相棒 ネタバレ。 相棒15で残された謎や回収されてない伏線は?最終回感想ネタバレ

【相棒ネタバレレビュー】シーズン1・第5話「目撃者」ゲスト:染谷将太・美保純・生瀬勝久

相棒 ネタバレ

【相棒シーズン18】最終回のあらすじ 亘(反町隆史)は、最近、右京(水谷豊)の推理力が衰えているのではないかと、角田(山西惇)にこぼしていた。 軟禁された天礼島の事件(2019年10月9日放送「アレスの進撃」)や、重大な見落としをして「僕としたことが!」と嘆いたテロ未遂事件(2019年12月4日放送「檻の中」)などをあげつらいスランプを危惧するが、右京自身は、どこ吹く風で…。 そんな中、元東亜ダイナミクス社長の桂川(村上新悟)が、自宅寝室で殺害される事件が発生。 背中から刺された傷が死因だったが、なぜかスマホの音声認識アプリが立ち上げられていて、『99』という謎の数字が残されていた。 問題の女性は、顔認証から内閣情報調査室の柾庸子(遠山景織子)と判明したものの、政府直轄組織の人間ということで、警察としても配慮せざるをえなかった。 事件に興味を持った右京と亘は、現場となった桂川のマンションを訪れるが、そこには青木(浅利陽介)の姿が。 右京は、青木から得た情報や現場の状況から、問題の映像にある疑問を抱く。 いっぽうその頃、事件と何らかの関係があると思われる内閣官房長官の鶴田(相島一之)は、懇意にしている芸者・小出茉梨(森口瑤子)から悪巧みを指摘され…。 翌日、伊丹(川原和久)たち捜査一課は、桂川をスポンサーとして最新の映像技術を研究していた鬼石美奈代(坂井真紀)という大学の特任教授から話を聞いていた。 しかし、飄々とした彼女にはぐらかされるばかりで要領を得ない。 そんな中、「週刊フォトス」が桂川と柾庸子のあるスクープ映像を入手。 監察官の大河内(神保悟志)の指示で特命係がその動画の押収をすることとなり…。 事件の背後には暗躍する政府高官の影が… スランプ中!? の右京が、日本の闇と対峙する! 桂川宗佐殺害犯 鬼石美奈代 動機 桂川と関係を持っていた鬼石だったが、桂川は女をとっかえひっかえして色目を使ったりしていた。 それに嫉妬した鬼石は桂川を殺害。 以前から柾と関係を持ちたがっていた桂川の望み通り、柾との性行為映像に書き換えてやった。 逮捕への道筋 桂川と柾の性行為の動画が殺害現場から見つかるが、柾が内閣情報調査室の職員という立場だったため警察内で内々に処理をしようとする。 すると今度は週刊フォトスに新たな動画が持ち込まれ、 柾が桂川と痴話喧嘩をしている動画だった。 立て続けに柾の動画が出て来ることに、右京はもしかしたら画像は ディープフェイクという作り物なのではないかと推理する。 青木に動画が偽物かどうか調べさせるが、何も検出されないため動画は本物だと言う。 さらに社が内閣情報調査室の栗橋から、あえて特定秘密保護法に接触するような内容を聞かせ、守秘義務を発生させる。 右京は恐らく社は防諜、すなわちカウンターインテリジェンスに関する秘密情報を聞かされたのだろうと推理する。 そこから ディープフェイクは官邸主導で開発され、その開発に桂川も関与していたに違いないと想像する。 そこで伊丹たちにAI関係の人がいなかったか問うと、鬼石准教授の名前が挙がる。 彼女のアリバイは完璧で、見せられた映像には殺害時刻頃に時計と街頭ビジョンが映っていたという。 鬼石の支援をしていたのは桂川で、桂川に支援をするよう政府が要請していた可能性もあると右京は考える。 フォトスに動画を売ったという学生から話を聞くと、その 指示をしたのは鬼石准教授だという。 鬼石のことを青木に聞いたところ、かつて天才少女と呼ばれていたいう。 彼女ならディープフェイクを作ったのかもしれないし、自分達には鑑定不可能だと青木が語る。 花の里に代わり新たな小料理屋「こてまり」の女将が見せてくれた動画は、戦地に出征する兵士を見送る人の中に、女将が旗を振って見送っているという映像だった。 当然、ありえないことなので、その動画も青木に調べさせるがやはり偽物だとは検知されない。 右京たちは内閣官房長官の鶴田に呼び出されて話をする。 鬼石のことを聞いてみるが、知らないと鶴田は答える。 その後、社から鶴田が事件の迷宮入りを望んでいるという話を聞かされ、右京は事件のおおよその謎が解ける。 青木に鬼石が柾に拉致されているディープフェイク動画を作らせ、それを見た捜査一課が柾を重要参考人とする。 捜査一課が動けば栗橋内閣情報官が動くと思っていた右京は、彼をつけて行った先で、鬼石と柾の2人を発見する。 右京は自らの推理を語り始める。 内調がディープフェイクの技術を必要としていたため、桂川を使って鬼石を囲い込ませ開発してきた。 それを特定機密とすることで、世間の目から覆い隠す。 だが、桂川が殺害されて、現場にはベッド動画が残されていた。 それを見た柾は鬼石が犯人だと察するが、特定機密が暴露されることや今までの開発が無駄になってしまうと思い、動画は真実だと認めることにする。 しかし、週刊フォトスに新たなフェイク動画が渡され、内調はすぐさまにサーバーを攻撃して記事を潰す。 鬼石を野放しにすると危険だと感じたため軟禁することにした。 桂川は刺された時、最初は何が起こったか分からなかったが、そのうち死に至るような大変なことだと分かる。 しかし、警察を呼ぶと全てがバレてしまうため、 柾と同じように真実を語れなかった。 そのため、警察ではなく救急へ電話しようとしたが死亡する。 さっさと帰ろうとする栗橋を呼び止め、犯人蔵匿の現行犯で逮捕しようとするが、柾は鬼石に自首を促していたと言い出す。 右京の見立てでは鬼石のディープフェイク動画が見破られない限り、関係者はみな知らないふりを決め込むつもりだった。 鬼石の功績に報いる意味から、不問にしようとさえ考えていた。 むしろ捜査当局と真剣勝負のできる絶好の実験の機会だった。 一連のディープフェイク動画は、嫉妬から作ったものであり、かつ新技術の公表として自分の力を誇示したかったのではと鬼石に告げた。 【相棒シーズン18】最終回の感想 三代目女将としてる森口瑤子さん演じる元芸者の小出茉梨(こいで まり)が決定しました。 右京さんの推理力減退症候群が発症したのは「花の里」がなくなったからだと、右京さん以外のみんなは考えていました。 そこで、甲斐が花の里に代わる場所を探します。 元芸者だけあって政財界の人たちとも太いパイプがあるようで、今回さっそくディープフェイク動画の出所がどこか、直接的な回答でなく懇意にしていた人たちが誰だったかということから分かります。 単なる息抜きの場以上に、様々な情報を今後もたらしてくれそうな存在です。 今後、話によっては内閣官房長官の鶴田や内閣情報調査室の面々などは登場するでしょう。 恐らく鬼石も保釈されて登場しそうです。 次シーズンに繋がる最終回でした。 【相棒シーズン18】最終回の登場人物のその後 最終的に誰がどうなったのか?分かった範囲でまとめました。 鬼石美奈代:殺人容疑で逮捕• 柾庸子:不問• 栗橋東一郎:不問• 鶴田翁助:捜査の手は及ばず 鬼石は桂川殺害容疑で逮捕はされます。 しかし黙秘をしていて事件については語りません。 柾は聴取はされますが、刑事部長が殺しの下手人が捕まれば十分といって、上に忖度してすぐに帰らせます。 栗橋に至っては聴取すらされてないのではないかと思われます。 鶴田へは一切事件のことについて警察が何かを聞くこともなく、 鬼石を起訴後に保釈できないかと栗橋に相談します。 殺人犯を保釈は無理ではないかと言いますが、小野田官房長が過去にやっていると引き合いに出します。 恐らく保釈されるのではないかと思います。 最後にもう一つオチとして、社が与えた情報は提供者などなく、右京さんを動かすために情報を自分で流したのではないかという雰囲気になりました。 三代目新女将について 「花の里」の女将ではなく「こてまり」という店の女将になります。 登場人物:小出茉梨(こいで まり)• 元・芸者で小手鞠という芸名だった• 政財界など各界の人物が客• 内閣官房長官の鶴田が執心していた• 鶴田の紹介で閣僚級の人物もひいきだった• 総理大臣も彼女をよく知っている キャスト:森口瑤子(もりぐち ようこ) 右京さん役の水谷豊さんとは、1993年より2003年まで「火曜サスペンス劇場」で放送された、『地方記者・立花陽介』シリーズで妻役で共演していました。 なので、彼女が新女将に指名されるのは当然といえば当然だったなと、今回新女将に就任したのを見て思い出しました。 2019年ドラマ出演作• 「だから私は推しました」(NHK)• 「トレース〜科捜研の男〜」(フジテレビ) 最近は「プレバト!」などで俳句の査定に出演したり、ドラマ以外にもバラエティでも見かけることのある森口さん。 旦那さんは「東京ラブストーリー」や「カルテット」などの脚本家、坂元裕二さんです。 テレビ朝日のドラマに出演するのは、スペシャルドラマの「欠点だらけの刑事」以来の2年ぶりとなります。 【相棒シーズン18】最終回のまとめ 2時間スペシャルで放送した最終回は、ようやく女将が決定するという回でした。 話としてはディープフェイクという偽の動画を作成して、証拠をねつ造するという話になります。 このディープフェイクというものは、現実でも問題になっています。 主にポルノ動画などで使われていたりして、全く身に覚えがないのに置き換えられた動画がネット上に流出したりします。 青木が言っていたようにイタチごっこですし、一度流れてしまった動画は違うと否定しても残ってしまう問題があります。 よく芸能人の誰に似ているとか、そんな怪しげな動画などもありますが、この技術を使えば嘘か本当か見分けがつかないものが出て来る可能性があります。 恐ろしいです。 今後【相棒】で動画を証拠として扱うことができるのか?この話をやってしまったことで、自ら首を絞めてしまわないといいですが。 来シーズンに繋がるような新たな登場人物を出して終わった【相棒】、次シーズンも冠城でいくのか?いずれにしても、また放送される日を楽しみにしています。

次の

相棒シリーズxday映画のあらすじとネタバレ!感想は以外と面白いのか!?

相棒 ネタバレ

【相棒18】15話の視聴率 今夜9時放送!『相棒season18』第15話 2週連続SP「善悪の彼岸~深淵」~今夜決着!特命係VS元相棒!! — 相棒 AibouNow 【相棒18】15話の視聴率は 11・8%でした。 【相棒18】15話のあらすじ 右京(水谷豊)のかつての相棒であり、宿敵でもある南井(伊武雅刀)が再び動き出した。 そんな中、目星をつけていた3つ目の場所・品川で警邏中の巡査が射殺されてしまう。 拳銃を奪われて殺されてしまっていた。 位置関係だけではなく、被害者の特徴と殺害方法も一致していた。 なんとしても殺人を止めたい右京は「事件の類似性から4つ目の事件は池袋近辺にある大学の女性学長がターゲットではないか?」と考える。 しかし、• 被害者は警官で何も罪を犯していない• 拳銃の種類が異なる など南井の考え方やロンドンの事件とのズレが生じていた。 すでに池袋に到着していた南井は赤い傘をさしている女性の後を付ける外国人男性を発見、さらに後を付ける。 バンッ と一発の銃声が鳴った後この赤い傘の女性は帰らぬ人となってしまった。 翌日、ロンドンの事件と照らし合わせる右京。 ロンドンの被害者も赤い傘をさしていた。 特命係の二人は女性が傘を購入した店の防犯カメラをチェックし外国人男性と一緒にいた事を突き止める。 この外国人男性を割りだし接触するが、彼は不倫をしていてプレゼントとして傘を渡しただけで南井のことは知らなかった。 ただ、女性がホテルで怪しい男にじっと見られていたという。 その後、2人はこのホテルに向かい南井を発見する。 が、今一歩の所で逃げられてしまった。 仕方なくの亘の車でホテルを出ようとするが、車の横には逆五芒星の傷が残されていた。 特命係に戻るもなぜか右京は黙り込んでしまう。 そして、亘に 「特命係を辞めてもらえますか?」 と告げるのだった。 【相棒18】15話のネタバレ 最後のターゲット ロンドンの事件の最後の被害者は警察官で南井の相棒だった。 最後の場所・有楽町は警視庁の最寄り駅、逆五芒星の傷も一致しており、ターゲットは右京の相棒である亘の可能性が高い。 全ては亘を守るためだ。 右京「君が特命係を辞めれば南井のシナリオから外れることになり、標的を変更するかもしれません。 」 亘「むしろ好都合じゃないですか、向こうから来るなら。 」 右京「分っていますよね?相手は拳銃を持っています。 何かあってからでは遅いんですよ!!」 亘「右京さんこそ分っているんですか!特命係を辞めることは負けを認めているようなものです!!」 右京「勝ち負けの問題ではありません!!」 亘「法と犯罪の問題だと言っているんです!!」 「あれだけの数を殺している人間に俺たち警察官が屈したら正義なんかどこにも無いことになるじゃないですか!!!] お互いの譲れない正義がぶつかり合う。 右京は「でしたらここを出ないでください! いいですね!!」と亘を残して1人で捜査に向かう。 最後の事件が起こると思われる有楽町周辺のホテルに南井が潜んでいないかと右京はしらみつぶしに探す。 一方、亘の元に電話が掛かる。 「気をつけたほうがいい。 君のことを狙っている」 南井からだった。 「行ってやる!やれるもんならやってみろ!!」 と亘は右京との約束を破り、南井の元に向かうのだった。 有楽町の高架下で亘はついに南井と対峙する。 南井は亘に自分が調べた犯人像が書かれた手帳を渡す。 が亘は受け取るのを拒否する。 「君では話にならない。 右京を出せ!!」と南井は激怒、拳銃を突きつける。 亘は立ち向かうも南井に殴られ、倒れてしまう。 病院に運び込まれた亘は意識不明の重体に陥ってしまう。 「これで決着が付きます。 」亘の傍に残されていた南井の手帳を見た右京は決意を固めるのだった。 最終決戦 あるビルの屋上にいる南井。 そこに右京もやってくる。 ロンドンの犯人の自宅の位置関係から日本で南井が向かう場所を割り出していた。 右京は南井の手帳を証拠に一連の事件の犯人として南井を逮捕、過去2件の殺人教唆の決着も付けようとする。 「動くな!!」 と南井は右京に拳銃を向ける。 その後ろには池袋にいたあの外国人男性の姿があった。 と思いきやその男は消えていた。 「ロンドンの事件の犯人ならば5年前にすでに死亡しています。 」と語る右京。 南井は今度はかつての相棒でロンドンの事件の犠牲となった刑事・カワエ、その娘でその後の面倒を見ていたマリア(石田ニコル)のことを話し出す…. 「今私は何について話していた? 」 と突然訳の分らないことを言い出してしまう。 善悪の彼岸 実は南井は老いから来る認知症を患って判断力や自己抑制力が低下していた。 自ら事件を起こし 、それも 忘れ自ら捜査をしていたのだった。 自ら記した手帳が犯人であるという動かぬ証拠だった。 さらにロンドンの事件の犯人も相棒の復讐として毒殺しており、その苦しみから逃れるために「犯罪者には贖罪の心を持たない者がいる」という信念を作り上げ、殺人教唆による私的制裁をしていたのだった。 南井はすでにカワエのことも忘れ始めていた。 だが、最も信頼し尊敬していた右京のことだけは忘れることは無かった。 南井「まるで小さい頃に憧れていたホームズのようだった」 右京「だからあなたは…」 南井「あいつが見ている。 」 「また捜査をやろう、いっしょにお前とならどんな悪も光の下に引きずり出せる!!!」 かつての相棒はもう正常な状態ではなかった。 「かつての貴方は優れた分析力を持ち、人間の深淵をも理解し.. 」 「もう言葉もありません…貴方の罪は決して許されるものではありません.. !!」 「ただ…僕も貴方のことは忘れないでしょう…!!」 と右京は南井のことをただ強く抱擁することしかできなかった。 その後、南井は病院に入院することになり、その姿は一気に老いていた。 伊丹の話では責任能力を問うのは難しく裁判は長引くだろうとのことだ。 亘はすっかりと回復して特命係の部署で右京と話をする。 亘「これでついに裁けますね南井を…」 右京「何を裁くのでしょうか?年老いて何が現実かも分らなくなって、ただ記憶を追いかけていた…。 」 亘「今はもう無いその記憶を求めて南井は自ら事件を起こしていった。 右京さんと一緒に捜査するために…」 右京「それは善や悪と呼べるものでしょうか?善悪の彼岸…」 そこに「南井が病院から消えた」と連絡が入る。 ある山中の崖の近くで南井の傘と手袋が発見された。 現場へと向かう2人。 崖から落下した後川に落ちたようだが、大量の血痕も残されていて生存は絶望的だった。 唖然として崖の下を見つめる右京。 「右京さん…」亘の言葉に我に帰る。 右京「帰りましょうか、特命係へ…」 こうして宿敵・南井との最終決戦は悲しい決着が着いたのであった。 【相棒18】15話の感想まとめ 悲しき最終決戦 南井がこれまでの対決であまりにもはぐらかしが上手いし、そこに対して脅威と大物感を抱いていたけど単純に忘れてしまってただけなのか… 悲しいな… また、この南井さんが確かにカイト君の事で傷付いた右京さんを救ったのもまた事実なんだよな… — Naoki aiboulove1217 ただただツラかった… 犯人のコロコロ変わる表情、無邪気に話す右京さんへの想い。 一気に老け込んだ姿。 あんなに怒っていた右京さんが静かに諭すように話すのも。 涙を堪えてるような表情の右京さんも、信じられない表情で崖の下を見る右京さんも。 …なのに次回予告の温度差が酷すぎる😂 — 斑里 猫様の召し使い bBU1UEof3v0d2vg ついに宿敵・南井との決着が着きました。 恐ろしい連続殺人を起こしたのは南井自身• しかし認知症でそれも忘れ自分で捜査• 事件捜査という右京が最も輝く姿を無意識の内に追い求めていた これが事件の真相でした。 前回マリアはこれに気付いて心中を図るも南井だけが生き残り、更なる犯行を重ねてしまったのですね。 マリアが最期に残した言葉「私は罪深いマリア」の意味は気づけ無かったことや強硬手段に出るしか無かった自分自身の罪ということでしょうか? 南井のターゲットが犯罪者では無く、どんどんと雑になっていったのも老いて判断力を失っていることの伏線でした。 始めは南井の仕業と決めつけ強気に出る• 真実を知り諭すように追求する• かつての相棒の姿はもう無く、それを忘れないでおくことしかできない• 死という最期を受け入れられない と右京さんの感情は変化していきました。 「南井の犯罪を暴き、しかるべき罰を与え引導を渡す」これが右京さんが望んでいたことだったのではないでしょうか?しかし、生きていたとしても認知症で裁きを与えることは出来ず、相棒が見るに耐えない姿になっていくのはただ辛かったでしょう。 なんというか言葉に表現しにくいですが悲しい決着となりました。 右京さん:シャーロック・ホームズ• 南井:モリアーティ教授 に当てはめられており、最後の崖は2人の最終決戦を彷彿とさせました。 もしかしたら南井は生存しており、違った形で再登場するかもしれません。 亘の運命は 今日の回は久々に視聴後に体が重くて動かなくなる話だった。 3年間にわたる戦いの決着はあまりにも哀しくて、切ないものだった。 冠城くんとの絆も感じられて、杉下右京を語る上でも、冠城亘を語る上でも外せない名作になったと感じたよ — 窓際のハネジロー ukttwjdu9506 亘は卒業とはなりませんでした。 後編の予告や南井に重症を負わされたときはヒヤッとしましたが動けるまで回復したので一安心ですね。 亘を守るために特命係から外そうとする右京• 屈せずに自分の正義を貫こうとする亘 両者の大切なものを守る為の正義のぶつかり合いもみどころでした。 最後は亘の言葉で我に返る右京さんで締め、特命係の信頼がいっそう感じられました。 次回は捜査二課の刑事・ 陣川(原田龍二)が再登場します。 陣川が登場するとなると今回の事件とは打って変わって明るい雰囲気になりそうです。 お楽しみに。 画像引用:.

次の

【相棒ネタバレレビュー】シーズン1・第5話「目撃者」ゲスト:染谷将太・美保純・生瀬勝久

相棒 ネタバレ

簡単なあらすじ 1 女性の顔を切り刻むサイコキラー・北一幸 野間口徹 は、病院に入院していた。 所轄刑事が監視を行っていたが、病院がシステムダウンを起こし、停電となる。 その隙に田上刑事は拘束され、潮崎刑事は顔を切り刻まれて死亡していた。 そして、北は逃亡していたのだった。 2 逃亡した北は、有村みなみという女性を殺害する。 みなみは顔を切り刻まれ、冷蔵庫に入れられて伊丹憲一 川原和久 刑事に宛てて送られてきた。 だが、みなみは未婚にも関わらず、結婚指輪をしていたことに杉下右京 水谷豊 は疑問を感じる。 そして、みなみは何者かと文通していた形跡があった。 3 さらに、潮崎刑事には女装癖があり、「女性になりたい」と願っていたことが明らかになる。 また、同級生である段原らに同棲愛者であることをからかわれ、強い恨みや自殺願望があったことが明らかとなる。 4 北の逃亡を助けた共犯者は潮崎刑事だった。 そして、潮崎は北に同級生・段原らを殺害してもらうことを依頼したのだった。 潮崎は、病院のシステムをダウンした後、毒物を自ら飲んで潮崎に殺害された。 そして、北はみなみに逃亡を手伝ってもらったのだった。 みなみは、手助けする代わりに、北との結婚、そして殺害されることを望んだのだった。 5 右京は、北が潮崎刑事の顔を切り刻んだ理由を、「あなたは、美しい女性の顔を切り刻み続けてきた。 そして、潮崎さんは、女性になりたいと思いながらも、その思いを拒否され続けていた。 そんな潮崎さんの顔を切り刻むことは、美しい女性と認める行為だった」と説明する。 北は理解者の存在を喜ぶが、右京は「あなたを理解するのは、あなたしかいない。 誰もあなたなど理解しない」と叱責するのだった。 詳細なあらすじ 6人の女性を殺害し、顔を切り刻むことに執着した快楽殺人犯・北一幸 野間口徹 は、病院に入院していた。 北は、医師に「何人を切り刻んできましたか?」と訊ねる。 所轄の刑事2人が病院を見張っていたところ、病院が突如として停電になる。 しばらく予備電源に切り替わらず、田上刑事は拘束され、潮崎刑事は顔を切り刻まれて遺体となって発見された。 そして、北は病室から逃亡した。 杉下右京 水谷豊 、冠城亘 反町隆史 たちは捜査に加わる。 そんな中、伊丹憲一 川原和久 刑事に、北の弁護士・連城建彦 松尾諭 から連絡があった。 伊丹は、連城弁護士のもとへ向かうと、送られてきたという北のスマホを渡される。 伊丹刑事に渡すように、とのことだという。 スマホに着信があり、北からの電話だった。 「私にはやるべきことがある」と北は言う。 さらには「神にはユーモアがあります。 神が贈り物をくれました。 夢を叶えるチャンスをくれたんです」と言い、新たな被害者が出る可能性があった。 北は、矢島みゆきを殺害した生木という男にシンパシーを感じ、矢島の顔を切り刻み、自分の犯行に見せかけた。 そして、生木を逃亡させたのだという。 捜査本部は、かつて北が殺害対象者としてリストアップしていた女性67人の安否確認を急ぐ。 そんな中、伊丹宛に冷蔵庫が届けられた。 中には、顔を切り刻まれた女性の遺体が入っていた。 被害者は、有村みなみ 片山萌美 であり、北見の「リスト」に名前があった。 亘は、男性である潮崎刑事の顔を切り刻んだことに違和感を覚える。 そんな中、「誰かのために顔を切り刻む。 忘れがたき思い出になりました」という北の発言があったことから、北が誰かのために犯行を犯すことに興味を覚えているのではないか、と亘は考える。 有村の部屋には、有村自身が購入した2本の内、1本のフリージアが活けられていた。 そして、北の病室にもフリージアが活けられていた。 有村の部屋には、手紙が置かれており、「刑事被告人」のような人物とやりとりをしており、なおかつ結婚していないにもかからず結婚指輪をしていた。 連城弁護士には、アリバイがあった。 さらに、彼は「守秘義務」を盾に、北と連絡をとっていた人物や、その内容などを一切証言することはなかった。 田上刑事に、右京が事情を聞きに行く。 田上が席を外した瞬間、システムダウンが起きていた。 病院のPCにUSBが差され、ウィルスが侵入させられていた。 田上は、恋愛関係にある女性に電話をするため、席を外していたことが明らかになる。 再び北から伊丹に連絡がある。 「自分の可能性を自分で狭めてはいけない。 僕は自分のリストにとらわれ過ぎていたようです」と言う。 スマホのGPS追跡で、発信元は大戸町あたりであると判明する。 だが、スマホは他人のクルマの下に取り付けられていただけだった。 北は、バーでバーテンダーに扮して油断させ、向山真一という男性をスタンガンで気絶させる。 潮崎刑事の遺体から、アルカロイド系の毒物が検出される。 右京は、潮崎刑事が過去に自殺を図ったことがあり、自ら毒物を飲んだ可能性を指摘する。 母親に話を聞くと、潮崎刑事は女装癖があったという。 潮崎刑事は高校時代、段原という男性の同級生に失恋し、自殺を図ったのだった。 段原は、再び潮崎刑事の前に現れ、「本当はずっと好きだった」とウソをつき、その様子を撮影していた。 その動画を、二次会で上映したのだった。 潮崎には自殺願望や強い恨みがあり、一方、北は逃亡することを望んでいた。 2人の間になんらかの交渉が行われていたのではないか、と右京は考える。 北は、潮崎をからかった同級生2人を殺害していた。 そして、「美人が来ているぞ」と段原が誘い出されていた。 北は、段原を同じようにスタンガンで気絶させた。 その後、段原は拘束されていた。 北は、「あなたの犯した罪は、法律では裁けない。 私が裁いてあげましょう」と言い、まずナイフで足を刺した。 そんな中、同じく誘われていた段原の同僚のメールを見て、バーの住所を知った右京と亘が現れ、北を取り押さえたのだった。 潮崎は、北と話すようになり、その中で結婚式の二次会で酷い扱いを受けたことを明かした。 「初めて人を殺したい」と思うようになったという潮崎に、北は「君が手を下す必要はない。 私が殺してあげましょう」と言ったのだった。 北と潮崎は、一緒に逃亡の計画を練った。 潮崎は、田上刑事がいなくなった隙に病院のシステムをダウンさせた。 そして、潮崎は田上刑事を拘束した後、毒を飲んで北に殺害されたのだった。 北は、有村みなみと結婚していた。 有村は、「私の顔を切り刻んで欲しいとすら思う」と言っていたのだった。 北と潮崎は、有村を事件に巻き込んだ。 有村は、北との結婚を望み、段原らを呼び出す役目を負ったのだった。 そしてその後、「私の顔を切り刻んでください」と北に依頼したのだった。 右京は、毒を飲んだ潮崎を殺害し、顔を切り刻んだ理由を北に訊ねる。 北は、右京の推理を求める。 右京は、「あなたは、美しい女性の顔を切り刻み続けてきた。 そして、潮崎さんは、女性になりたいと思いながらも、その思いを拒否され続けていた。 そんな潮崎さんの顔を切り刻むことは、美しい女性と認める行為だった」と説明し、北は「神にはユーモアがある」と、理解してもらえたことを感謝する。 だが、右京は「あなたに神など存在しない!あなたを理解するのは、あなたしかいない。 誰もあなたなど理解しない」と叱責するのだった。 次話: 前話:.

次の