きゅうりの育て方プランター。 キュウリの育て方と栽培のコツ

キュウリ プランターの育て方

きゅうりの育て方プランター

鉢 鉢植えであれば、なるべく浅型ではなく 深型の鉢を選ぶといいでしょう。 サイズ 直径30㎝の10号サイズから大きめの深鉢 容量15リットル が適していると思います。 スポンサードリンク 育て方 まず先にきゅうりの株を選びます。 きゅうりの標準的なサイズの品種も鉢で育てられますが、ミニキュウリと呼ばれる品種が向いていると思います。 ミニキュウリは、一般的なきゅうりに比べると節と節の間が狭いので、生育のスペースの限りがある鉢にはお勧めです。 きゅうりはつるがよく伸びるし根もよく伸びます。 根が育つ範囲が狭いと、根詰まりを起こして生育不良になるために大きな容器、深型の鉢が必要になります。 用土は野菜栽培専用の培養士で大丈夫です。 鉢の真ん中にきゅうりの株を植えます。 なぜなら、後で、支柱を周りに立てるからです。 きゅうりは水切れを起こすと、つるの伸びが悪くなったりして実が大きく育たなくなるので、 水は十分にたくさん与えましょう。 水を与える時間帯は、朝方か夕方が良いでしょう。 もし水を与えても土が乾くのなら朝、夕方の2回水を与えましょう。 しかし、水を与えすぎて過湿にすると、病気の原因にもなるので気をつけましょう。 株を植え付け後、なるべく早めから支柱を立てたほうが良いでしょう。 支柱を立てて苗を誘引します。 立てる支柱の本数は、1本から3本などがありますが、3本の支柱を立て、上部を紐で結ぶのをお勧めいたします。 きゅうりは株がしっかりしてきたら、または、 植え付けしてから2週間ぐらいから1回目の追肥を行います。 きゅうりの株にちゃんと栄養がいくために合計3回は追肥をした方が良いでしょう。 きゅうりの成長は、とても早いです。 開花してからあっという間に実が大きくなります。 肥料切れを起こすと実付きが悪くなったりもします。 最初に実が2本から3本なったら小さいうちに収穫した方が良いでしょう。 それは、次の実が育ちやすいからです。 その後は、 標準的な品種でだいたい18cmから20㎝くらいになったら収穫します。 まとめ きゅうりの鉢での栽培は、畑で栽培やプランター栽培とさほど変わりはありません。 鉢では、きゅうり一株を栽培するので、管理がしやすく栽培するのが簡単かもしれませんね。

次の

キュウリ プランターの育て方

きゅうりの育て方プランター

夏野菜の代表格として欠かせないきゅうり。 日本できゅうりを野菜として栽培するようになったのは江戸時代のこと。 昔は苦みが強くイボがついていたり、皮に粉がついていたり、曲がっていたりするものが普通でした。 しかし品種改良が進み、今では苦みや青臭さがなく、イボも粉もついていないまっすぐなきゅうりが多いですね。 代表品種は「フリーダム」です。 小ぶりのトゲなしきゅうりで、やわらかい皮が特長的。 細かいトゲが刺さらず、楽に調理ができると好評です。 一戸建ての家庭菜園やマンションのベランダなどで育てるなら、草丈がコンパクトでたくさん収穫できる小型きゅうりがおすすめです。 逆に畑で育てるなら、大きく長く育つ昔ながらのイボありきゅうりが良いですよね。 小学生が自由研究できゅうりを育てることも多く、子供でも育てることができるほどお手軽で、ガーデニング初心者向けのきゅうり。 ぜひ、ご自宅できゅうりを育ててみてはいかがでしょうか。 ポットまき(9cm)は直径3cm、深さ1cmの穴を掘り、2、3粒を離してまいていきます。 箱まきなら幅2cm、深さ1cmの位置に種を1. 5~2cm間隔でまいていきます。 5mmほど覆土してから水やりを行いましょう。 注意点としては、深く植え過ぎないこと。 4、5日で発芽するので、ポットまきは子葉が出てきたら2品立ち。 本葉1枚になるころ、1本立ちに間引きます。 このとき、引き抜いてしまうと残った株の根を痛めることになるため、地際で切り取るようにするのが大切です。 箱まきは、子葉が開いてからポットに移植します。 定植までの育苗期間は約30日で、本葉3、4枚の苗にします。 葉が触れ合うようであれば、ポットの間隔を広げましょう。 発芽したら、風通しを良くして温度を下げます。 地這い品種の場合は、気温が上がってから露地に直まきします。 プランターの場合は、土の容量が20L以上の大きめの鉢を選び、1株植えをします。 置き場所は、ベランダなどの日当たりの良い場所がおすすめですよ。 支柱は、1列で栽培・株数が少ない場合には直立型。 支柱の長さは、210~240cmほどのものが理想的です。 2列であれば合掌型に支柱を立てていきます。 親づるがネットにしっかり絡みつくまでは、麻ひもなどでこまめにネットに結びつけましょう。 親づるが支柱の高さまで伸びたら、摘芯します。 定植したきゅうりの横に、支柱やネットを立てましょう。 支柱は1本だけでは不安定なため、最低2本を使い強度を高めます。 これで折れない・倒れない頑丈な支柱が完成です。 ネットは、広げていくことで緑のカーテンのように涼しげに。 たるまないよう、丁寧にピンと張るようにしましょう。 グリーンカーテンは見た目に涼しく、気持ちよさそうですね。 ベランダであれば、支柱とネットがセットになっているものも良いでしょう。 設置が楽なので、初心者の方にはおすすめです。 【病気】 ・うどんこ病:葉表面に、薄く白い粉状のカビが発生。 葉・茎が奇形になり、ひどいと黄色くなり枯れてしまいます。 初期段階から発見しやすい病気です。 特徴として、湿度が低く乾燥しているときに発生しやすいと言われています。 対策としては、発病した葉は切り取り早めに処分しましょう。 ・ウイルス病:葉に緑の濃淡のモザイク症状が出て、生育・着果の悪化が起こります。 原因ウイルスをアブラムシが媒介。 葉・茎が黄変、萎縮、まだら模様の出現などが見られます。 雨の少ない9月~11月に発生しやすく、アブラムシによる伝染経路が挙げられます。 対策はなく、アブラムシの防除を徹底することが、唯一の予防方法と言えるでしょう。 【害虫】 ・アブラムシ:体長1~4mmの小さな虫の集団が吸汁加害します。 アブラムシは、驚異の繁殖力と集団攻撃を行うという害虫の代表格。 対策は、見つけ次第すぐにつぶすことです。 ・ミナミキイロアザミウマ:アザミウマもウイルス病を媒介します。 新芽・新葉の隙間に体長1~2mmの小さな成虫・幼虫が寄生します。 吸汁部分は壊死するため、注意が必要です。 7月~9月の高湿期に発生しやすく、駆除するのは難しいため、新芽・葉に症状が表れてから、こまめに摘み取っていくと良いでしょう。 ・整枝 親づる1本仕立てを基本とし、子ヅルは1、2節をつけて先端を摘芯します。 ツルにひもを巻き付け、八の字状になるよう何度かねじり、支柱にしっかり縛り誘引します。 誘引は、週に一度行いましょう。 ・摘芯 摘芯することにより、わきから生える子ヅルや孫ヅルが増えて、花が多く咲くようになります。 ある程度きゅうりが成長してきたら、親ヅルの先端部分をばっさり切って摘芯作業を行いましょう。 摘芯の目安は、170cmほど。 ・脇芽 きゅうりが生育する課程で、より多く実をつけさせるため、葉を切ったり脇芽を取り除いたりすることがあります。 それらを土に挿せば、また増やしていくことが可能となります。 さらには、土に寝かせておくだけでも根を出すことがありますよ。 ・奇形 株が老化し、根の活性が落ちると先細り・曲がり果が増えていきます。 対処法としては、脇芽・花芽を摘んでおくことで、根・茎を発達させることが重要です。 また、肥料・水分不足の可能性も。 ・果肉に空洞がある 原因は、水分不足です。 根の張りが不十分、根が傷んでいたため水が吸収できなかったなどの原因が挙げられます。 ・葉が枯れる・落ちる 葉が枯れる原因はいくつかあり、まず生理的な落葉が挙げられます。 葉を取り除くことで病気の感染を防ぐことも。 次は、水切れ。 水分が足りないとしおれてしまいます。 適切に水やりを行うことで対処できると言われています。 次に、根詰まり。 地植えであれば根詰まりを起こすことはあまりありませんが、鉢・プランターであれば容器が小さいなどの場合、根詰まりを起こすことも。 ・実がならない 株が充実していないことが挙げられます。 環境に慣れるまで待ってあげることも必要です。 花だけが咲かない場合、肥料が原因の場合が多いでしょう。 ・実が小さいうちに落ちる 日照不足が原因であることが多いですね。 ベランダや庭で日光が十分に当たらないような場所に置いている場合には、場所を移動させてみましょう。 きゅうりの葉は大きいため、つるが絡むと葉が重なりやすくなります。 整理・摘葉で日陰を作らない工夫をしましょう。

次の

プランター栽培のきゅうりが枯れる原因と対策・ポイントを解説

きゅうりの育て方プランター

スポンサーリンク 夏すずみは、ホームセンターなどで種や苗を購入することができますが、おススメは苗です。 種は発芽させなければならない分、ひと手間かかりますが、苗なら比較的簡単に育てることができます。 では、夏すずみの苗をプランターで栽培する手順を紹介します。 苗から栽培するときは4月中旬頃に植え替えましょう。 小さいプランターなら苗を1つ、大きめのプランターなら2つくらい植えても問題ないでしょう。 土は、普段家庭菜園で使っているものでも、ホームセンターなどで売られている肥料入りの培養土を使っても大丈夫です。 ただし、一度使った土を利用する場合は、栄養不足や成長不良を防ぐために「ウリ科の植物を育ててから4年以上経過した土」、もしくは「ウリ科の植物を育てていない土」を使用しましょう。 ウリ科の植物は、続けて同じ土を使うと連作障害を起こし、せっかく苗を植えても大きく成長しない場合があります。 適切な土を用意できたら、購入してきた苗を優しく植え替えるだけで大丈夫です。 土が乾いてきた頃にたくさん水やりをしてあげましょう。 一ヶ月後には50センチほどに成長します。 支柱を立ててしっかりと固定し、苗を定着させます。 きゅうりはとても成長が早い植物で、開花から一週間ほどで収穫することができます。 収穫のピークになると、朝見かけた小さな実が夕方には収穫できる大きさに育っているほど早いので、うっかり採りそこなうことがないよう、こまめにチェックしましょう。 4月に植え替えて、6月頃から収穫できるのは、比較的暖かい西日本の地域です。 寒い地域では5月に植え替え、7月頃から収穫するのが良いでしょう。 6、7月、梅雨の季節になると雨が多く降るため、植物が腐ったり、病気になったりする心配もあります。 プランター栽培の場合は、置き場所を考えるなどして水はけの調節を行いましょう。 きゅうりは乾燥を嫌いますが寒さには弱いので、20度以下になるようなら防寒対策が必要になります。 きゅうりの夏すずみってどんな品種なの? きゅうりの植え方、育て方を紹介しましたが、ではなぜ「夏すずみ」が良いのでしょうか。 夏すずみは、虫や病気に強く、家庭菜園初心者の方でも比較的簡単に育てることができる品種です。 きゅうりはとくに病気のリスクが高く、病気にかかると薬液を散布する手間もかかります。 初心者は耐病性のある品種を選ぶと失敗しにくいのですが、その点「夏すずみ」は、虫にも病気にも強いので育てやすい品種です。 成長すると平均21センチ程度になることや、まっすぐで形が良く、中身がつまったみずみずしいきゅうりが収穫できるのも特長です。 まとめ いかがでしょうか。 家庭菜園をしたことがないという方も、きゅうりは支柱を立てる必要があるから難しそう…と躊躇していた方も、一度チャレンジしてみてはいかがですか。 自分で育てて収穫した野菜は、とても美味しく感じるものです。 夏の収穫に向けて、この時期からぜひ「夏すずみ」を植えてみることをおススメします。

次の