2018年2月14日、・ラウンド32の1stレグ、戦でEL初得点を決めた。 2018-19シーズン、2018年9月2日に行われた第6節の戦で今季リーグ戦初得点を決めた。 11月8日、・GS第4節の戦でハットトリックを決める活躍を見せた。 2019-20シーズン、2019年8月17日に行われた第4節の戦では今季3点目を決めて、開幕から4試合で3得点の活躍を見せた。 9月27日、・GS第1節の戦でCLデビューを果たし、2アシストの活躍を見せた。 更に10月3日のチャンピオンズリーグ・GS第2節では、前回大会王者に対し1ゴール1アシストの活躍を見せた。 リヴァプール [ ] 2019年12月19日、のに、2020年1月1日より加入する事で合意した。 契約期間は4年半。 背番号は18番に決定した。 英によると、CLで対戦したリヴァプールのやが監督へ南野の獲得を提言した。 2020年1月5日、3回戦の戦に先発出場し、移籍後初出場。 1月23日のプレミアリーグ第24節戦では、前半33分に負傷したとの交代でプレミアリーグ初出場を果たした。 3月12日の戦の2ndレグで移籍後初のチャンピオンズリーグ出場を果たした。 日本代表 [ ] 2009年、U-15日本代表に選出され、に出場。 戦でを達成した。 2010年のではベスト4まで勝ち進み、5得点を挙げて大会得点王に輝いた。 2011年、を前に公式サイト上で「 Japan's lethal weapon(日本の最終兵器)」と題した特集が組まれ、のエースとして期待された。 大会前から不調に陥り 、自身は1得点に終わったが、チームは自国開催だった以来となる18年ぶりのベスト8進出を果たした。 2014年1月、で開催されたU-19日本代表で出場したヌティフードカップで大会MVPを獲得。 同年4月、候補トレーニングキャンプに初参加。 日本代表メンバーからは落選し、以来となる10代でのW杯日本代表入りは叶わなかったが、同予備登録メンバーに選出された。 10月に出場したでは4試合4得点と気を吐いたが、最後は自らの失敗により準々決勝敗退が決まった。 2015年、10月の戦と戦のメンバーに選ばれ、日本代表初選出となった。 10月13日、イランとの親善試合で代表初出場を果たした。 2016年、リオ五輪の予選も兼ねたのメンバーに選出された。 グループリーグ第3戦の戦では右サイドからドリブル突破しての得点をアシスト。 U-23日本代表は決勝まで駒を進めたが、所属クラブからの帰還要請により決勝を前にチームから離脱した。 のメンバーに選出され、8月4日の初戦では、同点ゴールを決めるも4-5の打ち合いで敗戦した。 グループリーグでは3試合全てに出場したが、チームはグループリーグ敗退となった。 2018年9月11日、キリンチャレンジカップの戦で日本代表初ゴールを決めた。 10月12日、戦で前半42分に先制点を挙げ2試合連続ゴールを記録。 10月16日、戦で12分に先制点、66分に4点目となる追加点を挙げて3戦連発を記録。 代表監督が新体制となって初陣から3戦連発はJリーグ発足後に限り、1997年の、2015年のに次ぐ史上3人目。 2019年1月、のメンバーに選出された。 準決勝のイラン戦では、後半11分にスルーパスに反応した南野と相手DFが交錯して転倒。 イランの選手はすぐにプレーをやめて主審に向かってノーファールと南野のシミュレーションのアピールをした。 しかし、主審は笛を吹いておらずプレーを流しており、南野はすぐに起き上がるとボールに追いつきクロスを上げ、上がったクロスをが決めた。 このアシストのほかにもPK獲得やアシストをし、この試合すべての得点に絡んだ。 決勝戦の戦ではこの大会初ゴールを挙げるも、1-3で敗れて準優勝となった。 2019年11月、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選でキルギス戦で、日本代表史上初のワールドカップ予選開幕からの4戦連続ゴールを達成した。 エピソード [ ]• 2014年1月13日、ので行われた「東住吉区成人の日記念のつどい」に出席し、「1分間連続ハイタッチ」のに挑戦。 お笑いトリオ「」のが保持していた世界記録171人を上回る182人とのハイタッチに成功し、その場で世界記録に認定された。 所属クラブ [ ] ユース経歴• 2004年 - 2007年 ゼッセル熊取FC• 2007年 - 2009年 セレッソ大阪U-15()• 2010年 - 2012年 セレッソ大阪U-18()• 2012年 セレッソ大阪() プロ経歴• 2013年 - 2014年• 2015年1月 - 2019年• 2020年1月 - 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 日本 リーグ戦 期間通算 34 3 0 0 0 2 1 5 1 13 29 5 8 3 1 0 38 8 30 2 2 2 3 2 35 6 オーストリア リーグ戦 リーグ杯 期間通算 2014-15 18 14 3 - 2 0 16 3 2015-16 32 10 - 4 2 36 12 2016-17 21 11 - 5 3 26 14 2017-18 28 7 - 4 1 32 8 2018-19 27 6 - 5 3 31 9 2019-20 14 5 - 2 2 16 7 イングランド リーグ戦 期間通算 2019-20 18 通算 日本 J1 62 7 10 5 6 3 78 15 オーストリア ブンデスリーガ 136 42 - 22 11 158 53 イングランド プレミアリーグ 総通算 198 49 10 5 28 14 236 68• 2012年はとして出場。 国際大会個人成績 年度 クラブ 背番号 出場 得点 13 7 2 通算 AFC 7 2 18 1 0 4 0 9 2 10 4 18 6 2 1 0 通算 UEFA 31 8 その他の国際公式戦• 2015年• プレーオフ 2試合1得点• 2016年• プレーオフ 1試合0得点• 2017年• UEFAチャンピオンズリーグ プレーオフ 3試合1得点• UEFAヨーロッパリーグ プレーオフ 1試合0得点• 2018年• UEFAチャンピオンズリーグ プレーオフ 3試合1得点 出場歴 [ ]• 公式戦・Jリーグ初出場 - 第32節 戦()• 公式戦初得点 - 2012年 4回戦 戦()• Jリーグ初得点 - 2013年 J1第14節 戦()• オーストリア・ブンデスリーガ初出場 - 第20節 戦()• オーストリア・ブンデスリーガ初得点 - 第23節 戦() タイトル [ ] クラブ [ ]• :5回(2014-15、2015-16、2016-17、2017-18、2018-19)• :4回(2014-15、2015-16、2016-17、2018-19)• :1回() 代表 [ ]• (2016年) 個人 [ ]• 得点王 :• 得点王 : 2010年• 得点王 :• ヌティフードカップ2014 MVP : その他 [ ]• 新人賞 : 2013年 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• U-15日本代表• U-16日本代表• - 、• U-18日本代表• 2011年 - Traditional Winter Tournament Israel 2011• U-19日本代表• - ヌティフードカップ2014、• U-21日本代表• U-22日本代表• U-23日本代表• 2016年 -• 2016年 -• 2016年 -• - 予備登録メンバー• - 試合数 [ ]• 国際Aマッチ 22試合 11得点(2015年 - ) 年 出場 得点 2 0 5 4 15 7 通算 22 11 ゴール [ ] 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要 1. サッカーダイジェスト 2019年10月18日• www. transfermarkt. com. 2020年3月26日閲覧。 www. transfermarkt. com. 2020年3月26日閲覧。 - ゲキサカ 2011年3月23日• - 日本サッカー協会 2010年4月11日• - ゲキサカ 2011年12月20日• -セレッソ大阪公式サイト 2012年8月3日• - ゲキサカ 2012年12月4日• - デイリースポーツ 2013年3月2日• - スポーツニッポン 2013年7月7日• - ゲキサカ 2013年7月27日• - スポーツニッポン 2013年7月27日• - サッカーキング 2013年7月27日• - サンケイスポーツ 2014年4月17日• - ゲキサカ 2014年7月15日• - セレッソ大阪公式サイト 2015年1月6日• - サッカーキング 2015年1月11日• スポニチ 2015年3月4日 [ ]• 日刊スポーツ(2017年7月13日)• Goal. com(2018年9月2日)• サッカーキング(2018年11月9日)• サッカーダイジェスト 2019年8月18日. 2019年8月18日閲覧。 サッカーキング 2019年9月18日. 2019年9月18日閲覧。 ゲキサカ 2019年10月4日. 2019年10月9日閲覧。 Liverpool FC 2019年12月19日. 2019年12月19日閲覧。 YAHOO! ニュース 2019年12月23日• 日刊スポーツ 2020年1月6日. 2020年1月6日閲覧。 超ワールドサッカー 2020年1月24日. 2020年1月24日閲覧。 - FIFA. com 2011年4月29日• - ゲキサカ 2011年6月17日• - スポーツナビ 2011年6月17日• - 日刊スポーツ 2014年1月11日• - 日本サッカー協会 2014年1月12日• - 公式サイト 2014年4月3日• - 公式サイト 2014年5月13日• - スポーツニッポン 2014年10月17日• 2015年10月1日閲覧。 フットボールチャンネル(2018年9月11日)• ゲキサカ 2018年10月12日付。 SOCCERDIGESTWeb 2018年10月16日付。 デイリースポーツ 2018年10月16日付。 ゲキサカ 2019年1月29日• デイリースポーツ 2019年2月2日• www. soccerdigestweb. com. 2020年1月20日閲覧。 スポーツニッポン 2014年1月14日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - による選手データ (日本語)• takumina0116 -•

次の