レイア姫。 ジャバに囚われたレイアが“ビキニ姿”になっていたのには、ちゃんとした理由があった【スター・ウォーズ EP6/ジェダイの帰還】

『スター・ウォーズ』、レイア姫が“最後のジェダイ”になる予定だった

レイア姫

死因は、心不全とのことです。 家族は、父親、母親ともに歌手です。 娘さんも1人います。 娘さんは、ビリーラードさんと言って、同じく女優 をしております。 スターウォーズのレイア姫役のイメージが強すぎたためか、その後女優の活動はうまくいかなかったようですね。 それでは、レイア姫のかわいい画像をご覧ください。 お団子ヘアは、有名になりましたよね。 (出典:Hero Complex — Los Angeles Times) 撮影当時、19歳だったようです。 (出典:slate. com) 顔立ちがきれいですよね。 (出典:biografieonline. it) 横顔もきれいですね。 org) 結婚した時の画像です。 きれいですね。 (出典:eonline. com) プライベートの画像です。 (出典:Metro) 何か楽しそうですね! (出典:Pinterest) ショートカットも似合いますね。 (出典:Pinterest) 本当にきれいですね。 撮影中の三カ月だけですが、ハリソンフォードさんはその時別の女性と結婚していたようです。 (出典:ETCanada. com) お似合いですね。 (出典:Pinterest) 恋人同士にしか見えないですね。 (出典:purepeople. com) かっこいいですね。 (出典:Milenio) 美人ですね。 (出典:geekdad. 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の

『スター・ウォーズ』、レイア姫が“最後のジェダイ”になる予定だった

レイア姫

来歴 [ ] 父親は歌手の、母親は女優の。 父方の祖父が系移民である。 最も知られている出演作は、を演じた『スター・ウォーズ・シリーズ』旧3部作(エピソード4-6)。 1983年にと結婚するが、わずか1年で離婚している。 その後、1991年に ()と再婚し、娘であるを出産したが1994年に離婚した。 女優業以外にも、映画の()や、授賞式の脚本家など、映画業界の裏方としても活躍している。 1978年に、母親との関係を描いた自伝「崖っぷちからのはがき」を発表しており、1990年には自らの脚本により『』として映画化され、とが母娘を演じた。 2015年公開の『』では約30年ぶりにレイアを演じた(同作品では娘のビリー・ラードもしている)。 2016年12月公開の『』にもとアーカイブ映像を駆使して『エピソード4』出演当時の姿で登場している。 2018年には、デビーとキャリーをあつかったテレビのドキュメンタリー「キャリー・フィッシャー ~星になった母娘~」(BRIGHT LIGHTS: STARRING CARRIE FISHER AND DEBBIE REYNOLDS)がHBOで放送された。 死去 [ ] 2016年12月23日、ロンドンからロサンゼルスへ向かう飛行機内でを起こし、到着したロサンゼルスの病院に緊急入院した。 一時は一命を取り留め安定したと伝えられたが、12月27日、容態が急変し死去したと広報担当が明らかにした。 60歳没。 翌28日には母のデビー・レイノルズも死去した。 2017年6月19日、キャリー・フィッシャーの遺体を検視した結果、その体内からは大量のアルコールと共に、やなどといった薬物が検出された。 検視によると、発作までの3日間、コカインを摂取していたことが判明している。 死去前の2016年7月にレイア・オーガナ役として撮影を終えていた、2017年12月公開の『』(死去当時は副題未公表で『エピソード8』として報じられた)が遺作となった。 その死により、2019年公開のシリーズ最終作『』におけるレイア・オーガナの処遇が注目されていたが、『』撮影時の未使用シーンを利用することで同作に登場することとなった。 なお、同作では回想シーンで若きレイアの姿が描かれているが、撮影時には娘のビリー・ラードがレイアを演じ、CG合成によって若きキャリーの顔を再現している。 エピソード [ ] 『スター・ウォーズ』のレイア姫にキャストされたのは、「有名人の娘で、他人に命令することに慣れている」のを、が気に入ったためだった。 なおレイア姫役のオーディションで候補として最後まで残っていたのは、彼女との2人であった。 なお、撮影当時は妻子持ちであった主役のハリソン・フォードと秘密の恋の関係であったと後に述べている。 『スター・ウォーズ』での成功後、その成功によるプレッシャーもあり、『』で共演し、友人であった、らとに溺れていた。 のちに回復し、その体験を自伝『崖っぷちからのはがき』 として著したが、これは『』として映画化されている。 『』に撮影所の資料室の管理人役で出演した。 芸能リポーターと女優役の2人に「レイア姫に似ている」と言われるが、「違う」と言い、「レイア姫のテストを受けたが、合格したのはジョージ・ルーカス(監督)と寝た女」と答えている。 主な出演作品 [ ] 映画 [ ]• (1975年) - ローナ• (1977年) - レイア・オーガナ• (1978年) - マーニー・クラークソン• (1980年) - レイア・オーガナ• (1980年) - 謎の女• (1983年) - レイア・オーガナ• (1984年) - リサ・ロルフ• (1986年) - エイプリル• (1988年) - ナディーン・ボイントン• (1989年) - キャロル・ピーターソン• (1989年) - マリー• (1990年) - 原作・脚本• (1990年) - アイリス・ターナー=ハンター• (1991年) - ベッツィー・フェイ・シャロン• (1992年) - クラウディア・カーティス• (1997年) - セラピスト• (2000年) - ビアンカ• (2001年) - サーピン• (2001年) - 修道女• (2003年) - シスター• (2003年) - サリー・ハンセン• (2009年) - 総合病院の女医• (2009年) - クレンショー夫人• (2014年) - 本人役• (2014年) シーズン7 第14話 - 本人役• (2015年) - レイア・オーガナ• (2017年) - レイア・オーガナ 、遺作• 著書 [ ]• 『 Postcards From The Edge』(1987年)- 映画『』の原作• 『 Surrender The Pink』(1991年)• 『 Hollywood Moms』(2001年)• 『 Delusions of Grandma』(2003年)• 『 The Best Awful There Is』(2004年)• 『 Wishful Drinking』(2008年)• 『 Shockaholic』(2011年)• 『 The Princess Diarist』(2016年)- 最優秀スポークン・ワード・アルバム(没後) 脚注 [ ] 出典 [ ]• 2016年12月28日閲覧。 CNN. 2016年12月29日. 2016年12月29日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年12月28日. 2017年1月1日閲覧。 シネマトゥデイ 2018年7月28日. 2018年7月28日閲覧。 people 2016. 17 アメリカ版• : Postcards From The Edge• Leave Yesterday Behind• Garbo Talks• Soapdish• This Is My Life• Sorority Row 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキクォートに に関する引用句集があります。 - (英語).

次の

ジャバに囚われたレイアが“ビキニ姿”になっていたのには、ちゃんとした理由があった【スター・ウォーズ EP6/ジェダイの帰還】

レイア姫

どうやら国際上のにおいてDisney Princessファン層に匹敵する Ladies ファン 層が形成されつつある模様。 まぁメンバーは概ね重なってるみたいなんですが… Ladiesの「中の人」は基本的に同一タイプですが、国際上のにおける女子アカウントの反応は「 」といった感じ。 つまり全ての Ladiesの原型は「」に登場する男勝りに育てられ、それが言動に現れるので正体がばれない様に「唖」の演技まで強要される秋月家の生き残り雪姫かもしれないという話になってくるんですね。 * 秋月家の生き残り雪姫…全国から4000人もの応募者が集まったが「気品と野生の二つの要素がかもしだす異様な雰囲気」を満たす候補者が見つからず、全国の系社員にも探させてようやく社員がスカウトした文化女子短期大学生のが抜擢された。 上原は素人であったので撮影前にと剣道を習い、撮影中はそのつど黒澤が演じてみせ、それに従って演じたという。 つまり全ての Ladiesの最源流にあったのは、なんと監督当人の演技だったという衝撃の事実。 *また雪姫の演出の一部がに回されたとも見て取れる。 実際、雪姫に弟が同行していたらルークみたいな感じになっていた? そしてその演出は後の作品にも継承されていく。 そういえばオリジナルて「(この場面の前後に誰か死ぬ)」なんだな、これ… 破格の制作費と多彩な物語展開の割に演劇めいた強烈な圧縮演出によって極めてコンパクトにまとめられた 「」に対し、「 エピソード4」は大作なりの絢爛豪華さを装うべく、物語的にかなり強引に「解凍」した感があります。 「 」は山名家に滅ぼされた秋月家の雪姫を御家再興の為の軍資金と一緒に早川 領まで護送する物語。 一方「エピソード4」はデススターの設計図を盗み出す過程で捕らえられた(Princess Leia)を救出する物語。 「 」は回しの百姓コンビの太平と又七が落ち武者狩りと山名家の奴隷労働現場より逃れる場面から始まる。 一方 「エピソード4」では反乱同盟の巡視艇からとが辺境惑星タトウィーンに降り立つ場面から始まる。 しかしすぐにジャワス(Jawas)のドロイド狩りに捕まって(Luke Skywalker)の暮らす砂漠の一軒家に売り払われる。 *そういえば 太平と又七は鍋と米俵を分担して背負って携帯していた。 「」では秋月家のの痕跡を発見した太平と又七がそれを追ううちに山賊めいた服装の秋月家の侍大将・真壁六郎太に発見され隠し砦に導かれる。 一方「エピソード4」ではデススター設計図を隠し持った とが ルークの手を借りて「砂漠の隠者」(Obi One Kenobi)の行方を探す。 途中略奪部族タスケン・レイダー(Tusken Raiders)に襲われるも、何とか オビワンの隠れ家に到達。 「」では山名家の追っ手が迫る。 真壁六郎太は妹の小冬を姫の身代わりとして差し出すが、それでも追及の手は止まず、隠し砦は覚悟を決めて残留した 秋月家残党ごと焼かれてしまう。 一方「エピソード4」では帝国軍の追跡隊がまずジャワスの移動集落を、次いで ルークが留守中の自宅を家族ごと焼いてしまう。 そればかりかデススターがの養父ベイル・オーガナ(Bail Prestor Organa)が統治する惑星オルデラン(Alderaan)を破壊する。 *で最もキツい設定、それは 惑星オルデランがなまじを貫いた平和主義惑星だったが故に「 反撃を恐れる事なく威力誇示が可能な絶好の舞台」と帝国側に認識され、真っ先にてデススターの標的として破壊されてしまう事だろう。 おそらくこの発想も「」における秋月家の命運が出発点となっている。 ちなみにこの惑星の先住民は昆虫型エイリアン種族のキリックだったが、母性に未来がないのを察知して全員脱出。 死んだのは「人類発祥の地」惑星(Coruscant)から入植した型移民ばかりだったらしい。 省略しちゃってOKだろ?」という意見が大半を占めたが、それはこの設定があまり知れ渡っておらず「結局のところベイル・オーガナの路線も ソウ・ゲレラの 無差別テロ戦術も間違っており、その両極端に引き裂かれてしまった反乱同盟の未来は閉ざされた」「だが皮肉にも、帝国軍への 降伏を絶対に許せなかったのはむしろ 反乱同盟の暗部に翻弄されてきた日陰者達だったのである」「そして ベイル・オーガナも ソウ・ゲレラも最終判断を「娘達」に委ねる」「そして全ての動きがデススター設計図を盗み出してデススターを破壊する試みへと収束していく」という解釈が出回らなかったせいとも。 「」では真壁六郎太が「欲の皮の突っ張った」太平と又七を秋月家の隠し金を運び出す労働力として利用する。 一方「エピソード4」ではが 「欲の皮の突っ張った」船長とチューバッカの所持船ミレニアム・ファルコン号を惑星タトウィーンを脱出してデススター設計図を反乱同盟の本拠地に運ぶ足として雇う。 *監督は日本人以上に真剣に「」で国家老が口にした「(みたいなタイプに) 城勤めは無理だ」というの原作「日々平安」にもあるセリフを重く受け止め、これを最後には体裁よく秋月家から追い出される太平と又七と結びつけて考えたのかもしれない。 そして何より 「エピソード4」は(ハリウッド大作には不可欠で) 「」には存在しない恋愛要素を必要としていたのである。 「」においては、結局姫一行は関所で山名家の手勢に捕捉され、真壁六郎太が宿敵たる山名の侍大将・田所兵衛に一騎打ちを挑んで時間を稼ぐ。 一方「エピソード4」ではミレニアム・ファルコン号がデススターに捕捉されてしまい、が(Darth Vader)に一騎打ちを挑んで(たまたま救出されたとデススター設計図を隠し持つ)脱出のチャンスを生み出す。 * 「」における 真壁六郎太の行動は一貫して忠義心に基づくが、 に一騎打ちを挑んだ の心境は「弟子を育てそこなった師匠のけじめ」「新たな希望たるルークを守る為」といったさらに複雑な心境を含む。 また 「」では結局 姫一行は捕縛されてしまい、主君に見切りをつけた 田所兵衛に救出されるが、この展開は「エピソード6」において「息子ルークの危機に接っして父性を回復したが銀河皇帝を倒す」展開に転用されたとも。 「」においては、 太平と又七のドジが 何度も姫君一行に危機をもたらす。 一方「エピソード4」ではデススターから脱出したミレニアム・ファルコン号に取り付けられた発信装置のせいで反乱同盟の本拠地がヤヴィン第4衛星(Yavin 4)と知れてしまう。 * 「エピソード4」はここから「デススターが破壊されるか、逆に ヤヴィン第4衛星が破壊されるか」反乱連盟と帝国軍が競い合うクライマックス場面に突入。 「」においては、最終的に早川領に到達した姫一行が正装に着替えて太平と又七に褒美をとらせ、故郷に返す。 一方「エピソード4」ではデススター破壊を祝して祝賀式典が開かれる。 こうして綿密に付き合わせてみると色々浮かび上がってくる点が。 何だかんだいいながら「」は1950年代の作品であり、日本人の観点から見ても古臭過ぎて海外に通用しないと分かる箇所がある。 具体的には「(妹を姫の身代わりに差し出して 死に至らしめる真壁六郎太や、時間稼ぎの為に隠し砦に篭って玉砕する家臣団が見せる) 平然と死を選ぶ忠誠心」「(百姓故に冒険を共にした仲ながら 太平と又七は褒美をもらって故郷に返されるだけという) 絶対的身分感覚」「 ロマンス要素皆無」など。 監督は「」を1977年のカに通用するエンターテイメント作品に仕立て上げる為、こうした要素を巧みに除去し、それぞれ「別の何か」に差し替えている。 これぞ正しい意味での「 伝統の継承」。 ところで「」から上掲の要素を全て取り除くとを巡るこんな物語だけが残る。 そして少年は、いつもの様に買い漁ってきたスクラップ寸前のガタ・ドロイドに隠された秘密を発端として、囚われた姫君の存在、デススター設計図を 反乱同盟本拠地惑星まで届ける任務、そして自分が世界に選ばれたフォース感応者である事実を知ります。 *考えてみれば「デススターに捕捉された際、ハンソロの金銭欲を刺激して救出ミッションを成立させた」のもルークの御手柄? なんたるでな世界観!! (ただし1990年代以前の旧タイプ)。 しかも舞台は無数のエイリアンが雑居し、誰もが宇宙船で飛び回るオタクの!! 実際「」のFirst Trailerは本当に「 少年と少女と宇宙…沢山のロボットとエイリアン」と語っている。 この路線の無謀をまず責めたのは同じ映画人達だった。 彼らの大半もルーカスと同じくらい監督作品ファンだったから上掲の様な分析を経て「 何が残るか」容易に弾き出せた筈である。 そしてそれは明らかに1960年代後半の運動以降の「 (社会を危機感で揺さぶる)大人向けScience Fiction」の展開に完全に逆行する流れだったので「 こんな作品が成功する筈がない」と断言したとも。 製作時、ほとんどの関係者は「毛むくじゃらの猿(チューバッカ)が二足歩行しているし、ヒロインは変な団子を付けているし、変な映画だな」などと思ったという。 中には「ゴミ映画だ」とぼやいたカメラマンもいたほどだった。 ルーカスが、やなどの友人たちを招いて自宅で完成前のラッシュ試写を行った際には、気まずい空気が流れ、に「は陳腐な悪玉」「フォースという名の都合のよい便利な魔法」「の菓子パンのような三つ編み」「冒頭の長すぎるスーパーインポーズ」などの酷評を受けたが、は「一億ドルは儲かる」と高く評価した。 完成後の試写会と同時にそうした低評価の感想は減っていたが、関係者の中では試写中に居眠りをする者もいた。 カの各映画館は当時、子供やマニア向けのと低く見なして上映することを渋り、配給会社であるも他の映画作品との抱き合わせる形で売り込みを行わざるを得なかった。 そのため完全に自信を失ったルーカスは映画が大失敗すると思い込み、公開当日には自宅に債権者が押しかけてくるのを恐れてハワイ旅行に出かけ、電話もテレビもない別荘に籠っていたという。 本作の失敗を確信していたルーカスは、自身が受け取る本作の収益歩合と、が受け取る『』の収益歩合を交換しようと持ち掛け、ルーカス本人以上に本作を高く評価していたはこれを了承し、印税の2. 公開と同時に大ヒットしたことを、電話のつながらない場所にいるルーカスにいち早く伝えたのもである。 結果として『』は『』を超える大ヒットとなり、現在になってもその印税収入は、に利益をもたらしている。 *みんな「の髪型」へのツッコミが半端ない… しかしながら一般観客の口から「 これは「」の要素と「オタクの夢」を混ぜ合わせたもの」「 60年代後半から始まった大人向けSFの流れから見れば時代遅れの展開」といった分析めいた所感が漏れる事はなかった。 (私も含めて)当時リアルタイムにこの作品を鑑賞した人間の大半は同じ体験をしている筈である。 「 次々と供給される情報量と興奮量のあまりの多さにたちまち脳内処理回路がオーバーフローしてしまい( 「」より導入した手堅いに従って)物語を追う事しか出来なかった」。 こういうのもある種の「 トリミングの勝利」と呼ぶべきなのかもしれない。 もちろん「 脳内処理回路のオーバーフロー」にジョン・ウズが作曲したあのテーマが多大な貢献をしている事はいうまでもない。 おそらく、ここで思い出すべきは(1929年)以降、ダークな作品一色となった米国映画界において、あえてを試みて圧倒的勝利を収めた監督との先例。 「 」「 君の名は」 「聲 の形 」「 」などが次々とヒットした2016年もまた同様に後世「 映画鑑賞体験そのものがシフトを起こした年」として思い出される事になるのかもしれません。 それではどんなシフトが起こったのか? それが徐々に明らかになってくるのが2017年とも。 日本のシーチキン缶のTVCM(Japanese Sea Chicken ad、1978年) 始めて「」が上映されてからもう38年たつんですよね。 あの頃に観たが今も卒業せずに喜んでるし、しなくてもいい世の中になった。 マンガもアニメも何才になったからって卒業しろとは言われなくなって幸せ。 いい時代ですよねえ。 — MizunoHideko が引き起こしたシフトは「(1963年)」の宇宙版リメイク「惑星(1977年)」や監督作品「(Message from Space、1978年)」や主演作品「007 ムーンレーカー(Moonraker、1979年)」やのパロディ漫画「姫ルンペネラ(1980年)」なども産みました。 その一方で「(1958年)」には、さらに同じ監督映画「虎の尾を踏む男達(制作1944年〜1945年、公開1952年)」のセルフリメイクという側面があったのです。 この連鎖、どこまで続いていくの? ochimusha01.

次の