お宮参り 服装 親。 お宮参りの服装!父親の定番スーツの選び方とネクタイ・シャツのマナー

お宮参りの服装で祖父母にふさわしいのは?気を付けることは?

お宮参り 服装 親

お宮参りの時の服装を解説していきます。 赤ちゃんが主役のお宮参りですが赤ちゃん用の服装を祝い着といって縁起の良いとされる行事服を着せてあげるのが基本です。 そして、一緒にお宮参りをされるご両親はお子さんの服装に合わせた形でフォーマル、カジュアルなどを選ぶようにしましょう。 祖父母が参加した形でのお宮参りの際はカジュアルで参加される方も多いですが、ご両家の間で合わせた方が全体のまとまりとして良い、• お宮参りを予定している日が近づいてきて焦ることのないようにお宮参りに適した服装を準備しておきましょう。 この記事ではお宮参りの際にどんな服装で行くのか、風習はあるのか?季節(春夏秋冬)で変えるのかなども踏まえて適した服装を体験談なども踏まえて紹介していきます。 古くからのお宮参りの風習では父方の祖母が一緒に参列するしきたりがあり、お宮参りを行う産まれて一月の頃はまだ、忌が開けていない時期のため母親はお宮参りに参加するものではありませんでした。 しかし、現代では父母ともにお宮参りに参加して赤ちゃんの行事を一緒にされる方が圧倒的に多くなりました。 お宮参りにの時に男性の服装は比較的合わせやすいものですが、赤ちゃん母親、祖母の服装などは選ぶ服装がありますので、選び方なども紹介していきます。 お宮参りの服装の気をつけておきたいポイント お宮参りの際の服装で気をつけておきたいことは、一番には全体のバランスです。 例えば参列者の中で特に赤ちゃん、ご両親、祖父母の服装はできれば事前に相談し統一しておくことが大事です。 お着物で参加されるのは準備、当日の行動のしやすさなども考え、比較的動きやすい服が好まれるようになってきているようです。 カジュアルな服装で行う場合でも大事な行事なので清潔感のある服でのぞみたいものです。 友禅模様【ゆうぜんもよう】 現代ではベビードレスにケープなどでお着物なしでお宮参りをされる方もいらっしゃいます。 お着物を着せる風習に合わせて着せている方が圧倒的に多いですが、この時に考えておきたいこととして、お宮参りの時に着せたお着物は、仕立て直して男の子は5歳、女の子は3歳の時に使用するというものがありました。 仕立て直しが難しい状態でも小物入れやなどに直して持たせてあげるというのも素敵な風習だと思います。 ここからはお宮参りの時に赤ちゃんに着せる服装(お着物)について少し詳しく紹介します 正式なお宮参りの赤ちゃんの服装 お宮参りの際に赤ちゃんには白羽二重の着物を着せた上から紋の入った祝い着をかけるのが正式なものです。 祝い着は男の子であれば鷹や兜や鶴や武者などの勇ましい柄が描かれた物が定番で色は黒や紺や灰色や白などが好まれます。 女の子であれば花柄や蝶や手まりや御所車などの柄で赤やピンクなどの色合いが定番でしょう。 お宮参りの時に使用した着物は男の子の5歳のお祝いと女の子であれば3歳のお祝いの着物に仕立て直すことができます。 祝い着は母方の祖父母が用意するのがしきたりです。 現代ではご自身で準備されたり、レンタルで済ませる方も増えてきているようです。 お宮参りの赤ちゃんの服装のアンケート アンケート結果ではご自身で購入や、母方の祖母からいただいたお祝い金などで自分たちで選んで買い与えるというものと、母方の祖父母からいただいたものと半々くらいで行われているようです。 祝い着の下に着るものもベビードレスや産着などで赤ちゃんが過ごしやすい服装に祝い着をかけてあげる服装が選ばれているようです。 お宮参りの祝い着の着せ方 ベビードレスを着てよだれかけとケープを付けた赤ちゃんを抱っこし、その前に祝い着をかけ、抱っこしている人の背中で祝い着の紐を結びます。 この時よだれかけは祝い着の上に出すようにします。 レンタルの場合は祝い着のほかにこのよだれかけとケープもセットになっています。 祝い着も伝統柄だけでなくリボン柄などの現代的な柄やフリルがついたようなかわいらしいものも好まれているようです。 また祝い着を用意せずベビードレスのみでお参りする人も増えているようです。 各家庭の事情に合わせて無理のない形でお祝いを迎えたいですね。 赤ちゃんの服装のポイント お宮参りの時期はまだ体温調整が苦手だったり、授乳の後戻したりと赤ちゃんにとっても大変な時、気候に合わせて過ごしやすくしてあげることが大切です。 お出かけの時のセットをそのまま持ってきておくことも大事。 体温調整がしやすい服装• 男の子と女の子でお着物は違う• ベビードレスにケープなども可(相談しましょう) お宮参りは伝統ある儀式ですから、やはり参列者にはしっかりとした正装をしてもらいたいものです。 ただし、季節やお宮参りをされる神社などでどこを選ばれるかによっても服装は使い分けされている印象を受けました。 今回お宮参りを体験された方からのアンケートを実施しその中からお宮参りをされた方からの意見を参考にご自身のお宮参りの際に役立ててもらえればと思います。 お宮参りのときの母親の服装が着物の場合 昔は母親と父方の祖母は黒留袖と決まっていたそうですが、最近は訪問着やつけ下げ、色無地など落ち着いた色合いで清楚なものが好まれるようです。 お宮参りの記念撮影では赤ちゃんからみておばあちゃんが抱っこすることが多いので、赤ちゃんの祝い着の色に合うような色の着物を選びたいものですね。 ただ最近は着物を着なれない人も増えているため洋装を選ぶお母さんが多くなってきているようです。 お宮参りのときの母親の服装が洋装の場合 神社では露出の多い服装はふさわしくありません。 フォーマルなワンピースにジャケット、もしくは少しフォーマルなスーツのセットなどを着ると良いでしょう。 お宮参りのときの母親の服装の注意点 正装をしなければならないのはもちろんですが、赤ちゃんが快適に過ごせるようにするため気を付けておきたいことがあります。 授乳をしている期間であるから気を付ける 母乳のみで育てている場合、突然哺乳瓶を使おうと思っても赤ちゃんが受け付けてくれない可能性があります。 そのため着物を着る場合は長時間授乳できないため、哺乳瓶でミルクや搾乳しておいた母乳を飲むことに赤ちゃんを慣れさせておく必要があります。 洋装の場合は授乳しやすい服装を選ぶようにしましょう。 上質な生地で作られたワンピースは改まった印象を与えるため、こういった正式な場所ではよく着られるものですが、前で開くタイプのデザインでなければ外で授乳をするのはとても大変です。 授乳が必要な時に動けるように前にボタンのあるブラウスなどを着用する方が良いです。 お宮参りのときの母親の服装で気を付けたいのが足元 着物の場合は草履、洋装の場合はパンプスなどを履きますが、神社というのは滑りやすい石畳やつまずきやすい砂利道など実は危ない場所と言えます。 ですので少々不格好でも慣れない場合はかかとの低いパンプスやフェミニンなデザインのスニーカーを履いて臨むようにしましょう。 大事な赤ちゃんにけがをさせては意味がありません。 安全を考え万全の態勢でお宮参りに臨みましょう。 母親の服装のポイント お宮参りの時に赤ちゃんにとって一番の便りは母親です。 母親の服装も短い時間とはいえ動きやすく、授乳や抱っこしている時に転んだりしない服装が良いでしょう。 授乳しやすい• 歩きやすい靴.

次の

【お宮参り】ママ・パパの服装はこれで決まり!簡単服装チェック!

お宮参り 服装 親

お宮参りの父親の服装はどうする? お宮参りでは、赤ちゃんはベビードレスや掛衣装、母親は着物やワンピースなどを着ることもあるようですが、父親としてパパはどのような服装をするとよいのでしょうか。 夏の暑い時期はカジュアルな服装でもよいのか考えることもあるかもしれません。 実際に、パパたちはお宮参りにどのような服装を選んだのかご紹介します。 父親の服装を選ぶときのポイント お宮参りのとき、父親としてどのような服装を選ぼうか悩むパパもいるかもしれません。 服装を選ぶとき、どのようなことを意識したのか聞いてみました。 季節にあわせた服装を選ぶ 「夏にお宮参りに行きました。 暑い時期でもすごしやすいようにと考えて、通気性のよい夏用スーツを選びました」(30代パパ) 「寒い季節にお宮参りに行くことになりました。 防寒対策のため、夫は冬用のスーツを着用して、上からコートを羽織っていました」(30代ママ) 夏や冬など、季節にあわせた服装を選んだママやパパもいるようです。 夏はスーツなどのフォーマルな服装だと暑いのではと考えることもあるかもしれませんが、冷感素材のスーツを着るとすごしやすかったというパパの声もありました。 夫もフォーマルな装いにした方がバランスがよいのではと思い、礼服を着てもらいました」(30代ママ) 「家族の服装のバランスを考えて、夫の服を決めました。 夏の暑い時期だったので掛衣装は使わないことに決め、すごしやすさを意識して私はワンピース、夫はビジネススーツを着ました」(20代ママ) ママや赤ちゃんの服装とのバランスを考えて服装を決めるのもよいかもしれません。 服装の雰囲気を揃えると、写真に残したときにも統一感があってよかったというママの声もありました。 お宮参りに着た父親の服装の種類 お宮参りのときの父親の服装には、どのような種類があるのでしょうか。 実際に、お宮参りでどのような服装を着たのか聞いてみました。 礼服 「お祝いごとなので、夫婦ともにきちんとした服を着たいと思いました。 私は着物を着用し、夫は結婚式などに招待されたときに着る礼服を着用しました」(30代ママ) 「初めてお宮参りに行ったので、しっかりとした正装をしようと思いました。 礼服を着たので、父親らしい印象になったのではと思います」(30代パパ) お宮参りでは正装を意識して、礼服を選んだパパもいるようです。 パパが礼服着ると、赤ちゃんが掛衣装を使うときも家族のバランスが取りやすかったというママの声もありました。 ビジネススーツ iStock. シャツは白を選び、スーツもシンプルに黒の無地のものを選びました」(30代パパ) 「夫婦がいっしょに並んだときに違和感のない服装にしたいと思いました。 私はワンピースを着ることにしたので、夫には細いストライプの入ったビジネススーツを選びました」(20代ママ) お宮参りのとき、普段仕事で着ているビジネススーツを着たというパパもいました。 ビジネススーツを着る場合には、無地や柄の目立たないシンプルなデザインを選んだというママの声もありました。 私服 「スーツを持っていなかったので、お宮参りのときには、紺色のスラックスに白いシャツを着て、ジャケットを羽織りました。 カジュアルになりすぎないように意識しました」(20代パパ) 「真夏なのですごしやすさを意識してフォーマルな服装でなく、私服を着ることにしました。 夫には黒のパンツに白のシャツという私服を選びました」(30代ママ) お宮参りで私服を着るときは、カジュアルになりすぎないように意識したパパもいるようです。 襟付きのシャツやダークカラーのズボンを選ぶと私服でも落ち着いた印象になるかもしれません。 父親の服装選びで気をつけたこと お宮参りのときの父親の服装を選ぶときは気をつけたほうがよいこともあるかもしれません。 どのようなことに気をつけたのか、ママやパパに聞いてみました。 カジュアルすぎる服装はさける 「お宮参りには、私服で行きました。 神社にご祈祷に行くので、ジーパンやTシャツなどカジュアルすぎる服装は選ばないようにしました」(20代パパ) 「夏にお宮参りに行ったとき、夫はスーツでした。 夏の暑い日でしたが、カジュアルな印象にならないように、ご祈祷のときや写真撮影ではジャケットを着てもらいました」(30代ママ) 神社に行って赤ちゃんの成長をお祈りするお宮参りでは、カジュアルすぎる服装にならないように気をつけるとよいかもしれません。 カジュアルな服を着るときは、あわせる小物にも気をつけたというパパの声もありました。 スーツにあわせた小物を選ぶ 「お宮参りのときの夫の服装は、礼服でした。 礼服にあわせてシャツもネクタイも白のものを選び、靴は黒の革靴にしました」(30代ママ) 「ビジネススーツを着ることにしました。 白シャツと青のネクタイ、シルバーのネクタイピンを用意しました」(20代パパ) 礼服やビジネススーツにあわせてネクタイなどの小物を用意したママやパパもいるようです。 お宮参りでは、弔事を連想させる黒のネクタイはさけるとよいかもしれません。 落ち着いた色の服装にする 「お宮参りは赤ちゃんが主役と考えて、大人の服装は落ち着いた色あいにしました。 黒やグレー、紺や白など、清潔感のある色で夫婦の服装をあわせました」(30代ママ) 赤ちゃんが主役となるお宮参りでは、落ち着いた色やデザインの服装を選ぶようにするとよいかもしれません。 大人の服装を落ち着いた色味でそろえたので、写真に残したときも統一感があったというママの声もありました。 家族とのバランスを考えて父親の服装を選ぼう.

次の

お宮参りの時の服装はどんな服?親はカジュアルでもいいの?|こども中心

お宮参り 服装 親

お宮参りの服装!親は何を着ればいい!? お宮参りの数日前になって、「あれ?何着ていけばいいんだっけ!?」となるパパもいるはずです。 親の服装は祈祷をうけるか、お参りだけで済ませるかでも少し変わってきます。 パパとママで考えが違う場合もあるので、まずは服装だけでなく、お宮参り当日の流れを家族で話し合うことが大切ですよ。 母親の服装 母親は、母乳で育てている場合は授乳できる服というのが優先的な条件です。 授乳できるフォーマルなワンピースがオススメです! お宮参りは祈祷までの待ち時間が長かったりします。 授乳してから行っても途中で授乳するケースもありますからね。 父親の服装 父親はスーツでいいでしょう。 迷ったときはだいたいスーツ着とけば間違いないレベルです。 こんな便利な服はないですよ! 迷うくらいならお宮参りは「スーツ」でいきましょう。 祈祷をうけない場合は、フォーマルな普段着でもOKです。 私は2人目の子どものお宮参りは普段着にしました! お宮参りの服装!赤ちゃんの服の選択肢は!? 私が長女のお宮参りに行ったとき、長女には白いロンパースの上に、妻が赤ちゃんのときにお宮参りで着た着物(羽織るやつ)を着せました。 正式には、妻の実家から送ってもらった「祝着」を着せます。 ただ、 赤ちゃんが慣れない服で嫌がる場合もあるので、祈祷と写真撮影のときだけ着物を着せるという選択肢もありますよ。 赤ちゃんの体調や体温調節が最優先です。 祖父母の服装 お宮参りに祖父母を呼ぶ家庭もあるかと思います。 その時にどういった服装で来てもらうか悩みますよね。 和装でお宮参りする人はかなり少ないみたいだゾー お宮参りで祈祷を受けるなら、ジーパンやTシャツなどのカジュアルすぎる格好はふさわしくありません。 一方で、 祈祷をしない場合は普段着でも問題ないです。 私は、長女のときは自分たちの親まで声をかけ、スーツを着て、しっかりとした形式の「お宮参り」をしました。 次女のときは、長女を見ておかないといけないし、祈祷を受けないという選択をしましたので、フォーマルな普段着でお参りだけで済ませました。 赤ちゃんは神社で写真を取るときだけ着物をおくるみのように着せましたよ。 お宮参り当日の赤ちゃんや家族の体調、気温や天候なども服装を決める大切な要素になってくると思います。 形を意識しすぎて赤ちゃんの体温調節がおろそかにならないように注意が必要です。 どんな服装で行くか家族で話し合って、統一感のないチグハグなお宮参りにならないようにしましょうね。 思い出に残る、素敵なお宮参りで赤ちゃんをお祝いしてください! 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の