ぼく たち は 勉強 が できない ぶ ひ どう。 『ぼくたちは勉強ができない』127話 感想、センター試験当日!唯我成幸の行く末はどうなる...?

ぼくたちは勉強ができないで『ルート』が話題に!【ぼく勉】

ぼく たち は 勉強 が できない ぶ ひ どう

-------------------------------------------------- ぼくたちは勉強ができない164話ネタバレ展開考察:うるかのチョコレート うるかは自分のルートとは違い、 今回はしっかり成幸へチョコを渡すことができました。 義理だと言ってしまいましたが、何年間も渡すことができていないうるかにとっては、かなり度胸がいったことでしょう。 そんなうるかのチョコを食べた成幸に注目です。 そう、 そのチョコの味に覚えがあるのです! うるかルートで語られたのは、これまで何度もチョコを渡そうとしたものの、結局それはできなかったという過去でした。 代わりにそのチョコを小さくして、パッケージまで作ってポケチョコとして匿名で成幸へ渡していたのです。 成幸がうるかが何年もチョコをくれていたことに気づいたのは、本物のポケチョコを食べた時。 そのチョコはスーパーの前で偶然桐須先生と遭遇し、もらったものでしたね。 今回はそれではなく、 本人からのチョコでなんとなく気づいた可能性があります。 ただ、うるかが誤魔化してしまったため、それ以上は進展がなかったようですね。 学校で渡せたからこそ、うるかのチョコに関してはここで終わりなのでしょうか。 ぼくたちは勉強ができない164話ネタバレ展開考察:桐須先生のチョコレートはなかった!? 前述の通り、うるかルートでは成幸はスーパーの前で桐須先生と遭遇していました。 今回は文乃の家へ向かっていたため、通る道も異なったので 桐須先生と会うこともなかったのでしょう。 理珠からは貰ったものの、桐須先生からのチョコレートはお預けですね。 今後の桐須先生ルートにて、もしかすると貰えるのかも!? そもそも桐須先生ルートが卒業して、 教師と生徒という間柄でなくなってからの話になる可能性も高いので、このバレンタインのエピソードはもう終わりなのでしょうか。 せっかくだから、桐須先生の不器用ながらも頑張って作ったチョコレートも見てみたかったような気もします! -------------------------------------------------- ぼくたちは勉強ができない164話ネタバレ展開考察:文乃のついた嘘はバレるのか!? 本当なら文乃はあと1〜2週間でギプスが取れるほどに回復しています。 しかしほんの少しでも長く成幸といたくて、 文乃はまだまだかかりそうだと嘘をついてしまいます。 そんな文乃のついた可愛らしい嘘ですが、それがバレるのは案外早いかもしれません。 何なら 次回の最後にバレる可能性もありますね。 バレるとしたら、どのような展開なのでしょうか。 文乃と成幸がいる場面であすみと遭遇し、もう治ったはずではと指摘されるのでしょうか。 または、成幸が転びそうになったりなどピンチに陥った際、文乃が咄嗟に動いてしまうとか!? その時は バレたところで次回に続く、という終わりになりそうですね。 文乃はひどく傷つき反省すると思いますが、成幸はきっと怒ったりしません。 そんな時でも優しく寄り添う、それが成幸なのですから。 -------------------------------------------------- ぼくたちは勉強ができない最新話164話への読者の声 『ぼくたちは勉強ができない』最新話では164話に向けての感想や考察を集めました! ぼく勉 先週『実はもう治っているんじゃないの?』と冗談で話していたら、本当にその展開になってしまった。 裏ではなんらかの形で渡してはいると思うけれど……。 うるかチョコの味はポケチョコの味だとなんとなく気付いてはいるようだ。 文乃はその場から逃げ出してしまう。 走って逃げてしまったため、足が治っていることを成幸に気づかれてしまう…! 陰に隠れて二人の様子を伺っていると、なんとうるかが成幸に告白! 何もできない文乃は涙を流してしまう。 足のこと、嘘ついちゃった、罰、かなぁ… 全部、終わっちゃった… 『ぼくたちは勉強ができない』最新話164話は、 6月22日が発売日の週刊少年ジャンプに掲載となります! ネタバレ情報が判明次第掲載していきますので、楽しみにお待ちください! -------------------------------------------------- ぼくたちは勉強ができない最新話164話ネタバレまとめ バレンタイン当日、理珠とうるかは義理として成幸へチョコを渡しました。 うるかからの喜びのメールを見た文乃は、自分のチョコを渡せずにいます。 そのまま放課後になり、学校からの帰り道で文乃はチョコを川に落としてしまいます。 それを拾ってくれた成幸へ、あなたへのものだと文乃は言いました。 その場で食べてくれた成幸に、また好きになってしまったと心を痛める文乃。 そして足の怪我はあと少しで治るところを、 まだかかると嘘をついてしまいました。 まだもう少し側にいたいと願う、文乃のささやかな願いは叶うのでしょうか!? 次回の 『ぼくたちは勉強ができない』第165話を楽しみに待ちましょう! それまでは最新刊で楽しみましょう! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

ぼくたちは勉強ができないで『ルート』が話題に!【ぼく勉】

ぼく たち は 勉強 が できない ぶ ひ どう

ぼく勉 問137 感想「乙女の甘い想いは時に[x]に連なるものである」 『』 最新話 感想 ネタバレ注 今週の『ぼく勉』を読了。 先週の予告でも示唆がなされていた通り、ついに『ぼく勉』ラワールドにも バレンタインの時期がやってきました。 日本では「女性」が「男性」にチョコレートを贈り、「愛」や「感謝」の気持ちを伝える日として広く知られているそのイベント。 ラ的に言えば、年に一度の"聖戦"にしてヒロインたちの背中を押してくれる"最大のお祭り"でもあります。 好きな人にチョコレートを渡したい。 2月の寒空を熱い青春でいっぱいに埋め尽くす、そんな彼と彼女たちのバレンタインデーがどのような顛末を迎えていくのか。 早速、今週のお話を見ていきましょう。 <関連記事>• ぼく勉 137話:乙女の甘い想いは時に[x]に連なるものである さて。 そんなわけで今週はお待ちかねの「バレンタイン回」です。 高校3年生の春から始まった『ぼく勉』ワールドにおいては最初で最後となるこの恋愛イベント。 しかし、中学一年の頃から成幸くんと親交のあったうるかには当然 「計5年分(=5回分)」ものチャンスがこれまでにもあったはずで、そのあたりがどうなっているのかも今回のお話の冒頭できちんと描かれていました。 うるかさん0勝5敗 直接渡すことも、机の中にこっそり忍び込ませることもできず、「0勝5敗」のまま気付けば高校三年生まできてしまったバレンタインデーの苦い思い出。 今の2人の関係を踏まえればまともな形で渡すことができていなかっただろうことは読者視点において明らかだったわけですが、 来年またがんばろ... という言葉を免罪符にして今に至ってしまった点が今回のバレンタイン回における一つのポイントと言えるでしょうか。 高校三年生である彼と彼女らの間には、自然発生的に生じる 「次」の機会などもう存在しない。 だからこそ逃げるわけにはいかない。 今年のうるかが背負っているのは、そういう状況です。 今年こそは... ゆえに、今回のバレンタイン回は文脈的にも 「うるか」をキーパーソンにして物語が展開されていくことにはなるのでしょう。 乙女の甘い想いは時に[x]に連なるものである というサブタイトルに対し、各ヒロインたちを表すエプロンの文字が 「 うるか:OTOME、理珠ちん:TOKUMORI、文乃さん:KYONYU」となっていることからも、そのようなストーリー展開が示唆されていたのかなと個人的には感じました。 甘酸っぱい青春 とはいえ、「理珠ちん」も「文乃さん」も成幸くんへ淡い恋心を抱く乙女であることに間違いなどあるはずもなく.....。 来るバレンタインを翌日に控えた2月13日、うるかの自宅で 3人仲良く「チョコ作り」に励むことと相成るわけでございました。 三人でチョコ作り なるほど......。 まぁエプロン姿の文乃さんが最高にお可愛い... というのはこれまでにも再三申し上げてきたとおりなわけですが、真面目なお話、同じ男の子に渡すチョコレートをこうしてみんなで一緒に作るという展開になるあたりが何とも 『ぼく勉』らしい作劇ですよね。 (心中複雑な文乃さんを除き)彼女たちが お互いの『想い人』を把握していない現状だからこそその光景が自然に成り立っていて、そのあたりの前提が崩れた時に彼女たちの関係がどうなるのか... という部分にまでは未だ踏み込んでいない。 バレンタインデーという特別な日に「手作りのチョコ」を作る。 常日頃からお菓子作りに興じている人でもなければ、そこには当然 『渡したい人』がいるわけです。 理珠ちんが、 集まっておいて今さらですが... 核心に触れる そうですか 私は成幸さんにあげますが したがって、何一つ恥じることなくこの台詞が言える理珠ちんの存在は、今後のを追っていくにあたってとても重要になるのではないかと感じています。 そこにある「感謝の気持ち」も「甘酸っぱい恋心」も。 背景やきっかけこそ違えど、きっと想いだけはみんな同じはずなんですから。 居心地の良い関係に終始して曖昧にぼかすのではなく、「友情」と「恋」の間で揺れ動く彼女たちの"感情"と"答え"をきちんと描き切って欲しい。 「友情」と「恋」の先にある結末 そうして描かれた物語の最後に、再びこの「3人」の笑顔が見られたら嬉しいなと。 そんなことを改めて強く感じさせられた、問137「乙女の甘い想いは時に[x]に連なるものである」のエピソードでありました。 果たしてうるかたちは無事にチョコを渡せるのか さて。 そんな経緯でバレンタイン前日のお話が描かれ、当日の行方については次回の後編に持ち越し... となったわけですが、今回のバレンタイン回を通じて「何らかの進展」が描かれるのかどうかも気になるところでしょうか。 大量のチョコを確保している成幸くん 成幸くんが朝から大量にチョコを持っていた理由に関しては順当に 「あしゅみー先輩のバイト先でお客さんに配る用」とかだと思いますし、流れ的にも「うるかが本命のチョコ」を今度こそ渡すことになるのだろうと思いますが、何よりも大事なことは貰った側である 「 成幸くんがどう思うか」です。 手間暇をかけて作った手作りのチョコレート。 「渡せればそれでいい... 」というものでもなく、そこにある想いを少しでも受け取ってもらえるのかどうかが焦点になる。 キーパーソンになるであろう「うるか」を筆頭に、「文乃さん」や「理珠ちん」、「真冬先生」や「あしゅみー先輩」がどんな想いを成幸くんに届けるのか。 huwahuwa014.

次の

『ぼくたちは勉強ができない』127話 感想、センター試験当日!唯我成幸の行く末はどうなる...?

ぼく たち は 勉強 が できない ぶ ひ どう

ぼく勉 問127 感想「楚々として[x]どもはその朝を迎える 」 『』 最新話 感想 ネタバレ注意 今週の『ぼく勉』を読了。 ついに「」編の開幕です。 短かった冬休みが終わって3学期に突入し、試験本番まで残り10日を切りました。 国立を目指しているあしゅみー先輩はもちろんのこと、「教育大学」を受験する成幸くんや 「理学部(科?)」志望の文乃さん& 「文学部(心理学科?)」志望の理珠ちんもセンターの結果をとても重要視している様子。 (1次試験)と2次試験 となると、全員目指すところは「」ということになるのでしょうか。 的ポジションの成幸くんはさもありなんですが、 文理特化で勉強シーンが描かれてきた理珠ちん()と文乃さんに関しては個人的にちょっと意外な気も。 まぁ、私立大学志望でもセンター利用を始め色々な入試形態が用意されているはずですので、彼女たちも出来る限りセンターで良い結果を残そうと考えていると解釈してよいのかもしれませんね。 は 1日目が「文系科目(午後に英語を含む)」、 2日目が「理系科目」で時間割が組まれているのが通例ではありますが、はてさて『ぼく勉』世界ではどんな形で試験当日の状況が描かれることになるのか。 早速、今週のお話を振り返っていきましょう。 <関連記事>• ぼく勉 127話:楚々として[x]どもはその朝を迎える 学園長からの謝罪 さて。 そんなこんなでを目前に控えた成幸くんでしたが、本番前のこのタイミングで学園長から彼に対して 「謝罪」と「感謝」の念が伝えられていた冒頭のシーンは中々にグッとくる描写になっていました。 君に教育係を任じた時 君もまたすぐに志望分野を変更させる方向に動くと思っていた そうすべきだとも思っていた 同級生ならばあるいは 彼女らもその説得に少ない摩擦で応じるのではないか... そうも思っていた すまなかった という一連の台詞。 言ってしまえば正直かなり 失礼な話ではありますよね。 「VIP推薦」という見返りをきちんと提示していたとはいえ、元より志望分野変更の説得を行う為に成幸くんと彼女らを引き合わせたのであれば、彼が請け負った役割は初めから 「教育係」などではなくただの 「説得係」だったとも取れてしまう発言なわけですから。 ゆえに、成幸くんが彼女たちの苦手分野克服を実現させることを前提とせずにこのような使命を課している.... という点において学園長が彼に「謝罪」を行うのは当然のことであり、同時に 「感謝」の想いを伝えることもまた学園を代表する者として必要なことだったのだと思います。 学園長からの感謝 学園の教師たちがいくら指導しても改善の見られなかった彼女たちが今やそれぞれの志望大学に対して合格を狙えるところまできている。 大人たちが早々に諦めて見限ってしまっていた可能性。 「できない」を「できる」に変えていく意志。 それらを束ね「成績の向上」という結果に結びつけることができたのは、紛れもなく成幸くんが 「教育係」として誰よりも頑張ってきてくれたその努力があったからでした。 成幸くんの想い そんな現状を改めて踏まえると、やはり成幸くんが「教師」の道を歩むことは物語のテーマ的にも必然だったと言えるのでしょうね。 「俺は 好きだったから手助けをしただけです」と語る成幸くんの姿がまさにその事実を雄弁に物語っていたのではないでしょうか。 重なる親子の姿 かつて、体調を崩しながらも病室で「生徒たち」のことを考えていた成幸くんのお父さん。 あいつら(生徒たち)が頑張ってんの 見んのが 「好き」なんだよ と語るその想いは、確かに今まさに目の前にいる彼の息子に受け継がれていて.....。 親友と同じように立派に育った成幸くんの姿を見つめながら過去を懐かしむ学園長のモーグが何とも感慨深い場面でしたね。 「二児の父」でいらっしゃる筒井先生としても、とりわけ思う所があって描かれたシーンだったのかなと思います。 友情・努力・恋! 三人娘は聞いていた そんな感動シーンの舞台裏で成幸くんの想いを聞いていた三人の姿がこちら。 えぇ、有体に言って「最高にお可愛いこと.... !」と叫びたくなる反応でありました。 もちろん成幸くんの言う通り頑張ってきたのは彼女ら自身であり、成幸くんはその手助けをしただけです。 そこには彼女たちがこの1年間を通して積み重ねてきた不断の努力がある。 「乗り越えたのはあいつら自身の力ですよ」という事実に間違いはなく、その台詞を語っている事自体が成幸くん自身の「教師性」を表現してもいました。 しかし、一方の彼女たち視点でみれば、当然成幸くんに対して返しても返しきれない「感謝」があるわけですよね。 無論そこから派生していった「恋心」も。 中学の頃にノートを写させてもらったことがキッカケで惹かれていったうるかも含め「できない」自分に対して一生懸命になってくれる成幸くんの姿に彼女たちは心を奪われた。 それが『ぼく勉』というラ漫画がこれまでに紡いできた恋愛物語でした。 遠慮のない戦い それが今は果たしてどうでしょうか。 それぞれに一歩一歩重ねてきたその 「恋心」がまさにぶつかり合おうとしているこの状況に味わい深いものを感じるのは決して僕だけではないはずです。 「友情」、「努力」、そして「恋」。 複数の美少女ヒロインが同じ男の子に惹かれていく... という展開はあまりにも罪作りなストーリー構造としか言えませんけれど、たとえ誰がその「」のになったとしても、彼女たちが積み重ねてきた「友情」も「努力」も決してなかったことにはなりません。 友情・努力・恋 目指すべき道は違えども、心の中にある本当の気持ちは同じ。 運命に導かれて出会った三人がそれぞれ自分の気持ちにどのような「答え」を出していくのか。 成幸くんに対する 「感謝(=勉強軸)」。 成幸くんに対する 「好き(=恋愛軸)」。 今までの日々に恥じない結果を残すための闘いが今、幕を開けようとしていました。 迎える当日 そんなわけで、いよいよ当日・1月18日の朝を迎えることとなったわけですが...... 、 まさかの展開である まさかまさか、ここにきて エマージェンシー展開が発生してしまいました。 なるほど。 今まで 「」的展開は数多くありましたけれど、流石にここまで重いガチの「トラブル」は『ぼく勉』では初めてのことじゃないでしょうか。 正直、かなりビビりましたね。 これ、本当にどうなるんでしょう......。 成幸くんどうなる... ? 1、成幸くんが自力で会場へ 2、近くにいた犬の飼い主が救急車を呼び病院へ搬送 3、応援組の「うるか」もしくは「真冬先生」が救出に行く まぁ、ざっと考えられるのはこの3パターンくらいでしょうかね。 怪我の具合が大したことないのなら「1」、現実的な視点で考えるのなら「2」が妥当(=野良犬ではなくわざわざリード付きの「飼い犬」が引き金になっている点も気になりますし)なところだとは思いますが、 漫画的展開としては「3」であっても違和感はありません。 うるか救出展開... ? そうなると、試験はおそらく「遅刻」.... あるいは状態によって「受験不可能」という可能性もありますが、ただ一つ言えそうなこととしては、成幸くんが試験(追試験などの措置も含めて)を受けられずに「夢」が閉ざされるという救いのない展開だけは流石にないんじゃないかなということ。 なにせ、仮に成幸くんが浪人してまた1年勉強漬け... なんて話になったら、それこそ 「恋愛」ができなくなっちゃいますからね。 それでは困るわけですよ。 成幸くんには無事に「夢」を叶えてもらい、一日でも早く文乃さんと結ばれて 「幸せに成って」もらわなくてはならないのですから......。 ) 成幸くんの到着が遅れている事を心配して試験に身が入らない... なんて共倒れな事態にならなければいいのですが、ひとまずは誰よりも頑張ってきた成幸くんにどうか救いがあらんことを願うばかりですね。 果たして来週どんな展開が待ち受けているのか。 huwahuwa014.

次の