スプレッド シート gas。 Googleスプレッドシートで別のスプレッドシートのセルを参照する方法

Googleスプレッドシートで最初に開くシートを指定する方法

スプレッド シート gas

GASの別のスプレッドシートコピーでやりたかったこと スプレッドシートA 自分のシート を開いたタイミングで、スプレッドシートBから内容をコピーして、スプレッドシートAに全内容を上書き。 AとBのスプレッドシートを、全く同じ状態にする。 参考にしたサイト 参考 上記サイトのコードをベースにして書きました。 getRange 1,1,lastRow,lastColumn. getRange 1,1,lastRow,lastColumn. 基本は、コメントアウトしてある説明のとおりです。 2行目の「ここにスプレッドシートキーを入力」• 5行目の「元データのシート名」• 6行目の「自分のシート名」 あとは、上記3点を各自の仕様に合わせて書き直せばOKかと思います。 あと、自分はスプレッドシート開いたタイミングで実行されて欲しかったので、function onOpen を使いました。 そこで、スプレッドシート上に配置したボタンを押したらコードが起動してコピペされるように書き換えました。 getRange 1,1,lastRow,lastColumn. getRange 1,1,lastRow,lastColumn. 関数名をonOpen からgetList に変更しただけです。 あとは、このコードを起動するボタンをスプレッドシート上に作ります。 なんでもよいですが、適当に四角でも書きます。 このようなボタンが出来上がります。 右クリックしてから、右上部分をクリックします。 スクリプト割り当てができますので、こちらをクリック。 先ほど書いた関数であるgetListを入力します。 これで完成です。 あとは、スプレッドシート上でボタンを左クリックすると、getListの関数が起動し、コピペが実行されます。 最後に スプレッドシートのimportrange関数では、元データの編集権限がないと実行できませんが、こちらの方法ならコピペなので実行できます。 clear ;」で全消しリフレッシュしてからコピペされるので、マスターデータの更新情報がその都度入ります。 つまりこれにより、AとBのスプレッドーシートの内容が全く同じになります。 (上書きだけだと、コピペ元のシートの内容が"少なくなっている"ような場合、バグる) ひたすら転記する作業に疲れた人とかも、使えるかもしれません。

次の

【 iPad × スプレッドシート 】GoogleスプレッドシートをiPadで使う方法解説します

スプレッド シート gas

Googleスプレッドシートを使って感じたこと まず使い方を解説する前に、使ってみた感想です。 率直な感想はアプリ版は 使いにくいということです。 1番ネックだったのが、外付けキーボードを使っているにも関わらず、 ショートカットキーが使えなかったということです。 追記: ショートカットキーが使えるようになりました! さらにオブジェクトが使えないのはなかなかのデメリットです。 オブジェクトを使いたい場合は iPadOSをインストールしたiPadのSafariからGoogleスプレッドシートを使うことをオススメします。 あと、エクセルにも言えることですが、印刷が不自由です。 この2点が特に気になりました。 では、今回はアプリのGoogleスプレッドシートを使ってみた流れを解説したいます。 Googleスプレッドシート使ってみた 1番最初の画面はこれ。  見た目はエクセルに近いので、親近感があります。 セルをタップすると登場する項目はこんな感じ。  一切文字がなくシンプルでわかりやすいタブになっています。 例えば、枠の線を入れるときもこんな感じ。 エクセルを使っている人にとっては抵抗が少ないと思います。  テキストについても配置やサイズ、色も思った通りに変更が可能です。  セルのサイズも、セルの端をタッチした状態でスライドさせれば自由にサイズを変えることができます。  オートフィル使用方法 良く使われるオートフィルについても可能です。 方法が特殊なので確認をお願いします。  こんな形でできます。 オートフィルとしての機能はありますが、実際使ってみると若干使いにくさを感じました。  数式の入力も問題なくできます。  表の数字を完成させました。  グラフ作成 表計算といえばグラフ。 ということで、この表をもとにグラフを作成します。  今回はこんな感じのグラフにしました。 Googleスプレッドシートはとにかくグラフが作りやすかったです。  全体のレイアウトを整えました。  印刷 最終的に印刷も必要になることもあると思います。 ただ、Googleスプレッドシートでの印刷、あきらめてください。 とにかくレイアウトが修正できません。 一応使い方をお伝えします。 右上の・・・をタップ。  「共有とエクスポート」をタップ。  その中に「印刷」があります。  GoogleのアプリではGoogleクラウドプリントがあるのですが、スプレッドシートの場合はどちらを使ってもそれほど違いはありません。  ちなみにGoogleクラウドプリントの画面です。 特別細かく設定はできなかったです。  結果的に横の設定もできず、印刷用のレイアウト設定はうまくできませんでした。

次の

GASでSpreadsheetを操作する自分的ベストプラクティス

スプレッド シート gas

適応したい文字列のあるセルを選択• ツールバーの「表示形式の詳細設定」アイコンをクリック• メニューにある「表示形式の詳細設定」 > 「カスタム数値形式」をクリック• TEXT関数で表示形式を設定する方法 日付の曜日表示に関連する質問 特定の曜日ごとに背景色を設定したい 土曜日、日曜日、祝日など、特定の曜日ごとに背景色を設定するには、カスタム数値形式を設定することで実現可能です。 土曜日、日曜日が交互に並んでいる場合は「」を参考下さい。 より複雑な背景色設定については、カスタム数値形式を設定する必要がありますが、少し複雑な内容のため、本記事での説明は割愛させて頂きます。 これはまさに本記事で解説している内容ですので、本記事を改めて読み返して下さい。 日付の曜日を設定するための書式一覧を知りたい 「」を参考下さい。 日付の曜日を連続で表示したい まずは一つ曜日表示した日付を入力します。 同じセル内に日付と曜日を表示したい まさに本記事で解説している内容と思いますので、本記事を参考に設定下さい。 逆に別々のセルに日付と曜日を分けたい場合は、一方のセルに日付だけを入力し、他方のセルでそのセルを参照すればOKです。

次の