リリカ 宝塚。 雛リリカ

元宝塚・RiRiKA 結婚がヤバい!陶芸家・青木良太とスピード婚!

リリカ 宝塚

実力派揃いと言われる97期生、そんな97期生の中で花組の娘役として活躍しているのが雛リリカさんです。 実力のあるタカラジェンヌが揃っていることもあって配役の多い舞台もこなせるという評価も高い花組。 その花組の舞台を支える娘役としてさまざまな役をこなして早くも活躍中の雛リリカさんについて、気になるプロフィールをご紹介しましょう。 実力派揃いと言われる 97期生の中で、入団時の成績が19番目というのは注目に値します。 その後、組回りを経て花組に配属。 競争相手の多い花組ですが、すでにさまざまな役を演じて順調にキャリアを積んでいます。 初舞台後、どの組に配属されるのかはタカラジェンヌによって異なります。 初舞台を踏んでからすぐに配属が決まる場合もあれば、組回りといってさまざまな組の舞台を経験した上で、配属が決まる場合もあります。 雛リリカさんは初舞台の後、月組公演『アルジェの男/Dance Romanesque』を経験した後に花組への配属が決まりました。 しかも現在の花組は、粒揃いと言われている激戦地です。 実力のあるタカラジェンヌが多いこともあって、2015年に再演される『新源氏物語』など、配役が多い舞台を担当することも多いですね。 雛リリカさんは体調不良のため『カリスタの海に抱かれて』の舞台を休演したことがありましたが、現在は復帰。 『新源氏物語』の新人公演では、乙羽映見さんの代役として 朧月夜を演じています。 たとえ代役とは言え、朧月夜という主人公の光源氏に絡む重要な役に抜擢された雛リリカさん。

次の

RiRiKA Official Website

リリカ 宝塚

元『宝塚歌劇団』花組の娘役で、歌手・女優のRiRiKAさん(リリカ 旧芸名=花咲りりか 本名=竹田和世 34歳)が、陶芸家・青木良太さん(あおき・りょうた 41歳)と交際1ヶ月の超スピード結婚することが明らかになりました。 『スポーツ報知』によると、RiRiKAさんは5月に取材した時点で 「私は潔癖症でもあり難しいのかも。 全くその気配はない」と話していたものの、 昨年11月に台湾の鶏鍋店で出会い、その場では簡単な会話やお互いのインスタグラムを紹介し会う程度で終わったそうです。 RiRiKAさんは周囲に青木良太さんの印象について、 「(会話中の心地良さなど)波長が合う。 自然体でいられ、この人と結婚する気がした」などと話していたといい、それは青木さんも同じで初デートから結婚前提の交際を意識し、 「人生のパートナーになる確信じみた予感があった」とのことです。 こうして2人の遠距離恋愛が始まり、初デート以降は毎日のように時間を忘れて長時間語り合い、交際から1ヶ月での超スピード結婚になったそうです。 なお、 超スピード結婚ではあるもののRiRiKAさんは妊娠しておらず、できちゃった結婚ではないそうです。 結婚報道を受けてRiRiKAさんと青木良太さんはそれぞれ自身のインスタグラムを更新し、RiRiKAさんは、 「陶芸家の青木良太さんと結婚致します。 台湾のレストランで偶然出会った良太さんと、まさか結婚することになるとは、二ヶ月前は想像もついていませんでした。 彼の行動力と生命力は尋常ではなく、突飛だと言われる私なんてミジンコレベルに感じるほどに、全てに対し豊かで面白い方です。 二人で愛に溢れ最高に笑える家庭を作っていけたらと思っています。 」と報告しています。 また、 「今後は東京を離れますが、今まで以上に音楽活動に精を出してまいります。 こんな私ですがこれからも変わらず応援して頂けたら嬉しいです。 今後ともどうぞよろしくお願い致します。 」とし、東京を離れて岐阜での同居生活をスタートさせることを明らかにしており、 今後は仕事の度に上京する方向とのことです。 一方の青木良太さんは、 「結婚しました。 素敵な人に出会えました。 ありがとうございます!!」とRiRiKAさんとの結婚を報告しています。 お2人の結婚発表を受けてファンからは祝福コメントが殺到していますが、ファン以外の反応を見てみると、• 交際1ヵ月で結婚?大丈夫?• 交際1ヶ月で伴侶を決めるのは時期尚早かと• すぐに離婚する方程式が出来上がってますね• 旦那さん再婚なのね。 二度目だし、少し冷静に考えても良かったかも。 花咲りりかさん、宝塚時代をよく知ってる。 大変明るく、前向きな活発なお嬢さん。 幸せになって欲しい。。 34歳、、焦る気持ちは、わかるが、出会いは、いくらでもあるよ。 などと、早くもスピード離婚を心配する声などが多く上がっています。 RiRiKAさんは2003年に宝塚歌劇団へ入団(89期生)しましたが、2006年12月をもって宝塚を退団し、2007年にRiRiKAに改名して歌手・女優活動をスタートさせました。 結婚相手の青木良太さんは富山で生まれ、豊橋創造大学経営情報学部経営情報学科を卒業する数ヶ月前、ふらっと立ち寄った雑貨店で陶芸作品と出会い、「陶芸って渋いんじゃない?感性を磨くために陶芸をやっちゃおうかな」と軽い気持ちで陶芸の世界に足を踏み入れ、大学卒業後に多治見市陶磁器意匠研究所に入り、陶芸家としての活動をスタートさせました。 土岐市の工房では好きなヒップホップを流しながら、頭には黒のターバンを巻いた独特のスタイルで陶芸作品を製作しています。 一方のプライベートでは、同じ富山県出身、多治見市陶磁器意匠研究所修了の美人陶芸家・若杉聖子さん(わかすぎ・せいこ 1977年生まれ)と結婚していましたが、時期は不明ながら離婚しているバツイチ(子供はいない)で、RiRiKAさんとは再婚となります。 ネット上ではこの他にも、青木良太さんに関する不穏な話もチラホラと見受けられますが、交際1ヶ月で結婚となったRiRiKAさんとは素敵な家庭を築き、大きなトラブルも無く平穏な日々を送ってもらいたいですね。

次の

元宝塚RiRiKAが陶芸家・青木良太と交際1ヶ月の超スピード結婚。相手はバツイチ、早過ぎるゴールインに離婚心配の声も

リリカ 宝塚

RiRiKAの本名や経歴は? 最近のプロテインって、こんな美味しいん、まじか。 — RiRiKA RiRiKA1226 RiRiKAの本名は竹田和世といい、旧芸名は花咲りりかと言います。 この芸名は宝塚ファンの方ならご存知の方はいらっしゃるのではないでしょうか。 1984年12月26日生まれの大阪府出身です。 プール学院高等学校より宝塚音楽学校に進学しました。 その後2003年に89期生として宝塚歌劇団に入団します。 花組の娘役として舞台に立ちますが、2006年に宝塚歌劇団を退団しました。 その理由は後ほど見ていきましょう。 そして 翌年に花咲りりかからRiRiKAに改名し芸能界に入りました。 その後は 歌手活動はもちろん、ラジオやミュージカル、トークイベントなど多方面で現在活躍中です。 RiRiKAはなぜ宝塚歌劇団を退団した? これと言ってはっきりした理由は見つけることはできませんでした。 しかし、RiRiKAさんは歌が大好きで有名です。 娘時代はトップに上り詰めないと、舞台で歌う回数が少ないと聞きます。 やはり出番の数に比例するのでしょうか。 RiRiKAはもっと歌いたいという気持ちが勝り、宝塚歌劇団を退団したのではないかと言われています。 本当、歌上手ですからね。 人に聴いてもらいたいと言うか気持ちは強いのでしょう。 2008年には京セラドームでプロ野球公式戦の国家斉唱の大事な役を任されました。 2011年からはソロライブやCDをリリースするなど歌手活動にも力入れています。 宝塚歌劇団退団後 初のミュージカル作品は堂本光一さん主演のEndlessshockにヒロイン役として舞台に立ちました。 その後は多数の作品でヒロイン役を務めています。 宝塚歌劇団に在籍している時よりも歌を披露できる場は増えたのではないでしょうか。 RiRiKAにとっては宝塚歌劇団を退団して良かったのかもしれませんね。 RiRiKAは結婚している? 残念ながらその情報はわかりませんでした。 SNSに男性と仲良く写っている写真もちらほらありましたが、ミュージカル仲間などの仕事関係者の可能性が高いです。 もう30代半ばですから、結婚を意識している方がいらっしゃるかもしれませんね。 RiRiKAのSNSを細かくチェックしていれば、一足早く幸せな話を目にするかも! RiRiKAの本名や経歴のまとめ RiRiKAは現在の芸名で、過去には宝塚歌劇団に在籍し花咲りりかとして娘役で活動していました。 宝塚歌劇団に在籍していたのは2003〜2006年の3年間と少し短いような気もしますね。 現在はミュージカルやトークイベントなど多方面で活躍中です。 これからの活躍へも大いに期待です。

次の