重ね重ねありがとうございます。 重ね重ねの正しい使い方|ビジネスメールにおける重ね重ねの例文

今月もありがとうございました。

重ね重ねありがとうございます

「重ね重ね」の使い方・例文 相手に同じ内容を何度も伝えることは、基本的には失礼なことです。 しかし「前回言ったことでは足りない」「もっと言わなければならない」「もっと感謝したい」と思うことは多々あります。 「重ね重ね」は謝っても謝りきれない、お願いしてもまだお願いしないといけないといった思いを表します。 「重ね重ね」は使う頻度は少なくても、いざというときに重要な役割をする言葉です。 ここで「重ね重ね」の使い方について確認しておきましょう。 「重ね重ね」は繰り返し回数を重ねるという意味の他に、自分の気持ちを伝えるものとして使う場合もあります。 「重ね重ね」を使うことによって、気持ちの強さを伝えることができます。 「重ね重ね」の後に「の」が続く場合は名詞や名詞節を修飾する 「重ね重ね」の後に「の」が続くときは、「重ね重ね」がそれ以下の名詞や名詞節を修飾する場合です。 例としては、 ・重ね重ねの不幸 ・重ね重ねの謝罪 ・重ね重ねの警告 といったような使い方をします。 例えば、「重ね重ねの災難」といった場合は「災難が繰り返される」という意味になります。 「重ね重ね」を単体で使う場合 「重ね重ね」を単体で使うときは、「重ね重ね」がそれ以下の動詞を修飾するときです。 また「重ね重ね」がすぐ後ではなく離れた言葉を修飾したり、隠れた言葉を修飾している場合もあります。 例えば、「重ね重ね口うるさく言われる」と言った場合は、「重ね重ね」が「言われる」を修飾していて、「重ね重ね誠にありがとうございます」だったら、「重ね重ね」が「ございます」を修飾しています。 例としては、 ・重ね重ねお願いします ・重ね重ね申し上げます ・重ね重ねご迷惑をおかけしました といったような使い方をします。 「重ね重ね」はビジネスシーンでもよく使われている ビジネスシーンでは、 「重ね重ね」は主にお礼やお詫びをするときに使います。 親しい相手であれば、「本当にめちゃめちゃ感謝している」などと「どのくらいありがたいと思っている」のかを伝えることができますが、ビジネスとなればそうはいきません。 そのような場合「重ね重ね」を使うことで、気持ちの強さを伝えることができます。 例えば、ビジネスで使用する主な場面としては、 ・回復させるのが難しい段階の大きなミスを犯してしまったとき ・お客様からのクレームに対する返答として ・非常に頼りになった相手に対してのお礼として などが挙げられます。 使い方としては、謝罪するときに「重ね重ねお詫び申し上げます」や、感謝するときに「重ね重ねお礼申し上げます」とすることで謝罪・感謝の気持ちがより大きくなります。 ビジネスシーンでのお礼やお詫びは難しく、「本当に」や「深く」などの言葉を使ってもあまり気持ちが伝わらないものです。 「足りない」なと感じるとつい何度も同じ言葉を出してしまいがちですが、「重ね重ね」を使い、相手に気持ちを伝えられるようにしましょう。 ではそれぞれのシーンでの例文を見ていきましょう! 「重ね重ねありがとうございます」「重ね重ね御礼申し上げます」はお礼するときに使う 感謝の気持ちを強調したいときに「重ね重ね」を使います。 最初に「〜は大変嬉しく思いました」や「〜はありがとうございました」などとお礼の言葉を述べた上で、最後に「重ね重ね〜」を使います。 「重ね重ね」は 「今までに述べた〜などの感謝の気持ちにさらに重ねて」という意味になるので、冒頭で使わないようにしましょう。 「お礼」のときの使い方としては、 ・重ね重ね御礼申し上げます ・重ね重ねありがとうございます ・重ね重ね感謝いたします ・重ね重ね厚く御礼申し上げます になります。 例文 ・多大なるおもてなしに重ね重ね御礼申し上げます。 ・今回は当社の商品をお買い上げ頂き、ありがとうございます。 また貴重なご意見を賜りましたことを重ね重ね感謝申し上げます。 ・この度は私の依頼をお受けしていただいた上に、アドバイスまで頂き、重ね重ねお礼申し上げます。 「重ね重ね申し訳ありません」「重ね重ねお詫び申し上げます」はお詫びするときに使う お詫びの気持ちを表すときにも「重ね重ね」を使います。 「お礼」のときと同様、最初に「大変申し訳ありません」や「多大なるご迷惑をおかけいたしました」などと謝罪の言葉を述べた上で、最後に「重ね重ね〜」と使います。 「お詫び」のときの使い方としては、 ・重ね重ねお詫び申し上げます ・重ね重ね申し訳ありません ・重ね重ねすみませんでした になります。 例えば、「重ね重ねお詫び申し上げます」は自分のミスについて何回も謝ったけれど、「納得してもらえない」「認めてもらえない」といった場合や、まだ言い足りていないと思った場合に使います。 謝罪の意を伝えたあとに、それでもなお必要な場面に最後のダメ押しとして「重ね重ねお詫び申し上げます」を使うと効果的です。 例文 ・ご注文された製品は現在、販売中止になっていることにつきましては大変申し訳ありません。 重ね重ねお詫び申し上げます。 ・この度は当社の確認ミスによりご迷惑をおかけしましたことは、大変申し訳ございません。 重ね重ねお詫び申し上げます。 ・この度は、重ね重ねお手を煩わせてしまい大変申し訳ございませんでした。 「重ね重ね恐縮ではございますが」はお願いや依頼をするときに使う 何かを依頼するときは、 「重ね重ね」+「恐縮」の形で使います。 恐縮・依頼」のときの使い方は、 ・重ね重ね恐縮ではございますが ・重ね重ねのお願いで大変恐縮ではほざいますが ・重ね重ね恐縮に存じますが になります。 「重ね重ね」+「恐縮」を使うときは2通りあります。 ・前にお願いしたことを再びお願いするとき ・とても恐縮していることを強調して、何かを強く頼むとき 「お願いする」という意味で使う場合、「自分が何度も頼んでしまい申し訳なく思っている」か、「相手に何度も頼んでいるのに同じことをするので困っている」のどちらかのニュアンスになります。 「恐縮しながら強く頼む」という意味で使う場合、「恐縮」と言わずに「重ね重ねお願い申し上げます」という形でもよく使われます。 また、相手に何かお願いするときに、 「重ね重ね申し訳ありませんが」というフレーズが使えます。 これはクッション言葉と言われ、本題の前に添えて使用することにより、丁寧で柔らかい印象を与えることができます。 この言葉の後には、「〜していただけませんでしょうか」や「〜をお願いいたします」といった依頼を表す言葉がきます。 例文 ・先日送って頂いた資料をこちらの手違いで無くしてしまいました。 重ね重ね恐縮ですが再度お送りいただけますでしょうか。 ・重ね重ね恐縮に存じますが、今回の案件は見送りとさせて頂きました。 申し訳ございません。 その他の「重ね重ね〜」 「重ね重ね」はお礼・お詫び・恐縮以外でも様々な場面で使われます。 例としては、 ・心温まるお言葉に重ね重ね感服いたしました ・重ね重ねご自愛ください ・重ね重ねの質問で申し訳ありません ・重ね重ねどうぞよろしくお願いいたします といったようになります。 「重ね重ね」の注意点 「重ね重ね」はとても便利な言葉です。 しかし使用するのに相応しくない場面もあります。 間違わないようにするために「重ね重ね」を使う際の注意点を知っておきましょう。 「重ね重ね」の誤用に注意 「重ね重ね」を使用する際は、後に続く言葉に注意する必要があります。 ・名詞が続く場合は「〜の」を入れる ・動詞が続く場合は「〜の」を入れない という点です。 例えば、「重ね重ね説明をしておりましたが」は間違った使い方で「重ね重ねの説明をしておりますが」が正しい使い方です。 また「重ね重ね」は文字の通り、「何かが重なっていない状況」では使用できません。 例えば、「この度は、当サービスをご利用いただき重ね重ねお礼申し上げます」だと何と何を重ねているのでしょうか。 「サービスを利用してくれた」ということだけに感謝したい場合は、「重ね重ね」は相応しくなく、相手からしたら違和感を覚えてしまいます。 こういった場合は、「この度は、当サービスをご利用いただき誠にありがとうございます」と言うのが適しているでしょう。 「何かが重なっている状況」だとしても、「お礼」のときは「お礼」しか重ねられず、「お詫び」のときは「お詫び」しか重ねることができません。 忌み言葉 「忌み言葉」とは 結婚式や葬儀の場において、使用を控えた方がいいとされている言葉のことです。 例えば、切れる・割れる・別れる・離れるなど不吉なことを連想させるような言葉があげられます。 この他にも、 同じことを繰り返す「重ね言葉」が良くないとされています。 例としては、返す返す・再び・くれぐれも・たびたびなどがあげられ、 「重ね重ね」もまさに重ね言葉となります。 多用 「重ね重ね」を使うことによって、感謝やお詫びの気持ちを強調することができますが何回も使用しないように気をつけましょう。 「重ね重ね」は、 何回も使用してしまうと「強調している」というよりも「しつこさ」を与えてしまします。 重ね重ねお詫び申し上げます。 重ね重ねお詫び申し上げます。 くれぐれも (意味:何度も心を込めて依頼・懇願したり、忠告したりするさま) 「くれぐれも、お忘れ物のないようにしてください」 「時間を過ぎますと入室できませんので、くれぐれもご注意ください」 次に、あまり使われない「重ね重ね」の類語を紹介します。 「複数回」という点は共通していますが、言葉によってニュアンスや強調するポイントが若干違いますので、ニュアンス別に紹介していきます。

次の

重ね重ねありがとうございます。

重ね重ねありがとうございます

このような場で「重ね重ね」を用いると、夫婦の離別や死別が続くことを連想するため、縁起が悪いと言われています。 「お願い」「ご依頼」「説明」のような名詞の前では「重ね重ねの~」という言い方になります。 「重ね重ね」を頻繁に使うことで、相手に誠意が感じられないと受け取られ、逆効果になることがあるので注意しましょう。 「重ね重ね」の類語 次のような言葉がありますが、「重ね重ね」とは微妙にニュアンスが異なるのでそのまま置き換えられない言葉もあります。 重ねて 「重ね重ね」は「重ねて」を繰り返した言葉なので、「重ね重ね」とほぼ同様に使用できます。 かえすがえす 「かえすがえす残念だ」など、過去の出来事について、悔やむ気持ちを表わすので、少しニュアンスが異なります。 重々(じゅうじゅう) 「重々承知の上で」など、「十分に」、「よくよく」の意味で使われることが多い言葉です。 度々 「何度も繰り返して」、「しばしば」の意味で、「重ね重ね」を繰り返しの意味で使う場合と同じように使えます。 「重ね重ね」のように改まった言葉ではないので、ビジネスでよく使う表現です。 再三 問題が繰り返されることへの非難の意味があるので、そのまま置き換えては使えません。

次の

重ね重ねありがとうございます。

重ね重ねありがとうございます

「重ね重ね」は、ビジネスシーンで多く用いられるとご紹介していますが、それだけに使う際のマナーや使ってはいけない場面についての知識も深めていくことが重要です。 「重ね重ね」を使うにあたって、もっとも注意しておかなければいけないことをいくつか挙げておきますので、ぜひチェックしておくようにしましょう。 例えば、「重ね重ねの不始末をお詫びいたします。 重ね重ね、申し訳ございませんでした」のような表現のしかたはとてもくどく感じてしまいます。 「重ね重ね」自体に「何度も繰り返す」という意味があるのにもかかわらず、二回使っていること、また文章として書き表した時の「重ね重ね」という字面を考える面でも、あまりいい表現ではありません。 特にメールや手紙など文書内で使う場合はなるべく文末で使うことを心がけましょう。 文章の最後の部分、まとめや総括の意味で気持ちを伝える時のとっておきの表現として用いるほうが、先方により強く感情が伝わる効果も期待できます。 「忌み言葉」はお葬式などの弔事、または結婚式などの慶事において避けたほうがいいとされる言葉で、「重ね重ね」はこの両方の場合に当てはまる言葉のため、注意が必要です。 お葬式の場合、故人を悼む気持ちがどんなに強くても、「重ね重ねお悔やみ申し上げます」とは絶対に言いません。 「重なる」という言葉もそうですが、同じ言葉を二回繰り返していることが「不幸が連なっていく」と連想させてしまうことから、「重ね重ね」はふさわしくないとされています。 また、結婚式の場合も「重ね重ね」のように同じ言葉を繰り返している表現は好まれません。 結婚はおめでたいことながら、繰り返し「結婚する」ことは「離婚」を意味しているともいえますから、「重ね重ね」のような言い回しは避けなければならない表現だとされています。 「重ね重ね」の例文 「お詫び」の気持ちを伝えたい時、より深く謝罪していることを表現できるのが「重ね重ね」です。 先にご紹介しているように、ビジネスシーンではよく用いられる表現ですので、しっかりと確認しておくことをおすすめします。 「すみません」という言葉の意味は曖昧であり、あるいは謝罪ではなく感謝の気持ちを表しているとも言えますから、この表現方法は日常でもしばしば使われる表現です。 逆に、ビジネスシーンでは自分に身近な存在に向けてのみ使用し、上司や取引先など目上の人にはあまり使わないほうが無難です。 先ほど挙げた例文とは逆に、職場の上司や先輩など目上の人を対象にしている少しかしこまった場面の「重ね重ね」のため、「すみませんでした」と続けるよりもふさわしい「申し訳ありませんでした」が使われています。 この場合も、ビジネスシーン、プライベートシーン両方で用いることができるので、覚えておくようにしましょう。 例文の場合は、「連絡をいただいたこと」と、「依頼を快諾してくれたこと」の二つについて、お礼を述べています。 また、たいそうなお祝いの品まで頂戴しましたこと、重ね重ね御礼申し上げます」 一つの文章ではなく、一度「ありがとうございました」とした後に、もう一度感謝の気持ちを表すための「重ね重ね」と「御礼申し上げます」を添えた表現です。 このように、「重ね重ね」は最上級に相手を敬った表現をする場合にもふさわしい表現方法です。 繰り返しや念を押す意味での「重ね重ね」 主に使用される「お詫び」や「お礼」、「感謝」を伝える場合以外にも、「繰り返して~する」であったり、「念を押す」という意味合いで「重ね重ね」という表現を使うことがあります。 直接言葉で伝える場合よりも、手紙やメールなどでの書き言葉としての表現で、多く用いられます。 これも大変便利な表現ですから、ぜひどんな場合に使われるのかと合わせて覚えておくといいでしょう。 「重ね重ね恐縮ですが」 ・「商品は、大変お手数ですが着払いにてご返送いただくようお願い申し上げます。 また、重ね重ね恐縮ではございますが、その際にアンケート用紙もご同封いただけると幸いです」 何度もお詫びしなければならない状況も心苦しいものですが、例文のように一度に何度もお願い事をしなければならない場合にも、申し訳なさを伝えるために「重ね重ね」を使うことができます。 こちらの都合を押し付けるだけではなく、相手の都合についても配慮していることをアピールできるというメリットがあります。 主としてビジネスシーンで使われる場合が多いですが、こうした心づかいが感じられる言葉遣いができると、高い評価を得ることができます。 「重ね重ねご自愛ください」 ・「梅雨も明けましたが、今年の夏も厳しい暑さが予想されています。 重ね重ね、どうぞご自愛くださいませ」 主に、手紙で用いられる表現である「ご自愛ください」を強調するために「重ね重ね」を使っていますが、「ご自愛ください」は「どうぞ体に気をつけてください」という意味ですから、相手を心配し労わっている気持ちが十分に伝わる表現になっています。 話し言葉で気持ちを伝えるよりも、手紙など文書で伝える場合はよりかしこまった表現が求められることが多いですから、「重ね重ね」などと一緒に「ご自愛ください」などの表現もあわせて確認しておきましょう。 「重ね重ね」の類語 「重ね重ね」は、「度々」、「重ねて」、「重々」、などのような言葉で言い換えることもできます。 「重ね重ね」を使う時のマナーについてでもご紹介しているように、「重ね重ね」を多用することは避けなければなりませんから、同じ意味でも別の言い回しや表現を覚えておくと便利です。 「度々」 ・「度々で申し訳ございませんが、ご回答よろしくお願いいたします」 「度々」は「たびたび」と読み、同じ状況が何度も繰り返し行われるさまを表しています。 この例文では、「何度も同じことを繰り返していて心苦しいけれども」というお詫びの気持ちが込められています。 「重ねて」 ・「前回の件も含めまして、重ねて御礼申し上げます」 「重ねて」も同様、同じことが何度も繰り返された上で、という様子を意味しています。 普段の会話ではなかなか使う機会がないように思えますが、お礼状などの文書で感謝の気持ちを表す時によく使われる表現です。 「幾重にも」 ・「今回ご助力いただいたことにつきましても、幾重にも御礼申し上げます」 「幾重にも」は「いくえにも」と読み、何重にも重なっているさまを表している言葉です。 何度も繰り返しお礼を言っても言い足りないくらいに感謝しています、という気持ちを表現しています。 やはり、会話よりも文章表現で用いられることが多いです。 「重々」 ・「このたびの不始末については、本当に申し訳ございませんでした。 また、それについて多大なご迷惑とご心配をおかけした点についても重々お詫び申し上げます」 「重々」は「重ね重ね」を漢字だけで表していて、意味も同じく「何度も繰り返して」といった様子を表現しています。 一つ謝罪しなければならないことがあって、さらに謝らなければならない、といった状況の時にこのような文章で用いられます。 また、「重々承知している」のように、「何度も繰り返している」から転じて「十分に」という意味合いで使われることもあります。 「くれぐれも」 ・「くれぐれもお体を大切になさってください」 「くれぐれも」は、「重ね重ね」の意味合いの中でも「念入りに」のほうにより近い意味で使われる表現です。 「ご自愛ください」の時のように、相手を心から気づかっているということを伝える場合にふさわしい言葉です。 「再三」 ・「再三のお願いで大変恐縮ではございますが、今週中のお返事をお待ちしております」 「再三」は、同じことを二度三度と繰り返している様子を表しています。 「再三再四」という言葉は、この言葉を強調する四字熟語になります。 同じような依頼を何度も繰り返している場合に、催促する意味でこのように表現する方法もあります。 「再三のお願いではありますが」とするだけでは少し失礼だと捉えられてしまう場合がありますので、「恐縮ではありますが」などの言葉と一緒に使うようにしたほうが無難です。 言葉遣いは正しい理解と知識で!.

次の