ソフトバンク lineモバイル 乗り換え。 LINEモバイルのレビュー5選。ソフトバンク回線の評判は?

ソフトバンクからの卒業!LINEモバイルへのやさしいMNP乗り換え方法

ソフトバンク lineモバイル 乗り換え

ソフトバンクからMNP予約番号を取得する• LINEモバイルに申し込む• このMNP予約番号がなければ、いままで利用していた電話番号をLINEモバイルで利用することができません。 ソフトバンクでMNP予約番号を発行するには、次の3つの方法があります。 ソフトバンクショップ• WEB(My Softbank) 電話とWEBでMNP予約番号を取得する場合は午前9時から午後8時まで、ソフトバンクショップでの取得はそれぞれの店舗の営業時間内に手続きを行います。 いずれも本人確認をして解約にかかる費用などの説明を受けた後に、MNP予約番号が発行されます。 MNP予約番号には有効期限がある MNP予約番号自体は 発行から当日を含めて15日間有効です。 MNP予約番号を発行したからといって、• すぐにソフトバンク回線が解約• 有効期限が過ぎても解約 になったりするわけではありません。 LINEモバイルでの契約が完了した時点で、ソフトバンクの回線契約が自動的に解約となります。 MNPの手続きが完了するまではソフトバンク回線は引き続き利用することができるので、携帯電話が使えなくなるという心配はありません。 ただ、乗り換えでLINEモバイルに申し込みをする場合には、1つ注意しなくてはならないポイントがあります。 LINEモバイルでは、 MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていなければ申し込みができません。 ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えをする場合には、MNP予約番号の取得から申し込みまで速やかに行うようにしましょう。 スマホをそのまま使う場合にはSIMロック解除を LINEモバイルに乗り換え時に、スマホの買い換えも検討しているなら、LINEモバイルから提供されている端末を購入することもできます。 その他にもSIMフリーなら、基本的にLINEモバイルのSIMカードで通信をすることができます。 注意が必要なのは、ソフトバンクで使っていたスマホをそのままでLINEモバイルのSIMカードを利用するケースです。 ソフトバンクから販売されているスマホには全てSIMロックがかかっているので、他社回線のSIMカードを挿れても通信をすることができません。 LINEモバイルのSIMカードに差し替えてみたら通信ができなかった、なんてことにならないように事前にSIMロック解除をしておきましょう。 SIMロック解除が不要な場合も 基本的にソフトバンクで購入したスマホに他社のSIMカードを挿れても通信をすることができないので、SIMロック解除をする必要があります。 しかし、ソフトバンクで購入した端末ならSIMロック解除をせずにLINEモバイルで使う方法があります。 LINEモバイルで回線を選択する際にソフトバンク回線を契約することで、ソフトバンクのSIMロックがかかったスマホでもSIMカードの差し替えだけで通信を行うことができます。 LINEモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線に対応した数少ない格安SIMの1つとなっています。 特にソフトバンク回線を提供している格安SIMは少なくLINEモバイルはその中の1つなのです。 LINEモバイルのソフトバンク回線なら、• ソフトバンクで購入したiPhone5以降のiPhone• 2017年8月以降に販売開始されたソフトバンクのスマホ であれば使用することができます。 ソフトバンクからの乗り換えなら、これまで使っていたスマホをそのまま使うことができるというのも、LINEモバイルがソフトバンクユーザーから選ばれている理由の1つです。 念の為、自分のスマホがLINEモバイルで動作確認が済んでいるかどうか公式サイトで事前に確認はしておいたほうが良いでしょう。 ステップ2 LINEモバイルに申し込む 画像引用元: ソフトバンクでMNP予約番号の取得ができたら、LINEモバイルの申し込みです。 契約に必要なものは次の4つです。 本人確認書類• クレジットカード or LINE Payカード• メールアドレス• MNP予約番号(有効期限10日以上) 詳しく説明していきます。 本人確認書類は代表的なもので言うと、• 運転免許証• マイナンバーカード• 住民基本台帳カード など、顔写真付きのものであれば大丈夫です。 もし、これらの書類を持っていなくて、健康保険証や日本国発行のパスポートがあると言う場合には、補助書類が必要になります。 補助書類は公共料金領収書または住民票のどちらかになります。 続いて、 毎月の料金の支払いに使用するクレジットカード(本人名義)が必要になります。 LINEモバイルでは、毎月の料金の支払いに口座引き落としの設定をすることはできません。 また、デビットカードを使うこともできないので、注意が必要です。 そして最後に メールアドレスが必要です。 LINEモバイルからのお知らせや契約内容を受け取る為に必要となります。 ここで登録するメールアドレスは、LINEモバイル契約後に使えなくなるキャリアメールのメールアドレスではなく、Gmailなど引き続き利用できるメールアドレスを用意しておきましょう。 もし、そのようなアドレスがない場合には、簡単に作ることができるので申し込み前に作っておきましょう。 LINEモバイル公式サイトから申し込み LINEモバイルは基本的にWEBからの申し込みとなります。 にアクセスし、画面上部に表示される 「申し込む」ボタンから申し込み手続きを行っていきます。 ここからは必要情報を入力していくだけなので至って簡単です。 順を追って見ていきましょう。 プラン選択 まず最初に申し込み方法の選択を行います。 通常申し込み• エントリーパッケージを使用して申し込み のいずれかを選択します。 エントリーパッケージとは、家電量販店などで販売されている紙のパッケージで、初期費用を安く抑えることができます。 これを購入している場合は必ず「エントリーパッケージを使用して申し込み」を選択するようにしましょう。 そうでなければ、「通常申し込み」で問題ありません。 回線を選ぶ 続いて回線を選びます。 LINEモバイルは、• ソフトバンク• ドコモ• au の3つの回線の中から選びことができます。 どの回線を契約しても月額料金は変わりません。 先ほど解説したように、ソフトバンクで購入したスマホの多くは、ソフトバンク回線ならSIMロック解除をしなくてもLINEモバイルで使用できます。 なので、今回のようなソフトバンクからの乗り換えであれば、基本的にソフトバンク回線を選んでおけば問題ないでしょう。 料金プランを選ぶ 次に料金プランを選択します。 LINEモバイルでは特徴豊かな 3種類の料金プランが提供されており、• LINEフリー• コミュニケーションフリー• そして、スマホセット購入かSIMカードのみの契約かを選びます。 スマホセット購入なら「端末+SIMカード」から購入端末を選べば良いのですが、今までもスマホをそのまま使う場合には「SIMカードのみ」を選んで、SIMカードのサイズを選びます。 この時にサイズを間違えて申し込むと、スマホにSIMカードを挿すことができず、サイズ変更の手続きが必要になります。 LINEモバイルの動作確認端末の一覧を掲載しているページから SIMカードのサイズを確認できるので、必ず事前に確認しておきましょう。 ここからは、画面の誘導に従って契約者情報を順番に入力していきます。 本人確認書類のアップロード 情報入力が完了した後は、登録したメールアドレス宛に本人確認書類をアップロードするためのURLが送られてくるので、そこから 本人確認書類のアップロードを行います。 アップロードする本人確認書類のパターンは、サイトから選ぶことができるので該当の本人確認書類をスマホで撮影しアップロードします。 確認書類の画像がブレる• 光が反射して文字が読めない と、審査に通らなくなってしまうので、不鮮明な部分がないようしっかりと撮影しましょう。 支払い情報の入力 LINEモバイルの支払い方法は、• クレジットカード• LINE Payカード• LINE Pay から選ぶことができます。 ログインIDとパスワードを設定 最後にLINEモバイルのマイページにログインするためのログインIDとパスワードを設定して完了です。 確認ページが表示されるので、入力内容に誤りがないか確認しましょう。 次の章では、LINEモバイルの初期設定の方法について解説します。 MNP切替手続き まずMNP切替手続きをして、元のソフトバンクからLINEモバイルに完全に回線を切り替えてしまいます。 MNP切替手続きといっても 難しい設定をする必要は一切なく、MNP開通受付窓口に電話をするだけです。 届いたSIMカードと一緒に案内が入っているので、窓口に電話をしましょう。 APN設定 これまで使っていたスマホを そのままLINEモバイルでも使う場合には、APN設定が必要になる場合があります。 この時にWi-Fi環境が必須となります。 APN設定とは、スマホにインターネットの接続先を指定する作業で、これをしないとインターネットに接続することができません。 iPhoneの場合は構成プロファイルのインストールによる設定• Androidの場合は手動で設定 をしていくことになります。 難しく聞こえるかもしれませんが、 付属のマニュアルに従って操作をすれば簡単に設定ができます。 スマホセットの場合は、あらかじめAPN設定のできている端末が届くので、こちらの設定は不要です。 スマホがLINEモバイルのSIMカードを入れた状態で、インターネットに接続することができるようになれば初期設定は完了です。 これでソフトバンクからLINEモバイルへの乗り換え・MNPの手続きは終了です。 ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えるタイミング ソフトバンクからLINEモバイルにお得に乗り換えるためには、タイミングが重要です。 理由はソフトバンクを解約した月は日割り計算はなく、1ヶ月分の料金がかかってしまうからです。 ソフトバンクの締め日は、• 10日• 20日• 月末 と3種類があり、解約月にはこの締め日を基準に1ヶ月分の料金を算出しています。 なので、1日しか使っていないのに1ヶ月分の料金がかかることもあるのです。 一般的に締め日直前で乗り換えをするのが1番お得です。 また、LINEモバイルの料金にも日割り計算は適用されず、初月は割安に設定された定額の初月料金がかかります。 ちなみに LINEモバイルの締め日は月末です。 ソフトバンクの締め日とLINEモバイルの初月料金をそれぞれ考慮した上でお得に乗り換えができるタイミングについて確認していきましょう。 ここで重要なポイントは2つ、• ソフトバンクは10日・20日・末日と3種類の締め日がある• LINEモバイルの初月料金は日数に関わらず定額 契約タイミングなどによって、締め日は異なるので必ず事前に確認をしておきましょう。 ここからは、締め日ごとのお得な乗り換えタイミングについて見ていきましょう。 ソフトバンクの締め日が10日の場合 締め日が10日の場合は、1〜10日の間に乗り換えを完了させましょう。 ソフトバンクもLINEモバイルも日割り計算が適用されないことを考えると、1〜10日の間に乗り換えができればいつでも料金は変わりません。 8日くらいにはMNP切替手続きが完了しているのが理想です。 もし10日を1日でも過ぎてしまったら、ソフトバンクの料金がまた1ヶ月かかってしまうので、それだけは注意しなくてはなりません。 最適なタイミングで乗り換えるためには、SIMカードの配送時期なども考慮しなくてはなりません。 時期や配送状況によっては思ったスケジュール通りに進まなくて、締め日を超えてしまうということも考えられます。 申し込みからSIMカードの受け取りまで、ある程度余裕を持ったスケジュールで臨みましょう。 締め日が20日の場合 締め日が20日の場合も、1〜20日の間に乗り換えを完了させましょう。 LINEモバイルの初月料金は、月半ばで申し込みをしても日割り計算にはならず決まった料金が請求されます。 この場合も締め日が10日の場合と同じように、1〜20日の間ならいつでも料金は変わりません。 締め日が20日の人が絶対にしてはいけないのが、21日から末日までの間に乗り換えをすることです。 もし、これをしてしまうと、数日間の利用でソフトバンクの料金が1ヶ月分かかる上に、LINEモバイルの料金も1ヶ月分かかってしまいます。 更新月の関係などで、締め日明けの21日にすぐにでも乗り換えたいと考える人が多いかもしれませんが、少し待って1〜20日の間に乗り換えるようにしましょう。 締め日が末日の場合 締め日が末日になっている場合は、お得に乗り換えができるタイミングは少しシビアになります。 これまでの例で言えば締め日が末日なら、1ヶ月の間でいつ乗り換えをしてもソフトバンクもLINEモバイルも満額請求となるので、料金に変わりはありません。 末日締めの場合は、そういうものと割り切ってタイミングを気にせず乗り換えてしまってもいいかもしれません。 どうしても2重請求を避けたい、という場合には1つだけ方法があります。 それは 月末に乗り換えをする方法です。 MNP切替手続きが完了すればその日でソフトバンクは解約になります。 それに対して、LINEモバイルの利用開始日は開通翌日です。 この利用開始日が含まれる月の料金が初月料金として請求されます。 これの仕組みをうまく使えば、 末日に乗り換えてソフトバンクを解約、翌日(翌月1日)がLINEモバイルの利用開始日となり初月料金で1ヶ月丸々使うことができます。 こうすれば、ソフトバンクとLINEモバイルの料金が重なることがありません。 1日でもずれると2重に料金がかかってしまいますが、普通に乗り換えても2重で料金がかかってしまうなら、末日乗り換えを試してみる価値はあるでしょう。 ただ、この方法はソフトバンクの解約とLINEモバイルの利用開始日が月跨ぎになる末日締めの場合でのみ、有効なのであって締め日が10日や20日の場合には意味がありません。 ソフトバンクからLINEモバイルの乗り換えは簡単でお手軽! 画像引用元:.

次の

ソフトバンクからLINEモバイルで出来なくなること9つ!事前チェックで100%安心!

ソフトバンク lineモバイル 乗り換え

ソフトバンクからMNP予約番号を取得する• LINEモバイルに申し込む• このMNP予約番号がなければ、いままで利用していた電話番号をLINEモバイルで利用することができません。 ソフトバンクでMNP予約番号を発行するには、次の3つの方法があります。 ソフトバンクショップ• WEB(My Softbank) 電話とWEBでMNP予約番号を取得する場合は午前9時から午後8時まで、ソフトバンクショップでの取得はそれぞれの店舗の営業時間内に手続きを行います。 いずれも本人確認をして解約にかかる費用などの説明を受けた後に、MNP予約番号が発行されます。 MNP予約番号には有効期限がある MNP予約番号自体は 発行から当日を含めて15日間有効です。 MNP予約番号を発行したからといって、• すぐにソフトバンク回線が解約• 有効期限が過ぎても解約 になったりするわけではありません。 LINEモバイルでの契約が完了した時点で、ソフトバンクの回線契約が自動的に解約となります。 MNPの手続きが完了するまではソフトバンク回線は引き続き利用することができるので、携帯電話が使えなくなるという心配はありません。 ただ、乗り換えでLINEモバイルに申し込みをする場合には、1つ注意しなくてはならないポイントがあります。 LINEモバイルでは、 MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていなければ申し込みができません。 ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えをする場合には、MNP予約番号の取得から申し込みまで速やかに行うようにしましょう。 スマホをそのまま使う場合にはSIMロック解除を LINEモバイルに乗り換え時に、スマホの買い換えも検討しているなら、LINEモバイルから提供されている端末を購入することもできます。 その他にもSIMフリーなら、基本的にLINEモバイルのSIMカードで通信をすることができます。 注意が必要なのは、ソフトバンクで使っていたスマホをそのままでLINEモバイルのSIMカードを利用するケースです。 ソフトバンクから販売されているスマホには全てSIMロックがかかっているので、他社回線のSIMカードを挿れても通信をすることができません。 LINEモバイルのSIMカードに差し替えてみたら通信ができなかった、なんてことにならないように事前にSIMロック解除をしておきましょう。 SIMロック解除が不要な場合も 基本的にソフトバンクで購入したスマホに他社のSIMカードを挿れても通信をすることができないので、SIMロック解除をする必要があります。 しかし、ソフトバンクで購入した端末ならSIMロック解除をせずにLINEモバイルで使う方法があります。 LINEモバイルで回線を選択する際にソフトバンク回線を契約することで、ソフトバンクのSIMロックがかかったスマホでもSIMカードの差し替えだけで通信を行うことができます。 LINEモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線に対応した数少ない格安SIMの1つとなっています。 特にソフトバンク回線を提供している格安SIMは少なくLINEモバイルはその中の1つなのです。 LINEモバイルのソフトバンク回線なら、• ソフトバンクで購入したiPhone5以降のiPhone• 2017年8月以降に販売開始されたソフトバンクのスマホ であれば使用することができます。 ソフトバンクからの乗り換えなら、これまで使っていたスマホをそのまま使うことができるというのも、LINEモバイルがソフトバンクユーザーから選ばれている理由の1つです。 念の為、自分のスマホがLINEモバイルで動作確認が済んでいるかどうか公式サイトで事前に確認はしておいたほうが良いでしょう。 ステップ2 LINEモバイルに申し込む 画像引用元: ソフトバンクでMNP予約番号の取得ができたら、LINEモバイルの申し込みです。 契約に必要なものは次の4つです。 本人確認書類• クレジットカード or LINE Payカード• メールアドレス• MNP予約番号(有効期限10日以上) 詳しく説明していきます。 本人確認書類は代表的なもので言うと、• 運転免許証• マイナンバーカード• 住民基本台帳カード など、顔写真付きのものであれば大丈夫です。 もし、これらの書類を持っていなくて、健康保険証や日本国発行のパスポートがあると言う場合には、補助書類が必要になります。 補助書類は公共料金領収書または住民票のどちらかになります。 続いて、 毎月の料金の支払いに使用するクレジットカード(本人名義)が必要になります。 LINEモバイルでは、毎月の料金の支払いに口座引き落としの設定をすることはできません。 また、デビットカードを使うこともできないので、注意が必要です。 そして最後に メールアドレスが必要です。 LINEモバイルからのお知らせや契約内容を受け取る為に必要となります。 ここで登録するメールアドレスは、LINEモバイル契約後に使えなくなるキャリアメールのメールアドレスではなく、Gmailなど引き続き利用できるメールアドレスを用意しておきましょう。 もし、そのようなアドレスがない場合には、簡単に作ることができるので申し込み前に作っておきましょう。 LINEモバイル公式サイトから申し込み LINEモバイルは基本的にWEBからの申し込みとなります。 にアクセスし、画面上部に表示される 「申し込む」ボタンから申し込み手続きを行っていきます。 ここからは必要情報を入力していくだけなので至って簡単です。 順を追って見ていきましょう。 プラン選択 まず最初に申し込み方法の選択を行います。 通常申し込み• エントリーパッケージを使用して申し込み のいずれかを選択します。 エントリーパッケージとは、家電量販店などで販売されている紙のパッケージで、初期費用を安く抑えることができます。 これを購入している場合は必ず「エントリーパッケージを使用して申し込み」を選択するようにしましょう。 そうでなければ、「通常申し込み」で問題ありません。 回線を選ぶ 続いて回線を選びます。 LINEモバイルは、• ソフトバンク• ドコモ• au の3つの回線の中から選びことができます。 どの回線を契約しても月額料金は変わりません。 先ほど解説したように、ソフトバンクで購入したスマホの多くは、ソフトバンク回線ならSIMロック解除をしなくてもLINEモバイルで使用できます。 なので、今回のようなソフトバンクからの乗り換えであれば、基本的にソフトバンク回線を選んでおけば問題ないでしょう。 料金プランを選ぶ 次に料金プランを選択します。 LINEモバイルでは特徴豊かな 3種類の料金プランが提供されており、• LINEフリー• コミュニケーションフリー• そして、スマホセット購入かSIMカードのみの契約かを選びます。 スマホセット購入なら「端末+SIMカード」から購入端末を選べば良いのですが、今までもスマホをそのまま使う場合には「SIMカードのみ」を選んで、SIMカードのサイズを選びます。 この時にサイズを間違えて申し込むと、スマホにSIMカードを挿すことができず、サイズ変更の手続きが必要になります。 LINEモバイルの動作確認端末の一覧を掲載しているページから SIMカードのサイズを確認できるので、必ず事前に確認しておきましょう。 ここからは、画面の誘導に従って契約者情報を順番に入力していきます。 本人確認書類のアップロード 情報入力が完了した後は、登録したメールアドレス宛に本人確認書類をアップロードするためのURLが送られてくるので、そこから 本人確認書類のアップロードを行います。 アップロードする本人確認書類のパターンは、サイトから選ぶことができるので該当の本人確認書類をスマホで撮影しアップロードします。 確認書類の画像がブレる• 光が反射して文字が読めない と、審査に通らなくなってしまうので、不鮮明な部分がないようしっかりと撮影しましょう。 支払い情報の入力 LINEモバイルの支払い方法は、• クレジットカード• LINE Payカード• LINE Pay から選ぶことができます。 ログインIDとパスワードを設定 最後にLINEモバイルのマイページにログインするためのログインIDとパスワードを設定して完了です。 確認ページが表示されるので、入力内容に誤りがないか確認しましょう。 次の章では、LINEモバイルの初期設定の方法について解説します。 MNP切替手続き まずMNP切替手続きをして、元のソフトバンクからLINEモバイルに完全に回線を切り替えてしまいます。 MNP切替手続きといっても 難しい設定をする必要は一切なく、MNP開通受付窓口に電話をするだけです。 届いたSIMカードと一緒に案内が入っているので、窓口に電話をしましょう。 APN設定 これまで使っていたスマホを そのままLINEモバイルでも使う場合には、APN設定が必要になる場合があります。 この時にWi-Fi環境が必須となります。 APN設定とは、スマホにインターネットの接続先を指定する作業で、これをしないとインターネットに接続することができません。 iPhoneの場合は構成プロファイルのインストールによる設定• Androidの場合は手動で設定 をしていくことになります。 難しく聞こえるかもしれませんが、 付属のマニュアルに従って操作をすれば簡単に設定ができます。 スマホセットの場合は、あらかじめAPN設定のできている端末が届くので、こちらの設定は不要です。 スマホがLINEモバイルのSIMカードを入れた状態で、インターネットに接続することができるようになれば初期設定は完了です。 これでソフトバンクからLINEモバイルへの乗り換え・MNPの手続きは終了です。 ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えるタイミング ソフトバンクからLINEモバイルにお得に乗り換えるためには、タイミングが重要です。 理由はソフトバンクを解約した月は日割り計算はなく、1ヶ月分の料金がかかってしまうからです。 ソフトバンクの締め日は、• 10日• 20日• 月末 と3種類があり、解約月にはこの締め日を基準に1ヶ月分の料金を算出しています。 なので、1日しか使っていないのに1ヶ月分の料金がかかることもあるのです。 一般的に締め日直前で乗り換えをするのが1番お得です。 また、LINEモバイルの料金にも日割り計算は適用されず、初月は割安に設定された定額の初月料金がかかります。 ちなみに LINEモバイルの締め日は月末です。 ソフトバンクの締め日とLINEモバイルの初月料金をそれぞれ考慮した上でお得に乗り換えができるタイミングについて確認していきましょう。 ここで重要なポイントは2つ、• ソフトバンクは10日・20日・末日と3種類の締め日がある• LINEモバイルの初月料金は日数に関わらず定額 契約タイミングなどによって、締め日は異なるので必ず事前に確認をしておきましょう。 ここからは、締め日ごとのお得な乗り換えタイミングについて見ていきましょう。 ソフトバンクの締め日が10日の場合 締め日が10日の場合は、1〜10日の間に乗り換えを完了させましょう。 ソフトバンクもLINEモバイルも日割り計算が適用されないことを考えると、1〜10日の間に乗り換えができればいつでも料金は変わりません。 8日くらいにはMNP切替手続きが完了しているのが理想です。 もし10日を1日でも過ぎてしまったら、ソフトバンクの料金がまた1ヶ月かかってしまうので、それだけは注意しなくてはなりません。 最適なタイミングで乗り換えるためには、SIMカードの配送時期なども考慮しなくてはなりません。 時期や配送状況によっては思ったスケジュール通りに進まなくて、締め日を超えてしまうということも考えられます。 申し込みからSIMカードの受け取りまで、ある程度余裕を持ったスケジュールで臨みましょう。 締め日が20日の場合 締め日が20日の場合も、1〜20日の間に乗り換えを完了させましょう。 LINEモバイルの初月料金は、月半ばで申し込みをしても日割り計算にはならず決まった料金が請求されます。 この場合も締め日が10日の場合と同じように、1〜20日の間ならいつでも料金は変わりません。 締め日が20日の人が絶対にしてはいけないのが、21日から末日までの間に乗り換えをすることです。 もし、これをしてしまうと、数日間の利用でソフトバンクの料金が1ヶ月分かかる上に、LINEモバイルの料金も1ヶ月分かかってしまいます。 更新月の関係などで、締め日明けの21日にすぐにでも乗り換えたいと考える人が多いかもしれませんが、少し待って1〜20日の間に乗り換えるようにしましょう。 締め日が末日の場合 締め日が末日になっている場合は、お得に乗り換えができるタイミングは少しシビアになります。 これまでの例で言えば締め日が末日なら、1ヶ月の間でいつ乗り換えをしてもソフトバンクもLINEモバイルも満額請求となるので、料金に変わりはありません。 末日締めの場合は、そういうものと割り切ってタイミングを気にせず乗り換えてしまってもいいかもしれません。 どうしても2重請求を避けたい、という場合には1つだけ方法があります。 それは 月末に乗り換えをする方法です。 MNP切替手続きが完了すればその日でソフトバンクは解約になります。 それに対して、LINEモバイルの利用開始日は開通翌日です。 この利用開始日が含まれる月の料金が初月料金として請求されます。 これの仕組みをうまく使えば、 末日に乗り換えてソフトバンクを解約、翌日(翌月1日)がLINEモバイルの利用開始日となり初月料金で1ヶ月丸々使うことができます。 こうすれば、ソフトバンクとLINEモバイルの料金が重なることがありません。 1日でもずれると2重に料金がかかってしまいますが、普通に乗り換えても2重で料金がかかってしまうなら、末日乗り換えを試してみる価値はあるでしょう。 ただ、この方法はソフトバンクの解約とLINEモバイルの利用開始日が月跨ぎになる末日締めの場合でのみ、有効なのであって締め日が10日や20日の場合には意味がありません。 ソフトバンクからLINEモバイルの乗り換えは簡単でお手軽! 画像引用元:.

次の

ソフトバンクからLINEモバイルへ乗り換え方法と手順|デメリット・お得な乗り換え時期も解説

ソフトバンク lineモバイル 乗り換え

ソフトバンクからMNP予約番号を取得する• LINEモバイルに申し込む• このMNP予約番号がなければ、いままで利用していた電話番号をLINEモバイルで利用することができません。 ソフトバンクでMNP予約番号を発行するには、次の3つの方法があります。 ソフトバンクショップ• WEB(My Softbank) 電話とWEBでMNP予約番号を取得する場合は午前9時から午後8時まで、ソフトバンクショップでの取得はそれぞれの店舗の営業時間内に手続きを行います。 いずれも本人確認をして解約にかかる費用などの説明を受けた後に、MNP予約番号が発行されます。 MNP予約番号には有効期限がある MNP予約番号自体は 発行から当日を含めて15日間有効です。 MNP予約番号を発行したからといって、• すぐにソフトバンク回線が解約• 有効期限が過ぎても解約 になったりするわけではありません。 LINEモバイルでの契約が完了した時点で、ソフトバンクの回線契約が自動的に解約となります。 MNPの手続きが完了するまではソフトバンク回線は引き続き利用することができるので、携帯電話が使えなくなるという心配はありません。 ただ、乗り換えでLINEモバイルに申し込みをする場合には、1つ注意しなくてはならないポイントがあります。 LINEモバイルでは、 MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていなければ申し込みができません。 ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えをする場合には、MNP予約番号の取得から申し込みまで速やかに行うようにしましょう。 スマホをそのまま使う場合にはSIMロック解除を LINEモバイルに乗り換え時に、スマホの買い換えも検討しているなら、LINEモバイルから提供されている端末を購入することもできます。 その他にもSIMフリーなら、基本的にLINEモバイルのSIMカードで通信をすることができます。 注意が必要なのは、ソフトバンクで使っていたスマホをそのままでLINEモバイルのSIMカードを利用するケースです。 ソフトバンクから販売されているスマホには全てSIMロックがかかっているので、他社回線のSIMカードを挿れても通信をすることができません。 LINEモバイルのSIMカードに差し替えてみたら通信ができなかった、なんてことにならないように事前にSIMロック解除をしておきましょう。 SIMロック解除が不要な場合も 基本的にソフトバンクで購入したスマホに他社のSIMカードを挿れても通信をすることができないので、SIMロック解除をする必要があります。 しかし、ソフトバンクで購入した端末ならSIMロック解除をせずにLINEモバイルで使う方法があります。 LINEモバイルで回線を選択する際にソフトバンク回線を契約することで、ソフトバンクのSIMロックがかかったスマホでもSIMカードの差し替えだけで通信を行うことができます。 LINEモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線に対応した数少ない格安SIMの1つとなっています。 特にソフトバンク回線を提供している格安SIMは少なくLINEモバイルはその中の1つなのです。 LINEモバイルのソフトバンク回線なら、• ソフトバンクで購入したiPhone5以降のiPhone• 2017年8月以降に販売開始されたソフトバンクのスマホ であれば使用することができます。 ソフトバンクからの乗り換えなら、これまで使っていたスマホをそのまま使うことができるというのも、LINEモバイルがソフトバンクユーザーから選ばれている理由の1つです。 念の為、自分のスマホがLINEモバイルで動作確認が済んでいるかどうか公式サイトで事前に確認はしておいたほうが良いでしょう。 ステップ2 LINEモバイルに申し込む 画像引用元: ソフトバンクでMNP予約番号の取得ができたら、LINEモバイルの申し込みです。 契約に必要なものは次の4つです。 本人確認書類• クレジットカード or LINE Payカード• メールアドレス• MNP予約番号(有効期限10日以上) 詳しく説明していきます。 本人確認書類は代表的なもので言うと、• 運転免許証• マイナンバーカード• 住民基本台帳カード など、顔写真付きのものであれば大丈夫です。 もし、これらの書類を持っていなくて、健康保険証や日本国発行のパスポートがあると言う場合には、補助書類が必要になります。 補助書類は公共料金領収書または住民票のどちらかになります。 続いて、 毎月の料金の支払いに使用するクレジットカード(本人名義)が必要になります。 LINEモバイルでは、毎月の料金の支払いに口座引き落としの設定をすることはできません。 また、デビットカードを使うこともできないので、注意が必要です。 そして最後に メールアドレスが必要です。 LINEモバイルからのお知らせや契約内容を受け取る為に必要となります。 ここで登録するメールアドレスは、LINEモバイル契約後に使えなくなるキャリアメールのメールアドレスではなく、Gmailなど引き続き利用できるメールアドレスを用意しておきましょう。 もし、そのようなアドレスがない場合には、簡単に作ることができるので申し込み前に作っておきましょう。 LINEモバイル公式サイトから申し込み LINEモバイルは基本的にWEBからの申し込みとなります。 にアクセスし、画面上部に表示される 「申し込む」ボタンから申し込み手続きを行っていきます。 ここからは必要情報を入力していくだけなので至って簡単です。 順を追って見ていきましょう。 プラン選択 まず最初に申し込み方法の選択を行います。 通常申し込み• エントリーパッケージを使用して申し込み のいずれかを選択します。 エントリーパッケージとは、家電量販店などで販売されている紙のパッケージで、初期費用を安く抑えることができます。 これを購入している場合は必ず「エントリーパッケージを使用して申し込み」を選択するようにしましょう。 そうでなければ、「通常申し込み」で問題ありません。 回線を選ぶ 続いて回線を選びます。 LINEモバイルは、• ソフトバンク• ドコモ• au の3つの回線の中から選びことができます。 どの回線を契約しても月額料金は変わりません。 先ほど解説したように、ソフトバンクで購入したスマホの多くは、ソフトバンク回線ならSIMロック解除をしなくてもLINEモバイルで使用できます。 なので、今回のようなソフトバンクからの乗り換えであれば、基本的にソフトバンク回線を選んでおけば問題ないでしょう。 料金プランを選ぶ 次に料金プランを選択します。 LINEモバイルでは特徴豊かな 3種類の料金プランが提供されており、• LINEフリー• コミュニケーションフリー• そして、スマホセット購入かSIMカードのみの契約かを選びます。 スマホセット購入なら「端末+SIMカード」から購入端末を選べば良いのですが、今までもスマホをそのまま使う場合には「SIMカードのみ」を選んで、SIMカードのサイズを選びます。 この時にサイズを間違えて申し込むと、スマホにSIMカードを挿すことができず、サイズ変更の手続きが必要になります。 LINEモバイルの動作確認端末の一覧を掲載しているページから SIMカードのサイズを確認できるので、必ず事前に確認しておきましょう。 ここからは、画面の誘導に従って契約者情報を順番に入力していきます。 本人確認書類のアップロード 情報入力が完了した後は、登録したメールアドレス宛に本人確認書類をアップロードするためのURLが送られてくるので、そこから 本人確認書類のアップロードを行います。 アップロードする本人確認書類のパターンは、サイトから選ぶことができるので該当の本人確認書類をスマホで撮影しアップロードします。 確認書類の画像がブレる• 光が反射して文字が読めない と、審査に通らなくなってしまうので、不鮮明な部分がないようしっかりと撮影しましょう。 支払い情報の入力 LINEモバイルの支払い方法は、• クレジットカード• LINE Payカード• LINE Pay から選ぶことができます。 ログインIDとパスワードを設定 最後にLINEモバイルのマイページにログインするためのログインIDとパスワードを設定して完了です。 確認ページが表示されるので、入力内容に誤りがないか確認しましょう。 次の章では、LINEモバイルの初期設定の方法について解説します。 MNP切替手続き まずMNP切替手続きをして、元のソフトバンクからLINEモバイルに完全に回線を切り替えてしまいます。 MNP切替手続きといっても 難しい設定をする必要は一切なく、MNP開通受付窓口に電話をするだけです。 届いたSIMカードと一緒に案内が入っているので、窓口に電話をしましょう。 APN設定 これまで使っていたスマホを そのままLINEモバイルでも使う場合には、APN設定が必要になる場合があります。 この時にWi-Fi環境が必須となります。 APN設定とは、スマホにインターネットの接続先を指定する作業で、これをしないとインターネットに接続することができません。 iPhoneの場合は構成プロファイルのインストールによる設定• Androidの場合は手動で設定 をしていくことになります。 難しく聞こえるかもしれませんが、 付属のマニュアルに従って操作をすれば簡単に設定ができます。 スマホセットの場合は、あらかじめAPN設定のできている端末が届くので、こちらの設定は不要です。 スマホがLINEモバイルのSIMカードを入れた状態で、インターネットに接続することができるようになれば初期設定は完了です。 これでソフトバンクからLINEモバイルへの乗り換え・MNPの手続きは終了です。 ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えるタイミング ソフトバンクからLINEモバイルにお得に乗り換えるためには、タイミングが重要です。 理由はソフトバンクを解約した月は日割り計算はなく、1ヶ月分の料金がかかってしまうからです。 ソフトバンクの締め日は、• 10日• 20日• 月末 と3種類があり、解約月にはこの締め日を基準に1ヶ月分の料金を算出しています。 なので、1日しか使っていないのに1ヶ月分の料金がかかることもあるのです。 一般的に締め日直前で乗り換えをするのが1番お得です。 また、LINEモバイルの料金にも日割り計算は適用されず、初月は割安に設定された定額の初月料金がかかります。 ちなみに LINEモバイルの締め日は月末です。 ソフトバンクの締め日とLINEモバイルの初月料金をそれぞれ考慮した上でお得に乗り換えができるタイミングについて確認していきましょう。 ここで重要なポイントは2つ、• ソフトバンクは10日・20日・末日と3種類の締め日がある• LINEモバイルの初月料金は日数に関わらず定額 契約タイミングなどによって、締め日は異なるので必ず事前に確認をしておきましょう。 ここからは、締め日ごとのお得な乗り換えタイミングについて見ていきましょう。 ソフトバンクの締め日が10日の場合 締め日が10日の場合は、1〜10日の間に乗り換えを完了させましょう。 ソフトバンクもLINEモバイルも日割り計算が適用されないことを考えると、1〜10日の間に乗り換えができればいつでも料金は変わりません。 8日くらいにはMNP切替手続きが完了しているのが理想です。 もし10日を1日でも過ぎてしまったら、ソフトバンクの料金がまた1ヶ月かかってしまうので、それだけは注意しなくてはなりません。 最適なタイミングで乗り換えるためには、SIMカードの配送時期なども考慮しなくてはなりません。 時期や配送状況によっては思ったスケジュール通りに進まなくて、締め日を超えてしまうということも考えられます。 申し込みからSIMカードの受け取りまで、ある程度余裕を持ったスケジュールで臨みましょう。 締め日が20日の場合 締め日が20日の場合も、1〜20日の間に乗り換えを完了させましょう。 LINEモバイルの初月料金は、月半ばで申し込みをしても日割り計算にはならず決まった料金が請求されます。 この場合も締め日が10日の場合と同じように、1〜20日の間ならいつでも料金は変わりません。 締め日が20日の人が絶対にしてはいけないのが、21日から末日までの間に乗り換えをすることです。 もし、これをしてしまうと、数日間の利用でソフトバンクの料金が1ヶ月分かかる上に、LINEモバイルの料金も1ヶ月分かかってしまいます。 更新月の関係などで、締め日明けの21日にすぐにでも乗り換えたいと考える人が多いかもしれませんが、少し待って1〜20日の間に乗り換えるようにしましょう。 締め日が末日の場合 締め日が末日になっている場合は、お得に乗り換えができるタイミングは少しシビアになります。 これまでの例で言えば締め日が末日なら、1ヶ月の間でいつ乗り換えをしてもソフトバンクもLINEモバイルも満額請求となるので、料金に変わりはありません。 末日締めの場合は、そういうものと割り切ってタイミングを気にせず乗り換えてしまってもいいかもしれません。 どうしても2重請求を避けたい、という場合には1つだけ方法があります。 それは 月末に乗り換えをする方法です。 MNP切替手続きが完了すればその日でソフトバンクは解約になります。 それに対して、LINEモバイルの利用開始日は開通翌日です。 この利用開始日が含まれる月の料金が初月料金として請求されます。 これの仕組みをうまく使えば、 末日に乗り換えてソフトバンクを解約、翌日(翌月1日)がLINEモバイルの利用開始日となり初月料金で1ヶ月丸々使うことができます。 こうすれば、ソフトバンクとLINEモバイルの料金が重なることがありません。 1日でもずれると2重に料金がかかってしまいますが、普通に乗り換えても2重で料金がかかってしまうなら、末日乗り換えを試してみる価値はあるでしょう。 ただ、この方法はソフトバンクの解約とLINEモバイルの利用開始日が月跨ぎになる末日締めの場合でのみ、有効なのであって締め日が10日や20日の場合には意味がありません。 ソフトバンクからLINEモバイルの乗り換えは簡単でお手軽! 画像引用元:.

次の