唐澤弁護士 なぜ。 唐澤貴洋の現在!ハセカラ騒動で炎上・逮捕者続出の笑えない殺人予告とは

ゆゆうた炎上の理由はなぜ?唐澤貴洋弁護士や恒心教など原因まとめ

唐澤弁護士 なぜ

一度炎上すると、その火を消すのは困難だ。 日常生活が一気に破壊され、心身ともに疲弊する。 前回は炎上すると何が起きるのかを解説した。 後編は炎上させている加害者本人の素顔に迫る。 なぜ加害者は会ったこともない私に嫌がらせをするのか。 (炎上し殺害予告され、生活が完全に破壊されるまでを語った前編は) どうしても犯人の顔が見たい 2015年7月1日の早朝、その日は大雨が降っていた。 私は傘を持たず、スーツから雨が滴り落ちる状態で少年ハッカーDが姿を現す瞬間を待っていた。 彼が勾留されている警察署から出て護送車に乗る一瞬を。 私は彼の顔をどうしても一目見ておきたかったのだ。 10代のハッカーDは、ある出版社のサーバに不正にアクセスした容疑で逮捕されていた。 私はこのDと因縁が深い。 Dは2013年頃、インターネット上で肖像権侵害などの権利侵害行為を行っており、私はDの正体を追っていた。 Dのインターネット上での痕跡を追い、法的手段により断片的な情報を収集していが、あと一歩というところでDのTwitterのアカウントが消え、Dはゆくえをくらましてしまった。 Photo by iStock そのDが、2014年末頃から、別の名前でランサムウェア(パソコンをロックし、ロックを解除して欲しければ、金銭を支払えと要求するもの)を作り、違法行為に及んでいた。 このときは名前が異なっていたので、Dとこの人物が同一であるとは知らなかった。 また、2015年2月には、DはTwitterの連携アプリを運営する会社のサーバーを乗っ取り、私に対する殺害予告を連続して行っていた。 連携アプリの運営会社サーバーのセキュリティ上の脆弱さを狙い、サーバーに不正アクセスしたDは、数千回もの殺害予告ツイートを私に対して行った。 Dは、以前とは別のTwitterアカウントを開設し、彼自身の行いを自慢していた。 こうした多数の殺害予告は耳目を集めたのだ。 私は殺害予告を、逐一警察に相談していた。 Dは一体何者なのか。 私はDのTwitterを常に観察した。 また、Dに関する情報がインターネット上に出ていないか、毎日調べた。 インターネットとは不思議なもので、インターネットユーザーの間で目立った行為をする者が出てくると、その人物についての情報が突如出始めることがある。 ある日、「Dが2013年頃の例のアイツではないか」という投稿が、インターネット掲示板に書き込まれた。 その可能性を考えてみると、ハッキングの手口、Twitterでの同じような犯行自慢、彼の生活時間など共通点がいくつかあった。 そこで、私は警察にその旨を連絡した。 その後、警察の地道な捜査によって、Dは逮捕された。 Dは神奈川県に住む17歳の少年であった。 私は特異な事件を起こしたDが、どのような人物なのか知っておかなければいけないと思っていた。 その私のもとに、Dが東京の警察署で勾留されているとの情報が入ってきた。 被疑者が勾留中に検察庁で取り調べがなされる時は、朝、護送車に乗せられて検察庁に送致される。 警察署から出て、護送車に乗る一瞬、Dは顔を現す可能性がある。 その一瞬を、警察署の門の鉄格子の間からうかがいながら待った。 何分待っただろうか。 雨でスーツはびしょ濡れになり、体が冷えてきたなと思っていたその時、警察署のほうが慌ただしくなった。 Dが警察官に連れられ、姿を現した。 Dは痩せており、暗めの色のTシャツと灰色の長ズボンを身につけていた。 逮捕されたことへの不安だろうか、顔は物憂げで、足取りは心もとなかった。 少年の実像は、私が持っていた過大なイメージとは異なっていた。 世間の注目を集める大胆な犯罪をする人物は、きっとふてぶてしく、豪胆な人間ではないかと勝手にイメージしていたのだ。 「なぜ、彼は犯罪行為に手を染めてしまったのだろう」解消できない疑問を抱えた。 なお、この少年は、今は成人して新しい道を歩んでいるという。 私は、Dのことを一切恨んでいない。 Dがより良い方向に行くことを、心より願っている。

次の

唐澤貴洋とは (カラサワタカヒロとは) [単語記事]

唐澤弁護士 なぜ

唐澤貴洋弁護士のYouTubeチャンネルより ネット上で苛烈な嫌がらせを受け続けていることで知られる、唐澤貴洋弁護士が2020年1月1日、自身のYouTubeチャンネルに突如として「ゲーム実況」動画を投稿した。 掲示板やツイッターなどでは、笑いと戸惑いが広がっている。 「今日はですね、私もちょっと、息抜きをしようかと思いまして...... 」——そんな前置きとともに始まるのは、「」なるタイトルの動画だ。 「ゲーム、不慣れなので、恥ずかしいプレーだと」 唐澤弁護士といえば、2ちゃんねる(5ちゃんねる)である投稿者の削除依頼に関わったことをきっかけに、一部ネット民のターゲットにされてしまい、以来「100万回の殺害予告」をはじめとする嫌がらせを受け続けていることで知られる。 近年では著書『炎上弁護士』(2018年、日本実業出版社)を刊行し、メディアにも積極的に出演するなど、積極的な情報発信を展開中だ。 そんな唐澤弁護士は2019年8月に公式YouTubeチャンネルを立ち上げ、主に法律知識に関する動画を投稿してきた。 10月を最後に、2カ月ほど更新は途絶えていたのだが、2020年の年明けとほぼ同時に公開されたのが、なぜか上記のような「ゲーム実況」だった。 動画は20分。 「スーパーマリオブラザーズ」のステージを作成・挑戦できる人気ゲーム「マリオメーカー2」に唐澤弁護士が「息抜き」として挑むもの。 笑顔の唐澤弁護士に、「唐澤貴洋のゲーム実況」のロゴが重なる、凝ったタイトル画面まで用意されている。 「ゲーム、不慣れなので、恥ずかしいプレーだと思うんですけど、はい」 本人もそう語るとおり、必ずしもその操作はうまいとは言えない。 近づくと落下する「つらら」や、滑りやすい床などが配置されたステージであるとはいえ、唐澤弁護士、何度も同じ個所で敵に突っ込んだり、崖に落ちたり、つららに当たったりして、あっさり絶命してしまう。 「実況なのに全く喋らんのくそ面白い」 また、「実況」の方も不慣れなようで、プレーが始まると集中してしまうのか、ほぼ無言に。 こうした実況動画では、プレーヤーのリアクションも大切な見せ場なのだが、聞こえるのは「よしっ」「あー...... 」「おっとっと」といった、小声でのつぶやきばかりだ。 ミスしても、ほとんど表情も変えず、首をかしげて「数十年ぶりだな...... 」「飛びすぎたな...... 」といった微妙なコメントが。 突然の「ゲーム実況」挑戦に、ネット上ではざわめきが広がった。 再生回数は16時までに約8万回に達したほか、ツイッターなどでは、 「今年の初笑いは唐澤弁護士のゲーム実況でしたね。 残念ながら」 「唐澤貴洋で初笑いしてしまった」 「実況なのに全く喋らんのくそ面白い」 「マジで面白すぎるからやめろ」 といった書き込みが相次いでいる。

次の

なぜ唐澤貴洋弁護士は炎上した?原因や経緯は?何をした人なのか解説

唐澤弁護士 なぜ

ネット掲示板『2ちゃんねる』 現5ちゃんねる で誹謗中傷に悩む少年の依頼を受けたことがきっかけでした。 書き込みの削除請求を担当する中で、非難の矛先が私に向かったのです。 唐澤 情報流出は私の経歴や自宅などだけにとどまらず、実家の住所や家族の個人情報にまで及びました。 親族の墓が暴かれ、墓石にスプレーで落書きをされたこともあります。 唐澤 私の弁護士事務所への落書きやいたずら、怪文書が届くのは日常茶飯事。 何度かカッターナイフが送られてきたこともあります。 私への殺害予告は100万回以上あったと警察の方から聞きました。 なりすましによる爆破予告やフェイクニュースを流され、その情報に踊らされたマスコミから取材が殺到。 業務が滞ることもしばしばでした。 唐澤 私とは面識も関わりも一切ない男性ばかりでした。 加害者に会い、話を聞いてみると、そのほとんどが罪の意識はなく「なんとなく書き込んだ」と言います。 私のケースのみならず、炎上に加担する人たちは現実社会ではなくネットに自分の居場所がある人たちばかり。 ネットでは人を攻撃することで、自分の存在感を自覚できてしまいます。 心地よいと感じてしまうゆえに、よりネット依存が進んでしまうのです。 唐澤 だからこそ、安易に炎上に加わるのではなく、まずはそのニュースに対して自分で何がいいのか悪いのかをじっくりと論理的に考え、物事の本質を見極めてほしいと思います。 結論だけを共有するのではなく、なぜそう思ったのかも含めた自分の意見を持つことが大切です。 他者を非難するばかりでなく、自分と異なるものを受容する人間らしさが、より一層必要な時代になっていきますよね。 現行法では被害者を守ることは十分でないからです。 本書でも詳しく書きましたが、私の考えや活動に共感してくれる人を増やし、人権を重んじる社会へと変えていけるように、今後も精力的に活動を続けたいと思っています。 聞き手・東まりあ 唐澤貴洋 からさわ・たかひろ 弁護士。 1978年生まれ。 法律事務所Steadinessを東京港区三田にて運営する。

次の