マイル旅行券 荷物。 失敗しないマイレージプログラムの選び方!この航空会社でマイルを貯めるのがおすすめ

ANA特典航空券裏ワザ!2.3万マイルで3カ国周遊+1万マイルでビジネスクラス3回乗る方法

マイル旅行券 荷物

先日、デルタ航空のマイルで特典航空券を予約したところ、二重予約となり深夜に泣きそうになりました。 同様の被害者を減らすためにも、こちらに記録を残しておくことにします。 デルタ航空のマイルの使い道 既にご存知の方も多いかと思いますが、デルタ航空とアメックスの提携クレジットカードに関して、最近重大な発表がありました。 今後デルタ航空のマイレージプログラム「スカイマイル」におけるメダリオン会員資格(上級会員資格)が自動付帯ではなくなるということで、かなりと改悪となります。 何分年会費の高いカードですから、私はこれを機に自身が所有する「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の解約を決断しました。 ただ、それなりにマイルが貯まっていますから、せっかくなら上級会員のうちにマイルを消費してしまおうと考えたのです。 デルタ航空のマイルの使い道としては、基本的には以下の3つです。 通常の特典航空券• スカイマーク国内線特典航空券• JTB国内旅行券 1つ目はごく一般的な特典航空券のことで、デルタ航空及びスカイチーム加盟航空会社の便が利用可能です。 搭乗者は誰でもOKな点が全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)とは大きく異なります。 2つ目なのですが、スカイマークの国内線特典航空券に交換することも可能です。 搭乗者は誰でもOKですし、羽田-千歳や羽田-那覇の往復で20,000マイルと、比較的必要マイル数が低く設定されている点が嬉しいです。 ただ、 予約後の変更やキャンセルは不可となっている点に要注意です。 その他に第3の選択肢として、JTBの国内旅行券に「1マイル=1円、10,000マイル単位」で交換することもできます。 ただ、私が調べた情報によると、 有効期限は申し込み日から6か月間で、申し込みから届くまでに4〜6週間かかるそうですから要注意です。 お得な使い道 私もデルタ航空のマイルをどう消費すべきか迷ったのですが、やはり普通の特典航空券に交換するのが一番だと思います。 他の2つの選択肢は制約が強過ぎますし、国際線の特典航空券として消費すれば、1マイルの価値を1円よりも高くすることが容易です。 国際線の特典航空券に交換する場合、ANAやJAL同様、1年先までの期間の中から日程を選ぶことができます。 搭乗者は本当に誰でもOKで、家族に限らず恋人や友人の分の発券も可能ですから、このメリットをうまく活用するのも賢い使い方と言えるのではないでしょうか。 なお、税金やサーチャージに関しては現金での支払いが必要になります。 予約の変更は150米ドル支払うことによって可能であり、150米ドル支払うことによって予約自体をキャンセルし、全マイルをアカウントに戻してもらうことも可能です。 この「変更するのに150米ドル必要」という点がはっきり言って痛いですね。 ANAなんかだと日程の変更は無料ですからね。 キャンセルに関しても、ANAなら3,000マイルで済むのにデルタ航空だと現金で150米ドルですから、変更及びキャンセルに関しては厳しめのルールになっています。 予約時の注意事項 ここからが今回の本題なのですが、デルタ航空の予約の際には気をつけるべきことがあります。 結論から言ってしまうと、特典航空券はデルタ航空の公式ホームページ上や各種アプリで予約することができるのですが、特に公式サイトのシステムにちょっと問題があるというか、明らかに改善の余地があるのです。 私はスマホのアプリの方では試していないので、以下あくまで公式ホームページ上での予約についてです。 まず、タイムアウトの基準が厳しめなのか、通信回線が遅く読み込みに時間がかかっていると結構簡単にタイムアウトになります。 なので、仏の心で辛抱強く何度もトライしましょう(笑) 次に、予約の過程で「当該予約をキープ」するようなシステムになってはいないようなので、予約手続き中に他の人にその航空券を取られてしまうと、手続きの最終段階、決済のところでエラーが出ることがあります。 あとは、これは笑えない話なのですが、決済が済んで予約完了!と思いきや、エラーっぽい画面が出ることがあります。 正確に言うと、私の場合はエラー表示と共に画面が固まって操作ができない状態になりました。 私はてっきり予約はできていないものと思い、再度予約をし、今度は成功したためマイルの残高をチェックしてみたところ、、、明らかにおかしい。 もしや、、、と思い予約済みの旅程をチェックしてみると、なんと全く同じ予約が2つ! 冗談抜きに眩暈がしました。 2席確保する場合でもさすがにこんな予約の仕方はしないでしょうし、同じ人間が全く同じ旅程で2つの予約をすることなんて本来あり得ないわけです。 体は1つしかないわけですから。 でも、どうやらデルタ航空のシステムにはそういった部分をチェックする機能がないようです。 ということで、予約の最終段階でエラーが出た場合は、すぐに再度の予約に取り掛からず、まずは「本当に予約は完了しなかったのか?」をチェックすることを強くお勧めします。 私のケースのように「絶対にできていないと思ったら実は予約が完了していた」なんてことがあるかもしれません。 トラプル遭遇時の対処法 さて、それでは私のようにトラブった場合にどうすれば良いのか?という話ですが、もちろん直接電話で問い合わせるのが一番です。 予約後すぐならオンラインで予約のキャンセルができるかも、、、と思ってすぐさま試してみたのですが、やはり150米ドルの支払いが必要なようだったので諦めて電話で問い合わせることにしました。 しかしながら、私が今回のトラブルに遭遇したのは22時頃。 デルタ航空のデスクが20時までしか問い合わせを受け付けていないことを知り再度の絶望。 と思いきや、最終的に何とか問い合わせることができたので以下その方法をご紹介します。 まず、デルタ航空の公式ホームページにアクセスします。 右上にある「お問い合せ」を選択。 中央にある「お電話はこちら」を選択。 するとこんな画面が出てきます。 もちろん営業時間内ならこちらの番号にかければ良いわけですが、そうでない場合は「全ての電話番号を表示」を選択してみましょう。 こんな画面が表示されるので、一番下の「各国語によるサポート」を選択。 このような表示に辿り着くはずなので、「日本語」と書いてある下の番号にかければOKです。 韓国語や中国語といった表示もあるので躊躇ってしまうかもしれませんが、かけると真っ先に日本語のアナウンスがあり、オペレーターとはもちろん日本語でコミュニケーションが取れますから全く問題ないはずです。 ANAのデスクなんかと同じで、日本時間の深夜帯はアメリカ側で対応してもらえるわけです。 直接国際電話をかけると通話料が高いので、Skypeなんかを利用することをお勧めします。 国や地域を選ぶところで「アメリカ」を選択し、あとは上の画像に表示されている番号を打ち込むだけです。 実際に電話をかけるとすぐにつながり、二重予約になってしまった旨伝えると、その場ですぐにそのうちの1つをキャンセルしてくれました。 マイルを戻すには少しだけ時間がかかるとのことでしたが、20分か30分後くらいにはしっかり戻っていました。 後日クレジットカードの請求を確認してみたところ、税金及びサーチャージ分がしっかりとマイナス表記で戻されていることが確認でき一安心。 一時はどうなることかと思いましたが、満足いく対応をしてもらえたので良かったです。 まとめ ということで、デルタ航空のマイルを利用した特典航空券予約には若干クセがあるというか、公式ホームページ及びそのシステムに若干不安定な部分がある気がします。 ですから、予約状況なんかをよく確認しつつ、慎重に予約をする必要があるのかなと。 ただ、デルタ航空のカスタマーサービス自体はしっかりしていると思いますので、困った際には躊躇わずに電話をかければよいと思います。 日本の会社ではありませんが、日本語でしっかりとコミュニケーションがとれる体制が整っているようです。 ちなみに、今回私が予約したのは一時帰国用の中国東方航空の北京-東京便。 必要マイル数はエコノミークラスの場合で35,000マイル。 税金及びサーチャージ分で別途15,000円程度かかりました。 ANAのエコノミークラス特典航空券であれば、レギュラーシーズンで20,000マイル。 税金及びサーチャージで大体10,000円くらいですから、やはりデルタ航空のマイル単価はANAのそれに比べるとだいぶ安いですね。 ただ、北京便はビジネス需要が旺盛なせいかシンガポール等のより遠方へのフライトよりもチケットは高いことが多いです。 往復で6万円台後半くらいであることが多いので、1マイルの価値としては「1マイル=1. 5円」くらいでしょうか。 1円よりは高いわけですが、可能であれば、やはり中長距離のビジネスクラス特典航空券として消費するのが一番でしょうね。 スカイチーム所属の中国の民間航空会社である中国東方航空を利用するのは今回が初めてなので、搭乗後には当ブログ上で搭乗レポートをアップしたいなと思っています。 とまあそんなこんなで、兎にも角にも当記事が今後デルタ航空のマイルで特典航空券の予約をされる方の参考になれば幸いです。 superflyer2015.

次の

デルタ航空マイル(スカイマイル)の使い道はこれ!スイートルームに9000円で宿泊した話

マイル旅行券 荷物

マイルを利用して、デルタ航空と提携航空会社で世界各地の1,000以上の就航都市へのご旅行をお楽しみください。 ご自身や、他の方のために特典旅行を予約しましょう。 ご自身がご一緒でない場合でもご予約いただけます。 デルタ航空のフライトにはブラックアウトデイトの適用はありません。 Delta. comまたはFly Delta アプリで「 予約する」を選択します。 Delta. comでは「マイルでショッピング」、Fly Delta アプリでは「料金をマイルで表示」のチェックボックスを選択します。 ご希望のフライト情報を入力して、「フライトを検索」を選択します。 デルタ航空のフレキシブルな特典カレンダーに、指定された旅行日の必要最低マイル数が表示されます。 フライトを選択してご購入を完了すれば、あとはご出発日を待つだけです。 特典旅行を最大限にご活用いただくために:• マイルを利用したお得な特典航空券を見つける方法をご紹介します。 をひとまとめにして、探しやすくいたしました。 週末の小旅行でも世界周遊でも、デルタ航空では随時新しい路線の割引運賃を掲載した最新のリストを公開しています。 旅先がまだお決まりでないお客様は、新しい旅行プランニングツールであるの SkyMilesLifeをご参照ください。 実際のスカイマイル会員の体験をご覧になり、次回の冒険のヒントを得ましょう。 マイルを利用する方法をご紹介します。 マイルはデルタ航空、デルタ・コネクション航空会社(コンパス航空、エンデバー航空、ゴージェット・エアラインズ、リパブリック航空、スカイウェスト)および30以上の提携航空会社でのご旅行にご利用いただけます。。 往復航空券をお探しの場合は、往路と復路で異なるご搭乗クラスをご予約いただけます。 目的地までのご旅行をデルタ・コンフォートプラスでおくつろぎいただき、お帰りの際はデルタ・ワンでリフレッシュして旅の疲れを癒しながら空の旅をご満喫になるなど、お好きなスタイルでご旅行をお楽しみください。 特典航空券は出発予定時刻の72時間前までに再発券される必要があります。 旅程の一番最初のご予約便出発の 72 時間前を過ぎてからキャンセルまたは変更された特典航空券はマイルの返却はいたしかねます。 ご出発72時間前を過ぎてからご予約いただいた特典航空券の払い戻し、マイル返却、および予約変更はできません。 現地の法律によって禁止されている場合、この限りではありません。 1ダイヤモンドまたはプラチナ メダリオン会員のスカイマイル会員口座からマイルを利用した特典航空券については免除されます。 2料金は国によって異なります。 手数料はヨーロッパの一部の国で発券された航空券にのみ適用されます。 また、直接発券の国際手数料は、お申し出により免除される場合があります。 その他の出発国については手数料が免除されます。 3ベーシックエコノミー(E)運賃では、メダリオン会員資格や他のエリートステータスに関わらず、搭乗日当日の時間変更や搭乗日当日の空席待ちをご利用いただくことはできません。 搭乗日当日の空席待ちおよび搭乗日当日の時間変更は受付数に限りがございます。 また、ご利用は国内線のみとなります。 ご利用規約: スカイマイル会員口座には、特典航空券のご購入に十分なマイルがある必要があります。 特典旅行のご予約はすべてフライトの空席状況に応じて承ります。 また、諸税や手数料がかかることがあります。 詳細はをご覧ください。 特典旅行のご予約は、座席数の制限による制約を受けることがあります。 また、経路規定やその他の制限によっては、特典旅行ご利用の際により多くのマイル数が必要になる場合もあります。 規定に対する例外によって、追加のマイルや税金および手数料が必要となる場合があります。 上記の地域内のすべての目的地への旅行は、最低価格ではご利用いただけないことがあります。 上記 地域内のすべての国でデルタ航空および/または提携航空会社が運航している訳ではありません。 特典旅行にかかる税金および手数料はお客様のご負担となり、航空券発券の際にお支払いいただく必要があります。 税金、手数料、その他政府や空港が課す施設使用料などは、特典をご利用になるお客様のご負担となります。 特典への交換には、国内旅行の場合11. 20ドル以上の諸税および手数料が課されます。 国際線ご利用の場合はさらに、最大600ドルの現地の諸税および手数料が課されます。 特典旅行の座席数は限られている場合があり、デルタ・コネクションの一部路線ではご利用いただけない可能性もありますので、ご了承ください。 特典やサービスは予告なく変更する場合があります。 その他制限事項が適用されます。 デルタ航空市内発券カウンター、または空港発券カウンターにお越しになり特典航空券の発券を依頼される場合、もしくはお電話によりデルタ航空予約センターに発券を依頼される場合は、が適用される場合があります。 手数料はヨーロッパの一部の国で発券された航空券にのみ適用されます。 また、お申し出により免除される場合があります。 その他のすべての販売場所では手数料が免除されます。 で窓側または通路側などのご希望をご指定いただいている場合には、その情報に基づいてお座席が自動的に割り当てられることもあります。 航空券の発券時に提携航空会社のフライトをご利用の場合に、座席指定をリクエストいたします。 お座席の指定は、リクエスト時には確定できない場合がありますのでご了承ください。 お座席の指定については、直接提携航空会社へお問い合わせください。 ご希望のお座席が指定されていない場合、旅程の「座席指定」の欄に「適用なし」(NA)と表示されます。 この場合は、「旅程」のページでシートをご選択いただくか、またはご搭乗日にチェックインなさるときにお座席の番号をお知らせいたします。 デルタ航空では、お身体の不自由な方などのご要望に応じて特別のお座席を準備させていただくことがあります。 すでにお座席が指定されているお客様に変更をお願いすることがあります。 この場合、主にバルクヘッド席(前面が仕切り壁の座席)を使用します。 以下の航空会社の特典旅行は delta. comでのご予約が可能です。 アエロメヒコ航空• アルゼンチン航空• アリタリア航空• エールフランス航空• 中国東方航空• チャイナ エアライン• 中国南方航空• ハワイアン航空• KLMオランダ航空• 大韓航空• LATAM航空• マンダリン航空• ミドル・イースト航空• サウジ航空• 上海航空• タロム航空• ベトナム航空• ヴァージンアトランティック航空• ヴァージンオーストラリア航空• ウエストジェット航空• 厦門航空 ゴル航空での特典旅行:2020年4月1日をもちまして、デルタ航空とゴル航空は提携を終了いたしました。 これに伴い、スカイマイル会員の方はゴル航空での特典旅行にマイルをご利用いただけなくなります。 2020年3月31日までにゴル航空でご予約いただいた特典旅行は有効です。 特典旅行の航空券は発券日より1年間有効です。 以下の航空会社での特典旅行のご予約はデルタ航空予約センターまでお問い合わせください。 エア・ヨーロッパ• エア タヒチ ヌイ• チェコ航空• ガルーダ・インドネシア航空• ケニア航空 日本在住のデルタスカイマイル提携クレジットカード本会員またはメダリオン会員の方には、スカイマイル特典旅行として、スカイマークの日本国内線をご利用いただけます。 路線/就航都市:羽田、神戸、名古屋、札幌、福岡、鹿児島、長崎、那覇、茨城。 リクエストを送信する前に、でフライトのスケジュールをご確認ください。 利用可能区間• 福岡 FUK - 那覇 沖縄、OKA• 羽田 HND - 神戸 UKB• 神戸 UKB - 鹿児島 KOJ• 神戸 UKB - 長崎 NGS• 神戸 UKB - 那覇 沖縄、OKA• 神戸 UKB - 茨城 IBR• 中部国際空港セントレア 名古屋、NGO - 那覇 沖縄、OKA• 中部国際空港セントレア 名古屋、NGO - 新千歳 札幌、CTS• 羽田 HND - 福岡 FUK• 羽田 HND - 鹿児島 KOJ• 羽田 HND - 長崎 NGS• 羽田 HND - 那覇 沖縄、OKA• 羽田 HND - 新千歳 札幌、CTS• 茨城 IBR - 新千歳 札幌、CTS• 神戸 UKB - 新千歳 札幌、CTS スカイマークご利用規約・条件• 日本在住のデルタスカイマイル提携クレジットカード本会員またはスカイマイル メダリオン会員の方には、スカイマイル特典旅行として、スカイマークの日本国内線をご利用いただけます。 スカイマイルメダリオン会員またはデルタスカイマイル提携クレジットカード会員の方は、スカイマークの特典航空券でマイルをご獲得いただくことはできません。 家族会員の方は対象外です。 新たにスカイマイル提携クレジットカードをお申込みの場合、そのクレジットカードを2ヶ月ご利用になったあとから、マイルをご利用いただけます。 スカイマーク利用の特典旅行は、上記利用可能区間が対象となります。 また、スカイマークのウェブサイトで販売対象期間となっているフライト、かつ、ご出発14日前までのフライトです。 スカイマーク指定の予約クラスによるエコノミークラス/メインキャビンのご利用となります。 特典旅行用座席数には限りがあります。 ご希望のスカイマーク便のご予約が確定し次第、航空券が発券されます。 ご予約は、delta. com内にあるご予約申込書に必要事項を入力いただき、お申し込みいただく必要があります。 以下のブラックアウトデイトが適用されます。 2020年2月21日日~2020年2月25日日• 2020年3月19日日~2020年3月28日日• 2020年4月29日日~2020年4月30日日• 2020年5月1日日~2020年5月07日日• 2020年7月21日日~2020年7月31日日• 2020年8月1日日~2020年8月17日日• 2020年9月17日日~2020年9月23日日• ご希望の便のご予約が確定した場合、デルタ航空により通常24時間以内に必要なマイルがスカイマイル会員口座から差し引かれ、スカイマーク予約番号とフライトの旅程を記載した航空券引換証が、ご予約申請時にご登録いただいたEメールアドレス宛に送信されます。 航空券のご予約が確定しなかった場合、または追加情報が必要な場合は、リクエストのお申し込みから72時間以内にEメールでご連絡いたします。 この特典旅行の旅程を、スカイマークのウェブサイトで確認することはできません。 スカイマーク利用による特典旅行の予約申し込み結果は、お申込みから72時間以内に、デルタ航空より、ご予約申込書に入力された Eメールアドレスにご予約確定のご案内をお送りいたします。 予約がお取りできない場合も、同様にEメールにてご連絡いたします。 スカイマークの航空券は「チケットレス」のため、ご予約の完了後、紙の航空券もeチケットも発券いたしません。 お受け取りいただいた確認のEメールを、スカイマークのチェックインカウンターでご提示ください。 カウンターにてご搭乗券を発行いたします。 スカイマーク利用の特典旅行では、スカイマーク航空券引換証をお手元にご用意の上、自動チェックイン機にてご出発時刻の2時間前~20分前までの間にチェックインをお済ませください。 チェックイン時間内にお手続きがお済みでない場合、予定のフライトをご利用いただけません。 スカイマーク利用の特典旅行と、デルタ航空または他のスカイマイル提携航空会社を利用した特典旅行を組み合わせることはできません。 大人の方はフライトご利用日の年齢をご記入ください。 幼児および小児は、大人の同伴が必要です。 小児および幼児は、一人で旅行をすることはできません。 幼児とは座席をご利用にならない0~2歳のお子様のことをいいます。 小児とは3~11歳のお子様のことをいいます。 小児は大人と同じ特典旅行必要マイル数が必要です。 座席を必要としない幼児はマイルをご利用いただく必要はありませんが、一緒にご旅行いただけるのは、大人1人につき幼児1人のみとなります。 幼児1人につき1人以上の大人の同伴が必要です。 乳児と小児のお客様に関する詳細につきましては、スカイマークまでお問い合わせください。 キャンセル待ちはお受けできません。 アップグレードはご利用いただけません。 オープンジョー(往路の目的地と復路の出発地が異なる場合、または往路の出発地と復路の目的地が異なる場合、または往路・復路のいずれにおいても出発地と目的地が異なる場合)の利用はできません。 片道分の特典旅行もご利用いただけます。 ただし、往復特典旅行分のマイルが必要です。 復路便が未確定の場合、ご予約をお受けできません。 スカイマイル特典往復航空券が発行される前に全てのフライトを確定してください。 予約確定後の取り消しおよび変更はできません。 一度引き落とされたマイルはスカイマイル会員口座に戻せません。 現金への払い戻しはお受けできません。 乗り継ぎ便の遅延または欠航によりスカイマーク便に間に合わなかった場合、「遅延・欠航証明書」を取得し、スカイマークに提示していただければ、座席に余裕のある後続のスカイマーク運航便にお振り替えいたします。 ただし、乗り継ぎ便の遅延または欠航によりスカイマーク便をご利用にならなかった場合において一度引き落とされたマイルは、スカイマイル会員口座に戻せません。 デルタ航空およびスカイマークは、現金での払い戻しも対応いたしかねます。 当キャンペーンで利用可能な座席数には限りがあり、空席状況に応じます。 空港施設使用料、燃油サーチャージ、セキュリティチャージ、全ての適用される税金は、利用者のご負担となります。 特典旅行必要マイル数は、予告なく変更となる場合があります。 詳細はをご覧ください。 特別な補助や準備を必要とされる場合には、スカイマークまでお問い合わせください。 特別な補助や準備は空席状況に応じて承りますのでご了承ください。 ご搭乗手続きの際、搭乗される方の公的書類(運転免許証/パスポート/健康保険証/学生証/住民基本台帳カード/住民票・市町村民証/戸籍謄本/戸籍抄本/外国人登録証明書/戦傷病者手帳/療育手帳/年金手帳)をご提示いただく必要があります。 手荷物に関する要件および制限事項については、をご覧いただくか、ください。 その他制限事項が適用されます。 デルタ航空による決定は、いかなる場合でも最終的なものといたします。 その他の規定および条件 提携航空会社の特典航空券では、より高いレートまたは土曜宿泊が条件となる場合があります。 特典旅行の利用の際に、サーチャージを課す提携航空会社もあります。 同料金が適用される場合には、お客様のご負担とし、ご予約時にお支払いいただくこととなります。 提携航空会社の特典は、各社の規約と条件に従って変更される場合があります。 スカイマークが運航する機材はボーイング737-800型となります。 フライトが遅延または欠航した場合、スカイマークは空港発着の地上交通機関の手配には一切責任を負いません。 詳細はをご覧ください。 スカイマークのフライトでは、お食事やお飲み物の提供はございません。 お飲み物は機内販売にてソフトドリンクを1本100円で、アルコールドリンクを1本200円~300円で販売いたしております。 フライトやホテルなどがセットになったデルタバケーションでお得な旅を。 世界の名だたるホテルや厳選した多彩なアクティビティなどをすべてご満喫いただける、スカイマイル会員様限定のパッケージツアーです。 フライト以外のご利用もマイル獲得および交換の対象に。 さらに、ご旅行前からご旅行後まで24時間サポートをご利用いただけます。 で、あなただけのパッケージツアーをつくりましょう。 スカイマイル会員番号をご入力ください• 「確認&購入」ページで、お支払い方法としてマイルをお選びください。 マイルをご利用の際は、ひとつのスカイマイル口座のみご使用いただけます。 ご利用になりたいマイル数をご入力ください。 お支払い概要にマイル割引率が表示されます。 「購入を完了する」を選択してください。 同一のご予約でご旅行の場合、同伴されるすべてのご旅行者にマイルをご利用いただけます。 マイルを利用される場合の最少マイル数に関する制限はありません。 ラグジュアリーパッケージ、ウェディングパッケージ、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート パッケージを含むすべてのパッケージツアーにマイルをご利用いただけます。 デルタバケーションの目的地へのフライト&ホテル宿泊パッケージに最大999,999マイルご利用いただけます。 「マイルズ・トゥー・ゴー」キャンペーンは、その他のと併用してご利用いただけます。 ご利用規約全文は、をご覧ください。 スカイマイルプログラムの全規定が適用されます。 規約は、delta. デルタバケーションのマイル利用規定については、deltavacations. ご希望のフライトにマイルが足りない場合は、「マイル+キャッシュ」をご利用ください。 指定のフライトをご利用の際、マイルと現金を組み合わせてお支払いいただけます。 「マイル+キャッシュ」のご利用方法:• Delta. comまたはFly Delta アプリで「 予約する」を選択します。 Delta. comでは「マイルでショッピング」、Fly Delta アプリでは「料金をマイルで表示」のチェックボックスを選択します。 ご希望のフライト情報を入力して、「フライトを検索」を選択します。 デルタ航空のフレキシブルな特典カレンダーに、指定された旅行日の必要最低マイル数が表示されます。 フライトを選びます。 「価格を表示する通貨」を「マイル」から「マイル+キャッシュ」に変更します。 フライトを選択してご購入を完了すれば、あとはご出発日を待つだけです。 「マイル+キャッシュ」はデルタ航空、デルタ・コネクション、デルタシャトルが運航するフライトであれば世界各地でご利用いただけます。 「マイル+キャッシュ」にてご購入いただいた航空券は特典航空券となり、特典航空券に規定される全ての制限事項が適用されます。 また、マイル、メダリオン会員資格取得必要区間(MQS)、メダリオン会員資格取得必要マイル(MQM)、またはメダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)の獲得対象にはなりません。 「マイル+キャッシュ」をご利用の際に購入されたマイルは払い戻しできません。 特典航空券の変更には規定の変更手数料がすべて適用されます。 航空券の変更、キャンセルが生じた場合、マイルは(「マイル+キャッシュ」で購入されたマイルを含む)ご本人のスカイマイル会員口座に返却いたします。 デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード会員の方だけにご利用いただける「ペイ with マイル」は、デルタ航空の航空券を割引価格で購入したり、お支払いの一部にマイルを利用するなど、当社のサービスをよりフレキシブルにご利用いただけるカード特典です。 米国および米国領内在住でデルタスカイマイル提携クレジットカードをお持ちでない方は、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードに関する詳細はをご覧ください。 「ペイ with マイル」のご利用方法• delta. com にログイン• 「旅行予約」にアクセスします。 「ペイ with マイル」の対象となっているフライトを選択します。 「旅程の概要」ページで「ペイ with マイル」を選択し、マイル、現金、またはマイルと現金を組み合わせてお支払いください。 選択終了後は、航空券予約の手順に従ってお進みください。 マイルおよびクレジットカードの両方でお支払いいただく場合、マイルが適用された後の航空券運賃の残額はデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードでお支払いください。 米国以外にお住まいのデルタスカイマイル提携クレジットカード会員の方は、一部の国に限り「ペイ with マイル」インターナショナルをご利用いただけます。。 カード会員の方は、わずか5,000マイルからマイルをご利用いただくことができ、デルタ航空券運賃の割引を受けることができます。 航空券運賃にかかわらず、カード会員の方には、5,000マイルにつき最大50ドルの割引が適用されます。 たとえば、10,000マイルで100ドル、15,000マイルで150ドル、20,000マイルで200ドルが運賃から割引かれます。 例:スカイマイル口座に22,000マイルをお持ちのカード会員の方がお選びになったジョージア州アトランタ発 ワシントンD. 行きの往復便の合計価格が250ドルだったとします。 「ペイ with マイル」で2万マイルをご利用いただくと、航空券を200ドル割引でご購入いただけます。 カード会員のお客様は、50ドルと2万マイルで航空券をご購入いただけます。 資格:当プログラムは、基本カード会員の方のみが対象となります。 にてご予約いただいたフライトが対象となります。 その他のコードシェア便ではご利用いただけません。 当プログラムの対象フライトには、「ペイ with マイル」の対象である旨の表示があります。 マイルは、5,000マイル単位でご利用ください。 5,000マイル以上からご利用になれます。 また必要マイル数は規定に従って5,000マイル単位で切り上げられます。 「ペイ with マイル」が適用された後の航空券運賃の残額はカードでお支払いください。 通常5,000マイルは50ドルに相当します。 ただし、全額マイルで支払う航空券の料金が50ドルの倍数でない場合、1マイルあたりの金額はそれ以下になる場合があります。 「ペイ with マイル」で購入された航空券はすべて、航空券の総額にマイルが適用された後の残額のうち、現金で支払われた基本運賃および航空会社によって課されるサーチャージの部分に対してマイルおよびメダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)をご獲得いただけます。 ご利用のマイルは基本運賃および航空会社によって課されるサーチャージに適用され、その後、税金および手数料に適用されます。 さらに、「ペイ with マイル」で購入された航空券はすべて、メダリオン会員資格取得必要区間(MQS)、メダリオン会員資格取得必要マイル(MQM)の対象となります。 「ペイ with マイル」をご利用になった航空券はベストフェアギャランティーの対象外となります。 また、特典旅行航空券など他のいかなるマイル特典とも併用できません。 「ペイ with マイル」で購入された航空券のメダリオン無償アップグレードは、空席状況により承ります。 また、フライトによってはご利用になれない場合があります。 「ペイ with マイル」のご利用により一旦差し引かれたマイル数は、たとえ払い戻し可能な航空券の運賃に充当されたものであっても、デルタ航空のリスクフリーキャンセレーション ポリシーの適用を受ける場合を除き、会員のスカイマイル会員口座に返却することはできません。 変更またはキャンセルされた航空券の残余額は、今後のデルタ航空でのお支払いにご利用いただけるE証書として発行されます。 その他ご利用規約、条件、制限事項につきましては、をご覧ください。

次の

変更・払い戻し

マイル旅行券 荷物

デルタ航空マイル(スカイマイル)の使い道、おすすめNo1はJTBの旅行券 国内線の飛行機によく乗る人なら知っていると思うのですが、デルタ航空では 「ニッポン500マイルキャンペーン」を実施中です。 ANAでもJALでも日本国内定期路線の搭乗券(半券)のコピーを、旅行が終わってから 2ヵ月以内に送るだけで500マイルがもらえてしまうという、破格のキャンペーンです。 デルタ航空のマイルには有効期限がありません。 国内線の飛行機に乗る出張が多い人など、 「ニッポン500マイルキャンペーン」をコツコツと利用しているだけで、マイルに有効期限がない分、知らない間に結構なマイルが貯まっていたりします。 デルタ航空のマイルの使い道には、デルタ航空やスカイチームの特典航空券に交換する方法もあり、国内線の場合はスカイマークの特典航空券に利用する方法もあります。 その方法もありなのですが、おすすめしたい方法は JTB旅行券(JTB国内パッケージツアー旅行券)に交換して利用する方法です。 この場合の注意点は3つ。 スカイマイルメダリオン会員もしくは日本国内で発行されたスカイマイル提携クレジットカード本会員である必要があります。 スカイマイルメダリオン会員はハードルが高いので、狙うとしたらスカイマイル提携クレジットカード本会員。 近道としては、一番年会費が安い「日本国内で発行されたスカイマイル提携クレジットカード本会員」=「デルタスカイマイルJCBカード(テイクオフカード)」を発行することで、1つ目の注意点はクリアできます。 公式サイトから申し込む方法もありますが、 【】というポイントサイト経由で申し込めば2000ポイント=2000円相当貰えて、さらにお得になります。 名前の通り、申し込むものは国内パッケージツアーである必要があります。 パッケージツアー?となると思うのですが、一番わかりやすい方法は、「エースJTB」のパンフレットを貰ってその中から選ぶことです。 ツアーだからといって往復の交通をつけて申し込む必要はありません。 「エースJTB」のパンフレットをみてもらうとわかると思いますが、ホテルだけの予約も可能です。 「エースJTB」で、2つ目の注意点はクリアです。 有効期限は申し込み受付日から6ヶ月なので、届いたら 早めに申し込む必要があります。 3つ目の注意点は、注意すればよいだけなので簡単にクリアできます。 9000円追加するだけでスイートルーム宿泊可能! 3万マイルを交換して3万円分のJTB国内パッケージツアー旅行券が手に入った場合です。 管理人は、マイルを交換して3万円分のJTB国内パッケージツアー旅行券が手に入ったので、「エースJTB」のパンフレットを貰ってきて眺めていたところ、神プランを発見してしまいました! たった9000円を追加するだけで、 スイートルームに宿泊できるって??.

次の