炊飯 器 鶏 チャーシュー。 【レシピ 】炊飯器で驚くほどしっとり柔らか! 紅茶鶏( 鶏チャーシュー)

【レシピ 】炊飯器で驚くほどしっとり柔らか! 紅茶鶏( 鶏チャーシュー)

炊飯 器 鶏 チャーシュー

レシピ・作り方 じつは炊飯器でチャーシューが作れるってご存知ですか? 鍋で作るのと変わらない、あるいはそれ以上の素晴らしいチャーシューができるのです。 材料も調味料も特別なものは必要ありません。 とっても簡単な炊飯器チャーシューの作り方を紹介します。 まず、豚かたまり肉、にんにく、しょうが、ねぎの青い部分を用意します。 調味料は醤油だけでもかまいませんが、みりん、料理酒、砂糖などをプラスしても良いでしょう。 豚かたまり肉は肩ロースでもバラ肉でもお好みのものでかまいません。 スーパーの特売で100g98円程度で販売していることもあるので、大量の作りおきにもおすすめです。 炊飯器ならば容量も十分あるので、肩ロースのチャーシューとバラ肉のチャーシューを同時進行で作ることも可能です。 材料と調味料を入れたら、水をヒタヒタになるくらいまで注いで、あとは普通に炊飯スイッチを押します。 もし、ご飯のできあがりのかたさを選べる炊飯器ならば「ふつう」を選択します。 約1時間ほどで出来上がりますが、竹串をさして肉汁が出てくるようならまだ火が通っていないのでもう一度炊飯スイッチを入れます。 竹串をさして透き通った水が出てくれば完成です。 炊飯器クッキングはむしケーキなど他にもいろいろありますが、チャーシューもぜひおすすめです。 なぜならば美味しいチャーシューはじっくりと低めの温度で温め続けることによってできあがるのですが、炊飯器はまさにそのような調理にピッタリだからです。 内釜に肉や煮汁のにおいがついてしまってお米を炊く時に困るのではないかという心配も不要です。 調理中は醤油やしょうがの香りが部屋中に立ち込めますが、調理後に普通に洗うだけですっかり除去できます。 チャーシューを作った後に普通に炊飯してもいつもと変わらないごはんができます。 出来合いのものよりもリーズナブルな手作りチャーシューなので、食べる時にも思い切って分厚くきってみましょう。 やはりチャーシューはある程度厚みがあった方がその美味しさを十分堪能できるからです。 あまった煮汁も捨ててはいけません。 清潔な容器に入れて冷蔵庫で保存すれば日持ちもしますし、さまざまな料理に役立てることができます。 焼き肉、肉じゃが、きんぴら、すき焼き、甘辛味の肉料理ならばコレさえあればOKです。 炊飯器を使えばチャーシューはもちろんのこと万能タレもラクラクできてしまうのです。 ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 おいしくなるコツと豆知識 炊飯器で作るチャーシューにはちょっとしたコツがあります。 作り方は簡単ですし、材料も調味料も入手しやすいものばかりですが、シンプルだからこそ小技を知っているかどうかでできあがりに大きな差がつきます。 炊飯器で作る絶品チャーシューを紹介しましょう。 まず、かたまり肉は炊飯器に入れる前にフライパンでしっかりと焼き目をつけておきましょう。 炊飯器はコトコトと煮込むのは得意ですが、焼き付けることはできません。 焼き目を入れることは、肉の縮みを防ぎ味を染み込ませる効果もあるので必ずこの工程をかかさないようにしましょう。 そもそもなぜ炊飯器で素晴らしいチャーシューができるのでしょうか。 ローストビーフも高級品はバラ色をしていますが、この温度を保って調理すればこのような色合いになるのです。 豚肉も同様に、この温度を保つことが大切ですが、豚はレアで食べることはできません。 低温を長時間保つことが必要になりますが、それこそ炊飯器の得意とするところなのです。 また、いくら炊飯器が低温調理が得意だからといって、冷蔵庫から取り出したばかりの肉を投入しては必要以上に調理温度を下げてしまいます。 肉は必ず常温に戻してから使用するように心がけましょう。 さらに、炊飯器で調理した時間と同じ時間だけ休ませるのもポイントです。 この時、保温は必ず切りましょう。 煮汁は肉が冷めていく時に一番染み込みます。 また、熱の伝導は高温から低温へと熱を与えるように伝わっていきますが、休ませる工程で表面の熱が内部まで移動していき、じんわりと中心部まで温まるのです。 肉が焼けたかどうかは竹串をさして透き通った水がでてくるかどうかで確認することもできますが、指で押して弾力をチェックするという方法もあります。 焼けている肉の弾力は、親指と中指で輪を作っている時の親指の付け根程度になります。 もし、焼けていなければもう一度炊飯スイッチを押しても良いですし、中火で熱したフライパンで軽くあぶり、火をとめてそのまましばらく放置するという方法もあります。 炊飯器の機能をいかせば、まるでプロのようなチャーシューを実現するのも夢ではないのです。

次の

【保存版】炊飯器レシピ人気20選!鶏肉おかずから料理ご飯、ケーキ、スープまで!一位は!?

炊飯 器 鶏 チャーシュー

こんにちは、モカリーナです。 この記事は炊飯器の保温で簡単!柔らかチャーシューの作り方の記事です。 ラーメンの上に乗っているチャーシューはとても美味しいですよね! たっぷり食べたいのにすぐに無くなってしまってガッカリ。 炊飯器保温で簡単!柔らかチャーシューの作り方 豚肉の栄養素 豚肉は夏の暑さで弱った体を回復させ、体中にエネルギーを送ることができます。 タンパク質• ビタミンB1• ナイアシン この中で夏バテ予防に効果があるのは、• ビタミンB1 疲労回復のビタミンと呼ばれていて、炭水化物の代謝を促すために必要な栄養素。 ナイアシン 糖質や脂質といった栄養素を、エネルギーに変換するために必要な栄養素。 チャーシューの作り方 材料• 豚かたまり肉• 長ネギ 適宜• 生姜 1かけ• にんにく 1個• ジップロップ 2枚 調味料• 醤油 大3• 酒 大3• はちみつ 大1 豚肉の大きさによっては、調味料を2倍にしてください。 下準備 豚肉に塩麹をまんべんなく塗り込み、半日から1日くらい冷蔵庫で寝かせおく。 肩ロース700gを使用 作り方 1. ネットやタコ紐で結んだ豚肉をフライパンで焼き、肉汁を閉じ込める。 調味料を温めて、酒のアルコール分を飛ばしておく。 ジップロップに生姜・にんにく・長ネギを入れて調味料を入れ、出来るだけ空気を抜く。 ジップロップを二重にする。 炊飯器に熱湯を注ぎ、浮いてくるのでお皿などで重しをする。 炊飯器の保温のスイッチを押して、3〜4時間で出来上がります。 チャーシューの完成 豚肉には程よい弾力があります。 ジップロップから出すと薬味のいい香りがします。 切ってみると中はピンク色です。 味見をすると塩麹のいい感じの塩加減と、にんにくの香りが染み込んでいました。 チャーシュー• ゆで玉子• 焼きピーマン• 千切りミョウガ• 白髪ねぎ• ご飯 タレは煮詰めずにそのままかけましたが、少し薄かったです。 煮詰める方が照りも出て味が濃くなるのでいいと思いました。 朝食にチャーシュー入りロールサンド• チャーシュー• 玉子焼き• カニカマ• レタス• 人参しりしり• 豆のピクルス• マヨネーズ など お好きな具をロールパンに詰め込んで、ムシャムシャ。 手巻き寿司のように好きな具材を各自詰めて食べました。 チャーシューが、柔らかくジューシーさが残っているのでとても食べやすいです。 はじめに塩麹を塗って半日くらい冷蔵庫で寝かせておいたので、豚肉が柔らかく、そのまま食べてもいい感じの塩加減になりました。 豚の脂ですが、脂からラードはほとんど出ません。 なので赤身が多い肉のほうがヘルシーに食べられると思います。 長ネギがあった方が良かったのですが、作ると時に切らしていて長ネギ抜きで作りました。 それでも臭みもなく美味しくできました。 モカリーナの使った豚塊肉は肩ロース 700g強でした。 タレを煮詰めるなら、倍量の調味料でもいいと思います。 少し味が薄いのでタレを煮詰めた方がいいかなと思いました。 手間がほとんどかからずに、柔らかくて美味しいチャーシューがたくさん食べられます。 是非作ってみてくださいね。

次の

鶏チャーシューレシピ 人気 1 位は?炊飯器が1番簡単!?

炊飯 器 鶏 チャーシュー

こんにちは、モカリーナです。 この記事は炊飯器の保温で簡単!柔らかチャーシューの作り方の記事です。 ラーメンの上に乗っているチャーシューはとても美味しいですよね! たっぷり食べたいのにすぐに無くなってしまってガッカリ。 炊飯器保温で簡単!柔らかチャーシューの作り方 豚肉の栄養素 豚肉は夏の暑さで弱った体を回復させ、体中にエネルギーを送ることができます。 タンパク質• ビタミンB1• ナイアシン この中で夏バテ予防に効果があるのは、• ビタミンB1 疲労回復のビタミンと呼ばれていて、炭水化物の代謝を促すために必要な栄養素。 ナイアシン 糖質や脂質といった栄養素を、エネルギーに変換するために必要な栄養素。 チャーシューの作り方 材料• 豚かたまり肉• 長ネギ 適宜• 生姜 1かけ• にんにく 1個• ジップロップ 2枚 調味料• 醤油 大3• 酒 大3• はちみつ 大1 豚肉の大きさによっては、調味料を2倍にしてください。 下準備 豚肉に塩麹をまんべんなく塗り込み、半日から1日くらい冷蔵庫で寝かせおく。 肩ロース700gを使用 作り方 1. ネットやタコ紐で結んだ豚肉をフライパンで焼き、肉汁を閉じ込める。 調味料を温めて、酒のアルコール分を飛ばしておく。 ジップロップに生姜・にんにく・長ネギを入れて調味料を入れ、出来るだけ空気を抜く。 ジップロップを二重にする。 炊飯器に熱湯を注ぎ、浮いてくるのでお皿などで重しをする。 炊飯器の保温のスイッチを押して、3〜4時間で出来上がります。 チャーシューの完成 豚肉には程よい弾力があります。 ジップロップから出すと薬味のいい香りがします。 切ってみると中はピンク色です。 味見をすると塩麹のいい感じの塩加減と、にんにくの香りが染み込んでいました。 チャーシュー• ゆで玉子• 焼きピーマン• 千切りミョウガ• 白髪ねぎ• ご飯 タレは煮詰めずにそのままかけましたが、少し薄かったです。 煮詰める方が照りも出て味が濃くなるのでいいと思いました。 朝食にチャーシュー入りロールサンド• チャーシュー• 玉子焼き• カニカマ• レタス• 人参しりしり• 豆のピクルス• マヨネーズ など お好きな具をロールパンに詰め込んで、ムシャムシャ。 手巻き寿司のように好きな具材を各自詰めて食べました。 チャーシューが、柔らかくジューシーさが残っているのでとても食べやすいです。 はじめに塩麹を塗って半日くらい冷蔵庫で寝かせておいたので、豚肉が柔らかく、そのまま食べてもいい感じの塩加減になりました。 豚の脂ですが、脂からラードはほとんど出ません。 なので赤身が多い肉のほうがヘルシーに食べられると思います。 長ネギがあった方が良かったのですが、作ると時に切らしていて長ネギ抜きで作りました。 それでも臭みもなく美味しくできました。 モカリーナの使った豚塊肉は肩ロース 700g強でした。 タレを煮詰めるなら、倍量の調味料でもいいと思います。 少し味が薄いのでタレを煮詰めた方がいいかなと思いました。 手間がほとんどかからずに、柔らかくて美味しいチャーシューがたくさん食べられます。 是非作ってみてくださいね。

次の