4901 株価。 富士フイルムホールディングス(株)【4901】:企業情報・会社概要・決算情報

モーニングスター [ PTS価格 富士フイルムホールディングス株式会社 ]

4901 株価

みんかぶ予想株価は「5,185円で【買い】と評価されています。 みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

富士フイルムホールディングス (4901) : 株価/予想・目標株価 [FUJIFILM Holdings]

4901 株価

富士フイルムホールディングスのみんかぶ目標株価は「5,185円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【妥当】 理論株価 4,723円 、証券アナリストによる予想では【買い】 予想株価 5,942円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 3,988円 と判断されています。 富士フイルムホールディングスは、【01銘柄、エボラ出血熱関連、写真フィルム】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

【富士フイルムホールディングス】[4901] 株主優待情報

4901 株価

藤田医科大学の報告では、アビガン使っての軽症患者の回復率は88%、重症患者に対しては60%と報告されていますが、当時の状況からして早めのアビガンが適用されていない。 つまり、軽症、重症と判断されたと同時に投与されず、それから数日(2,3日後)たってから投与されているはず。 この2,3日のずれは効果に大きな影響を及ぼす。 もし、このとき軽症、重症と分かった時点で即投与、すなわち軽症、重症と判断されたらその日か翌日にも投与したなら、88%、60%でなく、各数値は95%、80%にも改善するはずです。 ここで治験のやり直しをし、... [] もう一つ大事なことをお伝えします。 藤田医科大学の報告では、アビガン使っての軽症患者の回復率は88%、重症患者に対しては60%と報告されていますが、当時の状況からして早めのアビガンが適用されていない。 つまり、軽症、重症と判断されたと同時に投与されず、それから数日(2,3日後)たってから投与されているはず。 この2,3日のずれは効果に大きな影響を及ぼす。 もし、このとき軽症、重症と分かった時点で即投与、すなわち軽症、重症と判断されたらその日か翌日にも投与したなら、88%、60%でなく、各数値は95%、80%にも改善するはずです。 8)=99%で、ちし率は1%になります。 軽症、重症であってもちし率1%であるから、これに軽症に至らぬ患者まで含めると。 ちし率は1%以下にも抑えることができることになります。 これが本来のアビガンの実力です。 実際WHOなどデータを参照したうえでの計算をするとこうなります。

次の