ぎゃら どす。 【ポケモンUSUM】マンタインサーフで50BP・20万点以上稼ぐ方法【オーバーザギャラドス】

ギャラドスの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ぎゃら どす

第8世代からは、特性『きもったま』『せいしんりょく』『どんかん』『マイペース』の相手には無効。 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンホームで移動• 野生のギャラドスを捕まえる• 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 すべての攻撃後、自分の『ぼうぎょ』ランクが1段階下がり、『すばやさ』ランクが1段階上がる。 [Lv. 23 ORAS〜DPt ,Lv. 『フェアリー』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 [Lv. 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 [Lv. 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。

次の

【ポケモン剣盾】ギャラドスの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ぎゃら どす

事前準備• 全基本テクニックを習得しておく• 全てのサーフエリアで1位を取りオーバーザギャラドスを習得• 距離の長いウラウラビーチでマンタインサーフ まず、全サーフエリアで高得点を出し基本テクニック全てを習得しておきます。 全部で5個 技の種類や基本的なことは以下のページを参照。 次に、高得点が取れるようになったら全サーフエリアで1位を目指し 「オーバーザギャラドス」を習得しておく。 最後に、一番距離が長く高得点を出しやすいのが 「ウラウラビーチ」なのでウラウラビーチで高得点を出す練習をしてみましょう。 慣れれば他のサーフエリアの方が短く50BPも狙えるので、慣れてきたらアーカラビーチ辺りが効率がいいです。 単純に高得点を狙うならウラウラビーチでいいでしょう。 以上で事前準備は完了です。 50BPもらえる14万3000点以上を出す方法 基本的な操作や高得点の出し方は下記ページを参照し、このページでは補足として50BPもらえる14万3000点以上の出し方を記述します。 常にオレンジ色をキープ スピードは 波を下った際に加速するため、 波に向かい右方向へ入力後、波の 頂上付近へ来たら左へ入力しスピードを上げて、この動作を繰り返し オレンジ色を常にキープします。 波が高い場合は 波の頂上から波の終わり際まで 一気に下ると加速させやすいため、波が高い場合は可能な限り長く下るよう意識します。 スピードを加速する最中、障害物やおじゃまポケモンが多数いますが、可能な限り避けるようにします。 すべて避けられなくても14万5000点以上は狙えるので、もし障害物に当たってしまっても諦めず最後までやってみましょう。 割と細かな操作が可能なので細かく左右移動すれば比較的容易に避けられます 障害物が多い場所では細かく左右移動が必要になるシーンがあり、スピードが上げにくい場合は、左右入力を細かく行い障害物が少ない場所を狙うよう意識して波に乗りましょう。 白い輪を意識して技を入力する 波をジャンプ後、マンタインの周りに 白い輪が出て消えたあと花火のようなエフェクトが出ますが、この 白い輪が消えて花火が出ている間に方向を入力することにより高得点が出やすいので意識して入力するようにしましょう。 コツとしては 白い輪が消えた瞬間より若干遅らせ気味に入力すると成功しやすい。 ただ、難しいので繰り返し練習しよう。 着水は失敗しないようにする 着水は得点が高いほど着水ボーナスが高くなります。 着水を失敗してしまうと点数が稼ぎにくくなってしまうので、着水は必ず成功させるよう意識しましょう。 で説明した白い輪を意識して入力するようにすると、入力が遅れやすく着水が失敗する恐れがあるので要練習。 コイキングスペシャルで高得点を狙う コイキングスペシャルは技入力を失敗した際に出る失敗技ですが、 1回のサーフ中に1度だけならボーナス補正がかかり高得点を出すことができます。 その場合次の技を即座に コイキングスペシャルに変えるとより高得点 9000点くらい出る が狙えます。 注意点として、前述のようにコイキングスペシャルはそのサーフ中につき1度だけ高得点が出る技なので、ここぞという時だけ使うようにしましょう。 2回目以降は雀の涙程度の点数になります。 オーバーザギャラドスでさらに高得点を狙う 5. で説明したようにコイキングスペシャルを使うと高得点が出るので、その直後のジャンプで オーバーザギャラドスを出しさらに得点を伸ばします。 オーバーザギャラドスの特徴は、 1つ前のジャンプの点数が高ければ高いほど得点が伸びる技になっていて、コイキングスペシャルを出した後に狙うとかなり高い点数が狙えます。 逆に、通常のコンボの後に使うと得点が伸びずもったいないので 必ずコイキングスペシャルを取り入れたコンボのあとに行います。 コイキングスペシャルコンボ後のジャンプでうまくオーバーザギャラドスを決めると、 2万点前後を狙えます。 オーバーザギャラドスを決めた後も1回分技を出す猶予があるので、硬直が少なく出しやすいスクリューサクラビスまたはスクリューハンテールを繋ぎます。 安定を取る場合は前述のスクリューサクラビスまたはスクリューハンテールに繋ぎましょう。 同技補正を理解する 2. で触れましたが、同じ技を連続して使用してしまうと 「同技補正」がかかり得点が低くなってしまいます。 また、同技補正は 連続使用時以外に 一つ間隔を空けて使った場合でもかかります。 この同じ技を使わない方法をせず点数を稼ぐためには、補正がかかっても比較的高得点を狙える技の出し方をする必要があります。 まず、同技補正をわざとかける場合• これを利用し例として高波時に1回目のジャンプで• また、中波時はランターン360でもアシレーヌフリップでも波の高さボーナスが似たボーナス量しか出ないためあえて• 以上が同技補正の仕様と、同技補正も使いつつ高得点を出す方法です。 以下にコンボ例を記述します。 低波から開始されるので• あとは前述のコイキングスペシャルとオーバーザギャラドスのコンボを取り入れることによりさらなる高得点を出すようにしましょう。 あとは高得点ジャンプを決めつづけゴール 上記のコンボを決めて、それ以外のジャンプもしっかり決めれば6000点前後、高い時は7000点前後出るので、それを決めつづけてゴールすれば大体14万5000点以上は固いです。 14万5000点以上出せば最大BPの50BPを獲得することができ、完了です! 同技補正をしっかり理解しつつ、ミスなく終えることができれば20万点以上も夢ではありませんし可能です。 14万5000点以上は完全に記録狙いなので50BPを取るだけなら気にしなくていいです。 補足と注意点 コイキングスペシャルとオーバーザギャラドスは 1回のマンタインサーフにつき1回限りしか高得点が出せないので、高得点が稼げるように出す。 記録を狙うなら前述のコンボ例以外にも、補正がかかってないランターン360のあとにコイキングスペシャルを狙ってもいいし、難しいけどオーバーザギャラドスのあとにアシレーヌフリップに挑戦してみるのもいいでしょう。 コイキングスペシャルとオーバーザギャラドスは 画面 わざリスト に表示されない技だが、 コイキングスペシャルは最初から解禁されていて、 オーバーザギャラドスは全サーフエリア1位を取ることによりなみのりピカチュウと同時解禁される。 毎ジャンプ6000~7000点出せるよう練習して、しっかりコイキングスペシャルコンボからオーバーザギャラドスを決めれば、 50BP稼ぐのは固いです。 万が一14万5000点出なくても、14万点超えれば46BPほどもらえるので可能な限り14万点は超えるようにしましょう。 14万点以下はBPが大幅に少なくなるので注意です。 まとめ BPは今までバトルツリーで稼ぐことしかできませんでしたが、作業感も強く連勝しなければならず、バトルツリー用のポケモンを育成する必要もあり、50BP稼ぐのもかなり大変でしたが、このマンタインサーフにより比較的容易に50BPも稼げるようになったため、BPを使用するコンテンツに関しては以前より断然 精神的にも 楽になったと思います。 教え技が必要な対戦ポケモンの育成や、メガストーンを必要とするポケモン、複数道具を用意しておきたい場合など楽にできるようになったと思います。 凄い高得点が出るんですね、検証時は失敗しないようにと思ってたので調べてませんでした。 こちらでもまた検証でき次第記事に反映してみます。 ちょっと最近忙しいので記事反映遅れるかもですが…。 着地狩りサメハダーに関してはこちらでも完璧な避け方が把握できてません、ごめんなさい…。 個人的には左入力を入れ込んでおけば少しでも距離が空いていれば避けられるので完璧に着地を合わせてくるサメハダーでなければ避けられると思います。 ただ、ジャンプ前に予見できているタイプのサメハダーならジャンプタイミングを若干ずらしてみたりすると避けやすいです。 当時マンタインサーフをやりまくってた時に色々調べたり自分でも実践してみたり調べたりしてた時も、着地狩りサメハダーは運ゲーって感じだったのでシステム的に無理なのかもしれませんね…。

次の

ギャラドス|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

ぎゃら どす

「パワーウィップ」の追加により「ウォッシュロトム」でも止まらなくなったため、非常に強力な型になっています。 状態異常を対策しつつ、「りゅうのまい」で相手を起点にする立ち回りが強力です。 相手を倒しやすくなるので、特性「じしんかじょう」と相性がよい。 相手の起点づくりや、ギャラドスの機能停止を狙う立ち回りに効果的。 「ダイスチル」によって、防御を上げながら戦える。 ひこうタイプは接触技を受ける機会が多いので「ゴツゴツメット」との相性が良く、物理アタッカーを受けつつダメージを稼ぐことができます。 タイプ不一致のため火力は期待できない。 ドラゴンと草タイプに対する打点。 水技との相性補完が良い。 「ミミッキュ」や「ニンフィア」などの、フェアリータイプに対して有効。 ギャラドスの役割と立ち回り 種族値の高いエースアタッカー ギャラドスは種族値が非常に高い上に技も豊富なため、優秀なエースアタッカーです。 今作では「ダイマックス」の影響もあり、 「技の威力が低い」というギャラドスの弱点が解決されました。 いかく撒きとしても優秀 ギャラドスの特性「いかく」は攻撃を下げられるため、物理アタッカーに対して有効な特性です。 エースアタッカーとしてだけでなく、防御方面に努力値を振ることで物理受けも可能になります。 ギャラドスと相性の良いポケモン ギャラドスが苦手な電気タイプに強いポケモン 「ギャラドス」は、電気タイプの技が4倍弱点のポケモンです。 そのため電気タイプに対して強い特性やタイプのポケモンと組み合わせることで、ギャラドスを活躍させやすくなります。 ダイマックスがなくとも行動出来るポケモンが、ギャラドスでダイマックスを使った後でも動きにくくならないため使いやすいです。 しかし、素早さが上昇したギャラドスに対しては返り討ちにあってしまう可能性があるため注意が必要です。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の