高倉 健。 「高倉健墓碑」、突如鎌倉に出現 新たなトラブルの火種

高倉健の映画作品

高倉 健

新型コロナウイルスによる肺炎で3月29日に亡くなった志村けんさん(享年70)が、5月1日からNHK連続テレビ小説『エール』に登場している。 主演・窪田正孝(31)演じる主人公のモデルになった古関裕而さんは、志村さんの母校・旧都立久留米高等学校の校歌を作曲しているという意外な縁もあった。 志村さんにとって今回の朝ドラは20年ぶりの役者業。 その背景には、尊敬する高倉健さん(享年83)への強い思いがあったという。 「コントを心から愛していた志村さんは、役者業にはつい昨年まで積極的ではありませんでした。 しかし、70歳を前に、亡き高倉健さんの言葉が脳裏によみがえったそうです。 『あなたの演技には哀愁がある。 降旗康男監督が志村さんを強く推薦し、高倉さんも志村さんとの初共演を心待ちにしていたという。 「高倉さんは、志村さんの『寿司屋のおじいさんのコント』が昔から好きで、撮影の合間には、盟友の小林稔侍さんの前で、そのモノマネをしていたほど。 一方、映画好きの志村さんにとって、高倉さんは雲の上の大スターで憧れの人。 《北海道ロケの時に、初めてお会いしたんです。 その時は、言葉で言い表せないぐらいに大きく感じました。 その撮影に行く前の日に健さんから僕の携帯電話の留守電にメッセージが入っていたんです。 内容は『弟子志望の高倉健です。 こちらは寒いですから、風邪をひかないように、よろしくお願いします』というもので、それを聞いた時はビビりましたよ。 いきなり『弟子志望』なんて、ギャグを飛ばしてきましたから…。 真冬の夜9時から始まった撮影は氷点下20度の過酷な現場だった。 「リハーサルでアドリブを連発する高倉さんに、志村さんも当意即妙で返す。 現場は大変な熱気に包まれました。 共演ロケは2日だけでしたが、高倉さんは役者としての志村さんを絶賛していました」(前出・映画関係者) 実際、高倉さんは『キネマ旬報』のインタビューで、志村さんのことをこう評していた。 「本当に凄いと思うんですよ。 何かあの方のコントとかを観ていると、ヨーロッパの人みたいですね。 日本の人とは違いますよ。 「共演以来、高倉さんはプライベートで志村さんを飲みに誘うこともありました。 毎年末には、お気に入りの甘酒やブランデーを志村さんに贈っていたんです。 そこには直筆の手紙が添えられて、『また志村さんの演技が見たい』『いつかまた共演したい』と書かれていたそうです。 志村さんは、そんな高倉さんの数々の手紙を大事に保管していたといいます」 だが、高倉さんが切望していた共演の夢がかなうことはなかった。 突然の訃報に志村さんはブログで《悲しい寂しい辛い どんな言葉でも物足りない》と悲痛な胸中を吐露していた。 この年齢になれば今後、元気で仕事ができる時間は限られてくる。 ならば、恩義ある高倉さんの思いに応えようと決心したのでしょう」(前出・番組関係者) 志村さんは生前、『エール』での登場シーンに関して、NHKにこんなことを語っていた。 《僕の出ているシーンは、困ったことにあまり笑いがないんですよ。 「女性自身」2020年5月26日号 掲載.

次の

「高倉健墓碑」、突如鎌倉に出現 新たなトラブルの火種

高倉 健

新型コロナウイルスによる肺炎で3月29日に亡くなった志村けんさん(享年70)が、5月1日からNHK連続テレビ小説『エール』に登場している。 主演・窪田正孝(31)演じる主人公のモデルになった古関裕而さんは、志村さんの母校・旧都立久留米高等学校の校歌を作曲しているという意外な縁もあった。 志村さんにとって今回の朝ドラは20年ぶりの役者業。 その背景には、尊敬する高倉健さん(享年83)への強い思いがあったという。 「コントを心から愛していた志村さんは、役者業にはつい昨年まで積極的ではありませんでした。 しかし、70歳を前に、亡き高倉健さんの言葉が脳裏によみがえったそうです。 『あなたの演技には哀愁がある。 降旗康男監督が志村さんを強く推薦し、高倉さんも志村さんとの初共演を心待ちにしていたという。 「高倉さんは、志村さんの『寿司屋のおじいさんのコント』が昔から好きで、撮影の合間には、盟友の小林稔侍さんの前で、そのモノマネをしていたほど。 一方、映画好きの志村さんにとって、高倉さんは雲の上の大スターで憧れの人。 《北海道ロケの時に、初めてお会いしたんです。 その時は、言葉で言い表せないぐらいに大きく感じました。 その撮影に行く前の日に健さんから僕の携帯電話の留守電にメッセージが入っていたんです。 内容は『弟子志望の高倉健です。 こちらは寒いですから、風邪をひかないように、よろしくお願いします』というもので、それを聞いた時はビビりましたよ。 いきなり『弟子志望』なんて、ギャグを飛ばしてきましたから…。 真冬の夜9時から始まった撮影は氷点下20度の過酷な現場だった。 「リハーサルでアドリブを連発する高倉さんに、志村さんも当意即妙で返す。 現場は大変な熱気に包まれました。 共演ロケは2日だけでしたが、高倉さんは役者としての志村さんを絶賛していました」(前出・映画関係者) 実際、高倉さんは『キネマ旬報』のインタビューで、志村さんのことをこう評していた。 「本当に凄いと思うんですよ。 何かあの方のコントとかを観ていると、ヨーロッパの人みたいですね。 日本の人とは違いますよ。 「共演以来、高倉さんはプライベートで志村さんを飲みに誘うこともありました。 毎年末には、お気に入りの甘酒やブランデーを志村さんに贈っていたんです。 そこには直筆の手紙が添えられて、『また志村さんの演技が見たい』『いつかまた共演したい』と書かれていたそうです。 志村さんは、そんな高倉さんの数々の手紙を大事に保管していたといいます」 だが、高倉さんが切望していた共演の夢がかなうことはなかった。 突然の訃報に志村さんはブログで《悲しい寂しい辛い どんな言葉でも物足りない》と悲痛な胸中を吐露していた。 この年齢になれば今後、元気で仕事ができる時間は限られてくる。 ならば、恩義ある高倉さんの思いに応えようと決心したのでしょう」(前出・番組関係者) 志村さんは生前、『エール』での登場シーンに関して、NHKにこんなことを語っていた。 《僕の出ているシーンは、困ったことにあまり笑いがないんですよ。 「女性自身」2020年5月26日号 掲載.

次の

高倉健さん追悼特集:わたしが選ぶ高倉健映画ベスト3

高倉 健

「八甲田山」特別愛蔵版(2枚組)DVD発売中 価格:5,200円+税 発売元:株式会社スバック/エムスリイエンタテイメント株式会社 おそらく初めて観た高倉健映画はテレビの東映任侠映画で、初の劇場映画は(1974)なのだが、は映画俳優・高倉健の印象が残った初の作品だった。 舞台の青森がわたしの故郷なので、特に思い入れが深い。 さまざまな女性との触れ合いを通してある刑事の人生が描かれていくが、彼が自分の筋を通して行動したために、関わった女性たちはかなしい運命をたどっていく。 降旗康男監督、撮影監督というゴールデントリオがそろった初の映画でもある。 「駅 STATION【期間限定プライス版】」 DVD発売中 価格:2,500円+税 発売・販売元:東宝 2位: 1970 「あ・うん【期間限定プライス版】」DVD発売中 価格:2,500円+税 発売・販売元:東宝 任侠スター・高倉健の、一つの頂点だと思う。 監督の演出、相手役・藤純子が醸し出す情感。 ファンタジーとしての映画的な任侠世界を、全員が見事に作り出している。 マキノ&高倉映画では『侠骨一代』(1967)もいい。 「昭和残侠伝 死んで貰います」 DVD発売中 価格:2,800円+税 販売元:東映 発売元:東映ビデオ 3位:『あ・うん』 1989 現代アクションの代表作シリーズもそうだが、 コミカルな味わいも高倉健の魅力であった。 笑い顔がいいのだ。 また 親友の娘を送り出すラストは感涙必至。 「キネマ旬報」「acteur(アクチュール)」「T. 」「DVD&ブルーレイVISION」などに執筆。 実は最も思い入れのある高倉健映画は現場に密着した。 握手した高倉さんの手のぬくもりが忘れられない。 相馬学 初めての高倉健映画:『野性の証明』(1978) 「昭和残侠伝 血染の唐獅子」DVD発売中 価格:2,800円+税 販売元:東映 発売元:東映ビデオ 小学6年生の時に公開された映画。 目当てで観た当時の子供には正直、理解し難かったが、今ならわかる。 ドラマのスケールの大きさを主演として引き受ける、健さんの背中の広さ。 教わることが多かった。 ベスト3 1位:(1967) 任侠映画を代表するスターが健さんであるならば、本作は文句なしにその頂点。 昭和の任侠美学が、今も受け継がれる下町の哲学と化していることがよくわかる。 純子史上最も愛らしいも、新伍史上最もイカしたプレーボーイのもイチイチと泣かせ、健さんの男ぶりを引き立てる。 脚本が健さんと同じく今年急逝した鬼才、であることも奇妙な縁。 シリーズに傑作は多いが、 男泣きしたい夜にはコレに限る。 2位:『遙かなる山の呼び声』(1980) 名作西部劇(1953)の日本的翻案という予備知識を抜きにしても美しい人情劇。 健さんの任侠気質を生かしつつ、ヒューマニズムを貫く山田洋次監督の演出が光る。 北海道の雄大な風景も効果的で 健さんがデッカく見える。 3位:(1975) 「新幹線大爆破」DVD発売中 価格:2,800円+税 販売元:東映 発売元:東映ビデオ 監督((1989)の撮影)が(1994)の参考にしたと思われる速度制限爆弾サスペンス。 健さんが爆弾犯という悪役も珍しいが、もちろんワケありだ。 全共闘世代の無念を背負っての熱演が泣ける。 」などの雑誌や劇場プログラム、シネマトゥデイなどのウェブ媒体の敷居をまたいでお仕事中。 往年の東映映画を愛しつつ、洋画のアクション&スリラーにも目配せするケチな野郎であります。 轟夕起夫 初めての高倉健映画:『飢餓海峡』(1965) DVD発売中 価格:2,800円+税 販売元:東映 発売元:東映ビデオ 実はこれ、「高倉健映画」ではない。 助演です。 地方の刑事役。 ベスト3 1位:(1964) ソフト帽にスーツ姿もバッチリな殺し屋の健さん、香港でワナにはめられる、の巻。 いやあ~、 全編キザなセリフを吐き、しかもフィルムノワールしててシビれまくり。 病で喀血(かっけつ)したその血へどを、口から吸い出し命を救った娼婦()とのエピソードにはジ~ンと胸熱です。 監督は『網走番外地』シリーズの名コンビ・。 死んだ母親とそっくりのヒロイン(藤純子=現・富司純子の二役)との純な触れ合いにグッとくる。 新幹線を「走るブラックメール」に変えたのは造反有理! そこには元・町工場経営者の魂の叫びが。 この健さん、今ならアベノミクスに報われない人々の、心の代弁者である。 新作の邦画では推しです。 「キネマ旬報」「映画秘宝」「acteur(アクチュール)」「ケトル」などで執筆中。 中西愛子 初めての高倉健映画:『幸福の黄色いハンカチ』(1977) 「あの頃映画 松竹DVDコレクション 遙かなる山の呼び声」DVD発売中 価格:2,800円+税 発売・販売元:松竹 母が昔から健さんのファンで、わたしは物心ついた時から母の好きな俳優として健さんを認識していた。 でも子供には渋すぎた。 わたしが健さんの映画を初めて観たのは、後追いで、大学生の頃。 実直な存在感が印象深かった。 「あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 幸福の黄色いハンカチ」ブルーレイ発売中 価格:3,300円+税 発売・販売元:松竹 ベスト3 1位:『遙かなる山の呼び声』(1980) 健さんとのコンビは、映画の中で奏でられる男女のあり方の一つの理想郷だと思う。 もそうだったが、罪深い男としっかり者の待つ女、ってどうにも古いよと感じつつ、健さんが体現する男を観ていると 「いつまでも待つから!」と女心がくすぐられる。 この映画では、北海道の風景に映えるたくましい健さんの姿がカッコいい。 有名なラストシーンはもちろん、ほのかに官能的な大人の男女の機微にグッとくる。 2位:『夜叉』(1985) 「あなたへ(2枚組)」DVD発売中 価格:4,700円+税 発売元:テレビ朝日/電通 販売元:東宝 この頃の健さんと共演する女優さんたちの、迫力ある女っぷりときたら。 良くも悪くも、現代の人より業が深くていちずな感じ。 健さんの存在がそうさせるのか。 にふらっとしてしまう 隙を見せる健さんがまたいい。 「夜叉【期間限定プライス版】」 DVD発売中 価格:2,500円+税 発売・販売元:東宝 3位:『あなたへ』(2012) 公開時、一人劇場に足を運んだくだんの母。 一番好きなシーンが、健さんが写真館の前で亡き妻の少女時代の写真を見るところと、わたしと一緒で驚く。 スターの生き方を貫きつつ、普通に年を重ねられてもいた。 最高にすてきです。 「キネマ旬報」「acteur(アクチュール)」「月刊シネコンウォーカー」など、映画誌、情報誌を中心に執筆。 彼女が「お父さ~ん!」と叫びながら健さんに向かって走ってくる予告編は今も鮮烈に覚えている。 というわけで健さんは、彼女を命懸けで守る頼もしいお父さんという印象だった。 ベスト3 1位:(2001) 元特攻兵が、同僚だった朝鮮人日本兵の墓参りに韓国へ行く……それまでの日本映画、いや、歴史的にもあまり触れられてこなかった存在をつまびらかにした意欲作。 健さんは『ブラック・レイン』で日本人俳優のハリウッド進出への道を開いたわけだが、 常に新たな道を切り開こうとしていたおとこ気を山岡という役を通して実感するだろう。 筆者も韓国ロケに同行。 監督取材中、ひょっこり顔を出して記者たちを驚かせるという健さんの おちゃめな一面を見せてもらった思い出深い作品。 2位:『ミスター・ベースボール』(1992) 「ホタル」DVD発売中 価格:5,200円+税 販売元:東映 発売元:東映ビデオ 野球とベースボールの違いを描いたコメディー。 健さん演じる監督はがモデル。 星野時代の元コーチに取材したところソックリとのこと。 野球のユニホームまで着こなしてしまう、 実はコスプレ王であることを証明。 「ミスター・ベースボール」 DVD発売中 価格:1,800円+税 発売元:アイ・ヴィー・シー 3位:(1973) 健さんがモデルといわれるデューク東郷が主人公の人気漫画を実写化。 しゃれのわかる人物であったことがよくわかる。 作品的にもまだ自由な雰囲気あふれていたイランで撮影と、貴重な映像資料でもある。 デュークだけに 珍しく健さんの濡れ場もアリ。 「デイリースポーツonline」「47NEWS花まるシネマ」「GISELe(ジゼル)」「週刊女性」などで執筆中。 三池崇史、キム・ギドクら鬼畜系監督映画とゲイリー・オールドマンらオヤジ俳優映画が好き。 森直人 初めての高倉健映画:『夜叉』(1985) 「冬の華」DVD発売中 価格:2,800円+税 販売元:東映 発売元:東映ビデオ 中学か高校の頃、目当てでテレビ放送を観たことを記憶しています。 当時10代の自分にとって、健さんは「かっこいい」というより、ちょっと怖いくらいの重みや深みを持った大人のイメージ。 これ以前の出演作を追体験していったのはハタチを過ぎてからです。 ベスト3 1位:(1978) 健さんにとって『幸福の黄色いハンカチ』らと並ぶキャリア後期の幕開けに位置する名作。 出所してきたばかりの無骨なヤクザが、自分が殺した男の娘を「あしながおじさん」的に見守る。 まさに「不器用ですから……」(日本生命CM)の名フレーズそのままのキャラクター。 作風は降旗康男監督のフランス映画趣味が最もよく生きたもので、主演の映画を監督が撮ったような。 ちなみに海辺のシーンなど、 監督の(1997)はこの作品の影響が強いのではないかと勝手に思っています。 2位:『昭和残侠伝 死んで貰います』(1970) 「狼と豚と人間」DVD発売中 価格:4,500円+税 販売元:東映 発売元:東映ビデオ コミカルな味わいのある『網走番外地』シリーズも大好きなんですが、やはりストイックな任侠(にんきょう)映画から1本挙げたいなと思い、『昭和残侠伝』シリーズの中でとりわけ印象の強かった第7作を。 活劇俳優としての健さんが鮮烈にスパークするキレキレの傑作。 3位:(1964) 偏愛している 初期の怪作。 スラム出身のアウトロー3兄弟を三國連太郎さん、さんと共に演じる健さん。 ザラザラしたモノクロ画面にたたきつけられる、若き日の監督による ギラギラしたハングリー精神と破壊的なエネルギーがたまらないです。 1971年和歌山生まれ。 著書に『シネマ・ガレージ 廃墟のなかの子供たち』(フィルムアート社)など。 「朝日新聞」「週刊文春」「TV Bros. 」「週刊プレイボーイ」ほかで定期的に執筆中。 今年のマイベストワンはです。

次の