名前 男の子。 和風・古風な男の子名前!歴史的でかっこいい名付け400選 [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

男の子の強そうな名前230選!たくましい強い赤ちゃん名前を紹介

名前 男の子

生まれた月、季節、その異名、何でもいいので、その子がこの世に生を受けた大切な日に関連深い名前を付けてあげましょう。 夏生まれの子なら夏の字を使ってもいいですし、太陽や海をイメージした字を使うのもおすすめです。 男の子でも女の子でも、耳に心地よく発音しやすい名前が理想と言えます。 漢字はなるべくキラキラネーム風にならないことを心がけ、読むのに難儀しない字を選んでください。 名前は一番身近な言葉なので、本人が気に入るのが一番です。 そのまま名付けるのもいいのですが、名前に対する重圧も出てくるので一文字だけにするといいでしょう。 場合によってはからかわれたりするので、そのまま使うのではなく、一文字だけを拝借するくらいが良いとされます。 姓名判断は名前に使われている字の画数の合計や並びで吉凶を占います。 姓名判断で吉数とされるのは5、6、11、13、15、16、18、21、23、24、31、35、37、41、45、47、48辺りです。 姓名判断は流派が存在します。 先の画数は多くの流派で吉とされる数字です。 とはいえ、微妙に占い方も吉凶の内容も異なるので、「この名前を付けたいのに、画数があまりよくない」とあまり深刻になることはありません。 信頼できると思ったところで、参考程度にしてください。 世にいうキラキラネームの類は、他者に読みづらいです。 子供自身いいイメージを持たないケースも少なくありません。 「他の子と違う」「個性」を免罪符に、自分のセンスを子供の名前に押し売りするのは良くないことです。 「悪」や「死」などは避けてください。 ネガティブに打ち勝つとの意味を込めるにしても使ってはいけません。 非常識な親だと思われるのがオチですし、書類を受け付けてはもらえないでしょう。 強い子に育てたいなら相応の良い漢字もあります。 何せ名前は人生最初のプレゼントとされます。 いいものを与えたくなるのは当然です。 とはいえ、すばらしい意味を込める、運気の高い画数にする、偉人にあやかるといった名前は時にプレッシャーになります。 励みになればいいのですが、あまり期待をかけすぎないようにしましょう。 名前に期待を込めても、その名前を誇りとして重圧をむしろばねにできるようにたくさんの愛情をかけてあげることが大事です。 「男らしさ女らしさなど時代錯誤の感覚」ということはありません。 男らしさには色々な形があるのです。 優しさ、守る強さもまた男らしさの一種です。 色々なかっこよさを発揮できる男らしい名前を付けてあげましょう。 「凛とする」の「凛」をはじめ、男らしい漢字はたくさんあります。 「椋」の字も、社会貢献や大きくまっすぐ育ってほしいとの意味を持つので男の子の名前におすすめです。 他にも「陽」など、人気の漢字を使うのもいいでしょう。 太陽の「陽」は強く明るく、恵みをもたらす輝きで、色々な男らしさを持っています。 男らしくかっこいい名前• 1凛成(りんせい)• 2凛一(りんいち)• 3一樹(いつき)• 4蒼太(そうた)• 5蒼也(あおや)• 6拓也(たくや)• 7拓叶(たくと)• 8拓大(たくひろ)• 9拓磨(たくま)• 10椋士(りょうじ)• 11椋祐(りょうすけ)• 12爽陽(そうひ)• 13陽昭(はるあき)• 14陽生(はるき)• 15陽清(はるきよ)• 16颯真(さつま)• 17颯志(そうじ)• 18颯祐(そうすけ)• 19奏翔(かなと)• 古風で優雅な印象を与える名前も好まれます。 日本男児との考えは古いと言われようと、受け継がれてきたものがあるからこそその子は産まれたのです。 先祖伝来の古風な名前を付けてあげるのもご一考ください。 【男の子】センスのいい名前・大和魂を感じさせる古風な名前• 1尊(たける・みこと)• 2大和(やまと)• 3大河(たいが)• 4龍之介(りゅうのすけ)• 5虎太郎(こたろう)• 6一太朗(いちたろう)• 7昭之進(あきのしん)• 8桐丸(きりまる)• 9桜丸(さくまる)• 10雅(みやび)• 11雅織(まさおり)• 12永嗣(えいじ)• 13清嗣(きよつぐ)• 14良嗣(よしのぶ)• 15明彦(あきひこ・あけひこ)• 16加寿彦(かずひこ)• 17算彦(かずひこ)• 18貫太郎(かんたろう)• 19良徳(よしのり)• 国際化の時代、外国人にも親しみを持たれやすい名前が増えています。 読みやすい漢字を当て、日本人としても違和感のない名前がおすすめです。 国際的な名前とはいえ、日本人であることに誇りを持てる名前にしてあげましょう。 英語圏の名前が最もポピュラーですが、フランス語やドイツ語なども挙げられます。 かの森鴎外が我が子や孫にまでドイツ語圏の名前を付けた話は有名です。 画数やあまり日本人として奇抜過ぎない名前がおすすめです。 【男の子】センスのいい名前・外国風の名前• 1燦(さん)• 2譲士(じょうじ)• 3澄海(すかい)• 4庵寿(あんじゅ)• 5亜蘭(あらん)• 6輝人(こうと)• 7蔵人(くろうど)• 8亜羽翔(あはと)• 9慧央(えお)• 先にも述べたように歴史上の偉人の名前は時折プレッシャーにもなるので、一文字を拝借するのがいいでしょう。 読み方を変えてみるなどの工夫も大事です。 その子が誇りと偉人への敬意を持って日々を歩めるようにしてください。 センスのいい名前・偉人からとった名前• 1宗一郎(しゅういちろう)• 2吉秀(よしひで)• 3長(ひさし・まさる)• 4政登(まさと)• 「ひらがなだと読みやすいけれど、何だか覇気がないのではないか」との心配はいりません。 名前によってはひらがなでもどっしりと構えています。 加えて、ひらがな特有の柔らかさもあるので、外柔供えた柔軟な印象です。 読み間違われることもありませんし、成長に合わせて色々なイメージを当てはめることもできます。 どちらかと言えば女の子の名前に使われるイメージですが、男の子にも有効なのです。 【男の子】センスのいい名前・ひらがなの名前• 1りゅう• 2りおん• 3ひなた• 4たすく• 縁起のいい画数は先ほどご紹介しましたが、意味合いは字数によって違います。 どんな子になってほしいかを思い浮かべながら、また苗字との相性も考えて名付けをしてください。 姓名判断には陰陽も関係してきます。 陰と陽、つまり奇数の画数と偶数の画数のバランスが取れている名前が縁起のいい名前です。 姓名判断が気になるという方は色々と確かめてみるといいでしょう。 以下に、陰陽のバランスと画数から見てよいとされる名前をご紹介します。 苗字と照らし合わせてお使いください。 【男の子】縁起のいい名前・姓名判断で見る縁起のいい名前• 1陽音(あきと)• 2陽彦(あきひこ)• 3悠陽(はるあき)• 4晃悠(あきはる)• 5詩悠(うたはる)• 6兼悠(かねひさ)• 7聖悠(きよひさ)• 8一颯(かずさ)• 9颯一郎(そういちろう)• 主に「聖」、「優」、「輝」と言った感じがおすすめとされます。 「大」、「太」、「真」、「章」といった左右対称の漢字もバランスが良く、縁起がいいです。 「一」の字には才覚を呼び込む運があると言われます。 姓名判断でもある程度「この画数ならこの運勢が良くなる」といった指針があるので、参考にしてください。 全てを運任せにするというよりも、運気の上がる縁起のいい名前を付けることで自信を持ち、前に進むため、縁起のいい名前は付けられます。 心持が良ければ自然と運も上がってくるでしょう。 【男の子】縁起のいい名前・姓名判断で見る縁起のいい名前• 1将一(しょういち)• 2一朗(いちろう)• 3太一(たいち)• 4章央(あきお)• 5章兆(あきかず)• 6章太(しょうた)• 7章眞(しょうま)• 8優瑠(すぐる)• 9友優(ともまさ)• 昨今では男女どちらでも使える名前が増えていますが、女の子らしい、女性的な名前の方が活躍をした際により名前の印象が強くなります。 かわいくて素敵で、でも強い大和撫子ならではの女の子の名前をご紹介しましょう。 女の子の名前には植物関係の名前がよく使われます。 花そのものの時もあれば、花に関するものや事象の時も多いです。 花や植物に限らず、「結」「愛」など、どことはなしに女性的で優しい漢字が好まれています。 男女平等の時代とはいえ、変わらないものもあります。 女の子の名前に可愛く、素敵な名前を好むのもその一つです。 【女の子】センスのいい名前・女の子らしくかわいくて素敵な名前20選• 1結愛(ゆあ・ゆいあ)• 2恋結音(こゆね)• 3小結実(こゆみ)• 4子桜(こはる)• 5桜妃(さき)• 6澄桜(すおう)• 7千桜(ちはる)• 8彩夏莉(あかり)• 9依央莉(いおり)• 10衣莉(いまり)• 11華穂莉(かほり)• 12莉々彩(りりさ)• 13琴彩(ことあ)• 14碧咲(あおさ)• 15翠咲(あきさ)• 16咲佳(えみか)• 17咲沙(えみさ)• 18愛陽(あいひ)• 19陽菜(あきな)• 古風な女の子の名前は意外と可愛いものが少なくありません。 日本語独特の美を感じさせる響きの名前も多く、音絡みの字を使うのもおすすめです。 女の子の古風な名前は和の情緒を感じさせるものが好まれます。 名前の終わりに「子」をつける名前も多く使われます。 この場合、どちらかというと情緒や風情を感じさせる名前がいいでしょう。 和歌などから引用するのもおすすめです。 響きだけでも日本人の心の琴線に触れる名前を付けてあげましょう。 古風の名前が日本人の心に触れるのは、やはり日本人だからです。 【女の子】センスのいい名前・大和撫子的な古風な名前• 1紬(つむぎ)• 2寿々子(すずこ)• 3琴子(ことこ)• 4琴音(ことね)• 5京香(きょうか)• 6桃子(ももこ)• 7乙葉(おとは)• 8葵葉(あおば)• 9唯葉(ゆいは)• 10柚葉(ゆずは)• 11弦葉(つるは)• 12八千代(やちよ)• 13千鶴(ちづる)• 14千登世(ちとせ)• 15千歳(ちとせ)• 16春日(かすが・はるひ)• 17瑠璃子(るりこ)• 18小梅(こうめ)• 19静流(しずる)• 海外の神話からとったものでも構いません。 日本とは違った歴史や文化の一部である外国語を名前に組み込めば、海外に興味がわきます。 異文化交流とは他者との違いを知り、相手を受け入れることです。 外国風の名前を付けるということは、社交的な性格になる第一歩と言えます。 とはいえ国際人になるよう期待を過剰にかけすぎてもいけません。 その国や外国、そして色々なことに興味がわくように接し方を工夫してあげるのが一番です。 【女の子】センスのいい名前・外国人風の名前• 1慧瑠(える)• 2佑宇(ゆう)• 3永愛(えあ)• 4紫江瑠(しえる)• 5紅亜(くれあ)• 6星利奈(せりな)• 7楼良(ろうら)• 8亜美(あみ)• 9依里朱(いりす)• 男の子同様、そのまま使うのではなく読み方を変えたり一文字だけを使うことをおすすめします。 外国の偉人の場合は漢字にして使うのもいいでしょう。 言うまでもないことですが、日本人として突拍子もない名前はおすすめできません。 偉人にあやかるとはいえ人生はその子のものです。 その偉人と同じような人生など誰にも歩めません。 これは偉人に限ったことではないのです。 重要なのは、その偉人が持っていた強い信念を、その子も持てるようにとの願いを込めることにあります。 その上でどんな人生を歩むのか、見守り、時に手助けをするのがいいのです。 【女の子】センスのいい名前・偉人からとった名前• 1一葉(ひとは)• 2紫彩(しあ)• 3清歌(さやか)• 4寧音(ねね・ねいね・しずね)• 平安時代に生まれた平仮名は「女文字」と呼ばれ女性に好んで使われました。 その影響か、ひらがなの名前も心なしか優しげで柔らかいイメージです。 同じ名前一つとっても優しげな印象が漂っているので、おすすめです。 【女の子】センスのいい名前・ひらがなの名前5選• 1さくら• 2ひかり• 3さき• 4このみ• 女の子らしい字を使いたい、とは言え、苗字とのバランスや陰陽の関係もあります。 「画数がいいから」との理由で選んだ名前が、何だかアンバランスなものにならないよう配慮してください。 名前は、意外と見た目も大事です。 【女の子】縁起のいい名前・姓名判断で見る縁起のいい名前• 1音百(おと)• 2音寧(おとね)• 3晶音(あきね)• 4璃音(りのん)• 5星明(せあ)• 6星佳(せいか)• 7星七(ほしな)• 8令奈(れいな・はるな)• 9令子(れいこ・のりこ)• 男の子同様に左右対称の漢字も良いとされます。 女の子の名前として縁起のいい漢字は「華」、「彩」、「望」、「唯」などです。 いずれもどこか女性的な優雅さを持っています。 見た目、意味、縁起のいい名前を付けてあげましょう。 【女の子】縁起のいい名前・縁起のいい漢字を使った名前• 1華絢(かあや)• 2華慧(かえ・はなえ)• 3華緒里(かおり)• 4彩希子(あきこ)• 5彩煌(あきら)• 6彩陽(さよ)• 7彩結(さゆ)• 8早彩(さあや・さや)• 9朱望(あけみ)• 10陽唯(ひゆい) いい名前を名付けて子供の人生を後押ししよう 名前を変えることは基本的にはできません。 だからこそ、親の満足ではなく子供も気に入るようないいい名前を名付けてあげましょう。 名付けとは単に子供に与えるプレゼントではなく、子供の人生を後押しするための行為です。 名前をつけたら、後は「その名前を背負って何をするか」と見守ってあげましょう。 センスや縁起のいい名前を名付ける方法は他にもあります。 以下の記事を参考にして子供にいい名前を付け、人生に送り出してあげてください。

次の

明治安田生命

名前 男の子

名前をつける時に気になるのが字画(画数)についてでしょう。 字画によって性格が左右される、字画にこだわりすぎるよりも名前の響きを大切にした方が良いなど、様々な考え方があるようです。 一般的には「吉」か「凶」かで字画を決めたり、字画の数によって、コツコツと努力ができる男の子、穏やかで包容力のある男の子など、それぞれの数字の意味で決めることもあるようです。 また字画の意味は男の子と女の子の場合で違ってきます。 女の子には凶であっても、男の子には吉の場合もあります。 書店には様々な字画の専門書があるので、こだわりたい!という人はそういった本を手に取るのも良いかもしれませんね。 当記事では、珍しい男の子の名前を一覧にしてご紹介します。 あなたは息子がどんな男の子に育ってほしいですか? 出産と並ぶ一大イベントの命名式。 この珍しい名前一覧を参考にして、素敵な名前を命名してあげてくださいね。 男の子の名前の中でも漢字一文字のものをご紹介します。 たった一文字だけにすべての親の想いを込めて男の子の名前を命名するというのも素敵ですね。 いろいろな読み方があるんだなぁと思ってしまいます。 気に入る男の子の名前が見つかるといいですね。 塁…るい 劉…りゅう 厳…いつき 魁…かい 豪…ごう 岳…がく 翔…つばさ・かける 駆…かける 達…いたる 應…おう 聖…こうき 然…ぜん 蒼…そう 想…そう 颯…そう 道…たお 立…たつる 典…つかさ 創…つくる 萌…はじめ 響…ひびき 和…やまと 楽…らく 青…あお 陽…あきら 生…いくる 出…いずる 凱…がい 力…りき 仁…じん 迅…じん・しん 剣…けん 拳…けん たった一文字でも様々な読み方があり、一人一人の男の子の名前に込められた想いが伝わってきますね。 強そうな名前も、かわいい名前も、誠実そうな名前も、明るい名前も、漢字一文字で様々な表現ができるのは、日本ならではですね。 古風な名前を付けたいと思った時、どんな風な漢字を入れたら古風になるのかと悩んじゃいますよね。 そんな時にこの漢字を入れれば古風になるというものをご紹介します。 もちろん、この漢字一文字だけでも素敵な名前なので、参考にしてみてくださいね。 臣…おみ・じん 士…つかさ 雅…みやび 壱…はじめ 貴…たかし 尊…たかし 蔵…くら・まさ・おさむ 麗…れい 京…きょう・けい・みやこ 奏…かなで・そう 慶…けい 和…かず・やまと 宮…みや・きゅう・たか 彦…ひこ・ひろ 武…たけし・いさむ 次は、古風さがよく感じられる名前をご紹介します。 まるで江戸時代にタイムスリップしてしまったかのような歴史を感じる名前です。 現代ではこうした古風な名前が逆に新鮮に感じられていいかもしれませんね。 藍一郎…あいいちろう 蔵之介…くらのすけ 健士…けんし 慶太郎…けいたろう 朔一郎…さくいちろう 左之介…さのすけ 宗助…そうすけ 尊之進…たかのしん 光比古…みつひこ 蘭太郎…らんたろう 竜五郎…りゅうごろう いかがでしたか?最近では見かけないような珍しい名前が多かったですね。 どれも素敵な名前なので、どんな名前を付けようか迷っちゃいますね。 自然の美しさや、たくましさを男の子の名前に入れるのもいいですね。 きっとそうした自然の名前を命名された男の子は、強くたくましく育ってくれることでしょう。 では、自然の名前が入っている男の子の名前を見てみましょう。 月咲…つかさ 月冴…つかさ 月…つき 飛空…とあ 冬夜…とうや 良天気…たいよう 天希…たかき 空将…たかすけ 天人…たかと 天都…たかと 宇宙…たかひろ 耕…たがやす 大空…たから 太功樹…たくみ 太幹…たみき 宙煌…ちゅうこう 真鳥…まとり 稀樹…まれき 望宇…みう 三日月…みかげ 海方…みかた 宇宙を意味する「宙」を入れるのか、いつも見上げられる「空」を入れるのかは、男の子の名前を命名する時の悩みどころです。 宙も空も、どちらも捨てがたいですよね。 また、「樹」や「海」などの文字を入れることで一気に自然らしさが増しますね。 それにしても、「良天気」と書いて「たいよう」と読ませるなんて考えましたね。 その手があったかと思ってしまいます。 子どもは無限の可能性を秘めているもの。 どんな夢をもっているんだろう、どんな人生を歩んでいくんだろうと子どもへの期待は絶えません。 男の子に沢山の希望をもってもらえるような名前も素敵です。 未来歩…みきほ 未来翔…みくと 未来人…みくと 夢中…むな 夢羽…むう 夢人生…むおと 夢貢…むく 無限…むげん 愛…めづる 夢走…めろす 瞳真…どうま 童夢…どうむ 憧夢…どうむ 叶夢…とむ 十夢…とむ 斗夢…とむ 徒夢…とむ 大夢…たいむ 道…たお 創…つくり 「夢」という漢字を一文字入れるだけでとっても希望溢れる名前になりますね。 「夢」という漢字とどんな漢字を組み合わせるのかによって、それぞれの個性も出てきそうです。 中には「夢走」と書いて「めろす」と読ませるものもありましたね。 国語の時間に注目を集めちゃうこと間違いなしです。 子どもはとても神聖に見えるもの。 子どもからは人類の神秘を感じます。 そんな思いから、神秘的な名前を付ける方もいらっしゃるようです。 ここからは、神聖さを感じる男の子の名前をご紹介します。 碧大…あおと 碧透…あおと 秋都…あきと 秋空…あきら 臨也…いざや 理…おさむ 神衣…かむい 煌…きあら 銀河…ぎんが 銀志朗…きんしろう 久遠…くおん 紅蓮…ぐれん 玄武…げんぶ 咲一…さいち 彩人…さいと 冴空…さすけ 神音…しおん 志謳…しおう 朱里…しゅり 神…じん 真聖…しんせい 嵩己…すうき 聖央…せいおう 聖蓮…せれん 世蓮…せれん 「神」という漢字を使うと、とても神聖な雰囲気の出る男の子の名前になりそうです。 「煌」と書いて「きあら」と読ませるのも素敵な名前ですね。 神様から授かった子どもという雰囲気が出て、まさに子宝に恵まれたという親の気持ちのこもった男の子の名前です。 生まれてくる男の子をどんな風に呼びたいのか具体的に決まっているのであれば、その音に漢字を当てはめてみるのもいいですね。 実際に声に出してみると、男の子の生まれてくる実感も湧いてきて、喜びもひとしおです。 当て字で作るとなかなか他の人とは被らないため、個性あふれる名前になります。 賢栖…かしす 剛琉…ごうる 吉玖…きっく 光音…れおん 光翔…らいと 天志…てんし 輝石…きせき 輝宝…きせき 琉生…るい 来夢…らいむ 必飛…ひっと 来音…らいおん 瑛飛…えいと 初めて会った人がなかなか読めない名前も多いですね。 でも、その分名前当てクイズとか、いろいろと初対面の人との会話のきっかけにもすることが出来そうです。 名前はどんな音を当てるのかも自由に決められます。 同じ漢字でも読み方が違うだけで一気に個性が出ますね。 どんな風に呼んでもらいたいか考えるのも楽しいです。 空…すかい 潮流…たいど 賢…せいじ 動…あくと 光…らいと 光矢…れいや 騎士…ないと 虎…たいが 指揮…たくと 護…りあむ 結夢…ひろむ 海…かい 幸矢…らきや 波輝…なるき 貴人…けいと 勇気…こあ 創造…はく 緑…まお 楽…おり 学…あお 学斗…あおと 爽…おる 高…るな 光…からま 愛…れい 星斗…ほくと なかなか読めない漢字も多かったのではないでしょうか。 きらきらネームなんて言われたりもしますよね。 でもかわいい読み方をする名前も多くて迷っちゃいます。 男の子が幸せに育ってくれるように素敵な名前を付けたいですね。 珍しい名前の中でもさらに個性的にしたいなら漢字三文字の名前がオススメです。 漢字一文字や二文字を使う名前もよいですが、あえて漢字三文字を使うことで独特な雰囲気を持つ名前にすることができます。 歩真礼…ほまれ 知加良…ちから 登季也…ときあ 未来彦…みきひこ 加寿貴…かずき 羽矢人…はやと 真呼人…まこと 亜沙陽…あさひ 夏南太…かなた 架寿也…かずや 武沙士…むさし 飛雄馬…ひゅうま 一智利…いちさと どれも個性的な名前で迷ってしまいますね。 「知加良」と書いて「ちから」など、本来なら漢字一文字でも表現できる名前も、あえて漢字三文字を使うことで個性度がUPします。 他の人からどんな漢字を書くの?と聞かれた時にも自慢気に答えたくなっちゃいますね!.

次の

【かっこいい名前】古風・和風な男の子の名前135選! 日本らしさを感じる名前一覧を紹介

名前 男の子

男の子名前人気ランキングを発表します。 文字別では1位が「翔」、2位が「湊」、3位が「悠真」とランクイン! 名前の読み方別では1位が「はると」、2位が「ゆうと」、3位が「そうた」となりました。 昨年に引き続き3音の名前が主流、最後の音が「と」「ま」などで終わる音も人気です。 <男の子の名前ランキング 目次>• なお企業などでも発表されている名前ランキングですが、今回は私が最近5年間に命名相談で出された候補のお名前をもとに集計したものです(~2019年10月)。 なお、たとえ人気順位が高くても、間違った読み方の名前、男女を間違える名前は、まねをする人が出ないよう削除してあります。 読み方は圧倒的に「ひろと」が多いですが、他のふりがなもあるようです。 なお、大の字を「ひろ」と読むのは正しいですが、翔の字に「とぶ」の読み方をのせているのはごく一部の辞典だけです。 『悠介』『悠平』『悠互』『悠太』などの名も多いですが、とくに最近は「ゆうま」の呼び名が人気があります。 太、悠、大の字の人気は、厳しく管理された生活や、いじめなどの多い時代において、のびのびとした大きさ、広さをあらわす字が無意識に好まれているということではないでしょうか。 この名はまれに「ゆま」というふりがなで女の子につけられることもありますが、基本的には男の子の名です。 名前に使えるようになってからは、『翔』『翔平』『翔吾』『翔太』『翔也』『翔真』『翔馬』などの名前が大流行し、平成半ばごろからは『大翔(ひろと)』『海翔(かいと)』『陽翔(はると)』などのように、下側に使って「と」と読ませる名も増えました。 長い人気を保っていますが、とくに最近は大谷翔平の影響も拍車をかけているかもしれません。 女の子の名前もそうですが、これは現代人が日常生活で自然と接することが少なくなり、いかに自然を求めているかということを表していますが、さらに環境問題に対する心配も影響しているものと思われます。 詳しくは「」もご覧ください。 平成のときはもともと平の字は男の子に多く使われていた字で、急激な増加という現象はありませんでした。 令和の年号の影響も表れていません。 令の字はこれまでもほとんど名前に使われなかった字です。 和の字はもとから名前に使われてきましたが、令和になってとくに増えたということもありません。 新元号の名づけについては「」もご覧ください。 もはや見ても驚く人も無く、むしろ陳腐な感じすら出てきたためでしょう。 今後は急速に減っていくことも予想されます。 男の子では戦国武将のような歴史的なロマンを感じさせる名前も増えつつあります。 日本の良さを守りたいという意識のあらわれかもしれません。 詳しくは「」でをご覧ください。 なお注目すべきは、五郎丸歩(あゆむ)の影響で、同じ名前が急上昇していることです。 それまでは歩は圧倒的に「あゆみ」と読む女の子の名でしたが、今は「あゆむ」という男の子の名が多くなっています。 文字数別名前について詳しくは「」や「」もご覧ください。 男の子の名前ランキング呼び名1位「そうた」2位「はると」3位「ゆうた」 順位 男の子のよび名 21 りくと 22 えいと 23 そうま 24 そう 25 ゆうた 26 あきと 27 りょう 28 かい 29 けいすけ 30 りょうま 名前の人気ランキングの傾向は、使われる漢字と読み方で集計結果が違ってきますので、必ず両面から見る必要があります。 名前の読み方別ランキング集計の人気順位は、年によって多少の変動はありますが、入ってくる呼び名そのものは大きく変わることはありません。 名前の読みには、付ける人のよび名の好みが表現されますが、さらにその時代にもっとも求められていたもの、言いかえれば不足していて手に入れにくいものもよく表現されます。 最近の傾向として、最後の音が「と」「き」「た」「ま」などで終わる名前が好まれることが分かります。 昔と違ってやはり3音の名前が主流ではありますが、最近は「こうせい」「ゆうせい」など4音で音読みの呼び名も少しずつ増えてはいます。 【関連記事】•

次の