水虫 じゅくじゅく。 皮膚科で出る水虫の薬の効果、副作用 ステロイドも使う?なぜ?|アスクドクターズトピックス

水虫かも?水虫の原因、症状と正しい治し方とは

水虫 じゅくじゅく

Contents• 水虫の治療は皮膚科で診てもらえるの? 水虫の治療をしてもらおうとすると、病院では何科に行けばいいのか? 真っ先に思い浮かぶのは 皮膚科だと思います。 そして、水虫の治療は皮膚科で行ってもらえます。 実際に皮膚科に行くと、どのような治療が進められるのでしょうか? 顕微鏡検査 まず最初はそれが本当に水虫なのかどうかの検査が行われると思います。 そのために• 「顕微鏡検査」• 「血液検査」 といったことが必要に応じてされるでしょう。 検査前に市販薬などを使っていると、水虫の原因菌である白癬菌がうまく検出されないケースもあるようなので、受診する前は薬の使用は控えたほうがいいですね。 ここで 白癬菌が検出されると、水虫だということになります。 外見から水虫のような症状が見えたとしても、ここで水虫の原因菌の白癬菌が見つからなければ、違う病気が原因だということになるので、治療方針も変わってきます。 薬による治療 白癬菌は抗生物質などが使えないことから、抗真菌薬で治療が行われるのが一般的です。 それは主に、内服薬と外用薬で処方されると思いますが、どちらになるかは医師の判断によるでしょう。 また、爪の水虫の場合には内服薬でないと治療が行えないということもあるので、もし爪にまで水虫が広がってしまったらきちんと皮膚科にいって治療してもらいましょう。 水虫の治療はどのくらいの期間が必要なの? 水虫にかかってしまい病院にいって診察をしてもらい、治療についていろいろな話が聞けたり内服薬や外用薬など処方してもらえると思います。 ただ、水虫の治療の期間が長くなってしまうと、 このぐらいの期間がかかると考えられています。 もちろん個人差や症状の重さ、水虫の種類などさまざまなことが関係してくると思いますが、水虫の治療期間って結構長いんですね。 これは、白癬菌が広がってしまった部分が、新しい細胞に変わるまでの期間なのですが、 白癬菌が広がっている角質層が新しいものに変わるまで1~3ヶ月くらいかかると考えられているからです。 そして、爪の場合は全て新しくなるまでに半年ほどの期間が必要になると考えられているからですね。 そして、この長い期間薬をきちんと服用、塗布し続けなければなりません。 水虫が再発しやすい理由 水虫の薬をつかっていると、1週間~数週間ほどでその痒みなどが引いてくる事が多いため、それで治ったと勘違いしてそのままにしてしまう人が残念ながら多いようです。 そうすると• クリーム• スプレー• エアー• パウダー など、水虫の症状に合わせて使い分けることが必要です。 足の指の間のグジュグジュした水虫に 趾間型• 水疱でグジュグジュした水虫に 小水疱型• 足の指の間のカサカサした水虫に 趾間型• 足の指の間のカサカサした水虫に 趾間型• 水疱でつぶれていない水虫に 小水庖型• 足裏などの広範囲に広がる症状に最適です。 足の指の間がカサカサした水虫 趾間型• 足の指の間のじゅくじゅくした水虫 趾間型• 水疱でじゅくじゅくした水虫 小水疱型 このような感じで、• カサカサしているのかジュクジュクなのか?• 足の裏など広範囲に広がっているのか?• 水泡は潰れているのかそうでないのか? など自分で症状を見て、どのように治療していきたいのか判断しないといけません。 あとがき 自己判断で市販薬を塗っていて治らないという人はなにか治療の仕方が間違っているのだと考えられます。 水虫にも様々な種類があるので、あなたの水虫の症状にあった治療をしていくためにも、医師に相談するのは最も近道で確実な方法だと思います。 また、水虫も初期段階で対応すると、やはりその分だけ治りも早くなります。 これが爪にまで及んだりすると、治すのに時間がかかってしまうことになるので、ちょっとでもおかしいと感じたら、市販の薬でもいいから何かアクションを起こすことが大切ですね。

次の

ジュクジュク水虫にはパウダースプレータイプの水虫薬がおすすめ!|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

水虫 じゅくじゅく

指と指の間にできたジュクジュクした水虫で悩んでいる人も多いと思いますが、そもそも水虫は大きく3つのタイプに分かれています。 ・じゅくじゅくタイプ(趾間型):足の指の間にできやすい ・ぶつぶつタイプ(小水泡型):足の縁や土踏まずにできやすい ・カサカサタイプ(角質増殖型):かかとや指の付け根にできやすい そして水虫薬の種類としては ・液体タイプ ・軟膏タイプ ・クリームタイプ ・スプレータイプ ・パウダースプレータイプ の5つのタイプがあります。 ちなみに爪の水虫、いわゆる爪白癬の場合は飲み薬で対応します。 (市販の薬では爪白癬の治療は行えません。 ) つまり3種類の水虫のタイプを5種類の水虫薬のいずれかで対処する事になりますが、一番多い水虫の種類が 「ジュクジュクタイプの水虫」になります。 そこで今回はジュクジュクした水虫に非常に効果的である 「パウダースプレータイプ」の水虫薬のおすすめを紹介したいと思います。 ぜひジュクジュク水虫で悩んでいる人は参考にしてみてください。 パウダースプレータイプが水虫に効く理由 ジュクジュクした水虫に使用感がいい パウダースプレータイプの水虫薬は使用後がサラサラするのでジュクジュクした指の間がとてもすっきりします。 軟膏タイプやクリームタイプでも問題はありませんが、やはり使った後のべたつきなどが解消されるのは大きいでしょう。 スプレータイプは手間がかからない 塗り薬とは違い、手を汚すことなくスプレーするだけでOKなので余計な手間がかかりません。 細かな部分にもパウダーが行き届きます。 手で細かく丁寧に塗るのが面倒な人や手を汚したくない場合などにはバッチリです。 クリームの水虫薬と違って乾燥が早い パウダースプレータイプの水虫薬はスプレーした瞬間に乾燥しています。 そして使った後は乾燥している状態なので、靴下を履いたりストッキングを履いたりサンダルを履いたりする事が可能です。 これがスプレータイプ以外だと乾燥するのを待たなければなりません。 水虫薬パウダースプレータイプのデメリット パウダースプレーは価格が高い 塗り薬とは異なりスプレータイプの水虫薬はついつい広い範囲にスプレーしてしまいがちです。 またスプレータイプの水虫薬は価格がクリームタイプや液体タイプの水虫薬よりも価格が高めに設定してある事がほとんどです。 ですからパウダースプレータイプは価格の面では若干割高になってしまいます。 塗る時にムラができやすい スプレータイプの水虫薬は患部の上から吹きかける事になりますので、スプレーする距離やスプレーする時間によってはバラつきが出てしまう可能性があります。 傷がある所は不適当 スプレータイプにはエタノールが配合されています。 これは薬の成分を溶かすために使われるもので、傷口がある所にスプレーしてしまうとしみてしまう事があるのです。 そしてたびたび「しみるのが薬が効いているからいいんだ」という方がいらっしゃいますが、しみても効果があるわけではなく、ただ無駄にしみているだけであり、場合によっては炎症をさらに広げる事にもつながるので止めましょう。 ジュクジュク水虫に効くパウダースプレー薬 ダマリンパウダースプレーDX かゆみ、炎症、そして爽快感がプラスされた薬です。 抗真菌薬として効果も高い「テルビナフィン」を配合。 さらにリドカインを配合する事でかゆみの感覚を抑え、グリチルレチン酸により水虫部位の炎症を鎮める事ができます。 価格も他のパウダースプレータイプの中では比較的安い1600円(90g)です。 実際の店頭やネットではさらに安くで購入できます。 ちなみにダマリンには「ダマリングランデパウダースプレー」という水虫薬も発売されていますが、価格を考えればダマリンパウダースプレーよりも高く、効果はほとんど変わりませんので、ダマリンパウダースプレーがおすすめです。 ブテナロックVa爽快パウダー かゆみに効く水虫薬としては全水虫薬の中でもトップクラスのパウダースプレーです。 抗真菌薬としてはこちらは「ブテナフィン」を配合。 (上で紹介したダマリンの成分テルバインと同様に強い効果を発揮します) そしてかゆみに効くクロルフェニラミンマレイン酸・クロタミトン・リドカインと3つも配合。 さらに殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノール、爽快感のあるメントールも配合されています。 価格は2200円と多少高めになっていまいますが、ブテナフィン配合のスプレータイプではかなりお求めやすい薬となっていますし、かゆみがひどい水虫には申し分ない効果があります。 かゆみに効く成分を3種類も配合している水虫薬はそうそうありません。 水虫薬はタイプによって効果が異なる? 水虫薬のスプレータイプとクリームタイプや液体タイプと比べて効果が違うのかと言えば、大きな違いはありません。 配合されている成分が同じ以上、同じ効果を発揮します。 しかしジュクジュクした水虫に対しては液体タイプなどは使用感が悪く、薬の浸透も悪いため、薬を使い続ける上でおすすめしません。 ですから上記で紹介しているメリット・デメリットを踏まえて、ジュクジュク水虫にはパウダースプレータイプが有効と言えます。 水虫薬の価格を安く済ませる方法 スプレータイプに限らず、水虫の治療には薬を長期間使用しなければなりません。 場合によっては3か月ほど必要になってくるケースもあります。 するとスプレータイプの水虫薬を使用し続けるのは価格の面でもデメリットが大きいです。 ですからおすすめな水虫薬の選び方としては初めのうちはスプレータイプを。 後半は使い切る事も考えて量の少なめのクリームタイプなどに切り替える方法がおすすめです。 そして切り替える際には同じ抗菌成分を使用するようにしましょう。 例えばスプレータイプでダマリンパウダースプレーDXを使用したならば同じ「ブテナフィン」を主成分とする水虫薬を使用しましょう。 価格を考えるならば「ビタトレール ヒフールV7クリーム」が効果も高くおすすめです。 ネットで購入できます。 そしてもしブテナロックを使用していた人は、「ブテナフィン」を配合している水虫薬を選らんでください。 ラミシールATクリームが価格を考えるとおすすめです。 こちらもネットで購入可能です。

次の

現役の薬剤師がおすすめする水虫薬の選び方【2019年】

水虫 じゅくじゅく

の症状には足の指の間がジュクジュクしてかゆいものもあれば、カサカサしてのないものまでさまざまなものがあります。 また、最近ではと呼ばれる爪白癬も広く知られるようになっています。 北里大学北里研究所病院皮膚科部長の佐藤友隆先生に症例写真を見せていただきながら、それぞれの症状を解説していただきました。 水虫の症状 趾間(しかん)型 趾間(しかん)型 趾間(しかん)型 指の股のところがジュクジュクしていると表現されるのが趾間型の特徴です。 顕微鏡検査(鏡検)のために検体を採取する場合には、端の浮いているようなところに真菌がいるので、その部分から採取します。 また、この写真の例では小指の爪をみると、爪白癬を合併していることがわかります。 小水疱型 小水疱型 赤いボツボツの部分が典型的な水疱です。 しかし少し離れたところはガサガサしていて角質増殖型に似ています。 このように明確に水疱だけのものというのは少なく、他の種類がオーバーラップしていることは珍しくありません。 小水疱型では、赤くなっている水疱のところに真菌を確実に見つけることができます。 自分の免疫が発動して真菌を身体から追いだそうとする反応が水疱となってあらわれているからです。 角質増殖型 角質増殖型 角質増殖型では皮膚の表面がごわごわした感じになりますが、はほとんどありません。 冬になるとかかとがガサガサになるというのも症状のひとつです。 まれに角層の角化がひどくなると割れて痛いという方もいますが、白癬そのものが悪化しているというわけではありません。 かゆみがないため気づかないない方も多く、爪白癬が気になって受診された方を調べてみると角質増殖型も合併しているという例は珍しくありません。 爪白癬 爪白癬にもいくつかの種類があり、臨床分類が分かれています。 爪白癬 爪白癬 爪にコロニー(菌の集落)のように色がついている部分があります。 これは白癬でもっとも多くみられるトリコフィトン・ルブルムという種類の菌が原因です。 高齢の方の場合、爪白癬を加齢による変化だと思って放置されている方が少なくありません。 体部白癬 白癬の特徴のひとつである(かんじょうこうはん)が見られます。 このような激しい炎症は動物好性菌によって引き起こされるか、またはヒト好性菌の場合でも、自分から自分、つまりご本人がすでに爪白癬にかかっていて、それが別の部位に移ってきた場合に多くみられます。 さらにステロイド外用剤などの外用によって修飾された異形白癬などでも環状紅斑が拡大します。 爪では永らく寄生関係が成立していたものが、他の場所に移ってきたために激しい症状を引き起こしたと考えられますので、こういったケースでは必ず爪を確認する必要があります。 糖尿病や動脈硬化は二次感染が重症化する要因 白癬菌に感染していると、通常の状態でも皮膚につくことの多いコリネバクテリウムやブドウ球菌、緑膿菌などの細菌が二次的に感染することがあります。 このとき、患者さんがやの素因を持っていると、これらの二次感染から壊疽(えそ)といって、炎症部分に血液が流れなくなり組織の一部が死んだ状態になることもありえます。 当院にも現在、壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)という重篤な感染症で入院している患者さんがいます。 高齢の方の場合、程度であればいまさら治療しなくても、とおっしゃる方がいますが、どのような年齢の方であっても治療はすべきです。 (ほうかしきえん)といって、皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけて細菌による化膿性の炎症を起こすこともありますし、皮膚血管炎のある方なども壊疽のリスクが高くなります。 糖尿病の患者さんに爪白癬があると壊疽のリスクが高くなるということは、言い換えれば糖尿病の方に爪白癬が見つかった場合、PAD(peripheral arterial disease:末梢動脈疾患)による末梢動脈の閉塞症状を見つけるサインであるともいえます。 介護老人保健施設などでは、さまざまな疾患を抱えた方に対してどの治療を優先するかという問題もありますが、爪白癬を放置して二次感染から蜂窩織炎を起こした方が当院に送られてくるということもあります。 そういった事例が多い施設には、日常的な足のケアを行なってもらうよう依頼します。 水虫は感染症ですので、治療するならば早いうちに越したことはありません。 また、高齢になるほど罹患率が高くなるということは、爪が伸びる速度が遅くなるため治りにくくなるということを意味しています。 症状が軽くて済んでいるうちはよくても、自分の身体にさまざまな病気が起こったとき、いずれリスクとなることを意識しておくべきです。

次の