土 カイム 編成。 グラブルのルシH土パ編成について最近土カイム入りハイランダー編成を作...

土マッチョの理想編成

土 カイム 編成

SR方陣武器は後々入れ替わるため、育ててもSlv5程度でOK。 理想形としてEX攻刃枠を置いてますが、所持していない場合はSR方陣や通常攻刃などで代用することになります。 ユグ剣が十分に集まるまではユグ杖で代用してOK。 また『秋ノ落葉』『白虎咆拳』は交換直後からLv100まで育成できるため、 入手したら編成で役立ちます。 上記の編成はこの段階での理想では無いですが、徐々に武器を入れ替えていく流れをイメージして頂けるとよいかと。 もしEX攻刃が無ければ方陣か通常攻刃で補いましょう。 もし最終解放が可能なら随時4凸を進めたいですね。 『秋の落葉』を入手できていれば、手軽に4凸できるため進めておきましょう。 通常攻刃枠は『白虎咆拳』や、キャラの得意武器を揃えられるなら『無垢武器 闘争 』が候補。 どちらも無ければユグ杖で代用してもOKです。 この段階だけ見ればユグ剣5本の形でも問題ないですが、次段階で外れていくため3本程度で抑えておくのが良いかと。 またオメガ武器を編成できるなら白虎邪の枠と入れ替えになりますね。 細かくは下を参考にしてください。 武器種が短剣なのでダクフェなどで装備できる点も優秀で、メイン武器に迷ったらこの武器というレベル。 四天刃に比べるとTA率は上げられないが、効果時間が4ターンという点と属性攻撃UPが優秀。 PTメンバーの得意武器を揃える必要はあるが、土属性で作成できるならメイン武器の選択肢として優秀。 虚空武器を採用する場合はEX枠での入れ替えとなります。 そのため、クリが発動する水属性や無属性相手なら加護は両面マグナの組合せとなる。 また5凸段階まで強化を終えた場合は、更に加護対象となる第3スキルを追加できるため編成から外れることはなくなる。 セラフィックウェポンの解説はこちら 方陣攻刃持ちSR武器が少ない 1:SRを並べるまでに時間がかかる 土属性のSR方陣攻刃武器は『格闘』の1種類のみ。 2:反面SSRは並べやすい 土属性のSSRマグナ攻刃武器は、剣と杖の2種類がある。 後々は剣を揃えていくことになるが、杖も繋ぎとして編成に入ってくるため、 早い段階から編成をSSR攻刃で埋めやすい。 特にバハ武器をフツルス化する前など、HPが増やしづらい時期は恩恵が大きいです。 多彩なスキルを持つ武器が存在 1:まずはシンプルなユグ剣編成を目指す 土マグナの特徴として、攻刃以外にも渾身、背水、守護など様々なスキルを持つ武器が存在する。 まずは集めやすいユグ剣を敷き詰めた『ユグ剣編成』を目指すことになる。 2:最終目標はゴブロ斧渾身編成 土マグナの 最終的な目標はブローディアHLで入手できるゴブロ斧を主軸とした渾身編成。 ただし入手難度が非常に高く完成まではかなりの労力がかかるため、根気よく完成を目指したい。 3:使用頻度の高いジョブのメイン武器にも マグナ攻刃武器が剣のため、 使用頻度が高いジョブのメイン武器として使用可能。 奥義倍率が低いため、他のSSR剣があれば入れ替わりやすいが、装備が揃っていない段階でもダークフェンサーのメイン武器に困らないのが嬉しい点。 メイン武器の考え方と装備構成 メイン武器の優先度 1. 『強力な奥義効果を持った武器』を優先 まずは装備できるメイン武器の中で、 奥義効果が優秀な武器があればそれを装備する。 メイン装備時のスキル効果が優秀な武器も含まれる。 武器種が短剣なのでダクフェなどの有用なジョブで装備できる点も嬉しい。 TA率は上げられないが、効果時間が4ターンという点と属性攻撃UPが優秀。 PTメンバーの得意武器を揃える必要はあるが、土属性で作成できるならメイン武器の選択肢として優秀。 次に『もともと編成にある武器』で探す 奥義効果が強力なメイン武器がない場合、次は もともと装備している武器の中でメインで装備できる武器を探すのが良い。 マグナ武器やEX攻刃 UNK 武器に装備できる武器種があれば理想。 後は『装備できる武器』でOK もし上記ふたつに当てはまる武器がなかった場合は、装備できる武器を探していけばOK。 複数あった場合、より攻撃力が高くなる方を選びたい。 ライターA もちろん育成済みの攻刃があれば優先したいですが、 装備できるなら未育成でも守護でも構いません。 最適なジョブを使えないデメリットの方が大きいです。 SSR武器が揃うまでは3本を目安に組み込もう。 裁きの雷鳴 通常攻刃 ウォフマナフ討滅戦で入手可能なSSR攻刃武器。 EX攻刃武器 EX攻刃 この時点では入手していない、もしくは数が揃えられていない可能性が高い武器。 機会に恵まれたら入手しておく、ぐらいの認識でOK。 作成も簡単なのでどんな編成でも最優先で編成したい。 この段階では 「メイン16章クリア報酬」と配布分でOKだが、秋ノ落葉を所持していなければユグマグに挑戦してもう1本3凸作成を目指したい。 ただしステータスが低く最終的に外れるため、配布分以外の育成は1本程度に留めておきたい。 方陣 攻刃 イベント『四象降臨』で入手できる武器。 入手できれば優先して育成しておきたい。 地裂の攻刃II イベント『四象降臨』で入手できる武器。 最終解放も可能で、序盤の通常攻刃枠や上限UPスキル持ちの武器として活躍する。 EX攻刃 土のEX攻刃をもつ武器。 サイドストーリー「プラチナスカイ」クリアと交換で入手可能。 3凸Lv100 まで育てないとEX攻刃を持たないため、装備する際は必ずLv100まで上げておこう。 バハムート武器は種族に応じて恩恵を得られるスキルを持つ武器。 メイン54章クリアで解禁される「どうして空は蒼いのか」を進めてSSR段階を入手しよう。 途中段階でも最終解放できるようになれば、1本ずつ4凸させていこう。 4凸解放素材が軽く理想編成完成後も片面マグナ編成の確定クリ目的で使えるため、4凸Slv15の完成を目指したい。 スキルLvなどを踏まえた攻撃力との兼ね合いにもよるが、HPを考慮しなければユグ剣と入れ替わっていくことになる。 地裂の攻刃II イベント『四象降臨』で入手できる武器。 最終解放で攻刃IIになるが、他の四象武器に比べるとステータスは低め。 邪のスキル追加することで編成候補となる。 バハ武器 様々な属性の編成で使える武器なので、この段階ではスキルLvを上げておきたい。 裁考の覇道 強力なEX攻刃 特大 のスキルを持つ武器。 最後まで育成すれば マグナII完成までEX攻刃枠に2本程度 メイン運用時は3本 入る。 ただし収集に労力がかなりかかるので、地道に集めていく必要がある。 裁考の覇道 『シャフレワル』と同じくゼノウォフ撃滅戦で入手できる武器。 ATKの面で若干劣るものの、あまり差はないため、こちらと合わせて理想本数分集める形でも問題ない。 楽器ジョブのメイン武器として有用なので1本は確保しておくと便利な武器。 祝福II 土の神威 SSR化でスキル「祝福」が与ダメージ1. 2倍に強化される。 SRのままでは恩恵が少なく編成から外れやすいので、SSR化の準備をしつつ現実的に強化が可能になるRank101を目指そう。 育成する順番 武器 解説 【1】 ウリエル拳 SR3凸まで強化しておきたい 【2】 EX攻刃 Slv10が2本ない場合は優先 【3】 ユグ剣 最後まで強化しておきたい武器 EX攻刃2本が終わったらSlv10 【4】 バハ武器 なるべくSLvを上げておきたい スキル餌が大量に必要な点に注意 【5】 通常攻刃 4凸可能な武器を入手したら育成 EX攻刃武器がない場合は優先度UP 【6】 ユグ杖 ユグ剣が揃うまでの代用となる武器 Slv10を貰えるため育成は必要ない この構成を作るうえで必要なこと 1:ウリエル拳SSR化の準備を進めよう ウリエル拳はSSR化することでスキル「祝福」が強化され、 与ダメージ1. 2倍とさらに優秀な武器になる。 SR時点のままでは他武器に劣る場合もあるので、黄星の輝きを集めたら強化できるところまで進めておこう。 2:上位のマルチバトルからもドロップする 『メドゥーサ討伐戦』や『バアル討伐戦』、更には『ユグドラシルマグナ討伐戦HL』『ブローディアHL』からも、マグナ武器はドロップする。 特にユグドラシルマグナHLは この後の最終解放に必要になる素材をドロップするため、積極的に挑戦していきたい。 ユグ剣とユグ杖の関係性 1:攻撃面のみを考えるならユグ剣の圧勝 ユグ剣は攻撃力が高く、スキルも『方陣攻刃II』と攻撃寄り。 そのため一般的にはユグ剣で染めていくのが理想形になる。 特にこの段階ではまだバハ武器がフツルス化できていない人が多いと思われるので、1本残すというのも選択肢。 この時点では5本も選択肢だがゴブロの斧などと入れ替わるため、 白虎咆拳や秋ノ落葉と合わせて5本揃えておけば問題無い。 祝福III 土の神威 最終ダメージを1. 23倍にする優秀な天司武器。 SSR化ほどの伸びはないが、ほぼ外れない武器のためなるべく4凸しておきたい。 スキルLv上げはバハ武器と同じスキル餌が必要なので、後回しでも問題無い。 裁考の覇道 強力なEX攻刃 特大 を持ち、この段階では2本 メイン運用の場合は3本 まで入ってくる。 裁考の覇道 『シャフレワル』と同じくゼノウォフ撃滅戦で入手できる武器。 理想編成完成後も片面マグナ編成で確定クリ目的に1本編成される場面もある。 本数は基本的には1本で、麻痺などで敵を動かせず倒す場合で限界までHPを減らせる時のみ2本になる。 地裂の攻刃III 土の乱舞 最終解放前提だが、Lv150で合計約32%分の攻刃を持つ。 地裂の攻刃II 西白の真髄 四象武器で入手できる白虎咆拳にスキル邪を追加した武器。 スキルLvもなるべく上げておきたい。 バハ武器 フツルス化すれば種族縛りが緩和されるため、パーティの種族に応じて作成。 テスカトリポカ編成を作る場合、アタッカーとなるキャラに合った種族を選択しよう。 11以降へ この構成を作るうえで必要なこと 1:HLマルチで素材集め ユグ剣の最終解放には、HLマルチである ユグドラシルマグナHL、メドゥーサHLを倒す必要がある。 素材を栄誉の輝きで交換することもできるが、他に用途があるためオススメはできない。 3:優秀なキャラ武器は4凸する価値アリ 宝剣アンダリスなど、土属性には 最終解放時の追加効果が優秀な武器もある。 通常攻刃枠なので編成に入る場面は少なめだが、これらの武器を3凸で持っている場合、最終解放しておく価値はある。 召喚石の組み合わせ 対水属性の場合 創樹方陣 スキル効果3. 片面黄龍編成では 4凸4本を使用する場合もあるので、4本は作成しておきたい。 ユグ剣5凸に比べて火力は劣るが、HPも確保できるため優秀。 祝福III 土の神威 最終ダメージ1. 23倍が非常に強力なため、 水属性相手なら編成から外れることはない。 両面マグナ編成では採用される機会は少ないが、 片面マグナ編成でブロ斧4本と合わせた確定クリ目的で編成される。 5凸解放をすると加護対象の渾身や背水、進境などのスキルを習得できる。 5凸強化でメイン縛りが無くなると、サブ枠では必須級の1本となる。 地裂の攻刃II 上限UP 四象武器で入手できる白虎咆拳にスキル邪を追加した武器。 ダメージ上限をUPさせることができるため、上限近いダメージを安定して出せる状況なら恩恵が大きく、編成しておきたい武器。 地裂の攻刃 上限UP こちらも 白虎拳・邪と同じく7%の上限UPを持つ武器。 攻刃スキルの効果量は白虎拳に劣るが、ATKの差まで考慮すると基本的にこちらの方が優先度が高い。 地裂の攻刃III 土の乱舞 最終解放前提だが、 合計約34%分の通常攻刃を稼げる。 マグナ編成で無理に作成する必要性は薄いが、4凸していれば通常攻刃枠として編成に組み込めるほか、メカニック時のメイン武器としても活躍する。 主人公含めて3キャラ以上の得意武器を統一できる場合に編成候補となる。 終末武器とは別の上限スキルを設定しておきたい。 TA時に与ダメUPというスキルを持つ。 PT内で斧や格闘得意キャラが多いなら起用候補となる。 バハ武器 種族を2種類までに抑えられるなら、エーケイなどと選択で通常攻刃枠に入る武器。 【2】 ゴブロ斧 4凸の恩恵はマグナ5凸より高いため優先 無凸から強力なので先に3本並べる 【3-1】 ゴブロ刀 ユグ剣との選択だがアニマの消費が 重いため基本的にこちらを優先 【3-2】 ユグ剣 ゴブロ武器があまり集まらない際は ユグ剣を先に5凸してもよい 刀4本編成を目指す場合は不要 この構成を作るうえで必要なこと 1:ゴブロHLで素材集め.

次の

カイムが仲間になったので、神石ハイランダー編成の強さを検証。マグナとの比較も(グラブル攻略)

土 カイム 編成

土マグナハイランダー編成という可能性 水有利古戦場も終わって落ち着いて来たので、古戦場前に加入してちょっとずつ使いはじめている土属性賢者であるカイムの使用感などをあげてみようと思います。 まずはカイムのアビリティ編成 おそらく使い勝手が良いのは2アビです。 いわゆるコピースキルであり、分かりやすく言うとグラゼロのあとに打つともう一発グラゼロが打てるというようなスキル。 ただ、スキルによってはコピーできないものもあり、剣聖の剣神解放やザ・グローリーのグロリアス・アーツなどはコピーが出来ないようです。 そして、カイムの特徴とも言うべき3アビのブランクフェイス。 スタメンが使ったアビリティによってアビリティの内容が変わるというリミテッドリーシャのブレイブコマンドとちょっと似たアビリティとなります。 ブレイブコマンドはアビリティ使用後に使った種類によってアビリティ内容が変わりますが、ブランクフェイスの方はブランクフェイス状態の時に使われた直前のアビリティによって内容が変わります。 また、ブレイブコマンドの方は号令レベルの高さが非常に重要になりますが、ブランクフェイスの方はランクによって変わるのはカイムにかかる効果だけになるのであまり重要ではない気がします。 そして、ブランクフェイス及び変化した各トリックの再使用ターン数は一応5ターンとなっていますが、奥義を打つごとに各トリックがリセットされ、即ブランクフェイスが使用可になるので奥義回りがいい土属性だと5ターンかからずに打てることが多々ある感じです。 2アビの使用間隔が1ターンなのでダイヤトリックを多用していくことになる感じでしょうか。 カイムも正位置と逆位置のアビリティを持っていますが、カイムのもう1つの特徴とも言うべき刑死者の逆位置のサポートアビリティ、すべて違う武器を並べるといういわゆるハイランダー編成です。 メンバーと召喚石は全く一緒で 装備の方を変えてみました。 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 これで試しに通常マキュラを同じような進行で殴ってみたのですが どちらも両面ユグマグでリロード無し 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 差は少ないもののマグナハイランダー編成の方が強いという結果に・・・ これ以前にも同様にマキュラを殴っているのですが、やはりマグナハイランダーの方が僅かに早い結果でした。 マグナハイランダー編成の方はニーベルンホルンが3本並んでないのでクリティカル確定とはなりませんが、逆位置効果や白虎邪のダメージ上限アップ効果もありマグナハイランダー編成の方に分があるようでした。 通常マグナ編成ダメージ例 マグナハイランダー編成ダメージ例 まぁ、どちらの編成も進行する上で多少のブレはあると思いますが、少なくとも火力的には甲乙つけがたい性能と言えるのではないでしょうか。 また、HPを比べてみると 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 ほぼ変わらず・・・ マグナ編成の方はニーベルンクリンゲをもっと並べてHPを盛るというのもあると思いますが、自分のユグ杖はスキルレベル15までしか上げていなかったのでそれを考慮すると、マグナ編成に勝てないまでもなかなかいい勝負になるのではないかと思います。 そして、やはり本命は両面ティターンによるハイランダー編成・・・ 仮にティターンを引くことができれば違う武器を1本ずつ並べるだけなので比較的容易にティターンでのハイランダー編成を組むこともできます。

次の

ついに賢者カイム君が来てくたので土ハイランダー編成をやってみた!!

土 カイム 編成

更に夏に実装された高級鞄からドロップの新エピックウェポン。 ギルガメッシュからドロップの 英雄王の戦斧。 そして、アヌビスからドロップの 支配の天秤。 最適解を突き詰めるのならば差が出てくるのではないかと思いますが、少なくともエンジョイ勢の自分にとってはどちらでもいいかなーという差に感じられました。 今後、マキラの最終上限解放が強力ならば英雄王の戦斧を抜いてダブルハイランダーで楽器パというのも考えますが、どちらにしても必須装備となるであろう現状の土属性のリミテッド武器3本と天司武器、絶対否定の竪琴5凸は揃っているのでもう少し詰めてみようと思います。 今後の土属性 そんな感じで今後どうなるかは分かりませんが、土属性は当分はこの編成で凌げるのではないかと思っています。 おそらく次に土属性にスポットが当たるのは(というか全属性に当たると思いますが)、6周年での六竜HLだと思うので、まずはそこが試金石になると思っています。 上限が叩けないと微妙だと言われるハイランダー編成ですが、そこでどこまで戦えるか・・・ ただ、カイム入りのハイランダー編成はカイムのサポアビにハイランダー効果以外にかなり強力な防御アップが付いているので、防御面での魅力もあります。 ゆえにマッチョネットワークが必要ということです。 だから動画見てもマグナライジングフォース程度の強さにしか見えないっすわ。 また奥義パするならオクトー奥義で土オメガが死んでるんで剣豪にして金重装備して奥義ゲージアップをまいた方がカイン追撃も切れずによいかと・・・ そして戦斧はゴミだって言われてるんでまぁ要らないです。 金重メインでもやってみたりしましたが、まぁ今後の課題です。 あとビカラとフェリでの無属性200万もありらしい。 ハイランダーが始まったのはこのカイムから。 ハイランダーが広まったのはアヌビスから。 そして、脚光を浴び始めたゴリラ。 天上人下層か地上人最上層にいる廃RUNダーモニキ教皇の力だと、これ以上火力を上げるには上限突破が必要不可欠。 世が背水より渾身や必殺、技巧を求めているなか、今年はどのスキルに着目されるのでしょうか。 もちろん、背水だって負けていないですが、最近、背水武器見ないですものね。 リミ武器配布してくれないかなー(6周年で) ゴリラ4凸したら是非動画UPオナシャス•

次の