ヒプマイ 夢 小説 短 編集。 【ヒプノシスマイク】 Why don't you come My Division? 【短編集】

ねぇ、気付いてよ.:*:'【ヒプマイ】短編集

ヒプマイ 夢 小説 短 編集

夢主さんが隠れてラップをしていたら【F. その後 「A、めちゃくちゃラップ上手じゃん! 僕にも教えてよ〜!」 と子供の様に言って来ます。 元TDDにこんなこと言われてますよ!Aさん! 幻太郎 「ふむふむ…成る程…」 と影から見ています。 その後「らっぷばとる、しましょうか?」と ラップバトル仕掛けて来ます。 *ぽっせの ユメノォ…ゲンタロォ?が しょうぶをしかけてきた! で、倒されます。 「ふむ…未だ未だ練習が足りない様ですね… 余で良ければお相手、しますけど?」 うわー!!優しい死ぬ 帝統 「めっちゃうめーな!」 とズカズカ出てきて 「俺と練習しようぜ!」と 天使の笑顔で言ってきます。 主は死んだ。 寂雷 「…おや…?」 と暫く物陰で見ています。 練習が終わるとすっと出てきて 「とても上手だね。 」と褒めてくれます。 「私で良ければ練習の相手をするけど… いや、したいな。 どうだい?」 死ぬ!!!昇天!! 一二三 off 「わっ…!!じょ、上手…!!」 とこちらも物陰で見ています。 練習終わると 「凄く上手だった…!お、俺っちにも教えて!」 と目を輝かせて言って来ます。 死んだ。 独歩 「…!!わぁぁぁ、めちゃくちゃ上手…! 俺にもあんなフロウやリリックが出来たらな… でもこんな落ちこぼれの俺にはあんなの 出来ないし…」 と物陰で泣き出します。 「一緒に練習しよ?」と言うと 「…する」と言ってさっきとは 全然違うガチな感じで練習してくれます。 またリクエストをお願いしてもよろしいでしょうか?「夢主がストーカーに会い、泣きながら家に帰ってきたら」でお願い致します。 なんてこった。

次の

君と過ごしたい日々。【ヒプマイ 】【ヒプノシスマイク】【短編集】

ヒプマイ 夢 小説 短 編集

左馬刻の前まで行くと腕を引っ張られ左馬刻の上に座るような形になってしまった。 所謂対面座位ってやつ 「さま... んっ」 「耳感じるんだな」 左馬刻は耳の内側を優しい手つきで触る。 私がそれに反応すると少し目を細めて笑ったように見えた 「んっ... さまとき変」 「あぁ?」 「だって、、、優しぃ。。 」 左馬刻とは数えきれないくらい体を重ねているが、激しいのが多く優しくしてもらったのは最初だけでなんとなく懐かしい気分になる。 「そーゆう気分なだけだ、おら舌出せよ」 言われた通りにべっと舌を出すと左馬刻は舌を唇で挟んだり甘噛みした 「んっ... ふん、、、あっん」 我慢したくても滞りなく出る声に恥ずかしくなり目を閉じると左馬刻の熱い舌が侵入してきた 「んっ!! ん、、ふぅ... ん〜んんッ」 歯列をなぞられ、上顎をなぞられる度に声が出る。 左馬刻の遠慮のないキスに自分でも濡れてきてるのが分かった チュッとリップ音をたてて左馬刻が離れると2人の間に銀の糸がツーっとできた。 「腰揺れてたぞ、そんなに好きかァ?」 「だって、、、」 恥ずかしさで目を伏せていると ふっ と短い笑いが聞こえてきて左馬刻の手は私のブラのフォックを外していた 「まだまだこれからだって〜のになぁ」 服を捲られ顕になった2つの膨らみをやわやわと揉みだし、触られてもいないのに硬くなった蕾を左馬刻はピンッと指で弾いた 「んあっ!」 「これでも感じんのか、立派な変態だな」 左馬刻は満足気に笑い、私に見せつけるように人差し指と中指をいやらしく舐めた 「っつ...... 」 私は恥ずかしくて顔を背けた.

次の

#10 ヒプマイ×鬼滅の刃 微クロスオーバー 設定

ヒプマイ 夢 小説 短 編集

夢主さんが隠れてラップをしていたら【F. その後 「A、めちゃくちゃラップ上手じゃん! 僕にも教えてよ〜!」 と子供の様に言って来ます。 元TDDにこんなこと言われてますよ!Aさん! 幻太郎 「ふむふむ…成る程…」 と影から見ています。 その後「らっぷばとる、しましょうか?」と ラップバトル仕掛けて来ます。 *ぽっせの ユメノォ…ゲンタロォ?が しょうぶをしかけてきた! で、倒されます。 「ふむ…未だ未だ練習が足りない様ですね… 余で良ければお相手、しますけど?」 うわー!!優しい死ぬ 帝統 「めっちゃうめーな!」 とズカズカ出てきて 「俺と練習しようぜ!」と 天使の笑顔で言ってきます。 主は死んだ。 寂雷 「…おや…?」 と暫く物陰で見ています。 練習が終わるとすっと出てきて 「とても上手だね。 」と褒めてくれます。 「私で良ければ練習の相手をするけど… いや、したいな。 どうだい?」 死ぬ!!!昇天!! 一二三 off 「わっ…!!じょ、上手…!!」 とこちらも物陰で見ています。 練習終わると 「凄く上手だった…!お、俺っちにも教えて!」 と目を輝かせて言って来ます。 死んだ。 独歩 「…!!わぁぁぁ、めちゃくちゃ上手…! 俺にもあんなフロウやリリックが出来たらな… でもこんな落ちこぼれの俺にはあんなの 出来ないし…」 と物陰で泣き出します。 「一緒に練習しよ?」と言うと 「…する」と言ってさっきとは 全然違うガチな感じで練習してくれます。 またリクエストをお願いしてもよろしいでしょうか?「夢主がストーカーに会い、泣きながら家に帰ってきたら」でお願い致します。 なんてこった。

次の