布団 クリーニング リネット。 ふとんリネットでお得に布団クリーニングするための注意点|口コミ評判・料金を徹底調査してわかったメリットデメリット

リネットの評判・口コミはひどい?実際に利用して本気評価【デメリットは2つ】

布団 クリーニング リネット

低評価の口コミ• 値段が高い 公式ページの料金を確認してから出しましょう。 いままで他社の宅配クリーニングを使ったこともありますが、ダントツお値段が高いです。 仕上がりに不満… キュロットやズボンのプレス、忘れました?って位のくっきりシワが残ってて出したままと同じ状態で返ってきました。 出したままのシワシワの状態で返ってくるなんて信じられません。 新たなシミ・ヨゴレが付いて返ってきた お気に入りのワンピースが出したときにはなかったシミがたくさんついて返ってきました。 トラブル時の対応が事務的!誠意が感じられない 顧客対応係の横柄な態度です。 再仕上げの要求に対して、経緯をきちんと確認しないまま、責任回避の言い訳を展開してきました。 リネットに集まった口コミを調べると「値段が高い」という声が多く見られました。 全体的に値段が高くて、クーポンを利用してやっと利用できるレベル。 「店舗持ち込み型」と比べて、料金は高め クリーニングは大きく2つの業態に分かれます。 ・店舗持ち込み型 いわゆる、街のクリーニング屋さん ・宅配型 ネットで注文後、宅配業者が配送を行う宅配クリーニング さらに、料金体系が大きく2つに分かれます。 ・パック料金型 衣類10点で1万円などに固定されている。 まとめて一度に数多く出すなら、こちらのほうがお得になる可能性が高い ・単品料金型 衣類の種類によって1点ずつ料金が決まる。 1点からでも出せるので、毎回、少量ずつ利用したい人にはこちらが便利 リネットは「宅配型」かつ「単品料金型」です。 宅配クリーニングの多くは「パック料金型」なので「単品料金型」であることはリネットの大きな特徴と言えます。 「宅配」で「単品料金」と比べたら値段は平均的 次に「宅配型」で「単品料金型」の他社と比べてみた結果、リネットは平均よりも少し安めの料金でした。 ワイシャツとスーツのクリーニングをお願いしました。 初回割引なのかとても安い値段でした。 仕上がりも綺麗で、とても満足の出来でした。 全品30%オフ• 送料無料 となるキャンペーンです。 リネットを初めて利用する人が「プレミアム会員登録」すると「初回限定」で使えます。 プレミアム会員になるには会員費が必要ですが、初回利用特典として「会員費の無料期間が最大3カ月」あります。 月ごとに会費を支払うプランなら、 無料期間中に解約すれば会員費は発生しないので、「まず一度、リネットを試してみたい」という人は気軽にトライできます。 なお、1年分の会費を一度に支払う「年会費プラン」は、6回分400円オフのクーポンが付いていてお得ですが、無料期間中に退会しても会費は戻らないので注意が必要です。 続きを読む 「割引されて送料が発生した」という声、多数 口コミを読み込むと、料金が「高い」ことに関連して「送料無料にならなくて高くついた」という、気になる内容が見られます。 そこで、さらに詳しく読むと「割引されたことで、送料が発生」していることがわかりました。 事前に値段を調べ送料がかからないようにしたつもりが、思わぬ誤算で上記の案内。 このような口コミは、一時期に集中しており、以降は見られないので、状況が改善している可能性があると考え、詳しく調べてみました。 リネットの送料無料・料金システムには注意が必要 リネットの送料無料や料金計算の仕組みには、やや注意が必要です。 クリーニングする衣類を 配送業者に渡した後のキャンセルは不可• クリーニング 料金が確定するのは、リネットでの検品後 クリーニング料金は、公式ページにある「料金シミュレーター」で概算は出せます。 しかし、これはあくまで「おおよその金額」です。 最終的な料金はリネットが検品した後に確定します。 つまり、 「キャンセル不可の状況でのみ、確定料金を知ることができる」というデメリットがあるのです。 ちなみに、送料無料になる3000円程度が可能な衣類は、スーツ上下、シャツ2枚、ジャケット1着ほどが目安の量です。 送料が気になる人は、これを参考に少し多めに出しておく方が安心です。 送料無料は「割引前の料金で判定」に改善 往復送料がかかるので、「送料無料になる金額まで利用しよう!」と、多くの人が考えるでしょう。 口コミの「クリーニング代が割引されたのはありがたいけど、逆に送料無料の3000円に届かなくなって、高くついた」という声について、料金システムがどのようになっているのか、実際にリネットに電話で確認したところ、 「 現在は割引前の料金で、送料の有無を判断している」ということがハッキリしました。 ちなみに、過去には「割引後の料金で判定していた」時期もあったとのことです。 現在は改善され、この心配はなくなったので、割引後の価格で計算する必要はありません。 続きを読む 口コミには「追加料金がかかって高くなった」という声が多数 リネットの利用料金は、リネットに送った後で確定します。 先に書いたように、公式ページにある「料金シミュレーター」で、ざっくりとした値段ならば事前に計算可能です。 しかし、「コートだと思っていたのがキルティングコートに分類された」など、「考えていた分類とは違っていた…」というケースが見られます。 そうした口コミを読むと、 料金をきちんと算出するには、規定のチェックが必要なことがわかります。 公式ページには「料金表」として、さまざまな種類の衣類の規定や料金を細かく掲載しています。 まずは、そのページを確認してみるのがおすすめです。 (サイトマップから確認できます。 ) 「追加料金がかかった」口コミをケーススタディ 追加料金の原因、どんな誤解があって追加料金があったかについて、ケーススタディしてみました。 カーディガンの「備考」には次のように書かれています。 前身頃がボタンやジップなどで全て開閉できるものが該当します。 編み糸の太さに関わらず、着丈が袖丈より長いジャケットデザインのものは「ニットコート」扱いになります。 以下のいずれかに該当する場合は「カーディガン」扱いにはなりませんのでご注意ください。 -着丈が袖丈より短く、編み糸が太いもしくは生地が厚いジャケットデザインのもの -裏地があるもの「ニットジャケット」に該当します。 正確な料金を知りたいと思ったら、 「備考」をチェックし、条件を確かめると良いことがわかりました。 なお、取り外しができない毛皮が一部でも使われている場合は「毛皮製品」扱いになります。 高過ぎ、こんなに高いなら利用しなかった。 追加になったのはコートについていた付属品、本体よりも高い。 2万円かかったケースでの衣類の種類が全てわかっているわけではありませんが、私たちが考えるよりも素材や装飾、形状などによる手間暇が大きく変わるようなので、特殊な素材やブランドものなど高価な衣類を出すときには注意する必要があります。 着丈が袖丈と同じもしくは長いダウンコート、キルティングコートを除く一般的なコート及びハーフコートが該当します。 以下のいずれかに当てはまるものは「コート」扱いになりませんのでご注意ください。 -ニット編みのロングコート「ニットコート」に該当します。 -中綿に綿やポリエステルが使用されているもの「キルティングコート」に該当します。 中綿が綿、ポリエステルだと「キルティングコート」に分類されます。 また、上の備考にあるように、成分表示に「カシミア、アンゴラ、モヘア、シルク、麻、合皮、ベロア、アルパカ」などが30%以上含まれると、「デリケート素材」扱いとなり、プラス200円が追加されます。 迷ったら電話・LINE・メールで問い合わせ リネットでは、衣類の着丈、形状、素材、付属品の有無で、料金が細かに設定されています。 初めて利用する人が事前に正しく料金を算出するのはハードルが高いです。 問い合わせ窓口が電話、LINE、メールとあるので、わからないことがあれば事前に確認してみましょう。 みん評では調査中、「このタイプのコートだと、いくら?」という疑問などが出てきたので、何度か電話で問い合わせを行いました。 その際、リネットに「定規と一緒に写真を撮って、メールで送るので、料金を判断してもらうことはできますか?」と尋ねてみましたが、「そうしたことは行っておりません」という回答でした。 そして、「判断に迷うようだったら、リネットとは別の、対面で接客しているクリーニング店に出すことをお勧めします」と、リネット側からアドバイスを受けました。 無理に受注しようとせずにこちらの立場でアドバイスしてもらえたことは好印象でした。 また、リネットは「 初めてご利用されたお客様のお品物が、料金表のどの品目に該当するかご認識に相違があった場合は、クリーニング料金の変更、もしくは返金にて対応をいたします」という約束を公表しています。 初めて利用した際に限りますが、「ハーフコートだと思っていたけど、コートに分類されて高かった」などの場合は申し出てみると良いです。 続きを読む 「仕上がりの不満」にもいろいろある みん評に届いた複数の口コミを分析すると「仕上がりの不満」とひとことに言っても、いろいろな原因から生まれていることがわかります。 コートは白い毛のようなものが、ニットは毛玉が全く取れてないし、ダウンは部品が破損。 さらには「新たなヨゴレが付いて戻ってきた」という声まであり、「本当にこのクリーニング大丈夫?」と不安になってしまいます。 「仕上がりへの不満」は、クリーニングというものの性質上、避けられない まずは、こうしたクリーニングの仕上がりへの不満が、リネットに限って見られるものなのかどうか調べてみました。 クリーニング業界団体、および、国民生活センターの公式ページを調べてみたところ、不満の原因となっているトラブルは、クリーニング業界全体にあるものだとわかりました。 国民生活センターでは、「クリーニングは消費者の目の前で行われないサービスであり、トラブルが起きても原因の特定が難しく、解決が困難なケースも多くあります」と、消費者に注意喚起しています。 ドライクリーニングならどんな汚れもきれいに落ちるかというと、そうではありません。 本来は水洗いで落ちる汚れがドライクリーニングでは落ちず、仕上がりの不満に繋がっている可能性も考えられます。 また、ドライクリーニングは、水ではなく有機溶剤を使った洗濯方法です。 非常に稀なケースではありますが、ドライクリーニング後しばらく経ってから、無色透明だったシミと酸素が化学反応を起こし、目に見えるシミとして浮き出てくることが実際にあります。 こうした現象も、仕上がりの不満へと繋がっていることが考えられます。 何について苦情が多いか調べてみた リネットの仕上がりに関する口コミで、どんな種類の衣類のクリーニングで不満を感じることが多いのか調べてみました。 衣類種別 仕上がりに不満な口コミ件数順位 1位 コート 2位 ダウンジャケット 3位 セーター、ニット、カーディガン (みん評内「リネット」への口コミ対象 編集部調査による) 結果、ドライクリーニングの需要が多い冬物衣類が上位を占めていました。 コートの中で多く見られた不満点は、生地の変質です。 毛羽立ち、ごわつき、起毛が寝てしまった、などです。 起毛素材、ふわふわと柔らかな質感の生地の場合、リネットに限らずクリーニングに出す際には特に注意が必要です。 セーター、ニット、カーディガンに特徴的な不満は、「ハンガーにかかっていたので伸びてしまって着られなくなった!」というものです。 リネットでは利用者側が申し出なければハンガーにかけて納品されますが、 畳んで納品してもらうことが可能です。 申込画面の「その他ご要望欄」に「タタミ仕上げ希望」と記入すれば、「ハンガーにかけられて伸びた!」というトラブルは回避できるはずです。 再仕上げが無料 リネットでは、 満足いく仕上がりではなかった場合、再仕上げは無料です。 条件は以下の通りです。 洋服のお届け日から30日以内(通常会員は7日以内)の申請に限る• 保証書代わりとなるので、洋服にクリーニングタグがついたままの申請に限る 無料で対応してもらえることは大きなメリットです。 ただし、 今回出した衣料がほぼシミが落ちていない状態。 再仕上げサービスに申し込むも、オペレーターが「そのお洋服はもう充分対応したものなので、受け付けられない」と言ってきました。 汚れが浮き上がってくる事がありますと言われたがそんな感じの汚れではなく、再仕上げしても全部は取れず、もうこれ以上は取れませんの一点張り。 また、再仕上げを依頼しても、 コートの毛玉取りがされていませんでした。 再仕上げを以来しましたが、一定時間しか行わないので、時間内に取りきれない場合はそのままなのだと言われ返却されました。 ニットは折りたたみのシワが目立ち、こちらは再仕上げで解消されました。 心配な場合は、再仕上げのリスクについて事前にリネットに電話で詳しく相談みるのが良さそうです。 返金できるので心強い リネットでは仕上がりに満足ができない場合、 全額返金してもらえます。 条件は次の通りです。 再仕上げをした品物の仕上がりに満足できなかった場合• 再仕上げした品物の到着翌日から14日以内に申し出ること• クリーニングタグが付いていること 口コミでは、 ほとんど着ておらずパリッとしたコートを出したら、洗濯ジワがたくさんついてヨレヨレで戻ってきました。 (中略)全額返金してもらいました。 こんな仕上がりははじめてです。 (中略)お客様相談センターに電話して保証や弁償を申し立てたところ、写真を送ってくださいと言われ送ったところ、謝罪もなくかかったクリーニング代だけは返金できるのでネットで返金処理を行ってといわれました。 連絡すると、もう一度洗濯するとのことで再度送りました。 しかし戻ってきたコートのポケットの入り口辺りにまたカビを発見。 再び連絡すると写メを送れと言われました。 そして、カビが付いていることは認めたのですが、これ以上は出来ないと約1か月後に返金されました。 リネットを利用して、もし納得のいかない仕上がりになった場合は、こうした 再仕上げや返金を保証する「リネット安心保証」(プレミアム会員限定)が利用できることをぜひ知っておいてください。 口コミには「対応が悪い」という声がたくさん… リネットの対応に関する口コミには「遅い」「誠意がない」などの不満が寄せられています。 どんな内容か以下にまとめてみました。 対応が遅い 一番怒りを感じたのは対応の遅さです。 クリーニングから戻ってきたモンクレールのコートのフードがなかったので早速問い合わせをしました。 お客様相談室から工場へ連絡をし、フードと思われるものを見つけたと連絡が入り、そのフードを発送する。 この作業だけで1ヶ月。 誠意がない オペレータの対応も、お客様相談室の対応も最悪です。 こちらが悪いと言わんばかりの(なぜ? 笑)対応をされて本当に気分が悪いです。 これは私たちユーザーからすれば逃げ口上のようにも感じられ、怒りを感じる気持ちは非常によくわかります。 ですが、業界関係者にこの点について質問したところ、「本当に酷いクリーニング屋なら第三者機関への相談を勧めることはない。 むしろ誠意がある」という意見もありました。 ここはなかなか相容れないところなのかも知れません。 また、少数ですが「対応は良かった」という声も見られます。 対応は良かった 問い合わせたところ、真摯に質問には答えてくださいましたが、ちょっと言い回しが回りくどく、直接的な答えは来ないので、何度も聴き直すことに…。 クレーム対応はキチンと真摯に対応いただき良かったのですが、コートは頼めないかなと思います。 対応するオペレーターとの相性もあるのかもしれません。 リネットには不満改善への企業努力が見られる リネットはサービス品質向上をとりまとめた「リネット品質の7つのお約束」を業界全体の向上のための活動の一環だとして公表しています。 リネット品質7つのお約束(抜粋)• お電話やメールで直接ご連絡• 再仕上げ無料• 全品無料シミ抜き• クリーニング品質の改善・追求• 事故・紛失防止の徹底と万が一のときの賠償対応• 認識相違による返金対応• お客様の声による改善活動 こうした内容が明記されていることは評価できます。 また、リネットの公式ページには Pick UP みん評からリネットに電話調査。 対応は悪くはないが、良くもない リネットの調査にあたって、疑問点が出てくる度にカスタマーセンターに電話をして問い合わせを行いました。 いつも異なる人が対応してくれ、その印象はそれぞれ違いました。 過不足なく、はきはきと質問に答えてくれました。 仕事柄、いろいろな業種のカスタマーセンターに問い合わせをしていますが、リネットは全体的に典型的なカスタマーセンタークオリティの品質を保っていて、悪くはなかったです。 しかし、マニュアルにある言葉を返しているような、やや事務的な印象があったことは否めず、返答には「守りの姿勢」を感じたシーンもありました。 続きを読む 「早い」という口コミはよく見られる 預けてから受け取れるまでのスピードについては、 価格やスピード感、利便性においては良いと思います。 多くの地域で最短2日でお届け。 東京なら早朝・夜間の集荷・配達も可能 リネットには預けた日から最短で2日後に届く「お急ぎ仕上げ」があります。 また、「朝イチ便」「夜イチ便」のサービスがあります。 利用できる地域は限られますが、「早朝6時~10時」「夜間21時~24時」と、他社ではあまり対応していない時間帯にクリーニング品の集荷・配達をするサービスです。 これらの時間帯の中から、1時間単位の枠で集荷・配達を指定できます。 これらのサービスの条件は下記のとおりです。 「お急ぎ仕上げ」「翌日届け」について• 最短2日~4日でお届けは、プレミアム会員向けサービス(通常会員の場合最短7日でお届け)• 対象地域は、一部地域および離島を除いた全国(北海道、青森県、秋田県、九州各県(福岡県除く)、沖縄県、一部離島はプレミアム会員、通常会員ともに最短7日後届け)• 東京23区の場合は、「翌日届け」も可能(ただし1注文につき300円追加料金が必要) そのほか、夕方以降の遅い集荷やコンビニ持ち込みの場合は、日数が加算されます。 また、オプション加工を希望した場合や、衣類の種類によっては日数がかかる可能性があります。 「朝イチ便・夜イチ便」について こちらについては、 アプリで申し込んで洋服を渡すだけで終わる!すごい楽ちん!朝の早い時間帯や夜遅い時間を選べるのも便利。 出勤前や帰宅後に自宅に居ながらにしてクリーニングを利用できてとても便利そうです。 対象地域は、東京23区内のみ• プレミアム会員向けのみのサービス• 段ボール無料手配を利用できない• 2回目以降はコンビニ持ち込みが可能 となっています。 なお、他社でも宅配クリーニングを行っていて「最短2日」での配達をしているところはありますが、別途料金が必要だったり、早朝・夜間の指定預けや受取はできなかったりするので、リネットの方が使い勝手が良いと言えます。 口コミに「早い」という意見が多くある通り、クリーニングの預け入れから受け取りまでのスピード感について、リネットは群を抜いています。 リネットにみられる「スピード」というメリット、クリーニングサービスそれぞれの得意分野を使い分けるのも賢い方法のひとつです。 リネットが気になるという人はまず、公式ページで詳しい内容を確認してみてください。 続きを読む 料金やサービス内容、キャンペーンなどの最新情報は公式ページでご確認ください。 【商品・サービスを購入、利用したきっかけ】 宅配クリーニングを探していて、たまたま目に留まった有名サービスなため使ってみました 【良かった点】 ダニ退治など布団クリーニングに必要なもろもろがついていてあまり詳しくなくても依頼に困らなかったこと、サイトが使いやすく頼みやすかったことなどが良かったです。 袋のセットがあるし、依頼用紙のフォーマットもシンプルで、頭を使わなくて済みます。 【気になった点】 事前に調べた感じではどうしても悪評があってそれは心配していたのですが、クリーニング業界あるあるだったので、他でも同じリスクはあるなと思い、そのまま依頼しました。 実際頼んでみたら、やはり問題が起きる確率はそれほど高くないようで、少なくとも私は問題ありませんでした。 また、他サイトで猛烈に褒められていますが、それは少し気になりました。 リネットはとてもしっかりしたサービスだと思いますが、クリーニングという性質上、エクセレント!となるようなことは少ないと思います。 にも関わらず、物凄いサービスかのように喧伝されることで、期待値が上がってしまい、結果、クリーニング業界あるあるのようなちょっとしたミスへのガッカリ感が増すのではないでしょうか? 【今後も引き続き利用・使用したいか?】 布団クリーニングは前に出してみたのですが、今回はジャケットを出してみてます。 一度使うと慣れもありますし、他を使う理由もないので使い続ける予定です。 クリーニング業界というものは、ミスがなくて当たり前で、なかなか大変だと思いますが、真面目で良いサービスに磨きをかけていって、エクセレントの域まで高めていってください。 個人的に縁あって使わせてもらっていて、心から応援しています。 (センタープレスであることは依頼時に追記している) 再仕上を頼むも、集荷しか受け付けていないという。 自分たちの不備なのに、できないの一点張り。 お客の目線に立っていないな、とは思ったが、今後は折り目の必要なものは出さなければ良いかと思い継続。 タグは通常、洗濯表示やブランドのタグなどに取り付けられているはずだし、しかも襟の下の目立つ部分に安全ピンが刺さっていたので、おかしいのでは?と連絡したところ、また集荷で再仕上、の連絡有り。 その際 ------------- リネットではお品物の管理上、 クリーニング中にタグが外れ、持ち主様が不明となることを防ぐ為、 予備のタグといたしましてお品物に合わせて洗濯表示タグに、 ホチキスや安全ピンにてタグを留めております。 タグ付けは必須となっており、 ホール状になっている部分があれば、 その穴に通してタグにホチキスをして対応いたしますが、 該当箇所がない場合には、 やむを得ずホチキスや安全ピンを使用させていただいております。 ------------- と返事が。 まったくの検討はずれの回答。 (実際には、タグがあるので服自体に穴を開ける必要は無い) さらに、電話ではなくメールでやり取りをして欲しいと初回に連絡するも、何度も電話をかけてきて、挙句に「連絡が取れなかったのでメールで」と後日メールが届く。 最終的に回収は、集荷ではなく着払いで発送することでできたので、そのあたりは前回よりも改善されているとは思うが、穴を開けたことに関してさして問題でもないようなテンプレ回答をされたので、この会社はそういうスタンスだと理解しました。 すべてのクオリティが雑すぎて驚いています。 やっぱり大切な服はちゃんとしたクリーニング店に出さないとダメだと、勉強になりました。 服への愛がある方、大切な服は、出さないほうがおすすめです。 安かろう悪かろうでOKな方、「ボタンくらいとれたって気にしないぜ」という方にはいいのかもしれません。 私は泣きたくなりました。 自分の判断を激しく後悔しています。 パーティドレスのベルトに安全ピンで穴を開けられました。 ブラウスも毛羽立って戻ってきて最悪でした。 その後の電話対応も最悪で、最初に応対した女にあっては、上記商品の状態も見ずに「再仕上げの対象じゃない。 ベルトの穴はタグを付けるために仕方なかったのだと思う。 」との回答を繰り返すばかりでした。 結果的には最初の女の上司に対応が変わり、穴の補修とブラウスの再仕上げを無料でやってくれることにはなりましたが、戻ってきた商品は補修箇所のみの対応でそのまま送り返されてきたのでシワだらけでした。 それに対する対応も「配送の時にできたシワなので分かりません。 我々は送られてきた商品にスチームを当てておいたのでしっかり対応しました。 」と最初から最後まで滅茶苦茶な対応でした。 別件ですが、シミのついた商品を出した際は、シミに気が付かなかったのかというくらいシミが落ちてなかったです。 その後、全国チェーンのクリーニング屋さんにお願いしたら、シミが綺麗に無くなっていました笑 技術も低いと思われます。 これを読んでいただいてもなお、今後使うという方へのアドバイスは、 1 高価な物、大切な物はこの業者には頼まない。 (我々みたいに破壊される恐れありです。 ) 2 届いた商品を不備がないか確実に確認すること。 3 商品及びハンガーに付いているタグは保管しておく。 (タグが無いと対応しないそうです。 ) ブランドのコートを数点プレミアムクロークリュクスでお願いしたのですが、1番高価なMONCLERのダウンが破損… 電話が来て、MONCLERが1部糸が切れたかなんかで破損したので修理させて頂きますと。 MONCLERに問い合わせたら修理出来ますとの事なのでと。 わざわざリュクスって良いコースにしたんだけど、見た目でハイブランドとわかるようなモンクレーのダウンを破損させるクリーニングって一体… 仕事中で忙しく、あーはいはいお願いします ってか修理しか方法ないんですよね?って答えたけど 新作買ったばかりでほつれる?ような感じでは無かったんだけどなーと後からモヤッとしてしまいました。 普通に他の服と一緒に帰ってきました。 お詫び状とかその後の連絡はありませんが。 更に高価なコートは出さなくて良かったなと。 預かってもらえるのは凄く便利なんで今度もし出す時は安い服を出します。 ワイシャツとかはいいのかもしれません。 ただ、スーツは服の繊維?のようなものがついていたり、出す前よりも毛羽立ちが目立つ(光沢が出る事で元々の毛羽立ちが目立つ?)ようになり、コートに比べると仕上がりは微妙でした。 または、コロナの影響で近くのクリーニング店が閉鎖されている際には自宅で完結するので、非常に良いと思います。 ただ、近くにクリーニング店があるならば、 費用的にも品質的にも日常使いには向かないかもしれないです。 星一つも付けたくないです。 最悪最低の会社にクリーニングを依頼してしまいました。 綺麗な真摯的なHPに完全に騙されました。 1着が十数万円するコートを数着、一番高いプランでプレミアムなハンガー付きで保管クリーニングを依頼しました。 今でも初めて見た時のショックが忘れられませんが、 全てのコートが生地が薄くなりペラペラ。 フチはヨレヨレ。 色んなゴミも付いたまま。 色や質感も着古したような、変わり果てた酷い状態で家に帰ってきました。 クリーニングのやり直し期間を設けているのも 安い下請けに出しているのでクレームが来た場合のみ クレーム対応が多いので、対応できるようにしているのでしょう。 ですが、こんな酷い目に合った全てのコートをもう一度クリーニングに出すのが恐ろしい 有り得ない ので、一番気に入っていた15万円のコートが一番酷い状態で、処分するしかないと思いましたので、それだけをやり直しクリーニングに出してみる事にしました。 結果、何とか近所着に着れる程度には戻りましたが、元には戻りませんでした。 他の大好きだったコートの復活をどうしても諦めきれず フチがヨレヨレになって死に絶えそうなコート を、プロの最上級クリーニングの方 都内高級クリーニング有名店 に訪問して見ていただき1着1万円以上かけて、職人の技で治るかどうか頑張ってもらい試しましたが、残念ながら助かることは無く、ヨレヨレ感は元には戻らずでした。。 専門家は「溶剤の選択をミスしてクリーニングしたのではないか」と言うことでした。 お手上げです。 ゴミが付いたまま帰ってくるほどの扱いですので、基本的な溶剤の選択を出来るかどうかなんて期待できないレベルでしょう。。 恐ろしいです。 洋服は財産です。 しかも二度と同じものが買えないものばかりです。 お金を払って財産を失う。 こんな事があって良いのでしょうか。 少し、時が経ったので激しい怒りはおさまりましたが、皆さん、どうか私と同じ目に合わぬよう、本当に気をつけてください。 面倒な手間が無く、プレミアム会員になる方がお得意だとおもいましたが。 が、2回目の仕上がりに問題があり。 1,裏地に無かったシミができていましたが、シミを除けるための溶剤が裏地についたとの事。 表地の見た目には問題がないから裏地までは確認しない。 との事。 全体的に縮まっていたにもかかわらず、theoryという小さなアパレルの素材に問題がある可能性。 と、の答えが一番目、そのあと、幅2センチ程度は誤差の範囲なので保証しない。 対応についても、送り返して2ヶ月、連絡しないとほったらかしのまま。 ネットなので、逃げ勝ちのように終わってしまいました。 対面の対応が出来るところ 2. 仕上がりについて他者に責任転嫁をしないところ 3. クリーニング協会の加入のあるところ ネットのクリーニングについては、そこに謳っていることと実際はかなりの差があると言うことを思い知らされました。 私はリネットの便利で丁寧な仕上げが気に入ってプレミアム会員となり2年ほど経ちます。 月に3-6万円使う、ヘビーユーザーです。 しかし、この会社、ここ半年くらい、ひどい。 注文が増えたためか調子に乗っていて仕上がりが劣悪。 最初の検品とやら、嘘っぱちですね。 うちでも当然高級コートなので検品して出しているのでわかるのですが、梱包する段階ではコートのボタンはありました。 特殊なボタンなのでコート自体も10万円以上するものですが、ボタンを全部付け替えなくてはならなくなりました。 バーバリのニットですよ!!!一度しか着てないのに数十点だめにされました。 しかし、こちらも忙しいため、宅配の便利さにほだされ、次には改善されるだろうと思いがまんすること数回、悪くなる一方でした。 もう再起不能です。 リネット、最低、最悪でもう2度と使いません!!! 皆さんもどうかご注意ください。 着古した家用などの洋服は出してもいいのでしょうが、大事な洋服は絶対ダメです。

次の

宅配クリーニングならリネット!衣類・布団・毛布・靴も!保管もできるリネットで!

布団 クリーニング リネット

布団クリーニングを業者に頼むメリット 布団クリーニング最大のメリットは、何と言っても手間がかからないことでしょう。 布団を洗うことは自宅でもできますし、コインランドリーに持って行って洗うこともできます。 しかし、洗濯機のサイズが8キロ以上じゃないと自宅で布団を洗うのは困難です。 お風呂場で手洗いができますが、忙しい人やズボラさんにはかなり面倒な作業ですよね。 また、布団の手洗いは乾燥にも手間がかかります。 布団を干すには十分なスペースが必要なので、ワンルームで布団を干すスペースがない人や、二階の物干し場に洗った布団を持って行くのも大変です。 クリーニング店に頼めば、洗いから乾燥まで行ってくれるので、手間が大幅に省けます。 布団クリーニング、宅配と店舗どっちが良い? 布団をクリーニングに出す場合、宅配クリーニングと店舗型クリーニング、どちらに出すのがベストでしょうか。 それぞれのメリット、デメリットがあるので、それぞれを比較してみてベストな方を選んでください! 宅配クリーニングのメリット・デメリット 宅配クリーニングは、スマホやパソコンから24時間いつでも申し込めますし、集荷から受け取りまで自宅で完了するので、便利さでは店舗型より上回っています。 店舗型クリーニングのデメリット• 車がないと持ち込みが難しい• 持ち込み、取りに行く時間と手間が必要 宅配と店舗型クリーニング、相場で比較してみよう 宅配と店舗型クリーニング、それぞれの相場を比較すると、宅配の方がリーズナブルになります。 宅配クリーニングは、1枚単位4,000円〜5,000円ほどになります。 店舗型クリーニングは1枚単位は3,000円ほどですが、羽毛ぶとんや掛け布団、タブルサイズなど種類やサイズによって価格が高くなるのです。 宅配クリーニングの布団料金は、サイズ関係なく料金が同じですし、まとめて出すとお得になるプランを提供している会社が多く、お得に利用できます。 特に、大きい布団を使っている人は、店舗型より宅配クリーニングを利用した方がコストを抑えられるでしょう。 布団は店舗型より宅配クリーニングの方がおすすめ 布団のクリーニングは、コストと手間の面から考えて、宅配クリーニングの方が利用しやすいでしょう。 布団クリーニングは集荷と配達のぶん時間はかかります。 しかし、衣替えシーズンに衣類などと合わせて出せば、シーズンギリギリで慌てて出してクリーニング完了までの時間を焦って待つ必要はありません。 何よりも、自分で自宅から店舗まで重い布団を持って行く手間も時間も節約できるので、忙しい人も簡単に布団を手入れできます。 布団クリーニングは宅配型を利用すれば、手間も時間もかけずに、いつでも清潔な布団でぐっすり眠れるようになりますよ! 布団クリーニングおすすめ業者を比較!<価格やサービスは?> 布団クリーニングの業者選びのポイントは、次の2点をチェックしましょう。 3枚以上オーダーした場合の料金• 圧縮返送 宅配クリーニングの布団1枚当たりの単価は、3枚以上預けると単価が安くなるので、1枚当たりの単価より3枚以上の料金をチェックするとお得な業者を見つけやすくなります。 必ずというわけではありませんが、できれば圧縮返送してくれる業者が良いですね。 特に布団の数が多くて収納にスペースを取られる、という家庭では、圧縮返送してくれる業者を選ぶと良いでしょう。 ふとんリネット• 3枚料金:1万2,800円• 圧縮返送:可能• 送料:無料(北海道、沖縄は有料) 衣類の宅配クリーニングでも人気のリネットは、3枚以上の単価の安さと送料無料で利用できるのが魅力です。 地域によって違いはありますが、最速10日でクリーニングが完了するスピードの速さも人気の理由の一つです。 圧縮袋で圧縮した状態で返送されるので、押入れのスペースも一気に空き、部屋の収納スペースが確保できますよ。 リナビス• 3枚料金:1万5,000円• 圧縮返送:なし• 送料:無料(北海道、沖縄、離島は有料) リナビスは最大9ヶ月の無料保管サービスが利用できるので、季節外れの布団類を預けておけば収納スペースに余裕が生まれてスッキリしますよ。 60年の歴史を持つ老舗宅配クリーニングで、熟練の職人さんによる丁寧なクリーニング技術で新品同様に仕上げてくれます。 他社では難しい、自然乾燥方式を取り入れており、広大な土地で自然乾燥させ、布団の中までしっかりと乾燥させるので仕上がりのふわふわ度は抜群です。 シングルサイズのみ対応可能、というのが唯一のデメリットでしょうか。 シミ抜き技術に定評があり、リナビスにシミがついた布団を頼んだ人は、「シミが綺麗になくなって戻ってきた」という口コミもあります。 料金も比較的安いほうですが、洗浄技術が高いので、布団の頑固な汚れでお悩みの人におすすめです。 しももとクリーニング• 3枚料金:1万3,800円• 圧縮返送:なし• 送料:無料(北海道、離島は有料) ししもとクリーニングは布団クリーニングに特化した会社で、業界では珍しい無添加石鹸で個別洗いをする自然派にこだわっているのが特徴です。 お肌に触れるものだからこそ、化学薬品に頼り切るクリーニングではなく、無添加石鹸を使った肌にやさしいクリーニング方法で、オーガニック素材の布団のクリーニングも任せられます。 しももとクリーニングのすごさは、高級なイメージの強い自然派でも料金はリーズナブルに抑えている点にあります。 3枚以上の単価が安く、送料も北海道と離島以外は基本無料なので、こだわりが強いけどコストは抑えたいという人にぴったりです。 また、布団をクリーニングに出している間に、替えの布団がなくて困らないようにレンタル布団サービスも行っています。 もちろん、レンタル布団も丁寧にクリーニング処理されたものなので安心です。 せんたく便• 3枚料金:2点パックで9,800円• 圧縮返送:可能• 送料:無料(北海道、沖縄、離島は有料) 布団を預ける枚数が2枚と少ないなら、リーズナブルかつ洗浄技術も高いせんたく便がおすすめです。 圧縮返送してくれるので、収納が楽々、汚れやニオイが気になる布団も新品同様になるまでに仕上げてくれます。 ダニだけではなく、花粉やハウスダストによる汚染もしっかり取り除きます。 子供やペットのおねしょ、おしっこの跡も綺麗さっぱり洗い落とすので、小さいお子様やペットがいるご家庭にぴったりですよ。 シミ抜きサービスが無料なので、シミが気になる布団も安心して任せられます。 クリーニング後の布団のお手入れ方法 保管サービスを利用せず、布団を自宅で保管する場合にするべき布団のお手入れ方法をご紹介します。 丁寧に保管しなければ、ダニやカビ、嫌なニオイなどが発生してクリーニング効果が無駄になってしまうのです。 クリーニング後の布団のお手入れポイントは3つあります。 風通しの良い場所に陰干しすれば、布団がしっかり乾燥するので、収納して湿気がこもりにくくなります。 天日干しでももちろんOKです。 防虫剤や乾燥剤を使わないと虫食いやカビが発生しやすくなります。 布団カバーは通気性の良いカバーを、スノコを設置する、また使わなくても天気の良い日は天日干しにするのも効果的です。 湿気の多いシーズンは、小型の除湿機を設置して湿気を取る方法もおすすめです。 布団カバーやシーツなら、クリーニングに頼まなくても洗濯機で洗えるので、手間がかかりません。 間違っても、カバーなしで布団を使うのはやめましょう。 布団が汚れやすくなってしまいます。 最近は防ダニ効果のあるシーツやカバーがあるので、ぜひ取り入れてみてください! クリーニング以外でできる布団のお手入れ方法 クリーニングに出すまでではありませんが、日頃溜まっていく布団の汚れをこまめに取り退けば、クリーニングに出さないときでも寝心地が良くなりますよ。 日々簡単にできる布団のお手入れ方法をご紹介します。 天日干しでふわふわの布団をキープ 天気の良い日は布団を外に干し、日に当ててダニやホコリを叩いて取り除き、乾燥させて湿気を防ぎましょう。 布団を干すのは2〜3時間で十分です。 時間的には10時から14時までの間に干します。 布団叩きで叩けば、布団についたダニや埃を叩き落とせるのでさらにスッキリ清潔になりますよ。 梅雨の季節は布団乾燥機を使おう 梅雨の時期は布団に湿気がこもり、布団がペタッとなって寝心地も悪くなるので、乾燥機で湿気を取り除きましょう。 ベッド周辺に小型の除湿機を置くのも効果的です。 布団クリーニングと日々のお手入れで寝心地の良い寝具に 持ち運びや洗濯に手間がかかる布団は、店舗型より宅配クリーニングを利用した方が便利です。 宅配クリーニングの大手では、定期的に料金がお得になるキャンペーンを行なっているので、キャンペーンを利用すればより便利に布団クリーニングができます。 布団クリーニングだけではなく、日々の布団のお手入れを丁寧に行うことで、寝心地の良い清潔な布団で睡眠が快適になりますよ!.

次の

【ダニ注意】布団は干すだけ?一人暮らしで宅配クリーニング初体験

布団 クリーニング リネット

リネット(Lenet)はテレビCMも放送されている宅配クリーニングで有名なサービスです。 ここでは、 宅配クリーニング リネットの評判・口コミや、料金、利便性などを徹底的に調査した結果を詳しく解説していきます。 クーポンを利用すれば安くなりますが、通常料金のはずのウールに追加料金が設定されていたり、結果高くなります。 リネットの良い評判・口コミ リネットの良い口コミもチェックしてみましょう。 初めてリネットっていう宅配クリーニング使ってみた。 シミが着いちゃったニット2つと毛玉いっぱいだったニットアウター笑 ニットのシミは1枚はほぼ0、もう1枚はちょっと残ってるけどぱっと見わからんから全然あり。 3000円以上で送料無料• 最短納期2日• 朝一便、夜イチ便使用可能• 毛玉取り・毛取り無料• ダンボール手配無料• 初回限定割引が適用• 30日以内再仕上げ無料• 全額返金あり• しかし、通常会員のままですと上記のメリットがないので、大きくお得度を下げてしまいます。 継続的にクリーニングを頼みたいという人はものすごくお得ですが、一年に数回しか頼まないという人はお得度は低くなってしまいます。 ただ、プレミアム会員は2ヶ月無料で入れて、いつでも解約できるので初回は必ず入会することをおすすめします。 パック料金と個別料金の違いは次のとおりです。 内容 パック料金制 5点パックで〇〇円、10点で〇〇円、20点で〇〇円というように、どんな衣類を出しても料金が一律になる。 (例えば、5点パック5,000円の場合は1点で出しても5点で出しても一律5,000円となる。 ) 個別料金 コート、ダウン、スーツなどの衣類の種類によって価格が決まっている。 一点からクリーニング可能。 ダウンなどの衣類はクリーニング代が高額なので、例えばリネットでダウンを10点クリーニングに出すよりも、パック料金制の業者で10点出す方がお得になる可能性が高いです。 パック料金の宅配クリーニング業者のおすすめは次の記事をご覧ください。 リネット宅配クリーニングのメリットは6つ リネット宅配クリーニングの大きなメリットは次の6つです。 シミ抜き無料• 毛玉取り・毛取り無料• 30日以内再仕上げ無料 また、さらにダンボールの手配も無料なので、至れり尽くせりのサービス内容となっています。 夜イチ・朝イチ便というのは、次の時間帯で集荷に来てくれるサービスのことです。 集荷時間 朝イチ 早朝6時〜10時 夜イチ 深夜21時〜24時 上記の時間帯で集荷に来てくれる宅配クリーニングはリネットだけなので大きなメリットと言えます。 プレミアム会員で、現在は東京23区限定のサービスですが、仕事で忙しい人でも渡せる時間帯に集荷に来てくれるのはとても嬉しいですよね。 コンビニ• 勤務先• 宅配BOX どこからでも集荷に出せる安心感は非常に大きいです。 通常時でも安いのに、さらに大幅な値引きをしてくれるので初回利用は激安です。 何点出しても良いですし、超低価格で依頼できるので、宅配クリーニングが初めての人のお試しにもぴったりです。 この納期スピードは宅配クリーニング業者の中でもトップですし、繁忙期などもあまり関係ないので急ぎの人にもおすすめです。 革のシューズの光沢が戻って仕上がって来て驚きました。 他の靴もお願いしたいと思います。 靴リネットの悪い評判・口コミを含めて、もっと詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。 リネットクリーニングの料金システム・送料一覧 リネットの宅配クリーニング料金の一覧を簡単に書くと次のような価格設定になっています。 通常料金 デラックス料金 スーツ 1,610円〜 3,010円〜 ワイシャツ 290円〜 740円〜 コート 1,900円〜 3,400円〜 ダウン 2,280円〜 2,980円〜 上記のとおり、非常に安い値段設定になっています。 送料は次のように、プレミアム会員の方がお得です。 会員区分 送料 プレミアム会員 3,000円以上で送料無料 通常会員 10,000円以上で送料無料 プレミアム会員は月額390円で入れますが、今なら2ヶ月無料です。 リネットの料金についてさらに詳しい衣類の種類別の内容は次の記事にまとめています。 公式サイトから注文する• 料金が確定し、クリーニングを実施• 自宅に届く リネットの場合、預けてから最短で2日で届きます。 コンビニや宅配ボックスからの集荷も可能です。 次の画面で集荷に来て欲しい場所(自宅など)の住所を入力します。 次に「名前」「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」を入力します。 プレミアム会員を試す場合、チェックを入れます。 リネットのプレミアム会員は2ヶ月無料なので絶対に入っておいた方がお得です。 預ける日(集荷に来てもらう日)と受取日の時間を入力します。 プレミアム会員なら最短2日後を選べます。 プレミアム会員は、梱包用ダンボールが無料で依頼できます。 必要な場合はチェックを入れましょう。 また、支払い方法を「クレジットカード」と「代引き」から選択します。 プレミアム会員の場合は「クレジットカード」を選択しましょう。 カード情報を入力したら、「同意して次へ」ボタンをクリックします。 入力項目の確認画面が出るので、間違いないか最終チェックしましょう。 問題なければ「上記に同意して申し込みを確定する」ボタンをクリックします。 前述したように、 ダウンを依頼する場合はお預け日から5日後以降の受取日を指定する必要があります。 間違っている場合は入力内容を変更しましょう。 これで注文が確定されます。 梱包用ダンボールを依頼すると次のようなダンボールを持って来てくれます。 衣類をそのダンボールに積めるだけなのでかなりラクラクです。 料金明細も次のように届きます。 しかも、 送料も無料です。 実際に依頼した際の品質については をご覧ください。 リネット宅配クリーニングの注文の流れは以上です。 店舗に持っていく手間もなく、梱包も簡単なので初めて使う方は便利すぎて驚くはずです。 「プレミアム会員の登録解除はこちらから」をクリック• 必要事項を入力の上「解除する」をクリック 最初の無料期間でも簡単に解約することができるので安心です。 リネット クリーニングの解約・退会方法は次の記事にもっと詳しく分かりやすくまとめているので参考にしてみてください。 リネットはモンクレールなどの高級品も依頼可能? リネットは、 モンクレールやカナダグースなどの高級品の依頼も可能です。 モンクレールやカナダグースなどの実績も豊富なので、安心してお任せすることができます。 ただし、その場合必ず 「デラックス仕上げ」で依頼するようにしましょう。 デラックス仕上げで注文することにより、より丁寧に対応してくれます。 モンクレールやカナダグースに限らず、絶対に失敗したくない大切な衣類の場合はデラックス仕上げがおすすめです。 梱包時のダンボールは自分で用意するの? リネットでは、基本的に梱包用のダンボールや袋は自分で用意しますが、 プレミアム会員であればダンボールを無料で手配することもできます。 手配したダンボールに詰めればOKなので、家にちょうど良い梱包材がなくても大丈夫なので便利です。 リネットはアプリをダウンロードすべき? リネットは次のサイトからアプリをダウンロードすることも可能です。 アプリは便利ですが、使わなくともweb上でも簡単に依頼できますので、ダウンロード必須ではありません。 コンビニからの発送も可能? リネットでは、コンビニからの発送も可能です。 ただし、コンビニ持ち込み用の専用伝票が必要なので、2回目の利用からしか使うことができません。 リネットは高いの? リネットの料金他の宅配クリーニング業者と比べてもトップレベルで安いです。 次のランキングで比較しているので参考にしてみてください。 リネットはカーテンも洗える? リネットではカーテンの宅配クリーニングは対応していません。 間違えて出さないように注意してください。 リネットの取り扱い除外品は? リネットで取り扱ってないアイテムは次の通りです。 その他も 「カーペット、バッグ、オイル加工品、水洗い不可の帽子」は取り扱い不可のアイテムになります。 クリーニング不可となっても、往復の送料は発生してしまうので注意しましょう。 リネットの会社概要 リネットは株式会社ホワイトプラスという会社が運営しています。 項目 詳細 運営会社 株式会社ホワイトプラス 設立 2009年7月 所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル 8F 電話番号 0120-199-929 代表取締役社長 井下 孝之 資本金 7億2950万円 リネットの宅配クリーニングがおすすめの人 リネットがおすすめの人、おすすめできない人をまとめてみました。 リネットがおすすめできない人 リネットは次のような方にはおすすめできません。

次の