膝 に 水 が たまる 理由。 膝に水がたまるあなたへ】注射器で抜かずに自然に引かせる方法|箕面・整体院リプレ

膝に水がたまる症状の原因・治療法の解説

膝 に 水 が たまる 理由

膝に水がたまる症状の原因は現在医学的に完全に解明されているわけではありません。 しかし、統計的データからある程度の法則性については既に確認されており、その治療方法も確立しつつあります。 膝がぽっこりふくれてしまった場合、この関節液が大量に膝の関節に発生している事になります。 しかし、様々な症状の傾向から、その原因として考えるものを大きく3つに大別する事ができます。 その為、関節液内の成分分析を行い障害の発症原因である病名を探る事が「膝に水が溜まる症状」についての根本 的な治療の第1歩となります。 但し、ここで注意したい点は、関節内の症状を改善しない限り関節液は再度、大量に発生しはじめる傾向にあるという点です。 関節内に異物が存在していたりすると炎症は慢性的に続きます。 ですから、まずは炎症を抑制させる事を先決に行い、それでも溜まってしまった関節液だけは取り除きながら治療を行っていく事が根本的な治療法法となります。 膝に水がたまる際、その膝の内部の水の正体は関節液です。 この関節液の主成分はヒアルロン酸で構成されております。 ですから、この主成分を直接関節内に注射をする事で正常な関節液を確保する事がヒアルロン酸注射の目的と言えます。 しかし、ヒアルロン酸注射は確かに効果は高いものの万能ではありません。 障害が発症しているケースでは関節内に炎症を起こしているケースが大半です。 そして軟骨が磨り減ることによって骨と骨が直接ぶつかり痛みが激痛が生じるようになります。 以前は、この対策として強力な抗炎症作用と鎮痛の働きをもつステロイド剤が利用されておりました。 しかし、ステロイド剤は効果は絶大ながら、副作用として感染症をおこす事があり、この副作用が課題点とされておりました。 このような経過を辿る中、近年ヒアルロン酸の関節内注射が注目を集めるようになりました。 このヒアルロン酸とは「関節内にある関節液」そのものの主成分です。 加齢と共に減少してしまう関節液を、その主成分であるヒアルロン酸を直接補充する事によって悪化を防止する。 この目的で注目を集めるようになったのです。 しかし、このヒアルロン酸の関節内注射は、股関節に関しての関節注射の場合は保険が適用となりません。 ただし変形性膝関節症や肩関節の他の関節障害の場合は保険適用の対象となります。 これは非常におかしな話です。 尚、最近では、服用タイプのヒアルロン酸も数多く登場しております。 これらサプリメントタイプでもヒアルロン酸の効果は十分期待できます。 尚、サプリメントタイプを選ぶ際のポイントは分量に対する価格、そしてサプリメントの体内への吸収率です。

次の

膝(ひざ)に水がたまる病気、けが

膝 に 水 が たまる 理由

膝の水は抜くべきものでしょうか?健康なひざには必ず水が存在します。 膝の関節に栄養をおくり、潤滑油の働きもあるので必要なものなのです。 水がたまるのは膝の炎症があるかぎり水がたまり続けます。 炎症が起きる原因は、 ・膝関節のねじれ ・外傷 ・筋力低下(加齢や運動不足) ・膝の使いすぎ ・関節の病気 ・膝をつく動作によるものがあります。 今回は日常生活での使い方が原因で水がたまった場合のセルフケアをお伝えします。 なぜ膝に水がたまるのか?原因を考える ケガなどの外傷は、別として、膝に炎症があると関節周囲が腫れてきます。 この腫れは、関節は袋状の関節包(かんせつほう)で包まれていてその中に関節の水が満たされていて、栄養を関節に与え、老廃物を排出する流れがあるのです。 関節が腫れると出口が狭くなりることで膝に水がたまるので、原因から考えると膝に水がたまる原因というのは、炎症が起きた原因のことなのです。 膝に水がたまることでおこる症状 水がたまると腫れてきます。 初期はブヨブヨしていますが沢山水がたまると腫れもおおきくなり、皮ふが引っ張られシワがなくなり、光沢が出ることもあります。 元々が膝かんせつに炎症があるので動かすと痛み、悪化するとじっとしていっても疼くこともあります。 長期間放置すると、かんせつを動かさなくなることにより、水が老廃物を捨て、関節に栄養を充分に与えられなくなるので、関節軟骨や半月板がささくれたり、もろくなったりしますので様子を診るのは24時間程度にして早めの施術が症状を早く楽にします。 膝のねじれで水がたまる場合 太ももの骨(大腿骨:だいたいこつ)とすねの骨(脛骨:けいこつ)がまっすぐでも、スネの骨が外側に向いてねじれて(回転している)ことが多いです。 ねじったまま膝の曲げ伸ばし、走る、階段の昇り降りをすれば、膝に炎症をおこしやすく、水も溜まりやすいです。 矯正とマッサージなどで筋肉バランスでを整えて関節の位置を調整します。 加齢・運動不足による筋力低下 体を支える筋力の低下で膝が伸びない、内股、ガニ股など本来は関節に体重がかからない場所に圧力がかかることで膝に炎症が起きることがあります。 急激な腫れやあ痛みではなく、長期間に少しづつ変わってくるので、痛くなってから気がつくことが多いです。 関節の位置を調整した上で筋トレをおこないます。 スポーツ・仕事での使いすぎ 膝を曲げたまま物を持ち上げたり、曲げ伸ばしの動きが大きい動きを続けていると、膝に炎症を起こします。 運動や仕事の直後では、体が火照っているので関節の熱なのかわかりにくいので、体をクールダウンしてから、関節に触れると痛みと熱感がわかりやすいです。 関節の病気 関節リウマチや感染症で関節が熱を持つことがあります。 概ね全身症状もあるので、体温の変化、施術しても悪化する、使っていない関節の痛みも出るようでしたら、病院で検査するようにしましょう。 また年齢的に関節軟骨の減少、半月板の破損で痛みと炎症が出ることがあります。 膝をつく動作 室内で離れたところのものを取る時膝をついて物を取ったりしていませんか?この動作は膝を直接圧迫することになるので、繰り返しおこなうと膝を傷めます。 元々関節の変形などあれば悪化させるので立ち座りの動作がいたくても、立ち上がった方が膝の痛みが少なくなります。 膝に水がたまったときの対処法 あるいていて2時間ほどで膝に水がたまった患者さんの施術をおこなって事例もあるので、ケガを指定なくても急に水がたまることがあるのでいざという時のために役立つ応急処置から慢性痛をやらわげる対処法を紹介します。 膝を使わない(安静にしてください) 外出時なら必要最小限の動きになるようにしてください。 できれば乗り物を使って動かなくてお大丈夫な環境へいどうしてください。 自宅なら、極力使わないことが、早く楽になるちかみちです。 階段は昇る時よりも降りる方が負担になりますのでどうしてもというときは、横から痛い方をおろしながら降りるようにしてください。 痛みでからだが支えられす階段からてんらくしないためです。 サポーターで膝を動かさない 体を動かさないことは先に述べませていただきましたが、関節自体の動きも最小限にしてください。 湿布よりも体を動かさない事、膝をサポーターで安静にするほうが早く痛みや腫れが引きますので、部屋の中で湿布を探すよりもまずは安静にしてください。 ケガと関節の病気があれば病院で水を抜く ケガをした場合は、関節内に血液が混ざることもあります。 血液は固まりやすく酸化しやいことから、ケガの後で水がた場合は病院で水を抜いてもらいましょう。 関節の病気の時は、感染症の症状もあるので、病気の状態をチェックながら管理したほうがよいのです。 膝の水がたまっても病院で抜くほどでも場合の対処法 軽い炎症や、炎症が治りかけのときも水はたまりがちです。 関節包に水があること自体で関節クッションの役目になるので、抜けるから水を抜くと言うのは個人的には賛成できません。 HPへの質問で、若干水がたまっているのを認めても、水を抜かない。 でも腫れが気になるという質問をいただきました。 しっかり患者さんの状態を診ておられる医師の考え方に僕も賛成です。 少しだけ水がたまったときの改善法とは 膝の腫れ(水)に対する質問 Q. 膝に水が溜まった事につきましてご相談致します。 ふとした時に、膝がブヨブヨして 膨れているのに気づき、痛みはまったくありませんでしたが病院に行きました。 少量の水がたまっているとの事、水を抜いても抜かなくても、の程度との事でしたので 抜かず、何も処置はしていません。 1週間ほど前の出来事です ブヨブヨしている所は熱をもっている様子はありませんが、 水がたまる原因は炎症らしいので 時々湿布したりしています。 それが良いのか悪いのかがわかっていません。 今も痛みはまったくありませんし、腫れた状態も気づいた時と変わっておりません。 水がなくなり腫れが引く事はないのでしょうか。 自分でできる対処法がありましたら 教えていただけませんでしょうか。 宜しくお願い致します。 動画 セルフケア膝の水の抜き方 文字だけではわかりづらいので動画でお答えします。 当院では、関節にたまった水を体に戻します 当院の手技療法では、関節の水を抜かずに体に吸収させることを考えます。 水がたまる原因が関節の炎症なので、炎症を抑える施術をおこなった後、関節の水を戻します。 関節を安定させるために、包帯で日常動作ができる程度の固定をおこないます。 水を体に戻す方法 太もも側にある関節包(かんせつほう)の弾力で体への吸収を助けるので、膝のすね側から、ふとももの方に水をあつめて包帯で固定するだけなので痛みを伴うことなくせじゅつをおこなっています。 包帯をしたまま軽く動かすことで、関節の水の吸収をそくしんしています。 なぜ体に水を戻すのか? 元々関節内にあるので悪いものではありません。 できれば老廃物を球種させた状態で体に戻し、関節に栄養を与えて欲しいので体に戻します。 手技で水の流れつくり、包帯固定で安定して球種扠せ続けます。 体の動きこそ、本来の水の抜き方になるので、歪みや関節のズレを調整しつつ水の再吸収をおこなうのです。 運動で関節を治す 痛みや炎症がある時は安静にして動かさないのが鉄則ですが、痛みがない範囲であれば動かさないと関節のなかにある半月板や軟骨が壊れやすくなります。 その理由が圧力と減圧で新陳代謝を行っているからです。 ですから、最小限の運動は痛いときにもおこなうべきだと考えます。 そのサポートをしながら水を吸収させるので、体に備わっている自然治癒力をサポートしているのです。 まとめ ・水がたまる原因派、関節の炎症 ・水を抜いたから炎症がおさまるわけではない ・膝の水は体に必要なもので、膝のクッションにもなるので抜きすぎると関節をいためる。 ・ケガや関節の病気があるときは、体調をみながら水を抜くのも1つの解決法 ・痛みがある時は湿布よりも安静・サポーター 編集後記 膝に水がたまるよりも痛みの方が先に感じることが多いですが、質問された方は、おそらく筋力低下で少しづつ関節に炎症が起きてしまい気がついたときには、水が溜まっていたのだと考えられます。 膝が痛い患者さんに「運動とかスポーツは何をすればよいですか?」と、よく質問されますがチョット待ってください。 痛みや腫れがひいいてからにしてくださいと、お願いしています。 膝の施術をお考えあなたへ 当院では、膝の痛みの原因を筋肉バランスでととのえ、慢性的に痛みがある方に対しては、体質から整える施術をおこなっています。 症状の重症度に合わせて施術をおこなうことで、1分でも早く日常生活やスポーツの復帰をサポートしています。 施術をお考えの方はをご利用になることで、健康管理を任せられるか判断できますので是非ご利用ください。 さいごまで読んでいただきありがとうございました。 波鍼灸整体院 梨本光久.

次の

膝に水がたまる原因【膝に水がたまる症状の原因・治療法】

膝 に 水 が たまる 理由

「動くと膝が痛い…今日も病院に行って注射で水を抜いてもらおう」と、膝が痛い時に毎回の様に膝の水を抜いてもらっていませんか? ずっと前から現在に至るまで膝の悩みと闘っていて、膝の痛みで何をするにもおっくうになっているかたって多いんですね。 そもそも、膝に水がたまる原因や、膝が痛い時に溜まってくる水の正体はご存じですか? 膝に痛みがある方の多くは1度くらい膝の水を抜いた経験があるのではないでしょうか。 注射で水を抜かれた際に、結構な量の水が抜けていて驚く方も多いみたいです。 この膝の水って一体何者か気になりませんか? 今回は「膝にたまる水の正体」「膝に水がたまった時の良い対処法とやってはいけない対処法」についてお伝えしていきます。 このページを最後まで読むことで ・なぜ膝に水がたまるのか? ・そもそもの水と呼ばれるものの正体は何なのか? ・膝に水がたまったらどう対処すれば良いのか? ・やってはいけない注意点は何か? が理解できますのでぜひ最後までお読みください。 今回ご紹介する内容は、実際に膝痛治療のプロが現場で患者さんにお伝えしている内容であり、膝に水がたまった方が病院に行って陥りやすい事例なので読んで損はありませんので、今のあなたの現状と照らし合わせてくださいね。 膝に水がたまる「水」とは一体なに? まず、膝の内部に溜まっている水の正体ですが、医学的な正式名称では「関節液」と呼ばれる液体の事を指します。 膝だけではないのですが、身体の関節と呼ばれる周りには「滑液包 かつえきほう 」と呼ばれる関節の水を作る場所があります。 その滑液包が膝関節の周りには8~12か所ほど存在すると呼ばれており、そこから過剰に関節液が作られます。 膝に痛みが出た際に、膝の上のほうがぽっこりふくれてしまった場合、この関節液が大量に膝の関節に発生している事になります。 膝に水がたまると膝の上がブヨブヨする! 現在あなたの膝のお皿の上辺りはブヨブヨしていませんか? 膝に水がたまる状態は、滑液包に過剰に関節液がつくられる状態ですので膝の周りがブヨブヨとしてきます。 むくみとは違いますし、まさに水がたまっているような感覚です。 この状態でしゃがんだり、膝を曲げる動作をすると膝上の太もも周りに突っ張る感じの違和感を感じてしまいます。 膝関節の中に存在する「関節液」とはなにか? 「関節液」とは関節を包んでいる関節包の内部に存在している液体です。 主な働きは以下に挙げる役割です。 関節の動きをスムーズにする潤滑剤の様な働き• 骨の先端の軟骨部分に栄養を与える働き 関節液は通常時では約2~3ccの量となっておりますが、何らかの原因で関節内に炎症が発生して、この関節液が大量に発生する事によって膝に水がたまる症状が発症する事になるのです。 統計的データから、ある程度は膝に炎症を起こす法則性については既に確認されており、その治療方法も確立しつつあります。 なぜ膝に水がたまるのか? 膝の水については理解できたと思いますが、それではなぜ膝に水がたまるのでしょうか? それには複数理由がありますが、以下に挙げる三つが主な原因になります。 捻挫などのケガによる膝関節内の炎症• 膝の曲げ伸ばしの繰り返しによる悪化• 歩行や繰り返しの動作による筋肉の使い過ぎ 上記に記載したものが原因の95%を占めます。 捻挫などのケガによる膝関節内の炎症は、何かの動作をする瞬間や、膝を思いっきり捻ってしまった際に膝関節を痛めて炎症を起こしてしまいます。 膝の曲げ伸ばしの繰り返しによる悪化は、仕事や趣味で何度もしゃがんだり立ったりを繰り返す場合に、膝関節に負担がかかって炎症が起こってしまいます。 歩行や繰り返しの動作による筋肉の使い過ぎは、長時間の歩行や、何度も同じ動作をしていた場合に筋肉に負担がかかり過ぎて膝を痛めてしまうもの。 このように人によって膝の痛みの原因は異なります。 この原因を明確にすることで膝に水がたまり、ずっと治らずに悩み続けなければいけないと言う負のループから解放されるんです。 そのために、膝だけでなく全体のバランスから膝の痛みの原因を探ることが必要になります。 膝に水がたまった時の良い対処法 ここまで、膝に水がたまる原因は理解できたと思いますが、どうやって対処すればよいのかをお伝えしていきます。 膝に水がたまった時の対処法は良い対処法ばかりでなく、 実は悪化させてしまっている対処法を知らず知らずのうちに行なっていることがありますので、決して間違った対処法をしないように覚えておきましょう。 対処法その1、アイシングで膝の炎症を抑える 膝に水がたまる状態というのは、膝関節内に炎症を起こしている状態がほとんどです。 炎症を起こしている場合は熱っぽくなっている状態のため、アイシングで膝の炎症を抑えることが重要になります。 できれば冷凍しても柔らかい状態を保つジェル状のものにしましょう。 アイシングは膝の関節を覆うように10分~20分間冷やします。 再度アイシングをする場合は最低でも3時間以上は時間をあけましょう。 決して長時間冷やしすぎたり、何度も時間を空けずに冷やすのは逆に回復力の低下につながるので注意しましょう。 アイシングは適正な時間を行なえば良い対処法となります。 対処法その2、病院で注射を打つ よく整形外科や病院に行くと選択される治療法は注射で「水を抜く」ことです。 注射を打つこと自体は悪い行為ではなく、水を抜くことで膝にかかる圧迫力が減少するため痛みは減ります。 この水を抜く対処法ですが、「膝の水を抜くと癖になる」って噂を聞いたことがあると思いますが 実際は違います。 膝関節内に炎症が発生することで水をつくってしまってしまいますが、水を作る根本原因である炎症を抑えずに、水だけを注射で減らすために、根本原因は解決していないので炎症が残ってしまい、身体は良かれと思い繰り返し水をつくり続けます。 もちろん膝に溜まった水を抜く治療はとても効果的であり、特に以下に挙げる状態であれば注射で水を抜くことで楽になります。 痛みが強い場合• 膝関節の曲げ伸ばしが全然できない場合• 歩くのもやっとな場合 上記の状態であれば症状が強いため、水を抜くことで一時的に症状が改善する可能性があります。 そもそも、関節液が大量に発生している症状になっている時点で、関節に何らかの障害が発生して炎症が強い状態であるのは間違いありません。 この関節液は関節液内に何らかの成分が発生する 血液なども 事から大量に分泌されるので、このような状態の場合は本来の潤滑液としての成分から、別の成分に変化している可能性が高いです。 そのような時は注射で膝の水を抜くだけでなく、サポーターで膝関節を圧迫して水を引かせるように促して悪化を防ぎましょう。 また、注射で水を抜いても、サポーターをしていても過度な運動や膝の曲げ伸ばしをすると膝は悪化してしまいますので根本原因である負担をかける習慣を避けるようにしましょう。 原因が明確になっていないといくら水を抜いても、症状を繰り返してしまいます。 「膝に炎症が起きているから腫れている!だから水を抜く」 ではなく 「膝に炎症が起きた原因は〇〇だから、そこをしっかり治していけばまた水がたまるのが防げるね」 この考えた方が現在の膝痛治療には足りていないと日々思っております・・ まとめますと、注射で水を抜く治療は、その後の生活に気をつければ良い対処法になります。 また、サポーターで圧迫することで、より早く膝にたまる水を改善することができます。 注意!膝に水がたまっている状態でやってはいけない対処法 膝に水がたまっている時に良かれと思って行なっている対処法の中には、実は悪化させてしまうこともあります。 ここでは、病院などで最も言われることが多く、しかし、実際は悪化させてしまう対処法についてご説明していきます。 筋力トレーニングをする よく病院や接骨院では「筋肉がなくなっているから筋力トレーニングをしなさい」と指導されることがありますが、 実際は筋力トレーニングをすると逆効果になることが多いんです。 膝関節に水がたまっている状態では、関節内で炎症を起こしているためトレーニングをすると必要以上に負荷がかかってしまいます。 そのため、良かれと思ったトレーニングで 逆に膝を悪化させてしまうことがあるので膝に水がたまっている状態でのトレーニングはやめましょう。 また、トレーニングまでいかなくても、ウォーキングなども膝への負担になるので水がたまった状態での運動は避けましょう。 膝に水がたまった状態での筋力トレーニングや運動は悪い対処法となりますので避けましょう。 ここまで、良い対処法と悪い対処法をお伝えしてきましたが、あなたの通っている医療機関はどんなことをされていますか? ・太ももの筋トレ ・運動不足だから歩きなさい ・水を抜くだけ ・薬や湿布のみ 実際に当院に来院されている膝に悩んでいる方の多くは、上記に記載した内容の治療やリハビリをしていても治らずに、どうしようもなくなって当院に来院されています。 あなたも同じような状況なら、早急に正しい対処法に変えなければなりませんね。 《動画内容》 0:00~2:12 膝について、膝に水がたまる原因について 2:13~ 膝の良い対処法・悪い対処法について 最後に 膝の痛みでお悩み方はたくさんいますが、実際に膝の痛みや水が溜まる原因を理解していなくて、ずっと苦しんでいる方が多くいらっしゃいます。 野々市市のハレバランス整体院には膝の痛みを抱えた方が多くいらっしゃいます。 その多くの方々は以下のような悩みを抱えていました ・膝の筋トレをしても痛みが良くならない ・もう手術するしかないと諦めていた ・整形外科で注射を打っているが3日で戻ってしまう ・運動不足が原因と言われ、毎朝痛みを我慢して歩いている 医療機関に受診した結果、上記のようなリハビリや治療を受けているのにもかかわらず「全く痛みが改善しない」これが今の現実です。 医者から言われたことを試しても治らずに 「この痛みは一生続くのか」と諦めている人がたくさんいるのです。 このままでいいわけがない この状況をどうにかしなければいけない。 その強い想いで私は技術・知識を磨き続けてきました。 現在【野々市市ハレバランス整体院】に通われている膝痛の方からは ・なんで筋トレしていないのに痛みがなくなるの!? ・自転車が乗れるようになりました ・ここにきて生活の幅が広がりました ・あんなにパンパンだった膝が今ではスッキリしています など嬉しい声をたくさんいただいています^^ あなたもこのページをお読みになって、 あ、私も当てはまるかも・・と少しでも思うようであれば、これをきっかけに膝の痛みから快方されませんか? 一人で悩まないでください。 「カラダのストレスのない生活・お仕事」へ必ず当院が導きます^^ ご気軽にご相談ください。

次の